アドレスバー「保護されてない通信」を改善
 ライブドアブロガー向け記事

2020年8月24日、ライブドアブログがhttps
古い記事の書き換えに便利!!

00013

 古い画像付きツイートは「http」を含みます

httpをhttpsへ
 こうしたhttpが「危険なサイト扱い」の原因

 当方はフリーの「MultiReplace」で一括変換
 安全サイト扱いに変わりました

 とても便利だったので最後に書いておきます

 やり方はもちろん簡単です

MultiReplaceはフリーウェアです
名称でグーグル検索すると、配布サイトへ

00017

 公式リンクの「Vector」などからダウンロード

MultiReplace
 ダウンロードし、デスクトップなどに解凍
 MultiReplace.exeから起動し
 上のように設定

 つまり

・置換リスト
 http:/https:

 以上を「置換リスト」に書き込んだら設定完了です

 MultiReplace右上の「クリップボード」を押してください

押した後、ブログ編集で変更したい範囲を指定
右クリックし「コピー」

00015


今度はMultiReplace右上の「置換」を押してください

00021

 その後、ブログに右クリック「貼り付け」

一括変換
 すると無事、httpがhttpsに置き換わりました

 こうやって、記事内を書き換えた後
 ブログ更新すればOK

 アドレスバーの「保護されてません」がほぼ改善するハズ

 私は改善されたので最後に書いておきます

 コピペミスすると大惨事なので注意

置換リストは必ず「http:/https:」で。
何気に「:」が大事

 うっかり「http/https」だった場合

 元々「https」が混ざってると「httpss」に変換して逆効果になります

 ありがとうMultiReplace

釈迦に説法ですが、デスクトップの「multireplace400」フォルダが邪魔な時は、好きな場所へ移動しても大丈夫です

 たとえば同フォルダを右クリック「切り取り」

 画面左下スタートボタン→下から三番目→「エクスプローラー」→「ローカルディスクC」→「Program Files」→「貼り付け」→「管理者権限OK」

 これで「multireplace400」はCドライブへ移動

 中のMultiReplace.exeを右クリック

「スタートメニューにピン留め」を選択

 これで立ち上げが簡単になります

※トップに戻る