ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
U.C.0093 ゼータ量産へ試作された簡易可変機
アムロ・レイが搭乗した

リ・ガズィ


■抽選配給期間
2021年7月21日(水) 14:00 より開始 [予定]
■新規追加物資
■ユニット
・★★ リ・ガズィ LV1~2 (強襲機、地上/宇宙両用機体、コスト550~)

■モビルスーツの特徴
・コスト550の強襲機
・機体名称はリファイン・ガンダム・ゼータの略称に由来する試作機
開発&運用コスト低下のため変形機構を排除、飛行形態には別途オプション装備が必要となった
・しかし、MS形態限定でも強襲機として充分な性能をもち、主兵装は残弾式ビーム・ライフルを装備、
副兵装には多様な実弾兵装を備え様々な戦況への対応が可能
・攻撃ボタンを一定時間押してから、離すことで発生する格闘攻撃用スキル「ヘビーアタック」を搭載
・機体HPが規定値以下になることで攻撃力、防御力、機動力の各種性能が自動で上昇するスキル、
能力UP「簡易バイオセンサー」を搭載

※バトルオペレーション2公式より

※公式ツイッターはこちら


リ・ガズィ 00
リ・ガズィ 03
リ・ガズィ 05
リ・ガズィ 23

「BWS」は非再現。後日追加で実装?

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 Z量産へ、高コストな可変を省略した試作機

 追加装備BWS装着で、巡行形態となる

 設定上、性能はZに迫るとされているものの
 アムロでもサザビーに敵わなかった上
 ケーラはギュネイに完敗

 技術の日進月歩を感じるMS

 ただ、追加装備で機能変更という発想は
 AE社的に有意義だった様子

 UC外伝では「小型MSをBWSに用いる」RIXシリーズへ発展しました

※ラスト・サン登場「Gファースト」他

RGZ-91 リ・ガズィ
結局、量産化には至らなかったものの

00000

 その型式番号、計画を継いだのが「リゼル」

RGZ-95 リゼル
 逆シャアの三年後を描くUCに登場

 本機で量産化は一応の成功

 リ・ガズィは、BWSを排除してMSになる為
 巡行形態に戻れませんでしたが
 本機は可変前提で設計

 ジェガンを輸送するSFS兼用機

 MS形態でもWR形態でも
 同じように操縦できる新OSも採用

 これにより「誰でも扱える量産機」として完成度を高めています

 反面、熟練者には同OSは邪魔だったとか
 
UC作者・福井氏が描く逆襲のシャア前日譚
ムーンガンダムに「試作機」も登場

リ・ガズィ





 単行本最新七巻では顔見せのみ

リガズィード
 アムロ曰く「リ・ガズィの理想形」

 縮めてリガズィードと命名

 リガズィ開発時、アムロが提案したものの
 コストが高すぎると軍に断られ
 無理を言い一機だけ建造

 色々あって、ある人物に託される事に

 バックパック換装により
 可変機にも、半可変機にもなれる特殊機

 ただアムロは「ガンダムと呼ぶには心もとない」と評し、ν開発を急ぐのでした 

※トップに戻る



















 機動戦士ムーンガンダム 1話“アムロが墜としたガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 1巻“ガンダムの共鳴”
 機動戦士ムーンガンダム 2巻“月のガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 3巻“第1部完”サイコ・プレートの正体
 機動戦士ムーンガンダム 4巻“ニュータイプの薬”
 機動戦士ムーンガンダム 5巻“ジオニズムの忘れ形見達”
 機動戦士ムーンガンダム 6巻“敵はアムロ・レイ”
 機動戦士ムーンガンダム 7巻“第3章”虹色の旅立ち”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング