ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
U.C.0087年、木星船団でのハンドメイドMA
全高30m、頭頂高23mの巨体を誇る

メッサーラ


抽選配給のラインナップを更新いたしました。

■抽選配給期間
2021年9月30日(木) 14:00 より開始 [予定]
■新規追加物資
■ユニット
・★★★ メッサーラ LV1~2 (汎用機、地上/宇宙両用機体、コスト600~)

※上記MSは月間MSボーナスの対象機体となります。
※月間MSボーナスについては、こちらをご覧ください。

■モビルスーツの特徴
・コスト600の汎用機
・パプテマス・シロッコが開発したPMXシリーズの原点となる可変MA
・木星圏における作業用機体としてのコンセプトは、高推進力を第一としつつも、変形によるMSの姿勢制御技術を取り入れ、高重力下での機動性も確保するというものだった
そのコンセプトを発展させ、戦闘用の可変MAとして完成したのがメッサーラである
・近~中距離戦で活躍できるバルカンやグレネード、ある程度誘導可能なミサイルなどの実弾兵装を備える
さらに後方支援にも活用できる大口径のメガ粒子砲を装備、その豊富な兵装と機動力を生かした機動射撃戦を展開することで戦果が期待できる
・副兵装『肩部メガ粒子砲×2』は通常射撃と集束射撃を使用できる兵装
射撃時に停止撃ちとなるが、集束射撃を行うと着弾時に攻撃判定を持つ爆発が発生する
尚、集束中は移動可能である
・タッチパッドボタンを押すことで飛行状態に移行するスキル「変形(飛行)」を搭載
・飛行形態での高速移動時に、接触した対象にダメージを与えるスキル「ラムアタック」を搭載

※バトルオペレーション2公式より

※公式ツイッターはこちら


メッサーラ 00011
メッサーラ 00015

 開発と設計自体は、0086年に遡る

機動戦士Zガンダム
 天才シロッコが手掛けた、PMXシリーズ0番

 肝は木星圏の高重力に対応した推力!!

 作業機かつ、母艦へと戻る高推力を両立すべく
 地球とは異なる思想から生まれた
 木星圏の可変機

 その為、地球圏では恐ろしい推力を発揮

 相応に大型で、二門の推進器兼大砲だけで
 機体質量六割にあたる程

 またスペック上の総推力はこの二基のみで、全身スラスターを合わせた総推力は不明

 この推力おばけが!!

木星圏で、必要に迫られ生まれた設計思想を
シロッコは戦闘用へ転用

メッサーラ 00017
メッサーラ 00019
メッサーラ 00030

 シロッコ自ら作った機体にして戦没を免れた

PMX-000 メッサーラ
 木星作業機の難点は、とにかく推進剤を喰う

 そこに「MS」は画期的な新発明でした

 MSは、手足を動かした反動で方向転換ができ 
 作業中、推進剤消費を抑えてくれる為
 木星圏で技術的に普及

 その技術をシロッコは戦闘用へ転用

 メッサーラを生み出した後
 彼はガブスレイ、ハンブラビ設計にも関与

 いずれも可変で機動特性が激変、“人体の模倣”であるMSと一味違う高機動戦が可能となりました

 メッサーラも腕・足がクローを兼用

※トップに戻る

・宇宙世紀関連 記事一覧ページ


アニメランキング











 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 1巻“死者 再び”グリプス・ダウンを追え!
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 2巻“オーヴェロンの光”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 3巻“もう一つの兄弟機”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻“オーヴェロンの意義”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 5巻“グリモアとは何か”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 6巻“太陽vsデルフィニウム”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 7巻“無色のグリモア”

※トップに戻る



PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング