試し読み コロ落 機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 1巻 感想 再読
 才谷ウメタロウ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へこれまでの感想はこちら
敵はフッ飛ばせ、民間施設は芝生も踏むな!
初代ガンダム同時期を描く外伝

コロニーの落ちた地で 1巻 感想
コロニーの落ちた地で 1巻 感想
コロニーの落ちた地で 1巻 感想
コロニーの落ちた地で 1巻 感想

 1999年ゲーム&小説から、コロ落が漫画化

 海外映画のような軽口が頼もしい

 新設定の専用ジムは、見慣れた通常型を元に
 兵士が武器を持ち換えるような
 自在な換装が魅力的!!

 コロニー落下に市民感情は最悪

 軍人と民間人を描く物語が面白い

タコの顔をお引き受けします
 特殊部隊と撃墜王、更に地質学者に輸送部隊
 輸送部隊、軍の生命線に着眼したのが
 現代から見ても新鮮

 民間人を守って、でも民間人に憎まれ

 心が近づいていく様も見所ですね

機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 1巻 感想


・あらすじ
  …U.C.0079.11月、連邦はMS制式配備前
・WD隊ジム/ジム・スナイパーⅡ
  …連邦の先行MS部隊機

・第0話「予兆」
  …本作副題の意味
・第1話「出撃」
  …連邦軍、オーストラリア反攻作戦!!
  …WD隊へ奇妙な命令

・第2話「展開」
  …MS、ホバートラックの連携戦
  …レイヤーの戦い方
・第3話「疑念」
  …11月24日、ジオン軍オクトパス隊
  …連邦、WD隊へ無茶ぶり

・第4話「攻防」
  …ジオン、ドナヒューへの無茶ぶり
  …WD隊の選択
・小説 ジオニックフロント 感想
 これまでの感想

※設定画、解説は未収録

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・3/3ページ目へ

※過去記事一覧ページ

以下、公式あらすじより引用
及びブックウォーカー試し読み


 あらすじ・内容

 名作ゲーム「コロ落ち」完全復活!

 コロニー落としにより地図から消えた悲劇の大地GROUND ZERO!

 砂塵渦巻くオーストラリアの大地を舞台に一年戦争の真実が今、明かされる!



漫画「本日のバーガー」「ポケットの中の戦争」
才谷先生が作画担当

コロニーの落ちた地で 1巻 感想

 本漫画は、オリヴィア・グラント博士が新設定

あらすじ
 0079年11月、連邦軍はオデッサ作戦を制した

 これによりオーストラリアのジオン軍は孤立

 未だ連邦では、MSは本格配備されていない
 本部はホワイト・ディンゴ隊を設立し
 オーストラリアに派遣

 地質学者オリヴィア・グラントを同行させる

 WD隊は、不可解な指示に困惑しつつも
 アリス・スプリングス奪還に参加

 ジオンもウォルター大佐指揮下、輸送部隊効率化を軸に作戦を始動する

※トップに戻る





本作は、初代ガンダムと同時期を描く外伝
オデッサ作戦後からスタート

コロニーの落ちた地で 1巻 感想

 コロニー落下で気候が激変、生きるのも困難

一年戦争
 U.C.0079 1月3日、一年戦争が開戦

 1月10日、オーストラリアにコロニー前部落下

 シドニーは消滅し、世界地図でも解る大穴へ
 1月15、16日、ルウム戦役によって
 ほぼジオン勝利へ

 しかしジオン戦力不足が暴露され、膠着

 7月、連邦軍は「ガンダム」を開発し
 陸戦型等をテスト運用

 9月18日、アムロのガンダムが起動

 11月9日~23日が、本作0話

 11月30日、連邦がMS本格投入

本作オリジナルMS
連邦軍が、“MSを本格配備する前”の物語

IMG_0385

 見た目は普通、ゲームによると現地改修

RGM-79 ジム(WD隊仕様)
 ガンダムでMS技術を確立、量産化したMS

 劇中は、まだ希少な先行配備

 漫画版は、アーマー換装機能が新設定され
 重装甲からキャノンタイプまで
 様々な用途に対応

 かつてない汎用性のジム!!

 WD隊は、隊ごと軍本部ジャブローから派遣
 現地部隊ではありません

 ジオンMSと、互角以上の白兵戦が出来る貴重な存在

 その為、あちこちに駆り出されるのでした

表紙、カバー下
カラーページには、本部隊の代名詞が掲載

IMG_0408
IMG_0406

 本編への登場は、まだまだ先の話

RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ
 後期型ジムを元にした、総合性能強化タイプ

 ガンダムが登場しない本作、最後のMS

 WD隊は、名に反しダークカラー塗装しますが
 本機のみ、軍本部が白く塗装した為
 異彩を放つ存在に

 増設バルカンと独自シールドが特徴

 スナイパーⅡ、本来の狙撃銃だけでなく
 スナイパー用ライフルも使用

 同じくジャブロー直轄だった「モルモット隊」でも同カラー、ライフルを使用します

 白はジャブロー直轄隊カラーなのかも 

エピソード0
大仰にも思える新副題「GROUND ZERO」

00000
00001

 GZとはシドニーの大穴、コロニー落下

第0話「予兆」
 冒頭は、地質調査を行う女性の姿から

 調査も戦争で中断されます

 未だに戦争をしようとする連邦とジオン
 人でなしだ、と罵る女性博士は
 本漫画版オリジナル

 故郷を跡形もなく消された、市民の代弁者

 連邦とジオン、軍人視点に加えて
 第三者視点を強化か

 戦争は勝つか負けるかだけでなく、それ自体が迷惑だと

 閃光のハサウェイにも通じる部分ですね

オーストラリア西部
連邦軍ミーラカーサ基地に現れたものは

00002
00003
00004

 連邦は戦車隊で猛反撃するが、エースで一変

オーストラリア戦線
「荒野の迅雷」ヴィッシュ・ドナヒュー参戦!!

 ジオン軍オーストラリア戦線の英雄

 冒頭は緊急事態で、連邦本部から輸送隊が接近
 当然、現地の連邦防衛線内部に送り
 安全に受け取る手筈

 慌てたジオンは、精鋭で防衛線突破!!

 悪く言えば、連邦本部が物資を送らねば
 戦いは起きなかった

 民間人視点では「迷惑」なんですな

 三者まんべんなく迷惑!

しかし現れたのは、無防備な輸送部隊ではなく
背後からの連邦軍奇襲!!

00005
00006
00007
00009
00008

 ガンタンク、ガンキャノンは「旧型」扱い

狐とタヌキの化かしあい
 実は輸送作戦は、ジオンをおびき寄せる

 しかしヴィッシュ、市民の通報で罠と察知

 罠にかかったフリで、更に背後からグフで奇襲
 結果、ジオンはザクを失ったも
 連邦軍は総崩れ!!

 ですが連邦も輸送作戦成功

 連邦は囮・偽輸送と、輸送作戦を
 並行して行ったんですな

 ジオンは戦闘に勝ったも、連邦は作戦目的を成し遂げた

 情報を握る大切さが沁みますわ

第1話
本命は、0083やUCでお馴染みトリントンへ

IMG_0398
IMG_0397

市民を無視して、殺し合いを正当化する軍人は恥を知るべきよ!!(博士』

第1話「出撃」
 運び込まれた“秘密兵器”を、博士助手が撮影

 主人公レイヤーは、すぐ消すよう指示

 が、軍に反感を持つオリヴィア博士が逆ギレ
 博士は、その「情報」の重さを
 何も知らないから…

 何より故郷の悲劇に怒ったのが原因

 ただ連邦は、このMSを送り込む為に
 多くの兵を失ったばかり

 撮るなというレイヤーの気持ちも解るところ

 この件は、博士も2巻で実感します

レイヤー『他はどうかは知らんが、俺はこの地に配属になった事を誇りに思っている』

IMG_0396

 WD隊ジム。換装用の受け軸などもない通常型

連邦軍反攻作戦
 レイヤー、通信室にて司令官と暗号通信

 今、オーストラリアはジオンが支配

 しかし地球規模では、オデッサで連邦が勝利
 各地のジオンへ物資補給が途絶え
 連邦反攻の好機!!

 しかし連邦オーストラリア軍はスパイが

 作戦が漏れ、反攻部隊の苦戦が予想され
 WD隊がカバーする事に

 本作はこの調子で、他部隊のカバーを行うのがWD隊の役目

 機動兵器だからね!機動しないとね!!

作戦が漏れ、急遽防衛線が構築されつつある
先行して防衛線を潰せ!!

IMG_0393
IMG_0392
IMG_0391

 司令部は、オリヴィア・グラントの同行を要請

プレイヤー中尉
 何故、危険な任務に地質学者を同行?

 不可解ですが指示は指示

 疑問を抱く時間もなく、早朝出撃が決定
 かつ、博士は依然としてこの調子
 レイヤーの胃が痛い…

 顔に出ないレイヤーはプロですわ

 感情的なオリヴィア博士と
 冷静なレイヤー

 レイヤー中尉は、この落ち着きが魅力ですね

 原作で台詞がない事を反映してか 

ホワイト・ディンゴ降下!
防衛線を潰し、主力戦車隊の安全を確保せよ

IMG_0389
IMG_0390

 各部装甲を追加したアーマード仕様!!

ホワイト・ディンゴ!
 いきなり、嵐の中で輝いたレイヤー隊長!!

 というのも敵が思った以上に侵攻

 本来、安全地帯で輸送機から降りる予定が
 先に降下し、敵をMSで空中迎撃
 輸送機を守る作戦へ

 さすが元戦闘機パイロット

 推進器で、降下を鈍らせるにしても
 恐ろしい度胸してますわ

 本形態は重いものの、推進器の数も倍増しています

 動力もヌーベルジムⅢのように強化か

第2話
初めての戦場に、オリヴィア博士もパニック!!

IMG_0387
IMG_0385
IMG_0386
IMG_0384

 ホバートラックもブースターにより空中投下

第2話「展開」
 初めての戦闘に、身がすくんでしまう博士

 しかしレイヤー、身体を張って盾に

 当時の連邦MS隊は、ホバートラックを同行
 コイツが、敵に集中して狙われ
 庇うのも一苦労

 しかしホバートラック、情報戦で大活躍

 ジオン陸上母艦、ギャロップに対し
 センサー情報をかく乱

 先の輸送部隊戦といい、これもまた「情報戦」なんですな

 作戦の成否も、個別戦闘も情報が大事

なまじ、モビルスーツ歴が長いジオンの弱点は
連邦を素人と侮ってしまう事か

IMG_0383
IMG_0382

 増加アーマー頼みで、敵に肉薄したレイヤー

レインボゥ・ヴァレー排除任務
 連邦は、量産したMSを宇宙決戦に集中投入

 当時は本部以外、殆どMSがありません

 各地で戦力が不足し、今回も3対5と劣勢でした
 が、本作ではアーマーがある為
 高い防御力で囮に

 そもジオン、対MS戦に不慣れ!!

 連邦初の、“白兵戦が出来る量産”機
 ジムが機動力で翻弄

 当時、対MS戦を最初から意識してたのも連邦の強みか

 フルアーマーの強みを活かした攻防でした

第3話
ジオン司令ウォルター大佐『正式な部隊なら、紙に起草したりはせんよ

IMG_0381
IMG_0380
IMG_0379

ザビ家の評価を気にする時間は、それほど長くはないはずだ(ウォルター司令)

第3話「疑念」
 変わって、ジオンのオーストラリア本部

 既に司令部移動の真っ最中でした

 とある作戦へ、八つの主要な輸送部隊を集約
 敢えて、ザビ家受けの悪い仕官
 ヒープ中佐を指揮官へ

 作戦が、“ザビ家に反する”からか

 実際三巻から、ザビ家直轄が登場しますが
 兵より勝利を優先する迷惑な人で…

 とまれ輸送隊を統合し、物資をかき集め「輸送列車」でまとめて移送

 この列車が、次巻にも続く肝になんですね

ボブ・ロック整備班長『愛機に女の名前を付けるのはいいが、ジャクリーンはやめとけ』

IMG_0378
IMG_0377
IMG_0376
IMG_0375

 博士、軍レーションが相当不味かったらしい

オーストラリア戦線
 WD隊は連邦本部、ジャブローから来た部隊

 とにかく物資が足りず一苦労

 手を洗う水より、敵からガメたビールが多い!!
 また、博士は食事に招かれた事で
 見る目が変わった模様

 軍人だって人間なんだ

 多分、想像していた「軍人」とは
 戦闘機械みたいな連中

 人を殺すのが仕事、人間味がない奴ばかりと思ってたのか

 でも憎めないと解ってしまったと

スタンリー大佐『では最後に中尉、作戦主旨を要約してみたまえ』

IMG_0373

そういう事だ。出来たら庭の芝生を踏むのも遠慮してくれ(司令』

吉報を期待している
 次の任務は、都市奪還作戦の「露払い」

 が、民間に被害を与えるな

 これは、連邦も鉄道輸送が必要である為で
 鉄道は、現地の手も借りないと
 人手が足りない!!

 また何より、情報戦の為か?

 レイヤーが感じた「司令の悩み事」とは
 多分、民間人スパイ

 民間人に反感を買えば、ジオンに協力され「情報戦」で大きく不利になるからか

 第0話、民間人がジオンに通報したように

第4話「攻防」
奇しくも、ジオンも同一命令が下されていた

IMG_0372

 アンクルとは「おじさん」の

第4話「攻防」
 WD隊の攻撃目標、アリス・スプリング

 防衛責任者はドナヒュー中尉

 中尉ですが、方面軍で一番偉い大佐に頼まれ
 連邦に、“進行中の作戦”を気付かせず
 街を防衛する事に

 こちらも肝は、街に被害を出さない

 両軍、民間人を敵に回さない事
 鉄道網保全を重視

 特にジオンは、さっき用意した輸送列車が向かってきてるので重要!!

 集めた物資がパアになったらお終いだ!! 

僅か三機とホバートラックで
敵防衛線を乱し、味方主力をエスコートせよ!!

IMG_0371
IMG_0370
IMG_0369
IMG_0366

 WD隊レオンは、“噂を聞いてくる”のが得意

アリス・スプリング陽動作戦
 都市制圧は、歩兵・戦車など通常戦力の仕事

 WD隊は、彼らの為に露払いがお仕事

 問題は狭い市街地戦で、被害を抑えて戦うなら
 敵に侵攻ルートを容易く読まれる
 少数戦力は自殺行為!!

 こうして「案を練る」のが見所ですな

 少数、市民感情、明らかに味方にスパイ
 それも部隊内にいる…?

 淡々とこなすレイヤー中尉はプロですわ

前提は敵に情報が洩れてる事
少数戦力を敢えて更に分け、陽動作戦へ

IMG_0368
IMG_0367
IMG_0365

 ジオンの髭隊長、スパイから情報で得意満面

アリス・スプリング陽動作戦
 しかしかえって、情報に頼って罠に嵌りました

 情報は、使い方が大事って事ですね

 髭隊長、連邦が少数とスパイから聞いていた
 まさか、更に隊を分けてると思わず
 囮作戦と考えなかった

 対しドナヒューは、むしろ安堵

 この老兵が、街の防衛に残った場合
 街に被害が出るのは必至

 むしろとっとと出撃して貰い、自分で連邦を迎え撃つドナヒュー

 次巻、ドナヒューとWD隊直接対決ね!!

収録
ガンダムが出ないガンダムゲームを原作にしたコミカライズ

ガンダム コロニーの落ちた地で 1巻 感想



 狙いは「ジムの魅力を引き出す」事!

 他にも量産機続々な漫画ですね!!

刊行
 ガンダムエースKC「機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 1巻」。
 作画:才谷ウメタロウ、監修:徳島雅彦、1999年ゲーム原作
 月刊ガンダムエース連載 KADOKAWA発行。
 2018年3月発売

機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 1巻
 あらすじ
 第0話「予兆」
 第1話「出撃」
 第2話「展開」
 第3話「疑念」
 第4話「攻防」
 小説 ジオニックフロント 感想
 これまでの感想

※設定画、解説は未収録

 カバー下イラストアリ。

※トップに戻る

ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 感想

 PS3版 ジオニックフロント 公式サイト(外部)
 ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 1巻“闇夜のフェンリル隊”
 ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 巻“ガンダム6号機”【最終回】











 機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 1巻“換装型ジム”WD出陣!
 機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 2巻“アスタロス”
 機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 3巻“スパイ”博士の答え
 機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 4巻【最終回】“終戦”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング