公式サイト U.C.0112 機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想
 今ノ夜きよし イイノブヨシ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
表沙汰に出来ない「ファテスト・フォーミュラ」隊
サナリィ新テストチーム始動!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ

 ニュータイプ対応機、N型は圧倒的だった!!

 だが本当は、ただ子供が怯えていただけ

 誰もが恐れた「化け物」を、母だけは理解した
 母の包容力、その母を失った無力感
 少年を変えるには十分か

 では次は、“反抗期の子供と義父”の図式?

 いずれ父子対決となるか? 

クロスボーン的部隊?
 母は包容力、義父は子を理解できず戸惑う構図
 子供は、いつだってニュータイプですが
 本作は子供から大人への端境!!

 ここまでは良くも悪くも、約束された悲劇

 ここから二人は立ち直れるのか?

ガンダムF90 ファステストフォーミュラ 4巻 感想


・あらすじ
  …母と子から、義父と子へ

・PrologueⅣ
  …地上編艦長、メカニック登場
  …F90 ホバータイプ疾駆!!
・第11話「駆けるN」
  …NEXT Typeの正体
  …N型vs“噛みつき”ティグリス

・第12話「2つの光」
  …リヴは「N型と相性が良すぎた」
  …母子の結末

・第13話「U.C.0115」
  …7年後抹消、ファテスト・フォーミュラ
  …F90 アップリフトタイプ
・第14話「ディル・ライダー」
  …ヒルト・ファンネルの使い方
  …FF隊、その性格

登場メカニック
・ティグリス&カルハリウス
  …RDGシリーズ
・F90 H type
  …F90 H型 ホバータイプ
・HULL FIGHTER
  …F90 N型を形成するミッションパック
・F90 U type
  …F90 U型 アップリフトタイプ

・F89 ガンダムF89
  …“F90の一つ前”としてのF89
・F70 キャノンガンダム
  …Fシリーズ7番台の0号機

・旧連載「ビルドファイターズA」
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・6/6ページ目へ

※ガンダムF90 記事一覧ページへ

以下、公式あらすじより引用
及びブックウォーカー試し読み


 あらすじ・内容
 
 幻のNタイプがその姿を現す! そして舞台は第2部U.C.0115年へ!

 F90テストチームBの最終ミッションで起きた、ランデッガー重工の急襲。巧みに誘導され、ティグリスと一騎打ちをなったF90と、母パッツィを救うため、リヴ・アンゲリカは戦場へ向かう!



あらすじ
母よ、あなたは強かった。物語は一巻冒頭へ

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ

 設定上は0116年、F91ロールアウトのハズ

あらすじ
 U.C.0112、F90 N型にリヴは飲み込まれ

 リヴはサイコミュで暴走し、パッツィが死亡

 パッツィは、グリゼルダの手により命を落とし
 リヴも、F90 2号機ごと自滅し
 確かに消息を絶った

 U.C.0115、ファテスト・フォーミュラが始動

 F89のギデオンは、再びサナリィに召集
 F90 2号機の担当となる

 際しハルファイターのディル・ライダーと邂逅

 ギデオンは、彼がリヴだと確信する

※トップに戻る



PrologueⅣ
U.C.0122。地上編母艦を襲うオールズモビル!!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 01
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 02
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 03

 ジオン母艦は、年季のいったダブデ級

PrologueⅣ
 戦友アンナフィル不在、動揺のままの出撃

 だが敵はジェガンを次々撃墜へ

 敵艦長は、いかにも歴戦といった大佐ですが
 43歳なら、一年戦争期生まれ
 母艦ダブデと同年代

 艦長も、戦争経験は乏しいハズ

 改めて戦争は遠くなりました
 火星ジオン、母体は大戦期キシリア派か

 また連邦レイラ艦長、曰く「想定外に対応できる力」こそF90

 そいつはまったくその通り!!

オールズモビルが誇る「地上用MS」群!
宇宙部隊とは一味違う

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 04
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 05
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 06
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 07

 ザクとは違うのだよ、ザクとは!

RF グフ&RF デザートドム
 共に宇宙用のザク、ドムよりスペック上強力

 性能上、ジェガンと大差ないハズも

 そこはやはり物語上の演出という事でしょうか
 砂に潜み、奇襲をかけるRFグフと
 機動性と火力のドム!!

 特にデザート・ドムは重武装

 胸部、拡散メガ砲こそ減らされてるも
 背部に多数の固定武装

 機体出力も宇宙用より向上し、重く強力な武装を運用

 やはりホバーがドムの花道か!

しかしF90もまた、ドムの血を受け継ぐMS!
高機動・重武装の一撃離脱戦!!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 08
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 09
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 10
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 11
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 12
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 13

 若手は逃げたが、艦長は無謀にも残った

This is ジオン
 この負けを認めぬ在り方、これぞジオン!!

 彼に怒ったベルフ、主要ブロックを粉砕

 誘爆させ、MS一機で母艦を消し炭に変えます
 ベルフは、犠牲を出したくない様子で
 敵も含めて悼む様子も

 だからこそ「諦めなさ」が許せない

 敵艦長が、拳銃で示威を続けたのは
 初代でのドズルオマージュ的

 彼としては、“ジオンは屈しない”と示したつもりなのかもしれません

 それが連邦に伝われば「価値」があるから

アンナフィルは、前巻で降下ポイントがズレ
合流できていなかった

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 14
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 15

 奇しくも味方艦長も、敵艦長と同い

ガーウィッシュ艦長
 新メカマンのフリオも、F90来歴に詳しい

 またヘルプ、“FF”に興味を持つなと

 現在は情報部で、艦内ではやや孤立した存在
 ヘルプ、FF絡みしか興味ないでしょうが
 艦としてはウザいですわな

 何を上に告げ口されるか解らない

 この艦長、年相応の恰幅ですが
 中々苛烈な人物らしい

 このご時世、前線部隊に割り当てられた人ですものな

 超高額機ガルダ級の長、相当な人物か

第11話
オイエルCEO、想定外の「F90 N型」に大喜び!!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 16
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 17
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 18

 しかしCEO、一合打ち合い「変貌」に愕然

第11話「駆けるN」
 鋭すぎる圧、パイロットが変わったと理解

 N型は、ハルファイター側が操縦する

 合体機構は、F90 3号機クラスターの前身と言え
 F90で、外付け的に試験を行うべく
 敢えてこの形に?

 その俊敏さ、火力は圧巻

 本機は、ライフルがファンネル母機
 充電装置を兼ねてる様子

 その為か、ライフル自体のエネルギーが段違いらしい

 機体出力自体も上昇か

母、パッツィが「予想した最悪」を上回る最悪の事態
息子リヴの唐突な初陣!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 19
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 20
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 21
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 22

 リヴ2連射、一発目を囮に二発目を当てた

形勢逆転
 CEO機は可変機ゆえ、直線推力では優位

 が、全く逃げられる気配がない!!

 CEOは前巻、不慣れなOSのパッツィを圧倒
 前回、F90 K型は防衛戦特化型で
 そのハンデもあったか

 対しリヴには、全く当たらない

 リヴは、大火力なライフルも持っており
 遠間合いでも優位!!

 前巻、パッツィ大苦戦だっただけに激しい落差

 疑似人格OSさえ従えておる!!

Nタイプは、パイロットの力を引き出す装備
外付けサイコミュユニット!!

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 23
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 24
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 25
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 26



 U.C.0096、AE社が作ったGFタンク同様か

NEXT Type
 NTの力を引き出す、サナリィ版の試作機 

 操縦者の意思を受信、増幅する装置

 戦闘機はリヴの意思を、F90の制御系と直結
 身体の延長、思うだけで動くF90は
 反射がダンチって物!!

 これはシミュレータでは体感できない

 絵的な演出は、リヴという脳髄を軸に
 電子の神経が繋がった姿か

 本機は次期主力、F91開発へ「NTが乗ったケース」のテスト機?

 現時点のF90、これが最高性能…?

第12話
ジョブ曰く『リヴとNタイプは相性が良すぎた』

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 27
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 28
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 29
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 30
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 31

 ジョブ曰く、リミッターを越えサイコミュの虜

第12話「2つの光」
 機体が意のまま。全能感に驕ってしまったリヴ

 母の仇、オイエルを嬲り始めててしまう

 敢えて、戦闘機のマシンキャノンだけで攻撃
 ビーム、ファンネルで退路を塞ぎつつ
 延々とマシンガン

 延々と被弾、装甲が破れるかの恐怖

 …を、味わうのが普通なのでしょうね
 リヴは味わわせようとした

 が、CEOは思ったより根性ある大人だった!!

 伊達に大人げない人じゃない!!

オイエルCEOは、恐怖ではなく隙を感じた
この戦法は「強者の奢り」だと

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 32
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 33
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 34
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 35

 両手が死んでも、“足”が武器じゃったか!!

手負いのCEO
 CEO、ボロボロの機体で突撃に切り替え肉薄

 ライフルを抜かせず「噛みつき」!!

 両腕も十分危険だったも、このMSの要は足
 また何より、リヴは子供だった為
 衝撃であっさり昏倒

 リヴは、すぐライフルで撃てば勝てた

 リヴが、良くも悪くも“殺そうとせず”
 躊躇ったのが悪因か

 また通常MSなら、ここまで「脚」が危険じゃない

 それも警戒を怠った一因か

激突させられ、カメラアイが消えたF90
CEOは勝利を確信したも

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 36
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 37
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 38

 ヒューッ!やっぱり母さんはすごいや!!

OS ダウングレード
 F90の電源が落ちたのは、OS更新か!!

 前巻と逆、従来OSに差し戻し

 結果、機体本体がNタイプ非対応となった為か
 強制的に、操縦系も差し戻され
 パッツィ操縦へ

 ギデオン参戦で、CEOも敗北を認め

 89は、基礎性能では90以上とはいえ
 単騎でGBGを突破したのか!!

「大人」が魅せてくれた一幕でしたわ

 ギデオンもパッツィ互角の凄腕だしね! 

しかし、F90のコントロールが奪い返されても
サイコミュは戦闘機側にある

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 39
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 40
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 41
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 42
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 43
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 44
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 45

 パッツィ、てっきり張り飛ばすかと思いきや

抱擁
 未だ牙を剥くリヴを、パッツィは抱擁

 緊張がほぐれたリヴは正気

 リヴは前巻、毅然と母を救う為に戦ったけれど
 あくまで、怖さを押し込めてただけ
 そこにサイコミュ

 怯えて戦い、強すぎた力に酔った

 緊張で、理性がブッ飛んでしまってたも
 安心感で正気に戻った

 唯一母だけ、息子が怖がってるだけと理解した

 解ってやれなかったヘルプは辛いな…

ハッピーエンドのはずだった
が、こんな終わり方は認めない者が約一名

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 46
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 47
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 48
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 49

 リヴ、この時は意図的にコクピットを外したか?

リヴ&パッツィ
 前巻、母が仕留め損なったグリゼルダが猛追

 母パッツィ、その爆発に巻き込まれ死亡

 リヴは咄嗟に、ファンネルで迎撃したものの
 正気ゆえ、殺す事をためらったか
 単に仕留め損なったか

 グリゼルダを殺せず、母が死んだ

 先ほど、CEOを殺さなかった為
 痛打を浴びたのと同じ事

 第一巻頭で感じたも、やはりパッツィは死亡

 最期、母の手を掴めなかったのも辛い…

激昂したリヴ、咄嗟にグリゼルダに止めを放つ
だが「最短距離」射線上には

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 50
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 51
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 52
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 53

 自らを射貫き、上半身は粉々に爆発

ファンネル
 ファンネルが「思うままに動く」故の悲劇
 
 これにはCEOも、後悔が残るのみ…

 F90も、Nタイプ用パイロットも失われた事で
 以降、2号機チームは一時解散も
 GBGの描写も奇妙

 まさか彼ら、FFチームに参加したのか?

 オイエル、グリゼルダも生存してしまうも
 オイエルは罪滅ぼしするか?

 逆にグリゼルダ、戦場に立つには精神が不安定

 この件も恨んでそうな勢い

ジョブはリヴが死んだと判断
開発部隊、ファテスト・フォーミュラを予定変更する

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 54
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 55
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 56



 ジョブはリヴの個人データを削除

母子の結末
 リヴも死んだと示唆、衝撃的なラストでした

 ジョブはリヴに、アムロを投影した

 彼が知るニュータイプは、アムロが基準だから
 だから、過剰に期待を抱いてしまうと。
 呪いとは言いえて妙

 艦長が、NTに期待しないのと真逆

 またこの時も、GBG隊が強調された事
 彼らが傭兵部隊である事

 サナリィは事件を反省、“スゴ腕の護衛”を求め雇う事になるのか?

 護衛の不手際も大きな要因ですから
 
第13話
主役交代、そして三年後U.C.0115へ

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 57
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 58
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 59
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 60

 ジム改造機のGBG隊、機体も腕も極上だった

第13話「U.C.0115」
 ギデオンは彼らに翻弄され、守れなかった

 同僚、テスト隊のMSパイロットも壊滅
 
 以来、心が折れてしまったギデオンが主役へ
 登場時、自信満々だった職業軍人
 落差が強烈ですわ

 飼い殺しにされ三年、復元された2号機

 MSには、予備部品が存在しますから
 復元に三年かかるハズはない

 となれば三年は、パイロットの為に必要とした時間でしょうか

 既にF91もほぼ設計終了してるハズ…?

機密で話せないが、ギデオンしか出来ない仕事
アップリフトタイプ担当へ

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 61
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 62
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 63
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 64
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 65
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 66
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 67

 二人影が見えますが、ヘルプかパイロットか

N型部隊「ファテスト・フォーミュラ」
 ジョブの真意は、ギデオンのFFチーム編入

 それだけ、表沙汰に出来ないチーム

 彼の打ち上げはアデン、アラビア半島の基地で
 大戦期、ジオンのオデッサ基地と連携
 U.C.0081「水天の涙」に使用

 ギデオンは「ハルファイター」と再会

 この時は未描写も、要はリヴが生存し
 F90側にギデオンが選抜

 爆発時、コクピットが開いてた為投げ出されただけだったか

 GBG隊はそれを目撃してたのかね? 
 
第14話
N型は、いきなり民間船に照準を合わせる

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 68
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 69
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 70
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 71
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 72

 この照準を感知、“民間船”がいきなり発砲!?

第14話「ディル・ライダー」
 久々のN型に、リヴはかなり冷めた口調

 高揚、増長した往時と別物です

 合体時も、ドタバタしてた冒頭とまるっきり
 静かに、着実に合体を遂げる様は
 冒頭と好対でした

 また民間船の正体は、違法武器取引

 その護衛機は奇しくもハイザック
 AE社が、連邦と初めて大量生産したMS

 同社が連邦MSを開発、量産する地位を確立させたMS

 その地位を奪ったF90と対立とは皮肉

敢えて照準のみに留め
ザク側に、先に撃たせるよう仕向けたFF隊

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 73
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 74
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 75
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 76

 攻撃を装甲部で受け、耐えた凄腕もいた!!

ヒルトファンネル
 旧式とはいえ6機、しかしN型は一瞬で殲滅

 数を覆す、ファンネルの強み!!

 またヒルトファンネルは、ビームサーベル
 その為、戦闘中に「掴む」事で
 白兵戦に転じられる

 これがヒルトファンネルの独自性

 形状的には、ひどく安直なんですが
 推進剤浪費以外は非常に有効

 一定空間にサーベルをばら撒き、投げて使う事も出来る

 敵に奪われても自前推力で離脱可能ですし

敵もさるもの、咄嗟に盾を構え食い下がるも
リヴは盾を避け滅多切りに

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 77
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 78
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 79
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 80



 サーベルとしてF90と接続、高出力化も可能か

ディル・ライダー(16歳)
 敵は推進器さえ停止したも、ディルはトドメ

 手負いほど危ないと強く学んだ

 CEO機とグリゼルダ、二機から学んだ教訓
 見た目、頬に傷があるだけですが
 生身なのかは不明

 パイロットスーツの下は?

 スーツは、8年後の連邦制式スーツで
 見た目にはごく普通の物

 曰く「リヴじゃない」と否定も、正体を隠すつもりもなさげ

 ここまでが、第1話冒頭に繋がる前日譚か

第一巻で語られたところによれば
今後、大きな後見人の元で小さな戦争に加わる

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 81
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 82
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 83

 僚機はF70キャノンガンダム、F71Gキャノン

ファテスト・フォーミュラ
 この部隊は、表に出せないN型のテスト隊

 それ故、非合法ギリギリらしい

 これまでは連邦と連携、表立ったテスト部隊
 以降は実戦、遭遇した敵は殲滅し
 痕跡は情報部が抹消

 より「大人の事情」が強い部隊へ

 後に、宇宙海賊にF97を貸した件から
 逆算された設定か

 故に僚機もAA軍機F70と、AE社によるF71の比較検討も行う様子

 パイロットはGBGなのかね?

登場メカニック
Ξガンダム、ゼオライマーで知られる森木靖泰氏デザイン

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 00

 設定上、従来機とは違うのが道理。怪物である

RDG ティグリス&カルハリウス
 CEOオイエルのハンドメイド、手作りのMS

 出自を特定させぬように工夫

 部品自体は、どこでも買える汎用品だそうで
 偽装か、或いはオイエルの趣味なのか
 従来にない姿を持つMS

 目的は「ガンダムを越える」事

 F90旧作で、ガンダムに囚われた男が
 ガンダムを求めたように

 本作では同じく囚われ、自らの力で乗り越えるべく戦ってる訳ね

 一巻上、ポイントは「眼」の構造らしい

F90 H type
フル稼働で4時間、陸戦用ホバータイプ

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 84
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 11

 F90公式サイトは、設定画未掲載

F90 H type
 本作は0111年完成、最大時速480kmを誇る

 実に東京、京都間を1時間で走破可能

 重装備、かつ新幹線倍速を実現した高機動機
 その為に、背部に追加動力を搭載し
 強力ホバーを実現

 想定は一撃離脱戦で、長距離兵装特化

 重火器を、高速接近して叩きこみ
 そのまま離脱するドム戦法

 近接戦は想定外も、ベルフは「顔の見える距離」から全弾叩きこみ離脱した

 ライフルでなくビーム・ピストルを装備

HULL FIGHTER
F90 N typeを形成する“ミッションパック”

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 85
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 68

 設定画未掲載。後のF90Yや、F97を彷彿

ハルファイター
 本機は、次期主力戦闘仕様=NEXT型と呼称

 ガンダムF91開発に向けたテスト

 本機では、機体制御をサイコミュに任せる事で
 NT限定で、パイロットとMSを一体化
 サイコ・マシーンへ

 対し、F91はNT以外乗りこなせないMS

 高性能化しすぎ、NT以外は乗りこなせず
 リミッターを設けるハメに

 多分そこで制御にサイコミュを使うか、或いは『新技術』を使う

 見定めを行う為のパックなのか?

F90 U type
アップリフトタイプ、大気圏離脱仕様

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 86
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 90



 クロスボーン6巻から逆算された装備

F90 U type
 機体を高耐久なフェアリングによって防護する

 後年は、ビーム・シールドで代用した

 U.C.0087頃から、MSの大気圏突入は一般化も
 見た目から一発で感じ取れるように
 突破となると困難

 だが0133年、この“馬鹿げた発想”が必要に

 人生、何でもやっておくものだと
 しみじみ感じさせる装備

 馬鹿げているも、それゆえ戦術上の虚を突いた

 まさにGガンダムである

F89 ガンダムF89
社内検証用MS、F90を着地点として設計された故「F89」

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 85
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 38



 設定画は2巻に掲載。クロスボーン初出

F89 ガンダムF89
 F90から逆算した命名で、F8系とは無関係
 
 小型MS開発用の、在来型MS集大成

 F90開発に向け、まず本機で最高性能を実現し
 F90では、本機をダウンサイズした為
 機能が一部限定された

 その為、性能自体はF90より高い

 例えばF90では、小型動力炉がなかった為
 レーシング用で代用しています

 F90で小型化、F91で高性能化、F9xで量産化がサナリィの目算でした

 実際、F91が少数量産に至っています

U.C.0122年、ようやく完成を迎えるAA級軍機
F90Sを再設計した「F70」

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 00057
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 83

 設定画は3巻掲載、F7シリーズの0番

F70 キャノンガンダム
 F90の換装は、高度なコンピュータが必須

 換装を排しS型限定、再設計しF70

 F-7はRX-77 ガンキャノンを踏襲した命名
 機能限定で、元より軽量化された為
 非常に高性能なMSに

 だがAE社に委託製造となり、同社が再設計

 サナリィは、生産能力に乏しい為であり
 再設計で性能が低下

 その再設計機「F71 Gキャノン」と、原型機「F70」がFF部隊には配備

 両者、比較検討も同部隊の仕事か?

収録

機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 20
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 40
機動戦士ガンダムF90FF 4巻 感想 ネタバレ 43



 早すぎた母の死と「義父」と呼べる男との関係

 リヴは、表に出せない仕事を担う部隊所属へ

 その点も「大人になった」のね

刊行
 角川コミックスエース「機動戦士ガンダムF90FF 4巻」。
 漫画:今ノ夜きよし、シナリオ:イイノブヨシ
 月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行。
 2021年2月(前巻2020年8月)

 ガンダム F90 ホビーサイト公式(外部)

ガンダムF90 ファステスト・フォーミュラ 4巻
 あらすじ
 PrologueⅣ
 第11話「駆けるN」
 第12話「2つの光」
 第13話「U.C.0115」
 第14話「ディル・ライダー」

登場メカニック
 ティグリス&カルハリウス
 F90 H type
 HULL FIGHTER
 F90 U type 
 旧連載「ビルドファイターズA」
 これまでの感想

※トップに戻る

※ガンダムF90 記事一覧ページへ





 機動戦士ガンダムF91 プリクエル 1巻“F91 ヴァイタル”

三代目メイジン「ユウキ・タツヤ」主役、ガンダムビルドファイターズA














 ガンダムビルドファイターズA 1巻
 ガンダムビルドファイターズA 2巻
 ガンダムビルドファイターズA 3巻
 ガンダムビルドファイターズA 4巻
 ガンダムビルドファイターズA 5巻※第一期完結

 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-R 4巻“ベスト4”決定! メイジンよりバカがいた!?
 ガンダムビルドファイターズA-R 5巻【最終回】“ガンプラよ永遠に”
 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”

※トップに戻る

機動戦士ガンダムF90









 機動戦士ガンダムF90 “U.C.0120”
 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91 “U.C.0123”
 機動戦士ガンダムF90FF 1巻“U.C.0122”三つの物語
 機動戦士ガンダムF90FF 2巻“89vs90”NEXTの鍵”!!
 機動戦士ガンダムF90FF 3巻“外殻戦闘機”ハルファイター!!
 機動戦士ガンダムF90FF 4巻“U.C.0115”ファテスト・フォーミュラ結成

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング