公式サイト ゴールデンカムイ 3期8話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ 原作未読
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
土方、永倉へ第5話以来の答え
新選組と元・勤皇派人斬り、時を越えた対峙!!

ゴールデンカムイ 第32話 感想
ゴールデンカムイ 第32話 感想
ゴールデンカムイ 第32話 感想



 老いた人斬りと、心が若いままな土方が好対
 
 過去を過ちと悔い、世捨て人となった人斬り

 対し土方、なおも世の為に変えようと走ってる
 目的を持ち、足を止めない大切さか
 土方の生き様に憧れます

 が、殺めた人達に悔いた用一郎も優しい

 恋しがるアシㇼパさんも可愛い

アッツアツ鯨鍋も美味しい…!!
 渋みあふれる中、尾形ヒンナ事件も爆笑でした
 尾形、アシㇼパが恋しがった杉元に
 対抗心が芽生えたのかしら 

 鯨の脂が甘くて、味噌の渋みと合ったのかなあ

 やっぱcv清川ガーゴイル冬月様は最高だな… 

ゴールデンカムイ 第32話 感想


・金カム 第32話「人斬り」

・冒頭「入れ墨人皮解読」
 Aパート「釧路の土方歳三」
 出稼ぎ漁民・土井新蔵
 
・根室。人斬り用一郎の30年
 入水自殺
 発覚、人斬り用一郎
 列に並べ。私が列の先頭だ

・Bパート「新選組の巡回」
 天誅の名人・用一郎
 用一郎の理想、裏切り
 土方歳三、その若さ。その目的
 
・アイヌとは「人間」の意
 土方歳三、27話越しの本音
 尾形が言った!
 感想追記 20時

・公式ツイッターより
  …コラボボイス企画、鯉登編配信
・制作スタッフ

・次回予告
  …次回「革命家」
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・6ページ目へ
  …Bパートへ

・11ページ目へ
  …感想追記
・12/12ページ目へ

・過去記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・FOD(第1話無料/有料配信)
  …月曜23時00分配信

先週配信されたゴールデン動画劇場は「燈台」

ゴールデンカムイ 第32話 感想

 燈台レンズを拭いていたワンシーン

29話「燈台編」
 無言のボケとツッコミが交錯する月島軍曹
 この人、鯉登だけで手いっぱい…
 だのに頑張ってる…

 実はめっちゃ拭いてたんだ…

 鯉登少尉問題児すぎない…?

 だがそこがいい

元・新選組の土方歳三
ガムシンこと、永倉新八と共に「人斬り」を追う

ゴールデンカムイ 第32話 感想
ゴールデンカムイ 第32話 感想



 るろうに剣心を思い起こさせるのう

勤皇派の志士・人斬り用一郎
 新選組と敵対した、つまり維新政府側の人間

 彼なりに理想に、国の為にと戦った

 本来「勝者」側も、罪を着せられた不憫な人物
 それも信じた師匠に裏切られたとか
 経歴が物悲しい

 また戦いで心を病み、アイヌに癒された

 その経歴も、杉元やアシㇼパ父と似てるのね
 理想で戦った点は父を彷彿か

 コメントによれば人斬り以蔵がモチーフらしい

 彼を、先生が独自解釈したキャラか

土方は生き残ったことを悔いてはいなかった
第5話へ、27話ぶりの回答




 当時ガムシンは、土方に疑問を持った

土方の動機
 あなたは死に場所を探してるだけでは

 対し今回、理想を追っている
 前向きなのだと明かした

 土方陣営、その動機を描く回だったのね

あらすじ
心が幕末に立ち返る度、視界までも塗り替わる

ゴールデンカムイ 第32話 感想

 心を囚われた人斬り、演出も悲壮だった…

あらすじ
 犬童典獄が、囚人・土井新蔵から奪った何か

 その正体がエトゥピリカの嘴と突き止めた土方

 釧路を経て、キラウシの案内で根室へと向かい
 土井が、30年前にアイヌの村に居を据え
 妻と死別した事実を知る

 土井は、幕末に敵対した勤皇志士・人斬り以蔵

 彼は幕末に立ち返ち暴れていた

 土方は、己の思想を隠さず打ち明け
 用一郎を正気に戻す

 土方は彼を介錯し、人皮を手に入れた

 他方キロランケは、ソフィア脱獄を計画する

 次回、ゴールデンカムイ 第33話「革命家」

※トップに戻る





鶴見『暗号解読の歴史は、解読者達を脳病院送りにしてきた歴史でもある』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0005

 前回、杉元達は遭難しかけ灯台守に助けられた

 恩を感じ、娘のスヴェトラーナを探すと約束も
 実はキロランケ目的地とされる監獄に
 娘は収監されていた

 父ウイルク、憧れの女性だったソフィア

 その監獄へアシㇼパは向かう

鶴見中尉『解読に憑りつかれて、日常生活に支障をきたすのだ…』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 09

)鶴見中尉
 だから、ある程度刺青人皮が揃わなければ

 着手すべきでないと判断していたが…、


 これだけあれば…!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 13

誰か、軍から攫ってきましょうか?(宇佐美上等兵』

解読
 冒頭から怖いことを言うウサミン

 軍の解読専門家が必要だと。

 冒頭から人皮を視姦し、中尉どんの慧眼が光る
 単に匂いを嗅いで楽しんでたのでなく
 考えがあったのか

 考えあって匂いを楽しんでいたのか

 脳病院、現代なら精神病院というアレで
 暗号解読はストレスフル

 が、いよいよストレスフリーになって「本題」が動き始めた

 暗号の答え、終点が見えてきたのか

鶴見中尉『いや

ゴールデンカムイ 第32話 感想 16

)鶴見中尉
 暗号解読者の協力がなければ解けないような

 複雑な暗号にしているとは考え難い


 娘のアシㇼパが解読できる程度のものにしているはずだ…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 17
ゴールデンカムイ 第32話 感想 20
ゴールデンカムイ 第32話 感想 24



おい杉元、これは何て読むんだ?(アシㇼパ』

暗号強度
 鶴見中尉の慧眼がピッカピカですわ

 普通、宇佐美のように考える

 宇佐美は普通じゃないけど、暗号も普通と違う
 が、鶴見中尉があっさり看破した頃
 杉元は回想

 アシㇼパさんは漢字が読めなかった

 当然、父はそれを知ってたハズも
 何故か暗号に漢字がある

 思えば矛盾しているんですね

 アシㇼパに解かせるのに、読めない字を使用

※第2話を回想する杉元
 この後、男はむちゃくちゃ尾形に撃たれた

ゴールデンカムイ 第32話 感想 30

)アシㇼパ
 父からは、学校に行って勉強しろと言われたんだけどな

 私達は元々、文字を持たない民族だ

 漢字なんて知らなくても生きていける


 お前もそう思うだろ?杉元


ゴールデンカムイ 第32話 感想 31
ゴールデンカムイ 第32話 感想 35

 褒められるリュウと、怒るソリ犬

かわいがり  
 リュウ、湯たんぽから地位が向上している…

 父は勉強しろとは言ってた

 だがアシㇼパは反論し、漢字を学んでいません
 この際、その是非はともかくとして

 なら「漢字に見せかけた何か」なのか 

 元々、漢字ってのは象形文字であり
 絵が変化したものです

 なら漢字でなく「絵」として読めという事か

 加えて、普通のアイヌでは読めないなら

 日本語の教養も必要なのか?

前回「食(け」してしまったカネ餅を
デカい尻を向け、せっせと作っている源次郎

ゴールデンカムイ 第32話 感想 37

)月島軍曹
 どうした杉元、さっきから岩息の写しを見て

 何か気付いたか?


)鯉登少尉
 杉元に暗号が解けるわけない…、馬鹿だから


ゴールデンカムイ 第32話 感想 41
ゴールデンカムイ 第32話 感想 49

気付いてることがあるけど…、お前らには教えてやんねー(杉元』

険悪
 やっだもー、鯉登少尉が余計な事言うからッ!!

 でなく鶴見とは「一時共闘」だからか

 杉元の目的は、アシㇼパの意に沿うようする事
 現在、人皮も全て鶴見に渡してますが
 決して配下にはなってない!!

 もー、男子ったら仲悪いんだから!!

 さて鶴見は「解読のプロ不要」と解釈

 杉元も「アシㇼパ単独に読ませる」と解釈
 絵文字だと気付いた的な?

 にしても、ゲンジロちゃんもまめまめしいです

 いいお嫁さんになれますわ
 
釧路の女漁民達『ま~、すごい!力持ちね~♪』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 55

)牛山
 もっと持てるよ~

 お嬢ちゃんたちも一緒に担いでいっちゃうよぉ~♡


)土方
 お嬢さん方…、これが何なのか教えて欲しい


ゴールデンカムイ 第32話 感想 060
ゴールデンカムイ 第32話 感想 061
ゴールデンカムイ 第32話 感想 071
ゴールデンカムイ 第32話 感想 075
ゴールデンカムイ 第32話 感想 084
ゴールデンカムイ 第32話 感想 092



これが奴を見つける手掛かりになるかと思ったのだが…(土方』

門倉どこいった
 前期最終回、犬童典獄が蓄積した情報を発見

 この何かは、犬童が取り上げた物でした

 八年前、釧路の海岸で「土井新蔵」が捕縛され
 網走に収監、際し取り上げた物だが
 正体が解らない

 調査の為、一行は釧路を訪れた

 そして牛山は上機嫌という訳

 相変わらず、並外れた膂力と女好きな上
 女に好かれるこの性格

 何かSEXがアレなので遊郭では厄介らしい

 普段は気のいいハンペン頭ですわ

 また門倉、どうも都丹に付き添ってるらしい
 
牛山『そこのアイヌのヤン衆さん』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 096
ゴールデンカムイ 第32話 感想 097
ゴールデンカムイ 第32話 感想 102
ゴールデンカムイ 第32話 感想 104



俺たち、今日の寝床を探してるんだがどこか知らんかね?(牛山』

キラウシ
 何か懐かしいツラが出てきたなぁオイ!!

 キャスト欄によれば「キラウシ」

 以前カムイホプニレした回に出てきたアイヌ!
 彼は、かの二瓶鉄造の友達であり
 銃の曰くを聞いた男

 曰く銃は戦争で死んだ息子の形見

 七つの傷が刻まれている

 今回は、あの辺見和雄と同様に
 漁の出稼ぎ中

 勃起と煌きを思い出す上、場所はラッコ鍋した地の同類

 鍋は…、ないのかい?

キラウシ『あんたら、シシャモ食べるかい?』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 108

 毎年、釧路川に押し寄せるというシシャモ

 普通のシシャモは、カラフトシシャモであり
 別名「カペリン」という輸入物ですが
 コイツは別物

 日本固有種、別格の旨さだそうな

 世界中で北海道南部の一部でしか獲れません

『俺たち釧路のアイヌはシシャモをとる習慣がないんだが…。今、俺のコタンはひもじくてね』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 110
ゴールデンカムイ 第32話 感想 112
ゴールデンカムイ 第32話 感想 115

旨いッ!(牛山』

でかい!!
 牛山が幸せそうで何より

 身がぷっくり太くて旨そうだ!!

 キラウシのコタン、杉元一行が寄ったあの村は
 現在、ちょっと窮乏しているそうで
 出稼ぎしてるそうな

 聞けば切ないも、おかげで出会えた

 また、シシャモの雄のデカい奴だと
 刺身にも出来るとか

 将太の寿司に出てましたがめっちゃ旨いらしい

 北海道は美味の宝庫ですねえ

キラウシ『…エトゥピリカだ』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 122

)キラウシ
 アイヌ語で『アイヌ語でくちばしが美しい』という意味の海鳥だ


 これはくちばしの部分だよ

 異性を惹きつける為の飾りみたいなもんで

 繁殖期が終わると剥がれ落ちるんだ…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 132
ゴールデンカムイ 第32話 感想 139
ゴールデンカムイ 第32話 感想 142
ゴールデンカムイ 第32話 感想 153
ゴールデンカムイ 第32話 感想 161

根室か! …奴に近づいているしれんな(土方』

クチバシ
 エトゥピリカは根室にしかいない

 嘴から尻尾を掴んだ訳だ!!

 またキラウシ、村が金に困って出稼ぎ中ですが
 所詮、出稼ぎ労働者の仕事なので
 稼ぎが悪いんだそうな

 二つ返事で根室へ案内を了承

 これまた長い旅だ…

 火を囲んで食う焼き魚、これまた旨そうだ…

 寒くなり、一層旨そうに見えますわ

永倉新八『気を引き締めておけよ、牛山』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 172

)土方歳三
 私は大昔に、京都であの男に会った事がある


 人斬り用一郎、幕末に要人など何人もの暗殺を行った殺し屋だ…!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 177
ゴールデンカムイ 第32話 感想 179
ゴールデンカムイ 第32話 感想 184

 この血濡れた刀の美しさたるや…

人斬り用一郎
 牛山も元囚人なので、用一郎を見た事がある

 既にヨボヨボで強いと思えない

 牛山ほどの強者をして、実力が見えなかった
 同じ囚人、かつ現役時を知る土方
 警戒を緩めない…!!

 新選組に敵対した、維新政府側の殺し屋

 るろうに剣心を思わせる回

 作中、“新選組最強”という永倉をして
 難敵と言わしめる男

 出会う前からワクワクしますね!

…痛ェなあ!ジジイ、まっすぐ歩けや!

ゴールデンカムイ 第32話 感想 192

)柄の悪い漁師
 あのジジイ見てると気が滅入る…

 だいたいなんで、アイヌの服を着てんだヨ!


)漁師
 アイヌの『アットゥㇱ』は乾くのが早いんだよ。知らねェの~?


※略


ゴールデンカムイ 第32話 感想 193
ゴールデンカムイ 第32話 感想 204
ゴールデンカムイ 第32話 感想 211
ゴールデンカムイ 第32話 感想 225
ゴールデンカムイ 第32話 感想 232
ゴールデンカムイ 第32話 感想 238

)髭の男
 あんた…、故郷や家族は?


)老人
 ……


ゴールデンカムイ 第32話 感想 240

)髭
 ……名前は?


)老人
 さあ……、何だったかなあ…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 245

 OPで佇んでた男が「人斬り」だったのか

老人と海
 牛山の言う通りヨボヨボ

 柄の悪い漁師にも舐められ酷い有様です

 しかし名は何だったか…、とは全くその通り。
 当然、昔の名は捨てててしまった
 だが家族も失った

 前後しますがたった一人だけ家族がいた

 彼は彼女と生き直し

 でも彼女は亡くなった
 新しい名は、呼んで欲しい人を失った

 そうなったらもう、その名前にも用が無くなったのか

 彼は、一体何を名乗ればいいやら…

 悲哀だ…

いかつい男達『手を引く?』『何だ今さら』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 247

)眼鏡の男
 犬童典獄が死んだそうです

 人斬り用一郎を殺しても、引き渡す相手がいないんです


)暗殺
 俺らの依頼人は

 人斬りに殺された幕府の要人の遺族だ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 248

)暗殺者
 わざわざ出向いて、手ぶらで帰れるかよ!


)暗殺者
 顔の確認が出来るのはアンタだけだ…

 最後まで付き合ってもらうぜ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 253
ゴールデンカムイ 第32話 感想 260
ゴールデンカムイ 第32話 感想 269

だったら…、急いだほうがいいですよ(眼鏡』

地獄へ付き合って貰います
 犬童は、他にも遺族に声をかけていたのです

 眼鏡の男は看守、犬童典獄の部下

 看守達を案内役に、用一郎狩りが各地から派遣
 当時は、写真なんて希少ですから
 記憶が頼りなのか

 いかに恨みを買ってるか解る一幕

 用一郎狩りだぜ

 囚人の中でも特殊だったんですね

 が、最大の手がかりである「嘴」は手元で保管

 自力を恃む犬童らしい話 

キラウシ『よく知っているそうだ、このコタンに住んでいたと言っている』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 272

)キラウシ
 30年程前にコタンに流れ着いて…、アイヌの女と結婚したらしい

 この村で静かに暮らしていたが

 8年前、恨みがあるという和人がやってきて


 妻を人質にさらっていった


ゴールデンカムイ 第32話 感想 276

)キラウシ
 和人を殺めて網走監獄へ

 しかし妻が病気となり、先が短い事を知ると

 網走監獄を脱走してきた


 妻の最期を看取ると、このコタンを出て、近くの漁場で働いているそうだ…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 287
ゴールデンカムイ 第32話 感想 298
ゴールデンカムイ 第32話 感想 301

 既に、生き甲斐だった妻を亡くしてしまった

勝利者などいない
 戦いに疲れて流れ着き、アイヌ女性に救われた

 何だかアシㇼパ父のよう

 ウイルクの場合、娘という生き甲斐も得ました
 キロが、ウイルクを殺めたのは
 曰く「変わった」為

 パルチザンに金を渡すのを断った為?

 それほど「今」に愛着を持った

 用一郎の場合、敢えてコタンを出て
 根無し草に戻った

 亡き妻を思い出し、辛かったんでしょうか

 もうどこにも行き場がないのね…

『何やってんだあのジジイ…』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 303

)漁師
 今朝、寝小便もしたらしいぜ

 ああなっちゃ、もう長くねえわ


 ウチの爺さんも似たような感じで寝たきりになって…、すぐに死んじまった


ゴールデンカムイ 第32話 感想 309
ゴールデンカムイ 第32話 感想 315
ゴールデンカムイ 第32話 感想 322
ゴールデンカムイ 第32話 感想 323

 現代で言う「ボケ」が始まっている

入水
 現代は介護、延命のノウハウも発達

 現代でさえ大仕事

 対し昔は、と思うと「すぐに死ぬ」も頷ける
 既に、当人も今後を悟っているのか
 入水自殺を試みます

 村に居たくない、行き場もない

 入水するほど、頭が回っているなら
 なお辛い事ですよね…

 寝小便をするほど「体が言う事を聞かない

 どれだけ恥ずかしい事か

おい!爺さん!何やってんだよ!?

ゴールデンカムイ 第32話 感想 346

)髭の男
 勘弁してくれよ…

 目の前で死なれたら寝覚めが悪いだろうが…

 俺なら「溺れ死ぬ」なんて苦しい死に方

 やめとくけどなあ


 それともボケて海が風呂場にでも見えたのか?


ゴールデンカムイ 第32話 感想 352

死に際も…、解らなくなる前に……(用一郎』

せめて、人間らしく
 わざと軽口をたたく男の優しさ

 せめて「自分」である内、死にたい辛さ

 自分の意思で、命を絶とうとした用一郎ですが
 男のお節介に救われます
 人は難しい

 死ぬと解っていても助けたい

 用一郎自身、これまで漁民をやってたのは
 腹が減るからでしょうし

 辛いと思っても生きてしまう、死ぬと思っても助けてしまう

 しかし「ボケ」が、自殺を促したのか

 ボケる前に死にたいか…

『そんでよ~、そのチンピラが五人くらいで囲んでくるもんでよ~』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 361

 さっきから用一郎をバカにしてるチンピラ

 漁民に腕自慢するも、明らかに話を盛ってそう
 周りも、ホントかよと笑うばかり
 弱い奴ほど強いと自慢

 強い用一郎はただただ黙然としている

 渋いねえ…、オタクまったく渋いねえ 

『一番強そうな奴の頭を、石でカチ割ってやったのよ~!』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 369

)雇用者
 爺さんすまんが

 昼飯を食ったら荷物をまとめてくれ

 誰か迎えに来てもらえる者はおらんのか?


 自分で歩けるうちに出て行って欲しい…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 371
ゴールデンカムイ 第32話 感想 373
ゴールデンカムイ 第32話 感想 382
ゴールデンカムイ 第32話 感想 383
ゴールデンカムイ 第32話 感想 386
ゴールデンカムイ 第32話 感想 392
ゴールデンカムイ 第32話 感想 394
ゴールデンカムイ 第32話 感想 403
ゴールデンカムイ 第32話 感想 408
ゴールデンカムイ 第32話 感想 409

貴様が人斬り用一郎か?(男』

土足
 解雇されたその瞬間、踏み込んできた男達

 運が良かったのか悪かったのか

 もちろん、漁民たちは「まさか」と吹きだす
 男達にひと睨みされて黙ります
 恰好悪い!!

 男達、土足のままドスドスとまあ

 漁民達を歯牙にもかけてない

 彼らは幕府要人の遺族その人
 新政府下でも、良い暮らしと一目でわかる

 本来、用一郎こそ「勝者」側としていい暮らしする権利があったろうに

 やるせなさ倍増しになりますわ

髭の男『人違いじゃないのか? 人斬りとは真逆の人間だぞ』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 413

 気圧された男達と違い、静かに諭す

 髭の男、裏があるかと思えるほどの優しさです
 自称「強い」男が黙ってしまうほど
 男達は威圧感がある

 庇うだけでもどれだけ勇気がいる

 それでも解雇は庇えなかったのもリアル

看守『網走監獄で入れた墨が上半身にあるはずです!』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 424

)首領格
 確認しろ


)漁民達
 え…!?嘘だろ……?!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 425

)首領
『池田孫七郎暗殺事件』を覚えているか?

 父上の仇だ…


 死んで詫びろ!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 429
ゴールデンカムイ 第32話 感想 433
ゴールデンカムイ 第32話 感想 437
ゴールデンカムイ 第32話 感想 443
ゴールデンカムイ 第32話 感想 448
ゴールデンカムイ 第32話 感想 454
ゴールデンカムイ 第32話 感想 466
ゴールデンカムイ 第32話 感想 467
ゴールデンカムイ 第32話 感想 470
ゴールデンカムイ 第32話 感想 475

列に並べ。この人斬り用一郎を殺したい奴なんぞたくさんいるッ!!(用一郎』


 これは格が違う

 勿体ぶって刀を抜いたのが命取り

 刃の照り返しに、昔日が思い起こされた用一郎
 場慣れした様子で指を捻じりあげ
 瞬く間に足から!!

 勿体ぶった男、実戦本意な用一郎

 人殺しとして格が違いすぎる

 事件名、池田屋事件オマージュっぽいも
 約40年前って事ですよ

 男もこの40年、夢見てきた瞬間なのでしょう

 男の容姿からして、当時は子供

 男には「特別」なんですね…

池田『うおおおッ!!

ゴールデンカムイ 第32話 感想 481
ゴールデンカムイ 第32話 感想 486
ゴールデンカムイ 第32話 感想 487
ゴールデンカムイ 第32話 感想 489
ゴールデンカムイ 第32話 感想 497
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0500

)土方

 私が「列」の先頭だ


)用一郎

 新選組副長、土方歳三…!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 502
ゴールデンカムイ 第32話 感想 507

 池田氏、列に並ぶには少々若すぎた

因果
 武士らしく真っ正面から刀で!

 しかし後ろから、それも銃でブチ抜かれる始末

 池田氏には、用一郎は「唯一無二」の親の仇も
 用一郎にとっては、One of them
 大勢の一人でしかない

 列に並べ、お前なんか後回しだ

 言った直後に来たよ「当時者」が!!

 入水自殺したくなる程、死にたくて
 放っておけば飢えて死んだ

 人としての誇りは死んでも、人斬りの誇りは生きていた

 誇りってのは因果なものだなあ…

※トップに戻る 

雇われ暗殺団『銃声だ!

ゴールデンカムイ 第32話 感想 511

)暗殺団
 先客がいるようだぜ…


)暗殺団
 よし!裏に回れッ!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0513

)人斬り用一郎
 今夜の巡回はひとりか?

 いつもは近藤や沖田たちとツルんで、京都市内を我が物顔で歩いておるくせに…!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0514
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0517
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0521
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0525

 顔をしかめた土方

我が物顔
 てっきり怒ったのかと思いました

 が、違ったらしい

 昔は我が物顔だったのに、今は独りしかいない
 普通なら逆鱗になりそうなところも
 土方は悔いていない

 むしろ用一郎の異変に気付いたのか

 これは皮肉でなく狂気だ

 新選組は、当時としては「権力者側」で
 反政府勢力を狩っていた部隊

 反政府「この腐った世を変えたい」男には、さぞや我が物フェイスに見えたでしょう

 若き土方、男前だなあ…

看守の眼鏡『あれが人斬り用一郎です!

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0533

 と言った直後に撃ち殺される看守

 貴重な犬童典獄の元部下が!!

 続いて銃撃戦に突入、さすがこっちはプロです
 今どき、刀なぞ使ったりしません
 ピストルの時代!!

「ペ」ストル!これが日本の夜明けぜよ!

看守をヘッドショットした土方
敵の注意を引き寄せ、物陰に隠れるのですが

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0536
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0539
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0543
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0548
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0550
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0552
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0554
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0563

 親方!後ろから女狂いの柔道家が!!

殲滅
 当時の銃は、アッと言う間に弾切れ

 タマが切れたところに、立派なチンポの男が!!

 狙ってやったのか、土方が囮になった事で快勝
 新選組、戦い方が効率的ですし
 牛山はバケモン!!

 三人まとめて投げて壁を破った!!

 まとめるのも、壁を破るのも
 普通に怪力ですわ

 両方いっぺんにやっちまうのがすごい!

 すごい、牛山すごい!

池田の刀を拾い
今度は、自ら「幕末」に立ち返っていく用一郎

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0573

)用一郎(cv小野大輔)

 天誅ッ!


※天誅
 天罰のこと

 或いは天皇陛下に代わり誅する事


 幕末、人斬りは「天誅の名人」と呼ばれた


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0577

)看守
 あ!コイツです!


)暗殺者たち
 何、コイツが!


)人斬り用一郎 
 天誅! 天誅!天!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0585
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0589
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0597
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0601
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0603
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0611
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0619
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0623
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0627
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0632
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0636

)牛山
 えらく強い爺さんだったんだな…

 説得して、仲間に引き入れるのか?


)土方
 いや…、あいつはもう


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0644

 土方は、彼が「もう止まった」と解ったのか

怯え
 正義は違えど、世の中を良くしたいのは同じ

 だが用一郎は、幕末で止まっていた

 幕末に立ち返った用一郎は、縦横無尽に天誅!!
 が、少し不思議なのは「逃げ去った」事
 昔もそうだったから?

 ですが今、土方は「独り」です

 なのに用一郎、挑まず逃げ去りました

 現実には永倉達もいますが
 彼は土方を見て、“捕まる”のを恐れたのか?

 或いは、土方が「止まっていない」と直感的に気付いたのか?

 後者だったよう思えます

逃げ去り、無人の京都に重ねた用一郎は怯えた

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0658

 何が怖かったんでしょうか

 鎧戸が開いている、つまり昼間のようですが
 同時に、空に大きな月が登っています
 即ち夜でもある

 真っ赤なのは、切り殺した者達への後悔か

背景的に、八月十八日の政変を連想したのか

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0660
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0663
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0667
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0671

 彼のモデル、以蔵は「自白した男」でした

八月十八日の政変
 彼の所属組織は、天皇陛下を尊ぶ思想

 しかし孝明天皇陛下らは、尊王攘夷派を排斥

 岡田らの土佐勤皇党は、衰勢を迎える事となり
 首領、武市瑞山以下が捕縛され
 以蔵も強盗として捕縛

 際し以蔵は「拷問され自白」し、味方を崩壊

 打ち首獄門、晒し首

 自白は、土佐勤皇党が崩れる端緒となり
 味方に大いに恨まれたそうな

 維新で土佐が勝ち馬となった後も、顕彰碑に名前を載せることを拒否されたほど

 モデルは「裏切り者」とされる人物。

用一郎『先生!?

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0674

)人斬り用一郎
 勤皇主義が

 日本国を身分差別のない良い国にすると!


 そう言うアンタの理想を信じて、俺は汚れ仕事を請け負ったんだ!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0680

)人斬り用一郎
 アンタに尽くしてきたのに…ッ!

 俺を守ってくれないのかッ!


 トカゲの尻尾切りじゃないかぁ…!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0700

)用一郎
 裏切り者…!! 裏切り者…!!

 俺は切腹なんてイヤだ!


 こんな死に方はイヤだッ…!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0703
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0706
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0713
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0714

 何も言わぬ鹿を、彼は「先生」に重ねていた

生涯
 彼は理想の為、己を殺していたんですね

 彼も革命家であり、理想に裏切られた

 ただ岡田以蔵と照らすと、騙された訳ではなく
 捕縛され、師に騙されたと思い込み
 全て自白したのかも

 自白して助かり、周りに責められた?

 結果、放逐されてしまったのか?

 多分、捕縛された後「先生」と会ってない
 だから何も言わない

 師に裏切られたと思いこんだ、不幸な誤解だったのかもしれません

 信じた事は正しかったのかも

土方に怯え、再び幕末の悪夢に立ち戻る

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0726
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0727
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0743
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0745
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0757
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0759

 火曜サスペンスさながら、崖っぷち

逃げて逃げて
 逃げても逃げても、果てがありませんでした

 彼の生涯そのもの

 理想に裏切られ、自分は間違ってたと思い込み
 犯した罪に追いかけまわされ
 平穏をも壊された

 30年前にアイヌと出会い、22年は平和だった

 だが8年前、それも失ってしまった

 逃げて逃げて…、辛い。

土方歳三『歴史を見れば、人斬り用一郎の思想は正しかったのかも知れない』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0768

)土方歳三
 欧米列強に対抗する為

 近代化を目指した明治維新であり

 結果、日本は日清戦争と日露戦争に勝った


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0775

)土方歳三
 だが日露戦争に勝ったところで

 ロシアの南下は止まらない

 事実、戦争継続が不可能だった日本は、賠償金がとれず樺太で妥結した


 明治政府の主導は限界に近い


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0786

)土方歳三
 別の手段が必要なのだ

 北方の守りを委ねるべく北海道を独立させ

 海外から移民を募り多民族国家を築く…!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0798

)若き土方歳三
 用一郎…、俺はまだ日本のために戦うぞッ!!


)老いた用一郎
 土方歳三…

 アンタが若いのは時間が止まっていたからなんだな…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0803
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0809

俺は疲れたよ、長く生きすぎた…(用一郎』

長く生きすぎた
 これが土方の思想の全貌

 土方は今も理想の為、走り続けている

 どちらも革命家、しかし用一郎は理想を捨てた
 今回、土方から逃げまわったのは
 若さを感じたからか

 同じ革命家だからこそ

 土方が眩しくて、逃げ回ったのか

 逆に土方は、彼が終わってると気付いたから
 仲間にしようと思わなかった

 だがそれでも胸襟を開いたのは、彼なりの「説得」だった気がします

 俺と一緒に、また立ち上がれと
 
土方の告白に、みるみる老いた用一郎

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0813

 土方は、多分ダメ元で説得したんだと思います

 これが俺なりの世直しだ、加われと説得した

 しかし用一郎は、俺は参加できないと拒否した
 拒否し、改めて「老いた」と実感し
 心が年相応に戻った

 そんな意味合いだった気がしました

心が今も若いままの土方
敢えて銃を捨て、刀で「老いた用一郎」を断つ

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0826
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0832
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0835

)土方歳三
 犬童四郎助から取り返してきたぞ

 この辺りにしかいない、海鳥だそうだな?


)用一郎
 根室を忘れないようにと、妻が……


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0849
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0853

 投獄された夫の心を癒す為、もたせてくれた

エトゥピリカ
 優しい奥さんだったんですね…

 攻防は一瞬でした

 何せ土方は若いままで、用一郎は完全に老いた
 用一郎、服は現役時代のままな辺り
 現実を認めた為か

 刀を見れば「昔」に立ち戻る

 そんな幻想からようやく開放

 自分は老いた、と完全に認めた事が
 姿に表れてる気がしました

 土方のように、理想に向かって走る事なんかもう出来ない

 新選組は歴史の上では「敗者」ですが

 二人は決定的に違うと

土方歳三『今、楽にする』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0859

)用一郎
 いや、このままでいい。

 楽に死ぬのは申し訳ない……


 天下国家の為と、大勢殺した…、俺は勤皇派の道具だった…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0868


)用一郎
 アイヌとは…『人間』という意味だそうだ

 俺はこの土地に流れ着いて…

『人間』として生きた…


 自分だけ申し訳ない…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0876
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0883
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0884
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0886
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0888
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0897

 用一郎が乗り移ったかのようなエトゥピリカ達

つがい
 用一郎の魂は、ようやく自由になれたのだと

 飛翔する鳥に、そんな風に思えました

 30年、彼の心を癒し続けてきた妻が迎えに来た
 彼女もまた、昔の姿で現れたのか
 用一郎は「大往生」

 国の為を思って血を流し

 流した血に、申し訳ないと悔いた

 彼は根本的に優しい人で
 だから戦えた、だから傷付いてたのか

 せめて最期、幸福な気持ちで逝けたのは良かったと思いたい

 ボケて死ぬよりはずっと幸福だったと

土方歳三『…私は函館で死ねなかったことを、負い目になどしていない』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0899

)土方歳三
 役目があるから生き残ったのだ…

 まだまだ走れる!


 そうだろう? ガムシン!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0904

※永倉新八(5話)
 人は、死すべき時に死ななければ

 死に勝る恥があると言います

 この歳になって戦争を起こそうだなんて…
 正気の沙汰とは思えません


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0907

)永倉
 土方さん…

 あなたは死に場所が欲しいんじゃないのかね?


)土方
 私は後、百年生きるつもりだ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0914



 敢えて「がむしゃらな新八」呼びが男らしい

生きる
 用一郎は死ねずに後悔していた

 でも死ななかったから、奥さんと過ごせた

 対し土方歳三、端っから後悔していないのね!
 今回は、第5話への回答なんです
 27話越しの「回答」!!

 それこそ「がむしゃら」に

 目的を持ち、走り続ける!!

 それが若さの秘訣かい!!
 日々を後悔でなく、前を向く為に過ごす事

 用一郎の優しさとは別な、理想を目指す生き様が男らしい!!

 今回が「土方歳三の本音」なのね!!

アシㇼパさん『当たった!やったな尾形っ!』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0917

)アシㇼパさん
 真っ白なフンペは初めて見た!


※フンペ
 アイヌ語で「鯨」の意味

 フン!と音を出すもの、という意味


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0921

)キロランケさん
 樺太では、モニフンペと呼んでる


)脱糞王白石
 クジラ肉かァ~、ハラショ~だぜ~♪


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0926

)白石
 クジラ肉には味噌が欠かせないんだけど

 さすがにロシア領ではどこにも売ってないよな~


)アシㇼパさん
 白石っ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0930
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0932
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0937
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0947

あっれー? 何で杉元の味噌持ってんの~?(白石』

やっぱり撃たれた!!
 曰く別れる前、杉元の荷物を分担していた

 ええ~、ホントでござるか~?

 とまれキロ達は、監獄都市にてイルカ漁に参加
 既に「хороший」を覚えていたり
 数日過ごしたらしい

 このはじけんばかりのイルカ肉!!

 ぷりっぷり!! 絶対旨い奴やん!!

 が、クジラ同様に臭みが付きもの?
 味噌の匂い消しが効くのか

 味噌か…、味噌が欲しいのかいやしんぼめ!!

 刺身で食えそうな鮮度だぜ~!! 

白イルカを白石が茶色っぽい鍋にする

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0955

)白石
 シロイルカ肉にじゃがいもと

 アシㇼパちゃんの干したギョウジャニンニクと、ニリンソウ~


 杉元からブン獲った味噌で作ったクジラ汁だ♡


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0959

)パルチザンの一員キロランケ

 旨いッ!!


)日本人の白石

 やっぱり日本人は味噌だぜ~ッ!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0967

)アシㇼパ
 杉元のオソマ、遂に無くなってしまった…


)白石
 日本に戻ったら買い足せば?


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0967

)アシㇼパ
 杉元のオソマじゃなきゃ嫌だッ!!


)白石
 その内、また食えるよ。アシㇼパちゃん


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0971
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0975
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0977
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0978
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0985

ン~~~、ヒンナヒンナ♪(アシㇼパ』

涙の味噌
 そんな杉元のウ〇〇みたいな

 割と感動的なハズも、ギャグを忘れない本作!!

 杉元と出会い、初めて味噌を知ったアシㇼパ
 味噌は、杉元との絆なのね
 だが尽きた…

 旨い美味しい切ない

 白石が素直に励ますのが嬉しい

 また食える、また会えるってなわけで
 てらいないのが素敵

 てかやっぱり分捕ったのかなあアシリパちゃん

 悪いオンナだぜ~

尾形『…ヒンナ』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0986

)アシㇼパ
 ン?


)尾形
 …ヒンナ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0987

)アシㇼパ
 尾形お前…、今ヒンナっていった!?

 もう一回言えるか?

 ほら…!!


ゴールデンカムイ 第32話 感想 0990
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0999



言ったよな!?尾形いま、ヒンナって言ったよなー!(アシㇼパ』

大事な事なので
 だから君ら、その視線何なの!?

 尾形、チタタプに続き「ヒンナ」を達成!!

 二冠ですよ二冠!! それも、今度は言い直した!
 以前は、ぽつりと言ったきりも
 今回は二度言った!!

 大事な事なので2回言いました!!

 デレた!オガタデレタ!

 また前回は、しつこく「言え」と促し
 ようやく言いました

 また今回「杉元を恋しがった」から、対抗心が出たんでしょうか

 恋しがる気持ちがフッ飛んだァ!!

白石『…で、キロちゃんさあ。俺たちいつまでこの亜港に滞在すんの~?』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 1009

)キロランケ
 …亜港監獄の囚人250人を脱獄させる

 それがバラバラに逃げれば、追手もソフィアに絞れない


)脱獄王白石
 …どうやって250人も一緒に逃がす?


ゴールデンカムイ 第32話 感想 1010
ゴールデンカムイ 第32話 感想 1023

監獄の複数箇所の外壁を同時に爆破する!(キロランケ』

大脱走マーチ・ヘ長調
 やはりキロランケと言えば爆発!

 脱獄は爆発だ!

 今章はある意味、キロランケがヒロインですし
 彼の長所を活かした戦術ですね
 脱獄作戦!!

 鉄鋼艦のシャフトだってへし折りそう!!

 単に面会に行くのでなく
 一人を逃がす為に、全員逃がそうという手法

 気を隠すにはオーラの中ですわ

 が、さすが「脱獄」には白石がうるさい

脱獄王白石『どこにそんな爆薬があるんだ!』

ゴールデンカムイ 第32話 感想 1034

)白石
 手に入れるのだって、アシがつくぞ!


)キロランケ
 アレだ! …灯台だ


ゴールデンカムイ 第32話 感想 1036

)キロランケ
 日本がまた侵攻してきた場合に

 破壊する為の爆薬が支給されている


 後は待つ…


ゴールデンカムイ 第32話 感想 1037
ゴールデンカムイ 第32話 感想 1047
ゴールデンカムイ 第32話 感想 1054

アレが来れば条件が整う…!!(キロランケ』

ゴドーを待ちながら
 前回のは前振りだったのか!!

 また、描写上は「流氷」を待っている様子

 かつ爆破条件は、日本軍が来ると誤解させる
 確か、太平洋戦争でそんな話が
 氷山空母?

 氷山を空母にする実在の発明
 
 氷山を「日本軍の軍艦」に偽装?

 そうすれば、敵は爆薬の鍵を開けるので
 奪うことが出来るハズ

 ただ「どうやって偽装すんだバーカ!」が最大の穴ですね

 計画にだって穴があるんだよな…

 でも金カムならやりそう…?

※トップに戻る

感想追記
土方の思想、日本北方を守る独自国家の建設!

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0500



 その心は、今も若い頃の理想に燃えていた

三陣営の「目的」
 全ては国、民を守る為!!

 また北海道独立自体は、鶴見中尉とも一致

 そして対ロシア、という点はキロランケと一致
 三陣営に、一致点が見えた事も
 今回の大きな点か

 ただ鶴見中尉の目的は怪しいところ

 土方は察しているのか?

 中尉の目的は、冷遇された第七師団への救済
 彼らの為「儲かる国」の建国

 ですがいご草回で、戦前から企んでいた事が明らかになりました

 果たして中尉どんの真なる目的とは…?

いご草回の月島同様
第七師団自体、“誑しこんでいる”らしい…?

ゴールデンカムイ 第32話 感想

 北海道を独立させ、武器工場を作るのが狙い

鶴見中尉派閥
 目的は「第七師団を金銭的に潤す」

 既に武器商人とも結託、武器の製造販売が手段

 北海道を独立させ、商業立国が目標

 その儲けで、日露戦争で恵まれなかった師団と
 家族、遺族を潤したいという
 慈善「的」事業

 が建前であるも、怪しくなってきました

 キロランケもあくまで構成員

 リーダー、ソフィアの判断次第で
 どう転ぶか解らない

 と、三陣営の利害が一致するようで怪しいな

 杉元達もどう立ち回るやら

土方の思想を明かされ
急速に老い、“己の老い”を自覚した元革命家

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0759
ゴールデンカムイ 第32話 感想 0826

 打ち明けたのは、土方なりの優しさ

幕末回
 心が幕末に立ち返った人斬り用一郎

 ですが、もう一度夢を追うのは無理だった

 心が幕末に立ち返れるのは、一時的な衝動だけ
 当時の理想、世直しに立ち上がるには
 自分は老い過ぎたと自覚

 その自覚が、彼を年相応にしたのだと思います

 今も、バリバリに理想を追う土方と比べ
 自分はなんて老いたのかと

 用一郎の渋みと悲哀もですが、彼と過去を通じ「土方歳三という男」を浮き彫りにした

 濃厚な幕末回だったなと思いました

用一郎が立ち直るのは無理と思いながらも

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0632

 用一郎を説得し、仲間にするのは無理と理解
 でも、もしかしたら立ち上がるかもと
 胸中を明かした気がしました

 用一郎が「もう一花、咲かせてやるでござるよ!」と言うのを期待してたのかなあ

 現実には「俺は老いた」と返した用一郎

 土方さんは常識離れなんだな…

※トップに戻る

公式ツイッターより
























































2020年11月23日 ゴールデンカムイ 第32話「人斬り」

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0706



 29話などの谷村氏が脚本

スタッフ
 脚本:谷村大四郎
 絵コンテ:安藤真裕
 演出:鳥羽聡
 総作画監督:山田正樹
 作画監督:徳田賢朗
 アニメ制作:ジェノスタジオ
 原作:漫画/野田サトル/集英社/週刊ヤングジャンプ

あらすじ
 杉元一行がキロランケらを追って亜港監獄を目指している頃、北海道では土方の一味が新たな刺青人皮の手がかりを追っていた。標的は、幕末に「人斬り用一郎」と呼ばれた元殺し屋・土井新蔵。網走監獄の隠し部屋で見つけた新蔵の所有物がエトゥピリカのくちばしだと突き止めた土方たちは、その鳥が生息するという根室へ。同地で接触したアイヌコタンの村長から、脱獄後に病床の妻を看取った新蔵が漁場で働いているとの情報を得る。

次回「革命家」
大脱走の為、キロランケは何を待つのか?

ゴールデンカムイ 第32話 感想 0955
ゴールデンカムイ 第32話 感想
ゴールデンカムイ 第32話 感想 1067

 どうも流氷を待ってるのか?

革命家たち
 前回の燈台は前振りでもあったのかッ!!

 前回に続き、劇的ビフォーアフターな今回

 前回のむっちり逞しい革命家に、次回で迫る
 展開上、杉元達が追い付くには間があり
 脱走による混乱中の再会に?

 杉元編・アシㇼパ編から、久々の土方編

 前回と次回が、ほぼ直接つながる辺り
 少し焦らされた感じも

 だが焦らした甲斐ある、渋く深みのある

 土方の理想主義も、どことなくソフィアを連想させる気がしました

 彼は後悔でなく、前を向いて走ってるのね!!

 次回、ゴールデンカムイ 第33話「革命家」

トップに戻る





・過去記事ページ




























 ゴールデンカムイ 第1話「ウェンカムイ」
 ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」
 ゴールデンカムイ 第3話「カムイモシリ」
 ゴールデンカムイ 第4話「死神」
 ゴールデンカムイ 第5話「駆ける」
 ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」
 ゴールデンカムイ 第7話「錯綜」
 ゴールデンカムイ 第8話「殺人鬼の目」
 ゴールデンカムイ 第9話「煌めく」
 ゴールデンカムイ 第10話「道連れ」
 ゴールデンカムイ 第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」
 ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」
 ゴールデンカムイ 第13話「江渡貝くん」
 ゴールデンカムイ 第14話「まがいもの」
 ゴールデンカムイ 第15話「昔の話をしよう」
 ゴールデンカムイ 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」
 ゴールデンカムイ 第17話「腹の中」
 ゴールデンカムイ 第18話「阿仁根っ子」
 ゴールデンカムイ 第19話「カムイホプニレ」
 ゴールデンカムイ 第20話「青い眼」
 ゴールデンカムイ 第21話「奇襲の音」
 ゴールデンカムイ 第22話「新月の夜に」
 ゴールデンカムイ 第23話「蹂躙」
 ゴールデンカムイ 第24話「呼応」【最終回】
















 ゴールデンカムイ 第25話「樺太へ」
 ゴールデンカムイ 第26話「スチェンカ」
 ゴールデンカムイ 第27話「いご草」
 ゴールデンカムイ 第28話「不死身の杉元ハラキリショー」
 ゴールデンカムイ 第29話「国境」
 ゴールデンカムイ 第30話「悪兆」
 ゴールデンカムイ 第31話「メコオヤシ」
 ゴールデンカムイ 第32話「人斬り」
 ゴールデンカムイ 第33話「革命家」
 ゴールデンカムイ 第34話「狼においつく」
 ゴールデンカムイ 第35話「罪穢れ」
 ゴールデンカムイ 第36話「生きる【最終回】」

・過去記事ページ

※トップに戻る