悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想
 上山道郎 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
見た目は令嬢、頭脳は52歳、その名は悪役令嬢おじさん!!

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想

 笑った笑った!! 巻末の奇麗な締めも嬉しい

 おじさんが令嬢転生とか無理しかない!!

 無理をチートで抑え、悪役令嬢の王道展開も
 中身が子持ち、視点が畑違いすぎて
 おかしな話は必然だった!!

 あとアンナかわいい(重要)

こだわりの枠線
 転生元が52歳だけあって、安定感がハンパない
 九で割れ!など実用的な知識も光るし
 縦ロールの作画も濃い!!
 作画カロリー高い!!

 現在も、ツイッターで並行連載中みたいです

 構成が違うので見比べるのも楽しい

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想


・あらすじ
  …15歳公爵令嬢グレイスの「中身」

・第1話「52歳の公務員」
  …憲三郎、“悪役令嬢”としての務め
  …主人公アンナ・ドール
・第2話「優雅変換(エレガントチート)!」
  …おじさんだと気付かれない訳

・第3話「これが攻略対象か!」
  …二年生四人が勢揃い!!
  …本作に於ける、“魔法”のシステム
・第4話「うちのお嬢様がこんなに優しいはずがない」
  …メイド見習いジョゼット11歳
  …本来の「グレイス」嬢

・第5話「9で割る!」
  …攻略対象その1.ヴィルジール王子
  …憲三郎、ある技術を導入
・第6話「一番強いのは誰だ?」
  …王子の親友、格闘家オーギュスト
  …寡黙な副会長リシャール

・第7話「アンナからの便り」
  …一年生・第二王子リュカ様
  …一年生・ランベール
・あとがき
  …アラフィフおじさん漫画家の告白
上山先生ツイッターより
  …1巻は驚きの反響に
  …ツイッター版、1話~16話まで
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・3/3ページ目へ

※過去記事一覧ページ

以下、公式あらすじより引用
及びブックウォーカー試し読み



 52歳の真面目な公務員・屯田林憲三郎は交通事故に遭う。気が付いたらそこは学園舞台の乙女ゲームのような世界…しかも校内一高飛車なオーヴェルヌ侯爵家の令嬢グレイスに転生してしまい!?

 次マン2020コミック部門4位の期待の新作!
※本当は「公」爵です。貴族の最高位です

全体あらすじ
元人格は「見た目は天国、性格は地獄」だそうな

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 43

 しかし作画が大変な髪形だわ…

あらすじ
 転生先は娘がプレイしていた乙女ゲーだった

 グレイスは役目、悪役令嬢の全うを決意する

 しかし30年に及ぶ社会人、かつ子持ちが作用
 主人公、アンナ・ドールに懐かれ
 憲三郎は困惑する

 更に主人公の「攻略対象」にも高評価

 またメイドのジョゼットと接し
 転生先グレイス、その心根に想いを馳せる

 気付けばアンナの世話を焼いて回る日々

 憲三郎も考えがちょっぴり変化する

※トップに戻る





第1話
その日、公爵令嬢グレイスは思いだした

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 04
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 08

 自分が、元バーコードハゲの52歳という事に

第1話「52歳の公務員」
 大丈夫?初回から自害しない?

 典型的な、そしてミスマッチな異世界転生

 自身もツッこんでますが、誰ですこの謎采配
 ただ、2020年現在で52歳という事は
 1968年頃生まれ

 幼少期にマジンガー、10歳頃にガンダム

 漫画「アオイホノオ」の島本和彦氏より
 たった七歳若いだけ

 オタク素養は十分ある世代なんですね

グレイス憲三郎15歳(52歳)は知っていた
これは娘がやっていたゲームだと

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 09
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 10

 待って待って、奥さんも何者なの?

乙女ゲームの世界
 これもしや、転生から現世に戻る系…?

 ゲーム名はマジカル学園ラブ&ビースト

 恐ろしく頭のネジがフッ飛んだタイトルです
 何なの、これ実際どんなゲーム?
 軽く娘の説明を聞いたのみ

 にしても「今のゲーム画面は奇麗だ」って

 全くその通りで言葉もない!!
 何せ、スーパーマリオ発売が1985年

 彼が社会人になった1990年頃、ようやくスーパーマリオワールド(マリオ4)だし

 あの頃から随分と変わりましたわ

その日、グレイス憲三郎15-52歳は決意した
これが「役目」なら果たそうと

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 11
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 12
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 13

 しかしうっかり「親目線」になるケンさん

ノンストップ憲三郎
 ある意味、これこそ彼のユニークスキル

 彼は珍しい、悪役令嬢を「目指す」

 ゲームを知らない彼、役目なら果たすと決意
 結果、破滅を辿る「お約束」さえ
 知らないのか…?

 まあ開始10秒で破滅回避だけど!!

 悪役令嬢、本来の台詞をそらんじる中
 うっかり後半部が改変

 自分で言った台詞に、自分で考えさせられた

 なんと思考を止めない男よ…!! 

本作の「主人公」は、典型的ではあるものの
ひと方ならぬ親の苦労があった

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 14

 ころころ変わる表情が可愛いのよね!

アンナ・ドール
 本来、貴族だけが入る学校の平民

 魔法の才で、例外的に認められた

 ここは王道も、奨学金タイプじゃないのね
 親は、才能を知るや懸命に働いて
 入学金を揃えてくれた

 親の愛と、親孝行の双方向

 コイツは眩しすぎる…
 良き家庭っぷりが、1SUNはあるぜ…

※1SUN、真夏の太陽光並み。約10万ルクス

 1ルクスが月明かりの明るさ

さてそこで問題だッ!
ならば、そのご両親に報いる為に何をすべきか

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 15

 直後、アンナさんは感動でガン泣きした

私にこう考えがある
 これが本当の親目線という事か…

 本当に親の気持ちだコレ!!

 アンナ、子供としては親孝行をしたいと思う
 オレだってシテーって思う!
 だが「親」は違うんだ!!

 無論、アンナの考えも正しい事は正しい

 憲三郎も、正しいと肯定したうえで
 私はこう思うと…

 マンモーニなアンナに「親」の視点

 親孝行と親目線、相性ばっちりやねんな!!

乙女ゲーといえば、入学の「出会い」が王道
本作、攻略対象のお出ましだ!!

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 16
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 17
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 18

 しかし憲三郎、痛恨のド忘れ

ジャン・リュック・デュバル
 おじさんなのは短所そのものなのだ…

 肉体が15歳でも心はおじさん

 咄嗟に、ある機転を利かせて切り抜けたも
 これがまた新しいフラグになります
 アンナがいちいち可愛い

 アンナが可愛い第一話だった…

 咄嗟、甲竜伝説ヴィルガストなど浮かぶも
 これ王子の名前と被ってるのね

 歳をとると名前が出ないのは、覚え過ぎた

 老化とは無関係なのだ(迫真)

第2話
彼女の中身が、52歳の公務員と気付かれない訳

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 19
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 20

 この効果音! このドヤ顔!!

第2話「優雅変換(エレガントチート)!」
 さすが!今どきのおじさんは慣れている!!

 娘の台詞からも、オタクらしい憲三郎

 転生物における問題を、チートにてクリア
 ただ、仮にこのスキルが無効化
 狂った場合は大変そう

 それはそれで物語の山場になるのかしら

 描写上、憲三郎の自認なのも気になる

 本作では、ステータスの描写がなく
 正式なスキルって訳でなさそう

 原因が後で解って苦労するパターン?

憲三郎は、自身が「懐かれた」と早々に理解
悪役令嬢として振舞おうとするも

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 21

 これもまた、ある種の「変換」であった

乙女変換
 はいかわいい!

 幾ら叱っても、基本的に親目線

 意地悪ではない為、アンナは素直に受け止め
 むしろ「叱って下さる」と解釈
 感謝するのであった

 ポジティブシンキング!!

 今回も、“おじさん仕草”が出たものの
 アンナのやる気に直結

 この子、やる気スイッチ連打されまくりでは

 なんなの16連打なの…?

学生食堂はビュッフェスタイルであった
要はバイキングなのだが

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 22
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想

 まあ美味しそうに召し上がってること

伝統は基本
 公爵令嬢としての振る舞いを心掛ける憲三郎

 変換も加わって、令嬢の鑑と絶賛

 憲三郎の所作、グレイスの所作を両方描写し
 変換の威力をあますところなく描写
 恐るべきチート

 うらやましいなこのスキル!!

 ここは現実の過去じゃない
 だが皆、生きていると認識を深める憲三郎

 この相手を尊重する姿勢に好感が持てます

 おじさんとは好感である(哲学)。

第3話
六人中四人、攻略対象・二年生が揃い踏み

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 23
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 24

 なお名前を覚えきれなかったという

第3話「これが攻略対象か!」
 それでも15歳ですか軟弱者!!

 いや実際、日本人の言語感覚だと覚え難い

 定番イベント「平民の生徒会入り」にひと悶着
 からの、本世界での魔法描写へ
 ちょっと電子的

 魔法に、元世界知識が活きるもシュール

 本作、毎回末尾に「オチ」が小コマがあり
 今回のオチは特に好き

 輝いてるぜ憲三郎

 まるでお空のお星さまだな!!

第4話
令嬢といえば、やっぱり欠かせないのが

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 25
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 26

 令嬢といえばメイド、本作では「見習い」

第4話「うちのお嬢様がこんなに優しいはずがない」
 タイトルがギリギリですよ憲三郎!!

 変貌に困惑するメイドにどうすればいいか!!

 10ページで、答えを出したのがこちら!!な回
 主人の機嫌が、人生に直結する為
 使用人に「性格」は死活問題

 主人は人生。使用人は非情さ

 とかく、察し良いんですよね憲三郎52歳
 さすが公務員人生30年

 主人公=鈍感は基本も、これも彼も個性

「なのです獣耳幼女」とは業が深い…!!

壊してしまったポットを直す為
グレイス憲三郎、家付きドワーフ職人に依頼も

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 27
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 28

 意外なところで「グレイス」の人柄

ヴァルツ親方
 ドワーフの職人芸にわくわくする憲三郎

 この人、ファンタジー満喫しとるのう

 また親方によれば、幼い頃のグレイスは素直
 親方や、植木職人の仕事が好きで
 よく見ていたそうな

 淑女教育が、彼女を変えていった

 どわあふ親方渋いなあ…
 この逸話も単発か、後への前振りなのか

 転生は「元人格どこいった?」もしばしば俎上

 勘のいいガキは嫌いだよ

 最終回、元人格に返すフラグなのか…? 

第5話
攻略対象達、憲三郎はある共通項に気付く

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 29
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 30

 即ち攻略対象は、髪の情報量が多い!!

第5話「9で割る!」
 いやあんた、髪の情報量最強じゃないか!!

 実際、この作画してる上山先生すごい

 仮にアニメ化だと、髪が作画障害ですね…
 なんとか、髪だけ一部CG化するとか
 いっそ丸坊主にするとか

 ともあれアンナかわいい

 憲三郎、髪がキャラ立ちに重要と気付き
 探りを入れたの回

 うーんこの濃厚かつコクきわまるギャップ

 百合の波動しか感じない…

攻略対象編スタート
王子は、愛娘曰く「もっとも攻略が難しい」

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 31
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 32

 このヴァルツ親方ノリノリである

王太子ヴィルジール・ヴィエルジ
 オチにしばらく笑いが止まらなかった

 ノイエジール王子幸せそうやん!!

 このグルンガスト王子、育ち故に思考が特殊
 王として、国家に有用か否かでしか
 他人を評価できない

 恋愛感情にさえそれは同じ事

 憲三郎も、気の毒にさえ思う境遇ながら
 当人は満喫してるようで何より

 彼が、彼の価値観で幸せならでそれでいいんじゃないかな(哲学者オットー・ドスコイ)。 

 ヴァルツ親方も幸せそうだしね!!

第6話
攻略対象その3とその4は、学内屈指の戦士

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 33
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 34

 さすが上山先生、イキイキと格闘してる!!

第6話「一番強いのは誰だ?」
 格闘家と剣士、どちらが強い?な回

 王子親友、オーギュスト・リオンは守護騎士

 ルビは「ガーディアン」で、魔法の身体強化
 彼の、ちょっとした弱点発覚と
 憲三郎大喜びの回

 文化により子供の感性も変わる

 どこでも子供は一緒だ…、と言いたいし
 実際、そうである面はあるも

「子どもの好きな物」も立派に文化なんだなあ

寡黙な副会長リシャール・ヴェルソーは「剣聖」
秘伝の剣術を継ぐソードマスター

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 35

 ヴィルジール王子、リアクション要員と化す

剣聖副会長リシャール
 私の中で、ヴィル王子の株がどんどん上がる

 これがときめきというものか

 副会長リシャールは、実はある悪癖を持ち
 周りが、あまり喋るなと忠告
 結果的に寡黙な人

 イキイキと喋りだしたら負けた!!

 今巻、屈指のドヤ顔だった!!
 話が合いそうだぜ!!

 彼のドヤ顔と、アンナ&ゼノギアス王子の温度差に笑いっぱなしでした

 ビンビンな本能してやがるぜ!!  

第7話
最後に書記ピエール・ジェモー、…でなく

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 36
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 37
悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 38

 攻略対象、一年生コンビ

第7話「アンナからの便り」
 アンナがバランス卿を落とす

 この眼鏡男子、低攻略難度だったらしい

 逆にリュカ殿下は、攻略難度高めと推測され
 奇しくも、対極な二人なんですね
 性格的にも

 リュカ殿下はつかみどころがない

 朗らかな分、見た目通りなのか
 或いは演技であるのか

 この手は、実は腹黒いのも多いですし…

 後ここのアンナが最高にかわいい

アンナが、ランベールにキツく当たられた為
憲三郎は一肌脱いだも

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 39

 逆やで君!

今更!
 からの、オチをつけて終了

 一巻終了で、奇麗に話をまとめてくれました

 些細なトラブルから、巻のオチへとつないだ
 この構成の巧みさも素晴らしいですわ
 さすが上山先生

 話の構成を奇麗に収めたのがプロ

 巻末は、“売れなかった”苦労話があるも
 発想力はやはり若手に分が

 対し先生、長年培った技術を強く感じます

 いやあ面白かった!

あとがき
上山先生から衝撃の告白が!

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 40

 驚き!本作は女性向けジャンルだった!

あとがき
 成程「悪役令嬢」自体がそういうものだと

 なのに先生自身、ハマッてしまった

 曰く、直近二作が夭折してしまって焦った際
 最近のトレンドを探ろうとした所
 ハマるわバズるわ

 ツイッターでバズって始まった連載

 個人的に「エイジ」は面白かったので
 少し寂しくはあるも

おじさんが転生無双する」テーマ自体は直結してもいるのよね

 幸い本連載版も、驚きの好反響とか

カバー下は下絵が収録
上山先生ツイッターによると好反響だとか

悪役令嬢転生おじさん 1巻 感想 41


















































 バズった件、昨年まとめた分はこちら

 先生オススメの悪役令嬢作品もあるよ!!

 コミックス「悪役令嬢転生おじさん 1巻」。上山道郎
 月刊ヤングキングアワーズGH連載、少年画報社発行。
 2020年12月(前巻2019年10月)

悪役令嬢転生おじさん 1巻
 あらすじ
 第1話「52歳の公務員」
 第2話「優雅変換(エレガントチート)!」
 第3話「これが攻略対象か!」
 第4話「うちのお嬢様がこんなに優しいはずがない」
 第5話「9で割る!」
 第6話「一番強いのは誰だ?」
 第7話「アンナからの便り」
 あとがき 
 これまでの感想

※トップに戻る

※過去記事一覧ページへ

上山道郎 先生作品 感想










 オニヒメ 1巻“後の先”
 オニヒメ 2巻“妖怪の革新”
 オニヒメ 3巻“最終回”

 エイジ'87 1巻“この子のことが好きだった”
 エイジ'87 2巻【最終回】ずっと前から知っている
 先生、悪役令嬢モノがツイッターでバズる

 悪役令嬢転生おじさん 1巻“52歳の公務員”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング