試し読み U.C.0089 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想
 脚本:海冬レイジ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。画:葛木ヒヨン これまでの感想はこちら 前回はこちら
グリモア搭載機、プロトZZ対オーヴェロン!!
艦長決断、独立愚連隊始動!!

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 2

 ジ・Oは、戦争に勝ち“実績”を得る為のMS

 対しオーヴェロンは、民衆支持を得る

 権威化する為、意図的にガンダムに作った訳か
 姉妹機として、PMX-004も言及
 女王機タイタニア?

 主人公マシロに“代わりがある”事も確定

事態は“シロッコ残党”へ
 第一話での死亡後、やはり別個体に記憶移植
 復活計画は、シロッコ生前から立案も
 計画の主眼でないらしい

 なら主眼はシロッコの理想、“女による統治”?

 ∀ガンダム逆算の“不死の女王”?

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想


・あらすじ
  …シロッコの計画「アンブロージア」
  …第三のグリモア!!

・第16話「ReplayⅡ」
  …青きギャプランが「ガンダム」に!
  …ZZvs.ジ・O!!
・第17話「ReplayⅢ」
  …回想、オーヴェロン開発動機
  …謎の“アンブロージア”

・第18話「ReplayⅣ」
  …マシロが「蘇生」できた理由
  …襲撃事件・完

・第19話「RestartⅠ」
  …連邦の圧力、エゥーゴ上層部の決断
  …目的地は「嵐の庭」

・第20話「RestartⅡ」
  …アレキサンドリア級フラワーガーデン
  …その名は「アウストル」
・第21話「RestartⅢ」
  …ギャプラン外装を活かした戦術
  …ネモvsメッサーラ

登場メカニック
・MSZ-009H3 F.A.V.N.R.<ファーヴニル>
  …プロトZZの改造機
・PMX-00? オーヴェロン
  …原点回帰により、時代を先取りしたMS
  …シロッコの遺作PMX-005?
・メッサーラ「グラシュティン」
  …オーヴェロンの“オプション”

関連メカニック
・PMX-004 タイタニア
  …シロッコが計画した「戦後用MS」
PMX-003 ジ・Oの「システム」
  …シロッコ曰く「神経」
・本名「シャマール」「アウストル」
  …共に語源は「地方風」

※MS設定画、解説は未収録

 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目へ

・5/5ページ目へ

・過去記事ページ

以下、公式あらすじより引用
及びブックウォーカー試し読み


 あらすじ・内容

 ギャプランがガンダムに変身!?新MSファーヴニル覚醒!!

 宇宙世紀0089年、パプテマス・シロッコと関係があると思われる主人公マシロ・オークスの前に現れた謎のZZガンダム系MSファーヴニル!オーヴェロンと激突!!





あらすじ
主人公マシロ、二年前の姿が明らかに

00045

 彼の過去はほぼ模造記憶…、こりゃ辛すぎる

あらすじ
 U.C.0089、第一次ネオ・ジオン戦争から半年
 マシロは、父マンハイムの記憶にアクセス
 己がアンブロージアで造られたと知る

 マシロは暴走し、“ファーヴニル”も停止

 クリストフ准将戦死、フィーのジオン誘拐
 連邦はエゥーゴに圧力をかける

 エゥーゴは解決をエルメ艦長に託し、暗礁宙域へ向かわせる

 マシロ、アンブロージアの番人と接触…?

※トップに戻る





第16話
物理ロック解除!青きギャプランがガンダムに

00001
00003

 真名は、青のグリモア「F.A.V.N.R.」

第16話「ReplayⅡ」
 前巻、プロトZZ改造機と示唆の青のグリモア

 外装兼、グリモアのロック機構が解除

 原型は、ZZ開発段階でのプロト機MSZ-009で
 009 H型ヘッジホッグというらしい
 同機を2回改造した“H3型”

 後付けシステム、“F.A.V.N.R.”が機体名

 プロトZZは、シロッコ死亡頃に開発中
 そこで流用されたMSか?

 二年前にグリモアが横流しされ、“当時最強のMS”に積んだ?

 それでプロトZZ改造機なのか?

准将は、二年前にティターンズ討伐するまで
高潔な人物だった(5巻P77)

00004
00007

 二年前のシロッコ戦死後、本機を貰い受けた?

クリストフ准将
 准将の狙いは、グリモアに隠された“何か”

 その為に、“青”を解析したかった

 多分、機体ごと貸与された強化人間アリーゼで
 長らく、グリモア起動を試みたものの
 全く反応しなかったらしい

 だが今、マシロの「白」に反応して起動

 シロッコ戦死、組織“クラン”が蘇生を計画
 手段に「グリモア」を開発

 それを父マンハイムが盗み出し、AE社に亡命

 AE社が各方面にバラ撒いたのか?

この二年、ネオ・ジオンだけはグリモアを起動し
解析が進んでいるらしい

00009
00011
00012
00013

 ギャプランのシールドが、サーベルに!?

ムーバブル・シールド
 この機構は、ハマーン“赤のグリモア”と同様

 グリモア三機に、共通の副腕ギミック

 開発順的に、オーヴェロンを参考にしたのか?
 元を辿れば、ジ・Oに搭載されていた
 天才シロッコらしい機構

 複数の腕を、一度に扱う高難度

 グリモアは、サイコミュでもあり
 意思で直接MSを制御

 グリモア起動中のみ使える、四刀流(偽ハマーンは五刀流)モードって訳ね!!

 サーベルが床を裂きまくる「ZZ系」パワー!

ファーヴニルも、グリプス・ダウンを発動し
動けるのは「グリモア」MSのみ

00014
00016
00017

 ところがネモ・リメスは停止せず

グリプス・ダウン
 ただ七巻では、母艦ユーロンまで停止

 非サイコミュ機にも効くと確定

 では効く、効かないの差はどこにあるのか
 何かの防磁、フィルタで防いだか?
 発動時に射程外? 

 影響を受けると、プログラムが破損(2巻)

 今回、発動時に傍にいたZⅡは停止
 システム破損で以降停止

 対しネモは発動時に離れてた為、影響を受けなかったのか?

 或いは隔壁で防げたのか?
 
再び精神世界、“シロッコの城”を訪れたマシロ
求める真実は、消された記憶の中にある

00024
00025
00026

 ジ・Oが崩れ、中からオーヴェロン

心の男
 オーヴェロン、その中枢データバンク

 本来はフィーが守り、入れない区画

 前巻ではフィーが気絶、ジ・Oが共鳴した為
 マシロ、中に入る事に成功したも
 中には謎の男が

 マシロ、本来の人格シャマール

 マシロは、シャマールを隠す為の人格で
 本来の人格がシロッコ後継者

 シロッコ死亡時、その記憶を受け継がせる為の人造人間?

 それがシャマールなのか?

クリストフ准将の狙い通り、グリモアが起動
しかし准将に計算外の事態が

00027
00028
00029
00030

 准将、この混乱であっさり戦死

再会、兄よ…
 ジオンに与した准将の息子で、エルメ艦長の

 エルナルドがジムを奪い強襲

 際し准将は、瓦礫に巻き込まれあっさり死亡
 エルナルド、父を殺したと知らず
 フィーを攫います

 彼の囮として、偽ハマーン様が出陣

 准将、その真意をほとんど語らず退場
 この「父親死亡率」の高さ!!

 父はレイモン経由でグリモアを得て、その「秘密」に野心を燃やしていました

 シロッコの統治プランが欲しかったのか? 

第17話
ハマーン戦争から半年、地球圏は割と平和だった

00031
00032
00033
00034

 平和ボケした艦長達、皆殺しに…。

第17話「ReplayⅢ」
 二年前のグリプス、半年前のネオ・ジオン戦争

 勝利し、平和を享受していたエゥーゴ兵

 復活ハマーン様は、彼らをディマーテルで焼き
 エゥーゴ拠点、グラナダ上空にて
 単騎で囮作戦へ!!

 親方!宇宙から蘇ったハマーンが!!

 忠臣レイモンは、シロッコ再臨を予感
 いつものように大興奮!!

 ホント落ち着きない忠臣!! 他方ファーヴニルは、パイロットに「死者の魂」が流入?

 多分これが「グリモア」の要か

マシロは、二年前の「ジ・O完成」現場を幻視
これが失われた記憶…?

00035
00036
00037
00038

 父マンハイムは、ジ・Oの「神経」を担当

ジ・Oのシステム
 ジ・Oとシロッコが、いかに驚異的か描く回想

 回想は、何故か「マンハイム視点」

 ジ・Oは全身に、無数の推進器を備えており 
 36基もの、仮想ファンネルを全回避
 圧倒的性能を披露

 疑似ながら、キュベレイ搭載の4倍弱!!

 おそらく、シロッコ独自のサイコミュ
 バイオセンサー開発風景か

 機体を脳波で直接制御、その設計に「畑違いの技術者」が協力

 クローン、“人間を模す”技術の応用?
 
シロッコは戦後を見据え、2機の後継機に着手
また「アンブロージア」を進めた

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 0
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 1
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 2

 PMX-004、Gジェネの女王機「タイタニア」

戦後を見据えて
 シロッコは女王主義、女性を指導者とする思想

 ですが彼は木星出身で、地球では部外者

 そこでジ・Oで英雄となって、主導権を確保
 戦後、“民衆に解りやすい”MSとして
 ガンダムを駆る予定

 オーヴェロンは“ジ・Oのガンダム型”

 見た目は正反対も、共に追従性を最重視
 ジ・Oは推進器で運動性向上

 対しオーヴェロンは、余計なものを排した軽量なMSか

 流行の「恐竜的多目的MS」と正反対!!

恐竜的進化、多目的機の女王機「タイタニア」
シンプル化した王機オーヴェロン

00040

)パプテマス・シロッコ
 戦後の地球圏を導くのは女の役だな


)トニオ・マンハイム
 そのためのアンブロージア…?



)シロッコ
 半分はそうだ

 私はただ女王の傍らで立会人の責を果たすのみ

 それが私の天分だよ


※天分
 天から与えられた才能・職分


00041

 アンブロージアは、女王統治の為に必要

戦後を見据えて
 アンブロシアは、不死を意味する神の食べ物

 そして本作では、クローン製造計画

 第一巻を見る限り、同型クローンを複数製造
 死亡時、バックアップに記憶転送
 同一個体を延命する物

 本来の目的は、“不死の女王”製造か?

 後の∀ガンダムは、長命の女王が登場
 冷凍睡眠で延命しています

 そもシロッコが女王思想なら、候補を用意してる方が自然

 フィーこそ、その為に作られたのか?

アンブロージア計画の残り半分
同計画は、万一の「シロッコの死」に備えた物

00042

 シロッコは生前から、蘇生を視野に入れていた

アンブロージア
 マシロは、蘇生用に作られたバックアップか

 計画主体は木星出身、シロッコの直参

 シロッコ戦死時、母艦ジュピトリスも轟沈
 彼らは、クランと呼ばれる組織となり
 地球圏に残留

 蘇生ユニット「グリモア」を開発?

 しかし、トニオが彼らを裏切ってしまい
 グリモアを持ちだしたのか

 この時シロッコは、トニオに何かを伏せてました

 それでトニオは蘇生反対に転じたのか?

父トニオは「シロッコの死」を目撃
受けた衝撃は、視聴者に数倍するものだった

00043
00044

「グリプス・ダウン」そのものを目撃

トニオ・マンハイム
 彼は、ジ・Oの異様な機動性を熟知してた

 だから撃墜“現象”を、誰より疑問視!!

 彼が解析し、グリモアに盛り込んだという事か
 ただ一巻、解析に意欲を燃やしており
 まだ未解明だと明言

 現在の「ダウン」は不完全

 またシロッコ死亡に際し
 彼は、“シャマール”達を逃がす事を最優先

 描写上、シャマール自身の未来を案じてたよう見えます

 当時、蘇生計画と知らなかったのか?

第18話
アンブロージア、マシロが蘇生できた理由

00045
00046
00047



 驚愕でマシロが昏倒し、アリーゼも助かった

第18話「ReplayⅣ」
 アンブロージアには大量のシャマール=マシロ

 マシロは、量産されたクローンの一人

 ジュピトリス轟沈時、アンブロージアは射出
 AE社レイモンは、その行方を捜し
 シロッコ元部下達と対峙

 第一巻、マシロ蘇生の真相

 そうなら、記憶も人格もそのままの復活
 宇宙世紀初の事例のハズ

 また爆散したシロッコ、宇宙放出されたマシロの記憶を、どうやって受け継いだ?

 それがグリモアの要に思えます

エゥーゴのグリモア計画主導者クリストフ准将
死亡により、エゥーゴは撤退へ

00048
00049
00050
00051

 父が兄に殺された。エルメ艦長…!!

まさに天恵!
 ノリノリ忠臣レイモン、我が世の春が来た!!

 准将とは、マシロの扱いで対立

 シロッコ性の違いから、対立していたものの
 准将は死亡、しかもグリモアを独占し
 他将軍に伏せていた

 もうエゥーゴに、レイモンを阻む者はない!!

 他方、フィーを捕えたネオ・ジオン
 曰く「嵐の庭」へ

 これは、元ジュピトリス乗員「クラン」拠点か

 ネオジオンはグリモア解析で先行

 おかげで話が早い早い!!

第19話
マシロは、見た全てをエゥーゴに明かした

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 3
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 4
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ

 エルメ艦長、“上層部承認”で独自行動に出る

第19話「RestartⅠ」
 エゥーゴ拠点を襲ってまで、フィーが攫われた

 ジュピトリス残党が動くのは明らか

 ですが連邦とAE社の圧で、エゥーゴは動けず
 忸怩たる思いのエゥーゴ上層部
 艦長の“暴走”を承認

 軍令は出せないが、追いたいなら追え

 その為に、大量の補給物資など
 便宜も図ったようです

 上層部の漢気が意外も、元は「ティターンズ専横を許せず立ち上がった」連邦内義勇軍

 後のVガンダムを想起させますね

ネオ・ジオンを止める為
そして、父が追い求めた「何か」を知る為に

00054
00055

 もう“子供を護る”と言えない。大人として辛い

独立愚連隊、立つ
 今まで艦長は、いざとなれば父が後ろ盾だった

 心中、頼りにしてなかったと言えば嘘

 フレドリカ・エルメ艦長、死罪も辞さない旅へ
 マシロに同行を「強制」させ
 艦隊を出撃

 ガンダム名物、独立愚連隊立つ!!

 結局、事態解決にはマシロが必要で
 頼るしかない

 マシロが前巻、強く望んだのも確かですが

 艦長自身に言い聞かせるような台詞!!

第20話
エゥーゴは鍵であるマシロ、ガンダムを逃した

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 5

 だが諦めない!忠臣は諦めない!!

第20話「RestartⅡ」
 エゥーゴはマシロを脱走者が連れ去ったと説明

 だがAE社レイモン、茶番に付き合わない!!

 いざアレキサンドリア級「フラワーガーデン」!!
 民間軍事会社、即ちPMCを雇い
 忠臣自ら追撃へ

 MS搭載数、連邦主力サラミス改の4倍!!

 これぞ、ティターンズが生んだ名艦
 MS時代に即した新設計艦!!

 まあティターンズは凋落したので、民間に払い下げられたんでしょうか

 何故かムサカ級に酷似、AE社改造艦?

ファーヴニルは外装を再装着
グリモアの封印であり、未発動時は性能を補う

00058
00059
00060
00061

 アウストルと呼ばれ、アリーゼ激昂

強化人間アリーゼ・マテバ
 レイモン、機体もマシロも傷つけるなと厳命

 逆らうなら「壁の向こう」に戻す

 要は実験動物扱いに戻すぞ、という脅しですね
 彼女は、連邦軍のNT研究所出身で
 現在はAE社の預かり

 曰く、グリモア発動で「中に入られた」

 本来のグリプス・ダウンは
 Z最終回、“死者に身体を貸して”起こした

 その模倣なら、当然「死者が入ってくる」という訳か?

 無秩序に入ってこられて廃人に?

マシロは、知ってか知らずか「らしい」事を
これが若さか…!!

00062
00063
00064

 そりゃあ、セイン兄さんが激怒したそうじゃ

なりふり構わず
 整備班に志願し、寝る間を惜しんで訓練

 シロッコ同様、パイロット兼技術者

 シミュレータで操縦を、また構造を知る事
 機能を把握し、強くなれる筈だと
 無茶しはじめた

 マシロは誰も犠牲にしたくない

 素質、やってる事はシロッコと同じも
 考え方はまるで真逆

 泥臭く、ただただ「目の前の事」に一生懸命

 どこまでも対極的なんですね

生真面目委員長ロックス少佐
意外や任務に同伴、エルメ艦長に釘を刺す

00065
00066
00067

 セインと、対極的かつ「いい人」な少佐

ロクサーヌ・ロックス少佐
 少佐、エルメ艦長の願いで随伴艦艦長に参加

 エルメを監視、いざとなれば沈めると明言

 際しエルメ艦長の、行動の問題点をズラリ指摘
 正直、こういう人って助かります
 良い委員長じゃよ…

 敵阻止には、マシロと機体処分が最善

 艦長、艦隊の命を背負ってるエルメに
 何故そうしないかを考えさせた

 エルメ艦長の根底は、“父・クリストフ准将の動機”を知りたい

 父が、何も言わず散った件が動機な訳か

第21話
敵が来た!メチャクチャ速いモビルアーマー!!

00068
00069

 プロトZZファーヴニル、ギャプラン式変形!?

第21話「RestartⅢ」
 元々プロトZZも、Gフォートレスに可変可能

 更に、ムーバブル・シールド推力が加算

 同シールドは、大砲・盾・推進器を兼ね備え
 特に、可変時にメチャ有効ですね
 ガンプラ映えする奴!!

 ただネーミングが「殺される前提」っぽい

 ファーヴニルは、北欧神話を語源に持ち
 神々から財宝をせしめた男

 呪われた財宝に目が眩み、怪物となって討たれる。准将の最期そのまんま

 倒すと「誰より賢くなれる」というも…?

セインのZⅡを、PMC高機動ジム隊が翻弄
マシロもフィー不在では戦えない

00070
00071
00072

 PMCのジムは、Gパーツ連結による準MA型

PMC対ユーロン艦隊
 形状はジム改に近いも、既存にない独自タイプ

 機動力と数で、ZⅡを抑える強者揃い!!

 対しオーヴェロン、またも本来の出力が出ない
 得意の盾、ハイメガもシャワー止まり
 これ本体直結型!?

 ロクサーヌ麾下、ジムII隊も沈黙

 ジムIIは、高機動機に慣れたベテランも
 このZZは従来MAと大違い!!

 全身火器、“針鼠<ヘッジ・ホッグ>”だよ!!

 これだから重装改はタチ悪ィぜ!!

窮地に駆けつけたのは「メッサーラ」!?
ではなく“図面”のMA

00073
00074
00075

 シロッコの図面で、背に合体していたMA

グラシュティン
 パイロットが、オーヴェロンをガンダム

 しかもマシロはマシロのまま

 即ち彼女は、フィーと同様の権限を持つらしい
 回想で、マシロが冷凍保存されてた施設
 アンブロージアの番人

 彼女も、オーヴェロン生体キー

 その愛機は、合体で機動性能を引き上げ
 またがればメガ・ライダーに

 まさにシロッコ版Gディフェンサーじゃよ!!

 さすが天才!多機能な設計!!

本性を現したプロトZZ
システム名は、詳細不明の「F.A.V.N.R.」

00003


機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
ガンダム ヴァルプルギス 3巻 感想 ネタバレ

 改めて、プロトZZとは形状が全く別物

MSZ-009H3 F.A.V.N.R.<ファーヴニル>
 これは公募されたデザインを踏襲している為
 
 機構は上下二分割、プロトZZ方式

 バイオセンサー、通称「青のグリモア」を搭載
 レイモンが、准将を味方に付けるべく
 彼に横流しした

 准将豹変は二年前で、ZZが未完成

 故に、プロトZZを改造したのか?

 外装は、グリモアの物理ロックであり
 性能を補う役割も持つ

 本来の性能を出せない分、FA化してる感じか

 アームの保持力でガンプラ化が困難そう

オーヴェロンは「ジ・Oのガンダムタイプ」
シロッコの図面そのままの姿

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 0

 図面をトニオがAE社に持ち込んだらしい

PMX-00? オーヴェロン
 ジ・Oは、当時流行した多機能化を否定

 乗り手への追従性に絞ったMS

 オーヴェロンも、コンセプトをそのまま継承
 本体を、シンプルに仕上げて軽量化し
 汎用性はオプションへ

 見た目真逆も、“乗り手に応える”MS

 この発想は、宇宙世紀に多数存在も
 最も近いのはF90か

 F90も本体軽量化へ、開発主任がグラム単位で執念を燃やした設計

 同様に軽量、高機動型か

汎用性を外付けで実現したオーヴェロン
外付け装備の一つ

00075

 合体せず騎乗可能、多彩な戦術が選べる

メッサーラ「グラシュティン」
 合体すれば、木星圏の高重力にも対応可能か

 反面、直線推力の高さは小回りで不利

 その為か、オプションとして設計されているも
 シャマールは、フル武装状態を好み
 彼の性格が窺えます
 
 名はイギリス、マン島伝説の妖精(妖怪)

 時おり、人里に出てくる馬の妖怪で
 変身能力を持つ

 またがる馬であり、姿=機体性能を変えると

 可変機を越える「推力」を得る!!

オーヴェロンに先行した「PMX-004」が言及
女王用MSタイタニアか

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 2
機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想 ネタバレ 2
gwbku-107eb3

 ガンダムウォー、Gジェネ ジェネシスPVより

PMX-004 タイタニア
 宇宙世紀に含まれない、GジェネオリジナルMS

 明言はされないも、本作では存在が示唆

 名は妖精女王で、妖精王のオーヴェロンとは対
 ジ・Oに、ファンネルを搭載したMSで
 隠し腕も四本に増加

 戦後世界を統治する「女王」MS

 本作では、アクシズに赤のグリモアが流出
 代価にファンネルを得たか?

 フィー達が「女王候補」なら、本機も出番があるかも?

 或いは単に存在を匂わせただけか

シロッコも出色と感動
ジ・O制御系に、独自システム搭載が言及

00037

 この多数のスラスター制御に役立つらしい

PMX-003 ジ・O
 曰く「神経」があり、開発にマンハイムが参加

 マンハイム本分は、アンブロージア開発

 おそらく、本機独自のバイオセンサー開発
 マンハイムは、人を複製するプロ(?)
 人の神経を機械的に再現か

 機体各部への、サイコミュ配置に協力?

 サイコミュは、人の脳波を受信増幅
 機械に仲立ちする装置

 受信機を、機体各部に効率よく配置へ協力か?

 そのノウハウがグリモアに役立った?

マシロの本名は「シャマール」
アリーゼ、強化人間コード名は「アウストル」

00059

 共に地方風が元ネタ

シャマールとアウストル
 シャマールはペルシャ湾、砂塵を伴う強風

 Austruはドナウ川下流、乾燥した西風

 五巻、アリーゼ所属のNT研をシロッコが接収
 おそらく、アンブロージア計画に
 NT研を必要としたか

 名前で、関係者だと示唆?

 つまり、マシロ「開発・製造」にあたり
 強化人間ノウハウも導入?

 また会話の流れ上、マンハイムは「シロッコ後継者」と知らずに作り上げたのかも

 彼、シロッコ家臣団でも外様だったらしい

収録

00005
00006





 ファーヴニルは、AE社が関与のエゥーゴ切り札

 そりゃガンダム一択な訳よね!!

 ガンダムエース コミックス「機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻」。
 漫画:葛木ヒヨン、脚本:海冬レイジ 月刊ガンダムエース。KADOKAWA発行
 2019年9月(前巻2019年2月)

 ガンダムエース15周年、ガンダムゲーム30周年記念企画作品
 機巧少女は傷つかないシリーズの海冬氏が脚本

機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻 感想
・第16話「ReplayⅡ」
  …青きギャプランが「ガンダム」に!
・第17話「ReplayⅢ」
  …オーヴェロン開発動機
・第18話「ReplayⅣ」
  …マシロが“蘇生”できた理由
・第19話「RestartⅠ」
  …そして「嵐の庭」へ
・第20話「RestartⅡ」
  …ギャプラン式ガンダム
・第21話「RestartⅢ」
  …ネモvsメッサーラ

関連メカニック
 PMX-004 タイタニア
 PMX-003 ジ・Oの「システム」

 MSZ-009H F.A.V.N.R.<ファーヴニル>
 PMX-00? オーヴェロン
 メッサーラ「グラシュティン」

 本名「シャマール」「アウストル」の関連性

※MS設定画、解説は未掲載
 これまでの感想

※トップに戻る

・過去記事一覧ページ

「デルタカイ」を巡る、関西リョウジ原作の長期連載シリーズ















 機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (福井晴敏&葛木ヒヨン)
 ガンダムUC 星月の欠片 2巻(完)
 機動戦士ガンダムUC0094 アクロス・ザ・スカイ 1巻 (葛木ヒヨン&関西リョウジ)
 機動戦士ガンダムUC0094 アクロス・ザ・スカイ 2巻
 機動戦士ガンダムUC0094 アクロス・ザ・スカイ 3巻
 機動戦士ガンダムUC0094 アクロス・ザ・スカイ 4巻
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 1巻
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 2巻
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 3巻
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 4巻
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 5巻“サイコ・マシーンの宴”
 機動戦士ガンダム UC0096 ラスト・ サン 6巻【最終回】ナイトロシステムの求めたもの











 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 1巻“死者 再び”グリプス・ダウンを追え!
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 2巻“オーヴェロンの光”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 3巻“もう一つの兄弟機”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 4巻“オーヴェロンの意義”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 5巻“グリモアとは何か”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 6巻“太陽vsデルフィニウム”
 機動戦士ガンダム ヴァルプルギス 7巻“無色のグリモア”

※トップに戻る



PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング