公式サイト バック・アロウ 第4話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
曰く『僕は僕の都合で話をしている。それを信用するかは、君の都合でいい』
シュウ・ビ隊vs.グランエッジャ!!

バック・アロウ 第4話 感想
バック・アロウ 第4話 感想
バック・アロウ 第4話 感想



 嬉しくなる演出をやってくれるなあED!!

 EDまでも、“自分の都合”で動いてたシュウ

 でも彼の都合を、エッジャの皆は待ってくれた
 今は、とてもそんな関係じゃないけど
 将来を感じる構図だ!!

 てか勝手だねえ、シュウって男は!!

なら「知った」時は…?
 唐突な新技に笑うも、そうか自分を知らない
 己を知り、勝てないと思えば
 勝てなくなってしまう

 だって「心」の戦いだものね

 解らないからこそ、何でも出来る訳だ!

 なさすぎでしょ馬鹿野郎!?

バック・アロウ 4話 感想


・バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」

・冒頭「OPに凱帝追加」
 Aパート「15年前、北壁の誓い」
 シュウ・ビ出撃
 四界鬼隊、中立地襲撃

・グランエッジャ、北へ
 凱帝ゼツ・ダイダン宣戦布告
 グランエッジャの弱点

・Bパート「シュウ・ビとアロウ」
 凱帝国、戦士の習わし
 卿和国、国境線の穴
 破壊衝動に直結した信念

・とびっきりの素人の無茶
 世界の破壊、シュウの解釈
 グランエッジャが動かない訳
 感想追記 20時

・公式ツイッターより
  …対談インタビュー公開
  …今週も、まだまだOPED限定公開
 制作スタッフ
・次回サブタイ
  …こういうサブタイは大好きだ!!
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・6ページ目へ
  …Bパートへ
・14/14ページ目へ

※過去一覧記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 金曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員は見放題

城艦や飛行メカは、大地の構造を利用してた
この地、どういう場所なんだ?

バック・アロウ 第4話 感想
バック・アロウ 第4話 感想



 新規録音予告担当はレンとシュウ

リンガリンドの構造
 いやあ、本編そのまままだったよ予告!!

 レン君完全に振り回されてた!!

 本編を見た後こそ、むしろ面白くなる予告だ!!
 さて大地、下に流体金属層があり
 メカは反発させて浮上

 遮断すれば、城艦が簡単に止まる事も判明

 変形して「歩く」フラグ

 ただの金属でなく流体、何かが溶けた姿?
 
全体あらすじ
今回、エッジャ村の物語はひと段落した為

バック・アロウ 第4話 感想

 アタリーがあんまり出番なくて寂しい

あらすじ
 アロウ達はソーラの提案で、北から壁へ向かう

 だがシュウ・ビが、傭兵集団・四界鬼隊と襲来

 シュウは、グランエッジャの飛行機能を確認し
 機能を阻害し、足止めした上で
 四界鬼隊をけしかける

 だがアロウは“自己分身”で突破

 シュウは、アロウに付く価値ありと認め
 部下を撤退させ寝返る

 だがエッジャの皆は、タイロンの教訓から彼を信用しない

 他方カイは、シュウ裏切りの報に愕然とする

 次回、第5話「今日は昨日の明日なのか」

※トップに戻る





今回の冒頭パートは、今までの物語を総括
エッジャ村も「壁越え」が目標へ

バック・アロウ 第4話 感想

 前回、村人は再びアロウを切って保身に走る

 だがイキ合愁国も、エッジャ村自体を切って
 村人、そして発掘城艦を葬ろうとし
 エルシャに決意を促した

 村人は城艦を「グランエッジャ」と命名、新天地を探す旅に出る

 シュウもアロウを倒すべく出撃を宣言…?

♪ 見逃すなDay by Day
♪ ただ迷い 彷徨い いくつもの日々を追い越したんだ

バック・アロウ 第4話 感想 62
バック・アロウ 第4話 感想 63
バック・アロウ 第4話 感想 67
バック・アロウ 第4話 感想 68

 やだおじいちゃんつよい

dawn
 変更点は、宰相テイ・ホウワと凱帝追加

 配置は想定内も、迫力すげえ!!

 文字通り「壁」となり、立ちはだかる存在も
 シルエットはぴょこんと揺れてたので
 コミカルな感じかと

 舐めるな小僧!! 的演出か!!

 また、カイやシュウと敵対する「無能」
 ホウワが並ぶのがシュール

 ただ立ち位置上、単なる無能だとベタすぎるんですよね

 声アヴドゥルだし、一癖を期待したい!!

天才シュウ・ビ、忘れた頃の再来
何せ第二話以来なので

バック・アロウ 第4話 感想 79

 本来彼を待ち、村を動けないハズでした

天災的な
 前回の騒動後、いい感じに忘れた頃の再来

 性格と目的上、裏切りはほぼ規定路線

 視聴者誰もが、アロウに付くと察するシュウ
 どう描いてくるかが楽しみな回
 しかし展開早いな!!

 帝都の巨大刀、絶対グランエッジャが使う事になる気がしますが…?

 禁書を読み、帝都での情報収集は終了か

レッカ兵『泣くな! さっさと歩け!!

バック・アロウ 第4話 感想 082

)カイ
 やめろ!人を家畜みたいに!


)兵士
 口答えするんじゃあない!


バック・アロウ 第4話 感想 088

)シュウ
 よせカイ、僕たちは「家畜」だ


)カイ
 シュウ…!


バック・アロウ 第4話 感想 091

)シュウ
 税が納められないから、代わりに国に差し出された

 食料や金の代わりにね?


 それを家畜と言わずして何という


バック・アロウ 第4話 感想 094

)カイ
 だけど!


)シュウ
 いや、家畜以下か!


バック・アロウ 第4話 感想 098
バック・アロウ 第4話 感想 100
バック・アロウ 第4話 感想 102
バック・アロウ 第4話 感想 105

※カイ、この後むちゃくちゃデカく育った

15年前
 前回話した通り、壁際で天候が悪い村出身

 冷静なシュウと、感情的なカイ

 今とまったく、基本的な部分は変わらないのか
 次回以降も、感情に任せたカイは
 基本的にシュウ想定内

 シュウ様、cv上田麗奈さんだし可愛らしい

 文字通り、壁が見えるところが故郷
 エッジャ以上に辺境か

 壁への想い、相当フクザツかも

シュウ『見ろよ、村の連中は物陰からこそこそ見ているだけ…』

バック・アロウ 第4話 感想 115

)シュウ
 完全に見捨てられたね


)カイ
 くっ…、そんなに役人が怖いのか!


バック・アロウ 第4話 感想 118

 人が住んでるのが、不思議なくらいの廃墟

故郷
 よくもまあ、ここから成り上がったもの

 彼らも「切り捨てられた」のか

 エッジャ村はアロウを、合愁国は村を切った
 この村も、村の為に子供を切った
 やるせない話

 これが二人が変えたい世界

 だとしたら、切り捨てた村人を恨むより
 社会構造自体を恨んだ

 立派な体格、立派な青年だわ
 
シュウ『…これはひどいな、さすがに家畜の餌以下だぁ……』

バック・アロウ 第4話 感想 124

 だが世界は、シュウの想像を超えて酷かった
 もう二度と売られたりしないよ!!
 グロい

 ゆるキャン見た後だと一層ギャップ

 なんて優しくない世界…!!

シュウ『天井もない!』

バック・アロウ 第4話 感想 128

)シュウ
 日晒し雨晒し

 これじゃ健康を害すよ…


)カイ
 ただの軟弱者では、レッカの兵士にはなれないって事だな


バック・アロウ 第4話 感想 130

厳しいねえ…(シュウ』

命の篩(ふるい)
 劣悪な環境は、篩い落としな訳ね

 税金代わりに子を徴収、兵士に育てる

 他の村も同様らしく、五人捕まった子供たちは
 七人、二人増えていますが
 弱ってる子供も

 ここで命を落とすなら、育てる価値もない

 けっこうシュウも頑丈なのか
 
シュウ『やめときな、カイ』

バック・アロウ 第4話 感想 137

)シュウ
 逃げて何になる? 盗賊が関の山だ

 これはチャンスだよ!


)カイ
 国の奴隷になるのがか!


※略


バック・アロウ 第4話 感想 145

)カイ
 そんなに上手く…


)シュウ
 行くさ!僕と君なら!


バック・アロウ 第4話 感想 149

)カイ
 ……人がやらない事をやるから

 面白い、か


 のし上がるぞ、シュウ!


)シュウ
 うん!


バック・アロウ 第4話 感想 151

)シュウ
 そしてこのレッカ凱帝国を!


)カイ
 この手に掴むッ!!


バック・アロウ 第4話 感想 156
バック・アロウ 第4話 感想 160
バック・アロウ 第4話 感想 174
バック・アロウ 第4話 感想 177
バック・アロウ 第4話 感想 179
バック・アロウ 第4話 感想 180

 腕輪を素手で曲げた! 素手で戻した!?

栴檀は双葉より芳し
 今は「変えたい」も、当時は「掴む」

 ただの言い回しの違いか、それとも妥協

 とまれシュウは、昔から長いスパンで物を考え
 時に、不利に思える選択をするのも
 結果を出す為

 これが前回「北壁の誓い」

 そこから、才能を見出し出世させた
 凱帝国も意外に柔軟

 カイはブライハイト化で、“目に見える”成果を示したも

 シュウも苦労したんだろうなあ

カイ『どこに行っていた! こんな時に!

バック・アロウ 第4話 感想 182

)シュウ
 散歩。初めての出撃だからね?

 この都も見納めかもしれない…


)カイ
 おい!


バック・アロウ 第4話 感想 183
バック・アロウ 第4話 感想 200
バック・アロウ 第4話 感想 205
バック・アロウ 第4話 感想 208

いいのか、俺が一緒じゃなくて!(カイ』

目的の為に
 同行すれば、カイのおかげで勝った事になる

 宰相に嫌われ、成果を示したい

 今回、カイを同行させられないとあしらい
 本心スレスレの返事が優しい。
 散歩とは…?

 国を変える為に出世したい

 目的を再確認、カイは機嫌を直すも
 やはりすれ違いが大きい

 シュウは「国を変える為」に、アロウと組みたいんでしょうか

 状況に応じ、手段を柔軟に変える男!!

シュウ『大丈夫、四界鬼隊の出撃を要請している』

バック・アロウ 第4話 感想 214

)カイ
 カネで動く、はぐれ部隊じゃないか


)シュウ
 でも「力」はある!


※略


バック・アロウ 第4話 感想 220

)カイ
 だがそれだけが目的じゃないだろう?

『解らない事があると、無性に知りたくなる』


 お前は幼い時からそうだった


バック・アロウ 第4話 感想 237

)シュウ
 お見通しだね?

 カイ! 君はレッカの切り札だ


 ここは黙って僕のやる事を見ていてくれ


バック・アロウ 第4話 感想 239
バック・アロウ 第4話 感想 241

解った! 我らの北壁の誓いに!!(カイ』

シュウ出撃
「見ててくれ」は本心か

 カイは、どこでシュウの本意に気付くのか

 シュウはアロウと別れた後、世界を滅ぼす性質
 アロウと組むデメリットを知って
 自ら出撃を希望

 滅亡問題を、シュウはどう考えるのか

 出撃要請は、自分が率先して言いだせば
 他人が出撃できない事?

 またシュウが裏切れば、必ずカイが動くと踏んでと思われます

 概ね、状況はシュウの想定通りか

リュート卿和国兵『敵襲だー!

バック・アロウ 第4話 感想 247

)シン・フウスイ(緑)
 行くぞ野郎共!

 狙いはリュートのビーム砲だ!


)コウ・チセン(黄)
 おう!


バック・アロウ 第4話 感想 257

)ネン・カセイ(赤)
 任せな!


)ケイ・スイイツ(青)
 女もいるんだけどね!


バック・アロウ 第4話 感想 260

)リュート兵
 警告する!

 ここは我がリュートと、レッカ凱帝国との中立地帯であり


 それ以上の接近は許さない!


バック・アロウ 第4話 感想 263

)リュート兵 
 愛と自由と平和の名の下に

 抑止力を行使する!


)シン・フウスイ
 ふん!喰らいな!!


バック・アロウ 第4話 感想 264
バック・アロウ 第4話 感想 266
バック・アロウ 第4話 感想 268
バック・アロウ 第4話 感想 273
バック・アロウ 第4話 感想 280
バック・アロウ 第4話 感想 284
バック・アロウ 第4話 感想 290
バック・アロウ 第4話 感想 298

機装解除! 機装解除だー!?(リュート兵』

四界 
 レイズナー死鬼隊ならぬ「四界鬼隊」

 解り易い四属性=四界、直球の仏語モチーフ!!

 元よりリュートは知、レッカは武を尊ぶ国柄
 謳い文句は美辞麗句でしたが
 呆気なく六機が瞬殺

 合愁国に圧力かけた国がどの口で!!

 現場は、現場の考えがあるでしょうが
 クローク装着型も瞬殺

 防御力向上、飛行能力も持ってそうですが呆気ない

 圧勝がノルマだからしゃーない!!
 
リュート兵『エネルギー回せ!

バック・アロウ 第4話 感想 319

 くるくる回したのは、大砲の俯角を変える

 ビームはラクホウ? オーバーテクノロジー?
 据え付けた砲台は現代技術?
 技術差があるのか

 なんともシュールな構図

リュート兵『フッ飛ばしてやる!

バック・アロウ 第4話 感想 321
バック・アロウ 第4話 感想 331
バック・アロウ 第4話 感想 333
バック・アロウ 第4話 感想 335
バック・アロウ 第4話 感想 337
バック・アロウ 第4話 感想 339
バック・アロウ 第4話 感想 341

次は、天命宮の大長官サマの直々のご命令だっけ?(ケイ』

瞬殺
 僅か五分で、ブライハイト6と砲台1撃破

 本命が砲台で、護衛撃破はついでだった様子

 砲門自体に、攻撃を加えていなかったですし
 ビームは、実弾より強力そうなので
 奪いに襲撃したのか?

 単に砲台を壊しに来ただけ?

 リュート兵は、一般兵も光のボウガンで
 実弾主体のレッカと好対

 グランエッジャも、大砲が付いてるも今回も不使用

 使い方が解らないのか不殺なのか

アロウ『これがリンガリンド!』

バック・アロウ 第4話 感想 347

)エルシャ
 ガライ大統領がくれた地図が正しければね

 ざっくりいえば、リンガリンドの西半分がレッカ凱帝国


 東半分がリュート卿和国


バック・アロウ 第4話 感想 359
バック・アロウ 第4話 感想 364
バック・アロウ 第4話 感想 371
バック・アロウ 第4話 感想 374

中立地帯に沿って、北に向かうのはどうだろう?(ソーラ』

キャラバンロード
 村人達は壁に向かう事を了承

 イキは南東部も、南は険しい山岳で進行不可

 そこでソーラは、東西にらみ合う大国の中央
 中央地帯、隊商達の道を抜ける
 北航路を提案

 ソーラ曰く、中立地帯で安全

 しかし、両国の中央を抜けるなら
 両国から攻撃可能

 視聴者的に危険に見えるも、アタリー達は賛成

 危険というのは考えすぎ?

アタリー『中立地帯なの』

バック・アロウ 第4話 感想 375

)アタリー
 私達もキャラバンが開く、交易ポイントを使ってた

 エッジャ村で獲れた毛皮をお金に換えて

 それで食料とか日用品も買ってたし


バック・アロウ 第4話 感想 383

)ソーラ
 距離は遠いが

 レッカやリュートを刺激しないで、壁にたどり着くにはそれが一番いい


)アロウ
 先生やけに詳しいな♪


バック・アロウ 第4話 感想 385
バック・アロウ 第4話 感想 387
バック・アロウ 第4話 感想 394

あちこちフラフラしていたからね?(ソーラ』

ソースキー・セガール
 一年前、医者不在のエッジャに定住

 なのでソーラ、よそ者だが信頼が篤い

 異様に博識で、スパイを思わせる人物ですし
 実際、城艦が眠っていたエッジャは
 重要な場所でした

 現状両軍、情報漏れの様子はない

 ただレッカに、城艦の情報があった為
 凱帝直属の可能性があるか

 或いは単に、何かしでかして逃げて来たのか

 OP的にブライハイト使い…?

ビット『大変だ皆ー! 軍隊だ!レッカの!?

バック・アロウ 第4話 感想 400

)ビット
 ここ、まだイキの国だよねえ?!


)レン・シン
 …本当に戦闘に入って良いんですね?


バック・アロウ 第4話 感想 404

)シュウ
 ああ、イキ合愁国大統領のお墨付きは貰っている


 あの城塞戦艦への攻撃なら

 イキ合愁国への軍事行動とは見なさないんだとさ


※略


バック・アロウ 第4話 感想 411
バック・アロウ 第4話 感想 419
バック・アロウ 第4話 感想 421
バック・アロウ 第4話 感想 429
バック・アロウ 第4話 感想 433
バック・アロウ 第4話 感想 438

)凱帝
 レッカ凱帝国

 凱帝ゼツ・ダイダンは告げる

 壁こそ世界であり、人が生きていく為の規律である


バック・アロウ 第4話 感想 461

)凱帝
 その向こうに行こう等と考える者は

 このリンガリンドの秩序を乱す破壊者なり

 世界壁の意思に代わり、レッカ凱帝国の勇士が君らを殲滅する…


 交渉はない、ただ滅べ


バック・アロウ 第4話 感想 463
バック・アロウ 第4話 感想 465

もう! また戦い!?(エルシャ』

壁の意思
 凱帝は交渉不可を明言

 今度こそ、アロウを売る選択肢はない!!

 砲撃が始まったも、やはり大砲は全て実弾で
 ビームは、電源が必要となる為か
 この場にない模様

 アロウを欲しがるリュートとは好対

 今後、アロウの処遇をどうするかでも
 大国同士が激突か

 或いは共闘し、アロウ排除に当たってくる

 リュートは「上」がいるようですし

ソーラ『あーあー、聞こえてるかな?』

バック・アロウ 第4話 感想 473

)ソーラ
 北東にバンドキアという都市がある

 キャラバンたちの中立都市だ


 そこに逃げよう!


※略


バック・アロウ 第4話 感想 477

)アロウ
 雑魚は俺とアタリーが相手をする!

 エルシャは敵陣に、グランエッジャを突っ込ませて!


)エルシャ
 中立都市へ逃げ込むんでしょ!


バック・アロウ 第4話 感想 479
バック・アロウ 第4話 感想 480
バック・アロウ 第4話 感想 481
バック・アロウ 第4話 感想 484
バック・アロウ 第4話 感想 489
バック・アロウ 第4話 感想 494
バック・アロウ 第4話 感想 500
バック・アロウ 第4話 感想 502
バック・アロウ 第4話 感想 504
バック・アロウ 第4話 感想 507

…ま、当然そう来るよね(シュウ』

レッカ軍vs.城艦
 アロウは衝撃波をぶつけてるのか?

 レッカ軍突撃は、どうも陽動

 城艦は軍を甘く見て、シュウが狙う進路へ前進
 通常軍は、その時点で役割を終え
 早々に撤収へ

 四界鬼隊の集中砲火が「本命」!!

 城艦へ、生身で突っ込むレッカ兵
 無謀にもほどがある!

 シュウに思惑があるとはいえ、武を尊ぶお国柄だからか

 他国兵士と違って逃げない!

シュウ『じゃ、四界鬼隊の皆さんよろしく♡』

バック・アロウ 第4話 感想 519

)シン
 ようし、正規軍とは一味違うところをお見せしようじゃないか!


)ケイ
 で、いくら貰えるの?


バック・アロウ 第4話 感想 522

)コウ
 言い値だとさ。太っ腹!


)ネン
 そりゃすげえ!やる気になるね!


※略


バック・アロウ 第4話 感想 525

)シュウ
 ここからはブライハイト戦だ!

 一般兵は退きたまえ!


)アロウ
 ブライハイトが四体?!


バック・アロウ 第4話 感想 529
バック・アロウ 第4話 感想 541
バック・アロウ 第4話 感想 543
バック・アロウ 第4話 感想 545
バック・アロウ 第4話 感想 546
バック・アロウ 第4話 感想 551
バック・アロウ 第4話 感想 556
バック・アロウ 第4話 感想 560
バック・アロウ 第4話 感想 0565
バック・アロウ 第4話 感想 0569
バック・アロウ 第4話 感想 572
バック・アロウ 第4話 感想 577
バック・アロウ 第4話 感想 581

なんか、グランエッジャが浮かない?!(エルシャ』

中島ネーミング
 対抗戦術とは、“ゼツエンリウム”の散布

 ネーミングまんまか!!

 意図は後述として、これは浮遊原理が共通な
 車両も城艦も、本作独自原理で浮遊
 同じ手段で阻止可能だと

 早くも弱点を露呈しちゃった?!

 ただ、この妨害は「浮けない」だけ
 歩く事は可能な理屈

 まず四足変形フラグが立ったな!!

 生き埋めに浮上阻止、散々ですな城艦

※トップに戻る

アロウ『俺たちが時間を稼ぐ! なんとか原因を探ってくれ!

バック・アロウ 第4話 感想 592


)アロウ
 しっかし四人がかりで俺らの相手か!

 念が入ってるなあ!


)シン・フウスイ
 足止め出来たら、敵のブライハイトに集中しろとのご命令なんでね!


バック・アロウ 第4話 感想 0595
バック・アロウ 第4話 感想 0599
バック・アロウ 第4話 感想 0600
バック・アロウ 第4話 感想 0602
バック・アロウ 第4話 感想 0607
バック・アロウ 第4話 感想 0608

やあ! 久しぶりだねえアロウ君!(シュウ』

陽動成功
 全く悪びれないこの男!!

 また要は、城艦の無力化実験もシュウの狙いか

 今後、誰かが同じ事を考え付くのは予想できる
 なら、今の内に試しておいた方が
 今後を思えば安全

 命令も「城艦を攻撃するな」という事

 無力化してる為、合理的な判断ですし
 後々の為にも理に適ってます

 多分その為に、広く安全な場所で足止めするのが狙いだった

 それが一般兵を突っ込ませた理由か

アタリー『知り合い?』

バック・アロウ 第4話 感想 0612

)アロウ
 飯を食わせてもらった

 シュウ・ビだったな!

 てめえ、壁の向こうに行く協力をするとか言っといてこりゃなんだ!?


バック・アロウ 第4話 感想 0617

)シュウ・ビ
 言っただろう?

『僕は僕の都合で動く。それを信じるのは君次第だ』


 それは今でも同じだよ


バック・アロウ 第4話 感想 0620
バック・アロウ 第4話 感想 0623

なるほどな……(アロウ』

あなた次第です!!
 アロウ、素直な分理解が早い

 協力するが自分の都合で動く

 今シュウは、彼の都合でこうなってしまった
 アロウも、前とは状況が変わった
 シュウも変わった

 だがあの時、言った通りだと

 また先日、アロウはシュウの事を
 あまり好きでないと評価

 でも真っ先に出るのは「恩」なんだねえ

シュウ『彼らは四界鬼隊』

バック・アロウ 第4話 感想 0625

)シュウ・ビ
 正規軍とは別の傭兵部隊だ

 カネで動く兵隊は、動機がハッキリしてる分

 手ごわいよ~?


バック・アロウ 第4話 感想 0631

)アロウ
 俺たちを倒すのにいくら使う気だ~


)シュウ・ビ
 幾らでも!彼らの言い値を出すと言っている♪


バック・アロウ 第4話 感想 0634

)シュウ・ビ
 君は未知数だからねえ

 簡単に値は付けられない


)アロウ
 褒め言葉ととっておくぜ!
 

バック・アロウ 第4話 感想 0639
バック・アロウ 第4話 感想 0647

オマエ結局、味方なのか敵なのか!?(アロウ』

どこの誰だか知らないけれど
 アロウも混乱させるとは大した役者

 普段混乱させる側だけに、痛快だねえ!!

 またシュウ・ビは、金の代わりに家畜にされた
 彼が、湯水のように使うというのも
 なかなか因果な話

 傭兵の「信念」も解り易いですね

 忠誠とか、愛とか正義とか謳ってた
 リュートより強いのも納得

 戦う動機が、シンプルな奴ほど強いという奴

 これも普遍的ですわ 

シン・フウスイ『敵さ! おめえを叩きのめせと言われている!

バック・アロウ 第4話 感想 0653

 なるほど、フウさんの価値観はシンプルです

 倒せと命令した、シュウは「敵」

 カネの為、動機も思考もシンプルな四界鬼隊
 だからこそ強くもあり
 弱くもある

 シュウの真意を読み取れてませんから

シン・フウスイ『では名乗りを上げさせてもらうッ!!

バック・アロウ 第4話 感想 0655

)緑
 俺は四界鬼隊のシン・フウスイッ!!


)青
 同じく、ケイ・スイイツ!


バック・アロウ 第4話 感想 0659

)赤
 同じく、ネン・カセイ!


)黄
 同じく、コウ・チセン!


バック・アロウ 第4話 感想 0661

)アロウ
 随分、礼儀正しいじゃねえか~♡


)緑
 まだるっこしいが!

 ブライハイト戦の前は名乗るってのが、レッカの戦の決まりなんでな!


バック・アロウ 第4話 感想 0665

)ピンク
 あ、アタリー・アリエルです!


)馬鹿野郎
 ああ! バック・アロウだ!


バック・アロウ 第4話 感想 0668
バック・アロウ 第4話 感想 0678

 頭をぺこりと下げるアタリーは天使

凱帝国のお約束
 先の攻撃は「奇襲」だったからノーカンか

 逆にリュート兵が、やたら美辞麗句でした

 本作、どうもロボ戦なのはほぼ体裁に過ぎず
 実態は、心と心のぶつかり合い
 その一環か

 武人の国、武人たるものかくあるべし

 こうした「形から入る」事を
 国が推奨してるのか

 その方が「武人っぽい、自分に恥じない戦い」が出来る

 心の力の底上げに繋がるんですかね?

ネン・カセイ『簡単にヤられるなよ? 値段がふっかけられなくなる!』

バック・アロウ 第4話 感想 0681

 私的に、好感度が高いのがこの台詞
 彼らもプライドがあるのね

 幾らでも良くても、弱い奴だと気が引ける

 プライドも強さの一部ですわ

アロウ『へっ…、言ってろ!

バック・アロウ 第4話 感想 0684

)レン・シン
 城艦攻略は良いのですか?


)シュウ・ビ
 未知の相手だよ?

 しっかり力を確認しないと♡


バック・アロウ 第4話 感想 0685

)レン・シン
 でも、安心しました


)シュウ
 ほ?


バック・アロウ 第4話 感想 0696

)レン・シン
 シュウ様、あのアロウとかいう男の事を

 妙に気に入ってましたから


)シュウ
 僕が手心を加えるとでも?


バック・アロウ 第4話 感想 0698

)レン・シン
 凱帝陛下に直訴された以上、失敗は許されません!

 本気で奴らを駆逐するつもりがなければ

 大変な事になります!


バック・アロウ 第4話 感想 0710
 
 レンちょんは素直でいい子なのん

レンの心配
 見事に、真意を読めてないレンちょん

 すれ違いが気の毒すぎる

 すれ違い、否シュウが意図的に騙していますが
 レン、お目付け役という性格上
 難しい人なのかと

 カイ共々、完全にシュウの手の上

 ただ、シュウもそんな彼女を気にかけ
 守りたい面はあるはずで

 後で盛大に責任をとらされそう。

 男女的な意味で

レン『都にはシュウ様を疎ましく思っている者も、多くいるのは事実です』

バック・アロウ 第4話 感想 0714

)シュウ

 僕は天才だからね♪

 なかなか真意は解って貰えない


バック・アロウ 第4話 感想 0715

 レンやカイでさえ、理解者にはなってくれない

天才
 口癖は自嘲でもあるのか

 きっと基本、寂しがりやでもある

 シュウは命令され、嫌々出撃したのではなく
 直訴し、自分がやると言った以上
 本気でやらねばならない

 忠誠を疑われ、政敵に責められるから

 敵が多く、敵は失言を待っている
 恰好の材料なのね

 だが直訴せねば「他の奴」が戦い、城艦を撃沈する恐れがある

 シュウも他の選択肢がなかったのか  

軍事卿バラン『国境警備基地が、中立地帯から何者かによって攻められ…』

バック・アロウ 第4話 感想 0722

)バラン軍事卿
 ビーム砲台が破壊され、警備隊は全滅!


)ピース政務卿
 国境線に穴が開いたな…


バック・アロウ 第4話 感想 0724

)バラン軍事卿
 しかも、それ以上攻め込んでこないのが癪に障る!


)ピース政務卿
 レッカの攻撃だという証拠は?


バック・アロウ 第4話 感想 0729

)バラン軍事卿
 ない!監視カメラは最初に破壊された


)ピース政務卿
 じゃあ抗議しても無駄だな…


バック・アロウ 第4話 感想 0734

)ピース政務卿
 反卿和国のレジスタンスのせいにしてくるだろう

 テイ宰相のいつもの手だ!


 そうやってじわじわとこちらの軍備を削ってくる!


バック・アロウ 第4話 感想 0749
バック・アロウ 第4話 感想 0752
バック・アロウ 第4話 感想 0754

 ガライ大統領、とりあえず情報だけ売った

無能宰相の手腕
 シュウは、無能と言って憚らないテイ宰相

 しかし陰険なれど有能

 攻め込まねば、レッカの仕業だと証明出来ない
 国境線の穴、目先の勝利に囚われず
 じわじわ攻める

 国境にも穴があるんだよな…

 襲撃時、名乗らずに奇襲をかけたのも
 テイの指示なのかも

 レッカ人らしからぬやり口、シュウ達に嫌われてる一因なのか?

 私的にはグンと好感度アップですが…?

アタリー『えい!』

バック・アロウ 第4話 感想 0755
バック・アロウ 第4話 感想 0758
バック・アロウ 第4話 感想 0765
バック・アロウ 第4話 感想 0771

俺の信念は…、全てを埋め尽くす!(コウ・チセン』

硬・地仙 
 また相性が悪い人と戦ってるー!!

 鞭で拘束も、引きずり込まれるアタリー

 鞭で捕えれば、巨漢だろうとも振り回せる
 前回、パワーがあると証明したも
 引っ張り合いは完敗

 ただでさえ、人手が足りない時に!!

 鞭は、骨折や打撲を起こしにくい為
 刑罰用として非常に有効

 そこがアタリーらしいっちゃらしいんでしょう

 まあいやらしい!

アロウ『アタリー?!

バック・アロウ 第4話 感想 0773

)シン・フウスイ
 そして俺は!全てを飛ばし尽くす!


)ケイ・スイイツ 
 私は全てを流し尽くす!


バック・アロウ 第4話 感想 0777

)ネン・カセイ
 止めは!全てを燃やし尽くす!


)アロウ
 お前ら尽くしてばっかりかよ!

 解り易い連中だなあ!


バック・アロウ 第4話 感想 0778
バック・アロウ 第4話 感想 0783
バック・アロウ 第4話 感想 0789
バック・アロウ 第4話 感想 0791
バック・アロウ 第4話 感想 0792
バック・アロウ 第4話 感想 0796
バック・アロウ 第4話 感想 0799

だが、自分の破壊衝動に直結した信念は手ごわいよ~(シュウ』

破壊衝動
 エッジャ村勢は、厳しい環境でも生きたかった

 生存本能系のアタリー達と真逆か

 アタリー達、攻撃力が物足りないのも当然
 今後、ビットが機装したとしても
 攻撃性は期待薄か

 敵は壊したる!という心の具現

 ただ、信念とは偽れない本心であり
 ソーラ先生辺りは謎かも

 案外、ものすごい破壊系だったりするのかもしれませんね

 Gガンダムのドモンの声ですし

ビット『エルシャー!なんか武器はねーのか!この城艦によー!

バック・アロウ 第4話 感想 0807

 現時点で艦内を特に調査した描写はなし

 エルシャも、動かすのが限度で火器使用不可
 ただ、エルシャが接続してなくても
 ソーラ先生が拡声器を使用

 機能が全く使えない訳でもないのね

エルシャ『私にも解らないわよー!

バック・アロウ 第4話 感想 0811

)エルシャ
 あーもう! この!

 大丈夫? アタリー


※略


バック・アロウ 第4話 感想 0814
バック・アロウ 第4話 感想 0822
バック・アロウ 第4話 感想 0830
バック・アロウ 第4話 感想 0833

)ケイ・スイイツ
 威勢はいいけどそれだけじゃね!

 最後は経験が物を言うって事、教えてあげる!


バック・アロウ 第4話 感想 0838

)アロウ
 エルシャ!アタリー!

 ぐお!?


)ネン・カセイ
 おいおいこんなもんか!


バック・アロウ 第4話 感想 0841

)レン・シン
 さすが悪名高い四界鬼隊

 あんな素人のブライハイトじゃ相手になりませんね


)シュウ・ビ
 そうだね、そうじゃないと困った事になる


バック・アロウ 第4話 感想 0846
バック・アロウ 第4話 感想 0853

 不憫なまでに噛み合わないレンとシュウ

困った事
 四界鬼隊は当て馬

 今後、カイが突っ込んでくると想定して

 四界鬼隊が、今アロウの実力を引き出さないと
 次戦、勝ち目がまったくなくなる
 強くなきゃ困る

 アロウの実力を見極める為だと

 アロウが、世界を壊すというなら
 潜在能力に期待してか

 しかし「敵を滅ぼさない、だが世界を滅ぼしてしまう」のも因果な話ですね

 彼が我を取り戻した時の話とはいえ 

『昨日今日、ブライハイトに乗った男に何ができる?』

バック・アロウ 第4話 感想 0859

)アロウ
 初心者を舐めてると痛い目を見るぞ!


)ネン・カセイ
 俺たちにビギナーズラックは通用しねえ!


バック・アロウ 第4話 感想 0871

)アロウ
 何だそれ?


)ネン・カセイ
 素人が運任せの無茶で勝つ!って事だ

 在りえねえからな!


バック・アロウ 第4話 感想 0880

)アロウ
 なるほどな!だったら!


)ネン・カセイ
 何!?


バック・アロウ 第4話 感想 0881

)アロウ
 捕まえた!


)コウ・チセン
 何だこれは?!


バック・アロウ 第4話 感想 0885

)ネン・カセイ
 ぶ、分身だと!?


)ケイ・スイイツ
 どうなってるのコレ!?


バック・アロウ 第4話 感想 0887

)シン・フウスイ
 落ち着け!高速移動による唯の残像だ!


)コウ・チセン
 ぐう!?実体を持つ分身?!


バック・アロウ 第4話 感想 0889
バック・アロウ 第4話 感想 0890
バック・アロウ 第4話 感想 0897

 ガンダムF91かよ!!

自己分身
 唐突な分身とか予想出来るか?!

 そうか!! 足りない戦力は、自分で補えばいい!!

 手が足りないなら、手を増やせば良かったのか
 機体が「心を形にしたもの」なら
 想像力次第だと

 公式曰く「信念を持たない為の分身」

 つまり通常、信念は一人一つだから
 ブライハイトも一体

 信念がないから、数の制約も持たないのか

 なんでもありだな馬鹿野郎!!

レン・シン『あんな攻撃見た事ない!?』

バック・アロウ 第4話 感想 0903

)シュウ・ビ
 自己複製?いや自我の分割か!


)アロウ
 どうだ!

 とびっきりの素人の無茶は!


バック・アロウ 第4話 感想 0907

)アロウ
 自分の事も知らない男だ!

 キック!チョップ!膝蹴り!貫き手だ!

 俺の全てがビギナーズラックなんだよ!


バック・アロウ 第4話 感想 0910
バック・アロウ 第4話 感想 0912
バック・アロウ 第4話 感想 0915
バック・アロウ 第4話 感想 0916
バック・アロウ 第4話 感想 0918
バック・アロウ 第4話 感想 0919
バック・アロウ 第4話 感想 0922
バック・アロウ 第4話 感想 0924
バック・アロウ 第4話 感想 0937
バック・アロウ 第4話 感想 0940

 自分さえ知らないから、何だって出来る!!

ビギナーズラック
 本来なら、在りえない発想である分割

 そんな常識も、自分自身さえも知らない

 きっと、知らないから「出来ない」と思わない
 心が「出来る」と思ってしまえば
 心が具現化する

 自由な発想の勝利

 玄人、たとえば囲碁の達人であれば
 二手三手先まで読める

 でも、先が読めるからこそ「出来ない事」も解ってしまう

 何も解らないから、何でも出来る!!か

アロウ『流石に少し草臥れた…』

バック・アロウ 第4話 感想 0942

)シュウ・ビ
 信念が一つである以上、具現化するブライハイトもただ一つ

 だが、信念を持たない人間だったら

 一つの器にこだわらずに済む!


バック・アロウ 第4話 感想 0943
バック・アロウ 第4話 感想 0946
バック・アロウ 第4話 感想 0951
バック・アロウ 第4話 感想 0958

この世界を破壊するという予言、本当になるかもしれないね♪(シュウ』

無我
 楽しそうに言うとる場合か!!

 ただここまで、全ては信念が無いが

 今後、己を取り戻したアロウはどうなるのか
 今、強いのは「己がない」からで
 むしろ弱体化…?

 己を取り戻したら世界を壊す

 その世界とは、何を意味するのか
 世界を滅ぼす事なのか

 アロウが「記憶がない」事が、完全に軸になっているんですね

 彼の強さから世界の行方まで!

レン『全部隊に告げる!

バック・アロウ 第4話 感想 0960

)レン・シン
 敵性流浪人が操る城艦とブライハイトを

 レッカ凱帝国の名の下に駆逐せよ!


)エルシャ
 すごい数…!


バック・アロウ 第4話 感想 0963

)アタリー
 でもアロウなら…!


)アロウ
 頑張るけど…、これだけの数の分身は厳しいなあ…


バック・アロウ 第4話 感想 0969

)レン・シン
 消耗戦になればこちらの勝ちです!


)シュウ・ビ
 そうだね、だけど


バック・アロウ 第4話 感想 0974
バック・アロウ 第4話 感想 0976
バック・アロウ 第4話 感想 0980
バック・アロウ 第4話 感想 0981
バック・アロウ 第4話 感想 0988
バック・アロウ 第4話 感想 0993
バック・アロウ 第4話 感想 0996
バック・アロウ 第4話 感想 1006

ごめんね? “困った事”になって♪(シュウ』

困った事
 四界鬼隊が倒さなかったから、困った事に!!

 彼なりに両天秤かけてたのか

 四界鬼隊が倒せば、宮廷内で発言権を担保され
 予定通り、“出世”という手段で
 凱帝国を変える

 倒された今、アロウに賭ける

 何とも、シュウの都合で動いてますが
 最初からそう言ってました

 四界鬼隊同様「利害で動く」から、行動原理が読みやすい男

 ただ作中は、誰も理解できないのか

シュウ『アロウ君、レッカ軍の武装はすべて解除した!』

バック・アロウ 第4話 感想 1011

 アロウ勝利時、羽扇を眺めていたのは
 羽扇がスイッチだったからか

 仕込みは無駄にならなかった!!

 両天秤で、勝ちに賭けた準備が活きた!!

このシュウ・ビ、たった今からエッジャ村の諸君に投降する!

バック・アロウ 第4話 感想 1014

)村長
 トウコウ…?


)ソーラ
 降伏するのか?


バック・アロウ 第4話 感想 1015

)アロウ
 お前、勝てるのにどういうつもりだ!


)シュウ
 勝ち負けじゃない

 僕が付くだけの価値があるか、君たちの力を見せて貰った!


バック・アロウ 第4話 感想 1020

)シュウ
 おめでとう、合格だ!

 良い知らせだろう♡


)アロウ
 それが『お前の都合』か


バック・アロウ 第4話 感想 1029

)シュウ
 アロウ君

 君は壁を壊してこの世界の外に出たい!

 だがそれは、このリンガリンドでは「世界の破壊」を意味する大仕事だよ~♡


 ココが切れる人間が必要になる!


バック・アロウ 第4話 感想 1031

)アロウ
 俺に協力する?


)シュウ
 ああ!面白くて堪らないよ♪


バック・アロウ 第4話 感想 1038
バック・アロウ 第4話 感想 1041
バック・アロウ 第4話 感想 1046

 シュウは「世界を壊す」を、壁破壊と解釈

ご都合主義
 でも本当にそうなのかな…?

 この解釈により、協力する動機も強化

 別にシュウは、世界を滅ぼしたい訳ではない
 ただ、“壁を壊す”というだけなら
 協力も納得です

 ええ~、本当に壁壊すだけなの~?

 ただシュウも、世界に外がある事さえ
 最初は考えもしなかった

 彼も彼なりに、この世界の常識に縛られているのは確か

 彼の解釈は正しいでござるかあ?

シュウ『レン君~』

バック・アロウ 第4話 感想 1061

)シュウ
 君の今の仕事は

 天命宮大長官の裏切りを速やかに本国に伝える事だよ♪


)レン・シン
 いいえ!


バック・アロウ 第4話 感想 1071

)レン・シン
 裏切るなら、私はあなたと戦わなければならない!


)シュウ・ビ
 三体のブライハイト対、武器を失くした素手の兵士…

 どっちが勝つか君たちなら解るよね?


バック・アロウ 第4話 感想 1075

)シュウ・ビ
「武人のプライド」なんて余計な物はない!

 現実主義者の君たちなら


)シン・フウスイ
 姉ちゃん、シュウの奴の言う通りだ…


バック・アロウ 第4話 感想 1078
バック・アロウ 第4話 感想 1088
バック・アロウ 第4話 感想 1090

あなたにとって、カイ将軍も利用するだけ存在なのですか!(レン』

趣味と実益
 四界鬼隊は素直に撤退

 最初から、流血を避ける為の人選だと

 四界鬼隊も金や、自分の命を優先して考える
 彼らも、自分の都合で考えるから
 信用に足りた

 そこが「シュウの都合」に合って

 シュウは、多分似た者同士だから
 彼らを採用したのか

 また多分、壁破壊は「壁の代理人・凱帝」の権威を崩す事が出来る

 趣味と実益、両方の最短路なのね

シュウ『さあて、作戦会議だよ諸君!

バック・アロウ 第4話 感想 1097

……やれやれ、やっぱりこうなる、か(シュウ』

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
 おやおや、アタリーまで銃を向けてる!!

 性格的に対極でしょう

 シュウも当然、こうなるとは解っていたものの
 ほんの一抹、希望は持っていた
 そんな口調な気が

 これも「天才だから、解って貰えない」

 意図を理解し、当意即妙に話が出来る人間

 彼はそんな人を探してるのかね

エルシャ『ねえ!なんでグランエッジャは動かないの!』

バック・アロウ 第4話 感想 1100

)シュウ
 グランエッジャ?

 ああ、この城艦の名前か


)エルシャ
 城艦!?


バック・アロウ 第4話 感想 1101

)シュウ
 陸を征く巨大な艦、古い記憶でそれは城塞戦艦と呼ばれている!


)エルシャ
 名前なんてどうでもいいから!

 何で動かないのって聞いてるの!


バック・アロウ 第4話 感想 1106

)シュウ
 このリンガリンドの大地の下に

 流体金属の鉱脈があるのは知ってるよね?


)エルシャ
 はぁ?


バック・アロウ 第4話 感想 1115

)シュウ
 知らないか~

 地面の下に、大きな網のような金属の河があると考えてくれ


 その河は、特定の金属に反発する力を持っている


バック・アロウ 第4話 感想 1122

)シュウ
 鉄走騎もこの城艦も

 リンガリンドの乗り物は皆

 その反発する力を利用して地面から浮いて移動するんだね~


バック・アロウ 第4話 感想 1136

)シュウ
 さっき四界鬼隊が撒いた「ゼツエンリウム」は、その反発力を無効にする力がある!

 だからこの城艦は地面から浮かなくなり

 動けなくなった、という訳だ


 ま、あと一時間もすれば動くようになるよ


バック・アロウ 第4話 感想 1137

)一同
『『『『はあ~~~~~~~』』』』


)村長
 今のは悪魔の呪文か~?


)アタリー
 死ぬかと思った…


バック・アロウ 第4話 感想 1145
バック・アロウ 第4話 感想 1158

 ちょっぴり理解が難しかったご様子

Hasta la vista, baby
 とにかく動くと解れば良し!!

 動かないなら、旅の終わりですもんね

 本作は、マグマならぬ金属の河が流れている
 実際、水銀なんてものなら実在しますが
 常温液体金属なのか

 ただ、金属鉱脈でなく「液体」な事

 メタ的に、何か意味があるのかね
 形状記憶合金?

 巨大な何かが、液体化してる状態だったりして

 ターミネーター2みたいな
 
シュウ『でも、ここからが大変だよ♪』

バック・アロウ 第4話 感想 1161

)シュウ
 最強の敵が現れるから♡


)ビット
 ゴタクはもういい!

 こいつは俺たちを襲った、そのあと味方になるという!


バック・アロウ 第4話 感想 1167

)ビット
 この前と同じじゃねーか!


)一同
『『『あっ……』』』


バック・アロウ 第4話 感想 1170

)エルシャ
 タイロンか…


)ビット
 俺はもう騙されねェぞ!

 絶対なんか企みがあるんだ!


バック・アロウ 第4話 感想 1171

)ビット
 こんな奴の言う事なんか一切聞かないぞ!


)シュウ
 あ~、そんな事があったのか……


バック・アロウ 第4話 感想 1174

)エルシャ
 信用して欲しいなら、自分自身の命を懸ける事ね

 その男(アロウ)みたいに…


)シュウ
 やれやれ、賭け事は嫌いなんだけどな~


バック・アロウ 第4話 感想 1177
バック・アロウ 第4話 感想 1185
バック・アロウ 第4話 感想 1186
バック・アロウ 第4話 感想 1189

 意外!それは雑巾隊長ッ!!

タイロン・ダスター
 シュウ、聞いただけで理解したのが流石

 ビット君が人間☆不信に…

 シュウはカイ襲来を予想し、村人に説く事で
 役立つ、と説得する予定だったも
 敢えなく失敗に

 最強の敵が来るのに仲違い!!

 シュウ、アピールして取り入るのは
 相当自信があったハズ

 何せ凱帝国では、長官まで出世したんですから

 エルシャの信頼が見えたのは良し!!

カイ『どうしたレン、シュウはどこだ?』

バック・アロウ 第4話 感想 1195

)レン
 シュウ様は…、裏切りました!


)カイ
 ………今、何と言った!!


バック・アロウ 第4話 感想 1196
バック・アロウ 第4話 感想 1199
バック・アロウ 第4話 感想 1209
バック・アロウ 第4話 感想 1214

 このデカイ刀、最初は凱帝が使いそう

最強の敵
 早くもカイ襲来が確定

 この展開の早さ、次回でもう激突?

 シュウってば、自分を信頼する人を泣かせて
 嘆かせて、ひどい話ではあるものの
 全ては「誓い」の為

 カイが気付くのは時間がかかりそう

 ただ、カイが何より気にすることは
 レイの事な気がします

 ぶん殴ってから「そこじゃねえ、泣かした事だ!」とか叱りつけそう

 カイさんはきっとそういう男よ!!

♪ その目を開いて 迷いや不安で瞳曇らないように
♪ 見渡す限りそこはセカイノハテ

バック・アロウ 第4話 感想 0000
バック・アロウ 第4話 感想 0001
バック・アロウ 第4話 感想 0002
バック・アロウ 第4話 感想 0004
バック・アロウ 第4話 感想 1251
バック・アロウ 第4話 感想 1252

 まさかの、途中で力尽きるシュウ・ビ

セカイノハテ
 笑った笑った!この演出は予想外だ!!

 EDでも「自分の都合」

 でも疲れて、“自分の都合”で遅れてきた彼を
 村の皆はちゃんと待っている
 そこがいい

 理解し、一緒に歩いてくれる人がいる

 シュウが、嬉しそうに笑うのが
 また素敵でしたわ

 カイとレンにボコられないかヒヤヒヤした!!

※トップに戻る



感想追記
中立地帯を抜け、北側の「壁」を目指す!!

バック・アロウ 第4話 感想 082

 つまり目的地は、シュウ達の故郷辺り?

独立愚連隊、北へ
 メタ的に、そういうドラマなんでしょうか

 二人誓った北壁で、世界が変わる?

 今回の件、シュウの孤独さも感じる回でしたが
 無論、彼が周りに説明していれば
 展開は大きく違った

 思うに、そういう理解が欲しい訳じゃないのか

 全て説明し、“理解して貰う”関係でなく
 説明せず話せる友達が欲しい

 その「天才の孤独」が寂しげな感じ

 カイとはある面でそうなんでしょうけど

エッジャ村でもあれこれ説明
結局、誰も話についてこれなかった

バック・アロウ 第4話 感想 160

 もちろん身勝手だなあ、とも思うんですが

 誰か、対等に話をしてくれる人間が欲しい
 でも、そんな人いなかったら
 ひねくれてしまった

 そんな印象を受ける回でした

 身内キャラは、ひとまず出尽くした感も
 どこかで出会うんですかね

 それこそ「外」の人?

自分でなく、カイを裏切る事を責めたレン

バック・アロウ 第4話 感想 1209

 絶対、レンを泣かした件でカイに殴られそう

 敵対し和解する、これが既定路線でしょうが
 次回、早くもカイが襲来するなら
 案外六話辺り?

 全体に、サクサク進みますね!!

※トップに戻る

公式ツイッターより























2021年1月29日 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」

バック・アロウ 第4話 感想 1257

 制作元ヴォルン社と縁深い、MARUアニメーション社の制作協力回

スタッフ
 脚本:中島かずき
 絵コンテ: 坂田純一
 演出:尾之上知久
 作画監督:MARUアニメーション
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:MARUアニメーション

あらすじ
 壁を目指すアロウとグランエッジャに、レッカ凱帝国のシュウは傭兵集団・四界鬼隊を引き連れ、本格的な攻撃を始める。4体のブライハイトを相手に苦戦するアロウ。

 ブライハイトでの戦闘経験が少ないアロウには打つ手がないかに思われたが、自分が信念を持たないことを逆手にとり、アロウにしかできない戦術・自己分身で四界鬼隊を倒すことに成功する。

 しかしすぐに、無数のレッカ兵がグランエッジャを取り囲む。アロウたちには再び戦う力はほとんど残っておらず、とうとう絶体絶命かと思われたその時、突如シュウが兵士たちの武装を解除。

 グランエッジャに投降すると言いだすのだった。

カイと「袂を別った」シュウ
次回予告、並んでいるのは回想シーン?

バック・アロウ 第4話 感想 1297

 もっともシュウ、裏切ったつもりはないハズ

「縛られない生き方」か
 二人の願いはレッカの変容、手段の違い

 アロウならカイを倒しても安全

 カイが、今日を「昨日の延長」だと思うなら
 シュウの、急な「裏切り」に怒るも
 きっと今日は今日

 月並ですが「今日は今日しかない」

 なのに、昨日までは✖✖だったからとか
 昨日を引きずっちゃいけない

 OPにもある「誠実に生きる事」の、一つの形じゃないかと僕は思いました

 シュウは周りに迷惑かけすぎですが!!

 次回、第5話「今日は昨日の明日なのか」

トップに戻る





※過去一覧記事ページ



























 バック・アロウ 第1話「飛んできた男にパンツはあるか」
 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」
 バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」
 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」
 バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」
 バック・アロウ 第6話「美少年牧場ってマジなのか」
 バック・アロウ 第7話「壁はそんなに堅いのか」
 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」
 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」
 バック・アロウ 第10話「持たざる者にも意地はあるのか」
 バック・アロウ 第11話「真っ向勝負の戦争なのか」
 バック・アロウ 第12話「誇りも積もれば芥となるか」
 バック・アロウ 第13話「姫が立つ時 天は泣くのか」
 バック・アロウ 第14話「その戦場に愛はあるのか」
 バック・アロウ 第15話「仕組まれた動乱は何を生むのか」
 バック・アロウ 第16話「人が平和を望む時、神は何を欲するか」
 バック・アロウ 第17話「かくて彼らは立ち上がるのか」
 バック・アロウ 第18話「これが世界の真理なのか」
 バック・アロウ 第19話「お前に始末がつけられるのか」
 バック・アロウ 第20話「人の怒りは神に届くか」
 バック・アロウ 第21話「誰が私をとめられるのか」
 バック・アロウ 第22話「それでも俺はなぜ生きるのか」
 バック・アロウ 第23話「天から降るのは破滅の印か」
 バック・アロウ 第24話「【最終回】」

トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング