試し読み トニカクカワイイ 12巻 感想
 畑 健二郎 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
白銀刃は恋をする
女子高教師ナサ、嫉妬の司。司の正体に迫る…?

トニカクカワイイ 12巻 感想
トニカクカワイイ 12巻 感想
トニカクカワイイ 12巻 感想
トニカクカワイイ 12巻 感想

 どこの誰かは知らないけれど 誰もが皆知っている

 その「月光仮面」の歌詞、まんまなのか?

 月光輝夜こそが「誰もが知ってる」かぐや姫
 司は、かぐや姫当人じゃないの…?
 この二人って同じ顔?

 深まる謎、高まる嫉妬!! 司さん可愛い!!

要「嫉妬する嫁、超可愛い説!!」
 前巻で関係一段落、安心して女子の園に突入も
 ナサ当人が、恋愛的によそ見しない分
 銀さんがラブコメしてた!!
 主人公か!!

 嫉妬の司さん、表紙も女子高生モードが美しい

 が、劇中こんなにクールじゃないぞ!!

トニカクカワイイ 12巻 感想


・あらすじ
  …東宮校長により、バイト教師から昇格?
・第110話「ユーはショック」
  …要曰く「嫉妬する嫁、超可愛い説!!」
・第111話「ラーメン食べたい」
  …生徒「都 春」。16歳の危険な遊び
・第112話「こぼれ話」
  …後日談というか前回のオチ

・第113話「月と星の数式」
  …校長の名は東宮
  …ナサ君の指摘、“彼女”からの興味
・第114話「シチュレーションって大事」
  …女子高生に克つ最良の手段

・第115話「髪型がむつかしい子は恋愛も難しい」
  …白銀 刃の相談編
・第116話「女子高生ならたいてい許される」
  …司さんのダブル助言
・第117話「恋は暗くて狭いところでするとよりいい」
  …白銀編、ひと段落

・第118話「旅路の果て」
  …長い旅は終わったか?
・描きおろし『第117.5話 徒然日記』
  …白銀編の後日談
  …ヘッドホン子、紅の彼氏さん
・感想追記「月光と仮面」
  …昭和の歌「月光仮面は誰でしょう」歌詞

・カバー下
  …担当は綾&要、姉妹回
・これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・4/4ページ目へ

※過去感想記事の一覧へ

あらすじ
ナサの生徒・白銀刃、恋愛相談編!

トニカクカワイイ 12巻 感想 00048

 恋する少女のペタンはかわいい

あらすじ
 御伽女子高でボランティア教師を始めたナサ君

 校長は驚き、彼を逃がすまいと特任教師へ昇格
 他方、女子高に通う事になった夫に
 司は嫉妬心を刺激

 都春はラーメン屋で夫婦に遭遇

 ナサは白銀刃に恋愛相談を受ける

 白銀は、勇気を出し鬼丸銀河に告白するが
 鈍感な銀河は理解できず

 ナサは「月光輝夜」の数式を修正

 司も心配の余り学校に向かい、月光と遭遇する

※トップに戻る





第110話
女子高通いのナサくんに、有栖川姉妹いわく

トニカクカワイイ 12巻 感想 00005
トニカクカワイイ 12巻 感想 00006
トニカクカワイイ 12巻 感想 00009
トニカクカワイイ 12巻 感想 00011
トニカクカワイイ 12巻 感想 00012

 しれっと絶対可憐チルドレン主題歌が!!

第110話「ユーはショック」
 女子高通いの夫、妻は嫉妬するのでは?

 要はナサに「嫉妬したら超かわいい」と解説し
 綾は、司に「嫉妬でアピール」を提案
 今こそ攻めの姿勢だと

 姉妹揃ってなんて提案を

 というか「可愛いですよね!」推す要が!!

 スデに可愛いんですよね!!

 惚れてる彼が見たら、悶絶して親指上げて溶鉱炉に沈みますわ

 いやホントここ、要史上屈指にかわいい

当然、ナサくんは女子高生に興味もない
それはそれでどうかと思うが

トニカクカワイイ 12巻 感想 00014
トニカクカワイイ 12巻 感想 00017
トニカクカワイイ 12巻 感想 00018
トニカクカワイイ 12巻 感想 00019

 とりあえず見てた女子高生は悶絶した

「からの」が最高です
 そっちを悶絶させてなんとする!!?

 例の夜の散歩中、結局ナサ君が自爆してしまい
 火のないところに大火事となるも
 秒で鎮火してしまった…

 今後「嫉妬」絡みの前振り?

 前巻、夫婦関係が盤石となったも
 盤石だからこそ試練か

 いつか!いつか逆境が…?

 実際、今巻もちょっぴり騒動が発生

 でもアレで終わりなのかな…?

第111話
生徒「都 春(16」は、危険な遊びに入り浸る

トニカクカワイイ 12巻 感想 00020
トニカクカワイイ 12巻 感想 00021
トニカクカワイイ 12巻 感想 00022
トニカクカワイイ 12巻 感想 00023
トニカクカワイイ 12巻 感想 00024

 そう!! ラーメン屋に入り浸る事である!!

第111話「ラーメン食べたい」
 おうオメーどんだけお嬢さんだコラ!! 回

 曰く「欲望に負けてラーメンを食べ歩く」
 この世すべての悪もビックリな上
 ラーメンブロガー

 その彼女がうっかり遭遇の回

 彼女、SNSでそれなりに知名度ある為
 今後どこかで活かされるのか

 対し司さん「夏が来ると、わけもなく辛いもの食べたくなりません?」

 都が悪なら、司さんなんて悪女ですよ悪女

 もうこれからツカ公って呼ばなきゃ

女子高編は、とにかく「夫婦が目撃される」
生活圏が近いから目撃される

トニカクカワイイ 12巻 感想 00025
トニカクカワイイ 12巻 感想 00026
トニカクカワイイ 12巻 感想 00027

 それも至近距離で見ちゃった都さんはもう

集中の都ちゃん可愛い
 繰り返しますが前巻で「関係」が完成

 そのゆるぎない愛情を各所で目撃されまくる
 これもう、キラキラドキドキすぎて
 対閃光防御が必要

 ラーメンブロガーが味が解らなくなるレベル

 もうある種の業務妨害ですね
 趣味の業務を妨害

 今回は「ラーメン屋での妻の可愛さ」をつらつらと描く回

 特に最後が最高ですね、ごちそうさまです

 これには読者も伏せ丼ですわ

第112話
実際に「かわいいJK」を目の当たりにした司は

トニカクカワイイ 12巻 感想 00028

 今回、司はナサ君に「愛を囁け」と命令

第112話「こぼれ話」
 つかっさんがひたすらめんどくさい

 特にアレですね、ここまでやらせといてアレ
 あんなことを言っちゃう司さんは
 もうホント自分勝手

 だが そこがいい

 物事の良し悪しは、なんでも当人の主観次第
 同じ言葉でも意味が変わる

 どんな言動をされても「かわいい」としか思えない人

 それがこうアレなんですね

 あと締めの一言が可愛い

「オチ」があるってのも大切だと思うのだわ

第113話
生徒のプログラム理解度は、正直壊滅的でした

トニカクカワイイ 12巻 感想 00029
トニカクカワイイ 12巻 感想 00030
トニカクカワイイ 12巻 感想 00031
トニカクカワイイ 12巻 感想 00032

 実際、「八男」と同じ声優さんだとか

第113話「月と星の数式」
 結果ナサ君、バイトから特任教師に昇格へ

 日本が推し進める「プログラム教育」

 しかし今回、教える側の先生も含めてド壊滅!!

 妥当な結果ですが、その「評価」を行う為に
 ナサ君は独自プログラムを開発
 校長から高評価に

 おっと!! バイトのはずが泥沼だ!!

 良くも悪くも、これで定職につくんでしょうか
 また校長の名は「ハヤテ」の東宮

 ハヤテの東宮君、姉は漫画家だしこちらは母?

 他のバイト先が血涙流しそうな事に…!!

校長は「月光さん」を任せたい
そんな折、ナサくんは黒板の数式に惹かれる

トニカクカワイイ 12巻 感想 00033
トニカクカワイイ 12巻 感想 00034
トニカクカワイイ 12巻 感想 00035

 ああなるほど月光+仮面、月光仮面

月光仮面
 ナサは「月に行く片道の数式」だと解読

 帰ってこれなければダメだ、と式を付け足して
 彼女、月光の興味を買ってしまいます
 天才同士の対話

 ナサ君とタメ張る「天才」か

 また、多分「月光仮面」なのは
 意図的なフリ

 だって主題歌は「どこの誰だか知らないけれど、誰もが皆知っている」

 彼女こそかぐや姫その人なのか?

 何せ「ハヤテのように現れて」ですしね!

第114話
綾姉さんが語る、対・女子高生最終兵器

トニカクカワイイ 12巻 感想 00036
トニカクカワイイ 12巻 感想 00037
トニカクカワイイ 12巻 感想 00038

 それは女子高生となる事だったのだと

第114話「シチュレーションって大事」
 相変わらず一理があって理性がない綾さん

 無論、司さんも反論はしたんですけれども
 対する「解ってない」が秀逸
 実に直球

 無事コスプレし、暗がりでいけない事に

 基本、Sっ気もあるナサ君には
 おあつらえ向けでしたわ

 なるほど奥さんが嫌がる程、性的快感が高まる

 それもまた一理あって理性がない話

第115話
髪型がむつかしい子は恋愛も難しい

トニカクカワイイ 12巻 感想 00039
トニカクカワイイ 12巻 感想 00040
トニカクカワイイ 12巻 感想 00041

 そのむつかしい子が「白銀」さん

第115話「髪型がむつかしい子は恋愛も難しい」
 好きになったのが銀河くんだっていうね…

 クラス委員長の白銀 刃から恋愛相談

 仮にこの二人が結ばれたら「白銀銀河」ですよ
 あまりにも収まりが良すぎる為
 結ばれてほしいところ 

 が、銀河君は綾さんとラブコメ状態

 この二人、もう完全に出来上がってるので
 割り込むのは正直難しそう…

 彼女の恋は「普通」で、変な恋ばかりな中貴重

 対するナサ君の姿勢がまたいいですわ

 彼は決して「恋」を馬鹿にしない

第116話
恋愛相談ってどうしたら?司さんダブル助言!!

トニカクカワイイ 12巻 感想 00042
トニカクカワイイ 12巻 感想 00043
トニカクカワイイ 12巻 感想 00044
トニカクカワイイ 12巻 感想 00045
トニカクカワイイ 12巻 感想 00046
トニカクカワイイ 12巻 感想 00047

 結果、いちゃつく二人の図が爆誕

第116話「女子高生ならたいてい許される」
 ここぞと「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」!!

 白銀だしかぐやだし相性いいな!!

 司は、恋する白銀刃にストーカーするよう助言
 他方、ストーカーされ始めた銀河には
 すぐ捕まえろと助言

 まったく悪気がないマッチポンプ!!

 こう…、真面目に恋愛してる白銀さんが
 アホみたいじゃあねーか!

 実際この子、変人連中に巻き込まれてキリキリ舞いしていく事に

 見た目に反しめっちゃ普通の子だな!!

第117話
無論、ナサ君は白銀の「誤解」を解いたものの

トニカクカワイイ 12巻 感想 00048

)ナサ
 夜空に星が見えるのは、宇宙に果てがあるからなんだ

 もしも宇宙に果てなどなくて
 星が無限にあるのなら

 夜空に暗い部分はなく、そこにも星があるはずだから


 見上げた夜空は広大で、星は無限にある気がするけど…

 決して…無限などではないんだ

 人に与えられる機会も同じ

 無限にあるように見えて、きっと数は限られてる


トニカクカワイイ 12巻 感想 00049
トニカクカワイイ 12巻 感想 00050
トニカクカワイイ 12巻 感想 00051

 告白したが、銀河は理解できなかった

第117話「恋は暗くて狭いところでするとよりいい」
 てなところで、白銀編は一段落

 銀河を好きになり、告白にはこぎつけたものの
 銀河くん、恋愛ごとにはとんと疎く
 告白が理解できず

 銀河くんが主人公みたくなってる…

 また、一つの機会=恋を追って掴んだナサ君
 助言にも実感を感じます

 いや光が地球に届かない、見えない星までも含めるとナサ君の理屈にも破綻を感じますけれども。

 星にたとえ、かつ現実的なのがナサ君らしい

 真面目に受け止めた銀さん良い子だ…

第118話
司さん、ついつい嫉妬して学校に向かった結果

トニカクカワイイ 12巻 感想 00052
トニカクカワイイ 12巻 感想 00053
トニカクカワイイ 12巻 感想 00054
トニカクカワイイ 12巻 感想 00055
トニカクカワイイ 12巻 感想 00056

 この後「月光輝夜」と遭遇

第118話「旅路の果て」
 嫉妬騒動が二人を引き合わせる事になるとは

 脳内会議が「はめふら」っぽい

 とまれ当初より「司=かぐや姫」と示唆した
 司以上に、かぐや姫っぽい「月光輝夜」
 正体明かし加速ですね

 司は時子により「月行き」を達成したハズ

 司の旅は既に終わっている?

 竹取物語は不死の薬も登場し
 司はおそらく、不死になり月を目指していた

 司は「そっち」なら、姫に焦がれた帝とかそっちの人物なのかと思いました

 ただ、それなら顔がそっくりなのが奇妙

月に行く片道計算、月に行きたい月光仮面
輝夜の正体とは…?

トニカクカワイイ 12巻 感想 00057

 特徴は「着物を着て、妙に無感動」なこと

月光輝夜
 竹取物語でかぐや姫も「衣」を着ます

 着ると地上への未練が消えてしまうのです

 彼女は知ってた為、着る前に手紙を残しますが
 着た後は、地上への未練を失くし
 月へとあっさり帰還

 多分この「衣」が月光さんのソレ

 帝は哀しみ、手紙を富士山で燃やさせます

 手紙は、不死の薬も添えられていましたが
 帝は要らないと処分

 ですが「実は心変わりし、いつか会う為に生き伸びてた」なら話が繋がるんですが…

 なら何で姫様っぽいのが地上にいるのか?

描きおろし
第117.5話 白銀告白回の「後日談」徒然日誌

トニカクカワイイ 12巻 感想 00058
トニカクカワイイ 12巻 感想 00059
トニカクカワイイ 12巻 感想 00060
トニカクカワイイ 12巻 感想 00061
トニカクカワイイ 12巻 感想 00062

 銀さん「お前が言うな!」案件である

描きおろし『第117.5話 徒然日記』
 ヘッドフォン子、紅の恋人「サブ」登場回

 イケメンじゃねーか!!

 曰く「ティファ初恋」と言った彼のはずですが
 思ったより真っ当にイケメンだった上
 性格も真面目

 両親の不仲をみて「恋愛」に絶望した少年

 紅さんとは幼馴染だそうで
 銀さんといい、主人公顔負けの境遇ですわ

 また綾姉さんの動画、月光仮面も見てる様子

 衣を脱がしたら感情豊かになるんですかね

感想追記
何故かマスクを被ったヒロイン「月光輝夜」

トニカクカワイイ 12巻 感想 00034

■月光仮面は誰でしょう 歌詞
 作詞:川内康範
 作曲:小川寛興
 歌:近藤よしこ&子鳩くるみ会


 どこの誰(だれ)だか知(し)らないけれど
 誰(だれ)もがみんな 知(し)っている

 月光仮面(げっこうかめん)のおじさんは
 正義(せいぎ)の味方(みかた)よ善(よ)い人(ひと)よ

 疾風(はやて)のように現(あらわ)れて
 疾風(はやて)のように去(さ)って行(い)く

 月光仮面(げっこうかめん)は誰(だれ)でしょう
 月光仮面(げっこうかめん)は誰(だれ)でしょう


トニカクカワイイ 12巻 感想 00008

 あと今回の要ちゃんのアップ可愛かったですね

月光仮面のうた
 前述の通り、どうしても連想したのがこの歌

 多分マスクの下は司さんそっくりな気が

 顔を隠す為のマスクと、この歌とかける意味で
 彼女はマスクしている気がします
 コロナ的ですけど
 
 正体が「かぐや姫」ならしっくりくるなって

 月光で仮面ですし
 その上、誰もが皆知っています

 また竹取物語でも、割とミステリアスな描写に思えるんですよね

 加えて「●ヤテのごとく!」なので!

 ハ●テのごとく!なので!

 実際今回、ハヤテのように去っていったし!!

カバー下は「雑魚が増えた」
遂にYoutuberの本気が…?!

トニカクカワイイ 12巻 感想 00002
トニカクカワイイ 12巻 感想 00063
トニカクカワイイ 12巻 感想 00064







 目次コメント担当は綾&要、有栖川姉妹

 完全にコントやないけ!!

 今巻、要ちゃんの出番がないと思ったら!
 また司さん曰く「黒歴史」
 またまた意味深な

 また夫婦が「見たい景色は月からの景色」

 司さん、月には行ったのでは…?
 違ったのか…?

収録
 少年サンデーコミックス「トニカクカワイイ 12巻」。
 畑 健二郎、週刊少年サンデー、小学館発行。
 2020年8月(前巻2020年5月)。

トニカクカワイイ 12巻
 あらすじ
 第110話「ユーはショック」
 第111話「ラーメン食べたい」
 第112話「こぼれ話」
 第113話「月と星の数式」
 第114話「シチュレーションって大事」
 第115話「髪型がむつかしい子は恋愛も難しい」
 第116話「女子高生ならたいてい許される」
 第117話「恋は暗くて狭いところでするとよりいい」
 第118話「旅路の果て」
 描きおろし『第117.5話 徒然日記』
 カバー下
 これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

 カバー下、カバー折り返し、巻末オマケ完備

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る





 ハヤテのごとく! 48巻
 ハヤテのごとく! 49巻
 ハヤテのごとく! 50巻
 ハヤテのごとく! 51巻
 ハヤテのごとく! 52巻【最終回】

















 トニカクカワイイ 1巻“瞬殺率の高い妻”
 トニカクカワイイ 2巻“妹分と片思いとメイドとメイド服と遅い言葉”
 トニカクカワイイ 3巻“そうだ、京都と報告に行こう”
 トニカクカワイイ 4巻“どこが好きかと問われたら”
 トニカクカワイイ 5巻“要の本音”姉の暴走
 トニカクカワイイ 6巻“嫁さんが制服に着替えたら”
 トニカクカワイイ 7巻“司さんからキスする日”
 トニカクカワイイ 8巻“時子と桜花と司波さんと”
 トニカクカワイイ 9巻“夏祭りに願う永遠”
 トニカクカワイイ 10巻“司が第2話で聞いたこと”
 トニカクカワイイ 11巻 “新章”もう一人は女子高生
 トニカクカワイイ 12巻“白銀刃は恋をする”
 トニカクカワイイ 13巻“輝夜が夢見た誰か”

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る