公式サイト 放課後ていぼう日誌 第7話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
大野百面相! 先輩と夏海、意外な短所と長所
中間服で「ガラカブ」挑戦!!

放課後ていぼう日誌 第7話 感想
放課後ていぼう日誌 第7話 感想
放課後ていぼう日誌 第7話 感想

 実はカナヅチな大野、実は眼鏡で優等生な夏海

 共に意外、また陽渚がテストを忘れてた理由も
 先輩が、釣りに集中しすぎた失敗と似て
 似た者同士で面白い

 釣りたい!! 考える事は同じ

 似た者同士な陽渚、夏海が可愛い!!

本日も陽渚ちゃん百面相
 カサゴ省略も、じゅわじゅわナポリタン旨そう
 鉄板の上、音を立てて香るだとか
 口いっぱい頬張りたい!!

 夏海に言われ、自分が凝り性とも気付かされて

 自分が知らない強みも知って

 人って成長していくのね

放課後ていぼう日誌 7話 感想


・第7話「穴釣り」

・冒頭「連休明け」
 Aパート「これはブラクリと言って…」
 安全危険な「穴釣り」
 ライフジャケットヲススメ

・エサは何ですか?
 穴釣りはドキドキですね!
 どうやって針外すの?
 穴釣り事件、大野先輩の弱点

・Bパート「夏海はバカじゃない」
 夏海の家、夏海の普段着
 夏海の母、夏海の部屋
 休日ナポリタン日誌
 アジのぬいぐるみ
 やってみたい
 感想追記

・公式ツイッターより
  …中間服、懐かしい響き…
  …第6話の釣り具屋、塩せんべいがコラボ
・制作スタッフ

・予告カット
  …次回は「雨」「雨上がり」
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・8ページ目へ
  …Bパート
・13ページ目へ
  …感想追記
・14/14ページ目へ

・過去記事ページ

公式配信(外部サイト)

dアニメストア(月額440円)
  …毎週火曜24時より、ロゴあり
同 forAmazon(プライム500円+440円)
  …毎週火曜24時より、ロゴなし

予告動画は毎週月曜17時
大野先輩、穴釣りで何かあったんですか…?

放課後ていぼう日誌 第7話 感想
放課後ていぼう日誌 第7話 感想



 回想でも顔が描かれないミステリアス大野

ガラカブ
 これも「意外な」場所にいる魚

 陽渚が驚いてた通り、ごく近場にいたガラカブ
 一般には「カサゴ」と呼ばれる魚で
 岩礁などに住む根魚

 隙間に垂らして釣る「穴釣り」

 大野先輩、これで海に落ちたんだとか

 カナヅチ、ライフジャケットの訳が解ったも
 先輩は「夢中になる」人

 前も説明で陽渚を置き去りにしてましたし、納得の可愛さでした

 怖がる方が安全、部長もごもっとも!!

全体あらすじ
残念ながら、ガラカブ実食はなかったも

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00506

 うまそうなのは「凄く伝わりました」ね!

あらすじ
 連休明け、祖父の釣り道具「ブラクリ」に興味

 ブラクリは根魚を釣る、穴釣り用の仕掛けです
 大野熱弁、部長の食い気、夏海の勧め
 陽渚は「穴釣り」に初挑戦

 ガラカブ=カサゴが釣れ味噌汁を堪能

 また、大野は初めての釣りで穴釣りをし
 海に落ちカナヅチになったと判明

 梅雨の中間テスト前、陽渚は夏海の家で勉強会

 夏海が目が悪く、頭が良いのだとも判明

 次回、放課後ていぼう日誌 第8話

※トップに戻る





陽渚『連休、どこか行った~?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00000

 前回、陽渚は内臓取りとソロ釣りに挑戦

 大変だと思った内臓取り、無心になる事を習得
 ソロ、アジゴ釣りは習得したつもりも
 全く釣れず頭を抱える

 成長し未熟を痛感し、また成長する

 ともあれアジゴは旨かった

夏海『んにゃ~、どこも~~~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00003

)陽渚
 大野先輩、こんにちは~!


)夏海
 こんにちはっス!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00006

)大野
 こんにちは。部長は?


)夏海
 中でグースカ寝てますっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00012
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00013
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00014
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00017

『あ、そうだ。大野先輩に聞きたい事が(陽渚』

連休明けの部室にて
 祖父の遺産から始まるストーリー

 夏海の口調にほのかな怒り!!

 ここ二話は、さやかちゃん先生が嵐を呼んだ
 久々にのんびりまったりスタート
 だって寝てるから!!

 部長にやる気がなく、部活が始まらない

 前々回から、モンスター顧問が大暴れも
 部長も立派に問題児でした

 そうですね前々回から、良き教育者的ムーブが多かったですし

 部長も真面目ムーブしすぎて疲れたのか

♪初めてが 起きそうな予感

放課後ていぼう日誌 第7話 感想

 オープニングでお馴染みの冬服から中間服へ

 男子も女子も、冬服の上着を脱ぐ時期ですね
 暑くなってきたって事さ!!
 紺に白が映えます

 そうだったなー、と懐かしさが溢れる服装

陽渚『面白い形をしてて、気になったもので~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00024

)大野
 これは「ブラクリ」といって

 根魚を釣るのに使う仕掛け


)陽渚
 ネザカナ?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00027

)大野
 うん、この辺りだとカサゴ
 キジハタとか

 堤防の消波ブロックや捨石、海底の岩礁なんかの隙間にいて

 その隙間の穴の中に仕掛けを入れて釣る


「ブラクリ釣り」「穴釣り」とも言う


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00028

)大野
 堤防の足元で釣れるから

 キャストしなくていいし、気軽にできるっ


)陽渚 
 わー!楽しそうですねっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00031

)大野
 私が初めて釣りをしたのも、この穴釣りだった…


 どの隙間に潜んでるかわからないから

 仕掛けを穴に入れる時はドキドキするし


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00033

)大野
 かかったらすぐ釣りあげないと奥に潜られて
 ライン切る羽目になったり…

 かといって早合わせだとすっぽ抜けるし、そこの駆け引きも楽しいし!


 ブラクリにも色々種類があって、消波ブロックなんかは深いところにまで落とさなくちゃいけない時は、転がりを…、はっ!?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00038
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00040
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00043
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00045
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00049
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00050
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00051
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00057



『と…、とにかく楽しいよ…?』『『すごく伝わりました!!』』

ブラクリ釣り
 この「かわいい」に満ちた表情!!

 曰く、大野が初めてやったのが穴釣りでした
 気軽で、かつ駆け引きが色々あって
 奥が深いのだという
 穴だけに

 盛り上がった後、恥ずかしがる可愛さ!!

 第2話も、解説が長すぎ困惑させるも
 オタクあるあるですね

 あるあるをこんなに可愛く描くとか大野先輩は最高ですわ

 この二人の反応!! 優しさが厳しい!!

部長『は~…、穴釣り、良かっちゃないか?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00059

)夏海 
 起きた!


)寝起き部長
 初心者向きやし、ガラカブの味噌汁飲みたかし


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00064

)陽渚
 がらかぶ?


)夏海
 カサゴのこと!

 味噌汁にすると良い出汁がでて、めっちゃ美味いっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00069
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00071
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00073
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00075

『おー!(夏』『がらかぶー!(陽』

ガラカブゥ!!
 この食いつきの良さ!

 劇中も言われますが、釣られやすい陽渚ちゃん
 とまれ一般には「カサゴ」と呼ばれ
 方言で「ガラカブ」

 食欲で提案する部長の鑑

 魚名から、そのまま食欲に直結するのが
 良きマインドだと思います

 やる気だけでも、食い気だけでもダメなのです

※さやか先生を思い出しながら

大野『ここの下っ、…落ちないように気を付けて!』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00078

)陽渚 
 こんなすぐ近くに?

 めちゃくちゃ浅いですけど…?


)大野
 いる…!

 潮が引いても水面から出ないところには確実にいるっ


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00079
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00082
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00084
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00089
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00092

『あと、あっちの消波ブロックにもいる(大野』

意外な場所で
 以前、幾度も夏海が犠牲になった「キャスト」

 釣る際、遠くへ仕掛けを投げるのがセオリーも
 今回、なんと足元で釣るという
 初心者には意外!!

 要は障害物の陰にいる魚

 消波ブロックは、その形状で波を減衰させ
 侵食による海岸後退を防ぐもの

 ちなみにテトラポッドだと「不動テトラ」社の登録商標となるそうな

 へー、知らなかった!

夏海『あそこは陽渚の運動神経じゃ無理だろうな?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00096

)陽渚
 何でえ?


)夏海 
 だってブロックの上を移動するんだぜ?

 ジャンプするときもあるし~


 陽渚の場合だと、隙間に落ちて大けがっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00102
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00103
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00106
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00109
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00111
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00112
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00118

『こっちだと堤防低いし、足場も広いから比較的安全っ(大野』

スキマニスポット
 大野先輩のお勧めは堤防

 消波ブロック上の移動は、運動音痴には厳しく
 陽渚だと最悪、自身が「穴」に落ち
 土左衛門になりかねない

 アスレチック感覚も危険が大きい

 立派なお腹ですね…
 イメージ図、夏海がめっちゃ楽しそう

 なお水死体=土座衛門なのは、江戸時代の力士「成瀬川 土左衛門」にたとえての事

 水死体はふやけて白く、大きくなってしまう為

 彼は色白のリキシマンだったそうな

陽渚『私の為に、そこまで考えてくれたんですか!

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00123

さすが大野先輩だ!(夏海』

 前回も、彼女の気遣いに気付かされましたが
 本作、毎回「さすが」と思いますね
 さすが大野先輩!
 さすおお!!

 後ろで、寝こけてる部長が良いアクセント

大野『それと、念のためこれも着けて?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00127

)陽渚
 え?でもこれ大野先輩のですよね?

 大丈夫ですよ、落ちないように気を付けますから


)大野
 だめ!

 穴釣りは夢中になると危ないから、万が一のことを考えて!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00133
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00135
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00139
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00140
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00141
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00146

『いやー、大野アイツね?小学生の時~、………なんでんなか~…、気にすんな~(部長』

後ろうしろー!!
 視聴者は「アーッ!!」と察する場面

 とまれ、今回は大野のライフジャケットを借り
 今後は、部の備品として用意するよう
 顧問が交渉済み

 さやかちゃん、なんて有能な顧問!!

 部員僅か四名の小さな部へ
 お金を引っ張るって、大変な事ですわ

 珍しく「言うな」と怒りの圧をかけてく大野

 怒りの大野先輩もかわいいですね

陽渚『良かった~、私、泳ぐの得意じゃないので助かります~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00149

)夏海
 あたしは無くても大丈夫だけどね~

 泳ぐのめっちゃ得意だしっ!


)部長
 こういう奴ほどすぐ死ぬ


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00153

)部長
「海は怖い」って言うことば忘れたらいかんよ~

 な?大野っ


)大野
 うんうん!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00157

)陽渚
 大野先輩は常に身に着けてて万全ですよね~


)大野
 備えあれば憂いなし、だから…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00163
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00166
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00168

『えらいなぁ、大野先輩は~!(陽渚』

良心JV錠
 後輩の尊敬が心にグサグサ刺さる大野

 やめて!! 先輩のライフはもう零よ!!

 とまれ部長の言葉が、また核心を突いてます
 怖い、と思わなくなった時が
 何事も危ない

 惰性、慢心が命取り

 普段は泳げても
 緊急時に、それも海でちゃんと泳げるか

 波があるし頭を打つし、消波ブロックの間は登るのも大変そう

 備えあれば嬉しいな♪ ですね

陽渚『ブラクリ結ぶだけでいいなんて、簡単な仕掛けですねっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00170

)夏海
 初心者向きでいいよな~


)陽渚
 やっぱり、この形なのは意味あるんですよね?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00171
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00185
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00186

『円錐形の重りは、岩や障害物に引っかかりにくく、下まで落としやすい(大野』

ブラクラ
 祖父の遺産ブラクリの奇妙な

 普通、針と重りはちょっぴり離れているものの
 今回は、落としやすくする為に
 両者がくっついた形

 引っかからないよう落とす為の仕掛け

 おかげで、付けるのがぐっと簡単ですし
 遠くまで投げなくていい

 陽渚はどっちにも苦戦し、夏海が痛い目を見た「苦労」がないのね

 傷付いたことは 無駄じゃなかったね!!

陽渚『あ、餌は何ですか?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00190

)大野
 本当は青虫が一番いいんだけど…


)陽渚
 む、むむむむむ虫ィ!?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00191
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00196
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00200
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00201
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00206

『無理です無理ですごめんなさいごめんなさい今日はもういいですありがとうございました~!?(陽渚』

そんなにかっ!!
 話を振った夏海も困惑する超反応

 今までは練りエサ、疑似餌でしたがベストは虫
 サビキ、そこも初心者向きだった
 コイツは難問だ!!

 今こそ「針」に「虫」を付けるッ!!

 “待”ってたぜェ!! この“瞬間”をよォ!!
 釣りといえば「虫」!!

 部長の座り方がセクシー

 さすが座りっぱなし系ヒロイン 

陽渚『大丈夫、今日はイカの切り身でやるからっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00208
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00210

『よ、良かったぁ~♪(陽渚』

ハッピーエンド
 陽渚に優しい世界

 言い回しから予想は出来たも、あの絵はグロい
 アレに触れ、刺して出すという事
 嫌ですよねえ

 怖いですねえ、恐ろしいですねえ

 陽渚の言い方もかわいい

大野『縫い刺しで』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00214

)陽渚
 こんな感じですか?

 …よぉーし、釣るぞ~!


)大野
 あ、ああ…!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00218

)陽渚
 …ここの穴!居そうな気がするっ!


)大野
 底に着いたら、ちょんちょんと上げ下げして、アピールしてみて?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00220
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00226
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00227
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00231
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00250
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00255
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00264
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00266
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00268
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00270
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00275

『ふう…、いつアタリがくるのかドキドキしますね!(陽渚』

イヨッ!! ホッ!!!
 陽渚さんが醍醐味を理解した!!

 曰くガラカブは、エサとみるやすぐ食いつく為
 駄目なら、次々と釣り場を変える
 穴を変えるべき

 そのいつもと違う感が堪らない!!

 とは言うも、BGMが明らかにコメディ
 後ろでハラハラ!!

 大野先輩のハラハラっぷりに、内容が頭に入ってきません

 雛を見守る親鳥のよう!

陽渚『なかなか釣れませんね~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00276

)大野
 連休中に釣られちゃったのかな

 住処になる穴の数は限られてるから…


)陽渚
 そうか~、もう空き家ばかりなのかな~


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00280
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00287

 冒頭の「連休明け」がフラグだった

廃墟の海で
 皆が同じ事をしたらそりゃ全滅しますわ

 冒頭での「根魚」とは、要は移動範囲が狭い
 特にカサゴは、遊泳性が低く
 移動が活発ではない

 漁協などが稚魚を放す事もあるとか

 遊泳性、水流に逆らい移動する力に欠ける

 ちなみに、遊泳能力がない水棲生物を
 総称し「プランクトン」

 魚など遊泳能力があると「ネクトン」だそうな

 そういう分類なのか…
 
大野『そうすると…、こういう壁際の、誰も狙ってなさそうなところが狙い目』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00295

)陽渚
 ええ?!すっごく狭いですけど!?

 こんなところにいるんですか?


)大野
 だから狙い目っ


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00301
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00308
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00316
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00318
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00320

『私、針の穴に糸通すの得意ですからっ!(陽渚』

壁際にだって穴があるんだよな…
 ここぞと手芸部アピールに余念がない陽渚

 どちらも、糸を扱うとはいえ相性のよろしい事
 壁際、陽渚には意外なチョイスも
 中は案外広いと

 居ないと思う場所こそ「残って」る

 状況に合わせたチョイス
 その駆け引きも、先輩の好む所なんですね

 魚、そして他の釣り人との読み合い

 まあいやらしい!

『うまいぞ、私♪ …ひゃあ!?

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00326

)大野 
 奥に潜られないように、一気に巻き上げて!


)陽渚
 は、はいぃ~!?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00333
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00340
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00344
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00345
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00353
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00355
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00361

『赤ぁい!(陽渚』『鮮やかだろ~(夏海』

通常の三倍色
 落としたと思ったら引いた!!

 まさに不意打ち、引く手応えも相当なものです
 先輩がハラハラしてたのも納得
 支えてくれてる!!

 無事一匹目、赤さで知られるカサゴ

 深みに住むほど赤く
 浅いところだと褐色だそうな

 浅いところだと岩、海藻の色を真似て保護色に

 逆に「光が届かない場所」は赤が保護色

 なので深海魚は赤いのが多いとか

陽渚『マゴチよりは可愛い顔してるねっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00363
放課後ていぼう日誌 第7話 感想

『可愛い…?(夏海』

トニカクカワイイ
 そのセンスは夏海には解らないそうな

 まあマゴチと比べればなので相手が悪いのかも
 また、怪獣「ガラモン」の顔は
 カサゴがイメージとか

 武家に尊ばれ、端午の節句に飾られた魚

 つまり陽渚は武家だった…?
 スンナリした姿でなく、ずんぐりした大頭

 いかにも食いつきが良さそう!!

 ただ、刺身で食える部分が少ないのが難点

夏海『あ! 素手で掴むとトゲ刺さって痛いから気を付けろ!』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00367

)陽渚
 ええ?! じゃあ、どうやって針外すの?


)夏海 
 ふふん…、これで!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00368
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00369
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00373
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00375
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00378
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00381
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00383
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00391

『がっしーん! これがガラカブの持ち方! カンタンだろ?(夏海』

ね?簡単でしょ♪
 え!? こんなん噛んだりしないの!?

 素人目に、めっちゃ危険な持ち方こそが安全!!
 曰く、スルドい棘を持ってる為
 顎が安全地帯

 種類によっては棘に毒があるとか

 代表が「オニカサゴ」
 刺された場所が、真っ赤に腫れるとか

 魚を釣ったと、安易に触れたら痛い目みるのね

 中には死んでも毒性を保つ魚もいるとか

陽渚『噛んだりしない!?ねえ、噛んだりしない?!

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00396

)夏海
 がっちり持てよ~!暴れるぞ~!

 顔!かお!そのカオ~♪


 あはははは♪


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00398
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00401
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00406
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00408
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00422
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00426
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00430

『そぎゃん怖かとなら、魚ツカミ使うや?(部長』

先に言え!!
 神よ!この部長にゴンズイを掴ませれ!!

 部員全員、それこそ大野先輩含むに弄ばれるも
 無事「トゲのある魚」を扱えた
 撮っとる場合か!!

 また一つ経験値が増えた陽渚

 噛まれたらチャンス!!

 ちゃんと取れる陽渚も
 取る様を、丁寧に描いた作画も凄い

 今回、仕掛けが水に落ちるシーンとか細かな作画が素晴らしく丁寧

 やっぱり動画工房ってすごいなあ

夏海『とりあえず人数ぶん釣れたなっ

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00435

)大野
 陽渚ちゃん、どうだった穴釣り?


)陽渚
 すっごく楽しかったです!

 ガラカブの「引き」はアジゴより力強くて、ちょっとクセになりそうですっ


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00438

)陽渚
 またやりたいですね♪


)大野
 うんっ…、でも今度はライフジャケット届いてからにしようっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00439

)大野
 ハマるのは良いけど

 そのせいで周りが見えなくなるのは危険っ!


)陽渚
 …大野先輩、穴釣りで何かあったんですか?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00446
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00448
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00453
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00456
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00464
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00465
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00470
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00473
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00475
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00477

『『海に落ちた?!』』

デスダイブゲーム
 やっぱり海ポチャしていた大野

 力説しすぎて違和感を強め、墓穴を掘った先輩
 話を期待する後輩の目に勝てない
 良い人か!!

 初めてやった釣りで落下、溺れた

 今回もですが、夢中になりすぎる
 集中力が高いのね

 以来、ライフジャケットをしっかりつけるようになった

 幼少期、どう見ても美少女じゃねェか…!!

部長『そっからカナヅチだもんな♪』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00486

)陽渚 
 ぜんぜんそうは見えなかった! 

 運動神経抜群と思ってました!


)夏海
 カンペキに見えてカナヅチとか…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00487

)夏海
 むしろ完璧か!


)大野
 海は怖いから…、気を付けてね?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00493
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00501

『『はい!すごく伝わりました!(後輩』

愛嬌
 この後輩 容赦せん!!

 冒頭の台詞を、再び拾った奇麗なオチだった!!
 大野先輩、料理も出来るし生徒会
 体力もあるし隙がない

 親しみまで備えた「完璧」

 メタ的には、常にジャケット付けてますし
 そこまで意外でもない

 でも二人が、こっちがびっくりするほど驚いてくれるから

「意外」に感じたし可愛かったわ!!

残念ながら今回、カサゴ実食パートはないも

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00502
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00506

 まさに「すごく伝わりました!」ね!!

感動の美味
 アイキャッチで感じる美味しさ!!

 ガラカブ(カサゴ)も感動の美味しさ

 頭が大きく、調理法をちょっと選んでしまう
 良い出汁で、味噌汁・煮つけが美味く
 刺身だって美味しいとか

 あと唐揚げね!!

 頭が大きいのは昔から言われてるらしく

 曰く「磯の笠子は口ばかり」なんて諺もある

 口先ばかりで実行力がないという意味

※トップに戻る

陽渚『やっと雨あがったね~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00511

)夏海
 梅雨とはいえ、ずっとだったもんな


)陽渚
 明日二人で釣りに行こうか?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00515
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00516
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00519
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00521
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00531

『どどどどどどうしようー!? 何もやってないよー!?(陽渚』

それでも私はやってない
 時は六月、中間テストの時代!!

 曰くしばらく雨続き、部活も休みになっており
 土日、晴れ間に釣りに行こうと
 能天気に考えてた

 悪い意味で集中力、周りが見えてなかった

 普通、テスト前なら授業でも言われ
 気付かないハズもなし!!

 釣りや裁縫、趣味に打ち込んで聞き流したか

 インドア&勉強ダメだったかー

陽渚『一心不乱にぬいぐるみ作ってたー!?

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00536

)夏海
 じゃあ明日、ウチでテスト勉強しようぜっ

 一人でやるとサボっちゃうし~…


)陽渚
 え~~~~~~~~~

 夏海と~~~?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00538

)夏海
 お前、あたしのことバカだと思ってるな!?

 …ふっふん、実を言うと中学の成績は常に学年一桁だったんですけど?


 もういーや、一人でやーろぉっ


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00545
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00549
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00551

行きます! 行かせて頂きます―!?』

頭脳明晰落書き無用
 なっつんは出来る子だった…?!

 今週一番意外だったのが、夏海が成績優秀な
 先輩に負けず劣らず文武両道!!
 見た目小学生なのに!!

 傘の持ち方も男子小学生

 頭脳は女子高生!! 心は小学生!!!

 ただでさえ日頃から世話上手
 おまけに、勉強まで教えてくれる夏海

 大野先輩は完璧に見えて弱点が、夏海は弱点だらけのようで隙がなかった

 意外だ、本当に意外だった…

陽渚『久しぶりに晴れたなぁ~、…洋食屋さんだったのかっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00558
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00560
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00562
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00565
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00573

『こんにちは~、すみませ~ん…。(陽渚』

洋食・喫茶ほだか
 返事がないただのしかばねのようだ

 夏海の家、略して海の家は雰囲気のいい喫茶店
 作中、料理してる印象はなかったも
 家が食事処

 二階が店舗兼家屋、一階が駐車場

 今にもcv秋元 羊介氏のマスターが出そうな
 マスターな亜細亜感

 店舗は土足、右側が家で靴箱がある様子

 液晶テレビが今風もレトロですわ

 孤独のグルメに出そう

陽渚『あ~、こっちから入って良かったのかな…?』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00579

)眼鏡
 お客さ~ん、まだ開店前ッスよ~?

 勝手に入ってきたら困ります~、…なんちって


 …ってナニ固まってんの?


)陽渚
 …眼鏡?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00586
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00589
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00594

『……家じゃ、眼鏡の方が楽なんだヨ(夏海』

そうだったのか(迫真)
 キャラだコレ!!

 実は夏海、普段はコンタクトをしていたと判明
 前回も、マッハで家から現れるも
 外出仕様だったのか

 何この甘酸っぱい雰囲気…

 自分で素を晒しておいて
 恥ずかしがっちゃう夏海は可愛い

「実は頭がいい」は、眼鏡の前振りだったのか

 あふれる知性で返り討ちですね…

『ン? あれ、もしかして陽渚ちゃん』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00598

)夏海母
 んま~、大きくなってェ!

 久しぶり!おばさんのこと覚えてない?


)陽渚
 あ…、えーと、すみません…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00604

)母 
 そりゃそうよね!小さかったもんね!

 今日来る子って、陽渚ちゃんだったのね!


 夏海と一緒の高校で嬉しいわ~


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00608
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00615
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00619
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00626
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00634
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00635
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00638

『…ああもうそういうの良いから!お母さんの方が騒がしいし~!!(夏海』

Mをとったら他人です
 冒頭の大野先輩並みにマシンガン!!

 陽渚曰く「再会時の夏海そっくり」

 言われてみると確かに。陽渚ちゃんってば的確
 ぐいぐい来る母に恥ずかしがる夏海
 思春期!! 思春期だわ!!

 残念だが君そっくりだぞ夏海!!

 また、日頃は毒舌が冴え渡る陽渚も
 母から手土産付き

 大人っぽい陽渚親子と、あまりに「おばさん」してて恥ずかしいマイMOTHER

 OTHER(S)、他人扱いしたくなる!!

母『お昼、こっちに来なさいね? 美味しいの作って上げるっ♪

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00650

)夏海 
 せまいところだけど、ごゆっくり~


)陽渚
 わ~!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00653

)夏海
 まあテキトーに座っといて?

 麦茶でいい?


)陽渚
 うん、ありがと♪


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00658
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00659
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00664
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00675
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00676
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00678
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00685

『あ…、いや友達の家に行く事って、殆どなかったから何か新鮮で…(陽渚』

ハンガーは右側
 妙に感動した様子だった陽渚

 そうでなくても、年頃の異性部屋ってのも新鮮
 夏海、弟と同室なんですね
 高校生なのに

 パッと見は机も姉か弟か判別し難い

 良くみると、左はブラシがあったり
 ちゃんと女の子しています

 パッと見、制服あったので右かと

 喫茶店の影響か、CDなのもレトロ趣味

 ジャスラックで音楽かけるのも厳しいですが

陽渚『ちょ、何?!その顔やめて?!

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00692

)陽渚
 もー!

 私だってちゃんと友達くらい居たってばー!


「(まあ、そんなにいないけど…)」


)夏海
 …………、その、陽渚


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00695

)陽渚
 ん?


)夏海
 …友達って?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00701
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00707
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00715
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00716
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00720

『あ!ウチに来てばっかりだったから、マコちゃん家には殆ど遊びにいった事なかったの!(陽渚』

慈悲の神
 ぼっちと思われたくない陽渚

 ただ夏海、そこでなく「昔の友達」が気になる
 温度差が微笑ましいですね
 恋人かよ

 手芸で仲良くなった「マコちゃん」

 マコガレイみたいな名前ですが
 今も付き合いある模様

 曰くいつの間にか仲良くなってた意識的に友達を作るのは不得手か

 陽渚もなっつんも不器用ですねえ  

『解った解った、そろそろ始めようぜ~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00726

)陽渚
 うーん…、だめだぁ、わからん……


)夏海
 どれ?

 …ここは公式を…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00727
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00732
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00733
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00736
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00741
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00743
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00747

『…うん、正解』『ぃえー!

コ ロ ン ビ ア
 成績優秀は伊達ではなく教え方も上手

 この点では、教え下手な大野先輩と好対ですね
 教え上手な黒岩部長も連想させます
 眼鏡は知性

 夏海、急に知性キャラに…!!

 そも、今どき木製の丸テーブルも懐かしい
 ちゃぶ台返しを習得してそう

 本棚に観葉植物と少女漫画とラノベ

 夏海の意外な側面ですね

 てっきり部屋に大漁旗とか飾ってるのかと

母『お~、やってるねえ♪ お客さん多くなる前に、食べにおいでっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00749

)陽渚
 おお~!


)夏海
 あたしが言うのも何だけど

 ウチのナポリタンは旨いよっ!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00751

)陽渚
 うん…、凄く美味しそう…!

 すみません、お昼まで頂いて…


)母
 ふふ、いいのよ。そういうのは~
 遠慮せず食べて~♪


 鉄板熱いから、気を付けてね?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00755
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00757
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00758
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00769
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00774
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00780
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00783
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00786

『ん~!おいしーい!』『だろー!』

鉄板ナポリタン
 鉄板がじりじり鳴ってた!!

 焦げて立ち上る香り、胸いっぱい吸いたいね!!
 日本独自、昔ながらのナポリタン
 郷愁を誘う!!

 熱々にケチャップたっぷりの旨味

 ケチャップ、トマトの旨味はグルタミン酸
 日本人が好きな昆布と通じるもの

 カリカリ苦み走るピーマン、粉チーズもたっぷりいきたい!

 昨今、品質も上がったのか昔より旨いですね

『ごちそうさま、すごく美味しかったですっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00789

)母
 おそまつさまでした♪

 勉強頑張ってね?


)陽渚
 はーい♪


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00791

)そして三時頃の夏海
 あー…、飽きた


)陽渚
 さすがにねー…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00793
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00800
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00804
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00805
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00808
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00810

『…? なにこれアジ!?(夏海』

事後
 またも勉強風景を大胆にカット

「結果」だ!! 勉強に飽きたという「結果」だ!!
 際し、スマホで天気予報チェック
 ぬいぐるみに気付く

 曰く、しばらくは雨続き

 今日は梅雨の晴れ間
 次回予告でも、天気が良くない模様

 中間は早々に終わるとしても、雨は前振りか?

 雨の中、田んぼの様子を見に行く…?

夏海『ゼイゴがある!』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00818

※ゼイゴ
 尾の側線部にある稜鱗

 尾の両側にあるトゲ、アジの仲間の特徴


)陽渚
 ああそれ?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00821

)陽渚
 えへへ…
 ちょっと貸してみ~

 ブチブチ~、下拵え完了~♪


)夏海
 おお…!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00825
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00826
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00838

『あはははは!何これ!すっごー!(夏海』

OPのアレ
 正直狂気を感じる

 色合いといい、正気値が下がってる感ありあり
 夏海、ドン引きかと思ったも
 感動した!!

 経験者の共感!!

 前回「ぬいぐるみと思え」と言われ
 脳内補正したぬいぐるみ

 まさかギミック付きで再現しようとは

 ガンプラバトルだと強そう
  
陽渚『少しでも、魚に慣れるかなーと思って♪』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00840

)夏海
 もしかしてこれ作ってたの?

 テスト勉強せずに?


)陽渚
 作ってたら止まらなくて~…

 テストの事、すっかり忘れてた…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00845

)夏海
 すげー


)陽渚
 そうかなー


)夏海
 すげーバカだな!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00846
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00847
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00848
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00851
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00852
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00854
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00856

『マコちゃんに写真送ったら驚いてた~。釣りしてるって言ったら、もっと驚いたっ(陽渚』

夢中の力
 大野先輩同様、夢中になりすぎた!!

 何より釣りは、陽渚とは全く縁がなかったもの
 作中、ぐんぐん釣りにのめり込むも
 最初は巻き込まれた

 嫌々いってた頃から変わりました

 昔の陽渚を知る子、マコちゃんとって
 驚きは濃いでしょうね

 漫画「あまんちゅ」といい、引っ越し系は昔の友達が「変化」のバロメータ

 マコガレイちゃんも来るのかしら

夏海『いいなぁ、これ。あたしも欲しいな!こういうの』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00863

)陽渚
 え?じゃあ作ってあげる!


)夏海
 うん!

 …ていうか作ってみたいな、自分で


※略


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00866

)夏海
 ああ、でも急にこれは無理だと思うから
 簡単なのがいいな


)陽渚
 えー?でもこれ簡単だよー?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00869
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00876
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00882
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00885
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00893

『どう見ても凝ってるだろ!凝りすぎっ(夏海』

夏海主義
 夏海はいい友達だと思うワンシーン

 欲しがるけど貰うだけでなく、作りたいって事
 もちろん、貰うばかりも良くないし
 趣味の共有も楽しい

 また夏海を通じ、凝り性と気付けた

 岡目八目、自分がどんな人間なのかは
 意外に自分は解らない

 きちんと指摘され、長所と自覚できれば財産になりえるもの

 陽渚は「意外な自分」を見つけたのね

夏海『ま、テスト終わってからね~』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00894

)陽渚
 あ、編み物とかもやろうよ!

 ウチに毛糸いっぱいあるし~


)夏海
 編み物はまだ…、…お、毛糸…


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00895
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00899
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00900
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00905

 そこで夏海「ライトゲーム」を連想した

乃木
 ここも「いいな」と思いました

 何か考え事をするとき、釣りへと結びつく
 発想が、専門分野へ結びつく事は
 素敵な事と思います

 漫画家が、経験をネタにしたがるのと同じ

 頭が良い人は、1を聞いて10を知りますが
 逆に10を聞いて1に結実する事

 これも人生を豊かにする思考と思いますから

 少し大げさな話ではありますが

夏海『陽渚、これ見てっ』

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00907

)夏海
 な?コイツら何でも食うぞっ


)陽渚
 エサ代かからないね~

 あ、また釣れた!


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00908

)陽渚
 面白そう~!


)夏海
 な?


放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00915
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00916
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00925
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00930
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00932

『『やってみたい!』』

釣り止められない♪
 梅雨の合間の釣り日和

 もう飽きた、楽しそう、一緒に釣る友達がいる
 最後は「意外な餌」に感動した陽渚
 似た者同士!!

『『今日はガラカブの味噌汁だ~♪』』

 見てて、わきわき動く二人が可愛いし
 共感しかない!

 それに二人なら「やろう」と背中を叩きあえる

 この後むちゃくちゃ赤点だった!!

感想追記
意外な場所にいる魚、皆の意外な一面の話

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00501
放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00579
放課後ていぼう日誌 第7話 感想

 やっぱり眼鏡は、あふれる知性の証なんだって

知らない一面
 陽渚自身も凝り性と指摘

 客観的に見て、自分はどんな奴か知らなかった
 皆の自分の知らない一面を描く回か
 折り返し一発目!!

 前回で、第1話からどれだけ成長したか確認

 今回から新たな出発も
 冒頭、のんびりとしてたのも楽しいです

 最近さやかちゃんが嵐を呼んでましたから

 あの女は石原裕次郎かよ!! 

ただまあ、やっぱりというか

放課後ていぼう日誌 第7話 感想

 やっぱりキャバクラ先生がいないのも寂しい

 話を動かすというか、振り回す存在感
 酔った時の楽しすぎる口調といい
 癖になりますね!

 やっぱり狂気の沙汰ほど面白い

※ただし自分が当事者でない時に限る

ともあれ、意外な面を知ると親しみが増す回
ライフジャケット女子回

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00270

 また意外じゃないですが、ハラハラ先輩可愛い

 BGMと相まって、どこかミュージカル的で
 恐れ知らずにぐんぐん進む陽渚と
 好対で楽しかったです

 そしてまたも釣らない部長

 前回は釣ってましたが、監督役(いつでも動けるようにしてる)を自認してるのかしら

※トップに戻る



公式ツイッターより



























































2020年8月18日 放課後ていぼう日誌 第7話「穴釣り」

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00470

 魔神英雄伝ワタル2020の永井氏が脚本

スタッフ
  脚本:永井真吾
 絵コンテ:舛成孝二
 演出:ふじいたかふみ
 作画監督:久保茉莉子、上野卓志、平塚知哉、中島大智
 総作画監督:熊谷勝弘
 アニメ制作:動画工房
 原作:小坂泰之/秋田書店/漫画

あらすじ
 祖父の釣り道具の中に面白い形の物があり、気になっていた陽渚。大野に聞いてみると、それは「ブラクリ」と呼ばれる根魚を釣るための仕掛けだとの事。黒岩からもブラクリで釣れる「ガラカブ」という魚の味噌汁が美味しいと聞いた陽渚は、一気にテンションが上がります。皆でブラクリを使った穴釣りをする事になったのですが……。
雨だ雨だと言ってたら、次回はホントに雨
雨でも釣り?それとも…?

放課後ていぼう日誌 第7話 感想 00935

 まあこんな天気で外に出るとは思えないものの

雨釣り? 雨上がり釣り?
 でも「雨の日こそ釣り」とも聞きます

 理由は複数で、まず「他の釣り人がいない」
 今回、連休明けで釣り尽くされており
 最初は陽渚もガッカリ

 きっとご両親もがっかり

 なら逆に、雨・雨上がりであれば
 絶好の釣り日和か

 また魚の天敵は鳥、雨では鳥も狩りがしにくい

 魚が警戒を解き、釣れやすいという話も

 次回、放課後ていぼう日誌 第8話

トップに戻る





・過去記事ページ
















 放課後ていぼう日誌 第1話「ていぼう部」
 放課後ていぼう日誌 第2話「リールとキャスティング」
 放課後ていぼう日誌 第3話「マゴチ」
 放課後ていぼう日誌 第4話「エギング」
 放課後ていぼう日誌 第5話「潮干狩りと顧問」
 放課後ていぼう日誌 第6話「アジゴ」
 放課後ていぼう日誌 第7話「穴釣り」
 放課後ていぼう日誌 第8話「テナガエビ」
 放課後ていぼう日誌 第9話「備えとアオサギ」
 放課後ていぼう日誌 第10話「のべ竿」
 放課後ていぼう日誌 第11話「キス」
 放課後ていぼう日誌 第12話「これから…【最終回】」

トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング