ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
U.C.0088年、ZZ開発を優先し一時棚上げも
10月 アクシズ攻略戦へ投入

ZII


■抽選配給期間
2021年4月29日(木) 14:00 より開始 [予定]
■新規追加物資
■ユニット
・★★★ ZⅡ LV1~2 (汎用機、地上/宇宙両用機体、コスト600~)

※上記MSは月間MSボーナスの対象機体となります。
※月間MSボーナスについては、こちらをご覧ください。

■モビルスーツの特徴
・コスト600の汎用機
・Zガンダムの複雑な変形機構を単純化、生産性と操作性向上を目指した試作機
・実弾とビームを織り交ぜた中距離射撃戦と、変形による機動力を活かせれば、優れた適応力や戦果が期待できる
・タッチパッドボタンを押すことで飛行状態に移行するスキル「変形(飛行)」を搭載
・飛行形態での高速移動時に、接触した対象にダメージを与えるスキル「ラムアタック」を搭載

バトルオペレーション2公式より

公式ツイッターはこちら


ZII 00
ZII 03
ZII 06

 可変機構をメタスと折衷、コストダウン成功

初出「Z-MSV」
 MSZ-006のZ、007の“非可変”量産版Zに続く

 MSZ-008、可変量産タイプ試作機

 従来設定では、ZZ開発優先で計画中止扱いも
 近年、漫画「ジオンの幻陽」で
 アクシズ攻略戦に投入

 ゲーム「ミッシングリンク」にも登場

 ガンダムエース15周年作品
 ヴァルプルギスで、少数量産設定が拡大

 劇中に於ける、メイン級MSとして活躍しました

 某カワサキのバイクと同名なMS

可変コンセプトは「リゼル」に流用
ゼータ可変の最難所、胸部構造は殆どそのまま

ZII 09
ZII 13
ZII 29
ZII 0

 HGUC化したも、胸部可変は差し替え再現

MSZ-008 ZⅡ
 カラバ経由「Zプラス」で、Z量産化は実用化

 本機は、更に簡易可変でコストダウン

 更にリゼルでは、ジェガンとパーツを共用化
 OSをも発展させ、MSとMA両形態を
 同じ感覚で操縦可能に

 SFS、ジェガンの補助推進器を兼ね量産化へ

 生産性と操縦性を改善
 可変かつ、新兵にも扱えるMSへ発展します

 ただ小変更で、“軽量かつ大推力の暴れ馬”へ仕様変更も可能

 熟練者は同「C型」に搭乗しました

雑誌「ジ・アニメ」1986年10月号
U.C.0088年10月、アクシズがエゥーゴに強襲されていたと言及

ZII 2

 その逸話を「ジオンの幻陽」が漫画化

アクシズ襲撃事件
 アクシズは、ハマーン様が地球降下中で不在

 隙を突き、エゥーゴ主力艦隊が電撃侵攻

 際しZⅡ、元エゥーゴであるパイロットと交戦
 この逸話は、OVA版ガンダムUCでも
 関連設定として言及

 プリズマティック・モビルズ1巻106P収録

 この戦い、ZⅡは設計通り良好な性能で
 ドライセンを圧倒

 開発データはリゼルに活用、機体は一部横流し

 ゲーム「ミッシングリンク」に登場へ

ZZ終了の半年後、シロッコの死二年後を描く
漫画「ヴァルプルギス」でも大活躍

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 1巻 感想 11

 同作では「V型」が、エゥーゴ機として登場

MSZ-008V ZⅡV型
 前述のアクシズ戦投入で、ZⅡの開発も弾みが

 実戦データから、改良型が複数製作へ

 中でもV型は、白兵戦性能を向上した改良型で
 腕はZ同型、ジムストのツインスピアを
 銃剣風に装着etc
 
 作中屈指のエース、セイン大尉の手で活躍

 同作は、Z最終回でのジ・O停止現象を
 グリプス・ダウンと命名

 その被害に遭う事が多く、よく機能停止するのも印象深いMSです

 時には、逆手に使う場面もありました

※トップに戻る









 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 1巻“死者 再び”グリプス・ダウンを追え!
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 2巻“オーヴェロンの光”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 3巻“もう一つの兄弟機”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻“オーヴェロンの意義”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 5巻“グリモアとは何か”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング