公式サイト バック・アロウ 第9話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
虐殺姫の誕生、ソーラが「先生」となった訳
事態が過激に動き出す!?

バック・アロウ 第9話 感想
バック・アロウ 第9話 感想
バック・アロウ 第9話 感想



 虐殺姫様、なんてタイミングで人格交代を!?

 ただ今、凱帝と戦える人物がリュートに必須

 そも五年前、序列40位で最下位だった姫様が
 事故で、暴走人格を得たのと同時期
 皇女卿になったのも変

 まさか意図的な二重人格化?

 姫こそ対・ゼツ凱帝用の切り札?

規格外vsキチガイ
 凱帝陛下、いよいよブライハイトと思いきや
 出すまでもなく瞬殺してしまうとは!!
 勝てる訳ないでしょ?!

 またレッカは、凱帝一代で帝国

 元々侵略国家で、戦争不可避だったのね

バック・アロウ 9話 感想


・バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」

・冒頭「君子の愛」
 Aパート「プラークのスタンス」
 フィーネ姫の本意
 エルシャはもう大丈夫
 アロウ、限界
 ソーラの主張

・Bパート「ソーラ先生の正体」
 五年前、暴力姫誕生事件
 ソーラ出奔の訳
 ゼツ・ダイダン帰国
 
・ゼツ凱帝と、反乱軍頭目ミカゲ
 エッジャの民、その後
 プラークの決意、宣戦布告
 感想追記 23時

・公式ツイッターより
  …ホワイトデーケーキ&マカロンが商品化
 制作スタッフ
・次回サブタイ
  …誰?
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・7ページ目へ
  …Bパートへ
・14/14ページ目へ

※過去一覧記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 金曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員は見放題

フィーネ皇女卿は、実は「序列最下位」だった
不可解すぎる誕生譚

バック・アロウ 第9話 感想
バック・アロウ 第9話 感想
バック・アロウ 第9話 感想



 新規録音予告担当はアロウと大元帥

大元帥ノリノリである
 あの歌、ホント耳に残るどころじゃない!!

 五年前。機甲卿ソーラ、自称・誤解で姫を撃墜

 以来、虐殺姫人格が出て来るようになった為
 ソーラは、機甲卿の地位を捨てて
 治療法を探す旅に出た

 だが事故後、姫は何故か皇女卿

 また姫、王位継承レースの外だった為
 普通に育ったらしい

 普通の子が、国のかじ取り任せられた強いストレス

 それが二重人格を進行させてるのか?

全体あらすじ
エルシャ、責任を背負い込みすぎてグロッキー

バック・アロウ 第9話 感想

 立ち直るには、村人の自立が必要か?

あらすじ
 プラークは姫の正体を知った大元帥達を狙う

 アロウの不調もあり、大元帥たちは窮地に

 しかしソーラが駆け付け、プラークを説得する
 彼こそ、姫の二重人格の原因であり
 先代機甲卿であった

 辛くも逃走し、ソーラは五年前を述懐

 エッジャ村民は、アロウ達への人質として
 リュートに捕縛される

 だが凱帝ゼツがリュートに宣戦布告

 席上でフィーネの二重人格が露見してしまう 

 次回、バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」

※トップに戻る





ナレーション『アロウを待っていたのは恐怖の人体実験!

バック・アロウ 第9話 感想

 前回、アロウは仮面を付けたプラークと交戦

 だがその正体、フィーネ皇女卿その人だった
 皇女は、時に「仮面」を付ける事で
 プラークを演じていた

 これこそフィーネ第二人格

 知ってはならぬ真実を知ったアロウ達は?

ナレーション『指示していた謎の騎士こそ、フィーネ姫のもう一つの人格だった』

バック・アロウ 第9話 感想 027

)ビット
 こんな人だなんてー!?


)シュウ
 というか二重人格かな?


バック・アロウ 第9話 感想 040

)フィーネ
 死ねええええええ!


)シュウ
 ?!


バック・アロウ 第9話 感想 041

)フィーネ
 死ねッ!


)ビット
 死ぬ―?!


バック・アロウ 第9話 感想 044

)フィーネ
 死ね!死ね!死ね!死ね!死ねえ!


)アロウ
 くっ!


バック・アロウ 第9話 感想 046
バック・アロウ 第9話 感想 050
バック・アロウ 第9話 感想 053
バック・アロウ 第9話 感想 057
バック・アロウ 第9話 感想 066

アロウ!手を出すのは止めろ!?(ビット』

科学の力で良く斬れる
 おや大元帥! もしや判断力が成長した?

 曰く姫を怒らせたら「皆」が危険

 命の危機で、一歩引いた視点で考えていた
 事実上、エッジャ村が人質状態
 手を出せない!!

 プラークはどこまで計算内?

 彼女は、あくまで表姫に会わせる為
 アロウを連れてきたハズ

 彼女にも計算外?

 それとも科学卿の言う通り、大ウソ吐き?
 
アロウ『どうすればいいってんだ!?

バック・アロウ 第9話 感想 074

)フィーネ
 一息に殺してやるよ!

 苦しみはない!

 それが「愛」!君子の愛だ!


 …慎み深いなあ。


バック・アロウ 第9話 感想 075
バック・アロウ 第9話 感想 079
バック・アロウ 第9話 感想 084
バック・アロウ 第9話 感想 086
バック・アロウ 第9話 感想 088

どこに行ったアロウ!殺してやるよ~!(フィーネ』

cv小清水さんが楽しそう
 科学卿の実験同様、これもまた「愛」

 愛って幅が広いなあ

 俗に恋とは、相手を得たいという気持ち
 愛こそ、相手に与える気持ち
 思いやり

 なるほど苦しませない「愛」

 その愛に、慎み深く控えめという事は
 愛を受けず苦しむという事

 そんな遠慮はするな、苦しまず逝けという事か

 えらい人は無理難題を仰る

♪ 誠実に生きることで 強くなれると知った
♪ 見逃すな day by day ただ迷い 彷徨い いくつもの日々を追い越したんだ

バック・アロウ 第9話 感想 098
バック・アロウ 第9話 感想 099
バック・アロウ 第9話 感想 106
バック・アロウ 第9話 感想 0108

 凱帝の直後、同様に燃える姫様がリングイン

dawn
 今回ラスト的に、激突を示唆してるのか?

 姫ルックなのに大胆至極!

 これで両陣営、ほぼ役者は出揃った
 六人目の「卿」はまだシルエット
 別格の存在か

 また今回、珍しく新キャラが登場せず

 その為、EDは追加がない模様

サブタイ、牙を隠していたフィーネ姫
何故隠しているのか

バック・アロウ 第9話 感想 118

 それはもちろん、制御ができない為らしい

 ただ前回で描写し、今回補強されなかった
 雲の変化に伴い、人格変異する点
 変化スイッチは謎なまま

 雲がわざとらしく、伏線だったよう思えます

 空から電波受信してるのか?
 
アロウ『何か手はねェのかシュウ…?』

バック・アロウ 第9話 感想 125

)シュウ
 だめだめっ

 ああいう話も解らないタイプは苦手ェ!?


)妖怪
 みーつけた♡


バック・アロウ 第9話 感想 128

)ビット
 いやー!?


)シュウ
 走るのも苦手なんだけどねぇ…


バック・アロウ 第9話 感想 131

)大元帥
 や、やめて!?怖い!?漏れそう!?

 おしっこが漏れるー!?


)アロウ
 …プラーク!?


バック・アロウ 第9話 感想 132
バック・アロウ 第9話 感想 140
バック・アロウ 第9話 感想 147
バック・アロウ 第9話 感想 153
バック・アロウ 第9話 感想 157
バック・アロウ 第9話 感想 163

姫、ここは任せてお戻りください!(プラーク』

忠義の騎士
 大元帥の膀胱に厳しいアニメは名作

 悠々現れ、食い止めたプラーク

 でも結論から言うと、アロウ達を殺そうと対峙
 アロウ達が、姫の真実を知った為
 殺す以外なくなった

 てか大元帥、こんな時に!!

 そういや、盛んに飲み食いした直後
 ユルくて当然です

 大元帥、愛されてますな!笑いに!

フィーネ『貴様如きが、私に命令するとは!

バック・アロウ 第9話 感想 0164

)プラーク
 畏れ多い!“懇願”です


)フィーネ
 …ふん!うまいことを言うな?

 ではあやつらを切り刻め


バック・アロウ 第9話 感想 0171
バック・アロウ 第9話 感想 0174
バック・アロウ 第9話 感想 0179
バック・アロウ 第9話 感想 0188
バック・アロウ 第9話 感想 0192
バック・アロウ 第9話 感想 0209

私は姫のご意思を実行するだけだ。どんな事でもエレガントにね!

姫様ファースト
 プラークの行動原理は、フィーネ姫最優先

 ですが多分、基本的に高潔な人物

 本来は国の表、愛を尊ぶ部分だけを見せる予定
 なら、村民も受け入れる肚で
 裏はなかった様子

 姫は「歓待するつもり」だったから

 前回、姫の言葉自体は裏はなかったのかね

 問題は虐殺姫の活発化か

プラーク『出来れば、表だけを見せていたかったが…』

バック・アロウ 第9話 感想 0216

)プラーク
 残念だが

 この秘密を知った者はこの世から消える…

 貴殿らも含めてな!


)アロウ
 …シュウ!何か手はないか!


バック・アロウ 第9話 感想 0231
バック・アロウ 第9話 感想 0234
バック・アロウ 第9話 感想 0235
バック・アロウ 第9話 感想 0241
バック・アロウ 第9話 感想 0242
バック・アロウ 第9話 感想 0244
バック・アロウ 第9話 感想 0248
バック・アロウ 第9話 感想 0252

聞こえるかハンス!プラーク機甲師団に命令だ!(プラーク』

貴公子団
 アロウ君たち、身もふたもない逃げ方するな!!

「ビットの言う通り」逃げの一手

 トイレの我慢! つまり状況が限界という事
 今、勿体ぶってる時間はない
 全力逃走一択か!!

 アロウは前回の電気ショックで不調

 トイレ同様、このままだと不味いから
 逃げの一択な訳ね

 ムガ、久々の輸送モードだ!!

離脱した虐殺姫
隠し扉から、隠し通路へと移動していった

バック・アロウ 第9話 感想 0256
バック・アロウ 第9話 感想 0257
バック・アロウ 第9話 感想 0266
バック・アロウ 第9話 感想 0270

 際し走った光、ギミックが稼働する合図か

凝り性の国
 隠し扉が閉じると、光が走って「鳥」が作動

 鳥が作動すると、内側の扉が開く

 外が開いたままだと、内鍵が開かない仕組みか
 少々、無駄に勿体ぶった構造も
 理屈自体は感じる

 隠し扉の閉め方も知らないと入れない

 また当然、外が開いたままで放置すると
 隠せなくなってしまう

 毎回、ちゃんと外扉を閉じる仕組みか

フィーネ『あっ……』

バック・アロウ 第9話 感想 0275
バック・アロウ 第9話 感想 0281

私は…、また!(フィーネ』

その人柄は謎
 意外や、二重人格だと理解してるパターンか

 過剰な平和主義、その為なのか?

 虐殺人格が、ひどい事をしてる自覚がある
 敢えて、表では「過剰に良い事」して
 バランスとってるのか?

 或いは素であの性格だから、虐殺化?

 表人格が、過剰に愛愛とうっせえ為
 反動で強烈な虐殺者に?

 平和主義者すぎる性格を見込まれ、利用されてるのか?

 ちゃんと悩める人でホッとしますわ

エルシャ『どこ行くのっ!

バック・アロウ 第9話 感想 0286

)アタリー
 でも、エルシャもう大丈夫でしょ?


)エルシャ
 えっ


バック・アロウ 第9話 感想 0288
バック・アロウ 第9話 感想 0292
バック・アロウ 第9話 感想 0297
バック・アロウ 第9話 感想 0303
バック・アロウ 第9話 感想 0306

さすがエルシャ、立派な村長よ!(アタリー』

もう大丈夫
 せっかくのドレスも、着替えてしまった

 ちゃんと返していくアタリー

 というのも、アタリーは心配だから留まってた
 前回は、エルシャが限界だったから
 行かなかった訳で

 でもエルシャは祖父=元村長と和解

 村人先も、行く先が決まった
 もう大丈夫!

 ようやく助けに行けるってものですわ

 もう「保安官」より優先事項

アタリー『だってアロウ、独りで頑張ってるんだよ!』

バック・アロウ 第9話 感想 0314

)エルシャ
 ソーラ先生がいる…


)アタリー
 でも壁を壊す力にはならない!


バック・アロウ 第9話 感想 315
バック・アロウ 第9話 感想 318

解ってるよ、そのくらい…(エルシャ』

独りだから
 二人はシュウ、ビットが同行中と知らない

 アタリーは「独りで頑張る人を助けたい」

 彼女は、基本「大切な人の力になりたい」
 現状、信念はその場しのぎ
 でも変化しつつある?

 前回はエルシャが「独り頑張ってた」

 でも大丈夫、なら次はアロウの下へと
 とても宮沢賢治的

 そういうものに わたしはなりたい

エルシャ『私だって解ってる…』

バック・アロウ 第9話 感想 321

)エルシャ
 好きで村長になった訳じゃないもの!

 アロウが飛んできて、村が襲われて

 気付いたらおっきな城艦動かしてて…


 でも私しか出来ないって言うから…


バック・アロウ 第9話 感想 323
バック・アロウ 第9話 感想 328
バック・アロウ 第9話 感想 334
バック・アロウ 第9話 感想 344

アタリーが居なくなったら、誰にこんな話すればいいの!?

村長だから
 親も死んだ、同年代もビットだけみたいですし

 ましてや普段、“強い女”をやってるから

 今、弱いところを見せられる人はアタリーだけ
 思った以上にギリギリだった
 逃げ場がない

 責任感が強すぎて限界

 元村長は、もう城艦はいらないと言う
 貰っていっていい

 でも祖父たちも、エルシャが残ると信じて

 身内を放り出す事も出来ないのか

エルシャ『我がままよ、解ってる、私のわがまま…』

バック・アロウ 第9話 感想 351

)エルシャ
 でも、あなたにくらい我が儘言わせてよ!


)アタリー
 ごめん、無理してたよね…

 気付かなくてごめんね… 


バック・アロウ 第9話 感想 354
バック・アロウ 第9話 感想 357
バック・アロウ 第9話 感想 359
バック・アロウ 第9話 感想 360
バック・アロウ 第9話 感想 365
バック・アロウ 第9話 感想 369

お嬢様方!』『申し訳ありませんが!(機甲師団』

エルシャ限界
 責任感で、押し付けられた村長を放り出せない

 他方アロウは、人の家で大暴れ中!

 またエルシャ視点、リュートへの信頼も未知数
 何かがあれば、城艦が必須な今
 エルシャは動けないか

 現状、エルシャが皆を支えてる

 単に、村人を降ろせばいいと思ったも
 そこまで無責任じゃない

 村人は人質になりうる為、もはや下ろすのも不可!!

 村人にも変化が求められる時か

プラーク『もう逃げられんぞ!

バック・アロウ 第9話 感想 371

)大元帥 
 やられっぱなしじゃんかー!?

 分身はどうした分身は!


)アロウ
 お前らが乗ってると無理みたいだ!


バック・アロウ 第9話 感想 375
バック・アロウ 第9話 感想 377
バック・アロウ 第9話 感想 378
バック・アロウ 第9話 感想 385
バック・アロウ 第9話 感想 389
バック・アロウ 第9話 感想 393
バック・アロウ 第9話 感想 402
バック・アロウ 第9話 感想 403
バック・アロウ 第9話 感想 404
バック・アロウ 第9話 感想 405
バック・アロウ 第9話 感想 412

な、なんと無作法な…?!(プラーク』

無作法(巨大化)
 今度は手がでかくなりやがったよ!

 出来ると思えば、何でも出来る!!

 この機体はあくまで信念、心が形になったもの
 アロウ、相変わらず自由な発想も
 飛ぶ事は出来ない模様

 また「シュウ達ごと分裂」も不可

 現状、唯一の飛行型であるプラーク
 運動性能は圧倒的

 ですが来る戦争で、彼女はカイに勝てるのか

 難敵ですがカイに数段劣る感じ

『え?』『何が!?』

バック・アロウ 第9話 感想 413

)大元帥
 あっ! …あぁぁぁぁ…


)シュウ 
 あー!?


バック・アロウ 第9話 感想 417
バック・アロウ 第9話 感想 422
バック・アロウ 第9話 感想 424
バック・アロウ 第9話 感想 425
バック・アロウ 第9話 感想 428
バック・アロウ 第9話 感想 435

ちょっと無理しすぎたかな…(アロウ』

後遺症
 何も知らないプラーク、アロウの限界と誤解

 アロウの自壊は、実験によるダメージ

 前回電極を刺された両腕、付け根から爆発
 前回、痛い痛いと言ってましたが
 後遺症まで!!

 このダメージ、次回以降大丈夫?

 シュウは久々にエアバッグも
 ビット大元帥は、おもらし大元帥に昇格

 大惨事じゃないですか!

プラーク『ふん!信念なきブライハイトなど、所詮は限界があるという事か』

バック・アロウ 第9話 感想 437

)プラーク
 私も騎士!

 人間相手にブライハイトで戦うなど、卑怯な真似はしない


 とどめは生身でつけてやろう!


バック・アロウ 第9話 感想 442
バック・アロウ 第9話 感想 449

姫の秘密を知った者の運命だ!(プラーク』

血塗れプラーク
 なるほど、多分だから「血塗れ」

 五年、粛清を繰り返してきた

 姫を除けば、他は誰も事情を知らない事から
 傍目には、頭がおかしい人扱い
 血まみれプラークと

 また残虐姫も、彼女の名を借りて奇行

 それら、全部をプラークがしょい込み
 ここまでやってきた

 姫の為、泥を被りまくっている…!!

ソーラ『待て!プラーク!

バック・アロウ 第9話 感想 451

)プラーク 
 貴様…、よく私の前に顔を出せたな!

 兄上!


)アロウ
 兄…、あんたがプラークの?


バック・アロウ 第9話 感想 458
バック・アロウ 第9話 感想 461
バック・アロウ 第9話 感想 462
バック・アロウ 第9話 感想 465

何かあるとは思っていたが(シュウ』

諦観からの復活
 視聴者同様、シュウもまた気付いてた

 やはり元六大卿、それも兄

 見た目や言動、科学卿の線も捨て難かったも
 リュート時代は、戦闘のプロであり
 医者スキルは後付け

 姫の治療法を探して旅をしてた

 既に、エッジャに一年も留まってた為
 これは正直意外

 口振りや人生訓からすると、諦めていたのか?

 それともグランエッジャを探してた?

ソーラ『私を殺すと、姫は一生治らないぞ!

バック・アロウ 第9話 感想 469

)ソーラ
 確かに姫があのような体になったのは私のせいだ!

 だから私は、その治療法を求めて旅に出た!



)プラーク
 今更、都合の良い言い草を!


バック・アロウ 第9話 感想 498

)ソーラ
 だがそのおかげで彼らに出会った!

 グランエッジャのコンピュータには

 我々には計り知れない知識が眠っている!



 そこには姫の治療のヒントがあるかもしれない!


バック・アロウ 第9話 感想 500

)ソーラ
 そしてそれを読み解くには

 シュウ君の頭脳が必要だ!



)シュウ
 そう!正しい認識だね


バック・アロウ 第9話 感想 504

)ソーラ
 アロウ君は、操者を殺さずにブライハイトを破壊する事が出来る

 解るか?

 これは人間にダメージを与えず、信念だけを消滅できる可能性があるという事だ!



バック・アロウ 第9話 感想 523

)ソーラ
 姫の過激な人格だけを消すことだって!


)アロウ
 そうなのか?


バック・アロウ 第9話 感想 528

)大元帥
 そこは頷いておけよバッキャロー!


)バック・アロウ
 バカってなんだー!


バック・アロウ 第9話 感想 534
バック・アロウ 第9話 感想 535
バック・アロウ 第9話 感想 536

では!そこの小さい男は、何の役に立つ!(プラーク』

タイロンの前例
 前回は、大元帥と呼び敬ったプラーク卿

 見事に本音が出ちゃった!!

 真実を知る者の口は、出来る限り塞ぎたい
 価値があるかは死活問題ですわ
 大元帥の!

 また「信念だけ破壊」という事

 信念の具現=ブライハイトだから
 確かにその通り

 ですが破壊後も、ダスター隊長は再顕現出来てました

 正直、心に左右するかは怪しい

ソーラ『それは!…それは……』

バック・アロウ 第9話 感想 538

)おもらし大元帥
 待て待て待て待て!

 何でそこで黙り込むんだよー!?

 俺は軍師管理大元帥!

 俺の命令がなきゃシュウは動かねーの!



)大元帥に管理されている軍師
 まあ、そういう事で…


バック・アロウ 第9話 感想 543
バック・アロウ 第9話 感想 552
バック・アロウ 第9話 感想 559

貴様は言葉に言葉を重ねているだけだ!(プラーク』

大事な事
 増長してる小元帥、優しいシュウはさておき

 やはりプラークは「姫の言葉」最優先

 冒頭シュウが、虐殺姫に辟易していたように
 言葉では動じないプラークに
 論戦は分が悪い

 ソーラは逃げた、三人は真実を知った

 この「事実」こそ大切
 何を言われても、言い訳にしかならない

 姫の立場、思ったより不安定なのか

プラーク『真の欠片もありはしない!

バック・アロウ 第9話 感想 566

)ソーラ・アシン

 プラーク…!


)プラーク・コンラート機甲卿

 黙れヴェルナー!


バック・アロウ 第9話 感想 567
バック・アロウ 第9話 感想 568
バック・アロウ 第9話 感想 571
バック・アロウ 第9話 感想 576
バック・アロウ 第9話 感想 582

逃したか…、まあ良いエッジャ村の人間は抑えてある(プラーク』

フランス名物地下道
 あくまでも、プラークと和解したいソーラ

 彼女と姫とが、ソーラの「壁」か

 またやはり、エッジャ村の皆が人質となる為
 今後、置いていくのは難しそう
 彼らは変われるか?

 とまれひとまず閃光弾で離脱

 ソーラは、妹を説得する難しさを熟知
 姫の治療も目途がない

 だから彼は「逃げ回っていた」んですね

 ある意味、壁より遥かに難敵ですわ

※トップに戻る

ソーラ『昔から、隠れ鬼なら私の方が上手かった』

バック・アロウ 第9話 感想 586

)ソーラ・アシン
 大丈夫

 姫の秘密を知るのはプラークと姫、それに私の三人だけだ


)シュウ
 秘密保持の為には

 大軍を動かす訳にはいかない


バック・アロウ 第9話 感想 591
バック・アロウ 第9話 感想 593
バック・アロウ 第9話 感想 596
バック・アロウ 第9話 感想 602

私の本当の名前はヴェルナー・コンラート

元・機甲卿
 六大卿で姫とプラークだけ、妙に若い理由

 プラーク、兄失踪で継いだのか

 元機甲卿なら、先生の強さも相当なもののはず
 また、妹とかくれんぼしてた程
 兄妹仲も良好か

 ソーラ先生は、ソーラ閣下だったのか

 機甲卿は軍のトップ
 機甲、本作ならブライハイト兵団?

 ソーラのブライハイトはどんなゴッドガンダム? 或いはアーバレスト?

 やはり妹機と似てるんですかね軍曹?

ソーラ『リュートの機甲卿だった。もう五年も前だ…』

バック・アロウ 第9話 感想 0611

)ソーラ
 当時、国王の急死により王位は空白だった

 王位継承者は40人

 フィーネ姫の継承順位は一番下だった…


 殆ど可能性はない。…それが彼女を自由にさせたのだろう


バック・アロウ 第9話 感想 0613
バック・アロウ 第9話 感想 0618
バック・アロウ 第9話 感想 0628
バック・アロウ 第9話 感想 0631
バック・アロウ 第9話 感想 0632
バック・アロウ 第9話 感想 0633
バック・アロウ 第9話 感想 0637
バック・アロウ 第9話 感想 0643

屈託なく、私やプラークに懐いてくれた

五年前
 丁度、カイが「ギガン」を顕現させた頃か

 前王、随分と頑張った人だった 

 悪く言えば、後継者が大量に必要なのが王様
 有事に備え、序列で混乱を避けつつ
 血筋を残すのは義務
 
 アリババの盗賊団じゃあるまいし

 或いは、人体実験を行う前提で
 多数産ませたのか?

 血統主義な世界観で「王の血統」は強力そうですし

 彼ら、その後どうしてるのかね

フィーネ『私も空を飛びたいっ!

バック・アロウ 第9話 感想 0645

)ソーラ
 当時、我々は大型の鳥型の凧で

 飛行訓練を行っていた


 レッカに武力で劣る為、機動力を上げようと考えた訳だ


バック・アロウ 第9話 感想 0664
バック・アロウ 第9話 感想 0673
バック・アロウ 第9話 感想 0676
バック・アロウ 第9話 感想 0681
バック・アロウ 第9話 感想 0683

見て!下にお城が見えるっ!(フィーネ』

空への憧れ
 プラークの飛行は、ここに原点があったのか

 まさか偽名の「ソーラ」も?

 また本来、フィーネはむしろ普通の子供であり
 歪んだ教育を受けた風もなく
 今の姿と違和感

 帝王教育されてない為、平和主義者なのか?

 また劇中、レッカに負けまくるリュート
 劣る自覚はあったのね

 様々な実験も彼らには必須だ

 さあ実験だ実験だ~!!

フィーネ『あっ!ヴェルナーがいる!

バック・アロウ 第9話 感想 0693

)フィーネ
 ここよー!ヴェルナー!


)プラーク
 兄上…?


※略


バック・アロウ 第9話 感想 0698
バック・アロウ 第9話 感想 0700
バック・アロウ 第9話 感想 0702
バック・アロウ 第9話 感想 0704
バック・アロウ 第9話 感想 0706
バック・アロウ 第9話 感想 0711
バック・アロウ 第9話 感想 0712

)ソーラ
 違う?!

 私は…、と、鳥だと!

 鳥がお前と姫に襲い掛かってきたから!


)プラーク
 そんな世迷い言は聞きたくない!


バック・アロウ 第9話 感想 0717
バック・アロウ 第9話 感想 0722
バック・アロウ 第9話 感想 0725

あの時、確かに私にはそう見えた!(ソーラ』

激怒の訳
 ソーラが嘘を言ってるとは思いたくない

 射撃時、とてもそうは見えません

 妹たちが襲われ、救う為に撃ったというなら
 彼、もっと慌てていたハズも
 極めて冷静

 嘘か、精神操作の類

 実際、姫という「異常」がいるなら
 操作系の力はありそう

 とまれ話が奇妙、なんだか色々とおかしい

 おかしかったら笑おうじゃないか

ソーラ『それきり、飛行訓練は中止になった…』

バック・アロウ 第9話 感想 0746

)ソーラ
 それからまもなく「皇女卿」

 つまり王位に指名された

 プラークも姫も喜んだ、恐ろしい後遺症が現れたのはその後だ


)アロウ
 それが二重人格って訳か…


バック・アロウ 第9話 感想 0748
バック・アロウ 第9話 感想 0749
バック・アロウ 第9話 感想 0755
バック・アロウ 第9話 感想 0758

 このテントウムシ、ただのホタルなのか?

狂暴化の顛末
 シュウが反応した点から、人工物なのか?

 とまれ狂暴化は、落下が原因だと

 それも奇妙ですが、皇女卿指名もおかしいな話
 何故、四十番目だった少女が
 急に筆頭に?

 狂暴化が「出来た」為か?

 四十人へ、人体実験を行った末
 成功例がフィーネ?

 主犯は謎の「六人目の六大卿」か?
 
ソーラ『幸い最初は、私とプラークの前でしか現れなかった』

バック・アロウ 第9話 感想 0768

)ソーラ
 私は秘密を明かすように勧めた

 王座に就くには脆すぎる


 しかしプラークは言った『王位は、はく奪されてしまう』と


バック・アロウ 第9話 感想 0770

)プラーク
 そんな事をしたら、死ぬのは兄上だ!


)ソーラ
 プラークの本気を知ったのは

 私がピース政務卿やバラン軍事卿に真実を告げる決意をした日だ


バック・アロウ 第9話 感想 0782
バック・アロウ 第9話 感想 0789

私の中で、何かが折れた。逃げ出したのはその日だったよ…

鬼妹の誕生
 何とプラークは、兄に毒を盛って「脅した」

 フィーネの政治的立場を守る為

 ただあくまで、脅しに留まった点が希望ですね
 今回、アロウ達を殺そうとしたも
 兄には脅し止まり

 またフィーネ、政治的基盤が脆かった

 また、プラークも「守れなかった」。
 今度は守りたいのか

 もしも矢を避ければ、ちゃんと抱えていれ

 自分自身も責めているのか

シュウ『医者になったのは、姫の治療法を探してって事かな?』

バック・アロウ 第9話 感想 0799
バック・アロウ 第9話 感想 0802
バック・アロウ 第9話 感想 0805

ま、そんなところだよ(ソーラ』

寝よう!(くさい)
 何故か、話をはぐらかしたソーラ

 さっきは治療の為だと明言

 してみると、治療の為というの口実なのか?
 実際、一年もエッジャに留まり
 動く気配がなかった

 グランエッジャ発掘にも無反応

 ただ、彼も彼なりに分析を試みて
 失敗していた可能性も

 シュウが合流しなければ、動かせなかっただけなのかも

 エッジャ来訪は偶然?それとも?

凱帝ゼツ・ダイダン『国の守り、苦労であったテイ宰相!』

バック・アロウ 第9話 感想 0807

)テイ・ホウワ
 お褒めのお言葉、恐悦至極にございます!


)ゼツ・ダイダン
 はっはっは! 褒め言葉と思うとはな?


バック・アロウ 第9話 感想 0820

)テイ
 は?


)ゼツ凱帝
 貴様のような臆病者も、またこの国には必要だ

 だが、しばらくは貴様の出番はない


バック・アロウ 第9話 感想 0834
バック・アロウ 第9話 感想 0845

テイよ、貴様の貯えた富も差し出す時が来たようだな(ゼツ』

佞臣低頭
 前回の台詞通り、リュートとの開戦を宣言

 西方討伐を終え、足場固めが終わった為

 テイが佞臣なのも、解った上で利用してたのか
 不正な蓄財も、最後に供出させる為
 敢えて見逃してた

 ゼツはカイ敗北直後、自ら遠征

 敗北時点で、決戦を決めていた
 と考えるべきか

 またこの後、意外な事実も発覚

カイ『…この感覚は!

バック・アロウ 第9話 感想 0849
バック・アロウ 第9話 感想 0852
バック・アロウ 第9話 感想 0859

)カイ
 喝!


)北方将軍バイ・トウアツ
 ほう!


バック・アロウ 第9話 感想 0862

)西方将軍ゴウ・ザンガ
 やるな、カイよ!


)凱帝ゼツ・ダイダン
 ふっふっふ


バック・アロウ 第9話 感想 0873

)無敵将軍カイ・ロウダン
 陛下!?


)凱帝
 あれを一喝するとは、鍛錬の甲斐はあったようだな?

 面白い物を見せてやろう


バック・アロウ 第9話 感想 0874
バック・アロウ 第9話 感想 0878
バック・アロウ 第9話 感想 0888
バック・アロウ 第9話 感想 0895
バック・アロウ 第9話 感想 0906
バック・アロウ 第9話 感想 0908
バック・アロウ 第9話 感想 0911

ここは将軍の席では!?(レン・シン』

反乱軍頭目ミカゲ
 何故か、すごい勢いで圧をかける両将軍

 まあニッコリしても怖いですが

 ゼツの面白い事とは、反乱軍頭目の公開処刑
 レン、ずっと怖い顔ばかりでしたが
 困惑してて可愛い

 やっぱり困った上司じゃないか!!

 また、炎の虎で威圧した凱帝
 OP的にも焔属性

 カイと被るのも、可愛がってる一因か

 カイ、年取ったら凱帝みたいになるのかね 

民衆『『ゼツ!ダイダーン! ゼツ!ダイダーン!!』』

バック・アロウ 第9話 感想 0921

)反乱軍頭目ミカゲ
 ゼツ・ダイダン!

 一代でレッカを強大な帝国にした漢と聞いていたが

 評判倒れだな!

 随分といじましい男よ!



バック・アロウ 第9話 感想 0932

※いじましい
 せせこましい、けちくさい。みみっちい様


)凱帝陛下
 ほお…


バック・アロウ 第9話 感想 0942

)頭目ミカゲ
 満足に身動きとれぬ無抵抗な者をいたぶるか!

 それをいじましいと言わず何と言う!

 お主に武人としての誇りがあるなら!


 この戒めを解き、剣を寄越せ!


バック・アロウ 第9話 感想 0951

)凱帝陛下
 なるほど…、確かにいじましい

 おのれがな?


)ミカゲ
 なに?


バック・アロウ 第9話 感想 0952

 この荘厳な帝国、一代で築いたの!?

帝国一代男
 口振り的に、元々あった国が帝国化したのか

 本来イキのような小さな国?

 レッカは武の国で、知を尊ぶリュートと二分
 しかし、二分体制はここ数十年で
 昔はリュート一強?

 それともあちらもこの数十年?

 レッカの、リュート侵攻は唐突に思えたも
 むしろ自然な流れ

 侵略国家が、最後に残った敵を倒す為に動いた

 元々、平和じゃなかったのか

ゼツ『ふっふっふ…』

バック・アロウ 第9話 感想 0959

)凱帝
 今語ったのは、己の頭の中

 人を測るには、己の器の分でしか測れぬと言う事だ


)ミカゲ
 口でなんと言おうと!

 …えっ!?


バック・アロウ 第9話 感想 0961

)凱帝
 …使え

 これより儂は、この男と戦う!

 もしこやつが勝てば、その時よりこの男を凱帝と仰ぐべし!



バック・アロウ 第9話 感想 0974
バック・アロウ 第9話 感想 0982
バック・アロウ 第9話 感想 0985
バック・アロウ 第9話 感想 0993
バック・アロウ 第9話 感想 0998
バック・アロウ 第9話 感想 1000
バック・アロウ 第9話 感想 1005
バック・アロウ 第9話 感想 1009
バック・アロウ 第9話 感想 1010

レン、逸るな! まあ見ていろ…!!(カイ』

禅定決闘
 壁の威を借る大国、守旧派に思えた凱帝

 でも彼こそ、型破りな男

 人は誰しも、他人の意図を想像して生きている
 要は『自分なら、こんな時こうする』
 と他人の意図を測る

 或いは「こういう奴ならこう考える」と量る

 今回、ミカゲも凱帝の意図を測ったも
 図らずも器の小ささを露呈

 凱帝は彼が思う程、セコい人間ではなかった

 凱帝、ホントに壁教信じてるの?

ミカゲ『見くびって貰っては困る!』

バック・アロウ 第9話 感想 1014

)反乱軍頭目
 このミカゲ!

 今は無きルシュター首長国の左将軍!

 後悔する事になるぞ!


※システム音声
 機装顕現
 

バック・アロウ 第9話 感想 1026
バック・アロウ 第9話 感想 1027
バック・アロウ 第9話 感想 1035
バック・アロウ 第9話 感想 1036



ほう…、この程度の信念か(凱帝』

左将軍ミカゲ
 デデーン!ミカゲ君アウトー!!

 人型に近い方がいいのか?

 凱帝が寵愛するギガン、人型ブライハイトだし
 劇中「小悪党」な第一話も非人型
 まあ量産機も人型ですが

 レッカに侵略され、潰された国か

 正直、強そうじゃんと思ったので
 ちょっぴり意外だったぜ!!

 デバッガー機と似てるも、共通パーツはなし

 モーション流用できるも別物か(?)

凱帝『儂はこれでいい』

バック・アロウ 第9話 感想 1042

)テイ宰相
 ばーかーなー!?

 ブライハイトと生身で戦うなどとー!?



)キョウ・メイケツ
 テイ宰相、落ち着いて下さい


バック・アロウ 第9話 感想 1045
バック・アロウ 第9話 感想 1053
バック・アロウ 第9話 感想 1058
バック・アロウ 第9話 感想 1061

『(くさい芝居を。この中で一番陛下の死を望んでいるくせに(キョウ』

器を測る
 本当、それはどうなんですかね?

 私腹を肥してたのは確か

 ただ、キョウも「キュウの器」でテイを測り
 テイを小者と見下しているも
 本当にそうか?

 キョウもテイを見くびってないか? 

 作中、漏れなくバカにされてるも
 指示自体はほぼ的確

 正直テイ、あんまり無能に見えないんですよね

 シュウ達への差別はアウトですが!!

ミカゲ『貴様がその気ならば容赦はせん!

バック・アロウ 第9話 感想 1065
バック・アロウ 第9話 感想 1067
バック・アロウ 第9話 感想 1069
バック・アロウ 第9話 感想 1075
バック・アロウ 第9話 感想 1076
バック・アロウ 第9話 感想 1079

)ミカゲ
 …こいつ!?


)凱帝
 どうした?

 儂が使ったのはただの糸だぞ


バック・アロウ 第9話 感想 1080

)凱帝
 さあ、かかってこんか

 勝てばお前が凱帝だと言うのに


 動けぬか?


バック・アロウ 第9話 感想 1096

)ミカゲ
 うう…!?


)凱帝
 ならば、ここで死んでおけ


バック・アロウ 第9話 感想 1097

)ミカゲ
 うわああ!

 舐めやがってええええ!



)凱帝
 なんだ!やれば出来るではないか!


バック・アロウ 第9話 感想 1098
バック・アロウ 第9話 感想 1100
バック・アロウ 第9話 感想 1102
バック・アロウ 第9話 感想 1104
バック・アロウ 第9話 感想 1106
バック・アロウ 第9話 感想 1108
バック・アロウ 第9話 感想 1112
バック・アロウ 第9話 感想 1114
バック・アロウ 第9話 感想 1117
バック・アロウ 第9話 感想 1119

ば、化け物か…?!(テイ』

凱帝一触
 凱帝は、この高みをカイに見せたかったのか!!

 無論宣戦布告、デモも兼ねて

 曰く、ただのワイヤー射出装置だったらしいも
 生身、バインドワッパーなしでも
 人は戦う事が出来る

 ミカゲも更なる力を発揮した!!

 敗死したも、彼は強くなれたのか?
 アタリー達も進化できる?

 ダメじゃん、カイより遥かに強い化け物がいるじゃん!

 対するリュート切り札が「六人目」?

カイ『そうか!信念は鍛え上げれば、このような高みにまで!』

バック・アロウ 第9話 感想 1129

 グランエッジャの主砲は、信念子粒子砲

 信念が、機械で粒子砲に使えるのならば
 生身で、武器として扱う事もまた
 可能という事か

 カイ君、まだ強くなっちゃうの!?

凱帝『聞けい!レッカの民よ!

バック・アロウ 第9話 感想 1130

)凱帝ゼツ・ダイダン
 従わぬ辺境の者共は全て滅ぼした!!

 これより我が帝国は、リュート卿和国への侵攻を開始する!



 リュートの下らぬ貴族たちに!

 我が国の武の心を叩きこんでくれよう!



バック・アロウ 第9話 感想 1144
バック・アロウ 第9話 感想 1145
バック・アロウ 第9話 感想 1164

リュート攻略…、待っていろよ!シュウ!(カイ』

開戦宣言
 かくて事態は、大陸統一戦争へ発展

 これも「壁」の狙い通りなのか?

 所謂蠱毒、壁の中で争わせて戦力を鍛え上げ
 回収するのが狙いというパターン?
 否、王道すぎるか

 凱帝は「外」をどう思っているのか

 頑迷な守旧派、壁真理教と描写も
 果たしてそれだけか?

 思想も、相当ブッ飛んだものなのか?

アタリー『返してよバインドワッパー!

バック・アロウ 第9話 感想 1169

)元村長
 儂らはどこに行ってもこうなる運命なんじゃな…

 逆らっても無駄じゃ…


)村民 
 だよなあ…、いっつも騙されて…


※略


バック・アロウ 第9話 感想 1177
バック・アロウ 第9話 感想 1180
バック・アロウ 第9話 感想 1186

)元村長
 またよそ者に頼ろうっていうのか?


)エルシャ
 違う!私達自身がいる!

 あの厳しいエッジャ村の自然を生き抜いてきた私達が!



バック・アロウ 第9話 感想 1197

)エルシャ
 私達は絶対!このままじゃ終わらない!


)アタリー
 そうよ!何もなくても生き抜いていくのが私達でしょ!

 頑張ろう、皆!



バック・アロウ 第9話 感想 1201
バック・アロウ 第9話 感想 1207

 エルシャ、むしろイキイキとしだした!!

お決まりのバッドエンド
 いい加減、村民が諦めてるのも無理はない

 本当、アタリーがいて良かった

 少なくともこれで、エルシャは当面頑張れるし
 エルシャが頑張れている内は
 立て直せる目が?

 元々村人は、ハングリー精神の塊

 第一話、断崖絶壁でも生き抜き
 食物不足も耐えてきた

 街で暮らしてた連中より、絶対にタフな人達

 スペック自体は劣らないハズなのか

フィーネ『エッジャ村の皆さんを牢獄になんて…』

バック・アロウ 第9話 感想 1208

)フィーネ
 すみません、私がこんなだから…


)プラーク
 あなたに罪はありません

 全ては愚かな兄と、不甲斐ない私のせい!


バック・アロウ 第9話 感想 1216
バック・アロウ 第9話 感想 1229
バック・アロウ 第9話 感想 1236
バック・アロウ 第9話 感想 1237
バック・アロウ 第9話 感想 1240
バック・アロウ 第9話 感想 1247

もう二度と、あなたを傷つけるような事はしない!(プラーク』

男として
 ソーラ先生が消えた日、プラークは髪を切った

「男として」姫の心身を守る覚悟か

 彼女は多分、エルシャと対応してるんですね
 本来、弱音を吐ける兄がいたも
 自ら追いだした

 独り耐えてきた信念は強力!!

 ただその分、脆い部分がありそう
 エルシャが参ったように
 
 フィーネもまた、プラークだけは信頼

 プラークが変貌を抑えてるのか?

プラーク『(そしていつの日か、共に空を飛ぶ事を…!)』

バック・アロウ 第9話 感想 1251

 またプラークは、ゴール地点を決めている
 だから耐えられるんですね

 だから『飛行機能付与』が実現

 でもそれなら、こっそり飛べばよいのでは?

 内心、諦めているのか?

ピース政務卿『レッカのゼツ・ダイダン凱帝が!

バック・アロウ 第9話 感想 1256

)フィーネ
 もしやエッジャ村からいらした方々の事でしょうか?


)凱帝
 そんな些末な事はどうでもいい


バック・アロウ 第9話 感想 1264

)フィーネ
 では何を?


)凱帝
 ふむ明後日の正午を以て

 我がレッカ凱帝国は、リュート卿和国への侵攻を開始する


※略


バック・アロウ 第9話 感想 1275

)凱帝ゼツ
 一日以上余裕がある

 交戦か降伏か、明日までに態度を決められよ


)ピース政務卿
 後ほどレッカのテイ宰相に連絡を取ります

 ここは戦争にならないよう、返信を待って下さい!


)フィーネ皇女卿
 うるっせェんだよ!


バック・アロウ 第9話 感想 1290

)ピース政務卿 
 えぇ…!?


)フィーネ暴力姫
 面白いじゃねェかレッカ凱帝国!

 てめえら皆殺しだ!


バック・アロウ 第9話 感想 1296

)ピース政務卿
 ひ、姫様?


)バラン軍事卿
 は、は?


)プラーク機甲卿
 まさか…、こんな時に?!


バック・アロウ 第9話 感想 1297

)暴力姫
 リュートの恐ろしさ、思い知らせてやるよ。ええ?


)凱帝ゼツ・ダイダン
 ほお…


)暴力姫
 それが嫌なら…!


バック・アロウ 第9話 感想 1300
バック・アロウ 第9話 感想 1303
バック・アロウ 第9話 感想 1305
バック・アロウ 第9話 感想 1313
バック・アロウ 第9話 感想 1314
バック・アロウ 第9話 感想 1315
バック・アロウ 第9話 感想 1317
バック・アロウ 第9話 感想 1320

舐めな、この靴を!くそぢぢい♡

宣戦布告返し!!
 姫の狂暴化は、五年前より確実に進行

 最悪のカミングアウトだ!!

 ただ思えば、凱帝が攻めて来るのは予想出来た
 そして、対抗できる者は居なかった
 だから作られたのか?

 狂暴姫こそ、対・凱帝兵器?

 また今回、暴走原因となったのは
 重圧からの現実逃避か

 或いはもっと単純に、皇女卿の重圧で狂暴化するようになった?

 でもそれだと皇女卿指名やら謎か 

※トップに戻る

感想追記
暴走姫、大胆な正体暴露! 大戦勃発へ

バック・アロウ 第9話 感想 0799
バック・アロウ 第9話 感想 1169

 これでアロウ達、処刑される理由がなくなった

カミングアウト!!
 反面、戦争ならばリュートは戦力が欲しい

 村民を人質に、アロウ強制参戦?

 当初暴走姫は、アロウで人体実験を予定
 今は、悠長に実験を行うより
 戦力が欲しいハズ

 村民が、自ら脱出する必要があるのか?

 彼らは果たして立ち上がれるか

ゼツ凱帝は、僅か一代で国を帝国化した
第2話の台詞が伏線に?

バック・アロウ 第9話 感想 1207



 エッジャ村は二大国家の争いで流浪の民に

エッジャ村の出自
 てっきり、はるか昔の事だと思っていました

 でも一代なら、祖父は「国を捨てた」世代?

 凱帝達の争いで、国を捨てた当時の世代なら
 祖父も、反乱軍の頭目のように
 元は有力者なのかも

 案外、祖父も強い可能性も?

 凱帝と同世代とすれば
 彼を戦場で目撃、心が折れてるかもですし

 いずれにせよ次回、村民大逆襲…か?

しかしまあ、今回アレでしたね

バック・アロウ 第9話 感想 442

 生身相手なら、生身で倒すというプラーク

生身vs.ブライハイト
 対し凱帝は、自ら生身で瞬殺してしまうとは

 今回、ブライハイトvs生身が強調

 プラークの後ゆえ、凱帝の異質さが際立ちます
 対し、本命となる対抗戦力は
 やはり「六人目」か

 六人目の六大卿、OPでは王様(ギアスのシャルルっぽい)けどどんな奴なんでしょうね

 やっぱりcv若本規夫氏?

※トップに戻る

公式ツイッターより

























2021年3月5日 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」


『七魂の龍神丸』など制作、スタジオライブ制作の外注回か

スタッフ
 脚本:中島かずき
 絵コンテ: 須永 司
 演出:板庇 迪
 作画監督:石井 舞、宮島 彩
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:スタジオ・ライブ

あらすじ
 フィーネ姫には凶暴なもう一つの人格があった。その事実を知ったアロウ達を始末しようとするプラーク。彼らの窮地を救ったのは、グランエッジャの医師・ソーラだった。

 実はソーラはプラークの兄であり、フィーネの秘密を知るリュート卿和国の貴族だったのだ。ソーラはグランエッジャがフィーネの治療の糸口になる可能性を説くが、プラークは聞く耳を持たない。

 何とかその場から逃げ出したアロウ達だったが、今度はエッジャの村人たちがリュートに捕らわれてしまう。悲しむフィーネのもとに、突然レッカ凱帝国から連絡が入る。

 それは、リンガリンドの支配を狙うゼツ凱帝からの宣戦布告だった。

次回、エッジャ村のターン!!
果たして彼らに、事態を動かす力はあるか?

バック・アロウ 第9話 感想 1340

 この道化師は誰で、何を起こすのか?

持たざる者の意地
 対レッカに、戦力が少しでも必要なリュート

 エッジャ民は改めて人質化か?

 エルシャも限界で、見ていて辛かったですが
 今「深くしゃがんだら高く跳ぶ」
 その助走段階か

 大丈夫、ガンジーだって助走をつけて殴れる!!

 正直、残念過ぎるエッジャ民も
 ここから大活躍…?

 …出来るのか?

 次回、第10話「持たざる者にも意地はあるのか」

トップに戻る





※過去一覧記事ページ



























 バック・アロウ 第1話「飛んできた男にパンツはあるか」
 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」
 バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」
 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」
 バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」
 バック・アロウ 第6話「美少年牧場ってマジなのか」
 バック・アロウ 第7話「壁はそんなに堅いのか」
 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」
 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」
 バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」
 バック・アロウ 第11話「真っ向勝負の戦争なのか」
 バック・アロウ 第12話「誇りも積もれば芥となるか」
 バック・アロウ 第13話「姫が立つ時 天は泣くのか」
 バック・アロウ 第14話「その戦場に愛はあるのか」
 バック・アロウ 第15話「仕組まれた動乱は何を生むのか」
 バック・アロウ 第16話「人が平和を望む時、神は何を欲するか」
 バック・アロウ 第17話「かくて彼らは立ち上がるのか」
 バック・アロウ 第18話「これが世界の真理なのか」
 バック・アロウ 第19話「お前に始末がつけられるのか」
 バック・アロウ 第20話「人の怒りは神に届くか」
 バック・アロウ 第21話「誰が私をとめられるのか」
 バック・アロウ 第22話「それでも俺はなぜ生きるのか」
 バック・アロウ 第23話「天から降るのは破滅の印か」
 バック・アロウ 第24話「【最終回】」

トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング