公式。二の打ち要らずの神滅聖女 五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした 2巻 感想
 原作:藤孝剛志、作画:高田慎一郎 原作未読
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
改宗に寄付に脅しに、イズルカ教復興に大忙し
初探索は「旧知の魔神の神殿」へ!!

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想

 旧大戦時、宇宙脱出を支援し地上に残った

 ニルマの境遇が判明も、不確かさが怪しい話

 侵略者は異世界でなく、宇宙脱出組の子孫か?
 さらっと、神そのものが交信する辺り
 話が早いのも嬉しい!!

 曰く神々、五千年前の大戦で全滅

 でも魔神が蘇生できるなら、神も?

ザマーくん絶叫巻
 マズルカ様、めっちゃ気易くて好印象やなー
 街とダンジョンの共存設定も面白い
 だからやっていけるのね

 国民皆兵だと、生産力に問題出そうに思えた

 ワーカーめっちゃ役立つやん…

漫画版 二の打ち要らずの神滅聖女 五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした 2巻 感想


※話数 正式サブタイありません便宜名です

・あらすじ
  …パーティー「マズルカ伝習会」結成!!

・第6話「改宗」
  …聖導経典はどこへ?
・第7話「借金交渉」
  …五千年前と現代の拳銃
  …ガゴゼファミリー、ベクター派ドーズ支部サンビーノ組

・第8話「うちやで」
  …イズルカ教「聖女」の位置付け
  …5000年前の神滅大戦
・第9話「神滅大戦」
  …パーティー「マズルカ伝習会」結成
  …5000年前、人類の決断

・第10話「魔神の神殿」
  …旧知の場所、魔神ネルズファーの神殿
  …遭遇した風変わりな一行は
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・3/3ページ目へ

※過去記事一覧ページ

以下、公式あらすじより引用
及びブックウォーカー試し読み


あらすじ・内容
 五千年の眠りから覚めた聖女ニルマ。ニルマは、すっかり衰退してしまったマズルカ教を復興させるべく、目覚まし時計の機人ザマー、マズルカ教の神官セシリアの三人で冒険者登録をする。

 ニルマ達に失礼な態度を取った、オーランド王国の王子ガルフォードを軽々とぶちのめしたニルマは、ガルフォードをマズルカ教に改宗させる。

 さらに、法外な利息を取ってマズルカ教の教会を苦しめていた金貸しのアジトに、ニルマは単身、乗り込むことにするが…。「小説家になろう」発大人気ファンタジー、待望の第二弾。





あらすじ
迷宮攻略=世界防衛、攻略に特化した社会

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 29

 困った時のレオノーラ、ベテラン頼れる

あらすじ
 エルフ戦の貸しで、ホワイトローズ隊は改宗

 24王子に寄進もせびり、マズルカ教復興に前進

 しかしニルマは、聖導経典を海に沈めており
 儀式絡みは、全く担えないと判明
 知識面で頭を抱える

 教会の借金で、ガゴゼファミリーにも圧力

 あくまで、末端支部にではあるが
 教団の権威を認知させた

 また五千年前に訪れ、遺跡化した魔神ネルズファーの神殿を発見

 特級冒険者と、第36王子レグザスに縁を得る
 
※トップに戻る



第6話
ニルマも“聖導経典”があれば、聖女っぽく振舞えるらしい

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 02
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 03
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 05
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 06
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 08
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 12
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 13

 だがニルマ選手、当時の海に沈めていた

第6話「改宗」
 ヤクザのやりくちかよ!?

 五千年経った今、どこへ行ったやら

 冒険者ホワイトローズ隊が改宗、王子は礼拝
 目指す「マズルカ教復興」へ向けて
 地固めが進む回

 反省した王子様、別人である

 元々、育ちがいいから礼儀正しいのね
 セシリアも孤児とも判明

 ニルマも同様、口ぶり的に孤児・悪童を救って回るのもマズルカ教の伝統なのかしら

 また“ワーカー”、生体ロボットっぽい

第7話
五千年前、銃火器は骨董品と化していた

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 14
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 15
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 16
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 17

 現代の銃は、魔法発動用の「魔導器」

第7話「借金交渉」
 教会の借金交渉へ、街二層を訪れたニルマ

 高田先生、ここぞと銃火器描いてますね!!

 作中では、弾丸に火薬代わりに魔法が装填
 丁度、ダイの大冒険と同じですね
 魔弾銃的な武器が普及

 服も「気」が通るかで防御が変化と描写

 五千年、風化しなかったパジャマは
 防具としても桁違いなのか

 防具というか「身体の延長」として機能するかが大切。本人の防御力頼みなのね

 用心棒も、したたかでいいキャラでした

ヤクザ、教会への善意の借金証文をかき集め
土地を奪う肚だったが

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 18
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 19

 ニルマの怖さを解ってる男が交渉し一件落着

聖女の姿勢
 ニルマの交渉は、あくまで法外な利子のみ

 フェアさ重視はさすが聖女

 また聖女・神官は、自身の宗教を侮辱から守り
 その為なら、信徒が全滅しようとも
 戦い抜くものだと

 守るつもりがない奴は強い…

 利子の話同様、現実的なのね
 守れないと解ってる

 解ってるから脅しに屈しない、それが被害を減らすと解ってる

 テロ相手に、人質交渉しないのと同じ話か

第8話
ガルフォード王子、命がけの礼拝で奇跡を起こす

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 20
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 21
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 22

 なんやマズルカ様、関西弁なんやな~

第8話「うちやで」
 祈りが本気すぎ、マズルカ神が対話に

 自身残りかすで、何の力もないという

 他の神々も、五千年前の神滅大戦で滅んだ
 ニルマを何とか上手く使えと指示。
 雰囲気的に本物か

 昔は神が実在、互いを滅ぼしてしまった

 ただ、“信仰されると神になる”らしく
 元は人間なのかもですね

 してみると現在の主流、故・ニグルド神は相当力が集まっている…?

 最後、ニルマ自身神になるオチなのかしら

ニルマが、機人ザマーを外へ連れだしたのは
自由にする為だったらしい

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 23
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 24
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 25

 だがザマー君、無自覚なノー!!

それが愛でしょう?
 今後も、目覚まし時計として同行続行へ

 こいつはとんだラブコメの波動だぜ

 何せ五千年、体育座りで見守ってたらしい
 読者に背を向け、座っていた為
 目を開けてたかは不明も

 愛情というか愛着ですかね

 また、ドーズの街は「入れ子構造」も
 実は中央部はダンジョン

 ワーカーを倒し、資源として活用する為の構造

 社会がワーカー前提で成立してるのか

センターは「初のエルフ死体」に大騒動
街のお偉方が揃って集結へ

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 26
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 27

 他に五千年生きてる枢機卿、ミクルマに言及

エルフ解剖
 他にも転生で、記憶を保っている者がいる

 果たしてどこまで事実なのか

 ニルマの話を聞けば、腰を抜かしそうですが
 現代人はニルマの実力に気付かず
 今はエルフ解剖に注目

 死体は魔力を放出し、ダンジョンが存在

 間違いなく、迷宮が制御不能になる話も
 潰せば街を潰すのとほぼ同義

 気になるもののひとまず、話は魔神ネルズファーに移りました

 街に戻ったら大惨事になってる流れか 

第9話
準国民パーティー「マズルカ伝習会」結成

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 28
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 29
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 30
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 31

 現在地は、旧大陸の一つが半分海没した大陸

第9話「神滅大戦」
 或いは逆に隆起、海面上昇の合わせ技?

 地球とは異なる惑星っぽく描写

 魔法使いレオノーラの助言と、彼女へ解説
 ニルマが、魔法障壁を敗れる理屈は
 意思のコントロールだと

 魔法の「お約束」へ独自解釈

 人間は、他人の魔力で操れない部分がある
 だから直接燃やされたりしない

 その「他人の魔力に影響されない理屈」を、攻撃に転用して殴ってるのか

 我が強い性格とも相通じる理屈なのね

神滅大戦で、人類は地球を捨てて逃げ出した
現人類は「帰還した末裔」…か?

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 32
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 33

 やたら存在感あるガルフォード王子

元気のGは∀のG
 もうこの人、メインヒロインでいいのでは
 
 ニルマが残ったのは、宇宙船脱出を守る

 各信徒の離脱時、残って守る者が必要だった
 マズルカは、ニルマ以下少数が残り
 脱出を見届けて休眠

 民は、環境改善させ地上帰還した「ハズ」

 この話、残った者は捨て駒だった。
 恨んだ人もいそうですね

 王道なら現代人は捨て駒の末裔で、帰還を図ろうとしてるのが「異世界の侵略者」なのか?

 だから宗教の力関係も変わったのか?

神殿は、本来なら百メートル四方の建造物
魔神ネルズファーの神殿

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 34
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 35

 ザマー君やさしい

神さまのつくりかた
 自らの首に刃をグリグリあてる優しさ

 強盗に遭遇、勝てない逃げろと促すザマー君

 それはさておき、魔神とは本来は「悪魔」
 信仰を集めて「神」になった
 魔神と称される者

 科学の発達した世界で「悪魔」とは?

 またどうも、イグルド教はマズルガの下部
 旧社会で捨て駒にされたのか?

 地上に残った信徒が多かった分、現代で主流になってるんですかね

 神殿内部、近代的なのもワクワクします

第10話
強盗退治に、大活躍だったザマーさん

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 36
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 37
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 38
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 39

 しかし妙に派手な面々と遭遇

第10話「魔神の神殿」
 ハーレムの特級冒険者、博愛のアレンと遭遇

 彼は第36王子レグザスの教官役

 ニルマは、実力を見込まれるも神殿を破壊
 上部崩壊に、彼らを巻き込みつつ
 神殿中枢へと侵攻

 曰く魔神は、生贄で復活したかもしれない

 間違いなく、苦戦せず倒せそうですが
 神とは復活できるのか?

 ただ、ニルマはマズルカ神復活とか考えてない様子ですし…?

 神々に関する前振り編って感じですね 

収録

二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 01
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 12
二の打ち要らずの神滅聖女 2巻 感想 13



 昔の神官服と大きくは違わないデザインか

 そして孫悟空感あるエピソード

収録
 モンスターコミックス「二の打ち要らずの神滅聖女 ~五千年後に目覚めた聖女は、最強の続きをすることにした~ 2巻」。
 原作:藤孝剛志、作画:高田慎一郎
 双葉社。がうがうモンスターweb連載。
 2020月12月(前巻2020年6月)

漫画版 二の打ち要らずの神滅聖女 2巻
※話数 正式サブタイありません便宜名です

・あらすじ
  …パーティー「マズルカ伝習会」結成!!

・第6話「改宗」
  …聖導経典はどこへ?
・第7話「借金交渉」
  …五千年前と現代の拳銃
  …ガゴゼファミリー、ベクター派ドーズ支部サンビーノ組

・第8話「うちやで」
  …イズルカ教「聖女」の位置付け
  …5000年前の神滅大戦
・第9話「神滅大戦」
  …パーティー「マズルカ伝習会」結成
  …5000年前、人類の決断

・第10話「魔神の神殿」
  …旧知の場所、魔神ネルズファーの神殿
  …遭遇した風変わりな一行は
・これまでの感想

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る 

少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 感想

 少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 2巻
 少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 3巻
 少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 4巻(完)


 放課後アサルト×ガールズ 1巻
 放課後アサルト×ガールズ 2巻“十字砲火! 射線を越えろ”
 放課後アサルト×ガールズ 3巻“援軍到来! ゾンビ兵の正体”
 放課後アサルト×ガールズ 4巻“戦車”の恐怖! ハルカ 涙の大立ち回り!!
 放課後アサルト×ガールズ 5巻“救援”直下!! 変身技術の真実!!
 放課後アサルト×ガールズ 6巻“姉宣言!?”救出作戦敢行!
 放課後アサルト×ガールズ 7巻“三度目の死”チラつく黒幕!
 放課後アサルト×ガールズ 8巻【最終回】






 二の打ち要らずの神滅聖女 1巻“目覚まし時計”
 二の打ち要らずの神滅聖女 2巻“神が言うには”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング