公式サイト バック・アロウ 第2話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
2話『夢はまったく迷惑なのか』感想
外に戻る! バックに触発、早くも国際紛争!?

バック・アロウ 第2話 感想
バック・アロウ 第2話 感想
バック・アロウ 第2話 感想

 やっぱり移動要塞じゃないか!! 予告ネタバレ!!

 成程、消滅させず倒す力は「平和」には一番

 西洋国は、頭お花畑級の平和主義者が中核も
 彼女の夢、平和への願いが争いの種に!!
 忖度って困ったものよ

 また村の貧しさは、行き場がない象徴か

 旅立ち一択あるのみな訳だ!! 

実は落下は「必然」
 EDも楽しかった!! 何あのちょっと愉快な絵面!!
 予言は、バックを世界を滅ぼす者と明言
 でもこの予言は正しいのか?

 あったよパートII、偶然落下、落下した先の大物

 エリシャの豪運にも大笑いだ!!

バック・アロウ 2話 感想


・バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」

・冒頭「この恩は忘れない」
 OP曲LiSA「dawn」
 Aパート「5,678人の壁」
 
・共犯、シュウ・ビと、バック・アロウ
 カイ・ロウダンの気付き
 バック・アロウ、服を着る
 エッジャ村の「現在」と「過去」

・Bパート「お姫様の迷惑な夢」
 イキ合愁国の決断
 二体目のブライハイト
 
・ラクホウ、最大の禁書
 禁書の予言
 ED 斉藤朱夏『セカイノハテ』
 感想追記 22時

・公式ツイッターより
  …刷新OPEDが、期間限定で配信!!
 制作スタッフ
・次回サブタイ
  …ちょっと待って後ろの人ー!!
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・7ページ目へ
  …Bパートへ
・14/14ページ目へ

※過去一覧記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 金曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員は見放題

バック・アロウは、レッカで予言されていた
村への落下も「必然」と判明も

バック・アロウ 第2話 感想
バック・アロウ 第2話 感想



 予告は完全新規音声、そりゃ豪華な話だ!!

ラクホウの禁書
 円環に守られた大地は栄え、人々は再び命を繋ぐ

 バックが己を悟る時、この世界を滅ぼす

 現世界は、文明崩壊後に再建された世界か
 円環、というのは単純に壁か
 外によるコントロール?

 一度滅び、もう滅びないよう守られた世界?

 バックの「滅び」とは
 世界を、自由に返す事なんですかね

 或いはバック到来が、かつて滅ぼしたものを目覚めさせるパターンか?

 絵、赤い月こそ敵である様子も…?

全体あらすじ
コードギアス的にユーフェミア枠らしい姫様

バック・アロウ 第2話 感想

 虐殺です♡とか言わないのを祈るばかり

あらすじ
 アロウとシュウは、壁の外へ向かう為に協力

 またエッジャは、祖先が住む地を追われた
 アロウを養っておく余裕はないと話し
 出ていくよう頼み込む

 最中リュートの姫、アロウに目をつける

 同国・政務卿は、イキ合愁国に圧力をかけ
 合愁国はエッジャ殲滅を決断

 幸いアロウが撃退、エルシャも機装顕現成功

 エルシャは「城艦」を起動してしまう

 次回、第3話「巨大な城艦は希望になるか」

※トップに戻る





ナレーション『リンガリンド、その地は壁で囲まれた世界』

バック・アロウ 第2話 感想

 前回、辺境・イキ合愁国にラクホウが落下

 中は、初めて「人間」が入っていた。全裸で
 男は、殆どの記憶を失っていたが
 壁の外に帰ると言う

 壁の外を考えるのはレッカでは禁忌

 だがシュウ・ビは何か思い至り…?

ナレーション『壁がその地を覆い、守り、育み、育てた』

バック・アロウ 第2話 感想 1205

)ナレーション(cv武内駿輔氏)
 壁は神―

 それがその大地、リンガリンドの根幹であった


※略


 記憶を持たぬその男は、信念すらなくブライハイトを操ってみせる


バック・アロウ 第2話 感想 1231

)ナレ
 男は言った

『俺は壁の外に帰る』と

 リンガリンドにとって常識外れのこの男、その名は…


バック・アロウ 第2話 感想 022

)男
 アロウ、バック・アロウだ!


)ビット
 だから!ホントの名前言えっての!


バック・アロウ 第2話 感想 024
バック・アロウ 第2話 感想 026
バック・アロウ 第2話 感想 028

そんなテキトーな…、って聞いてんのかよ人の話!!(ビット』

バック・アロウ
 輪っかは遊びやすいから仕方ないね

 何気にナレーション、過去形へ変化

 壁は神というのが、根幹「だった」と過去形
 元々、ラクホウなんてあるんだから
 俄かに疑いが増す訳か

 昨日までの常識は非常識

 実際、昔は地動説主流
 ガリレオ・ガリレイも17世紀の人物

 そう指さして笑っちゃいられない話かも

 絵面は大笑いですが

アタリー『あの…、早くパンツ穿いてください!』

バック・アロウ 第2話 感想 031

)バック・アロウ
 おう…、アンタの親父さんの形見!

 心して穿かせてもらう!!

 この恩は忘れねェ! ありがとうっ!


バック・アロウ 第2話 感想 038

)バック
 じゃあな、あばよっ!


)エルシャ
 どこ行くの?!


バック・アロウ 第2話 感想 043
バック・アロウ 第2話 感想 045
バック・アロウ 第2話 感想 055
バック・アロウ 第2話 感想 062
バック・アロウ 第2話 感想 069
バック・アロウ 第2話 感想 074
バック・アロウ 第2話 感想 077

 なるほど、巨人形態なら快速特急ですわな

遂にパンツを穿いた!!
 バックは便利な「足」を手に入れた訳だ!!

 壁に帰ると、あっさり去っていくバック

 しかし早々、帰れるハズなどありませんけれど
 果たして、何が障害となるのか?
 思った矢先アタリーが

 なるほど搭乗者には負担がある

 これが「走って帰る」で駄目な理由か
 冒頭から解りやすい

 いやあ冒頭から話が早いわ!!

公式での告知通り、今回から正式なOPへ
歌うのは女性歌手「LiSA」

バック・アロウ 第2話 感想

■dawn 歌詞
 歌・作詞:LiSA
 作曲:草野華余子、堀江晶太
 編曲:堀江晶太


 無数に広がる夢と願いが
 夜に飲み込まれ姿を消してく

 試されている この答えと僕の覚悟はホンモノか?

 まだ終われないな

 喜びを吸い込んで 不安を吐き出して
 生かされてる意味を ずっと探してるんだよ

 たとえヒトリゴトになったとしても
 これが 僕の 確かな光と祈り

 誠実に生きることで 強くなれると知った

 見逃すなDay by Day
 ただ迷い 彷徨い いくつもの日々を追い越したんだ

 生き残ったこの世界で
 新しい 眩しい 幕開けを 迎えに行こうか


バック・アロウ 第2話 感想 10
バック・アロウ 第2話 感想 29
バック・アロウ 第2話 感想 1415
バック・アロウ 第2話 感想 38

 村人の映像は、まさに今回を示唆したもの

dawn
 意味は夜明け、壁に閉ざされた世界の夜明け

 試されている、なら終われない

 立ち向かう歌詞が、なんとも心強いですわ
 自分の答えは、自分の価値観に基づく
 自分だけのもの
 
 ただの独り言かもしれない

 それでも「自分」を生かしてくれる希望

 熱い曲じゃないのさって思うね!!

第2話「夢はまったく迷惑なのか」

バック・アロウ 第2話 感想 132

 夢を追う人間が、周りに迷惑をかけるお話

 もちろんバック、それにシュウ・ビもか
 レン・シンは彼に厳しくもあり
 甘くもあり

 OP的にはシュウと将軍の軋轢に巻き込まれ、苦労する事になりそう

 そしてもちろん新ヒロインの事なのね

バック『……あーあ…、行けども行けども近付けやしねェ………』

バック・アロウ 第2話 感想 136

 結局バックは、腹が減って力尽きてしまいます

 ここは辺境も、壁はここからでさえ遥か彼方
 どうも、五、六時間走っていた様子
 通常なら一、二時間が限度

「信念力(しんねんぢから」が切れ、自動解除されたらしい

 冨野監督イズムを感じる

『やれやれ、ああ見えて壁は相当高いよ?』

バック・アロウ 第2話 感想 141

)シュウ・ビ
 ここから何十日かかるか~


)バック
 何なんだよお前ら~


※略


バック・アロウ 第2話 感想 147

)シュウ・ビ
 君はホントに壁の外から来たのかい?


)バック
 ああ


バック・アロウ 第2話 感想 151

)シュウ・ビ
 外に何がある?


)バック
 解らねえ、でも戻ればわかる

 壁の外にいければ…


バック・アロウ 第2話 感想 154

)レン・シン
 壁の外などないッ!

 ある訳がない!


)シュウ・ビ
 まあこれが普通の反応だ


バック・アロウ 第2話 感想 160
バック・アロウ 第2話 感想 170
バック・アロウ 第2話 感想 175
バック・アロウ 第2話 感想 177
バック・アロウ 第2話 感想 178

外は虚無、世界はすべて壁の中というのがこの世界リンガリンドだ(シュウ』

思想統制
 意外に「肉くれ」とは言わないバック

 これはホント意外

 彼は子供、でも他人の物を欲しがったりしない
 他人の物は、他人の物と解っている
 根本的に文明的なのかね

 辺境では壁の外と言えば笑われる

 帝都では即射殺級らしい
 帝国は、旧文明の名残そのものなのかね

 それとも裏から、直接統治されているのか

 皇帝陛下は気さくな人っぽいものの

シュウ『人々は、そう信じている…』

バック・アロウ 第2話 感想 191

)バック
 お前は?(壁をどう思ってる?)


)シュウ・ビ
 ふふん、僕は天才だからね♡


バック・アロウ 第2話 感想 192

)シュウ・ビ
 壁の高さは一万ゲントはある!

 僕の背丈が1.78ゲント、ざっとその5,678倍だ

 ほうほうの体で辿り着いたとして


 5,678人の僕を跳び越すつもりかい?


バック・アロウ 第2話 感想 200
バック・アロウ 第2話 感想 205
バック・アロウ 第2話 感想 206
バック・アロウ 第2話 感想 207
バック・アロウ 第2話 感想 211
バック・アロウ 第2話 感想 212
バック・アロウ 第2話 感想 216
バック・アロウ 第2話 感想 217
バック・アロウ 第2話 感想 222
バック・アロウ 第2話 感想 224

…なんか腹が立ったからな!(バック』

理詰め
 この野蛮人!!

 対しシュウ様、エアバッグとは文明的だ!!

 おかげで、落下時のショックが吸収された!!
 顔は防げないも、便利もんですわ
 要人専用の装備か

 まあムカつくのは解る

 ただバック、村人は殴りませんでした
 行動基準が探れて面白い

 レン・シンも、役職を越えて怒ってるっぽいですね

 ええ子じゃないですか 

バック・アロウ『でも、おかげで解った』

バック・アロウ 第2話 感想 228

)バック・アロウ
 一人のあいつなら殴り飛ばせるが

 5,678人のアイツは無理だ


)レン・シン
 訳の分からない事を!


バック・アロウ 第2話 感想 230

)シュウ・ビ
 やめろ!レン君!

 アロウ君、これが君なりのコミュニケーションという事か


 お腹空いてるなんだろう?

 良かったらどうぞ


バック・アロウ 第2話 感想 233

)バック
 …ありがとよっ!

 ンまい!


)シュウ・ビ
 当然!アリクイイノシシのもも肉だからね♪


バック・アロウ 第2話 感想 235
バック・アロウ 第2話 感想 246
バック・アロウ 第2話 感想 254

それにレン君、こう見えて料理の腕もなかなかなんだよ♪(シュウ』

対話
 隙あらば部下を褒める上司の

 いやあ、腹減ってくるなあ

 シュウ、暴力も「意思疎通」だと理解が早い
 彼の、長ったらしい否定意見へ
 バックの「返事」

 返事し、バック自身も理解が深まった

 シュウが、人間を「単位」にしたから
 その重みを殴って理解か

 即座に数を記憶し、やはり地頭はいい

 本来どんな人格なんでしょう

バック『止めても俺は行くぞ、壁に』

バック・アロウ 第2話 感想 262

)シュウ
 止めやしないよ


)バック
 力を貸してくれるか?助かる!


バック・アロウ 第2話 感想 265

)シュウ
 その代わり、何日か行動するのを待って欲しい

『満天の星は天蓋の境、蕭然たる壁は世界の果て』


 その理に挑むには、僕といえど解らない事が多すぎる!


バック・アロウ 第2話 感想 270

)バック
 お前を信じる理由があるのか?


)シュウ
 僕を疑う理由があるか?


バック・アロウ 第2話 感想 272

 とりあえずうさんくさい

天蓋
 この世界、空にも壁があるのか?

 星は天蓋、天の蓋との境界

 実際、前回でラクホウが投下された際には
 魔法陣めいたものを通過
 あれが「境」?

 星は境、防衛線? 迎撃衛星?

 壁に着くまで、一クール使う流れか
 六話くらいでパッとつくか

「空」はどうなんでしょ
 
バック『…どっちもない!』

バック・アロウ 第2話 感想 279

)バック・アロウ
 何せ何も覚えてないんだから


)シュウ・ビ
 論理的判断が出来るようで安心したよ~


バック・アロウ 第2話 感想 284

)シュウ・ビ
 ま、僕は僕の都合で話をしている

 それを信用するかは、君の都合でいい


)バック・アロウ
 5,678人のお前は気に入らないが、その言い方は悪くない!

 嘘はついていないからな!


バック・アロウ 第2話 感想 286

 自己利益だ、と素直に言うなら信じられる

共犯者たち
 そもバックは腹ペコで無力でした

 捕らえたいなら、捕らえりゃ良かった

 なのにわざわざ、こんな回りくどい時点で
 疑うにはあたらないと思えたか
 自分の身元も不明だし

 バックは彼自身の価値を知らない

 村人も賞金稼ぎも
 揃って、小汚いと連呼してましたし

 元々素直な上、知識もない

 他人を疑う材料が乏しい人なのね

ソーラ・アシン『“信念値”も正常だ、精神力は平常に戻ったね』

バック・アロウ 第2話 感想 295

)ソーラ・アシン
 ブライハイトは

 人間の意思の力で具現化するシステム

 初めて使ってこのくらいで目が覚めたんなら、丈夫な方だ


バック・アロウ 第2話 感想 296

)ビット
 このエッジャ村で育ったんだ!

 タフで当然ッ!!


)エルシャ
 なんでビットが威張る


※略


バック・アロウ 第2話 感想 300

)アタリー
 捜さないと!

 いくらブライハイトでも壁までなんて無理よ!


バック・アロウ 第2話 感想 305

)ビット
 俺ン家壊した奴だ!ほっときゃいいって!


)アタリー
 でも、私を助けてくれた!


バック・アロウ 第2話 感想 316
バック・アロウ 第2話 感想 320
バック・アロウ 第2話 感想 324
バック・アロウ 第2話 感想 325
バック・アロウ 第2話 感想 327
バック・アロウ 第2話 感想 332
バック・アロウ 第2話 感想 338

…ウチのじゃないんだけどなあコレ!(ビット』

ご返却
 曰く、レン・シンが置いてったらしい

 ちくしょういいムキムキ作画だなあ!!

 また村人、メインキャラが変身できる事は
 そも、辺境育ちでタフだからか
 ビットはどうなのか?

 次回、早くも試してみるっぽい感も

 また村人は、基本「巻き込まれた側」で
 バックに恩など感じてない

 その点、庇って貰ったアタリーだけ意識が違うのか

 指さしシーンもいなかったですし

シュウ・ビ『あ、僕のこと止めようと思ってる?』

バック・アロウ 第2話 感想 340

)レン・シン
 そんな無駄な事はしません

 ただ、壁の外などというタブーは、決して宮中で口にしないでください


 凱帝陛下の耳に入ればいくらシュウ様でも


バック・アロウ 第2話 感想 345
バック・アロウ 第2話 感想 346
バック・アロウ 第2話 感想 350

 王都、とんでもなくデカい刀があった!!

レッカ凱帝国
 今までアングル的に解らなかったらしい

 いずれ、これで壁を破るのか?

 世界を二分、武勇を尊ぶ国柄を持つ西方国家
 もう一つ、知性を尊ぶ東方国家は
 特にこんなのありません

 基本、国を象徴するモニュメントっぽい

 レン・シン、思った以上にシュウに甘い
 OP的には苦労しそうも

 しかしこの空中バイク、めっちゃ速いな…
 
カイ・ロウダン『やっと戻ったか!シュウ~!』

バック・アロウ 第2話 感想 367

)カイ・ロウダン
 どうした、その頬は?

 ハハハ!部下に手を出すとは地に落ちたなぁ♪


 強引に迫ってひっぱたかれたか?


バック・アロウ 第2話 感想 368

)レン・シン
 それは…!


)カイ・ロウダン
 動揺するなレン・シン

 この男にそんな甲斐性がない事はよく解っている


バック・アロウ 第2話 感想 377

)シュウ 
 失敬だよカイ


)カイ
 が、だからこそ待っていた

 第二のラクホウは見つかったのか?


バック・アロウ 第2話 感想 379

)シュウ
 …一日待ってくれ。まとめて報告する!


)カイ・ロウダン
 無茶するなよ?


バック・アロウ 第2話 感想 387

)カイ・ロウダン
 竹馬の友が、竹馬から落ちるのは見たくない


)シュウ
 ご心配なく~

 竹馬なんかやった事ないから!


バック・アロウ 第2話 感想 391
バック・アロウ 第2話 感想 394
バック・アロウ 第2話 感想 398

 さてカイは、何に首を傾げたのか?

疑惑
 昔、竹馬に乗ったことがあった?

 後ろ姿から、エアバッグ発動に気付いたのか?

 またこの後、シュウは禁忌で危ない橋を渡り
 次回、誰かに咎められる気が
 カイにか?

 カイは禁忌に関しガチガチ?

 OP、前回OPで仲違いを示唆する為
 少しヒヤヒヤします

 でもシュウの友達なら、禁忌とか気にしなさそうですけれど

 皇帝への忠誠 友情なのか?

バック・アロウ『…ぶはーっ!』

バック・アロウ 第2話 感想 403

 翌日、旨そうに井戸の水を飲むバック

 まさか前振りだったとは

 西部開拓地がモデルも、水は豊富なのが救い
 ただ、いかにも土が固そうですから
 耕作に向いてないよねえ…

ジム『アロー!

バック・アロウ 第2話 感想 407

)トム
 アロウが斧だ♪

 薪投げるから、頭でカチ割って♪


)バック・アロウ
 おう!


バック・アロウ 第2話 感想 409

)ジム
 てい!


)バック
 おー…


バック・アロウ 第2話 感想 412

)トム
 すげー!


)バック
 ようし!次はお前たちの番だー!


バック・アロウ 第2話 感想 418
バック・アロウ 第2話 感想 421

 このガキ共、本気で投げおった!!

トマホークヘッド
 バックが、普通じゃなくて良かった

 石頭ってレベルじゃないよ!!

 直後、バックなりにからかったのか本気か
 多分、本気で投げ返す気だから
 危ない所だった

 子供ら、痛いこと解ってるんじゃん!!

 なのにどこで覚えてきたやら
 子供は、変な遊びほどよく覚えますな

 そっかー、解ってたかー
 
アタリー『ダメでしょうあなた達、アロウさんはまだ疲れてるんだから~』

バック・アロウ 第2話 感想 427

)アタリー
 ごめんなさいね?

 乱暴な子達で…


)バック
 いや、おかげで俺の頭は固い事が解った!


バック・アロウ 第2話 感想 428
バック・アロウ 第2話 感想 435
バック・アロウ 第2話 感想 440
バック・アロウ 第2話 感想 443

ありがとう、服まで貰った上に…(バック』

ポジティブ
 子供らは、アタリーが面倒みてるそうな

 なので手当とか慣れたものなのね

 またバック、冗談でなく物事をプラスで解釈
 前回も、逃げるほど強くなる敵から
 敢えて逃げたように

 その追跡力を見てみたいと思ったように

 つくづく他人に肯定的
 それが、敵が消滅しない理由なのか?

 実にポジティブモンスター

アタリー『それの礼はビットに言って? 仕立てたのはビットなの』

バック・アロウ 第2話 感想 448

)バック
 へえ~


)ビット
 文句あんなら脱げよ!


バック・アロウ 第2話 感想 453

)バック
 いや、良い出来だ!

 気に入った♪


)ビット
 えへへへ…

 !テメーは気に入らねえがアタリーを助けてくれたからな!


バック・アロウ 第2話 感想 461
バック・アロウ 第2話 感想 463
バック・アロウ 第2話 感想 467

 裁縫上手、バカにされることが多いのかしら

ビット
 意外な長所があったビット、村一番だという

 が、エルシャは「銃が下手」と揶揄

 多分そうやって、ワンセットなんでしょうか
 裁縫を褒められ、銃を貶され
 結果ひねくれたのか

 エルシャ達はからかいのつもり

 前回、まるでいい所なかったですが
 裁縫で重宝されてたのか

 村人が皆、彼を愛してるのは前回から察せられます

 でも裁縫じゃなく、強くなりたいのかな

ビット『これで貸し借りなしだ!

バック・アロウ 第2話 感想 470

)バック
 お前に貸しなんてない


)ビット
 俺ン家壊しただろうがー!


バック・アロウ 第2話 感想 474

)バック
 そうか…、そいつは悪かった!

 良し、建て直してやる!


 ほぉら出来たー!


バック・アロウ 第2話 感想 477
バック・アロウ 第2話 感想 483
バック・アロウ 第2話 感想 485

ずっと居るつもり? ここに(エルシャ』

家返し
 これはひどい。

 その内、材料を集めて直すと約束するバック

 性格上、必ず「家」を渡す事になるハズも
 果たしてどんな奇想天外な…
 楽しみですね

 絶対これ前振りだと思う!!
 
 恩返し、貸し借りを大事にする子ですから

エルシャ『あなたさあ、どこかの国から抜け出してきたんじゃないの』

バック・アロウ 第2話 感想 490

)エルシャ
 ラクホウの力を使って

 でも制御できなくて、頭を打って記憶を失くした


 いえ、それも芝居という事だって…


バック・アロウ 第2話 感想 495

)ビット
 そうだよー!

 俺も今、そうだと思ってんだー!

 どうなんだアロー!


バック・アロウ 第2話 感想 502

)バック
 俺は壁の外から来た

 それだけは間違いない


)エルシャ
 ………来て


※略


バック・アロウ 第2話 感想 505
バック・アロウ 第2話 感想 508
バック・アロウ 第2話 感想 513
バック・アロウ 第2話 感想 519
バック・アロウ 第2話 感想 530

)エルシャ
 見て、あそこが私達のエッジャ村よ

 狩りで倒した獣と、ささやかな畑からできた野菜

 生きていくのにギリギリの暮らし…


 そういうところなの、あの村は


バック・アロウ 第2話 感想 532
バック・アロウ 第2話 感想 0538
バック・アロウ 第2話 感想 539
バック・アロウ 第2話 感想 541
バック・アロウ 第2話 感想 545

私もビットもアタリーも、親はもういない(エルシャ』

エッジャ村
 だから出て言って貰いたい

 村長が決定、エルシャが説得役を担った

 わざわざ、嫌われ者になろうとしてるんですね
 前回みたいに、また巻き込まれる前に
 早々に出て行ってと

 バックの「夢」はここでは迷惑

 私的には、前回で説得が通じなかった以上
 居てくれた方がと思うも

 でも喰い扶持は大問題

 草がなければ畜産で肉を得るのも難しい

エルシャ『だからこれ以上、危険は増やせないの』

バック・アロウ 第2話 感想 547

)バック
 俺の事か


)エルシャ
 ラクホウを狙うならず者はいっぱいる!


バック・アロウ 第2話 感想 548

)バック
 俺には皆、逞しい顔に見えるがなあ


)ビット
 明日がないから、今日を楽しく生きる

 皆、そう思ってるだけだ


バック・アロウ 第2話 感想 552

)バック
 だったら出てけば良いじゃねえか?

 あそこから


)エルシャ
 どこに!

 この世界は今、レッカとリュートという大国が争っているとこよ!

 私たちの祖先は、そこに住めなくなって

 ここまで流れてきたの!


バック・アロウ 第2話 感想 558

)エルシャ
 イキの国という小さな勢力に頼み込んで

 ここに住む権利を分けて貰っただけの存在なの!


)バック
 だから外だ


バック・アロウ 第2話 感想 561

)バック
 壁の向こうへ行けばいい


)エルシャ
 !? そんなものはないって言ってるでしょ

 私達には、流れ者を養う余裕もなければ、おかしな夢を見るゆとりもないの


バック・アロウ 第2話 感想 570

)エルシャ
 あなたが持っているツノウサギ

 あげるから出て行って!

 ここから


バック・アロウ 第2話 感想 573

)ビット
 後これも!

 水とシカウマの干物

 これが俺たちの精一杯なんだ…


バック・アロウ 第2話 感想 576
バック・アロウ 第2話 感想 586
バック・アロウ 第2話 感想 590
バック・アロウ 第2話 感想 592
バック・アロウ 第2話 感想 595

 強がりを捨てると、ビットもいい子ですね…

行き場のない民
 てっきり、先祖代々の土地だからと思いきや

 逆に土地に愛着は一切なかった

 前回シュウは、エッジャ民が住んでた事に嘆息

 あれはエッジャが、追放された民だったから?
 おかげで「外へ」が選択肢になるも
 そんな体力はない

 まさに「夢は迷惑」だった
 
 村人自身、外に行きたいからこそ
 耳に毒なんですね

 しかし仮に追放民なら、何があったんでしょ

 次回、レッカ民のシュウ窮地…?

※トップに戻る

シュウ『レン君は引き続き、エッジャ村の監視を』

バック・アロウ 第2話 感想 601

)レン・シン
 また危ない橋を渡るつもりですか!


)シュウ・ビ
 君だけは誤魔化せないね~♪

 ほぉら♪


バック・アロウ 第2話 感想 0602

)レン・シン
 これは『封印禁書室』の入室証?

 凱帝陛下と宰相しかお持ちではないはずの…


)シュウ・ビ
 こんな事もあろうかとね~♪


バック・アロウ 第2話 感想 0607

)レン・シン
 まさか偽造


)シュウ・ビ
 声が大きい、時間がないんだ。

 ラクホウの男に関して、世界中が動き出す前に目途をつけないと…


バック・アロウ 第2話 感想 0610
バック・アロウ 第2話 感想 0613
バック・アロウ 第2話 感想 0620
バック・アロウ 第2話 感想 0626
バック・アロウ 第2話 感想 0629

村を襲った賞金稼ぎ、アレ多分リュートの手先だよ(シュウ』

デバッガー
 世界を二分する強国も、間もなく動く

 シュウなりの先手先手なんですね

 しかしあの無法者、国と繋がってたのは意外
 或いは、素性を隠す為の演技か
 考えてみりゃ当然

 ラクホウを安定して高く買うのは「国」

 金持ち相手に売り、闇ルートにと思ったも
 実際そういうのも居そう

 ただ「正規軍が入れないエリアで強引に奪う」には、ピッタリなのね

 行動が早すぎたのが裏付けかしら 

髭の軍事卿バラン・スジータ『…確かに壊れてるな…』

バック・アロウ 第2話 感想 0631

 とりあえず名前で笑わせてくる首都(?)

 マエストロとは芸術家、専門家に対する敬称
 イタリアおよびスペイン語。

「知性の国」で、楽器名を冠した国らしい首都名

 特に音楽の指揮者、作曲家などの敬称

金髪の政務卿ピース・グリンハウス『ラクホウの中に男がいて?』

バック・アロウ 第2話 感想 0635

)ピース政務卿(金髪)

 しかもブライハイトが破壊されてもワッパーだけが壊れる?


)バラン軍事卿(髭)

 常識外れにも程があるな


バック・アロウ 第2話 感想 0640

)フィーネ・フォルテ皇女卿(姫)

 話は聞かせて貰いました

 とんでもないことが起こったようですね


)ピース政務卿
 いえ、姫のお耳に入れるような事では


※略


バック・アロウ 第2話 感想 0645

)フィーネ皇女卿
 表立って軍が動けない時に、随分と役立ってくれたのですね?

 礼を言います!


)デバッガー
 いいえ、そんな俺なんか…!


バック・アロウ 第2話 感想 0648
バック・アロウ 第2話 感想 0654
バック・アロウ 第2話 感想 0660
バック・アロウ 第2話 感想 0664
バック・アロウ 第2話 感想 0669

 卿和国だけに、卿が共同運営している

話は聞かせて貰った!! 
 しかし公女卿が、一等上なんですな

 見た目通り厳格な身分制

 対し姫様は、解りやすく世間知らずタイプで
 身分に囚われず、善意で解釈し
 無法者も恐縮する程

 デバッガー、根は結構常識人なのか?

 前回も、ブライハイトの登録システム上
 アタリーを狙いはしたものの

 それ以外、人的被害は出てないらしいのも案外ちゃんと考えてたのか

 cv小清水亜美さんキルラキルとギャップが

姫『何故、人と人は殺し合わなければならないのでしょう…』

バック・アロウ 第2話 感想 0671

)デバッガー
 は?


)姫
 悲しい事です。だからこそ!

 ブライハイトで戦っても、人を殺めたりはしなかったラクホウの男とやら…

 ぜひとも会ってみたい!


バック・アロウ 第2話 感想 0681
バック・アロウ 第2話 感想 0688

 なるほど、平和主義者にうってつけ

姫の夢
 リュートにも「欲しがる」動機が生じた

 にしても、政務卿の表情は?

 姫は立場以上に、アイドル的なんでしょうか
 思わず「は?」と言いたくなる発想も
 政務卿は目を見張った

 姫の「夢」が、事態を動かす迷惑

 また、ブライハイト戦で消滅案件は
 兵士の士気を削ぐハズ

 解決は、国家的にも価値ある事ですな

バラン軍務卿『しかし、迂闊に軍は動かせませんぞ』

バック・アロウ 第2話 感想 0690

)バラン軍事卿 
 レッカを刺激してしまう


)フィーネ姫
 解っています

 しかし、その男の力が世界を平和に導くきっかけになるやも…


バックアロウ 第2話 感想 0695

)ピース政務卿
 平和を愛する姫のお心

 このピース・グリンハウスよく存じております!


)フィーネ姫
 では…!


バックアロウ 第2話 感想 0698

)ピース政務卿
 はい!


)政務卿(電話)
『…という訳なんだよ』

『エッジャ村は、君の国のモノだろ?』


バックアロウ 第2話 感想 0701

)ガライ・バリバガーン大統領
 ピース政務卿の頼み事とはいえ

 ウチも一応独立国家でしてねえ…

 弱小だからと言って、子供のお使いのような真似は


バックアロウ 第2話 感想 0704
バックアロウ 第2話 感想 0714
バックアロウ 第2話 感想 0716

 流れるように政治圧力をかけるファンサービス

夢はまったく迷惑なのだ
 全然、世界平和じゃないじゃないか!!

 こうして合愁国が動くハメに

 要は、レッカにバレて問題にならなければ
 他にどんな手を使ってもいい訳で
 政務卿が軍事圧力

 弱小国は辛いよ 合愁国の寅次郎

 大統領、名前は凄いしリンカーン風ですが
 見事に中間管理職

 まあアメリカなんざ、当初は貧乏国ですもの

 ゴールドラッシュもなさそうですし

ビット『…なんで増えてんの、肉』

バックアロウ 第2話 感想 0724

)アタリー
 アロウさんの置き土産でしょうか


)エルシャ
 貸しとか借りにこだわってたもんねえ…


バックアロウ 第2話 感想 0734

)隊長
 エッジャ村の民に告げる!

 我々はイキ合愁国の自警軍である!!

 これより隊長であるこの私! タイロン・ダスターの指揮の下!

 この村を捜索させてもらう!


※略


バックアロウ 第2話 感想 0737

)タイロン・ダスター
 騒ぐな!

 命令に従えば危害は加えない!

 くぅ~、こういうの一度言ってみたかったんだ~!


)リーン村長
 一体、何の捜索なんですか?!


バックアロウ 第2話 感想 0743
バックアロウ 第2話 感想 0748
バックアロウ 第2話 感想 0750
バックアロウ 第2話 感想 0751
バックアロウ 第2話 感想 0756
バックアロウ 第2話 感想 0760
バックアロウ 第2話 感想 0762
バックアロウ 第2話 感想 0775

その男なら出ていきました! もう居ません!(エルシャ』

タッチの差
 追い出した矢先に、“話が通じる”追跡者が!!

 古人曰く、後悔先に立たず

 自称自警軍も、隊長はドン・キホーテな人物
 この国、貧乏だけども平和なのね
 物語とか好きらしい

 気持ちはわかるが迷惑な人!!!

 また、車両はレッカのものと見た目同じ
 ラクホウ品なのか?

 あんなの量産できる技術力なさそうですし

ダスター『なんと!?』

バックアロウ 第2話 感想 0779

)ダスター
 という事なのですが、大統領閣下


)大統領
 もういい…


バックアロウ 第2話 感想 0780

)大統領
 なかった事にしろ

 リュートだけじゃない、レッカも来たら面倒だ

 エッジャ村ごと存在を消してくれ


バックアロウ 第2話 感想 0783

)ダスター
 イエッサー!

 全員戦闘準備に入れ!村を焼け!住民は皆殺しだ!

 いいな!これは演習ではない!


バックアロウ 第2話 感想 0787

)ダスター
 …ああ~♪ 一度言ってみたかったんだコレ!

 アッハッハー!

 これは演習ではない実戦だ~!


バックアロウ 第2話 感想 0789
バックアロウ 第2話 感想 0794
バックアロウ 第2話 感想 0804
バックアロウ 第2話 感想 0810
バックアロウ 第2話 感想 0816
バックアロウ 第2話 感想 0817
バックアロウ 第2話 感想 0820

ああ! また俺ン家が!?(ビット』

因果応報
 これは訓練でもリハーサルでもない!!

 ただ要は、エッジャ村自身と同じ

 他に、他国の介入を避ける手段がないから焼く
 前回、他に対抗する手段がないから
 バックを売ったのと同じ

 無力な大勢が、よそ者を売る図式

 レッカ国は武断派で、要求も苛烈そう
 その前に収めたいのは納得も

 隊長もブライハイト出せるだけあって、勢いのいい性格してやがる!!

 押し出しのいい性格が強いのね

アタリー『やめて!アロウはもうこの村にはいない、出て行ったの!』

バックアロウ 第2話 感想 0822

)ダスター
 やはり出したかブライハイトを…!!

 共犯と受け止める! この村は消滅!

 俺の任務は『大の虫を生かす為に小の虫を殺す事』なのだ…


バックアロウ 第2話 感想 0829

)ダスター
 フー!これも一度行ってみたかった台詞!!

 大の虫を生かすためにッ!


)アタリー
 ひどいこと言わないで!


バックアロウ 第2話 感想 0830
バックアロウ 第2話 感想 0839
バックアロウ 第2話 感想 0848
バックアロウ 第2話 感想 0852
バックアロウ 第2話 感想 0857
バックアロウ 第2話 感想 0860
バックアロウ 第2話 感想 0862

 おーっと今週もアタリー強い!!

ブライハイト戦
 敵はいかにもアメリカ野郎

 重装甲!パワー!火器!

 先日の軍人と違い、実に個性的で戦闘的です
 が、やっぱり鈍重であるらしく
 アタリーに翻弄

 アメ車はこれだから!!

 ブライハイト戦が始まり
 幸いに、合愁国兵も一時撤退しました

 巻き込まれちゃ堪りませんものね

ダスター『残念だったねえレディ!

バックアロウ 第2話 感想 0867

)ダスター
 私の信念は…

『長いものには巻かれろ』!


)エルシャ
 あー、もう!? ないのワッパー!?


バックアロウ 第2話 感想 0874
バック・アロウ 第2話 感想 0877
バックアロウ 第2話 感想 0882
バックアロウ 第2話 感想 0885
バックアロウ 第2話 感想 0888
バックアロウ 第2話 感想 0889
バックアロウ 第2話 感想 0890
バックアロウ 第2話 感想 0899
バックアロウ 第2話 感想 0906

どうしてこんなに戦う相手との相性が悪いかなー!?(ビット』

全くです
 この演出、まんまグレンラガンですね!!

 捕まって翻弄されるアタリー

 ただ、捕らえた上で撃ちまくればよさそうも
 敵も根は悪いオッサンじゃないのか
 ひたすら嬲るだけ

 性格が悪いオッサンで良かった!!!

 軽量級の悲しさ、枯葉は掴めば千切れる
 今週もアタリー敗北劇場

 やっぱり信念が、いまいちパッとしないのも一因でしょうか

 強化イベントが待たれますね

エルシャ『あったあったやっぱあった!

バックアロウ 第2話 感想 0911

)エルシャ
 ラクホウの中のもう一つだけ、バインドワッパーが!

 よぉし!


※音声
 機装顕現


バックアロウ 第2話 感想 0913
バックアロウ 第2話 感想 0925
バックアロウ 第2話 感想 0930
バックアロウ 第2話 感想 0935
バックアロウ 第2話 感想 0939

 またあったよバインドワッパーが!!

でかした!!
 まさかの二個目には笑うしか

 からの即装着!!

 女は度胸、アタリーは止めても自分は即装着!!
 エルシャも度胸のいい子ですわ
 展開が早い!!

 いかにも空戦型っぽいも…?

 カイ将軍が、武将タイプであるように
 ガンマン風の見掛けなのかと

 ファンネル使いっぽい

ダスター『こんな村に二体もブライハイトが…!』

バックアロウ 第2話 感想 0940

)エルシャ
 アロウを追い出したのは私!

 だから…、私がやらなくちゃ!


)ビット
 すっげー!

 エルシャもブライハイトを作り出した?!


バックアロウ 第2話 感想 0951

)エルシャ
 アタリーを離しなさい!

 さもないとうぇぇえ?!


)一同
 え?


バックアロウ 第2話 感想 0953
バックアロウ 第2話 感想 0954
バックアロウ 第2話 感想 0956
バックアロウ 第2話 感想 0957
バックアロウ 第2話 感想 0958
バックアロウ 第2話 感想 0959
バックアロウ 第2話 感想 0961
バックアロウ 第2話 感想 0971

出オチとはいえ驚いたぞ! こんなにブライハイトを持っているとは!(ダスター』

出オチ(物理)
 出て落ちる、この現象まさしく出落ちだ!!

 エルシャさん美味しすぎる

 死んだとは思えぬも、何せ地形が地形です
 ここは、飛んで戻ってくると思ったも
 よもやよもやの…

 そっかー、あの地形じゃ脆いよねー

 また、応戦してる村人の姿も見られ
 意外に武装してる様子も

 装備はサブマシンガン、村人の方が強そう

ダスター『閣下のお言葉通り、こんな危険な村はさっさと消すに限るッ!!

バックアロウ 第2話 感想 0975

)ソーラ・アシン
 バインドワッパーを外せアタリー!


)アタリー
 はい!


バックアロウ 第2話 感想 0979

)村長(エルシャの祖父)
 なんてことだ…

 あの男が来たばっかりに…


)ビット
 もうダメだ―!? 井戸ン中に隠れてー!

 ぎゃー!?


バックアロウ 第2話 感想 0984

)ビット
 死ぬのは嫌だ―!?


)???
 おい! おいって!


バックアロウ 第2話 感想 0986
バックアロウ 第2話 感想 0996
バックアロウ 第2話 感想 0999
バックアロウ 第2話 感想 1002
バックアロウ 第2話 感想 1012
バックアロウ 第2話 感想 1027

俺が寝てる内に、なんでこんな騒ぎになってんだ!(バック』

寝てたのかよ!!
 曰く、涼しいので井戸の中で寝てた

 飲用水で寝ないで?!

 頼みの綱のブライハイト戦は、今週も村完敗
 アタリー敗北、お約束と察しましたが
 エルシャ出落ちとは

 次回はビットが試みる流れですかね

 ブライハイト戦は、自ら解除すれば
 消滅はしないも戦力激減

 冒頭の疲労具合から、再装着も無理そう

バック『何!? テメー!!

バックアロウ 第2話 感想 1040

)バック・アロウ
 俺のエッジャ村に何をするー!


)ビット
 やっちまえアロー!

 お前の村じゃないけどなー!


バックアロウ 第2話 感想 1045

)バック・アロウ
 バカ野郎!

 俺は元保安官の魂を受け継いだ男―!

 俺が守らなくて誰が守るー!!


※システム音声
 機装顕現


バックアロウ 第2話 感想 1058

)ビット
 保安官の魂?


)ソーラ・アシン
 パンツの事を言ってるんじゃないかなあ…


バックアロウ 第2話 感想 1062
バックアロウ 第2話 感想 1063
バックアロウ 第2話 感想 1075
バックアロウ 第2話 感想 1078
バックアロウ 第2話 感想 1084

さあ来い、悪い奴!(バック・アロウ』

保安官魂
 に、認識が雑ー!!

 てな訳で、アロウなりの自負がある

 パンツの恩が、パンツの魂に進化している…
 この男、いきなり名乗らず奇襲した!!
 まあひどい!!

 ビットも一言多くて何より

 前回は、度を過ぎた強がりっぷりと
 恩知らずさが悪印象も

 特技や性格が見えてくると、ひっくるめて好きになります

 いい掛け合いしてやがる!! 
 
シュウ・ビ『これがラクホウについて、最大の禁書か~♡』

バックアロウ 第2話 感想 1086

)シュウ・ビ
 …古代文字だね

『外より来たりしもの、境界の果ての地に眠る』


 …外!


バックアロウ 第2話 感想 1089
バック・アロウ 第2話 感想 1095
バックアロウ 第2話 感想 1103
バックアロウ 第2話 感想 1118

)エルシャ
 ここは!?

 私、無事なの?!


)システム
 このブライハイトを、スタートアップシステムとして登録されますか?


バックアロウ 第2話 感想 1129

)エルシャ
 何でもいいからここから出してよ!


)システム
 起動信念、確認…


バックアロウ 第2話 感想 1130
バックアロウ 第2話 感想 1132

 このシステムこそ、“外から来たモノ”

ダイグレンかレッドノアか
 地下に存在した、巨大な外の人工

 エルシャ機、起動キーに登録

 解せないのはレッカが、なぜ放置していた
 否、エッジャはこれを動かせる為
 追放されたのか?

 だからエッジャはここに入植した?

 旧レッカでは、動かせなかった為
 動かせるエッジャと敵対?

 エッジャを追放したも、もう「起動できる民」とは忘れられていたのか?

 案外、理屈あってこうなった事なのかも

ダスター『貴様がラクホウの男か!』

バックアロウ 第2話 感想 1138

)ダスター
 悪いが消えて貰う!

 …変わった防御だが!


)バック
 なかなかやるじゃねェか!


バックアロウ 第2話 感想 1143

)ダスター
 訓練のレベルが違う!


)バック
 でもなあ! 俺の村を襲ったのは許せねえなあ!

 てぇや!


バックアロウ 第2話 感想 1147

)ダスター
 速い!?


)バック
 バンバンズババンバンズバン!!!


バックアロウ 第2話 感想 1150
バックアロウ 第2話 感想 1156
バックアロウ 第2話 感想 1163
バックアロウ 第2話 感想 1172
バックアロウ 第2話 感想 1173
バックアロウ 第2話 感想 1177
バックアロウ 第2話 感想 1179
バックアロウ 第2話 感想 1185
バックアロウ 第2話 感想 1193

あれ?! 生きてるのか、俺…!?(ダスター』

バンバンズババンバンズバン!!!
 現場までは、情報が下りてきていなかった

 だが外す隙がなかったのね

 戦闘中も、バインドワッパーを外せば良いも
 なかなかそんな余裕がないのが普通
 アタリーは幸運か

 今週も「流体ボディ」発動

 水のように、融通無碍である事
 バック・アロウの強さか

 普通「信念」って固い程良いも、信念がないからこそ頭が柔らかい

 バック・アロウらしい能力に思えます

バック・アロウ『思い知ったか! …!?

バックアロウ 第2話 感想 1204

)シュウ・ビ
 エッジャ村こそ『境界の果ての地』!

 あそこに外から来たモノが眠る!


 あの男が、あそこに落ちてきたのは必然だったんだ!


バック・アロウ 第2話 感想 1214

)シュウ・ビ
『円環に守られた大地は栄え、人々は再び命を繋ぐ』

『しかし、新たなる者来りて』

『己を悟る時、この世界を滅ぼす』


 滅ぼす…?!


バックアロウ 第2話 感想 1217

)ナレーション
 運命のその日

 世界はこのエッジャを中心に動き出す事となる


 そこに在りしものは果たして世界の希望か

 破滅の使者か…


バックアロウ 第2話 感想 1219
バックアロウ 第2話 感想 1221
バックアロウ 第2話 感想 1225
バックアロウ 第2話 感想 1229
バックアロウ 第2話 感想 1237

 その正体は、曰く「巨大な城艦」

起動
 エッジャ村ごと旅立ちの時か!!

 バックが記憶を取り戻すと、この世界を滅ぼす

 それは単に、壁による閉塞から自由になる事?
 或いは バックは外の厄災そのもので
 文明を滅ぼすという事?
 
 世界は一度破滅、再生中なのか?

 この予言書自体、果たして本物なのか?
 体制側の都合の良い伝承?

 絵の赤い月といい、ますますグレンラガンを連想させますな

 壁が人類を守ってるのは本当みたいね

第2話 エンディングは斉藤朱夏さん歌う「セカイノハテ」
映像が大きくアップデート!!

バックアロウ 第2話 感想 0002
■セカイノハテ 歌詞(聞き取り)
 歌:斉藤朱夏
 作詞・作曲:ハヤシケイ
 編曲:毛蟹


 出来ないフリで やらない事で
 つぎはぎ隠した弱いとこ

 隠しきれない 燻る心
 気付いたら始まり

 決して白と黒じゃ 描けない
 0と1じゃ測れない

 僕らだけの 景色があるのなら

 さあ一歩切り拓いてけ
 自分で作った壁越えて

 転んでも 大丈夫 深くしゃがんだら高く飛ぶよ

 その目を開いて 迷いや不安で瞳 曇らないように

 ほら 見渡す限り そこは世界の果て


バックアロウ 第2話 感想 0003
バックアロウ 第2話 感想 0005
バックアロウ 第2話 感想 0006
バックアロウ 第2話 感想 0007
バックアロウ 第2話 感想 0008
バックアロウ 第2話 感想 0011
バックアロウ 第2話 感想 0013
バックアロウ 第2話 感想 0015
バックアロウ 第2話 感想 0017
バックアロウ 第2話 感想 0018

 速い!意外に姫様の足が速い!!

セカイノハテ
 前回はネタバレ防止的だったOP

 OP同様、バック・アロウ達が走る走る!!

 が、後を追うカイ達の姿に思わず噴きました
 何このちょっと愉快な絵面!?
 からの姫様組

 君ら野外似合わないなあ!!

 アロウが、皆を引っ張っていくのは確かも
 妙にコミカルな絵面が楽しい

 止め絵⇒止め絵⇒からの、動画になる流れも楽しい!!

 曲もスガスガしくて良いEDよ!!

※トップに戻る

感想追記
果たして「禁書」を書いた者の願いとは?

バックアロウ 第2話 感想 1118

「境界の果ての地」って、境界=壁に近い辺境って事?

アロウ排除命令
 落下が必然だったとは驚き

 禁書は木簡なので、本世界人の著でしょうか

 ただそれは、純粋に世界存続を願う善意なのか
 はたまた、為政者が現状維持を願い
 革新者を潰す為なのか?

 予知というより予測なんですかね

 ファンタジーな予言ではなく
 アロウのような奴が出ると予測・対策か

 趣旨は「外」を危険と位置付けてる事か

世界は「壁」が守ってくれる
外から来た者は、正気になったら世界を壊す

バックアロウ 第2話 感想 1129
バックアロウ 第2話 感想 1084

 ナディアにおけるレッドノア要塞のよう

世界と壁
 ただ、外から来た城艦もブライハイト前提

 外から来たアロウも、ブライハイト使い

 壁陣営と外陣営は、敵対なのか同一陣営
 或いは、敵対してるからこそ
 同等技術を持つのか

 そもラクホウとは「外」陣営なのか?

 壁陣営が邪魔するので一か月一回とか

余談
作中、皆ファーストネームで呼び合う

バックアロウ 第2話 感想 1062

 次回から「アロウ」記載で統一します

ビューティフルネーム
 作中、皆ファーストネーム読み

 しかしバック・アロウだけ、アロウ呼び

 単に親しさの問題か、元が「馬鹿野郎」だから
 バック=馬鹿と呼ぶような気がして
 アロウ=野郎と呼ぶのか

 姫様もファーストネーム呼びなのよね

※トップに戻る



公式ツイッターより





































2021年1月15日 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」


 作画外注だったらしいも良好、良かった… 

スタッフ
 脚本:中島かずき
 絵コンテ:須永 司
 演出:Won Chang hee
 作画監督:MARUアニメーション
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:MARUアニメーション

あらすじ
 壁の外に帰りたいバック・アロウは、レッカ剴帝国のシュウと出会う。助力を申し出るシュウの言葉に従いエッジャ村に残るアロウだが、村には彼を養う余裕はない。精一杯の食糧を渡されたアロウは、人知れずエッジャ村を去ったのだった。

 その後まもなく、リュート卿和国からアロウの引き渡しを持ちかけられたイキ合愁国が、アロウ探索に村へとやってきた。しかしすでにアロウが村を去ったと知ると、全てをなかったことにするために村を襲う。その混乱のなかエルシャは、地中に眠る巨大な「何か」を起動させるのだった。

 一方その頃レッカ凱帝国のシュウは、「壁の外から来た男が世界を滅ぼす」という予言を知り――。
次回、ちょっと待てそこの仲間面!!

バック・アロウ 第2話 感想 1305

 この銃口、誰も向けられてる?

わぁいダイグレン大好き!!
 早くも長い者に巻かれてる敵隊長の姿が!!

 あのオッサン、ブレねえなあ!!

 いかにも、無抵抗な人間に向けられた銃口
 村を訪れたシュウ・ビへのもの?
 それともバック?

 バックの腕輪を取り上げ突きつけた?

 いや、流石にそれはタチ悪すぎるので…
 でもやりかねないよなあ

 シュウさん次回、早くも国を追われ合流?

 次回、バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」

トップに戻る



※過去一覧記事ページ












 バック・アロウ 第1話「飛んできた男にパンツはあるか」
 バック・アロウ 第2話「夢はまったく迷惑なのか」
 バック・アロウ 第3話「巨大な城艦は希望になるか」
 バック・アロウ 第4話「天才は忘れた頃にやってくるのか」
 バック・アロウ 第5話「今日は昨日の明日なのか」
 バック・アロウ 第6話「美少年牧場ってマジなのか」
 バック・アロウ 第7話「壁はそんなに堅いのか」
 バック・アロウ 第8話「血まみれの騎士は何を秘めるのか」
 バック・アロウ 第9話「愛を語る唇はなぜ牙を隠すのか」

トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング