公式サイト デカダンス 第6話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
総集編とは名ばかり、5.5話は重要情報の山!!
死を覚悟したカブラギの運命は

デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想



 自分も武器など使わない、イカすぜドナテロ!!

 一切希望なく、ナツメが死んだ可能性もあった
 皆、希望がない場所で心折れる中
 足掻くカブさん男前!!

 新たな姿とはどんな姿?

 身体を奪われ、カブラギ自身と対決…?

デカダンス設計者「ジル」
 冒頭は悲惨ながらコミカル、希望がない中盤
 見つけた希望に、しがみついたカブ
 芯がある男は恰好良い!!

 5.5話も、処刑場に向かうも同然で回想

 クレナイさんが癒しだった…!!

デカダンス 6話 感想


・第6話「radiator」

・第5.5話「install」感想
 汚染大気遮断、空を投影する「ドーム」
 デカダンスの構造図

・第6話「radiator」冒頭
 Aパート「帝愛・バグ矯正施設」
 矯正施設の事故死
 ギリギリまで足掻く

・済めば都のサルコジ、ガドル工場
 怪しいお酒オキソンリカー
 施設一か月目

・Bパート「ガドル工場」とナツメ達
 牢名主、ドナテロとターキー
 ドナテロが怒る訳

・デスダイブゲーム!
 ゲームでは使ってない
 カブラギ、NEW GAME!!
 感想追記 19時

・公式ツイッターより
  …第1~5話振り返り特番が期間限定配信
  …8月2日はバニーの日
 制作スタッフ 
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・4ページ目へ
  …第6話 感想へ
・10ページ目へ
  …第6話 Bパートへ
・15ページ目へ
  …感想追記
・18/18ページ目へ

・過去記事ページ

公式配信サイト抜粋(外部)

・Abemaビデオ
  …第1話無料 木曜24時配信
  …最新話は一週間無料、会員なら見放題
Amazon Prime
  …Prime会員 月500円。月曜 24:00配信

前回ラストにて「切り替わった空」の正体は
総集編5.5話で提示へ

デカダンス 第6話 感想 00028
デカダンス 第6話 感想 00029



 残念ながら「ドーム」内なのは変わらない様子

ドーム
 地球は今も、重度汚染の真っただ中らしい

 故に外なら、あんなに奇麗な光景のハズはなく
 単に、ドーム内に投影された景色が
 切り替わっただけらしい?

 景色切り替えと、前回の描写は一致

 実際、今回カブラギが地球に落とされる際も
 大気は赤い霧のまま

 またカブラギの「身体」は、デカダンス内の保管所にある様子

 今後、取り戻す事が出来るか…?

全体あらすじ
前回、フギンはカブラギを殺すつもりだった

デカダンス 第6話 感想

 しかし誰かの横やりで、矯正施設送りに変更へ

あらすじ
 ゲーム警察に出頭、カブラギは強制ログアウト

 スクラップのハズも、バグ矯正施設送りとなる
 施設は、ガドル工場湖の地下に存在し
 ガドルの糞再利用が仕事

 二度と外に出られぬと古株サルコジが語る

 だが、ジルがログインシステムを所有し
 使用権を賭けドナテロと決闘

 かつての僚友、ドナテロとターキーは矯正施設を牛耳っていた

 カブラギは勝利しナツメに会いに行くが…?

 次回、デカダンス 第7話

※トップに戻る





第5.5話 感想
カブラギの「install」を描く総集編

デカダンス 第6話 感想 00000

 前回、ナツメを救う為にカブラギは戦列に参加

 対・戦士特化ガドルに、リミッター解除で対抗
 辛くも撃破も、それがフラグとなり
 ガドル「スターゲート」が起動

 それさえ撃破し、シナリオは完全に破綻

 外に広がった世界とは…?

ナレーション『2400年代後半、人類によって大気汚染指数は致死量を超え』

デカダンス 第6話 感想 00001

)ナレーション
 地球は生物の生息できる場所では
 なくなっていきました

 国という概念は滅び、世界的な影響力を持った企業が、自社サイボーグを開発


 人類が滅びていく一方で、爆発的に
 サイボーグが増加しました


デカダンス 第6話 感想 00002

)ナレーション
 それを受け、当時すでに世界の主導的立場にあった我が社

 ソリッド・クエイクは全人類の所有権を手にし

 ユーラシア大陸に巨大なドームを設置

 巨大娯楽施設「デカダンス」を開発しました


デカダンス 第6話 感想 00005

)ナレーション
 こうした人類の愚かな歴史を繰り返さない為

 我が社は全ての決定を司る

 全統治独立システムを導入しました

 システムが自動的に決定し、一つ一つの個体が実行する…


 そうして秩序ある社会が形作られるのです

 それでは皆さん、有益な一日を


デカダンス 第6話 感想 00006
デカダンス 第6話 感想 00007
デカダンス 第6話 感想



 一番下は第1話、核を抜かれた廃棄物?

カブラギ誕生
 低重力で漂うパーツが、自主的に合体し一つに

 核となるのはフギン曰く「資源」であるパーツ
 不祥事、耐久年数超過した時も
 核だけは継承

 タイ焼き機風の工具がご愛敬!!

 球体は社員たちの個室
 製造工場が、そのまま個室になるのか

 第2話は球体が宇宙空間にバラ撒かれてる描写も

 アレってどんな意味なんだろう…

 単にスクラップ投棄用?

 それとも、世界を汚染してる原因?

フギン『カブラギさん、おはようございます』

デカダンス 第6話 感想 00010

)フギン
 基礎知識のインストールは終了しました

 これであなたはソリッドクエイクの一員となりました


 こちらはムニン、私はフギンと申します


デカダンス 第6話 感想 00015
デカダンス 第6話 感想 00016
デカダンス 第6話 感想 00019
デカダンス 第6話 感想 00021

『まずは巨大娯楽施設、デカダンスの情報をインストールする必要があります(フギン』

おはようございました
 曰く「秩序部門」フギンとの初対面

 皆生まれながら、所属する部門が決まっており
 ある面で、タンカーよりも不自由な
 徹底した部品扱い

 起動直後はまっさらな状態

 第2話のマイキー発言と一致
 核は流用されるものの、人格はリセット

 なら核の流用は、アレの再製造が不可能・コストに合わない為?

 耐用年数も長いし何なんでしょ

前回ラスト再描写、ガドル健在にナツメは絶望
カブラギは正しかった

デカダンス 第6話 感想 00022

 ガドル健在に、人一倍ショックを受けたナツメ
 前々回、前回とカブラギに止められ
 自ら決断したナツメ!!

 思うに決断したからこそ、ショックはデカい

 止めてくれた人こそ正しかった訳ですから

カブラギ『パイプを頼む』

デカダンス 第6話 感想 00023

)ナレーション
 かつてない興奮を体験できる超巨大娯楽施設
 デカダンス

 その舞台となるのは、ソリッドクエイク本社の遥か下に位置する、ユーラシア大陸です


デカダンス 第6話 感想 00024

)ナレーション
 外気の空気汚染を遮断する、巨大なドームで覆われており


 疑似的な空を投影、天候の調整も自由自在と

 高性能なドームになっています


デカダンス 第6話 感想

)ナレーション 
 整地部門が長い年月をかけて完成させたフィールドは

 多くの見所があります

 そのいくつかを紹介していきましょう


 メインとなるのは、デカダンスのパーツを点在させた

 広大な荒野エリアです


デカダンス 第6話 感想

)ナレーション
 荒野エリアには、人間が暮らしていた街を再現した廃墟エリアや

 無限にガドルが発生する訓練エリア

 広大な鍾乳洞を模した地下エリア


 かつて、エベレストと呼ばれた雪山などがあります


デカダンス 第6話 感想 00026
デカダンス 第6話 感想 00027
デカダンス 第6話 感想 00028
デカダンス 第6話 感想 00029
デカダンス 第6話 感想 00030
デカダンス 第6話 感想 00035
デカダンス 第6話 感想 00036
デカダンス 第6話 感想 00037

 転がってるパーツは、演出でしかなかった…?

フィールド
 前回「空が切り替わった」のは投影効果

 やはりドーム外は、未だ汚染された状態にあり
 今、人類がフツーに歩き回れるのは
 ドームによる遮蔽効果

 前回ラストも、決して「外」ではない

 一応、全ては社内放送ではあるものの
 映像でもドーム外は汚染

 ただ第4話の演出上、現汚染はサイボーグ達の仕業である可能性

 何せ人類衰退から数百年経ってますし

『移動するデカダンスは、全長3200mを越える移動型巨大要塞です』

デカダンス 第6話 感想 00039

)ナレーション
 頑丈な装甲と、変形機構に全体の六割を割いており

 内部は見た目ほど広くはありません


 コアによるゾーンの重力コントロールを使用し、地面を移動することが可能になっています


デカダンス 第6話 感想 00041
デカダンス 第6話 感想 00044
デカダンス 第6話 感想 00046
デカダンス 第6話 感想 00047

『設定部門によって70年をかけて建設され、現在に至るまで、158回も修正を加えています』

ロケットパンチ!!
 言った!! 今ゾーンって言った!?

 やはりデカダンスは、根本的にガドルなのか?
 砲発射時、神経を接続する演出から
 察せられてた事とはいえ

 顔を思わせるデザインも再確認

 ガドルへ装甲を被せたってレベルでなく
 コア以外は機械仕掛けか

 このコア、サイボーグのそれと同質なのか?

 赤い発光は「目」なのね、イラスト的にも

『かの力、エントランスフロアです』

デカダンス 第6話 感想 00048

)ナレーション
 デカダンスキャノンの収容スペースを周回できるエントランスとして設計

 ギア素体のカスタマイズや、武器の調達など
 交流スペースとして活用されています


※略


デカダンス 第6話 感想 00057

)ナレーション
 タンク街には我が社のスタッフがタンカーに紛れて生活しています

 修理部門の装甲修理人や
 医者、回収人等です


 タンカーに見破られないように、節度ある行動を心掛けてください


※略


デカダンス 第6話 感想 00060

)カブラギ
 世界にバグが不要なら…

 あいつは消去されなければならない


 世界にバグが不要なら

 アイツに、何の価値もない事になる

 だがあの時…、俺は確かに、救われたんだ


デカダンス 第6話 感想 00062
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想 00099
デカダンス 第6話 感想 00100
デカダンス 第6話 感想 00103

 ナツメに「見破られた」事で救われた

世界にバグは
 前回ラスト、改めて思い出してたのか

 当時自殺、諦めの境地だったカブラギを救った
 全く無自覚に「諦めるな」と言い
 励ましてくれた

 疑問を得て、生きる活力になった

 彼女がいなけりゃ死んでいた
 本来、彼は5話まで生きのびていなかった

 生きてるだけで丸儲け

 失敗とバグこそ生かしてくれたんですね

ナツメとの日々をリプレイするカブラギ

デカダンス 第6話 感想

)カブラギ
 浮遊感に身体を慣らさせろ!

 身体に余計な力が入ってるんだ!


「波」に乗る感覚を叩きこめ!


デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想



『そいつは弱味なんかじゃない、お前の武器だ(カブラギ』

部品交換
 そして3話で修行させ、4話で結果が

 本作は早い展開も特徴、アッという間に成果が
 際し、弱点だった義手を改造し
 逆に「武器」へ

 カブラギ的には「普通」だったらしい

 彼はサイボーグですから
 部品交換なんて日常的なんだとか

 互いに住む世界が違う二人、その交流でもあったんですね

 が、そうして育て上げたのが早くも仇に

良かれと思って育て上げた結果
死地へ赴く自信、実力を与えてしまった組長

デカダンス 第6話 感想

)カブラギ
 どれだけこの戦いが続いてきたと思ってるんだ!

 何百年だぞ!


)ナツメ
 だから!それを終わらせる為に訓練して…


デカダンス 第6話 感想

)カブラギ
 そうじゃない!

 この世界は作られ…


 ……誰にも…、変えられないんだ…


デカダンス 第6話 感想

)カブラギ
 何で解らない!

 お前に死んでほしくないんだ!


デカダンス 第6話 感想

)ナツメ
 嫌だ!絶対やめない!

 あたしがどう生きるかは、あたしが決める!


)カブラギ
  …今回は諦めろ


デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想



『これで良いんだ……(カブラギ』

カブラギ平行線
 カブラギは真実を話せない

 ナツメもフェイとミンディに否定されて意固地
 結果、物別れに終わらざるを得ず
 カブラギはタンクを破壊

 ナツメの戦う手段を奪って物別れに

 特に「どう生きるか」に激昂
 この総集編的に、彼のトラウマだからか

 どう生きるか、カブラギは自分で決められなかったんですから

 選べるのは死に方だけだった

ナツメ『あたし…、決めたんです!! ギリッギリの限界まで足掻いてやるって!!』

デカダンス 第6話 感想

)ミナト
 やめろカブ!?

 そのガドルを殺すと、シナリオが変わっちまう!

 カブ!取り返しがつかなくなるぞ!


)カブラギ
 あいつは!死なせるわけにはいかない!

 俺は!そのバグに!


デカダンス 第6話 感想

)ミナト
 やめろ!?


)カブラギ 
 救われたんだ!


デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想

 自分を庇ったミンディ達の為、特攻したナツメ

限界まで
 他人を救う為、妥協をしないという事

 前回ミンディが庇わねば、ナツメは多分死んだ
 自分の代わりに、血を流した人の為
 自分も限界まで頑張る!!

 ナツメは救ってくれた人の為に足掻きたい

 カブラギも同じ気持ちなのか

 カブラギも、ナツメに鼓舞され
 出来る限界までやった

 総集編の彼は、死刑場に向かうのも同然でした

 それでも清々しい顔だった!

前回で瀕死になったミンディ
視聴者には「ぽっと出」のキャラだけど

デカダンス 第6話 感想

 でもミンディにナツメは救われた

 だから彼女と皆の為に、ナツメは諦めたくない
 カブラギが、救ってくれたナツメの為
 捨て身なのと同じ事

 二人はつくづくそっくりだと感じます

カブラギ『世界にバグは…、必要だ

デカダンス 第6話 感想

 出し惜しみなし、出来る事をやりきった

 自分が、選択の余地がない生まれだと思い出し
 今回、自分で選んだという事
 ナツメを救えた事

 自分が思う正しさを、はっきり伝えられた

 清々しい「死」だった…!!

ムニンの電気ショックにより昏倒したカブラギ
倒れざまに見た悪夢

デカダンス 第6話 感想 00014
デカダンス 第6話 感想 00016
デカダンス 第6話 感想 00018
デカダンス 第6話 感想 00020
デカダンス 第6話 感想 00028
デカダンス 第6話 感想 00038
デカダンス 第6話 感想 00042
デカダンス 第6話 感想 00043

 カブラギの身体は、おそらく素体保管庫

タンクの上「保管庫」
 ナツメが戦死する悪夢を見たカブラギ

 前回、カブラギ「処刑」が遠景で描かれたのは
 多分、身体に外傷がない為。
 電気ショックだったか

 視聴者を惑わせる演出だったらしい

 フギンが殺したいのは中身
 まず間違いなく、素体は殺したくなかった

 前回「ドナテロの身体」が暴れてたのが伏線か

 アレは中身が別人だったって事か?
 
フギン『カブラギさん、やってくれましたね』

デカダンス 第6話 感想 00044

)カブラギ
 俺は後悔はしてない

 お前らの言う、バグのない世界ってのが

 どうにも性に合わなかっただけだ


)フギン
 それで自らバグになるとは…


デカダンス 第6話 感想 00045

)フギン
 あの時、見抜けなかったなんて

 私の目も節穴ですね


)カブラギ
 サングラスを外したらどうだ?


デカダンス 第6話 感想 00050
デカダンス 第6話 感想 00056
デカダンス 第6話 感想 00064
デカダンス 第6話 感想 00079
デカダンス 第6話 感想 00083
デカダンス 第6話 感想 00087

『…残念です。私はスクラップの方が、会社の為と思いますがね(カブラギ』

スクラップ回避
 フギンはカブラギを殺す為に捕らえた

 回りくどい手順は、身体を活かす為と思えます
 また、カブラギを修理人にしたのは
 システムの判断

 フギンの後悔は、その後の面談の事?

 また、マイキーをスクラップにした際
 カブラギは暴れなかった

 フギンは「カブラギは大丈夫」と判断、システムに報告したのか?

 実際は一番ショックを受けてたせいですが…

フギン『バグ矯正施設への収容に変更されました』

デカダンス 第6話 感想 00090

)カブラギ
 どういう事だ


)フギン
 さあ…、どなたかの横槍が入ったか


デカダンス 第6話 感想
デカダンス 第6話 感想 00109
デカダンス 第6話 感想 00111
デカダンス 第6話 感想 00114
デカダンス 第6話 感想 00119
デカダンス 第6話 感想 00123

『また、どこかでお会いしましょう…(フギン』

その日、流星になって
 ミナトの口利きで生かされたのか?

 汚染された大気を抜け、真っ逆さまに落下

 描写上、落ちた場所はユーラシア大陸のハズも
 特に「ドーム」を通過した演出はなく
 少し謎ですね

 ドームが内界を「赤い霧」と遮断

 赤い霧を抜け、ドームを通過するはずですが
 霧の先はすぐ大地でした

 或いはここだけ穴が開いてるのか?

 いずれここから宇宙へ…?
 
看守『おはようございますっ!』

デカダンス 第6話 感想 00161

)看守
 これから皆さんには

 バグ矯正施設に入って頂きますっ


 そこでしっかりバグを直して、会社に復帰できるよう頑張りましょうね♪


デカダンス 第6話 感想 00164

)看守
 では!

 当施設に入場するに辺り、検査、及び専用のオキソンを供給させていただきますっ


)バグサイボーグ
 タダでオキソンが貰えるのかよ!


デカダンス 第6話 感想 00168
デカダンス 第6話 感想 00170
デカダンス 第6話 感想 00173
デカダンス 第6話 感想 00175
デカダンス 第6話 感想 00178
デカダンス 第6話 感想 00181
デカダンス 第6話 感想 00184
デカダンス 第6話 感想 00190
デカダンス 第6話 感想 00191
デカダンス 第6話 感想 00195

『これより皆さんの体内をスキャンし、バグの原因を探ります(職員』

どうぞ☆
 やけに愛想の良い声からの悲惨な「供給」

 オキソンは味があるも、ここは特に酷いらしい
 また、入場前に必ず注入するなら
 細工付きの代物か?

 たとえば脱走を図れば尻から爆発する的な?

 この表情! カブラギさんだと思うと
 驚きの百面相ですわ

 あれだけ啖呵を切ったも、身体は正直

 ハードボイルドが全滅している…!!

バグ達『く、臭ぇー!?

デカダンス 第6話 感想 00198

)看守
 皆さんのやる事は一つです

 その巨大なガドルの糞を細かくして、そこにある肥溜めに入れるだけ~

 カンタンでしょう?


)バグ
 え…、これクソなの!?


デカダンス 第6話 感想 00209
デカダンス 第6話 感想 00212
デカダンス 第6話 感想 00215
デカダンス 第6話 感想 00218
デカダンス 第6話 感想 00230
デカダンス 第6話 感想 00236
デカダンス 第6話 感想 00239

『働くことの喜びを知った皆さんの心身は、健康に保たれるのです…ッ!(工場長』

クソ仕事
 なんというクソ回(生理的)。

 そもそもガドルがクソをするのが初耳ですよ!!
 クソ、老廃物を身体から出すのか
 生き物な事は間違いない

 クソは再利用されエネルギーに

 このクソは、巨大な塊で落ちてくる為
 破砕しなければなりません

 しかも大変に硬い為、単に機械を設置するだけじゃ壊せないのか?

 それとも敢えて手作業化してるのか

老サイボーグ『心配せんでええ』

デカダンス 第6話 感想 00248

)老サイボーグ
 儂らみたいな弱者は、目障りにならんよう
 隅の方に引っ込んで居ればいい


 これ、すなわち生きる知恵じゃよ


デカダンス 第6話 感想 00251

)看守
 皆さん、このガドルの糞は、ブザーの後に天井から降ってきます


※ブザー音


デカダンス 第6話 感想 00252

)バグ
 遅!?ブザー遅!?


)バグ
 ふざけんな!


)看守
 皆さん!くれぐれも、潰されないようご注意ください


デカダンス 第6話 感想 00256
デカダンス 第6話 感想 00268
デカダンス 第6話 感想 00272
デカダンス 第6話 感想 00274
デカダンス 第6話 感想 00282

『それでは、当施設の説明を終了させていただきます(看守』

ぶち殺すぞクソでな…!!
 クソが直撃、サボろうとした老人が粉々に!!

 以降ブザーは、ちゃんと落下直前に鳴ってる
 今のは見せしめだったらしい
 皆こうなりうる

 看守は、皆スクラップ予備軍と宣告

 皆、人権(?)を失った自覚がなかった
 カブラギは少数派か

 多くはそこまで悪い事をした自覚がないらしい

 チートやサボり程度なんですかね

作業開始後、クソの破片で強打するカブラギ
このカチグソ硬すぎる…!!

デカダンス 第6話 感想 00284
デカダンス 第6話 感想 00292
デカダンス 第6話 感想 00293
デカダンス 第6話 感想 00298
デカダンス 第6話 感想 00302
デカダンス 第6話 感想 00303
デカダンス 第6話 感想 00308

)バグ
 どうした~? 大丈夫かよ

 上、気にしてねェとアイツらみたいになるぞ


)カブラギ
 ああ…、すまん


)バグ
 まったく…
 やってらんねェよなこんな作業…

 こんな事したって、どうせ無駄さ……


デカダンス 第6話 感想 00314
デカダンス 第6話 感想 00319
デカダンス 第6話 感想 00324

『あたし…、決めたんです!! ギリッギリの限界まで足掻いてやるって!!』(音源再生』

支える掌
 ちょっと驚きましたが幻覚

 また助けてくれたバグも、他の者と同じでした
 皆、何をやっても無駄と諦め
 無為に死んでいく

 ある意味、第1話頃のカブラギ同様

 昔の自分、絶望した人達と一緒だから
 かえって実感したのでしょうか

 昔とは違う、心の支えを持ったという事

 ナツメがここまで支えになるとは

バグ『ガドルはっけーん! とつげきー!ズドドドドドー!』

デカダンス 第6話 感想 00330

)バグ
 ヤりてえよお!ここから出せ!

 デカダンス、やらせろぉ!


デカダンス 第6話 感想 00333
デカダンス 第6話 感想 00340
デカダンス 第6話 感想 00344
デカダンス 第6話 感想 00352
デカダンス 第6話 感想 00356
デカダンス 第6話 感想 00362
デカダンス 第6話 感想 00363
デカダンス 第6話 感想 00369
デカダンス 第6話 感想 00372
デカダンス 第6話 感想 00374

『イイ仕事っぷりッスねー、カブラギさん!(サルコジ』

後のフランス大統領である
 デカダンスの名の通り「退廃」

 しかしこの環境が、かえって彼を奮起させたか
 翌日、カブラギは打って変わって働き
 周囲に目を見張らせた!!

 が、だからと周りが変わる訳でもなく

 壮大な演出、周りも働きだすかと思ったも
 今は呆れさせた程度か

 唯一この件で、彼に話しかけてきたのがサルコジでした

 牢屋のお約束ですね!どんなタイプなのか

『サルコジってんで。仲良くしてくださーい♪』

デカダンス 第6話 感想 00382

 サルコジは典型的な太鼓持ちタイプの人物

 この手は、こすっからいのも少なくない
 こすっからい=ずる賢い人物や
 敵のスパイなど
 
 彼の場合、割と人が良いらしく珍しい

 無理してると心配してくれたのか

サルコジ『ここであんな働く方も珍しいっ』

デカダンス 第6話 感想 00383

)サルコジ
 何せここは五年もすれば慣れちまうし~

 十年も経ちゃ楽しい我が家~

 シャバより快適!ポンポコピー♪ってなもんスよ♪


デカダンス 第6話 感想 00388
デカダンス 第6話 感想 00393
デカダンス 第6話 感想 00395
デカダンス 第6話 感想 00399

『……十年もここにいる気はない、バグとやらを治してさっさと出ていくさ(カブラギ』

十年殺し
 カブラギは正攻法で出ていくつもり

 模範囚になれば、解放して貰えると思ったのか
 だって上はスクラップに出来るも
 罪一等を減じた

 上はカブラギを惜しんだのですから

 思うに、有益だけど問題ある人材の置き場
 人材プールなハズです

 正攻法だって十分、理に適った発想に思えます

「口添えした誰か」が助け易くすればいい

サルコジ『いやいやいやいや!

デカダンス 第6話 感想 00401

)サルコジ
 ここから出られる訳ないじゃないッスか~

 会社に復帰なんて真っ赤な嘘っぱちッスよ!


 壊れるまでここで働かされるんスから


デカダンス 第6話 感想 00404

)カブラギ
 …あ?


)サルコジ
 あー!ちょい待ってェ!

 脱走なんて考えちゃダメっすよ~


デカダンス 第6話 感想 00412

)サルコジ
 ここは天下の水中ガドル工場!

 クソの落ちてくる我らの職場は、そのいっちゃん下!


 湖の底ッスも~~~ん


デカダンス 第6話 感想 00414
デカダンス 第6話 感想 00418
デカダンス 第6話 感想 00426
デカダンス 第6話 感想 00428

『ま、住めば都と思ってェ~、ね?(サルコジ』

ガドル生産工場
 外に出れば水圧に潰され脱出不能

 何百年と尽きないガドルは、やはり運営の産物
 人類同様、チップが埋まってるのか
 緊急停止も可能

 最近、ガドル出現率が低い理由は?

 長期的な視野なのか
 はたまた、収益が下がって絞ってるのか?

 モザイク状のがガドル生産工場であるらしい

 実際に四角い建物の集合体

バグ『おいサル、できてっか!』

デカダンス 第6話 感想 00429

)サルコジ
 もちろんッスよ~、おーっとっとぃ♪

 毎度ありぃ♪


 へへへ、サルコジ特製オキソンリカー! 


デカダンス 第6話 感想 00432

)サルコジ
 オキソンと発酵させたガドルの糞を混ぜた
 自慢の逸品ッス!


)カブラギ
 うぷっ……


デカダンス 第6話 感想 00437
デカダンス 第6話 感想 00443
デカダンス 第6話 感想 00447
デカダンス 第6話 感想 00451

『俺はいい!(カブラギ』

オキソンリカー
 何せクソを発酵ってんだから耐え難い!!

 公式によればアルコール飲料ゆえ重宝する様子
 酔って、忘れよう浮世の辛さ
 何年ここに居るのか

 危機が酒を生み出すのはいつの世も同じ

 サルコジも大男も平気していますし
 慣れていくんですね

 酔えるだけでもありがたや 口に入ればみな同じ

 キンッキンに冷えてやがる…!

ここから出る方法はない
諦めろと促したが、カブラギは変わらなかった

デカダンス 第6話 感想 00463
デカダンス 第6話 感想 00469
デカダンス 第6話 感想 00471
デカダンス 第6話 感想 00476
デカダンス 第6話 感想 00482
デカダンス 第6話 感想 00485

)サルコジ
 今日でちょうど一ヵ月ッスね~

 お祝いに~♪


)カブラギ
 いや、いい


デカダンス 第6話 感想 00489

)サルコジ
 結構ファンだっているんスよ~?

 …カブさん、何でそんなに頑張れるんスか?


)カブラギ
 頑張る?


デカダンス 第6話 感想 00497

)サルコジ
 ここからは出られない

 それは解っているんでしょう?


)カブラギ
 確かに何の希望もないが…

 ただ俺は、限界まで足掻いているだけだ


デカダンス 第6話 感想 00502

)サルコジ
 限界…


)カブラギ
 それに俺が諦めると、怒られるしな
 

デカダンス 第6話 感想 00503
デカダンス 第6話 感想 00505
デカダンス 第6話 感想 00514
デカダンス 第6話 感想 00516

『デカダンスにいる生意気なタンカーにだ…(カブラギ』

カブラギ一直線
 と言うとサルコジは呆れ

 ギアにとって、タンカー=人類は見世物だから
 また、真面目に働くなど馬鹿々々しい
 でも他に手段はない

 カブラギに出来るのは足掻く事

 ナツメが、カブラギが勝てないガドルから
 味方を助けようとしたように

 前回カブラギが「倒したら不味い」と解っていながら倒したように

 本作は愚直さを大切に描くのですね

サルコジ『あっしはこんなナリですし、限界なんて今さら…』

デカダンス 第6話 感想 00522
デカダンス 第6話 感想 00532
デカダンス 第6話 感想 00533

『今さらなんて言葉は、俺達には必要ない(カブラギ』

今さら
 カッコつけた言葉かもしれません
 
 でも諦めていたのが、第1話時点でのカブラギ
 彼とて、足掻く事を知った今
 生きてる実感を得た

 フギンにも一泡吹かせた

 どうしようもない状況の中
 彼にとっては、確かな「成功体験」だから

 だから突き進むのでしょうか

カブラギ『…とは言え、シナリオが変わってそいつはもう生きてないかもしれないが』

デカダンス 第6話 感想 00539

)サルコジ
 生きてますよ

 今はガドルも攻めてきてないみたいだし~?


)カブラギ
 何?!


デカダンス 第6話 感想 00542
デカダンス 第6話 感想 00544
デカダンス 第6話 感想 00553
デカダンス 第6話 感想 00556
デカダンス 第6話 感想 00561
デカダンス 第6話 感想 00563
デカダンス 第6話 感想 00564

ちょっと待て!? どこからそんな情報を!?(カブラギ』

情報通
 曰くゲームにログインする方法がある

 サルコジ、うっかり口を滑らせてしまったのか
 曰く、ここ一か月は敵が出現せず
 デカダンスは安全

 だから生きているだろう、と

 前回、超巨大ダイランドが複数体など
 修羅場も予感させました

 アレはあくまで顔見せ程度の事件だったか

 ギアの人達、盛り下がってるだろうなあ
 
※トップに戻る

職員『工場長、システムより指令』

デカダンス 第6話 感想 00577

)職員
 アップデートによる各部門の調整が終了

 再びガドルをフィールドに放て

 との事です


)工場長
 ようやくか!えらくかかったなァ~


デカダンス 第6話 感想 00584
デカダンス 第6話 感想 00587
デカダンス 第6話 感想 00603
デカダンス 第6話 感想 00609
デカダンス 第6話 感想 00614
デカダンス 第6話 感想 00619
デカダンス 第6話 感想 00625

『オラァ!もう一回行くぞ~!次はキャッチしろよー!(工場長』

ガドル工場
 平和だったのはシナリオ準備中だった為らしい

 システムは本日午後からガドルを放つよう指示
 また、工場長は芸を仕込もうとし
 虐待していました

 ガドルは本来敵意がないのか?

 パイプは人懐っこいも
 もしかしたら、あれが本来の傾向なのかも

 だとすれば、ガドルとは争いは止める余地が?

 回収銃でチップを回収すれば…?

ナツメ『組長、どこ行っちゃったんだろうねえ…』

デカダンス 第6話 感想 00626

)クレナイ
 静かね


)ナツメ
 クレナイさん…!


デカダンス 第6話 感想 00631

)ナツメ
 こんにちは


)クレナイさん
 戦いがないと、こんなに静かなのね…


デカダンス 第6話 感想 00632
デカダンス 第6話 感想 00635
デカダンス 第6話 感想 00638
デカダンス 第6話 感想 00644
デカダンス 第6話 感想 00645
デカダンス 第6話 感想 00648
デカダンス 第6話 感想 00651

『おおよしよし♪ 可愛い可愛い~♪(クレナイ』

パイプ可愛い
 知ってたけど抜けてるなクレナイさん!!

 ナツメは咄嗟にパイプを遠くへやろうとした
 クレナイさん、気付いていないらしく
 可愛がっている…!!

 気付かないもんですわ

 そも、劇中に他にペットが出てない
 馴染みが薄い

 そのせいで、周囲にバレにくいんでしょうか

 クレナイさんの目は節穴だから?

クレナイ『…カブ様は見つかった?』

デカダンス 第6話 感想 00656

)クレナイ
 どうかした?


)ナツメ
 い、いやあ!

 まあすぐに戻って来てくれますよ!


デカダンス 第6話 感想 00659
デカダンス 第6話 感想 00666
デカダンス 第6話 感想 00667
デカダンス 第6話 感想 00670

『それに組長がいなくたって、私がガドルを倒します!(ナツメ』

担当声優さんが同じ
 クレナイさんとパイプ、一人二役大変ですね

 カラ元気を出すナツメ、彼女の真意は謎なまま
 既に一ヵ月も経過していますから
 気は落ち着いた模様

 勝てないと知っていたカブラギ

 ナツメ、彼が言ってた言葉こそが正しいと
 色々仮説を立ててるハズ

 でも事情が事情だけに、相談できる人がいない

 今のナツメは、不安で独りぼっちなのか…

サルコジ『いいですか…? ここにはそれはそれは凶悪なバグ野郎共がいましてね~!』

デカダンス 第6話 感想 00689

)カブラギ
 ほお…


)サルコジ
 ほおってあーた!

 看守だって、下手に手を出せないような連中ッスよ!


デカダンス 第6話 感想 00692
デカダンス 第6話 感想 00700
デカダンス 第6話 感想 00705
デカダンス 第6話 感想 00706
デカダンス 第6話 感想 00714

『サルコジ…、俺をそいつらに会わせてくれ。頼む(カブラギ』

濃厚な昭和リアクション
 話してるだけで寿命が縮みそう!!

 サルコジの心臓が心配です

 ログインを握ってるのは、バグでも凶悪な男
 以前、同じく頼みにいった連中は
 誰一人戻らなかった

 看守さえ恐れる凶悪なバグ

 となると、もう誰だか一目瞭然ですね
 カブラギの元同僚ドナテロ

 オープニングでの彼は、牢名主になってたのか

 昔のヤクザ映画みたいですな

ターキー『サルが? 今月のリカーは納めて貰ってるハズだが』

デカダンス 第6話 感想 00717

)ターキー
 あいつ…!


)ドナテロ
 久しぶりじゃねえか

 なんだよ、お前もバグ落ちかよ?


デカダンス 第6話 感想 00721

)カブラギ
 ドナテロ、こんなところで会うとはな


)ターキー
 こんなところだとォ!


デカダンス 第6話 感想 00726
デカダンス 第6話 感想 00732
デカダンス 第6話 感想 00736
デカダンス 第6話 感想 00742
デカダンス 第6話 感想 00752
デカダンス 第6話 感想 00757

『まあ待てよ、お前こそ何で“こんなところ”にいるんだ。聞かせて貰おうじゃねェか(ドナテロ』

牢名主たち
 意外に皮肉を利かせてくるドナテロ

 元カブラギ同僚、班長で格上だったドナテロと
 副官的なターキーのコンビ
 他メンバーは不明

 ターキーが妙に沸点低いのは…?

 後述する「ドナテロの怒り」は漢気の問題
 ターキーは無縁そう

 カブラギだけ、ここに送られなかったから恨んでるのか?

 収容所送りになった原因と知ってるのか? 

カブラギ『デカダンスにログインさせてくれ』

デカダンス 第6話 感想 00768

)ドナテロ
 俺ァな…、あの時のお前を許しちゃいねェぜ

 システムの決定に従いやがって


 装甲修理人だ?落ちぶれたもんだなァ


デカダンス 第6話 感想 00772

)ドナテロ
 俺は、ダセエ奴が一番嫌いなんだい!


)カブラギ
 俺はもう装甲修理人じゃない

 お前と同じ、バグだ


デカダンス 第6話 感想 00774
デカダンス 第6話 感想 00788
デカダンス 第6話 感想 00795
デカダンス 第6話 感想 00798
デカダンス 第6話 感想 00801
デカダンス 第6話 感想 00804
デカダンス 第6話 感想 00809



『何故、デカダンスにログインしたいんです?(ジル』

チビるサルコジ
 社風に真っ向から相反するドナテロ

 当時の台詞からして、マイキーの調査を要望し
 調査なし、全員処罰に反対
 バグとなったのか?

 当時、誰がリミッター解除を教えたか激怒

 教えたのはカブラギですし
 今後も、火種が残った状態かもしれません

 現にカブラギ、リミッター解除を使えると前回証明

 幸い、あの場面を見たギアは限られるも…?

カブラギ『あるタンカーと話がしたい』

デカダンス 第6話 感想 00811

)バグ達
 ハッハッハ!タンカーだと?

 なんだそりゃあ


)ドナテロ
 いいか、ここにはここのルールがある


デカダンス 第6話 感想 00819

)ドナテロ
 ルールに従順なお前なら解るよな?

 抗う事を知らないお前に

 命を賭ける覚悟があるのか?


デカダンス 第6話 感想 00825
デカダンス 第6話 感想 00842

『…何をすればいい? オレに賭けられるものがあるなら、何でも賭けてやるよ(カブラギ』

デスマッチ!!
 聞くや薄く笑ったドナテロ

 彼が知る「カブラギ」は七年前で止まっている
 両者のギャップが実に面白い!!
 命懸け!!

 今やカブさんの十八番じゃないか!!

 ドナテロも、けっこう言葉尻というか
 聡い言い回しをします

 大男ですが総身に知恵が回ってる人だわ!!

 また彼は「笑わない」のね

 タンカーに会う為と言っても笑わなかった!!

ドナテロ『パーティーの始まりだ!

デカダンス 第6話 感想 00844

)バグ達
 デスダイブ!デスダイブ!


)ジル
 …馬鹿馬鹿しいっ


デカダンス 第6話 感想 00857

)ターキー
 お前ら~、楽しんでるかァ?

 デスダイブゲームの始まりだァ!


 今宵も命知らずのサイボーグが、最高に興奮する死のゲームに挑戦するぜ!


デカダンス 第6話 感想 00860

)ターキー
 まずは挑戦者からの入場だァ!

 タンカー如きの為に、その命散らせましょう


 システムの狗!カブラギ~


デカダンス 第6話 感想 00864

)ターキー
 続いてはチャンピンの入場です!

 全てが遊び、命のやり取りすらスリルの為!

 デスダイブゲームの覇者!
 最強!

 無敗のサイボーグ!

 ドナテロ~!


デカダンス 第6話 感想 00876
デカダンス 第6話 感想 00892
デカダンス 第6話 感想 00900
デカダンス 第6話 感想 00913
デカダンス 第6話 感想 00917

『これがホントの命のやり取りよ、興奮するよなァ~。カブ、楽しませてくれよ(ドナテロ』

デスダイブゲーム
 落ちれば命はないシンプルなルール

 そも「死」を娯楽とするサイボーグにとっても
 特に、ドナテロのようなタイプには
 興奮する遊び!!

 疑似ではない本物の死

 マイキーは「本当の痛み」にさえ
 当初尻ごみしました

 それが普通の感性であり、彼らとて「本当の死」はノーセンキュー!

 喜々としてやるドナテロもブッ飛んだ男だ!!

ターキー『落ちた奴の命はねえ!デスダイブゲーム、レディー・ゴー!』

デカダンス 第6話 感想 00928

)ドナテロ
 おりゃあああ!


)サルコジ
 カブさーん!?


デカダンス 第6話 感想 00930
デカダンス 第6話 感想 00940
デカダンス 第6話 感想 00945
デカダンス 第6話 感想 00952
デカダンス 第6話 感想 00954
デカダンス 第6話 感想 00961
デカダンス 第6話 感想 00968
デカダンス 第6話 感想 00984

)ドナテロ
 おいおいどうしたァ!

 なっさけねェなあ!

 防戦一方じゃあ勝てねェよ!


)カブラギ
 こんなところで終われるか!


デカダンス 第6話 感想 00994

)ドナテロ
 だっせえ戦い方してんじゃねえ!


)カブラギ
 うおおおおおお!


デカダンス 第6話 感想 01002
デカダンス 第6話 感想 01003
デカダンス 第6話 感想 01004
デカダンス 第6話 感想 01010
デカダンス 第6話 感想 01016
デカダンス 第6話 感想 01018
デカダンス 第6話 感想 01022
デカダンス 第6話 感想 01027
デカダンス 第6話 感想 01028

『動くな! …お前の方が、よっぽどダサイぜ!ドナテロ!(カブラギ』

逆転勝利
 熾烈な空中戦を制したのはカブラギ

 一時はスコップを失うも、おかげで軽くなった
 覚悟を決め、空中殺法でトサカを奪い
 コアを剥きだしに!!

 ダサい、お山の大将である事か

 落ちた先で、自分の城を作ったのは立派も
 肥溜めでクソ酒を煽る日々

 多分ドナテロも生きてる実感が欲しい

 でもカブラギは命を懸け戦い、ドナテロは命をチップにして「遊ぶ」

 その在り方を皮肉った言い様か 

『俺がダセえだと…? 面白ェ!

デカダンス 第6話 感想 01033

 きっとドナテロも思い当たるフシがあるのか

 お返しとばかりに、コアスレスレの位置で反撃
 ドナテロ、自殺同然の反撃には
 カブラギも対応できず

 さすが「命」で遊ぶ男の意地だな!

 頭で刃をからめとる白羽取りか!!

喰らえ!白羽取り!

デカダンス 第6話 感想 01041

)ドナテロ
 隙ありカブゥ!

 続きは地獄でやろうぜェ!


)ターキー
 ドナテロさーん!?


デカダンス 第6話 感想 01047
デカダンス 第6話 感想 01050
デカダンス 第6話 感想 01055
デカダンス 第6話 感想 01057
デカダンス 第6話 感想 01064
デカダンス 第6話 感想 01065

『ボス…』『そんな…』『ウソだろ…?』

死への道連れ
 意外なのはターキーの絶叫

 彼、ドナテロを慕っているのは本当の事なのか
 単に利害でくっついてる訳でなく
 芯がある男なのか?

 ゲームでの評価は「陰険姑息」

 今回、カブラギにつっかかったり
 正直印象は良くないも

 でもここに送られたのも、システムに反抗したからみたいですし…?

 第2話は特に義理堅く見えなかったものの

サルコジ『あれは…!』

デカダンス 第6話 感想 01071

)ドナテロ
 てめえ…、それ、使えンのかよ…


)カブラギ
 ゲームでは使ってない


デカダンス 第6話 感想 01075
デカダンス 第6話 感想 01087
デカダンス 第6話 感想 01089
デカダンス 第6話 感想 01092
デカダンス 第6話 感想 01095

『……ケッ、くせえな……(ドナテロ』

カブラギ大脱出
 脱出させたのは背のロケット

 サイボーグは正直、非合理的な姿ばかりなので
 私も飾りだと思っていました
 ミスリードか

 だがカブラギはゲームは対等に戦った

 いやあ、くさい台詞じゃないですか
 カッコつけやがってよ!

 だがそこがいい

 全力でやるのと「対等にやる」のはまた別 

ドナテロ『…何でだ』

デカダンス 第6話 感想 01097
デカダンス 第6話 感想 01099
デカダンス 第6話 感想 01107
デカダンス 第6話 感想 01115
デカダンス 第6話 感想 01116

『さあな、…ただアイツなら、こうしただろうと思っただけだ(カブラギ』

カブを変えた奴
 ナツメのように生きる

 カブラギは彼女の師、でも生き方は彼女に学ぶ
 生まれた瞬間からレールに乗って
 ルールに従い生きてきた

 カブさんも変わろうとしてるのか

 以前、オキソン欠乏自殺しようとしたのも
 ルールの穴を突くようなやり方

 でも今、ルール自体がない生き方を模索してるよう思えます

 ドナテロもナツメに興味を持ったか

ターキー『カブラギィ!この反則野郎!

デカダンス 第6話 感想 01122

 意外なのはターキーの反応

 カブがスコップでなく、肉弾戦をやった事?
 落ちたのにブースターで飛んだ事?
 違反というには…

 元々カブラギに感情的だから、過剰に反応してしまってる感じ

 彼も筋が通った男のように見える…?
 
ターキー『死ねェ!

デカダンス 第6話 感想 01126

)ドナテロ
 …ダセエ真似すんじゃねえ


)ターキー
 で、でも!?


デカダンス 第6話 感想 01131

)ドナテロ
 俺に恥をかかせンのかい


)ターキー
 い、いえ……


デカダンス 第6話 感想 01135

)カブラギ
 それ…、使えたのか?


)ドナテロ
『ゲームでは使ってねえ』


デカダンス 第6話 感想 01143
デカダンス 第6話 感想 01146
デカダンス 第6話 感想 01151

『お前の覚悟は見せて貰った、ついてこい(ドナテロ』

礼には礼を
 つくづく台詞を奪うのが上手いドナテロ

 実は彼もロックバスターが使えた

 やりとりがヤクザ映画、良い男じゃないですか
 ならばターキーが感情的なのは
 彼を思って?

 力が支配する中、漢気を見せたカブラギ

 絵柄はコミカルも、実に男臭い展開ですわ
 クソも臭い展開ですわ

 また相手の言葉尻を奪うのは、よく話を聞いている証拠

 ドナテロって思ったより繊細なのかも

ジル『ちゃーんと、足の裏も洗ったんですよねえ?』

デカダンス 第6話 感想 01157

)ドナテロ
 やったっつーの!


)カブラギ
 …驚いたな!


デカダンス 第6話 感想 01160
デカダンス 第6話 感想 01164

『当たり前ですけど、あなたの元のアカウントは使えませんから(ジル』

ログイン
 つまり別の素体を使ってアクセスするという事

 果たして次回、どんな姿になってるんでしょう
 また前回は「ドトキン」を名乗る男
 ドナテロそっくりさん登場

 ドナテロの別アカか、素体+別人か?

 判別する材料は不足
 また、ジルは5.5話にもシルエットが登場

「女性型」な彼女、デカダンス設計を主導した人物である様子

 横入りなんてお手のものな訳ね

ジル『その人間からしたら、あなたは「知らない人」ですよ』

デカダンス 第6話 感想 01172

)カブラギ
 ああ、それでいい


)ドナテロ
 それが命までかけてやる事か?


デカダンス 第6話 感想 01173

)カブラギ
 …ああ!


)ドナテロ
 まあいい、勝ちは勝ちだ!


デカダンス 第6話 感想 01177
デカダンス 第6話 感想 01180
デカダンス 第6話 感想 01187
デカダンス 第6話 感想 01195
デカダンス 第6話 感想 01202

 カブラギ「ニューゲーム」でログイン

NEW GAME!!
 姿はカスタマイズも可能

 素体を元のカブラギっぽく繕う事は可能ですが
 素体は別だし、ゼロから再出発なので
 変更する金もないハズ

 そも男?女?青年?子供?

 カブラギは別の姿で、何を伝えに行くのか

 強く生きろ的な激励か
 はたまた、知りうる情報を伝えに行くのか

「別の姿」でも出来る事か、また本来の身体はいつ取り戻せるか

 文字通り、再スタートって訳ね!

※トップに戻る

感想追記
脱出不可能のガドル工場に落ちたカブラギ

デカダンス 第6話 感想 00603
デカダンス 第6話 感想 00418

 ならクソ穴を辿っていくしか…?

バグ矯正施設
 ユーラシアの湖に存在するガドル培養工場

 工場はガドルを培養、培養中はチューブに接続
 チューブから、栄養を送る一方で
 老廃物を回収する

 老廃物は施設に集め、下に落とす仕組み

 当然、施設は地上と行き来できるハズで
 辿り着ければこっちのもの

 今回飛行機能も発覚、飛んでいけばいいのか?

 ドナテロは同行すると思うも…?

ドナテロ=ドトキン?
現時点では、明言できる情報はないものの

デカダンス 第5話 感想 00103
デカダンス 第5話 感想 00106

 ドトキンの視点では「ドトキン」と表記

ドトキンとドナテロ
 この七年で、新しい義体を育て上げたのか?

 新アカウントなら、別の義体となるはずですが
 ゲームでは、肌色など換装可能なので
 似せただけかもしれません

 ただそれにしては似すぎてる

 またターキーが同行していない

 今後、カブラギが別義体になれば
 元義体を他人が使う可能性

 その前例、説明的に「義体を他人が利用するケース」を描いてる気がします

 ドナテロ義体を、他人が使ってるケース?

※トップに戻る



公式ツイッターより












































































































































































202年8月12日 デカダンス 第6話「radiator」

デカダンス 第6話 感想 01143

 ドナテロの「身体」らしき人物がは前回登場 

スタッフ
 脚本 : 瀬古浩司
 絵コンテ : サトウシンジ
 演出 : 三浦慧
 総作画監督 : 栗田新一
 作画監督 : 緒方歩惟、武内啓
 アニメ制作:NUT(幼女戦記etc)
 オリジナル:監督・立川譲/構成・瀬古浩司

※幼女戦記 感想一覧

あらすじ
《ゲーム警察》に捕まったカブラギは、バグ認定されたサイボーグが収容されるバグ矯正施設へと送られる。
 そこで再会したのはバランサー時代の僚友、ドナテロとターキーだった。
総集編では、デカダンスの設定開発風景も描写
主任技師(?)が本編へ!!

デカダンス 第6話 感想 00044
デカダンス 第6話 感想 00218
デカダンス 第6話 感想 00219
デカダンス 第6話 感想 00220
デカダンス 第6話 感想 00221
デカダンス 第6話 感想 00223
デカダンス 第6話 感想 00224
デカダンス 第6話 感想 00225

 あの技師ジルこそ、デカダンス設計者か

カブラギ新生
 システムに入れる裏技を持ってるのも納得

 またドナテロは、身体らしきものが前回で登場
 ならば、素体に他人が入る事も可能
 カブラギの身体も危うい

 カブラギを倒し、彼を取り戻す戦いに?

 新カブラギは、New GameでLv1のハズ
 正体を隠しナツメと共闘か

 王道といえば少年姿になっちゃうのかも?

 次回、デカダンス 第7話

トップに戻る


















 デカダンス 第1話「ignition」
 デカダンス 第2話「sprocket」
 デカダンス 第3話「steering」
 デカダンス 第4話「transmission」
 デカダンス 第5話「differential gear」
 デカダンス 第5.5話「install」&第6話「radiator」
 デカダンス 第7話「driveshaft」
 デカダンス 第8話「turbine」
 デカダンス 第9話「turbocharger」
 デカダンス 第10話「brake system」
 デカダンス 第11話

トップに戻る