公式サイト 絶チル 絶対可憐チルドレン 62巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。椎名高志 これまでの感想はこちら 前回はこちら
黒い幽霊ギリアムの本懐
薫、女王としての本能が「あの結末」へ…?

絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想4
絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想

 表紙は大人の薫達から、大人達の子供時代へ

 子供時代、希望に溢れた表情が喜ばしい!!

 翻ってギリアム、子供の頃から不幸だったし
 本作開始時、未来に希望を持てずに
 苦しんだ薫と同じか

 絶対に救いたい薫vs.救われたくない男!!

 ギリアムの執念、ちょっと解る

次巻 最終回!!
 居場所を得すぎるぐらい得たドロシーと松風!!
 因縁の地で「姉さん」と共闘し
 からかう京介も素敵!!

 また、力を持つから皆を守らねばという薫

「破壊の女王」と同じ動機なのか

絶対可憐チルドレン 62巻 感想


・あらすじ
  …ギリアムが望む永遠

・1st sense「ゴースト・ルール(2)」
  …ギリアムが開発した技術の恩恵
  …黒い幽霊の最期…?
・2nd sense「ゴースト・ルール(3)」
  …ギリアムによる「装置」の猛威
  …彼が世界を憎む訳

・3rd sense「ゴースト・ルール(4)」
  …ギリアムが望む未来とは?
  …薫「攻撃」の始まり
・4th sense「ゴースト・ルール(5)」
  …薫なりの回答

・5th sense「死よ、驕るなかれ(1)」
  …兵部少佐という前例
  …薫と「超能力」
・6th sense「死よ、驕るなかれ(2)」
  …ギリアム・ド・ファントム

・7th sense「死よ、驕るなかれ(3)」
  …兵部少佐が変われなかった訳
  …ギリアムが変われない訳
・8th sense「死よ、驕るなかれ(4)」
  …ギリアムがやりたかった事

・9th sense「ラスト・リゾリューション(1)」
  …松風とドロシーの「その後」
  …薫、新たな暴走
・10th sense「ラスト・リゾリューション(2)」
  …京介と姉さんの決意
  …薫の決意

・おまけ描き下ろし「新たな結末はどうかしら!?」
  …実在するよ!その人ー!!
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・5/5ページ目へ

※過去記事一覧ページ

以下、公式あらすじより引用
及び小学館試し読み


 一人の男の、常夜の心。晴らせるか――

 ついに、怨敵・ギリアムと対峙する薫。
 あまりにも濃い彼の憎悪と、
 あまりにも深い彼の呪縛。

 薫は、皆本は、
 救い出すことが出来るか――



あらすじ
本来の歴史で、薫はエスパー達の為に自分個人の幸せを捨てた

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 62

 状況は違えど、同じ「女王の本能」の暴走

あらすじ
 ギリアムは薫が和解を願うと読んでいた

 その為、巨大な装置で迎撃

 紆余曲折の末、装置に自らの命を吸わせる事で
 彼は、“変わる”事を最後まで拒否し
 黒い念力怪物を実体化

 ギリアムは死亡、怨念が実体化する

 黒い怨念「ビーモス」は人々を精神汚染
 負の精神を吸収し稼働する

 ギリアムは自分の憎悪を永遠にする事に成功

 薫は相討ち覚悟でビーモス迎撃に出る

※トップに戻る



1st sense
ギリアムに狙いを吐かせようと画策するチルドレン

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 02
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 03
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 04
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 05

 どっこい自ら語り始めた悪役の鑑

1st sense「ゴースト・ルール(2)」
 この装置に、組織「黒い幽霊」の全資産投入?!

 ある意味、問題解決されてしまった!!

 前々巻、兵器商人「黒い幽霊」は事業を断念
 採算がとれないという理由から
 エスパー事業を撤退

 が、これで名実ともに終焉

 機械仕掛けの階段状ピラミッド
 見た目も構造も壮大!!

 設置場所確保の為、超空間を固定してるとの事

 惜しみない金が凄い技術を生んでる…

ギリアムは、薫の「ブースト」を解析する事で
人類の進歩に寄与したと自負

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 06
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 07

 ギリアムの狙いは、抑圧された欲望の解放

ギリアムの目的
 人の欲望を開放し、世界を崩壊させる

 素晴らしい技術もその為の道具

 実際ギリアムは、資金も倫理も無視して研究
 薫が超能力を束ねる「ブースト」能力
 女王の力を模倣

 クローン併用で、誰でも超能力が使える

 しかも、ブーストは「心」も繋ぐ為
 心のネットワークを実用化

 また松風のように、機械に心を移す事すら可能

 この男どんだけ技術進歩させたのよ?!

2nd sense
この空間、既にギリアムの内面世界にも等しい

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 08
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 09

 キャシーに続き、ちさとちゃん悪夢のゲスト

2nd sense「ゴースト・ルール(3)」
 松風の「亀」だった、超能力増幅・中継バグ

 ギリアムは同機能のナノマシンを実用化

 その群体で幻覚を見せ、懐柔を図るギリアム
 薫とギリアム、共感できる動機を探し
 引き込むという幻か

 例えば悪い奴はいる。やっつける

 反エスパーは、作中も健在な訳で
 身内が殺されかねない

 その「動機」を拡大すれば、正義の味方だって破壊魔になるのか

 究極的にはエスパーvs通常人ですものね 

以前、皆はこんな風に動機を後押しされ
暴走させられていた

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 10
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 11

 しかし薫、貫禄の圧力勝ち

皆は言わない!!
 薫に、負の感情へ共感を謀ったギリアム

 しかし薫、圧倒的光属性!!

 ギリアムの論法は、彼の価値観に根差す物
 価値観自体が違う薫には通じず
 馬脚を露わす事に

 馬脚ってか虫だったけど!!

 ただ、この時はこれで勝てましたが
 後から思えば致命的

 逆に薫の説得、論理もギリアムには理解できないんですね

 和解したい薫には最悪の敵だった!!

3rd sense
ギリアムが自滅狙いと察し、違和感を抱く少佐

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 12
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 13
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 14
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 15

 ちさとちゃんの次は副会長!? ギリアム?!

3rd sense「ゴースト・ルール(4)」
 本来、世界はエスパーと通常人が争い破滅

 ギリアムはそちらに導きたい

 ですが少佐と違い、エスパー勝利さえ望まず
 ただ世界が破滅してしまう事が
 ギリアムの望み?

 彼は「なりたい未来」がない?

 前後しますが、ある意味で大外れだし
 正解でもあった気がします

 彼の願いが、破滅的だったのは確かですから

 薫の「理解」当たらずとも遠からずか

ギリアムの狙いは、薫のエスパー能力吸収
今回「超能力で倒す」のは不可

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 16
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 17

)薫

 念動(サイキック)

「力ずくじゃなく敵を理解して粉砕しちゃう」…

「そういう優しさ正拳突き」ぃぃ――ッッ!!


絶対可憐チルドレン 62巻 感想 18
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 19
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 20

 技名が長い!状況がカオス!?

優しさ正拳突き
 前巻に続き、洗脳攻撃を喰らった薫でしたが

 何と逆にやり返した?!

 前巻、松風がコントを見せて共感させたように
 今巻、ギリアムが仕掛けたように 
 心を誘導する!?

 正義の味方的には斬新な!!

 ギリアムに、なりたい未来がないのなら
 作ってしまえホトトギス?

 これには戦国三英傑もびっくりだ!!

4th sense
ゴースト・ルール完結編、薫達の新たな課題

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 21
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 22
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 23
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 24

 この回は見開き扉。集合絵が美しかったです

4th sense「ゴースト・ルール(5)」
 独り残された皆本ですが、意外な形で再会

 前巻で“残ってる”と言われた女王再び

 前巻、皆本は薫に心を委ねてエスパー空間
 今巻、その時の「心」を媒介にし
 何とブーストに参加

 薫がギリアム再生を図ってたと判明

 以前、少佐が子供人格で幸せに過ごし
 元人格を好転させた前例が

 その前例を活かす! 積極的に応用するのが面白い!!

 ラスボスを育て直すヒロイン?!

5th sense
ギリアムを「理解」した薫が願ったこと

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 26
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 27
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 28

 ええ?!! 傷だらけの堕☆天使は自称じゃないの!?

5th sense「死よ、驕るなかれ(1)」
 ギリアムは世界へ、憎悪と虚無以外がない

 と「理解」したからこそ変えたい

 兵部少佐が、変われた前例があるからこそ
 薫は変えられると根拠を持ち
 皆本に相談します

 でも更生させても罪人だから無駄では?

 それに洗脳と同じでは?

 普段、仲の悪い皆本と少佐が
 揃って否定してる…

 てか仲悪い一因は、少佐が「子供」の代表

 皆本が「大人」代表だからか

薫がギリアムを救いたい一因は
超能力が心を救う、兵器じゃないと思いたい為

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 29
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 30
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 31
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 32

 精神世界なので、ファントム達も出放題か!!

超能力で救いたい
 本作原点、そも“薫は超能力が嫌い”でした

 だから超能力に希望を見たいのか

 また賢木を始め、みな心を救われた者揃い
 皆本ならやってくれると信じ
 催眠を再始動!

 でもやはり、少佐だけは解ってる…

 そして時事ネタを欠かさぬ椎名先生!!
 悪役令嬢編って何?!

 それ悪役様にめっちゃ似合いそうで喜ばしい!?

 あ、そういや54巻にマジでいたな…

6th sense
ギリアムは薫達の過去をそのままなぞる

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 33
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 34
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 35
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 36

※この直後、ギリアムは正気に戻ってしまった

6th sense「死よ、驕るなかれ(2)」
 お馴染み一巻登場、転移エスパーとの交戦
 
 しかし決め台詞、ギリアムに通じず…!!

 むしろ、この台詞がキーとなって人格回復か?
 ギリアムは「なりたいもの」があり
 行きたい場所がある

 そこが薫達との大きな差?

 生い立ち上、ヤクザ側にこそ共感すれ
 皆本達に同調する部分がない?

 前巻、ドロシーが救われた件と好対でした

 或いは意外に罪の意識がある…?

7th sense
薫に「勝負」を挑むギリアム

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 37
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 38
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 39

 薫、京介に庇われその手を取る事が出来ず

7th sense「死よ、驕るなかれ(3)」
 精神力勝負。薫なら間違いなく手を取ってた

 ギリアムはそれが狙いだったのか

 薫が和解を申し出てきたら、彼女を吸収する
 その為に大がかりな装置で対策し
 待ち構えていた

 薫を吸収、心中する為の装置だと

 対し今巻3話目、ギリアムの捨て身から
 少佐もこれを予測して制止

 つくづく少佐は、ギリアムの考えが解る

 互いに「もう一人の自分」なのか

60巻、ギリアムを助けたいと言うクローンを
拒絶したのと同じコト

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 40

)薫

 つらいままでいる必要なんてないって――


)少佐

 …女王。

 必要はあるんだ


 あいつのようなヤツは、

 暗闇の中にしか

 生きている意味を感じられないんだ


 傷を負って心が死ぬと、

 すべてがそれに飲み込まれる。


 失ったもの、手に入らなかったもの…

 それが自分のすべてになるのさ。


絶対可憐チルドレン 62巻 感想 41

)兵部京介

 未来を夢見てしまえば、

 しがみついていた過去が無になってしまう。


 何かを自分で埋め合わせて

 変わるためには

 その過去を手放さなければならない


 手放すには

 大切すぎる痛みや苦しみもあるんだ。

 他人にはわからなくてもね


絶対可憐チルドレン 62巻 感想 42
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 43

 前巻悠理が言う通り、埋め合わせるのは自分

兵部の動機
 しがみついていた過去を、無にしたくない

 だから少佐は変われなかったんですね

 少佐の場合、真木や薫の「これから」の為
 両者を天秤にかけ過去を捨てた
 ギリアムは違う

 彼はそんなものがないから

 辛いけど、だから世界を憎めるし
 それが「自分」

 辛さは自分でいる為の、大切なモチベーションなんですね

 辛さも含めて「自分」なんですから

別人に成り果ててまで「幸福」になりたくない
自分のままでいたい

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 44
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 45

 少佐を反面教師にしてしまったのか

ギリアム死す
 少佐は、皆本を含めた皆のおかげで変われた

 だがそれがギリアムを頑なにした

 ギリアムは、少佐が同類だから興味を持った
 少佐が「自分」をやめてしまったから
 意固地になった

 少佐に出来なかった事をやりたい

 少佐のように、変わる事がないように
 絶対に懐柔されないように!!

 超能力で懐柔された時、逆に吸収してやる為に「装置」を作ったのか

 さよなら「黒い幽霊」総資産…!!

8th sense
装置に全電気信号を吸わせ、ギリアムは死亡

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 0
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 46
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 47

 前巻少佐が言った『まともな奴には、怨念につかれた奴は滑稽に見える』の極致か

8th sense「死よ、驕るなかれ(4)」
 ギリアムの狙いは、あわよくば心中する

 本命は死して憎悪を世に残す

 ギリアムの憎悪は、文字通り黒い幽霊となり
 他人の精神を汚染して吸収し
 半永久的に稼働

 狙いは己の憎悪を永遠にする

 サブタイは「死」を乗り越える
 ギリアムの意思表明か

「あいつが嫌い」とかの負の感情を刺激・増幅・吸収し、そのエネルギ―で稼働し続ける!!

 まさか本当に幽霊になっちゃうとは…

9th sense
前巻、松風を「偽家族」が受け入れてくれてたが

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 48
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 49
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 50
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 2

 居場所ができたどころの話じゃなかった!!

9th sense「ラスト・リゾリューション(1)」
 何これ愛情がオーバーキル?!

 松風の両親いい人かよ!!

 松風が戻る際、“妹”も一緒にと願ってくれた
 際し、暗示処置まで望んでくれた
 愛が溢れおちてる!!

 ホント良かったな二人とも!!

 本作も「親」って
 少なからず、みな子供が好きで素敵です

 また幽霊は「ビーモス」と命名、各地を某運動風に精神汚染して移動

 口調まで汚染されて喜ばしい…!!

コメリカ軍は、久々の「ネオクリア兵器」投下
だがビーモスは進路を日本へ

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 51
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 52
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 53
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 73

 下は12巻、vsティム時の回想

女王の暴走
 迎え撃つべく2人で150歳パワーズ再結成!!

 少佐が姉さんって呼びまくってる!?

 前は咄嗟に出た、って感じだった姉さん呼び
 少佐もだいぶ吹っ切れたみたいで
 ククク喜ばしい!!

 薫は小学生編、12巻のリミッター再び

 当時は、敵だったティムも救うか
 葵達を守るかの瀬戸際

 あれ以降たくさん救ってきた反面、救えなきゃ意味がないと追い詰められてるのか

「エスパーを救うという本能」の暴走…?

10th sense
京介と姉さんのResolution

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 54
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 55
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 56
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 57
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 71

 一番下は10巻、あの回想で描かれた場所か

10th sense「ラスト・リゾリューション(2)」
 少佐と不二子、命懸けの「決意」で足止め

 奇しくも海域は“守れなかった”場所

 当時二人は、エスパーとして国を守ろうとし
 ですが戦争という局面にあって
 無力と思い知った

 敵を倒したが帰るべき母艦が轟沈

 その後、案外楽しそうに帰還してて
 ククク喜ばしい…

 今度は同じ結末にはさせたくないんですね

不二子さんが今日まで懸命に生きた動機
今こそ命の捨て時か!!

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 1
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 58
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 59
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 60

 なんだかんだで、少佐って姉さん大好きよね

薫、最後の決意
 二人の捨て身は、ブーストへ味方を温存する

 ですが薫は「二人も救いたい」

 おかげで少佐達は生還も、薫自身が決死
 今、薫だけが止めうるというなら
 やるのが“義務”と

 薫は元々、自分の力が嫌い

 だから、“人を救う力”と証明して
 力を肯定したい

 物語当初の問題に帰ってきちゃった訳か!!

そもそも「力があるからやらなければ」と
女王の本能で動くコト自体が

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 61
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 62

 今の薫は、“破壊の女王”そのものなんですね

原点回帰
 本来の歴史で、薫はエスパー達の為に蜂起

 彼らを見捨てられなかったから

 今回、力があるからギリアムを救うというコト
 当時「女王」として戦ったのと
 根本的に同じ

 薫と皆本は、同じ過ちを犯すか?

 全く違うようで
 今回の問いは、破壊の女王問題と一緒か

 過ちを犯そうとする薫を、皆本はどう止める?

 そこが巻末予告に繋がる訳ね

余談
死して自分の憎悪を永遠としたギリアム様

絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想
絶対可憐チルドレン 62巻 感想



 どっかで見たと思ったら54巻だこれ!!

君が望む喜ばしい永遠
 皆本達が女だったり、薫達が男だったり

 兵部少佐が女だったりetc

 鏡の国編、黒幕・女ギリアムも既に死亡し
 彼女が残した憎悪だけが
 システムで稼働

 思えば今回まんまだ!?

 当時、酷いセルフツッコミでしたが
 まさか本編も同様とは

「そういや悪役令嬢ギリアムっていたなあ」と思ったら。

 ここ何気に前振りだったのかしら

おまけ描き下ろし『新たな結末はどうかしら!?』
次巻で最終回!!

絶対可憐チルドレン 62巻 感想 63
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 64
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 66
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 68
絶対可憐チルドレン 62巻 感想 00





 不二子さんが、京介へ殺意を述べまくる
 そしてしれっと京子さんが!
 実在するやんけ!!

 いいんですか次で終わりなのにコレで!?

 総扉絵は「ギリアムに届かなかった」場面か

刊行
 少年サンデーコミックス
 絶対可憐チルドレン 62巻。椎名高志。
 週刊少年サンデー連載、小学館発行。
 2021年7月(前巻2021年1月)

絶対可憐チルドレン 62巻
 あらすじ
 1st sense「ゴースト・ルール(2)」
 2nd sense「ゴースト・ルール(3)」
 3rd sense「ゴースト・ルール(4)」
 4th sense「ゴースト・ルール(5)」
 5th sense「死よ、驕るなかれ(1)」
 6th sense「死よ、驕るなかれ(2)」
 7th sense「死よ、驕るなかれ(3)」
 8th sense「死よ、驕るなかれ(4)」
 9th sense「ラスト・リゾリューション(1)」
 10th sense「ラスト・リゾリューション(2)」
 おまけ描き下ろし「新たな結末はどうかしら!?」
 これまでの感想

※トップに戻る

※過去記事一覧ページ

絶対可憐チルドレン 感想 椎名高志




























 絶チル 38巻
 絶チル 39巻(中学生編最終巻)
 絶チル 40巻
 絶チル 41巻
 絶チル 42巻
 絶チル 43巻
 絶チル 44巻“ザ・ハウンド”が表紙。
 絶チル 45巻“ギリアム”が表紙。
 絶チル 46巻“真木司郎”が表紙
 絶チル 47巻“藤浦 葉”が表紙
 絶チル 48巻“蕾見不二子”が表紙
 絶チル 49巻“女王復活” 高校生編最終章突入!!
 絶チル 50巻“ナオミvsザ・チルドレン!”
 絶チル 51巻“正しい怒り”とザ・ハウンド!
 絶チル 52巻“バレットの恋”ティムと異世界転生!
 絶チル 53巻“迷い込んだ並行世界で”
 絶チル 54巻“兵部京子”相対可憐チルドレン!?
 絶チル 55巻“少佐の答え” ポータル編・完!
 絶チル 56巻“ウィザード”vsチルドレン!!
 絶チル 57巻“実況” ドロシーvs破壊の女王!!
 絶チル 58巻“裏切り" 皆本、薫への想いと答え
 絶チル 59巻“ベータ” 葵の決めた全力
 絶チル 60巻“幽霊の取引” 少佐の願い叶う時
 絶チル 61巻“松風&ドロシーの決着”
 絶チル 62巻“ギリアムたった一つの願い”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング