公式サイト バック・アロウ 第10話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
目的に純粋に、こじれた問題を快刀乱麻!
エルシャ決闘とアロウ新たな力

バック・アロウ 第10話 感想
バック・アロウ 第10話 感想
バック・アロウ 第10話 感想



 また予告で風呂入ってる!? 洗い返す時だ!!

 黒姫人格は、国を背負うストレスの産物

 村長の責任に、エルシャが潰れかけたように
 姫の場合、黒姫に責任を押し付け
 現実逃避してたと

 姫もエルシャも、今度は自ら選ぶ時!!

 二人共やるじゃねェか!!

チャンプアロウ
 困った時は、何がしたいかシンプルに考える!!
 文字通り、快刀乱麻って奴ですわ
 本当に刀になりおった!!

 そして決断、行動は自分で選ぶべきって事ね

 だからって「使え」とは大胆だ!!

バック・アロウ 10話 感想


・バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」

・冒頭「だまって俺について来い」
 Aパート「退廃宮の道化師」
 六人目の六大卿 ルドルフ・コンダクターレ
 アロウが好きな事、嫌いな事
 
・ルドルフ卿、退廃の理由
 フィーネ、人格の原因
 エルシャ、究極の三択

・Bパート「エルシャ村長の決断」
 エルシャ、決闘
 アロウ、今一番大事なことは
 エルシャの決闘、アロウの助け
 
・プラークの仕掛けた「茶番」
 人格分裂の理由。決着
 同じリーダーとして
 感想追記 23時

・公式ツイッターより
  …ローソンコラボが16日スタート
 制作スタッフ
・次回サブタイ
  …全くその通り
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・7ページ目へ
  …Bパートへ
・15/15ページ目へ

※過去一覧記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 金曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員は見放題

五年前、事故で死にかけ皇女卿に指名された
原因は「輸血」

バック・アロウ 第10話 感想
バック・アロウ 第10話 感想



 新規録音予告担当はフィーネ&シュウ・ビ

王になれないと奴隷行き
 前回、凱帝陛下はそんな事を思っていたのか!!

 姫は選帝卿の輸血に耐えた為、王へ指名

 普通に育った為、国を背負う責任に耐えられず
 無自覚に、ストレスの押し付け先を求め
 二重人格化

 平和姫の変な性格も、現実逃避の産物

 要は、姫は現実に向き合えなかった
 本気で生きられなかった

 選帝卿は本気になれば、世界が滅ぶという

 姫は本気になれば、罪の意識で潰れてた

 二人は似た者同士でもあるのね

全体あらすじ
黒姫を閉じ込めた姫、いずれ強力な戦力に?

バック・アロウ 第10話 感想
バック・アロウ 第10話 感想

 垣間見せた機体、強そうでワクワクするわ!!

あらすじ
 世界の為自粛する男、ルドルフ選帝卿

 フィーネは、彼の血が輸血されていた

 血に耐えた事で、フィーネは王に指名されたが
 強力な血と、国家主席の重責によって
 人格分裂を起こしていた

 エルシャは彼女により処刑されかける

 だがプラークの思惑と、アロウの助力で
 プラークを倒す事に成功

 フィーネは裏人格フィノワールを封印

 エッジャとリュートは同盟を結ぶ

 次回、第11話「真っ向勝負の戦争なのか」

※トップに戻る





科学卿『これはこれは!フィーネ姫自ら、ご連絡を頂けるとは!』

バック・アロウ 第10話 感想 0011

 前回、凱帝ゼツ・ダイダンがリュートに宣戦

 また、ソーラは五年前までリュート機甲卿で
 プラークの兄だったと明かされるが
 どうにも歯切れが悪い

 アロウも、実験の影響でブライハイト強制解除

 その不調も心配だったが…?

フィノワール『喜べデマイン、いよいよレッカの筋肉馬鹿共を皆殺しだ!

バック・アロウ 第10話 感想 015

)デマイン科学卿
 ええ?!

 しかし…、まだブライハイトの量産は…?


)筋肉馬鹿姫
 言い訳すんな!殺すぞ!?


バック・アロウ 第10話 感想 021

)デマイン
 は、はい!?


)フィノワール
 使える武器は全部使う!

 さっさと準備に取り掛かれ!

 開戦は明後日の十二時だ!



バック・アロウ 第10話 感想 026

)デマイン
 みょう…、ごにち?

 …さん、はい!!


)デマイン科学合唱団
 戦争だよ♪

 立派な二つの大国が♪

 リンガリンドの覇者目指し♪

 

バック・アロウ 第10話 感想 029
バック・アロウ 第10話 感想 038
バック・アロウ 第10話 感想 052
バック・アロウ 第10話 感想 058
バック・アロウ 第10話 感想 083

 いや歌っとる場合か! 歌っとる場合だ!!

現実逃避合唱団
 先日のアロウ大暴れに、立ち直ってないラボ

 爆弾発言に、脳のヒューズも消し飛んだ!!

 科学卿は人を人と思わぬ、人間のクズですが
 彼も、十分「常識人」の範疇ですね
 姫&凱帝と比べたら

 姫と凱帝がトンデモなのじゃ!!

 そも、仕掛けた凱帝もおかしかった為
 即応できねば滅びてた

 今、デマインでさえ困惑する非常識事態

 対抗できるのは姫しかいない!!

プラーク『姫、一旦お部屋にお戻りください!

バック・アロウ 第10話 感想 093

)フィノワール姫
 また命令か。…うるせェ奴だ

 だったら『お前』からも話してやれ


)フィーネ姫
 プラーク……


バック・アロウ 第10話 感想 095
バック・アロウ 第10話 感想 097
バック・アロウ 第10話 感想 099
バック・アロウ 第10話 感想 104

)プラーク
 フィーネ姫!お気をしっかり持たれよ!


)フィーネ
 ごめんなさい…

 私に彼女は抑えられ…、ぁあ!?


バック・アロウ 第10話 感想 106

)フィノワール姫
 レッカとの決戦だ!

 世間知らずのお花畑のお嬢さんが王様じゃ勝てる訳がねェ!



 軍の連中にも気合を入れてやる!!


バック・アロウ 第10話 感想 109
バック・アロウ 第10話 感想 111
バック・アロウ 第10話 感想 114
バック・アロウ 第10話 感想 121
バック・アロウ 第10話 感想 128

 軍に檄を飛ばす黒姫、一気に情報拡散

フィノワール
 敢えて本物を出す事で、無力だと見せる黒姫

 黒様結構、アタマ回るじゃないか!!

 虐殺姫は公式には「フィノワール姫」と呼称
 ノワール、黒い人格な訳ですな
 ルノワールみてえ

 五年間、本当に誰も知らなかった

 前回からして、姫自身やらプラーク
 知られたら口封じか

 それが「血塗れ」の二つ名?

バラン軍事卿『姫様!それより…』

バック・アロウ 第10話 感想 130

)フィノワール
 口答えするな…

 リンガリンド統一の時が来たんだ…


 黙ってついてこい


バック・アロウ 第10話 感想 134
バック・アロウ 第10話 感想 140
バック・アロウ 第10話 感想 142
バック・アロウ 第10話 感想 157

戦争の準備など出来てないぞ!?(政務卿』

統一戦争
 政務卿、前回のテイ宰相そっくりですわ

 二大国家が争うなど、想定外だった

 ただ凱帝は、僅か一代で帝国化を為した人物
 凱帝国は、侵略に侵略を重ねてきた
 凱帝側には既定路線

 時が来た!それだけか

 凱帝に、少なくとも精神的な意味で
 対抗できたのは黒姫だけ

 彼女以外、対応も決められなかったかもしれない

 今、必要な人材なのも確かなんですな

今週はOP、ED共に刷新なし

バック・アロウ 第10話 感想 106

 前後しますが、今週は新キャラが登場します

 ですが、彼らはEDにも追加されません
 凱帝と同じ扱いなんですね
 予告の「道化師」も

 特にその点が意味深かも

 道化師は、時に王より偉いものですし

放送『リュート卿和国国民に告げる!

バック・アロウ 第10話 感想 186

)放送
 明後日より

 我々はレッカ凱帝国と戦争に突入する


 案ずることはない! 我々の科学力は世界一である!


バック・アロウ 第10話 感想 195
バック・アロウ 第10話 感想 198
バック・アロウ 第10話 感想 199
バック・アロウ 第10話 感想 204
バック・アロウ 第10話 感想 209

ほっといても奴らはやってくる!(国民』

火祭りの踊り
 リュート民は、基本的に戦争は嫌

 その点からも姫を支持

 姫が統治する限り、戦争は起きないだろう
 ある程度、民も安心していた一方
 戦への予感もあった

 国民の呟きがどれも頷けて面白い

 結局、応戦ムードが高まってしまう等
 元々両国は険悪だった

 中立地帯も、レッカが攻めたりしてた訳ですし

 リュート国民も覚悟はあった訳ね

ソーラ先生『ほら、食事だ』

バック・アロウ 第10話 感想 210

)ソーラ 
 フィーネ姫の二重人格が表ざたになったようだ

 レッカと戦争になるらしい


)大元帥
 えっ!?


バック・アロウ 第10話 感想 215

)軍師 
 まずいね、色々と


)大元帥
 いろいろ!?


バック・アロウ 第10話 感想 225
バック・アロウ 第10話 感想 226
バック・アロウ 第10話 感想 232
バック・アロウ 第10話 感想 236
バック・アロウ 第10話 感想 237
バック・アロウ 第10話 感想 240
バック・アロウ 第10話 感想 243

ソーラ先生。君、尾けられたね?(シュウ』

えっ
 ソーラ先生、全く気がついてなかった

 毎度ながら展開が早い!!

 またシュウ、この時ビットにパンを渡して
 ビットが、パンを欲しがったからか
 食べろと促したか

 この軍師、甲斐甲斐しい事!!

 或いはビットに渡され断ったか
 いずれにせよ、関係が見えて微笑ましい

 冗談まじりで仕えるフリも、楽しんでる様子

 弟みたいな感覚なんですかね
 
見つけたぞ!バック・アロウ!

バック・アロウ 第10話 感想 245
バック・アロウ 第10話 感想 249

プラーク様の命により、このフリッツ・クラウスが貴殿たちを!

緑のフリッツ
 ここぞとフルネームで名乗ってくれる優しさ!!

 金髪フリッツ君は、緑と白の機体

 また相棒ハンスは、青と白が基調になっており
 ほぼ、量産機にマント被せただけも
 格段にヒロイック

 マントは「翼」の一歩手前なのかね

 カラーリングがヒロイック!!

フリッツ『!?

バック・アロウ 第10話 感想 250
バック・アロウ 第10話 感想 254
バック・アロウ 第10話 感想 259

)ディゾナンザ(cv17歳)
 おかえり♪ ヴェルナー


)ヴェルナー・ホルバイン
 ディゾナンザ?!


バック・アロウ 第10話 感想 267

)アロウ
 おいブライハイトは?!


)ディゾナンザ
 ご心配なく、もう戻って貰ったから♡


バック・アロウ 第10話 感想 269
バック・アロウ 第10話 感想 278

 無言で戻ってしまったフリッツ

道化師ディゾナンザ
 予告の道化師は新キャラ、それも重要人物

 フリッツは彼女に洗脳された?
 
 無論、お偉いさんに止められただけに見えるも
 フリッツ、あの馬鹿真面目な男が
 無言で戻るのも妙

 五年前、ソーラは彼女に操られた?

 また、フリッツが「偉い人」に会ったなら
 去り際に一礼くらいしそう

 その辺、どうにも違和感が残ります 
 
ソーラ『私が帰った事、もう気付かれていたのか!』

バック・アロウ 第10話 感想 280

)ディゾナンザ
 もちろん♪

 あのお方がこの都で知らない事はないよ♪


)シュウ
 ん?


※略


バック・アロウ 第10話 感想 281

)シュウ
 ソーラ先生、あのお方とは?


)ソーラ
 このリュート卿和国で、最も逆らってはいけない相手だ

 今は従うしかない…


バック・アロウ 第10話 感想 285
バック・アロウ 第10話 感想 289
バック・アロウ 第10話 感想 294
バック・アロウ 第10話 感想 296
バック・アロウ 第10話 感想 300
バック・アロウ 第10話 感想 303
バック・アロウ 第10話 感想 310
バック・アロウ 第10話 感想 311
バック・アロウ 第10話 感想 313
バック・アロウ 第10話 感想 318
バック・アロウ 第10話 感想 324

食べながらで失礼するよ? こちらにも事情があるものでね…

デカダンス
 なるほど退廃そのもの! 床も妙な音がします

 この宮殿自体、生きているのか?

 また道化師が現れたからには、王がいる寸法
 手づかみ、横になって食べる様は
 実にローマ的

 ローマの退廃がモチーフの人物か

 退廃的な生活を「強いられた」彼には
 ぴったりなモチーフ

 フランス的な五大卿より、古い家系って隠喩でもあるのかね?

 あのホタルで情報収集してるのか?

ソーラ『危ない所をありがとうございました。選帝卿』

バック・アロウ 第10話 感想 332

)シュウ
 選帝卿!?


)選帝卿ルドルフ・コンダクトーレ
 ほお

 知っているのか?


バック・アロウ 第10話 感想 333

)シュウ
 お噂だけは

 でも実在していたとは…


)選帝卿
 レッカの頭脳と呼ばれた男でも、知らない事があったとは


バック・アロウ 第10話 感想 337
バック・アロウ 第10話 感想 0348
バック・アロウ 第10話 感想 352

皇帝を選ぶ権利を持つ御方だ…(シュウ』

ポルポ
 五年前、フィーネは王位に「指名」された

 では誰が選んだのか?という話

 当時、先代の皇帝は既に亡くなってました
 六大卿以外に、有力貴族はいなさげ
 違和感はありました

 まさに前回、フリがあった訳ですね

 OPで格上と察せられたも
 キャスティングボードが彼の役割なのか

 なんとまあブッサイク

 でもどうも、痩せたらイケメンっぽい造作

ビット『じゃあ…、この国で一番偉いって事か!?』

バック・アロウ 第10話 感想 361

)選帝卿
 偉い…、か。私が


)ビット
 あ!聞こえちった?!


バック・アロウ 第10話 感想 367
バック・アロウ 第10話 感想 372

つまらない事だよ…(選帝卿』

選帝卿
 心底、そう思っている様子の選帝卿

 彼の「気持ち」は、視聴者も感じます

 基本的に六大卿は、血筋による貴族らしく
 リュートは歴史が長いよう見えます
 実際どうかは不明ですが

 話を聞く限り、彼も血筋が原因なのか

選帝卿『ヴェルナー、面白い男を連れてきてくれたねえ~』

バック・アロウ 第10話 感想 375

)選帝卿
 私は少しでも新しい刺激が欲しい…

 レッカの頭脳と

 元リュートの機甲卿が

 壁の外から来たと言い張る男と共にいる…、ふふふふふ


 アロウ君? げっぷ…


バック・アロウ 第10話 感想 380

)ルドルフ選帝卿
 君はラクホウの中にいたという事だが


)アロウ
 なんか気に入らねェな


バック・アロウ 第10話 感想 385

)ソーラ
 アロウ君?!


)アロウ
 俺は自分の事がよく解んねえ

 でもだからなのか、人の気持ちはよく感じられる


バック・アロウ 第10話 感想 400

 アロウの持つ特殊性、今までもそうでした

人の気持ちを感じる力
 だから、今まで他人に「聞く」事が多かった

 今回もまさにその通り

 改めて、アロウは空気を『読まない』男なのね
 初見、鈍感な男に見えましたが
 逆に共感性が強い

 気持ちが解る

 だから「どうしてそう思う?」と疑問になる

 だから、彼はいつも聞くのね

アロウ『このリンガリンドが面白ェのは、皆必死で生きてるって事だ』

バック・アロウ 第10話 感想 408

)アロウ
 どいつもこいつも、自分の気持ちが溢れ零れてる

 だがアンタは違う…

 どこにも『本気』が見えねェ


バック・アロウ 第10話 感想 409

)ルドルフ選帝卿
 なるほど…、君はなかなか鋭いねェ


)アロウ
『それ』が気に入らねえ


バック・アロウ 第10話 感想 411

)選帝卿
 ン…


)ソーラ
 アロウ君、下がれ!


バック・アロウ 第10話 感想 412

 選帝卿の、こういう態度が気に入らない

両極端
 彼がビタイチ「本気で向き合ってない」と解る

 ただ、面白がっているだけ

 退屈凌ぎであり、珍獣を見るそれと同じなのか
 シュウも「面白い」が口癖ですが
 二人は両極

 シュウは本気だから、全て捨ててきた訳で

 思えば、シュウこそ誰より本気
 だから常に楽しそう

 きっと、選帝卿はシュウと真逆なのね

「面白い事」へのスタンスが逆

アロウ『えっ…!?』

バック・アロウ 第10話 感想 414
バック・アロウ 第10話 感想 415
バック・アロウ 第10話 感想 418
バック・アロウ 第10話 感想 419
バック・アロウ 第10話 感想 420

)選帝卿
 一瞬でも本気になると、こんなに力が出てしまう…

 哀しいことだよ


)シュウ
 今のはブライハイト!?


バック・アロウ 第10話 感想 421

)ソーラ
 ルドルフ卿は、体の中にバインドワッパーを持つと言われている!


)アロウ
 なんだそりゃ…!


バック・アロウ 第10話 感想 432
バック・アロウ 第10話 感想 437
バック・アロウ 第10話 感想 439



 ワッパーが入ってるのか、機能だけ

本気ダイエット
 またやはり、単にブライハイトだけでない

 本気になるとめっちゃ痩せる

 実際に、細くなった足が描かれてる事から
 ただの目の錯覚でなかった様子
 静止画だと解り易い

 顔もトリミングしたら美形

 アレだ、漫画「銀の匙」のタマコ的な
 cvも三木さんですし

 声優さんすごい

 とまれ、本気になれないとは哀しい話です

ルドルフ『この力、どこまでのものか私自らも把握していない』

バック・アロウ 第10話 感想 444

)ルドルフ選帝卿
 故に私は、常に愉悦に浸り快楽に溺れ

 なおかつ倦み飽き

 淀んでいなければならない…


 私が本気になれば、おそらくこの世界は滅ぶだろう


バック・アロウ 第10話 感想 446

)シュウ

 バインドワッパーの暴走によって…?

 いや、もっと何か…?


バック・アロウ 第10話 感想 451
バック・アロウ 第10話 感想 465

 卿は自身を制御できず、“本気になれない”

規格外
 彼もまた『世界を滅ぼす者』だったのか

 人生が心からつまらない

 原因は血らしい。代々こういう一族なのか?
 だから、せめて「偉い」地位を与え
 飼い殺しされてるのか?

 故に「偉いけどつまらない」と?

 凱帝も、ただ鍛え上げただけでなく
 同じ血を持つのか?

 彼は、本気になってはいけない人間

 そりゃ人生つまらないか…

ディゾナンザ『ピース政務卿がお見えです』

バック・アロウ 第10話 感想 471

)ルドルフ選帝卿
 ふむ。…君たちはそのままで


)ピース
 …ヴェルナー、苦労だったな


バック・アロウ 第10話 感想 473

)ヴェルナー・コンラート先生
 えっ


)ピース
 プラークから全て聞いた…


※略


バック・アロウ 第10話 感想 474

)ルドルフ卿
 宣戦布告の件だね?

 受けたのはもう一人のフィーネ


)ピース卿
 ご存じでしたか


バック・アロウ 第10話 感想 478

)ルドルフ卿
 彼女を王に指名したのは私だよ

 …だから、他の王位継承者は私を慰めてくれている


)大元帥
 えっ!?じゃあアイツら!?

 元王女様と王子様?!



バック・アロウ 第10話 感想 494

)ソーラ
 殺されるよりはマシだ…


)ピース卿
 本来なら王が決まれば、他の継承者は死刑になる!

 余計な混乱を招かぬ為にな


 それを哀れに思ったルドルフ卿は、自らのお付きにしたのだ


バック・アロウ 第10話 感想 499
バック・アロウ 第10話 感想 502
バック・アロウ 第10話 感想 0514
バック・アロウ 第10話 感想 506

 これで色んな疑問が腑に落ちたし、謎も感じる

王族の成れの果て
 どこに行ったかと思ったら、ここにいた

 そして首は、いつでもすげ替え可能

 姫は王位剥奪されると、奴隷並みの扱いになる
 或いは、処刑されるかの二択
 王位が生命線

 だからプラークも必死で守ってるのか

 姫自身、国を背負って生きなければ
 逃げ場がないんですね

 或いは選帝卿、そう仕向けてるのかもしれない

 王族が生かされた為、逃げ場がない

アロウ『ン……』

バック・アロウ 第10話 感想 518

 王族を皆殺しとは、ずいぶん極端な話ですが
 実際、余計な混乱を招く為といえば
 一応筋が通ってる

 また本来、40位フィーネは死ぬはずだった訳か

 そう思うと前回も違って見えますな 

選帝卿『ふむ……』

バック・アロウ 第10話 感想 528

)選帝卿
 あの事故の時

 私はフィーネに我が生き血を与えた


 生き延びたその命の強さこそ、王に相応しいと思ったのだが…


 哀れなことだ…


バック・アロウ 第10話 感想 536

)ソーラ
 ルドルフ卿の血を!?


)シュウ
 初耳かな?


バック・アロウ 第10話 感想 538

)ソーラ
 ああ!大変な手術ではあったが!

 まさかルドルフ卿の血を…?!


)アロウ
 だったら!コイツのせいじゃないのか!

 お姫様があんなになっちまったのは!



バック・アロウ 第10話 感想 540

)シュウ
 ありえるね


)ソーラ
 何故今まで黙っておられた!?

 ルドルフ卿!?


バック・アロウ 第10話 感想 545

)ルドルフ卿
 聞かれなかったからねェ


)ソーラ
 そんな…


バック・アロウ 第10話 感想 548

)ルドルフ卿
 知ったとしてお前に何か出来たかね?


)ソーラ
 …!


バック・アロウ 第10話 感想 551
バック・アロウ 第10話 感想 553

…私はフィーネに生きて欲しかっただけだ(ルドルフ卿』

悪意ない原因達
 その言葉自体に、偽りはないように思えます

 ルドルフ視点では哀れな事故

 ただ原因は、ソーラが撃ち落とした事であり
 また、ソーラ自身も悪意がないのに
 状況は異様すぎた

 誰かがそう仕向けた疑いも残るか

 ルドルフの血は、強力な戦士が作れる
 という「手段」が明瞭

 凱帝の脅威を前に、やる「動機」も十分ある

 道化師あたりの策謀って線もあるか?

ピース政務卿『お連れの方たちの事をお詫びしておきたい』

バック・アロウ 第10話 感想 556

)シュウ
 やっぱり、エルシャ君たちを?


)ピース
 ああ、姫の命だ

 我々では処刑を止められんのだ


バック・アロウ 第10話 感想 557

)アロウ
 処刑!?


)ビット
 何で!?
 

バック・アロウ 第10話 感想 563
バック・アロウ 第10話 感想 573
バック・アロウ 第10話 感想 583

決まってるじゃねェか、グランエッジャを頂くんだよ!(黒姫』

体裁
 リュート卿和国、処刑多すぎ問題

 やっぱりフランスじゃないか!!

 名目上は、プラーク卿との決闘と言う「体裁」
 しかし、狙いはあくまで殺す事
 シュウも読んでた

 黒姫の台頭で予見できた事

 先日、アロウによるブライハイト量産と
 その後始末など

 黒姫フィノワール、非常に合理的なんですね

 だからシュウにも読めたのか

フィノワール『しょうがねェじゃねえか~♪』

バック・アロウ 第10話 感想 589

)フィノワール
 ブライハイトを操る奴が死なねーと

 新しい人間は使えねェ


 お前が死ねば、あのデッケェ城艦と繋がる新しいブライハイトを用意できる…


※略


バック・アロウ 第10話 感想 596

)エルシャ
 フィーネ姫!

 それがあなたの「愛」ですか?!



)フィノワール
 そうだ!「愛」だよ!


バック・アロウ 第10話 感想 609

)フィノワール
 どこの誰とも解らねェ愚かな田舎娘の代わりに

 このあたしがグランエッジャを動かし!

 レッカのクソぢぢいを捻りつぶす!


 これが支配者の愛!


※略


バック・アロウ 第10話 感想 611

)フィノワール
 お前が戦わなければ、村の人間が死ぬ事になる!

 そうだ♪

 お前のお友達の女から血祭りにしてやろう!

 その次は元村長のジジイ!

 そして餓鬼ども!



 その次は…、アッハハハハ!


バック・アロウ 第10話 感想 621
バック・アロウ 第10話 感想 627
バック・アロウ 第10話 感想 631
バック・アロウ 第10話 感想 636
バック・アロウ 第10話 感想 639

 前回、アロウを殺そうとした君子の愛と同じ

支配者の愛
 フィーネは序列最下位で、屈託なく育った

 そのせいか、余計に過激なのか?

 ぶっちゃけ黒姫様も、フィーネの一部であり
 発想も、フィーネと共有してるハズ
 故に互いに嫌いあう

 帝王学を学んでない分過激なのか?

 過激ですが、宣戦布告にも即対応し
 他の六大卿より迅速

 兵を鼓舞するなど、手段自体は有意義なものばかり

 それは将の器でもあるのか

フィノワール『それともアレか?あたしに忠誠を誓うか?』

バック・アロウ 第10話 感想 641

)エルシャ
 えっ


)フィノワール
 お前のブライハイト、一部が機能しなくても問題ないよな?


バック・アロウ 第10話 感想 642

)フィノワール
 ならてめーでその両脚を斬り落とせ!

 そうすりゃ最前線の端っこに加えてやってもいい

 さあどうする?


バック・アロウ 第10話 感想 644

)フィノワール
 両脚斬って最前線か!

 ここで死ぬか!

 逃げる代わりに村の奴らが殺されるか!

 覚悟をキメなエッジャの女!



バック・アロウ 第10話 感想 649
バック・アロウ 第10話 感想 0658
バック・アロウ 第10話 感想 665

 いずれも譲らぬバッドエンド揃い

涙の新米村長
 助かると思ったら、そこにも救いはなかった

 黒姫露見は、エルシャを窮地

 戦争直前、グランエッジャを求めると思ったも
 未だ、城艦のシステムは謎ばかり故
 人質作戦で来るかと

 思った以上に脳筋姫!! 残虐一直線!!

 エルシャ、偶然システムに接続した上
 村長にされ苦しんでたも

 これがエルシャ、苦しみの極致だった!!

 美少年回以来ずっとだ!!

※トップに戻る

ピース政務卿『宜しかったのですか?』

バック・アロウ 第10話 感想 672

)ピース政務卿 
 奴らを行かせて…


)ルドルフ選帝卿
 ここで騒がれるのは趣味じゃない

 それに問題があれば、王の首を挿げ替えればいい

 この子達の誰かにね?


バック・アロウ 第10話 感想 681

)青騎士
 バック・アロウ!

 このハンス・パルディンから逃れる事は叶わない!



)バック・アロウ
 しつけえな!


バック・アロウ 第10話 感想 685
バック・アロウ 第10話 感想 689
バック・アロウ 第10話 感想 696
バック・アロウ 第10話 感想 699
バック・アロウ 第10話 感想 708
バック・アロウ 第10話 感想 709

お仲間付きか!(アロウ』

村民に逃げ場なし
 奇しくも、同じように包囲されていたアロウ

 救援には間に合いそうにない

 しかしエルシャが、プラークに勝てる訳がなく
 また前回、アロウ達を狙ったように
 プラークは容赦がない

 本格的に八方が塞がった

 また、仮にプラークに勝てたとしても
 彼女を死なせてしまうと

 第一話以来の、“他人の思惑に振りまわされる”極致

 だぁれも助けられやしない!!
 
フィノワール『ははは…、どうした? 泣いても誰も助けちゃくれねえぞ♡』

バック・アロウ 第10話 感想 0722

)エルシャ
 巻き込まれて…!

 脅されて、殺されかけて!

 いっつも誰かの思惑に振り回されて!


 もうたくさん! 解った!戦います!


バック・アロウ 第10話 感想 0725

)フィノワール
 ヒヒッ


)エルシャ
 でも条件がある!

 私が勝ったら、エッジャ村の人々を開放して貰う!



バック・アロウ 第10話 感想 0726

)フィノワール
 愚民のくせに条件だと?


)エルシャ
 見下すな!私はエッジャ村の村長だ!


バック・アロウ 第10話 感想 0732

)フィノワール
 あたしに指図をするな!


)プラーク
 姫様!面白いではありませんか


バック・アロウ 第10話 感想 0735

)フィノワール
 あ゛?


)プラーク
 面白いではありませんか

 お約束されてはいかがでしょう?


バック・アロウ 第10話 感想 0744

)フィノワール
 ああ゛ん?


)プラーク
 一縷の望みに縋り、その望みすら叶わず死んでいく


バック・アロウ 第10話 感想 0746

)プラーク
 栄光のリュートにたてつく愚民に

 相応しい最期では?


)フィノワール
 …チッ、確かにお前が負ける事はありえないか…


バック・アロウ 第10話 感想 0747
バック・アロウ 第10話 感想 0752
バック・アロウ 第10話 感想 0766
バック・アロウ 第10話 感想 0768
バック・アロウ 第10話 感想 0773

 うーんこのマウンテンゴリラ的姫ムーブ

エルシャ対デストロイア
 ここにきて、色々吹っ切れたエルシャ村長

 姫の「プラークへの信頼」も面白い

 プラーク卿も、明らかに思惑あって助け船
 決して、ただ助けるだけじゃないのが
 実に本作らしい

 プラークはプラークの目的がある

 今回、エルシャがしたい事
 プラークがしたい事

 二人の目的が、ある程度一致したからこそか

 アロウとシュウみたいですな

エルシャ『勝てる自信なんてないけど…!』

バック・アロウ 第10話 感想 0784

黙ってるだけじゃ、ホントにそこで終わってしまうから!(エルシャ』

自信がなくても
 世の中往々に、どうにもならない事ばかり

 エルシャも巻き込まれた被害者

 ですが、だからって配慮して貰えない以上
 駄目元で立ち向かうのも手か

 バラン軍事卿も気に入ってくれるかね

 胸をガン見してはいけない

システム音声『機装顕現

バック・アロウ 第10話 感想 0789

)プラーク 
 リュート卿和国が機甲卿!

 プラーク・コンラート、参る!



)エルシャ
 エッジャ村村長!エルシャ・リーン!

 あたしにだって意地がある!



バック・アロウ 第10話 感想 0790

)プラーク
 悪く思うな!


)エルシャ
 来い!


バック・アロウ 第10話 感想 0799
バック・アロウ 第10話 感想 0803
バック・アロウ 第10話 感想 0808
バック・アロウ 第10話 感想 0811
バック・アロウ 第10話 感想 0812
バック・アロウ 第10話 感想 0813
バック・アロウ 第10話 感想 0818
バック・アロウ 第10話 感想 0821
バック・アロウ 第10話 感想 0831
バック・アロウ 第10話 感想 0836
バック・アロウ 第10話 感想 0840
バック・アロウ 第10話 感想 0845
バック・アロウ 第10話 感想 0849
バック・アロウ 第10話 感想 0850

その程度の意地か? 所詮は品なき野蛮人!

持たぬ者の意地
 密かに、戦う訓練を積んできたというエルシャ

 実際、思った以上に使いこなしいた

 操艦上、残留信念では真っ直ぐしか進めない
 何気に、機装顕現してる回数では
 村随一なのか

 背のバインダの大砲化、謎の発光

 今までは、ハンドガン程度だったも
 大出力攻撃が可能に!!

 ただやはり、避けられるし当てられ

 エルシャは飛行じゃなく跳躍か

アロウ『どけどけえ!

バック・アロウ 第10話 感想 0862

)大元帥
 一対五じゃ分が悪いってー!?


)シュウ
 我々も一緒じゃ分身も出来ないしね…


バック・アロウ 第10話 感想 0869

)アロウ
 しっかりしろ俺!

 こんな時に、仲間を助けられなくてどうすんだよ!

 とっととこいつらをブッ倒して!


 …違う!


バック・アロウ 第10話 感想 0873

)アロウ

 早くアイツらンとこ行けばいいんだよ!

 つまり、つまり…!


バック・アロウ 第10話 感想 0881

)ハンス
 これも忠誠!


)フリッツ
 さらば!バック・アロウ!


バック・アロウ 第10話 感想 0903
バック・アロウ 第10話 感想 0910
バック・アロウ 第10話 感想 0922
バック・アロウ 第10話 感想 0923
バック・アロウ 第10話 感想 0928

答えは…、これだ!(アロウ』

空を自由に飛びたいな
 困った時は、何が大事か切り分けること

 やるべき事と、手段にシンプルに!!

 アロウの答えは、空を飛び一直線に向かう
 やはり、分身すら可能な彼なら
 飛ぶ事も可能!!

 考えに考え、ようやく飛べた!!

 先日、プラークに敗北した時には
 飛ぶのが有利とは思った

 ただ、飛びたいと切実に願うまでではなかった

 やっぱり大事なのはライブ感か!!

シュウ『信念のない、アロウ君ならではだね♡』

バック・アロウ 第10話 感想 0951

)プラーク
 ほう…、よく止めた


)エルシャ
 貴族だからって

 姫様だからって、それが何!

 何でも思い通りになると思ったら大間違いよ!



バック・アロウ 第10話 感想 0957

)フィノワール姫
 何をてこずってる!

 さっさと決めろ!



)プラーク
 御意!私に技を出させるとは…!

 しかしこれでお終いだ!


バック・アロウ 第10話 感想 0960
バック・アロウ 第10話 感想 0967
バック・アロウ 第10話 感想 0979
バック・アロウ 第10話 感想 0986
バック・アロウ 第10話 感想 0990
バック・アロウ 第10話 感想 0993

)アロウ
 てめーらの都合でエルシャの命をやる訳にはいかねーぞ!


)エルシャ
 アロウ…!


バック・アロウ 第10話 感想 0995

)アタリー
 あれ?もしかして飛んでる?


)アロウ
 遅くなったエルシャ!


バック・アロウ 第10話 感想 1001

)大元帥
 俺もいるぞー!


)軍師
 いるからどうという事もないけどね?


バック・アロウ 第10話 感想 1004
バック・アロウ 第10話 感想 1010
バック・アロウ 第10話 感想 1014
バック・アロウ 第10話 感想 1021
バック・アロウ 第10話 感想 1050

プラークと戦うのは私よ!下がって!(エルシャ』

エルシャの意地
 軍師に管理されてる、大元帥の存在感

 ソーラ先生も優しい!!

 ただやはり、事ここに至って大事なのは自力
 前半、泣いてた時ならまだしも
 エルシャは約束した

 自分でやると決めたら自分でやる

 これも大切な事ですね
 この状況、勇気でなく「無謀」であるも

 少なくとも本作では信念、心の在り方が機体そのもの

 やり抜く「意思」が大切か

アロウ『はあ!?

バック・アロウ 第10話 感想 1053

)エルシャ
 フィーネ姫が約束してくれた!

 私がプラークに勝てば

 エッジャ村の皆を解放してくれるって!

 だから!



バック・アロウ 第10話 感想 1065

)元村長
 やめろエルシャ!?お前じゃ勝てない!


)現村長エルシャ
 それでも勝つの!

 勝たなきゃならないの!



バック・アロウ 第10話 感想 1068

)プラーク
 良い覚悟だ!

 だが自分の力の見極めも必要だぞ?


)エルシャ
 敵の情けは受けない!


バック・アロウ 第10話 感想 1069

)フィノワール姫
 プラーク、面倒だ。早くその女を始末しろ

 その後、アロウを捕まえろ


)後回しされたアロウ
 どうかな!

 エッジャ村のリーダーは結構強ェぜ!


バック・アロウ 第10話 感想 1097

 プラークは、アロウと戦いたかった様子

約束したから
 たとえ、何度も約束を反故にされていようと

 守ろうとする姿勢もまた大切か

 既にフィーネ側は、一度反故にしていますし
 姫が、約束を守るとは思えません
 多分馬鹿げた事

 でも少なくともアロウは感じ入った

 応援したい、と思える生き方も
 リーダーの資質か

 もちろん、狡さもリーダーには大切ではある

 支えたいと思える人間なのも大事ね

アロウ『エルシャごめん!』

バック・アロウ 第10話 感想 1098

)アロウ
 壁の事でいっぱいになって

 お前らをほっぽりだしたのは悪かった!



)エルシャ
 そんなの今言わなくても


バック・アロウ 第10話 感想 1099

)アロウ
 だからこれは俺の気持ちだ!

 エルシャ、俺を使え!


)エルシャ
 !?


バック・アロウ 第10話 感想 1100

)アロウ
 前に言ったよな

『自分を助けるのは自分だけ』だ!

 だがその手助けなら俺にも出来るぞ!


 俺がお前の剣だ!


バック・アロウ 第10話 感想 1108
バック・アロウ 第10話 感想 1118
バック・アロウ 第10話 感想 1126
バック・アロウ 第10話 感想 1127
バック・アロウ 第10話 感想 1134



コイツでお前の運命に立ちはだかる壁を切り開け!

時にはチャンプのように
 なるほど、アロウが剣になれば良かったのか!!

 ちゃんと顔も付いてやがる!!

 今回エルシャは、自分でやると言いだした
 なら、彼女にやらせるのが筋も
 助ける事は出来る

 第三話を踏まえた激励だ!!

 村長も、グランエッジャを動かす事も
 今はエルシャにしか出来ない

 今までは巻き込まれ、嫌々ながらやってきた

 今「自分でやる」のは大切な事ね!!

シュウ『またも想定外だ!堪らないね~♡』

バック・アロウ 第10話 感想 1136

)フィノワール姫
 こんなもん認めん!

 人質を殺せ!ガキもだ!


)プラーク
 おやめくださいフィーネ姫!


バック・アロウ 第10話 感想 1143

)プラーク
 これは騎士の決闘!

 騎士の誇りに口をはさまないで頂きたい!


 …エルシャ、エレガントに行こう!


バック・アロウ 第10話 感想 1147

)エルシャ
 お…、おう!


)プラーク
 改めて!


バック・アロウ 第10話 感想 1148

)エルシャ
 リュート卿和国機甲卿!

 プラーク・コンラート!


)エルシャ
 エッジャ村村長…、エルシャ・リーン!


バック・アロウ 第10話 感想 1160
バック・アロウ 第10話 感想 1163
バック・アロウ 第10話 感想 1169
バック・アロウ 第10話 感想 1191

)エルシャ
 あ、アロウ!?

 ちょっと重いよ!


)アロウ(剣)
 すまん!ビット達も乗ってるしな!
 

バック・アロウ 第10話 感想 1193
バック・アロウ 第10話 感想 1194

 いや、三人はあまり関係なさそうですが

形を変えただけなので
 実際、アロウは重かった

 エルシャ、プルプルしてましたよ!?

 あくまで、アロウが剣の形をしてるだけなので
 貧弱なガールであるシャドウの力では
 取り回し困難

 なるほどデッドウェイトじゃねーの!!

 ムガという武器を得たも
 シャドウは武器、機動力を失った 

 こんな時、カイがいてくれれば!!

 嫌ってほど振り回しそう

エルシャ『負けてたまるかああ!

バック・アロウ 第10話 感想 1197

 ところがどっこい、ブースター付き親切設計!!

 ただ重さはカバーしたも、動きが限定される
 プラーク、すぐさま上に回る辺り
 こちらも抜け目ない

 回転してるなら、回転の目を叩くもの

 解ってらっしゃる!

プラーク『加速した?!』

バック・アロウ 第10話 感想 1198

)プラーク
  しかし、上からの攻撃には耐えられまい!


)エルシャ
 運命を切り開くのは…!


バック・アロウ 第10話 感想 1200

)アロウ
 今だ!


)エルシャ
 プラーク!その油断を!

 一刀両断!


バック・アロウ 第10話 感想 1201
バック・アロウ 第10話 感想 1203
バック・アロウ 第10話 感想 1209
バック・アロウ 第10話 感想 1211
バック・アロウ 第10話 感想 1212
バック・アロウ 第10話 感想 1214

バック・アロウ 第10話 感想 1216
バック・アロウ 第10話 感想 1217
バック・アロウ 第10話 感想 1221
バック・アロウ 第10話 感想 1222
バック・アロウ 第10話 感想 1224
バック・アロウ 第10話 感想 1229
バック・アロウ 第10話 感想 1231
バック・アロウ 第10話 感想 1232
バック・アロウ 第10話 感想 1237

見事だ…!!(プラーク』

推力は変えるもの
 プラークは上を狙うも、エルシャも軌道変更

 剣の向きを変え急上昇

 その時点で、攻撃態勢に入っていたプラーク
 慣性により、無防備状態を晒し
 上から両断された

 ぎりぎり姿勢を立て直したのが仇

 むしろ、逃げる事に徹していれば
 避けられたんでしょうか

 やっぱり推力は正義だった!!

フィーネ『プラーク!? 死なないでプラーク!?

バック・アロウ 第10話 感想 1246

)シュウ
 ムガの剣で斬ったからね

 殺さずに倒す事が出来たんだろう


)プラーク
 話には聞いていたが、凄い力だな…


バック・アロウ 第10話 感想 1251

)フィーネ
 プラーク!良かった…


)プラーク
 いつもの姫に戻られたか!


バック・アロウ 第10話 感想 1265

)フィノワール
 茶番を仕掛けたかプラーク!

 お前も殺してやる!


 バインドワッパーを寄越せ!あたしが殺してやる!


)エルシャ
 フィーネ姫、約束は?!


バック・アロウ 第10話 感想 1270
バック・アロウ 第10話 感想 1274
バック・アロウ 第10話 感想 1283
バック・アロウ 第10話 感想 1284

 エルシャさん、心から信じてたいたのね

プラークの茶番
 当然、フィノワールが守るはずもなかった

 だがフィーネ姫、持ち直

 戦いの前、プラークが何事か嘆息したのは
 最初から、これを狙ってだったと
 姫を元に戻す「茶番」

 自分がピンチになれば姫が戻る

 当初、ムガ参戦を歓迎していたので
 アロウを当てにしたのか

 エルシャと決闘すれば、彼が必ず駆けつけると

 でも、まさか剣になるとはなあ…

シュウ『フィーネ姫!気持ちをしっかりお持ちください!

バック・アロウ 第10話 感想 1298

)シュウ
 かつて貴女の中には

 ルドルフ選帝卿の血が輸血された!

 人格が別れたのは



)プラーク
 何だと!?それは事実なのか?!


※略


バック・アロウ 第10話 感想 1310

)エルシャ
 フィーネ姫、あなたは私達に愛を説いた!

 あの時のあなたこそ、本当のあなたです!

 私は勝ちました!



バック・アロウ 第10話 感想 1312

)エルシャ
 今度はあなたの番です!

 あなたの愛で!邪な心を切り伏せて!



)フィノワール
 ごちゃごちゃごちゃごちゃ

 うるせえンだよ!


バック・アロウ 第10話 感想 1315
バック・アロウ 第10話 感想 1326
バック・アロウ 第10話 感想 1334
バック・アロウ 第10話 感想 1337
バック・アロウ 第10話 感想 1338
バック・アロウ 第10話 感想 1339
バック・アロウ 第10話 感想 1341
バック・アロウ 第10話 感想 1349

うるせえ!てめえら全員消し飛ばしてやる!

姫のブライハイト 
 めちゃくちゃ、強そうなのが湧いて出た!

 これなら凱帝にも対抗できるか?

 またプラーク、原因が選帝卿の血だと知った
 そのまた原因はソーラなれど
 和解へ道筋か

 基本、兄妹仲良かったようですから

 五年前から、姫を奴隷化から護る為
 男になる覚悟で尽くしてきた

 仮に和解したら、どんな風になるのか

 今と変わらないかそれとも…?

フィノワール『あたしのブライハイトによってなぁ!

バック・アロウ 第10話 感想 1355

)フィーネ
 いいえ、私決めました!


)フィノワール
 チッ、てめえ!?


バック・アロウ 第10話 感想 1367

)フィーネ
 私は恐れていた

 あなたを、戦争を、自分自身を…

 だから、あなたの陰に隠れて…


 でもやっと解った


バック・アロウ 第10話 感想 1373

)フィーネ
 私はあなたを受け容れる

 私の責任で流れた血の罪を

 全てを背負う!



 その上で! 全てを愛する、愛に満ちた世界を求める!


バック・アロウ 第10話 感想 1377

)フィノワール
 やめろー!?


)フィーネ
 だからここからは私が行います

 貴女は少し、休んでいて下さい


バック・アロウ 第10話 感想 1381
バック・アロウ 第10話 感想 1384
バック・アロウ 第10話 感想 1387
バック・アロウ 第10話 感想 1391
バック・アロウ 第10話 感想 1397
バック・アロウ 第10話 感想 1411
バック・アロウ 第10話 感想 1416

 フィノワールの影になっていたが、表側へ
 
ヴェルトール・イド
 頭がお花畑なのでなく、責任から逃げていた

 フィーネの性格は、現実逃避の産物

 自分の決断で、人の生き死にが左右され
 継承40位、普通に育った子に苦痛
 ストレスだったか

 だから前回も、開戦で人格交代

 アロウを利用し、軍を強化する計画など
 必要な事は黒姫に任せ

 私は悪くない、黒姫がやったと押し付けてた

 血、ストレス両方だったのね

シュウ『バインドワッパーが、自我の一部を封じ込めた?』

バック・アロウ 第10話 感想 1427

)ビット 
 そんなことまで出来るんの!?


)シュウ
 さあ…


バック・アロウ 第10話 感想 1435

)ビット
 さあ!?


)アロウ
 お姫様もやるじゃねェか…!


バック・アロウ 第10話 感想 1437
バック・アロウ 第10話 感想 1447
バック・アロウ 第10話 感想 1449
バック・アロウ 第10話 感想 1451
バック・アロウ 第10話 感想 1452
バック・アロウ 第10話 感想 1456

 そして高笑いしまくる悪役卿

ルドルフ爆笑卿
 黒人格、ひとまず出て来ないよう閉じ込めた

 迂闊にブライハイト化できない

 それは残念も、選帝卿もめっちゃ笑ってました
 彼、黒人格は偶発的な事故としたも
 どこまで本当か

 計算か、ただ笑いが悪役っぽいだけ

 実際、単に楽しいから笑ってるのか
 計算通り運んでるからか

 凱帝の方がまだわかりやすいですしかし

 だがそこがいい 

フィーネ『申し訳ありません、色々手を尽くしたのですが』

バック・アロウ 第10話 感想 1469

)フィーネ
 戦争は避けられそうにありません

 全ては私のせいです

 エッジャ村の皆さんは戦争に巻き込まれないように、ここから逃げて下さい


バック・アロウ 第10話 感想 1491

)エルシャ
 フィーネ姫、あなたは何故戦うのですか?


)フィーネ
 レッカ凱帝国から私達の国を護る為です

 多くの犠牲が出るかもしれません

 しかし!その責は私が負います


バック・アロウ 第10話 感想 1505

だったら!私もお手伝いします!リーダーとして対等な関係でなら(エルシャ』

同盟を結ぼうか
 レッカの暴政は、これまで見てきた通り

 あの国、声が大きくて素直で楽しい

 ただ他民族への差別は、シュウの件で明らかで
 また、前回の反乱軍頭目のように
 国を失った恨みも

 護る為に戦いたいのは筋

 凱帝、すげえ良い人に思えますが
 一戦は避けられなさそう

 他民族を蛮族呼び、征伐しまくってるのも事実

 声が大きくて熱い人ばかりなんですが 

エルシャ『どうせレッカに狙われている身です!

バック・アロウ 第10話 感想 1506

)エルシャ村長
 それに、信頼は信頼で返す!

 それがエッジャ村の生き方です!


 …同盟を結びましょう、フィーネ姫っ


バック・アロウ 第10話 感想 1511
バック・アロウ 第10話 感想 1513
バック・アロウ 第10話 感想 1517
バック・アロウ 第10話 感想 1520
バック・アロウ 第10話 感想 1521
バック・アロウ 第10話 感想 1523
バック・アロウ 第10話 感想 1524
バック・アロウ 第10話 感想 1526
バック・アロウ 第10話 感想 1528
バック・アロウ 第10話 感想 1534



 今後は、デマイン科学合唱団も味方だ!!

君を凱帝から救いに来たんだ
 たかが村長が、よくぞここまで言えたもの!!

 前々回からここまで成長するとは!!

 前々回、めちゃくちゃへりくだって笑ったも
 実際、リュート傘下ではない
 あくまで同盟

 同盟なら対等ですね!村長だけど!!

 今回、エルシャに負担がかけすぎた分
 村長達も性根を据えたハズ

 そして村人の心は、グランエッジャの「動力」に大きく作用するハズ

 いよいよ変形の時は近いね!

※トップに戻る

感想追記
要はフィーネも、エルシャと同じくプレッシャーに苦しんでいた

バック・アロウ 第10話 感想 0297
バック・アロウ 第10話 感想 351



 前々回から、村長の重責に潰れていたエルシャ

リーダーの重責
 風呂回、姫は「私達は同じ、若き主席」と発言

 あの台詞が、まさに正しかった訳ね

 美少年回は、敵味方が目まぐるしく入れ替わり
 前村長は、とても対応できないと判断
 村長の座を孫に押し付けた

 エルシャ的には自分がやるしかなかった

 他にやる人がいない以上
 エルシャは、放り出せなかった

 フィーネは降りたら、処刑orいやらしい奴隷

 その厳しさが、成長させたんですね

未解決な問題の一つ
フィノワールは、あくまで閉じ込めただけ

バック・アロウ 第10話 感想 1417

 バインド=束縛する、ワッパー=手錠の中へ

黒人格フィノワール
 今後、ブライハイトを使うには対峙不可避?

 気になるのは「指図すんな!」の口癖

 アレ、やたら連発しているのが気になります
 彼女、下位人格に過ぎない為
 普段は好きに動けない

 黒姫自身、抑圧されてる為の口癖なのかね

 彼女も、責任とか押し付けられる役割
 不憫な人なのは確かで

 今後フィノワール自身も救われるんですかね

前回、フィーネ姫は開戦宣言に耐えられず交代
黒姫に責任を押し付けた

バック・アロウ 第10話 感想 1320

 姫の二重人格も、エルシャが泣いてた事も

 要はどっちも同じ問題、リーダーの重責

 当初、姫様は天然タイプに見えたものの
 前回、案外苦しんでるなと感じ
 そして今回へ

 エルシャの苦しみも、前振りを兼ねていた

 怒涛にして、いい着地点でしたわ

※トップに戻る

公式ツイッターより





































2021年3月12日 バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」

バック・アロウ 第10話 感想

 作画をためた分、ガチな回だったのう! 

スタッフ
 脚本:中島かずき
 絵コンテ: 須永 司
 演出:藤瀬順一
 作画監督:高橋美香、高澤美佳
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 アロウ達はリュート卿和国の六大卿の一人、ルドルフ選帝卿と対面する。ルドルフは、フィーネのもう一つの人格・フィノワールがレッカ凱帝国の宣戦布告を受けたことを悟り、哀れむが、彼の口からある真実が明かされる。フィーネの人格が別れたのは、ルドルフの血が輸血されたためだったのだ。

 一方エルシャは、村人の解放を求めてプラークとの決闘に挑む。技量の差に苦戦するエルシャ。絶体絶命と思われた瞬間、アロウのムガが駆けつける。自らを剣に変えたムガの助けを得て、エルシャはプラークに勝利する。

 そして、自分自身を取り戻したフィーネと同盟を結ぶのだった。

次回「裸の外交」再び
連続2クール、中盤山場の始まりか

バック・アロウ 第10話 感想 1621
バック・アロウ 第10話 感想 1452

 笑う選帝卿。楽しいだけか陰謀か、道化師は?

アロウ以外の「滅ぼす者」
 フィーネは継承最下位も、プラーク達と懇意

 催眠で撃たせ、輸血口実にした可能性

 とまれリュートも、凱帝に劣らぬ隠し玉が判明
 また、完全に味方陣営と化した分
 レッカとも十分戦えそう

 ただやはり、敵の本丸は「壁」か

 負担を反省し、村人も性根を据えた分
 城艦の火力も上がりそう

 アレ多分、乗員全員の信念が燃料でしょうし

 次回、第11話「真っ向勝負の戦争なのか」

トップに戻る





※過去一覧記事ページ




























 バック・アロウ 第1話「飛んできた男にパンツはあるか」
 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」
 バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」
 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」
 バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」
 バック・アロウ 第6話「美少年牧場ってマジなのか」
 バック・アロウ 第7話「壁はそんなに堅いのか」
 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」
 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」
 バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」
 バック・アロウ 第11話「真っ向勝負の戦争なのか」
 バック・アロウ 第12話「誇りも積もれば芥となるか」
 バック・アロウ 第13話「姫が立つ時 天は泣くのか」
 バック・アロウ 第14話「その戦場に愛はあるのか」
 バック・アロウ 第15話「仕組まれた動乱は何を生むのか」
 バック・アロウ 第16話「人が平和を望む時、神は何を欲するか」
 バック・アロウ 第17話「かくて彼らは立ち上がるのか」
 バック・アロウ 第18話「これが世界の真理なのか」
 バック・アロウ 第19話「お前に始末がつけられるのか」
 バック・アロウ 第20話「人の怒りは神に届くか」
 バック・アロウ 第21話「誰が私をとめられるのか」
 バック・アロウ 第22話「それでも俺はなぜ生きるのか」
 バック・アロウ 第23話「天から降るのは破滅の印か」
 バック・アロウ 第24話「【最終回】」

トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング