公式サイト 機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら。前巻はこちら
DUST完結に合わせて刊行
長谷川氏同人誌の「クロスボーン・ガンダムX-1 フルアーマー」も収録!!

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 06

 改めて、F90 G型って本機の逆算なのね

 ドレル、シェリンドンが男女関係と初期設定!?

 あくまで原案、トミノメモ段階での設定ですが
 また長谷川氏、当初タイトルに仰天し
 冨野監督と応酬
  
 曰く「僕は額に髑髏付けますよ」と聞いたとか

 有言実行ですね長谷川先生!!

買ってよかった情報量!!
 旧想定版にないMSも、多数が掲載されており
 ザクラオ、133式ボールとか楽しいです
 後者の開発理由とか!!

 ラフ画には幻の「主役機候補」

 これ、次作で拾われたりするのかねえ

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想


・公式紹介文より
  …メカニック全収録!!

・ILLUSTRATION GALLERY Vol.1
  …無印から鋼鉄の表紙イラストなど
・主役MS カラー設定画&解説
  …アンカー最終形態もカラー収録

・メカニック解説
  …ザクラオ、133式ボール
  …フルアーマーX1、各艦も収録
・モビルスーツ索引
  …Zガンダム1/2は未収録

・長谷川裕一ラフデザイン集
  …MSデザインでの経過を収録
  …幻の「主役機候補」も
・ILLUSTRATION GALLERY Vol.2
  …ゴーストからDUSTのカラー画稿

・長谷川裕一 三万字ロングインタビュー
  …生い立ちからDUST完結まで
・クロスボーン版“トミノメモ”公開
  …長谷川氏も面食らった表紙

・キャラクター&MS 人気投票結果発表
  …人気ナンバーワンはもちろん…
・長谷川裕一“ガンダム”著作リスト
  …全5作+3冊が紹介
・五十嵐浩司「宇宙に瞬く“塵”たちが切り拓いた未来」
  …アニメ研究家からの特別寄稿 

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

以下、公式あらすじより引用
現状、電子書籍配信は行ってない模様


 機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集

 著者 長谷川 裕一
 原作 矢立肇・富野由悠季
 デザイン協力 カトキ ハジメ
 デザイン協力 宮崎 真一

定価: 990円(本体900円+税)

 発売日:2021年03月26日
 判型:B6判
 商品形態:コミック
 ページ数:176
 ISBN:9784041112724

 新規描きおこしも! 「クロスボーン」のメカニックが全収録!

 長谷川裕一によるメカニック解説、初公開となるデザインラフ、そして「クロスボーン」版トミノメモまでーー。著者ロングインタビューも収録する、シリーズ完結記念設定集!




※トップに戻る





ILLUSTRATION GALLERY Vol.1
旧版での表紙イラストなど収録!!

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 00

 旧1~5巻の表紙イラストから抜粋・合体

ILLUSTRATION GALLERY Vol.1
 本来の表紙は、メカ+人物画でした

 どこか儚い雰囲気でいいですね

 トビア君は、めっちゃ元気そうな感じですが!!
 新装版表紙を連結した一枚絵など
 表紙・巻頭カラー収録

 目次も「マスコミがガンダムにしちまう!」のコマ等、所せましと使用

 チョイスが凝ってて面白いですわ

主役MS カラー設定画&解説

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 01
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 02

 最終13巻収録、DUST形態もフルカラー

主役MS カラー設定画&解説
 基本は、DUST 4巻特装版と同じものです

 加えてファントムV2改も収録

 ここに、ブラン・ファントムは未収録な辺り
 彼女はヒロインなんだなぁと感じます

 またアンカーの変化は、脚部とバックパック

 劇中では、かなり変化を感じましたが
 デザイン的には据え置きね

 毎度変わる度、色んなドラマがありました 

メカニック解説
旧版単行本には未収録なMS、艦が多数掲載

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想

 エオス・ニュクスなど特に艦艇が多数追加

メカニック解説
 旧版単行本にないものは以下でしょうか
 
・RB-133 133式ボール
 マザー・バンガード
 リトルグレイ
 エオス・ニュクス

 MS-006 ザクラオ
 EMS-VSX1-C 量産型クァバーゼ
 モビルシップ・ジビア

 林檎の花[マンサーナ・フロール]
 サーカス母艦 ビッグ・イベンター
 輸送機 ファコブ

 ミリオ・ビリオ母艦 アンサリード
 クロスボーン・ガンダムX-1 フルアーマー
 ダンディ・ライオン

 以上が(おそらく)個人的に初見

無印クロスボーン最終巻
U.C.0133年に活躍した「ボール」

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 03



 名称はGジェネで名付けられたそうな

RB-133 133式ボール
 高コストな、F91随伴用に開発された量産機

 そりゃ担当パイロットは業腹であろう

 明確にF91のしわ寄せで乗せられる訳ですから
 仮に、性能そこそこだったとしても
 気分良くないでしょうな

 また当然、F91とは機動力が全く違う

 従って、F91隊が戦闘機動に入った後は
 随伴しきれない訳で

 敵の目が向かないか、ヒヤヒヤしそうです

 いつの時代もボールは大変だぜ!!

第一作で現れたコロニー軍MS
小型MS版の「ザク」!!

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 04



 機体名は、長谷川氏アシの同人誌初出とか

MS-006 ザクラオ
 U.C.0123以降、各コロニーは自衛軍を強化

 U.C.0140頃、“宇宙戦国時代”に突入

 そこで、頭角を現したのがザンスカール帝国で
 彼らは、サナリィの一機関を接収し
 強力なMS開発力を獲得

 対し他国も、独自開発を試みていたのか

 U.C.0123、コスモ・バビロニア建国期
 コロニーは大損害を受けました

 あれを他山の石に、“連邦以上の独自MS”を自前で持とうとした訳ですね

 MS開発の難しさを物語る機体か

カラス先生麾下、NT部隊が運用した量産機
量産型クァバーゼ

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 05

 後のサーカス団長も、本機に乗ったのかね

EMS-VSX1-C 量産型クァバーゼ
 対・クロスボーン用装備だったスネークハンド

 実はあれ、ビームシールドだった…?

 ありものを流用し、実戦投入したと思えば
 実に木星らしいと言えましょう
 発想の勝利だ!!

 ギリの凄さを物語る量産モデル

 そも、ギリの場合は攻撃特化機ですが
 量産機なら汎用性が必要!!

 本来シールドがあって然るべきだったのね

 あったよシールドが!!

長谷川氏の「同人誌」で活躍したという形態
その活躍もボカされて解説

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想





 隣のは外伝、外宇宙植民船ダンディ・ライオン

クロスボーン・ガンダムX-1 フルアーマー
 サナリィ正規でなく、海賊の寄せ集め装備

 使い切った装備を次々とパージ

 敵中深くへ飛び込むまで、本体を温存する為の
 使い捨てアーマーという構想であり
 両肩に補助動力を搭載

 補助動力で、前面にIフィールドも展開

 物理、対ビーム・推進剤を強化して
 左肩はパイルバンカー

 右手は動力直結のムラマサ・ハイバスター、いかにも大出力って武器だ!!

 この逆算が「F90 Kタイプ」か

モビルスーツ索引


 収録した全機体を、あいうえお順で索引に

モビルスーツ索引
 ずらっと機体名が並ぶ様は壮観です

 ここまで各巻、収録してきた成果ですね

 他漫画も、雑誌に設定掲載される事は多いも
 単行本収録は驚くほど少ない

 対し本作は、独特の文脈で設定を載せてきた

 そこも毎回の楽しみでした

ラフデザイン集
元々は、氏の同人誌に収録されていたもの

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 07
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 08
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 09
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 10

 一番下は主役機候補、次作で拾われるかな?

長谷川裕一ラフデザイン集
 長谷川氏と言えば、破天荒なMSデザイン

 その生みの苦しみがたっぷり収録

 特に意外なのが、ラスボス・ディビニダド
 実は当初、やせっぽちだったのね
 当初から巨大機と設定

 ただ展開に合うのは、やはり完成版

 元ネタはパズズ、アッカドの悪霊王とあり
 言われてみると成程

 コルニグスがカラス、カラスの弟子だからとあったのも目から鱗でした

 てかファントム変形、完全な後付けなのね

ILLUSTRATION GALLERY Vol.2
ゴーストからDUSTへ

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 12
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 11

 ちょっとトボけた様子のフォントが可愛い

ILLUSTRATION GALLERY Vol.2
 クロスボーンX13はもっと見たかったですね

 てか、まだまだ見たい物語が多すぎる

 キンケドゥからトビア、そしてカーティス
 受け継ぎ、戦い続ける男の眼差しと
 少年のギャップが面白い

 そんな覚悟など、知りようない訳ですから

 また、愛に生きるニコル君

 思えばそういうとこ、両親そっくりだ!!

長谷川裕一 三万字ロングインタビュー
生い立ちからDUSTまで!!

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 13
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 14

 1961年生まれ、幼稚園で漫画家志望!!

長谷川裕一 三万字ロングインタビュー
 氏の濃い遍歴、一時の漫画離れも面白い

 小五頃、親に窘められ漫画断ち

 しかし結果的に、SFの世界にどっぷり浸かり
 立派に「今」の一部になってるとか
 十を一に結実する生き方ね

 またクロスボーンも長谷川氏ならでは

 単に、言われた作品を漫画にするのでなく
 冨野氏とキャッチボールで制作

 クロスボーンと聞いて「なら額にドクロ付けますよ!」と返したとか

 キャッチボールが豪速球すぎない!?

クロスボーン版“トミノメモ”公開
長谷川氏が面食らった表紙とは

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 15
機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 16

 すなわち「敵組織の名を冠したガンダム」

クロスボーン版“トミノメモ”公開
 つまりZの続編で、ティターンズ・ガンダム!!

 みたいなノリだと感じたんですな

 単に海賊でなく、F91ががっちり前提にあった
 初期案なので、今と大分違っており
 トビア相当があくどい

 ここからよくあの冒険活劇になったなあ的な

 そんな、大人のムードが全編に漂うも
 ラストは本編そのまま

 あのラスト、ばっちり決まってたんだねえ

キャラクター&MS 人気投票結果発表
人気No1は「元祖」!!

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 17

 X-1の最終形態、フルクロスが貫録の1位

キャラクター&MS 人気投票結果発表
 続く3位が、1位の半分しかないという

 キャラ投票も、1位が2位と3位の倍!!

 キンケドゥさんは名言も多すぎる男ですしのう
 なお、アッシュは25位19票だったも
 3位と4位も大差

 4位ハロロと、アッシュを足しても270足らず

 これは多分に、ゲーム出演を繰り返し
 足場を築いている差か

 ゲームから知った人は多いハズですから

長谷川裕一“ガンダム”著作リスト


 第1作から、第5作DUSTまでがリスト化

長谷川裕一“ガンダム”著作リスト
 加えて「V外伝」プロジェクトエクソダス
 
 Zガンダム1/2、ジョニー・ライデン

 次は1/2的な短編かしら?

アニメーション研究家・五十嵐浩司氏
コラム「宇宙に瞬く“塵”たちが切り拓いた未来」

機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集 感想 18

 今巻、長谷川氏インタビューも担当されました

宇宙に瞬く“塵”たちが切り拓いた未来
 DUSTを、各章ごとに切り分けて振り返り

 人類への希望を読みとる特別寄稿

 特にDUSTでは、宇宙世紀は滅びると語られ
 原因は、一年戦争だと明示しました
 以来滅びの一途なのだと

 その元凶の一つがコロニー落とし

 その滅びを今、コロニーによる救援へ
 救いとして描き切った

 全ては使い方次第

 やはり元気のGはコロニーのGなんですね

余談、ドレルと恋仲設定を予定してた女性
シェリンドンとは

00031



 トビアとNT論をかわした少女、シェリー

シェリンドン・ロナ
 ベラ、セシリーの従姉妹であり教団主導者

 暗殺されたハウゼリー・ロナの

 見た目には、長谷川氏らしく少女のようであり
 世界に、NTが増えつつある事を喜び
 NTによる社会を願っていた

 富野氏の小説と「F91 プリクエル」にも登場

 後者では、見た感じドレル同年代で
 冨野氏がくっつけたのも納得

 多分、この見た目で「セシリーの兄ドレルと同年代」という事か

 人は見た目によりませんな…

収録








 DUST 4巻特装版のほぼ上位互換

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーン・ガンダム メカニック設定集』長谷川裕一、ガンダムエース連載
 MOBILE SUIT CROSS BORN GUNDMAE DUST、KADOKAWA発行
 2021年3月

機動戦士クロスボーンガンダム メカニック設定集
 公式紹介文より
 ILLUSTRATION GALLERY Vol.1
 主役MS カラー設定画&解説
 メカニック解説
 モビルスーツ索引
 長谷川裕一ラフデザイン集
 ILLUSTRATION GALLERY Vol.2
 長谷川裕一 三万字ロングインタビュー
 クロスボーン版“トミノメモ”公開
 キャラクター&MS 人気投票結果発表
 長谷川裕一“ガンダム”著作リスト
 五十嵐浩司「宇宙に瞬く“塵”たちが切り拓いた未来」 

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想











 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想







 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想















 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“宇宙細菌の殺しかた”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォントと蜃気楼鳥”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 ゴースト 10巻(刊行当時)
 ゴースト10巻“最強最後のサーカス”
 ゴースト 11巻(刊行当時)
 ゴースト 11巻“地球圏の全てを使って”
 ゴースト 12巻【最終回】(刊行当時)
 ゴースト 12巻【最終回】“ゴーストの名は”

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

















 DUST 1巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 DUST 2巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 2巻“幽霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!
 クロスボーンDUST 9巻“宇宙世紀、終焉の始まり”
 クロスボーンDUST 10巻“ブラン・ファントム”
 クロスボーンDUST 11巻“史上最大の撤退戦”
 クロスボーンDUST 12巻“DUSTという意味”
 クロスボーンDUST 13巻【最終回】“塵の演説”
 クロスボーン メカニック設定集

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング