公式サイト バック・アロウ 第8話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
空の真実、姫の真実!?
ソーラ先生決意、グランエッジャinリュート!!

バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想



 姫は二重人格か!想像以上に虐殺姫だった!?

 虐殺姫が動く時は、プラークの名を使う

 ならプラークは、理解した上であの姫様に仕え
 どころか、悪行を「自分がやった」と
 泥を被っているのか

 自分と姫が、同一視されるよう演技してまで

 善悪ひっくるめて仕えてるのね

まさしく愛だ!!
 エルシャの不安や、アロウに芽生えた仲間意識
 互いに、互いがいなきゃ不安になる関係
 仲間って感じになった!!

 新たな六大卿も、愛を忘れない変人でしたわ

 だが姫はもっと変だった!!

バック・アロウ 8話 感想


・バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」

・冒頭「奮闘、大元帥」
 Aパート「リュート六大卿」
 残ったアロウ、エルシャの気持ち
 リュート入国、グランエッジャ
 反乱討伐、ゴウ・ザンガ
 
・エッジャ村「マナー」
 裸の外交、リュート卿和国
 ソーラの人生観、アロウ一直線
 プラーク・コンラートの信念

・Bパート「高度一万、空の真実」
 飛行能力の真実
 大元帥vs.リュート兵
 
・デマイン・シャフト科学卿
 デマイン実験風景
 血まみれの騎士、秘めたもの
 感想追記 22時

・公式ツイッターより
  …秋葉原ストアが期間限定で開店!!
 制作スタッフ
・次回サブタイ
  …次回、プラーク卿の真意?
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・8ページ目へ
  …Bパートへ
・14/14ページ目へ

※過去一覧記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 金曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員は見放題

飛行型ブライハイト
プラークが見せた、空とリュートの真実

バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想

 新規録音予告担当はエルシャとプラーク

やだリュート兵つよい
 困惑のエルシャがひたすら可愛い

 そしてプラーク、本当にいい人なんだな!!

 空も迎撃端末が展開、外へは出られないと判明
 また、空が飛べるブライハイトとは
 実は「後付け」

 美少年実験もリュート六大卿の仕業か

 飛行型は、その成果の一つなのか?
 今まで存在しなかった

 プラーク自身、空に行きたいと願ってるのが一因なのかね?

 飛行型誕生、第二人格と関係ありそう

全体あらすじ
村人の非常識さは、想像を超えたレベルだった

バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想

 虐殺姫、ギアスへのセルフオマージュかしら

あらすじ
 リュートはグランエッジャを国賓として大歓迎

 元首フィーネ姫は、土地を与えると約束する

 他方アロウは、プラークによる追撃を受ける
 際し、空を無数の防衛端末が覆い
 突破できない真実を知る

 アロウは捕縛、デマイン科学卿の実験動物に

 辛くも切り抜け、プラークと戦うが
 その正体は偽物だった

 姫が仮面で、プラークの振りをしていたのだ

 それはフィーネの第二人格であった

 次回、第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」

※トップに戻る





ナレーション『北限の世界壁にたどり着いたアロウ達』

バック・アロウ 第8話 感想

 前回、一行は北壁に到達し総攻撃を行った

 だが壁は、グランエッジャの主砲すら通じず
 一行は、巨大通風孔によって撃退
 レッカ軍に晒された

 幸いリュートのプラーク機甲卿が救援

 彼女に「国賓」として招かれる

ナレーション『だが世界壁には、ブライハイトやグランエッジャの攻撃も効かない』

バック・アロウ 第8話 感想

 通じなかった原理は不明

 アロウは、まだやれる事があるはずと残留
 エルシャは、村人の困惑を思い知り
 逃がす為にリュートへ

 ここで、アロウ離脱となってしまいました

 でも、裏切られそうですよね

ナレーション『アロウを残して、マエストロ―グ城へと向かうのだった』

バック・アロウ 第8話 感想 025

)ビット大元帥
 あーもう! 何だよこの銃!?

 反動はないしさあ!


 …あ!


バック・アロウ 第8話 感想 031
バック・アロウ 第8話 感想 033
バック・アロウ 第8話 感想 034
バック・アロウ 第8話 感想 038

ビットー? どこにいるのー?(艦内放送』

マエストローグ城
 何度聞いても、フザけた名前のお城である

 移動中、あのビットが射撃訓練!!

 第一話など、お調子者っぷりが目立っていた
 美少年回、前回も子供を守ろうとし
 向上心に火がついたか

 いわゆる秘密特訓という奴

 いかにも、オモチャみたいな銃で
 正直「ビットにピッタリ」

 でも見た目は反し、彼もそろそろマジなのか

 反動の違いはデカいわなあ

♪ 喜びを吸い込んで 不安を吐き出して
♪ 生かされてる意味を ずっと探してるんだよ

バック・アロウ 第8話 感想 001
バック・アロウ 第8話 感想 002
バック・アロウ 第8話 感想 003

 いやいやレッカ勢、多い多い!!

dawn
 だが次回、まだ増えるんだぜ嘘だろ!!

 リュート六大卿はほぼ揃った

 残り一人ですが、謎のシルエットが“王”相当?
 扱いから、別格感があふれてますが
 表面的トップは皇女

 だとすれば、何故お飾りを設けるのか

 表向き、共和制をとる為の体裁?
 不老不死だとか?

 それも姫の人格の理由なのかね
 
サブタイ「血塗れの騎士は何を秘めるのか」

バック・アロウ 第8話 感想 065

 てっきりプラークの事だと思いきや
 二重の意味だったのね
 
 前回の交渉のように、理知的なプラーク卿

 なのに血まみれという渾名

 単に姫信奉者ってだけなのかと思いきや

ビット『あれ?グランエッジャの操艦は?』

バック・アロウ 第8話 感想 068
バック・アロウ 第8話 感想 069
バック・アロウ 第8話 感想 073

しばらくは平地ですからね(プラーク』

首都近郊
 なので慣性航行

 残留信念方式は、真っ直ぐしか進めない

 多分今後、脱出する時の前振りになるシーンか
 基本、騙されてる前提で考えないと
 どうにも怪しい流れ

 何せリュート側にメリットが薄い

 シュウは承知の上でしょうけれど

シュウ『大元帥も来られたところで、話の続きをしようかっ』

バック・アロウ 第8話 感想 075

)シュウ
 六人の貴族による、卿和制国家だ


)プラーク
 今、国家元首についておられるフィーネ・フォルテ皇女卿は

 平和を愛する御方…


バック・アロウ 第8話 感想 084
バック・アロウ 第8話 感想 091
バック・アロウ 第8話 感想 095

あなた方、異端の力を持つ者にも慈愛の心で接せられます(プラーク』

リュート卿和国
 さらっと上から目線を感じる

 そしてやはり、OPシルエットも六大卿

 どことなく、ソーラ先生も六大卿っぽくあるも
 考えすぎか、はたまた位を捨てた為
 誰かが跡を継いだか

 例えばプラークの先任とか?

 さて「壁を壊す異端者は排除する」
 それがレッカの姿勢

 リュートは違うと主張も、果たして本当?

 彼らにも壁は神なんでしょうけど

シュウ『こちらも、機甲卿の位に就いた六大卿の一人っ』

バック・アロウ 第8話 感想 107

)シュウ
 ブライハイト軍を指揮する、リュート軍の…


)大元帥
 トップぅ!?


※略


バック・アロウ 第8話 感想 114
バック・アロウ 第8話 感想 123
バック・アロウ 第8話 感想 124
バック・アロウ 第8話 感想 127

)ビット
 あれ…、撃ってこないよな?


)プラーク機甲卿
 外敵を防ぐ為の物です

 我らリュートはレッカと違い、自らは戦争を起こさない


 それがフィーネ姫の意思ですから!


バック・アロウ 第8話 感想 130
バック・アロウ 第8話 感想 135
バック・アロウ 第8話 感想 137

 見事にひっかかる言い回しであった

背広組と制服組
 軍事卿が軍文官長、機甲卿は実戦部隊司令か

 機甲卿、思った以上に偉い人

 四界鬼隊が、二つ排除で大暴れした大砲も無数
 今後、レッカがここに侵攻してきたら
 大変な事になりますな

 皇女の意思により専守防衛

 しかし、合愁国に圧力をかけたり
 属領に実験させたり

 汚さでは上なのはご愛敬

「皇女の意思」というのも曲者ですな 

アタリー『…ねえ、本当にいいの?アロウは…』

バック・アロウ 第8話 感想 145

)アタリー
 でも、ソーラ先生も残ったし…


)エルシャ
 アタリー、それ以上言うと怒るよ


バック・アロウ 第8話 感想 154

)エルシャ
 勝手に迎えに行っても怒るよ…


)アタリー
 …!


バック・アロウ 第8話 感想 161
バック・アロウ 第8話 感想 167
バック・アロウ 第8話 感想 170
バック・アロウ 第8話 感想 173
バック・アロウ 第8話 感想 174

『今まで散々酷い目にあってきたけど、今度こそ、大丈夫、かな……(エルシャ』

プレッシャー
 いつもの強気でなく、ただただ不安

 リュートを信じて良いか不安

 前回エルシャは、村人の為に招待を受けた
 誰より参ってしまっていたのは
 エルシャ自身か

 村長の重責に潰されそう

 村長も、今まで大概な人でしたが
 責任を負ってくれていた

 村長が地位を降りたのも、このプレッシャー

 本当、今まで散々でしたものね…

アロウ『ヒュー! 手強いなっ、全く!

バック・アロウ 第8話 感想 176
バック・アロウ 第8話 感想 181
バック・アロウ 第8話 感想 191
バック・アロウ 第8話 感想 194

 アロウ、特に策があった訳ではないらしい

その頃のアロウ
 前回は独りで抜けたアロウに、先生が合流

 やはりプラークと面識

 今回、プラークの大きな負担が発覚しますが
 そこから飛躍して想像すると。
 先生は逃げたのか?

 先生が負う責任を、プラークが負ってるのか?

 エルシャが、村長を託されてしまい
 苦しんでるの同様に

 少なくともソーラ先生、何か放り出したらしい

 対しアロウは「放り出さない」のね

エルシャ『何…、これ…!?

バック・アロウ 第8話 感想 195

)プラーク
 あなた方を歓迎しているのですよ


)お調子者
 あっはっは!どうもありがとう~!


バック・アロウ 第8話 感想 201
バック・アロウ 第8話 感想 209
バック・アロウ 第8話 感想 213
バック・アロウ 第8話 感想 216
バック・アロウ 第8話 感想 230
バック・アロウ 第8話 感想 241

)立体映像
 ようこそ!エッジャ村の皆さん!

 リュート卿和国国家元首、フィーネ・フォルテです!


)ビット
 かわいい~!


)フィーネ
 イキ合愁国からここまでの旅、お疲れさまでしたっ!


バック・アロウ 第8話 感想 242
バック・アロウ 第8話 感想 247
バック・アロウ 第8話 感想 252
バック・アロウ 第8話 感想 258
バック・アロウ 第8話 感想 261
バック・アロウ 第8話 感想 264

私も国民も、あなた方を歓迎いたしますっ(フィーネ』

国を挙げての 
 いやはやここまで歓迎されるとは!!

 村長祖父孫、揃って涙ぐむ

 正直、入った途端に捕縛パターンかと思ったも
 村人の警戒心を解く為にしては
 話が大掛かり

 城艦を降り、無防備なのに大歓迎

 フィーネが、そういう行いを嫌がる為
 やれないのも解るものの

 前後しますが、城艦を降りた後の土地も保証

 話が旨すぎるんだけど…

『マエストローグ城へようこそ!』

バック・アロウ 第8話 感想 265

)プラーク
 私が指揮するプラーク機甲師団の精鋭たちです

 貴様達!失礼のないようにな!


)プラーク機甲師団
『『『はい!師団長!』』』


バック・アロウ 第8話 感想 271
バック・アロウ 第8話 感想 275
バック・アロウ 第8話 感想 282
バック・アロウ 第8話 感想 285

では、ひとまず私はここで失礼します!(プラーク』

貴公子団
 プラーク直属機甲師団、やはり美形揃い!!

 だが、美少年と違い光らない

 美少年研究と、プラークも繋がっているはずも
 アレは、まだまだ発展途上であって
 本国は未導入?
 
 それとも成長すると発光終了?

 キャストが、主演級の波多野氏なので
 結構活躍しそうです

 どうも手前の銀髪がハンス・パルディン

 中央金髪がフリッツ・クラウスか

反乱軍頭目『うおおお!

バック・アロウ 第8話 感想 291
バック・アロウ 第8話 感想 297
バック・アロウ 第8話 感想 300
バック・アロウ 第8話 感想 303
バック・アロウ 第8話 感想 304
バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想 309
バック・アロウ 第8話 感想 316

陛下!これで西の蛮族共は一掃しました!(ゴウ』

ゴウ・ザンガ(cv檜山修之)
 先のバイ将軍とは、好対照に細マッチョな

 カイ、バイ、ゴウで三将軍か

 名前もcvも濃い!檜山氏は欠かせませんな
 今度は冷静そうな将軍である様子
 睡眠不足そう

 独特な武器はレッカ標準装備

 将軍の割に、専用武器を使わない辺り
 プロっぽい印象です

 レッカ人なのに声がデカくない

ゴウ『わざわざのお出向き、申し訳ありません』

バック・アロウ 第8話 感想 322

)凱帝ゼツ・ダイダン(cv堀内賢雄)

 フフ、久しぶりの戦場の風にあたりたくなっただけよ


)ゴウ・ザンガ
 ゼツ凱帝の采配を間近に見られて光栄です


バック・アロウ 第8話 感想 328

後はリュートを攻めるのみですな!!(ゴウ』

大国激突
 西方討伐は、リュート戦を万全にする

 いよいよ両国激突か!!

 多分、グランエッジャのリュート行きが原因か
 カイが、城艦を落とせなかった時
 こうなると予想

 壁は壊せずリュートに行く

 壊せないのは、凱帝には明白のハズ
 そのとき頼るのはリュート

 思えば今、自然な流れに沿っているのね 

 凱帝陛下すげえ渋いぜ…!!

『ごちそうだよ、アタリー……』

バック・アロウ 第8話 感想 334

)アタリー
 待って!お行儀の悪い!


)エルシャ村長
 こういうのは、マナーってものがあるのよ?


バック・アロウ 第8話 感想 341
バック・アロウ 第8話 感想 343
バック・アロウ 第8話 感想 349
バック・アロウ 第8話 感想 350

シュウ、お前なら解るだろ?(ビット』

シュウのマナー講座
 ビット君、素で頼ってて微笑ましい

 村人はマナーが解らない

 対しシュウは、まず「国により違う」と前置き
 その上で「拘らなくていい」と。
 曰く

感謝の気持ちさえ、表していれば

 シュウって、本当に頭良いんだわ…
 自身も「元蛮族」

 地頭と経験、両方からの助言な気がします

 相手に合わせた良い助言ですわ

機甲師団『はい!』『自然体でお過ごしくださいっ』

バック・アロウ 第8話 感想 361

)ビット
 解った!感謝の気持ちだな!

 よーしっ!ありがとーっ!!


)子供達
『『『『ありがとーっ♪』』』』


バック・アロウ 第8話 感想 373
バック・アロウ 第8話 感想 374
バック・アロウ 第8話 感想 375
バック・アロウ 第8話 感想 383
バック・アロウ 第8話 感想 385
バック・アロウ 第8話 感想 391
バック・アロウ 第8話 感想 393
バック・アロウ 第8話 感想 0395

本当に…、これでいいの…?(エルシャ』

感謝祭り
 素敵な助言からの、スムーズな蛮族プレイ

 思った以上にダメだった!!

 そも村人、ラクホウを煮て食べようとしたり
 これまで、城艦内部で焚き火したり
 文化人とは程遠い

 しかしここまでひどいとは

 マナーより感謝だ、とは最高の助言も
 最低限を下回ってた!!

 いや、村人さん達せめて遠慮とかさあ!?

 やはりエッジャ村は悪い文明!!

シュウ『ま、まあ君たちらしいんじゃない…?』

バック・アロウ 第8話 感想 397

 さすがのシュウも、明らかに社交辞令

 せっかくの助言も、想像を大幅に下回った様子
 シュウの「読み」を越えていくとか
 村人マジぱない

 いずれ、良い方向に出るんでしょうか?

 大元帥は野蛮筆頭ですなあ!

ハンス『お嬢様方、よろしければこちらに。侍女が案内します』

バック・アロウ 第8話 感想 401

)シュウ
 僕も?


)ハンス
 シュウ・ビ様は、後ほど使いが来ますので


バック・アロウ 第8話 感想 408
バック・アロウ 第8話 感想 410

なるほど(シュウ』

沈黙軍師
 かくて、分断されてしまったエッジャ村民

 シュウは解ってる様子も

 ただシュウは、解っていても話さないのよね
 だから、カイやレンとも袂を別ったし
 正直悪癖です

 この悪癖も、いずれ変わっていくのかね

 彼は、たとえ周りに話したとしても
 誰も話についてこれない

 だから話さないでしょうけれど

アロウ『は~~…、腹減ったぁ』

バック・アロウ 第8話 感想 411
バック・アロウ 第8話 感想 414
バック・アロウ 第8話 感想 415

 いや先生、何か言って!?

終了のお知らせ
 皆が満腹な頃、アロウは空腹でダウン

 本当「愚かな選択」です

 また前回、コメントでも頂いた事ですけれど
 アロウ、思った以上に策がなかった
 ただの無謀

 でも多分、そこが大事なのね

 そして、ソーラ先生と対になっている
 なるほどねえ

 この組み合わせだから良いんだ

侍女『『ここで服をお脱ぎください』』

バック・アロウ 第8話 感想 417

)エルシャ
 脱ぐ!?


)アタリー
 脱ぐの?!


バック・アロウ 第8話 感想 421

)侍女*2
「「はい」」


)アタリー
 …変なことじゃないよね?


バック・アロウ 第8話 感想 425

)エルシャ
 あの~、大人の儀式は困るんですけど……


)アタリー
 あれ?もしかしてお風呂?


バック・アロウ 第8話 感想 429
バック・アロウ 第8話 感想 436
バック・アロウ 第8話 感想 438
バック・アロウ 第8話 感想 450
バック・アロウ 第8話 感想 453

こんなにいっぱいのお湯、見た事ないっ!(アタリー』

風呂ダイバー
 風呂という発想がなかった

 まあ人の家に呼ばれて、風呂はないですわな

 エルシャ、そのまま走って飛び込んだ挙句
 お風呂で泳ぐマナー違反!!
 ダメな子か!!

 だが微笑ましいマナー違反ですわ

 また、びっくりするほど背景ばかりで
 首から下を描写しない

 海外配信の配慮、にしてはエルシャの服はアレ

 となると作画的な問題?

エルシャ『…ン? どちら様でしょうか?』

バック・アロウ 第8話 感想 0463

)フィーネ・フォルテ皇女卿
 よく来てくれました!

 エッジャのお二方!


)エルシャ
 えっ、…お姫様でしょうか!?


※略


バック・アロウ 第8話 感想 480

)フィーネ
 若くしてリーダーの座に就いた者

 立場は対等ですっ


)エルシャ・リーン村長
 いえそんな!?

 こっちはリーダーったって、食うや喰わずの貧乏村の田舎者のポンコツのへっぽこ達ですから!

 対等なんて烏滸がましい~!?


バック・アロウ 第8話 感想 483

 ものっそい勢いで謙遜した!

裸一貫再び
 中島脚本得意、アンドcv小澤さん好演!!

 しかしまさか風呂とは

 頭がおかしいも、敵意がないと示すという事
 頭がお花畑なフィーネ姫様
 彼女なら納得です

 裸一貫、何ら隠すものがない

 姫の在り方そのもの
 彼女は、たぶん全く嘘がない

 その点、腹芸ばかりしてるシュウと好対です

 少なくとも「彼女」に裏はない!

フィーネ『さあ!私の体を洗ってください!

バック・アロウ 第8話 感想 497

)フィーネ
 あなた方が私の体を洗う

 私があなた方の体を洗う


 これが「外交」です!


バック・アロウ 第8話 感想 504

)エルシャ村長
 がいこう…?


)フィーネ
 そう!お互いに何も隠すことなく、全てを曝け出す

 あるのはただ、互いへの「愛」!

 それが本当の信頼関係、そうでしょう?


バック・アロウ 第8話 感想 0516

)エルシャ
 えっと…、いいのかな?


)アタリー
 上流階級って、こういう事なんじゃない?


バック・アロウ 第8話 感想 521
バック・アロウ 第8話 感想 523
バック・アロウ 第8話 感想 527

 マナーを知らないエルシャ達、誤解

裸の外交
 互いに嘘偽りなく、互いに尽くし合う

 確かにそれが理想

 頭はおかしいも、言ってる事は筋が通ってます
 無論、そんなの現実にはあり得ない
 理想論でしかない

 理想論だけ信じる頭がおかしい姫

 また前後しますが、姫は洗いません
 エルシャ達が尽くしただけ

 多分「他人が、自分に尽くすのが当たり前」なのね

 そこに疑問を感じないタイプか

エルシャ『うわ!お肌きれい!?すっごい何これー!?』

バック・アロウ 第8話 感想 531

 この後、姫はさっき言った台詞を自然に無視

 二人に一方的に洗わせて、去ってしまいます

 それは少し考えれば、おかしいと解る事
 多分、ごく自然に「考えない」
 歪な人なのね

 口癖の理想も「少し考えれば」おかしいと解る

 ごく自然に、思考が欠けてるのか?

エルシャ『あの…、お願いがあります!』

バック・アロウ 第8話 感想 535

)フィーネ
 その方々に、愛はありますか?


)エルシャ
 愛…、ですか?


バック・アロウ 第8話 感想 541

)アタリー
 愛かどうかは解りませんが

 周りを気遣い、厳しい環境でも今日を楽しく生きる人たちです!


)フィーネ
 “今日を楽しく”…?

 素晴らしい!それこそ愛です!


バック・アロウ 第8話 感想 544
バック・アロウ 第8話 感想 555

…ねえ、私達だけが洗ってお終いなのかな?(アタリー』

端的な事実
 村人の受け入れ、土地を与える事を約束

 しかし違和感だらけでした

 何せ「自分も洗う」と言ったが守らなかった
 姫様は、ごく自然に約束を守らない
 ここが大事!!

 姫は、口約束を一切守らない

 多分、そこに悪意もなければ裏もない
 思考が欠けてる

 要はごく自然に、“現実から目を背ける”事が出来る人

 その産物が今回ラスト?

フィーネ『良い方たちですね、あのお二人は』

バック・アロウ 第8話 感想 579

)フィーネ
 でもやっぱり、バック・アロウ殿にお会いしたかった


)プラーク
 解っております!お任せくださいっ


バック・アロウ 第8話 感想 581

ありがとう、あなたは私のホーリーナイトです♪

私の聖騎士
 無自覚に、的確な皮肉をかます皇女卿

 彼女の為に、血塗れてるのに!!

 また結局、風呂パートは背景を多用した
 妙にバストアップ連発など
 何とも奇妙でした

 今週、外注制作回だったから?

 作画班を休ませる回
 その為か、作画的にもあまり動きません

 また三人とも、タオルで隠す習慣がないので苦労したのか?

 難しいもんだよな、風呂回って
 
アロウ『難しいもんだよな、仲間って』

バック・アロウ 第8話 感想 589

)アロウ
 俺はエッジャの奴らが大事だし

 出来ればアイツらの力になりてえ。でも…


)ソーラ
 上手くいかない時ってのはあるさ


バック・アロウ 第8話 感想 595

)アロウ
 過去を何も覚えてねえ俺にあるのは

 壁の外に出たいって事だけだ

 それに嘘ついたら、俺は俺じゃなくなる


 …って思ってたんだけど…


バック・アロウ 第8話 感想 598

)ソーラ
 後悔してるのか?別れた事


)アロウ
 何か胸に、妙な風が吹きやがる…


バック・アロウ 第8話 感想 603

人生は悔いばかり、だよ(ソーラ』

あろキャン
 そこが先生の人生観なんですね

 対しアロウは、目的から逃げたくない

 だから無策だろうとも、残って壁を殴り続けた
 でも彼も、他人と交わった事で
 大切な物が出来た

 大切な物が、愚直さを鈍らせる

 良くもあり悪くもある
 前回のエルシャが、良い例でしょうか

 彼女も村人を守る為、一時離脱を選ばざるを得なかった

 守る者が出来ると難しくなるよねえ 

アロウ『先生こそ、何かリュートに行きたくない訳があるんじゃねえか?』

バック・アロウ 第8話 感想 609

)アロウ
 逃げてても壁は壊せねえ

 だから俺は、この壁を壊す


 外に出られるめどがついたら、エルシャ達のとこいって謝る


バック・アロウ 第8話 感想 613
バック・アロウ 第8話 感想 615
バック・アロウ 第8話 感想 616

それが今ンとこの、俺の筋の通し方

アロウの人生観
 だが今のアロウは、絶対に壁を突破できない

 無策な愚直さは、一長一短か

 目的達成が無理そうだ、と周り道を選んだ
 結局、回り道から戻れなくなり
 失敗するのもままある事

 例えばエルシャ、そうなりつつある

 彼女も、壁の向こうへと思っている
 今は「回り道」しただけ

 でも回り道したエルシャも、旅の再開が難しくなっていく

 両方、合わせたやり方が必要なのね

ソーラ『アロウ…、後ろ!

バック・アロウ 第8話 感想 622
バック・アロウ 第8話 感想 625
バック・アロウ 第8話 感想 629
バック・アロウ 第8話 感想 632
バック・アロウ 第8話 感想 634
バック・アロウ 第8話 感想 650

)プラーク
 我が信念は「姫への献身」!

 フィーネ姫の心を守るのが私の信念なのでな!


)アロウ
 言ってろ!俺は壁を壊す!


※略


バック・アロウ 第8話 感想 0660
バック・アロウ 第8話 感想 664
バック・アロウ 第8話 感想 671
バック・アロウ 第8話 感想 674
バック・アロウ 第8話 感想 683
バック・アロウ 第8話 感想 685
バック・アロウ 第8話 感想 688

)アロウ
 ちょっと飛べるからって…

 デカい顔すんじゃねえ!


)プラーク
 分裂した?!


バック・アロウ 第8話 感想 695

)アロウ
 分身五つ身!

 やれるもんだなあ!ええオイ!

 ムガからムガへ! 大ジャーンプ!


バック・アロウ 第8話 感想 697
バック・アロウ 第8話 感想 700
バック・アロウ 第8話 感想 709

ひ、非常識な!?(プラーク』

ヨッシー五段ジャンプ
 プラーク卿の妥当なツッコミ!
 
 ソーラ先生に囮にされ、捕まったアロウ

 先生の注意が遅かったのは、まず囮にする為か
 先生、よほど会いたくないらしいが
 信念は見たまんま

 対しアロウは「無茶」で肉薄!!

 そも、分身できると思い込む事で
 分身出来た男だし!!

 アロウは「出来ないと思わない」事が真骨頂

 この思い込み、空も飛べないかね?

アロウ『消滅させれば、お前は生身のまま落下してお終いだ!』

バック・アロウ 第8話 感想 715

)アロウ
 それが嫌なら高く飛べ!

 壁の向こうまで!


)プラーク
 私のブライハイトに壁を越えさせようというのか!


バック・アロウ 第8話 感想 719
バック・アロウ 第8話 感想 726

解った…、だったら空の真実を見せてやろう!

翔べ!機甲卿!
 まさに渡りに飛行機の出会い

 壁を乗り越える、その足が手に入った!!

 正直前回、アロウも考えがあると思ってました
 壁に登るとか、通風孔から入るとか
 味もみてみるとか

 実は無策でしたが「策」が来た!

 プラークが、飛行型を擁しているのは
 物語的に非常に重要

 しかも「壁を飛び越える」手段にもなる!

 二重三重に重要なんだなあ!

燻製だ!燻製だ!

バック・アロウ 第8話 感想 738

)ハンス
 シュウ様、そろそろ


)シュウ
 ゴホ!そ、そうだねえ…


バック・アロウ 第8話 感想 744
バック・アロウ 第8話 感想 745
バック・アロウ 第8話 感想 751
バック・アロウ 第8話 感想 753
バック・アロウ 第8話 感想 758

大元帥!大元帥!大元帥にしか、頼めない事がありますっ!(シュウ』

余ったご飯は燻製だ!!
 想像を絶する野蛮さ、ハラハラするしかない!!

 残り物を燻製にし始めたよ!!

 彼らにとっては、当たり前の生活の知恵ですし
 また、室内で行うのも「当たり前」
 悪気は一切ない

 だが悲惨な目に遭う流れ

 文化の国で、野蛮人っぷりを晒しまくり
 蔑まれるのは確定ですわ

 保存食作りは、あの村じゃ必須でしょうし

 本当、常識って場所により違う

※トップに戻る

プラーク『高度一万二千ゲント…、そろそろか』

バック・アロウ 第8話 感想 769

)アロウ
 何だコイツは!?


)プラーク
 私も、初めてここまで飛んだ時は驚いたよ…


バック・アロウ 第8話 感想 770

)プラーク
 空にこんな物騒な物が浮かんでいたとはねえ

 そしてこれ以上、上がると…


 夜空の星は、世界壁についた氷が反射しているものと考えられていたが

 そうではない


バック・アロウ 第8話 感想 0775

)プラーク
『ここから先へは行かさない』

 何者かの、そんな意思が空を覆っている


 解ったか? 壁の破壊も無理なら、空からの脱出も無理だ


バック・アロウ 第8話 感想 0776
バック・アロウ 第8話 感想 0787
バック・アロウ 第8話 感想 0791
バック・アロウ 第8話 感想 0793
バック・アロウ 第8話 感想 0797
バック・アロウ 第8話 感想 0806
バック・アロウ 第8話 感想 0817

今は大人しく、リュートの城へ来い!

天の光はすべて絶望
 空を覆う星は、防衛端末だった

 珍しいアロウの呆然

 空は物理的な壁でなく、防衛網によってガード
 近づけば、この数で砲撃してくる上
 バリアにより面防御

 だからプラークはアロウを放置したのか

 彼が、壁の外に出る事は絶対にないと
 誰より知っていた

 ただ「上」に壁がない、と解ったのは大収穫

 全面覆われてる訳じゃないのね

アロウ『…嫌だ!

バック・アロウ 第8話 感想 0818

)プラーク
 やれやれ、ならば力ずくでも等と、無粋な台詞を言わせるか?

 エレガントに行きたかったのだがな!

 君が聞き分けがないから!


バック・アロウ 第8話 感想 0821
バック・アロウ 第8話 感想 0824
バック・アロウ 第8話 感想 0830
バック・アロウ 第8話 感想 0832
バック・アロウ 第8話 感想 0833
バック・アロウ 第8話 感想 0847
バック・アロウ 第8話 感想 0848

)プラーク
 …ン?ラクホウエンブレム!?


)アロウ
 しめた!


バック・アロウ 第8話 感想 0850
バック・アロウ 第8話 感想 0851
バック・アロウ 第8話 感想 0856
バック・アロウ 第8話 感想 0857
バック・アロウ 第8話 感想 0861

それで逃げられるとでも!(プラーク』

空中完敗
 ラクホウを掴んで、高速離脱するアロウ
 
 運も応用力も良し!

 アロウは、バリアへ突入を図って阻止された為
 結局、衛星に直接突入してないのが
 可能性といえば可能性

 アロウを認識、止まる可能性

 しかし今、空中戦では歯が立たない為
 飛行能力が欲しい所

 分身で「投げる」戦術も、地面あってこそ出来る事

 分身は消耗し連発不可ですし

シュウ『キャラバンロード調印式以来ですかね?』

バック・アロウ 第8話 感想 0863

 彼が偉くなったのは、僅か三年前の
 それも、大長官就任は二年前程度
 ごく最近の事

 中立条約は、意外に最近の事なのか

 それはちょっと意外 

バラン軍事卿『君さえ望むなら、このリュートへの亡命を受け容れますぞ?』

バック・アロウ 第8話 感想 0869

)シュウ
 では交換条件!

 バインドワッパーの改造技術、教えて頂けますか?


)バラン
 何?


バック・アロウ 第8話 感想 0874

)シュウ
 プラーク卿は過去、何度か

 レッカ軍と戦っている

 だが僕が知っている限り、プラーク卿のブライハイトに飛行能力はなかった…


バック・アロウ 第8話 感想 0886

)シュウ
 ごく最近、リュートはバインドワッパーに改良を加え

 人為的に飛行能力を加えることに成功した

 違いますか?

 でも、成功したのはプラーク卿だけでしょう?


バック・アロウ 第8話 感想 0895

でなきゃ、実戦に投入してるハズだ(シュウ』

改造ワッパー
 嘘から出た実、ワッパー改良技術は実在した

 美少年回、シュウが提案した改造!!

 飛行能力は後付け、ただし量産段階にはない
 今は、個人の資質頼みに留まると
 シュウは協力を提案

 シュウ、この仮説を確かめたかったのか

 だから、1000%裏切られる前提で
 リュートを訪れたか

 これで二人も、シュウを逃がす訳にはいかなくなった

 美少年実験との繋がりは…?

リュート兵『政務卿、ラクホウが出現しました』

バック・アロウ 第8話 感想 0904

)ピース政務卿
 解った、落下予測地点の民に知らせを出せ


)リュート兵
 はっ


バック・アロウ 第8話 感想 0917

)アロウ
 おい!?どいてくれ!危ない!

 があ!?


バック・アロウ 第8話 感想 0919

)プラーク
 殺しはせん!

 姫の大事な客人だからな!


 ラクホウの中身は、いつものように役人に届けておけ!姫も喜ぶ!


バック・アロウ 第8話 感想 0922
バック・アロウ 第8話 感想 0926
バック・アロウ 第8話 感想 0928
バック・アロウ 第8話 感想 0936
バック・アロウ 第8話 感想 0943
バック・アロウ 第8話 感想 0950

“逃げてても壁は壊せねえ”、か……

ソーラの壁
 ソーラ先生も、自身の心の壁に向き合う事に

 先生、ワッパー持ってるのか?

 ここからリュートまで、歩いて向かうのか
 はたまた、颯爽と飛行型を駆り
 参戦するか?

 当のアロウは気絶させられ捕縛

 国が、民を回収に向かわせた為に 
 落下地点に民がいた

 驚いたアロウは、直撃弾を喰らった恰好か

『プラークは殺す気はない』。

 これは多分本音ね!

エッジャ村民『やったー!住めるんだこの国に!

バック・アロウ 第8話 感想 0955

)元村長
 お前達も来るんじゃろう?


)エルシャ
 え?


)元村長
 住む場所があるんなら、もうあの船もいらんだろう!


バック・アロウ 第8話 感想 0961
バック・アロウ 第8話 感想 0964
バック・アロウ 第8話 感想 0969

もう一度皆でエッジャ村を作り直すんじゃ!(祖父』

ぬか喜びフラグ
 対しエルシャ、この表情であった

 もう「目的」が違う

 昔の彼女なら、一緒になって喜んでたはずで
 今、“自分”が変わってしまった事が
 実感できたのか

 文字通り、乗り掛かった舟!!

 彼女なしで、グランエッジャは動かない
 欠かせない存在なのよね

 ある意味アタリーよりずっと重要

 ドレス姿、二人共奇麗だねえ!

大元帥『おいおいおい、シュウの言った通りじゃねえか』

バック・アロウ 第8話 感想 0976

)回想の天才シュウ
 おそらくアロウは、強引にこの城に連れて来られるハズ

 今ここで暇なのは…いや!


 頼れるのは大元帥しかいない!


バック・アロウ 第8話 感想 0978
バック・アロウ 第8話 感想 0981
バック・アロウ 第8話 感想 0998
バック・アロウ 第8話 感想 1003

お前の読み通りだ 俺はあとを追う(大元帥通信』

大元帥より
 こ、この羽扇!通信機能まで!!

 きっとカンペも読める!!

 毎度ながら、便利アイテムすぎてお腹が痛い
 これ見て、しばらく笑ってましたわ
 声もイケメン!!

 おちょくられながらも働き者

 ビット、いいように使われてますが
 良いコンビなのも確か

 この子を、シュウはどう思ってるんでしょ

 レンとは違う形で良いコンビ

シュウ『とりあえず、信用して頂く為にグランエッジャの図面をお渡ししましょう』

バック・アロウ 第8話 感想 1013

 適当な理由をつけ、城艦へ戻るというシュウ

 シュウ、ちゃんと対価を出そうとするのよね
 前、エッジャに寝返った時だって
 ワッパーを大量破壊

 cv子安領主の時も「組むなら、ワッパー改良する」と条件を出した

 信用には、利得が必要なのだと

ピース政務卿『解った、護衛の兵を付けよう』

バック・アロウ 第8話 感想 1026

)イケメン大元帥
 監視されてるのか!

 じゃあ、ここは一発!俺が!


)モブ・リュート兵
 ン!


バック・アロウ 第8話 感想 1030
バック・アロウ 第8話 感想 1034
バック・アロウ 第8話 感想 1037
バック・アロウ 第8話 感想 1038
バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想 1040
バック・アロウ 第8話 感想 1041
バック・アロウ 第8話 感想 1042

頑丈な奴だな!(リュート兵』

大元帥の長所
 え? やだマジリュート兵、つょい!!

 流れるような空中コンボ!!

 まず一発アッパー、空中に飛んだ大元帥
 直後、後ろに回った奴が蹴り
 再び左アッパー

 からの右ストレート、と蹴り!!

 いやあ、驚きの連携でしたわ
 静止画だとすげえ

 動画も凄いが、理解できるとなおすげえ!

 てか「頑丈」なのね!!

『『ぐおお!?』』

バック・アロウ 第8話 感想 1045

)やられやく大元帥
 てめー!俺がヤられる事まで計算済みか!


)人でなし軍師
 さすがはエッジャの大元帥!

 気を引いてくれたおかげで、楽に気絶させられましたっ


バック・アロウ 第8話 感想 1051
バック・アロウ 第8話 感想 1066
バック・アロウ 第8話 感想 1068
バック・アロウ 第8話 感想 1069
バック・アロウ 第8話 感想 1076
バック・アロウ 第8話 感想 1079
バック・アロウ 第8話 感想 1080
バック・アロウ 第8話 感想 1087

って、なんだその仮面は!(デマイン科学卿』

有機的社会集団卿
 この仮面、ちゃんと「変」なんですな

 前回の仮面、再び

 プラーク、この姿で科学卿の前に現れるのは初
 これも、何気に重要な情報です
 ごく最近の事

 そして「科学卿は何も知らない」

 また前回、ピース&バランの二大卿も
 血まみれプラークを蔑視

 六大卿で、この仮面の意味を知ってるのはプラークだけ

 或いは「六人目」も知ってる?

私を怒らせたいのか?デマイン・シャフト科学卿!

バック・アロウ 第8話 感想 1090

ゲマイン、デマイン・シャフト科学卿
 あ~、もう怒ってるねえ

 君が称号まで呼ぶときは!怒ってる証拠だヨ!


)仮面プラーク
 いいから始めろ


※略


バック・アロウ 第8話 感想 1104
バック・アロウ 第8話 感想 1106
バック・アロウ 第8話 感想 1116
バック・アロウ 第8話 感想 1129
バック・アロウ 第8話 感想 1145

)デマイン
 さあ!実験は明るく楽しく晴れやかに!

 用意は良いかい?

 デマイン科学合唱団の諸君!


バック・アロウ 第8話 感想 1160

)科学合唱団
 さ~、さ~、始まるよ♪

 皆が待ってた♪ この時間~♪

 実験だ!実験だ!実験だ~っ!

 刺すんだ、刺さるよ電極が♪

 腕にズブズブ♪ 痛いけど♪死なないよ~♪



バック・アロウ 第8話 感想 1165
バック・アロウ 第8話 感想 1170
バック・アロウ 第8話 感想 1178
バック・アロウ 第8話 感想 1182

いってえ!?(アロウ』

デマイン科学合唱団
 変人だぁ!! それもとびっきりおかしい奴!!

 国賓・即・人体実験!?

 なるほど美少年実験、大本はこの変態だった
 二大卿は、その行いを知ってるし
 黙認状態か

 ソーラ先生は「この行い」は知らないハズ

 なら、単に先生が知らなかっただけか
 或いは「先生の後釜」か

 いわゆる作業用BGM、作業はBGMがあったほうが捗るタイプがいます

 生合唱じゃないとダメなタイプか!!

アロウ『リュートか? お姫様は!?

バック・アロウ 第8話 感想 1193

)デマイン卿
 あ~、プラーク?

 また上手いこと言って、騙くらかしたのか~


)アロウ
 てめ、プラークか!

 妙な仮面つけてんじゃねえぞ!


バック・アロウ 第8話 感想 1200

)プラーク仮面
 黙れ、実験材料の分際で!


)アロウ
 何?!


バック・アロウ 第8話 感想 1204
バック・アロウ 第8話 感想 1206
バック・アロウ 第8話 感想 1218
バック・アロウ 第8話 感想 1224

解明できない時は、バラバラに切り刻め…(プラーク』

アロウを求めた訳
 狙いは「信念が低い者のブライハイト化」

 ブライハイトは資質が必要

 信念ゼロで、ブライハイトを操れるのならば
 応用し、兵士を量産したいんですね
 無理なら“バラバラ”

 レッカに渡らないよう処刑しろと

 また、デマインとプラーク機甲卿
 個人的にかなり親しい
 
 そのプラークは姫と、多分ソーラとも親しい

 どういう間柄なのか

シュウ『大元帥、あれを撃って!』

バック・アロウ 第8話 感想 1244

)大元帥
 外したら?


)シュウ
 僕らは見つかり~、プラークに八つ裂きかなあ?

 あ、僕はたぶん生かされると思うけど

 この頭脳が欲しいから♪


バック・アロウ 第8話 感想 1255

)大元帥
 おい!


)シュウ
 大丈夫、射撃場で練習してたでしょう?


バック・アロウ 第8話 感想 1257
バック・アロウ 第8話 感想 1261

あ!気付いてたのか(ビット』

目配り
 シュウって目配りがきく、いい男だねえ

 多分身内で、唯一気付いてた

 また包み隠さず、自分は無事だとぶっちゃけた
 でも、こんな事やらかしてる連中に
 シュウも無事か微妙

 敢えて緊張を解いたんですかね

 笑わせ、そして励まして
 いい男ですわ

 もし仮に、全てがただの利害だったとしても

 これは信頼したくなるタイプだ

デマイン『面白い!何故データが取れないのか?』

バック・アロウ 第8話 感想 1267

)デマイン
 じゃ、次は~

 アタマに直接刺してみようかあ~!



)アロウ
 やめろ馬鹿?!


バック・アロウ 第8話 感想 1274

)デマイン
 馬鹿じゃない「愛」だヨ?

 フィーネ姫の理想の実現の為にはァ!

 ちょっとイタい事も必要なんだヨねえ~♪


バック・アロウ 第8話 感想 1282

)デマイン
 さん、はい!


)デマイン科学合唱団

 ♪ 愛だよ、愛の電極だ

 ♪ 頭に刺すよ、痛いけど♪死なないよ~♪



バック・アロウ 第8話 感想 1287
バック・アロウ 第8話 感想 1300
バック・アロウ 第8話 感想 1302
バック・アロウ 第8話 感想 1307
バック・アロウ 第8話 感想 1308
バック・アロウ 第8話 感想 1316
バック・アロウ 第8話 感想 1325

やられる痛みが解ったか馬鹿!(アロウ』

馬鹿野郎
 この最中も、科学合唱団は歌っていました

 多分、脳みそいじられてる?

 作曲した田中公平氏も、仰天したという合唱団
 だが、この人も「愛」が行動理念
 それは本音か

 アロウは身体的にも異常

 仮に、壁と「その外」が争ってるなら
 アロウは「外」陣営

 壁に属する本世界と、外人類では人種が異なるのか?

 外人類は、囚われた人類を救いたい?

アロウ『シュウか!

バック・アロウ 第8話 感想 1333

)アロウ
 すまねえ!

 やっぱり仲間はありがてえ~


)ビット
 だったら、あんまり勝手やるんじゃねぞ~!


バック・アロウ 第8話 感想 1334
バック・アロウ 第8話 感想 1335
バック・アロウ 第8話 感想 1340
バック・アロウ 第8話 感想 1342
バック・アロウ 第8話 感想 1345
バック・アロウ 第8話 感想 1349

)仮面プラーク 
 見たな…、私の顔を


)アロウ
 誰?この人?


バック・アロウ 第8話 感想 1351

)ビット
 お、お姫様だよこの国の?!


)シュウ
 フィーネ姫!?これはどういう事です!?


バック・アロウ 第8話 感想 1355
バック・アロウ 第8話 感想 1360
バック・アロウ 第8話 感想 1372

 これ姫様なの?!解らなかった!

「仮面プラーク」の素顔
 プラークの言動が、一致しなかった理由

 彼女、姫に顔を貸していたのか!!

 こちらの姫、平気で犠牲を強いる物騒な性格
 姫が、仮面を被って暴れた罪を
 プラークが被った

 こちらが狂人「血塗れの騎士」

 プラークは、それを知っているから
 悪名を否定しない

 どころか前回、cv子安公の腕を斬り落としたみたいに

 バレないよう自分も狂人を演じてるのか

平和のフィーネ姫『私は一体…?』

バック・アロウ 第8話 感想 1374

)フィーネ姫
 このクソ袋どもが…!

 あたしの顔を見た者は殺す!

 誰であろうと皆殺しだ!


バック・アロウ 第8話 感想 1378
バック・アロウ 第8話 感想 1381
バック・アロウ 第8話 感想 1384
バック・アロウ 第8話 感想 1387
バック・アロウ 第8話 感想 1388
バック・アロウ 第8話 感想 1391

 雲が晴れると、再び狂人に戻った

雲ですが何か?
 ただし地下でも、虐殺人格のままだった

 仮面が受信機なんですかね?

 空にある防衛端末、或いはその更に上の何か?
 多分プラーク、それを確かめに
 空に行ったのか

 空に行きたい願い飛行可能に?

 フィーネ姫cvは、同じ中島氏脚本作
 キルラキルの流子と同じ

 荒っぽい第二人格、前提の配役な訳ね!!

 虐殺です♡って感じだ!!

♪できないふりで やらないことで ツギハギ 隠した弱いとこ
♪ 隠しきれないくすぶる心 気づいたら始まり

バック・アロウ 第8話 感想 0000
バック・アロウ 第8話 感想 0003

 いやあ増えましたねえ! 賑やか極まる!!

ゴーショーグン
 レッカのゴウ、それにデマイン達が追加

 機甲師団の貴公子達もか!!

 この人達も加わるのは、ちょっと意外でした
 虐殺姫(仮称)はやはり見当たらず
 同一人物ですし

 デマインさんは走り方まで妖怪っぽいなあ

 頭刺した為、更に変になりそう

※トップに戻る

感想追記
六大卿同士でさえ蔑む、狂った血まみれの騎士

バック・アロウ 第8話 感想 322
バック・アロウ 第8話 感想 337
バック・アロウ 第8話 感想 347

 こっちは前回のプラーク。マスク部が異なる

血まみれの騎士は何を秘めるのか
 他の二大卿は、またかと呆れていました

 デマイン卿は仮面姿を初めて見た

 多分前回では、意図的に“残虐な狂人”を演じて
 姫が、プラークとして行動する際
 バレないよう偽装か

プラークだから、あのくらいやるさ」的な

 血塗れの騎士は、たぶん残虐人格の事で
 その悪事をプラークが被る

 その為の仮面なのね

 サブタイは、この二人両方の事か

一瞬だけ、元人格に戻った時のリアクション
本人格は「残虐」を知らない?

バック・アロウ 第8話 感想 1374

 そんな!髪の色まで変わって!!

某お姉様みたいな色
 フィーネ自身は、きっと残虐人格を知らない

 極論「現実が見えない人」

 平和だ愛だと、理想ばかりのお花畑ですけど
 結果、イキでエッジャは襲われた
 現実が見えてない

 その極致が、第二人格を知らない事

 現実から、目をそらし続ける理想主義者
 第二人格はストレスの産物?

 多分本来の国家元首は、六人目の王様っぽい奴

 姫の平和さ、その歪んだ教育の賜物?

好対に浮かび上がった関係
愚直なアロウと、逃げてしまったソーラ先生

バック・アロウ 第8話 感想 622
バック・アロウ 第8話 感想 625

 この間。多分意図的に、アロウを囮に逃げた

アロウとソーラ先生
 アロウ、全く無策とは驚いたなあ!!

 だから「賢い」ソーラと好対か

 ソーラは賢い、問題に直面したけど投げ出した
 彼の問題は、多分「壁」並みに困難
 逃げていい代物

 無策に、殴り続けたアロウこそ「変」

 でも、困難に立ち向かおうとしなければ
 道は開けないのだと

 ソーラ先生も、火がついた気がします

 きっとすげえ熱い人だぜ!!

※トップに戻る

公式ツイッターより





































2021年2月26日 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」

バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想

 今週、MARUアニメーション外注回か(なので作画が時々違和感)。

スタッフ
 脚本:中島かずき
 絵コンテ: 坂田純市
 演出:尾之上知久
 作画監督:MARUアニメーション
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:MARUアニメーション

あらすじ
 リュート卿和国に国賓として招かれたグランエッジャの人々は大歓待を受ける。出迎えるフィーネ皇女卿の温かい言葉に、エルシャとアタリーは感動しきりだ。

 しかし、壁の破壊を続けるアロウの元に再びプラークが現れ、アロウを力づくで連れ去っていってしまう。アロウを待ち受けていたのは、恐怖の人体実験。シュウとビットの活躍で難を逃れたアロウだったが、仮面の騎士に行く手を阻まれる。

 人体実験を指示していたその謎の騎士こそ、フィーネ姫のもう一つの人格だった。

次回のサブタイ、フィーネ皇女卿の事そのもの
愛を語り、牙を隠す二重人格者

バック・アロウ 第8話 感想
バック・アロウ 第8話 感想

 表人格は、裏人格を知らないパターンか

二重人格者
 予告はプラークが髪を切った過去

 姫の真実を知り、彼女の為に女を辞めた?

 多分、ソーラ先生は「そこから逃げた」人か
 プラークは、逆に「向き合った」
 根本的な解決じゃないけど

 前回、いきなり腕を斬ったのも一環か

 頭がおかしいと装っていれば
 姫が何をしても、“プラークだから”で住む

 他の三大卿は、誰も真意を知らない様子

 次回、第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」

トップに戻る





※過去一覧記事ページ




























 バック・アロウ 第1話「飛んできた男にパンツはあるか」
 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」
 バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」
 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」
 バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」
 バック・アロウ 第6話「美少年牧場ってマジなのか」
 バック・アロウ 第7話「壁はそんなに堅いのか」
 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」
 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」
 バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」
 バック・アロウ 第11話「真っ向勝負の戦争なのか」
 バック・アロウ 第12話「誇りも積もれば芥となるか」
 バック・アロウ 第13話「姫が立つ時 天は泣くのか」
 バック・アロウ 第14話「その戦場に愛はあるのか」
 バック・アロウ 第15話「仕組まれた動乱は何を生むのか」
 バック・アロウ 第16話「人が平和を望む時、神は何を欲するか」
 バック・アロウ 第17話「かくて彼らは立ち上がるのか」
 バック・アロウ 第18話「これが世界の真理なのか」
 バック・アロウ 第19話「お前に始末がつけられるのか」
 バック・アロウ 第20話「人の怒りは神に届くか」
 バック・アロウ 第21話「誰が私をとめられるのか」
 バック・アロウ 第22話「それでも俺はなぜ生きるのか」
 バック・アロウ 第23話「天から降るのは破滅の印か」
 バック・アロウ 第24話「【最終回】」

トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング