ガンダムカテゴリ過去記事。記事下部はこちら
当初は、訓練機だったリファインド・ゲルググ
親衛隊小隊長機も務めた

リゲルグ


■抽選配給期間
2020年10月15日(木) 14:00 より開始 [予定]

■新規追加物資
■ユニット
・★★ リゲルグ LV1~2 (汎用機、地上/宇宙両用機体、コスト500~)

■モビルスーツの特徴
・コスト500の汎用機
・一年戦争時の主力量産機であったゲルググを公国軍残党勢力であるアクシズで改修した機体

・汎用機として高水準の性能を備え、優れた機動力がもたらす高い適応力が期待できる

・取り回しが良い射撃主兵装を始め、多様な射撃兵装を使いわけ機動射撃戦を展開できれば、高い継戦力と戦果が期待できる

※バトオペ2公式より

※公式ツイッターではこちら


リゲルグ 03
リゲルグ 08

 マシュマーの副官、イリア・パゾムが搭乗

機動戦士ガンダムZZ
 実は彼女の機体はマシュマーのもの

 彼は士官学校時代から本機に搭乗

 強化人間となった彼は、改めて本機を望んだ
 軍は新型機ザクⅢに乗せる意向で
 マシュマーと揉めた

 彼女が本機に乗るからと説得

 ようやくマシュマーはザクⅢ改に乗ったという

 実に彼らしいめんどくさいエピソード

※雑誌「ジ・アニメ」1986年11月号より

一年戦争後、ゲルググはアクシズ作業機に活用
後日、訓練機として大改修された

リゲルグ 12
リゲルグ 13
リゲルグ 19

 つまり大戦中の機体の再利用品

リゲルグ
 一方で「ロイヤルガードの小隊長機」とも設定

 曰く「アクシズのパイロットは本機で育った」
 訓練機として、皆が乗り慣れた事から
 実戦でも望まれたらしい

 小説アナハイム・ラボラトリーでも新設定

 実は、ゲルググ改造機の他に
 新規製造も実施

 旧型改造の訓練機、高性能な新規製造機の二種類があったと再設定に

 訓練機にしてエース級MSでもある

 ジオンらしい「慣れ」重視の逸話が活きるMS
 
近年、漫画「ジョニー・ライデンの帰還」中で
主役機に大抜擢

リゲルグ




 アナハイムが設計データから再設計

ゲルググ・ウェルテクス
 AE社が表に出せないデータから改修

 即ちGP-01ユニバーサル・ブースト・ポッド

 ガンダム開発計画のデータまで解禁し設計され
 短期間設計、実用化するハードルの上
 高い性能を実現しました

 特にリーダー機はテスタロッサと命名

 シャアが、サイコ・フレームを用いた機体へ
 対抗しうるMSとして開発進行中

 ちなみに「放送当時のリゲルグのガンプラ」は、ジョニー専用ゲルググの流用でした

 その因果からも実に面白い主役機

※トップに戻る

・宇宙世紀関連 記事一覧ページ

これまでの記事




















































※トップに戻る