2021年 4月発売ガンプラ。記事下部はこちら
U.C.0084年、次世代量産機模索へ復元させた
HADESなき「首なし騎士」II世

20210416_hg_paleriderdII_titans_02

■HG 1/144 ペイルライダーDII(ティターンズ仕様)
 販売価格:2,420円(税込)
 獲得ポイント:24P
 予約受付開始:2021年4月16日 13時
 お届け日:2021年8月発送予定

■商品詳細
 即 応 態 勢 ―

 矢立文庫『アナハイム・ラボラトリー・ログ』よりティターンズにて運用されたペイルライダーDIIがHGシリーズで商品化。

 ペイルライダーDIIの特徴的な機体形状と機体カラーを再現。複合型特殊兵装「シェキナー」をはじめとした豊富な武装パーツが付属。

● 特徴的な機体形状、カラーリングを再現

  頭部や脚部アーマー、バックパック等、ペイルライダーDIIの機体形状を再現。

  特徴的なカラーリングをダークブルーとブラックの成形色で再現。

● 豊富な武装類

  複合型特殊武装「シェキナー」やビーム・ジャベリンなどの武装類が付属。

  豊富な武装類により躍動感あるバトルアクションを演出可能。

 付属武装:シェキナー / ビーム・ジャベリン / ビーム・サーベル / ビーム・ライフル / シールド


20210416_hg_paleriderdII_titans_03
20210416_hg_paleriderdII_titans_04
20210416_hg_paleriderdII_titans_05
1000157175_1
1000157175_10
1000157175_2
1000157175_3
1000157175_4
1000157175_5
1000157175_6
1000157175_7
1000157175_8
1000157175_9



 ティターンズ・ブルーが映える量産検討機!!

アナハイム・ラボラトリー・ログ
 トワイライトアクシズ同様ネット連載初出

 本来は、ペイルライダー量産検討機

 研究所破壊で、HADES搭載の「首」が製造不能
 首なし騎士=デュラハンと命名され
 その復元機ゆえデュラハンⅡ

 アポリー駆る「赤いドム最終型」らと交戦

 ドワス改相手に、高い性能で肉薄するも
 僚機を撃破され追い詰められた

 複合武装は、ジャイアント・ガトリング、メガ・ビーム・ランチャー、マイクロ・ミサイルランチャー、三つの機能を持つ優れ物

 おかげで複数の武装を持たず良いのが長所

EXAMシステム開発を進めさせる一方
連邦軍は、そのシステムを独自技術と融合

00469
00470

 連邦独自のHADES開発、その副産物

ペイルライダー
  …HADESテスト機
  …戦後、ジオンに流れトーリスリッターに

ペイルライダー・キャバルリー
  …量産検討機、漫画版オリジナルMS
  …HADES搭載機

  …量産に向け再設計されたMS

※連邦は以上2機と、データ・研究施設を喪失

・ペイルライダー・デュラハン
  …HADESがない為、“首なし騎士”と命名
  …残ったパーツを集めたMS

  …戦後、HADES再構築へ実戦テスト
  …HADES奪還作戦で喪失

・ペイルライダーDⅡ
  …0084年、デュラハンを再製造させたMS
  …HADES未搭載
  …近代化改修

 HADES抜きでも「ジム・スナイパーⅡに、ガンダム4~5号機のデータを盛り込んだ高性能機」である為、ティターンズが検証用に製造

「AE社ガンダリウム持ち込み事件」で交戦

当時、まだ本名「アンディ」を名乗っていた男
後のアポリーと交戦

00003



 赤いドムが現れ、ティターンズは戦慄

MS-09SS ドワス改
 見ての通り、“シャアだと誤認させる”為のMS

 ドム系の最終型「ドワス」改造

 U.C.0084、ティターンズへの囮として使われ
 本機が、DⅡらをかく乱している内に
 シャアはAE社に

 無事「ガンダリウムγ」持ち込みに成功

 本機自体も、アナハイム社に持ち込まれ
 リック・ディアス原型機に

 つまりAE社によるGP-02=ガンダムとドムの融合機と、ドム最終型の血が混ざってリック・ディアスが誕生しました

 その開発プレゼンはジョニ帰還でも回想

0083、デラーズ・フリート大規模テロにより
連邦軍は残党掃討を強化

ガンダム0083 REBELLION 16巻 最終回 感想 69



 ジオン残党掃討へ、ティターンズが設立

ティターンズのMS開発
 同組織は、ジム・クゥエルを主力に設立
 より、強力な新型主力機を求め
 様々な検証を行いました

 その一環で、高コストなデュラハンも復元

 グリプスでガンダムMk-Ⅱ開発が
 コンペイトウで、TRシリーズ開発が始動

 また“アクシズに遠征し、直接叩く戦力”の開発も進められました

 以降連邦では、多彩な試作機が生まれます

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング