同カテゴリ過去記事はこちら
Z計画に基づき開発された、最初期の可変機
コスト面でも多大な影響を残した

EiqOvyeXcAA_TXg


■新規追加物資
■ユニット
・★★ メタス[重装備仕様] LV1~2 (地上/宇宙両用機体、コスト500~)

■モビルスーツの特徴
・コスト500の汎用機
・Z計画の一環として開発されたエゥーゴの試作可変MS
・汎用機として過不足ない性能を備え、フラッシュグレネードや射撃での戦線支援が行えれば、優れた継戦力を発揮する
・MA形態としての高い運動性と、優れた火力の副兵装を活かせれば、高い戦果が期待できる
・タッチパッドを押すことで飛行状態に移行するスキル、「変形(飛行)」を搭載
・飛行形態での高速移動時に、接触した対象にダメージを与えるスキル、「ラムアタック」を搭載

 詳細 https://twitter.com/gundambattleope/status/1309015629236711424


00000

 Zガンダム開発に至る試作品

機動戦士Zガンダム
 U.C.0087年から89年のZZでも一時期活躍

 後にリゼル、ZⅡでも機構を採用

 今回はそれを踏まえて、ZⅡの設定を逆輸入
 ZⅡ同様、クレイ・バズーカを装備!!
 火力強化しています

 Z劇中ではヒロイン、ファが搭乗

 スパロボでは「修理装置」が搭載された上
 可変機構で長距離移動

 その為、重宝していた人も多いのではないでしょう

 また設定上、ビーム・サーベルを6本も携行

 たぶん六刀流する予定だったのでしょう

※トップに戻る

・宇宙世紀関連 記事一覧ページ

これまでの記事
















































※トップに戻る