ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
U.C.0088年、一般兵用サイコミュ搭載量産機
サザビー以上の高出力を誇る

ドーベン・ウルフ

■抽選配給期間
2020年11月12日(木) 14:00 より開始 [予定]
■新規追加物資
■ユニット
・★★★ ドーベン・ウルフ LV1~2 (汎用機、地上/宇宙両用機体、コスト600~)

※上記MSは月間MSボーナスの対象機体となります。
※月間MSボーナスについては、こちらをご覧ください。

■モビルスーツの特徴
・コスト600の汎用機
・サイコ・ガンダムのコンセプトが継承された、絶大な攻撃力を誇る第4世代MS
・高火力で多種多様な射撃兵装を活かすことで、高い継戦力と優れた戦果が期待できる
・支援射撃としても組み込みやすく優れた火力を備える「B・ライフル兼用メガ・ランチャー」装備可能
・捕捉した敵に対し、射出した有線式攻撃端末からのビーム攻撃が可能な「インコム」を装備

バトルオペレーション2公式より

公式ツイッターはこちら


ドーベン・ウルフ 01
ドーベン・ウルフ 04
ドーベン・ウルフ 06

 ネオジオンが誇る、量産型の第四世代MS

機動戦士ガンダムZZ
 第三世代がZ以降の可変型MS

 第四は高出力、直結型メガ粒子砲、サイコミュが条件

 いわゆる「恐竜的進化」を象徴する高性能機で
 本機も、非常に多彩な武装を持ちつつ
 サイコミュで制御

 本機では準サイコミュで、一般兵でも使用可能

 パイロットが脳波制御する事で
 多数の武装を、効果的に使えるのが強み

 その開発にあたり「一般兵用サイコ・ガンダム」であった、連邦のガンダムMk-Ⅴが原型

 連邦とジオンの技術融合機と言えます  

連邦のローレン・ナカモトは、ガンダムMk-Ⅴごとネオ・ジオンに投降
連邦側には開発チームが残された

ドーベン・ウルフ 13
ドーベン・ウルフ 15
ドーベン・ウルフ 25

 ガンダムNTの黒いMS、シルヴァ・バレト原型

銀の弾丸
 ネオジオン戦役の後、連邦はドーベンを鹵獲

 元ガンダムMk-Ⅴ開発チームは徹底分析し

 ドーベン・ウルフ改造機を、シルヴァ・バレト
 即ち、狼殺しの銀の弾丸と名付け
 実験機に用いました

 νのフィン・ファンネル開発などに参加

 その後、機体はビスト財団の預かり

 巡り巡ってNTで活躍する事になります

一説に、サイコ・ガンダムはジオングを参考に
連邦が開発した機体とされます

ドーベン・ウルフ 28

 ジオングが源流のMSが、ネオ・ジオングと交戦

 ジオングを連邦が参考にし
 量産モデルを考案し、更にジオンが参考にし

 更に改造され「シルヴァ・バレト・サプレッサー」としてネオ・ジオングと交戦

 因果を感じるMSですね

※トップに戻る

・宇宙世紀関連 記事一覧ページ

これまでの記事

























































※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング