ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
ティターンズ残党の新型を撃墜する羽目になり
アムロは「宇宙」へ愚痴を吐く

リック・ディジェ


抽選配給のラインナップを更新いたしました。

■抽選配給期間
2021年9月9日(木) 14:00 より開始 [予定]
■新規追加物資
■ユニット
・★★★ リック・ディジェ LV1~2 (支援機、地上/宇宙両用機体、コスト550~)

 ※上記MSは月間MSボーナスの対象機体となります。
 ※月間MSボーナスについては、こちらをご覧ください。

■モビルスーツの特徴
・コスト550の支援機
・ロンド・ベル隊編入当初のアムロ・レイ大尉の搭乗機

 当時の主力MSであるジムⅢではアムロのポテンシャルが発揮できないと判断し、ディジェをベースに宇宙への適応と総合戦闘力の強化が図られた本機が用意された

・見た目・兵装共にディジェとの共通部分も多いが、大きな差異としてハイパー・メガ・ランチャーの装備があげられ、これにより遠距離からの火力支援も対応可能となった

 さらにトリモチやグレネードなどの補助兵装も装備、支援機ながら十分な汎用性を持ち、戦況に応じて柔軟な対応も期待できる

・タッチパッドボタンを押すことで全兵装のヒートゲージが回復し、一定時間兵装使用時のヒート率が軽減するスキル「オーバーロード」を搭載

※バトルオペレーション2公式より

※公式ツイッターはこちら


リック・ディジェ 00
リック・ディジェ 05
リック・ディジェ 12
リック・ディジェ 20

 0089年ハマーン様が戦死、ネオ・ジオン壊滅

機動戦士ムーンガンダム
 翌年「ジョニ帰」で、シャアがネオジオン再興

 本機はその更に翌年0091で活躍

 当時、ティターンズ残党がいるとの通報を受け
 通常MSサイズまで小型化された後継機
 サイコガンダムMk-Ⅳと交戦

 アムロは辛くも撃墜、愚痴るのでした

 サイコⅣは複数仕様で建造され
 アムロは、サイコ・プレート仕様機と交戦

 その頭部とプレートの一部が、翌年ムーン・ムーンに漂着し物語が始まります

 それが0092年で、逆シャア前年に相当

連邦は、ロンド・ベルのティターンズ化と
アムロ・レイを警戒

機動戦士MOONガンダム 第1話 (8) -  -
機動戦士MOONガンダム 第1話 (11)
機動戦士MOONガンダム 第1話 (36)



 U.C.0090ジョニ帰ではシャアもディジェに搭乗

MSK-008R リック・ディジェ
 敢えてディアスでなくディジェを再改造

 ゼータプラス・テスト機カラーで塗装

 連邦が警戒し、ガンダムを回さない中にあって
 乗り慣れた機体だと考慮してか
 敢えてディジェ

 そんな本作も「新型ガンダム」は登場

 が、連邦軍ラサ本部司令部から
 パイロットごと配備という「外様」扱い

 メタ的・商業的にガンダムは出したいけど、設定的に難しいという舞台裏も感じる物語

 その「シータプラス」も凄く恰好良いのです

※トップに戻る

・宇宙世紀関連 記事一覧ページ


アニメランキング



















 機動戦士ムーンガンダム 1話“アムロが墜としたガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 1巻“ガンダムの共鳴”
 機動戦士ムーンガンダム 2巻“月のガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 3巻“第1部完”サイコ・プレートの正体
 機動戦士ムーンガンダム 4巻“ニュータイプの薬”
 機動戦士ムーンガンダム 5巻“ジオニズムの忘れ形見達”
 機動戦士ムーンガンダム 6巻“敵はアムロ・レイ”
 機動戦士ムーンガンダム 7巻“第3章”虹色の旅立ち”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング