公式サイト 機動戦士ガンダムUC episode EX2 獅子の帰還 感想
 福井晴敏・玉越博幸 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら
UCから半年、バナージは帰還していなかった
連邦に戻ったリディの奔走!!

ガンダムUC 獅子の帰還 00104
ガンダムUC 獅子の帰還 00103
ガンダムUC 獅子の帰還 00026
ガンダムUC 獅子の帰還 00080

 同じくNTの友人を失った男、カイさん助け舟!

 バナージは真のNT、時さえ操りうると示したも
 箱を用い、反連邦運動したい者達にも
 連邦にも騒ぎの火種になる

 だから公的には死んだ事になってたのか

父と子と
 NTで生存は解ってるも、何故あんな描写なのか
 等、リディ視点から「UC後」を辿り
 腑に落ちる外伝でした

 パイロットをやりきり政界へ転身!!

 2022年予定、UC2へプロローグ的な感じも

機動戦士ガンダムUC 獅子の帰還


※話数 正式サブタイありません便宜名です

・あらすじ
  …ガンダムUCから半年
・第1話「ラプラス宣言」
  …ミネバ演説、その影響
  …連邦とジオン共和国、微妙な関係
・第2話「誰も見ていない」
  …リディ、帰還が与えた戦略的影響
  …バナージ帰還せず

・第3話「フリー・ジャーナリスト」
  …宣言から半年、ミネバ演説の影響
  …彼女が共和国に身を寄せた訳
・第4話「先輩風」
  …バナージが消えた理由
  …リディ、リゼル無双

・第5話「ラプラスの箱を開いた世界」
  …ビグ・ルフ U.C.0096
  …リディの覚悟
・第6話「正々堂々と【最終回】」
  …父と子、再出発

登場メカニック
・RGZ-95C リゼルC型 ディフェンサーaユニット
  …本作での主役機
・MA-05 ビグ・ルフ(?)
  …MSV-R原案、本作オリジナルMA?
・RX-178 ガンダムMk-II
  …本作オリジナル改修機

・あとがき
  …ガンプラ世代の叫び
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・6/6ページ目へ

※過去記事一覧ページ

あらすじ
ラプラスの箱の祈り「NTの政治参加」

ガンダムUC 獅子の帰還 00093

 リディは後に閣僚入り、祈りを現実にするとか

あらすじ
 ラプラス宣言から半年、リディは中尉に昇進

 ミネバは、メガラニカでジオン共和国に留まり
 バナージが昏睡状態とされる中
 連邦と交渉を行った

 ミネバと連邦はサイコフレーム技術を封印

 だがリディは、カイからバナージ健在と
 彼が「公的に死んだ」理由を聞く

 リディはパトロール任務中に暴走を装い、バナージ健在を確かめた

 彼は軍を退役、初のNT閣僚を目指す【完】

第1話
ミネバ「ラプラス宣言」演説、その社会的影響

ガンダムUC 獅子の帰還 00002

)ミネバ演説より抜粋
 あと数年の内に、ジオンの名を持つ国家は消滅し、ニュータイプ神話も歴史の闇に埋もれてゆくでしょう。それは、よいのです。

 この事実の公表をもって連邦を糾弾し、ジオン再興に結び付ける意思は毛頭ありません。

 もしそのようなことを考えるものが現れれば、ミネバ・ザビの名において粛清する、と宣言しておきます。

 そのようなことではないのです。


ガンダムUC 獅子の帰還 00003
ガンダムUC 獅子の帰還 00004
ガンダムUC 獅子の帰還 00005

 運動家が騒ぎ、0100年代の反政府騒動へ…?

第1話「ラプラス宣言」
 本編でオットー艦長が言った通り「そんな物」

 箱にファンタジーな力なんてないものの

 箱、オリジナル宇宙世紀憲章は社会運動を誘発
 多くは、ミネバの言葉を理解せず
 単なる反連邦騒動へ

 祈り空しく、フロンタルの予想通り

 元々大きな騒動を起こす力はなく
 フロンタルも、ジオン共和国の延命が狙い

 もっと言えば、共和国主導の社会体制を作る為の時間稼ぎ程度がフロンタルの狙い

 ミネバは善意で解放したハズも…

ミネバの狙いは、箱による社会運動ではなく
皆の善意に訴える事

ガンダムUC 獅子の帰還 00007
ガンダムUC 獅子の帰還 00010
ガンダムUC 獅子の帰還 00012
ガンダムUC 獅子の帰還 00013

 袖付きも活動継続、サンボル的なギラ・ズール

箱の影響
 宇宙世紀は善意から始まったとの訴え

 ミネバは箱という物証を通じ、皆に訴えました
 現代からは、棄民と言われようと
 問題を残そうとも

 当時、最善を尽くそうとした結果が「今」

 その善意を、善意に繋げましょう

 百年前、善意を以って未来を馳せたように
 次の百年を善意で迎えようと

 ミネバの訴え自体は平和的でしたが、やはり「反連邦」を再燃させていく事に

 ちゃんと受け取った人もいるでしょうけど…

ミネバは木星に行ったと噂も、ジオン共和国へ
何故なら、特殊な地域である為

ガンダムUC 獅子の帰還 00014
ガンダムUC 獅子の帰還 00015
ガンダムUC 獅子の帰還 00019
ガンダムUC 獅子の帰還 00023

 作画ミスなのか、コロニーに「窓」がある

ジオン共和国
 ジオンは地球圏で唯一の独立国家

 本作では、その独立性を高く描写し調査が不能
 現在、ミネバがいると公然の秘密も
 確かめる術がない

 連邦は国境パトロール強化で対応

 何せ、艦隊旗艦ゼネラル・レビルを投入
 本気どころの話じゃない!

 この頃の上位巡洋艦クラップ級でも、MSは6機

 対し48機ものMSを搭載できる!!

反政府組織の根城になる事も考えパトロール中
連邦MSが一機、強引に離脱した

ガンダムUC 獅子の帰還 00026
ガンダムUC 獅子の帰還 00027
ガンダムUC 獅子の帰還 00028

 機体はリゼルC型 ディフェンサーaユニット

リディ出奔
 後にガンダムNTで活躍のイアゴ隊長

 彼の隊に、配属されたばかりのリディが離脱
 共和国の国境線に向かう暴挙!!
 帰還と逆!?

 獅子は帰還し、リディが出奔!!

 国境線で、勝手に亡命するような事案
 国際問題だよ国際問題!!

 ただ当然、ジオンもトラブルは嫌なので「撃墜」が普通

 自殺行為でしかないハズなのね

リディの想いは一つ
UC最終回の後、彼はネェル・アーガマに戻った

ガンダムUC 獅子の帰還 00029
ガンダムUC 獅子の帰還 00030
ガンダムUC 獅子の帰還 00031

 その為「バナージがどうなったか」知らない

獅子の帰還
 リディはミネバ達のところに向かいたかった

 しかし当時、ユニコーンが結晶化現象を起こし
 単騎で、ゼネラルレビルMS隊を停止
 戦慄させました

 バンシィは連邦に戻らねばならない

 両方ミネバが抑えた場合
 連邦は、奪還に無理やり動く他なくなる

 メガラニカも離脱中、生身で追える訳もなくて

 ここでも少尉は断腸の思いだったのね

 止まるしかねえぞ…!!

第2話
リディ回想、帰還後は中尉に昇進させられた

ガンダムUC 獅子の帰還 00032
ガンダムUC 獅子の帰還 00033
ガンダムUC 獅子の帰還 00034
ガンダムUC 獅子の帰還 00035

 NTでお馴染みマウリ中将、リディを中尉へ

第2話「誰も見ていない」
 出世させられ無罪放免。実家の差し金かと…

 迎えに来た姉・シンシアに苛立つリディ

 しかし軍は、バンシィを持ち帰った功績と評価
 また、リディはバナージと戦い
 抑え込む事が出来た

 彼の存在は、今や冷戦期の核兵器と同じ

 単に親の差し金と思うようでは子供だ

 冷戦期、全面戦争にならなかったように
 ユニコーンは恐怖の象徴!!

 本作は全一巻を通じ「獅子が帰還した影響」を描いていくんですね

 乗りこなせるリディは唯一無二になったと

再び現在、領海の向こうへ行かせてはならない
渡られたら連邦では追跡不可!!

ガンダムUC 獅子の帰還 00036
ガンダムUC 獅子の帰還 00037
ガンダムUC 獅子の帰還 00038
ガンダムUC 獅子の帰還 00039

 作画ミスか、スタークの胸部砲が発砲

リディ出奔
 リディは「ユニコーン」を理解してなかった

 彼を通じ、UC後の位置付けを描く物語であり
 また、バンシィに乗り慣れた今
 特殊MSでも余る!!

 高難度MS、リゼルC型が物足りないリディ

 今や彼は、イアゴ隊を単独で敵に回し
 翻弄するほどの腕前に!!

 元々敏腕だし、NT化で更に脂がノッたな!

 無論イアゴは直撃を避けてますし、NTでのシェザール隊と同一かは不明

 イアゴ以外は一人も登場してません

リディの父、曰く「シンギュラリティ・ワン」
ユニコーンは技術的特異点

ガンダムUC 獅子の帰還 00040
ガンダムUC 獅子の帰還 00041

 リディもUC最終、直感的に感じた

ニュータイプ
 彼自身がNTに開花したから解った事

 当時、バナージとユニコーンは完全に一体化し
 死者、フェネクスとも違う
 新種の生命体へ

 文字通り「ニュータイプ」化

 だから当時、リディが必死に呼びかけ
 人間に引き戻しました

 ニュータイプという概念がある、それだけで「人は進化できる」って希望になる

 ホントに進化しなくてもいいんだよって

連邦は脅威と見ていた
だがリディ、バナージはもう戻ったと反論

ガンダムUC 獅子の帰還 00042
ガンダムUC 獅子の帰還 00043
ガンダムUC 獅子の帰還 00044
ガンダムUC 獅子の帰還 00045

 だが父曰くバナージ帰還は誰も見ていない

バナージ帰還せず
 ここが今回の鍵なのね!!

 獅子、バンシィの帰還で全面戦争は避けられた
 また、バナージが顔を見せない訳は
 公的に「未帰還」の為

 彼が消えれば、全て丸く収まるから

 バナージが、もし再び融合体と化せば
 今度は何が起こるか?

 その恐怖を消す為、意図的に姿を消してるのか

 それでNTでも、妙に伏せられてた訳ね

第3話
連邦とミネバ、サイコフレーム技術封印で一致

ガンダムUC 獅子の帰還 00046
ガンダムUC 獅子の帰還 00047
ガンダムUC 獅子の帰還 00048

 技術封印で起こった事件が「Twilight AXIS」

第3話「フリー・ジャーナリスト」
 僅か二機で、コロニー・レーザーを止めた

 また、時間をも操ったという物証を残した事で
 ユニコーン、サイコフレームは封印
 連邦は技術封印を実施

 リディは「保険」として重要な存在に

 連邦側も、バンシィとリディがあったから
 取引が成立したと

 もし戦争になれば、何が起こるか解らないから

 後にスピンオフ技術こそ登場するものの

 つくづくアブなすぎる技術ですもんねえ

自身の負う重さ、ミネバの地球圏残存も知った
リディは「友人」と会食を持つ

ガンダムUC 獅子の帰還 00049
ガンダムUC 獅子の帰還 00050
ガンダムUC 獅子の帰還 00051

 すっかり仲良しになったアルベルトである

AE社重役・アルベルト
 バナージの異母兄、乳好み父殺しの男

 なんですが特に原作小説、時に主役的に描かれ
 苦悩しながらも、立派に成長を果たし
 非常に万能な立ち位置に

 メガラニカ、ミネバは共和国だと暴露

 連邦は「木星圏に去った」と喧伝しており
 実際、多くは信じてます

 でもジオンにいけば公然の秘密だそうな

 何せもうデカいから!

 隠しようがないよお爺ちゃん!

ミネバは、箱による政治闘争に利用されている
だが、彼女自身が望んだ事だ

ガンダムUC 獅子の帰還 00052
ガンダムUC 獅子の帰還 00053
ガンダムUC 獅子の帰還 00054
ガンダムUC 獅子の帰還 00055
ガンダムUC 獅子の帰還 00056
ガンダムUC 獅子の帰還 00057
ガンダムUC 獅子の帰還 00058
ガンダムUC 獅子の帰還 00059

 ミネバは「箱を開けた責任」を全うしている

モナハン・バハロ
 箱で政治運動をしようって奴らが共和国に集結

 箱解放が、起こす悪影響をも懸念したミネバは
 元凶、フル・フロンタルを作った男
 モナハンの牽制へ

 そしてバナージは「未帰還」だと

 モナハンは、元々箱を開けるつもりでした
 彼が宣言を悪用すると解ってた

 政治的に安全、問題を見張っておく事も出来る

 ジオン駐留は、ミネバなりの最善なのね

 結果モナハン支持者が増えるとしても

再び現在、そうした「ごちゃごちゃ」の中で
リディはジオン共和国へ

ガンダムUC 獅子の帰還 00060
ガンダムUC 獅子の帰還 00061
ガンダムUC 獅子の帰還 00062
ガンダムUC 獅子の帰還 00063

 待って!? 共和国はムサカ級持ってんの!?

ネオ・ジオン主力巡洋艦ムサカ
 シュツルム・ディアス、ハイザック・カスタム

 ジオン共和国も、沿岸警備隊を出撃させて防空
 当時、連邦はティターンズの悪評から
 開発MSを全面排除

 退役したハイザックは共和国へ

 この流れは、アニメ化の際にカットされたも
 ガンダムUC原作にあったもの

 加えてZZ、また「リック・ディアスはコロニー防衛軍に払い下し」設定を踏まえて

 Z、ZZ、逆シャアの兵器が入り乱れておる!!

アルベルトは変わった、マリーダが見せたもの
血筋など些細だと理解した

ガンダムUC 獅子の帰還 00064
ガンダムUC 獅子の帰還 00065
ガンダムUC 獅子の帰還 00066
ガンダムUC 獅子の帰還 00067



 混沌とした状況、福井氏名物カイ・シデンが!!

2022年ガンダムUC2
 福井氏は隙あらばカイを出すな!!

 アルベルトの行動原理は「全面戦争」の阻止

 箱開示は、宇宙と地上の全面戦争を再び招くと
 UCで、ミネバは軟着陸を示すも
 悪用が続いている

 元より宇宙と地上の軋轢は続いてる

 箱は「きっかけ」になりうる

 ガンダムUC2は制作発表済み
 本作は、その先触れを描く意味もあるのかも

 鉄血の第1期が顕著ですが、物語のハッピーエンドが社会情勢を不安にすることもある

 UC、ラプラス事件もそうだったのかも

第4話
バナージは生きている!が、消えねばならない

ガンダムUC 獅子の帰還 00068
ガンダムUC 獅子の帰還 00069
ガンダムUC 獅子の帰還 00070
ガンダムUC 獅子の帰還 00071

 当初、ただのジャーナリストと思ったらしい

第4話「先輩風」
 現在のリディは、Zでのアムロと同じ

 軍で飼い殺しにし、有事に備える決戦兵器扱い
 ただし、バナージは「野放し」な上
 袖付きの本拠地にいる
 
 彼は「ミネバ同行」を選んだ時点で消えた

 ミネバ、リディを巻き込まない為のデマ

 バナージが健在なら
 ジオン主義者は、ミネバに戦えと迫る

 彼の力で連邦を倒せ、と扇動されミネバが危険

 また、連邦だって対抗戦力が必要になる

 リディも飼い殺しじゃすまない

ミネバを守り、リディを巻き込ませない選択
バナージは自ら消えた

ガンダムUC 獅子の帰還 00072
ガンダムUC 獅子の帰還 00073
ガンダムUC 獅子の帰還 00074

 リディ十八番「それで言い訳できるだろ!」

遠近問わず 
 再び現在、リディ無双!!

 手足を奪えば、敵も「逃げる言い訳」が出来る
 敢えて、敵を殺さないようにしつつ
 複数の敵を圧倒

 狙撃手に、撃たれる前に狙撃する荒業!!

 敵は旧式、とリディは己を卑下しますが
 ニュータイプならでは!!

 リゼル「強襲仕様」も本懐を果たしてますわ

 MS作画にまたも漂うサンボル感!

リディが「飛行機」に抱く夢
彼は力に憧れた、憧れたから解ったもの

ガンダムUC 獅子の帰還 00075
ガンダムUC 獅子の帰還 00076
ガンダムUC 獅子の帰還 00077

 リディといえば飛行機、飛行機のお守り

ニュータイプ
 窮屈な家で育ったからこそ自由に憧れた

 バナージの父、サイアムもパイロットでしたが
 案外、似た想いだったのかも。
 とまれ「力」に憧れた

 憧れたから「でも限度がある」と続くのね

 対し『人がそんなに便利になれる訳ない』

 カイが言ったのは、彼が憧れるセイラの台詞
 当時確かにそう思った

 でも世代を重ね、本当に「人が便利になれる時」が訪れてしまった

 だからカイには他人事じゃないのね

バナージは、“人が便利になれる時代”を拓いた
その落とし前をつけようとしている

ガンダムUC 獅子の帰還 00078
ガンダムUC 獅子の帰還 00079
ガンダムUC 獅子の帰還 00080

 カイは自分をリディに重ねたのか!!

先輩風
 リディはバナージを助けたい

 対しカイは、同じようにアムロがやらかした
 悪く言えば、何も出来ませんでした
 過去は取り返せない

 だから若者に託すんですね

 カイは今も昔に斜に構えた男です
 対しリディは、真っ直ぐに友達を想ってる

 出来なかった願いを若者に託す…!!

 彼が吹かした先輩風、意外な共通項がカッコ良かった!

 本当、カイさんは色んな側面を持っていますわ

つまりリディ出奔はバナージ生存を確かめる為
カイの入れ知恵だった

ガンダムUC 獅子の帰還 00081

 親方!ジオン共和国秘蔵の丸秘・秘密兵器が!!

リディの作戦
 無謀な出奔は「メガラニカ強襲」

 共和国は旧式、袖付はミネバと折り合いが悪い
 また、ミネバに同行したメンバーには
 MS乗りは殆どいなかった

 メガラニカ直衛、必ずバナージが居る!!

 と思ったかバカめ!!
 
 このジオン共和国には「意地」があるッ!!
 まだ秘密兵器があったのね!!

 MSがダメでもMAなら話は別

 旧式だろうと推力、出力に限ればMSなんて丸めてポイな高性能機!!

 しかも現地改修してやがったよ…!! 

第5話
ビグ・ルフ!いや、ちょっと違う?のか?な?

ガンダムUC 獅子の帰還 00082
ガンダムUC 獅子の帰還 00083
ガンダムUC 獅子の帰還 00084

 敵は「ウインド」隊、UCの風の会

第5話「ラプラスの箱を開いた世界」
 原型はMSV-Rの「ビグ・ルフ」

 IGLOOのビグ・ラング同様、追加パーツと連結
 大胆にも、重巡洋艦ザンジバルを転用
 出力と推力を強化!!

 ビグロ、薙ぎ払うが如き大出力ビーム!!

 がハイパー・ビーム・サーベル炸裂!!

 リゼル、a装備を「近接用」たらしめる武器
 ZZの代名詞じゃねーの!!

 通常比50%増しのサーベルでぶった切った!

 リディ中尉ってば男前!

リディは、ヘリウム3のガスタンクに照準
点火すると脅す

ガンダムUC 獅子の帰還 00085

)リディ
「ラプラスの箱」を開いて あるべき未来を取り戻す…

 それだけのはずがこんなことになっちまった

 この世界は本当にどうしようもない……


 でもそれでもお前は帰ってきた……


ガンダムUC 獅子の帰還 00086

 ガンダムUCはハッピーエンドにならなかった

可能性
 物語の上ではハッピーエンド

 でもそもそも、その後の歴史は不安な政情です
 続き、先を描いて行くというなら
 どうしてもこうなる

 でもこの世界には可能性がある

 バナージが「完成品」にならず
 人に戻った事は、まだ可能性があるという事

 思うにアレとは違う、人が人のまま進化できる道もあると示した

 リディはそう信じたいんですね

リディはまだ可能性があると信じたい
だが、バナージが廃人となってしまっていたら

ガンダムUC 獅子の帰還 00087
ガンダムUC 獅子の帰還 00088
ガンダムUC 獅子の帰還 00089
ガンダムUC 獅子の帰還 00090

 ビーム・マグナムを携えたガンダムMk-II!

バナージの帰還
 今回リディは自殺を覚悟

 自ら決断、人に戻ったバナージが消えるような
 そんな、救いのない世界ならば
 価値がないという事か

 パイロットとしてのケジメ

 連邦はバナージが死んだと考え
 リディを抱え込む事で、優位を握っています

 自分が優位と考え、連邦が何をするか解らない

 その牽制も込めての自害発言…?

第6話【最終回】
ミネバと新しい誓い、必ず再び会うための別れ

ガンダムUC 獅子の帰還 00091
ガンダムUC 獅子の帰還 00092
ガンダムUC 獅子の帰還 00093
ガンダムUC 獅子の帰還 00094
ガンダムUC 獅子の帰還 00095

『男と見込んだ… ミネバを頼むぞ バナージ……(リディ』

第6話「正々堂々と【最終回】」
 リディの決意はミネバ達にも伝わっていました

 バナージは一言も喋らぬも、お守りを貰い受け
 ミネバは、正々堂々と会いましょうと
 互いに目標を設定

 互いに不本意、変えていこう

 ミネバとて、現状にリディに劣らず不満で
 最善を尽くし続けてるのね

 かつてジオン公国は、連邦から独立・対等になる為に独立戦争を選びました

 今度は、話し合いできるようにという想いか

リディは「パイロットとしての限界」を知った
軍を辞め、政界進出へ

ガンダムUC 獅子の帰還 00096
ガンダムUC 獅子の帰還 00097
ガンダムUC 獅子の帰還 00098
ガンダムUC 獅子の帰還 00099

 軍人から政治家へ、シャアを彷彿とさせます

軍引退
 ただシャアは「本業パイロット」として

 あくまで、アムロと雌雄を決し本懐を果たす
 シャアは、手段として政治家になり
 リディは本心から目指す

 彼はより良い未来の為に歩くのね

 父も政治家の思考を持てと助言

 今回の騒動、連邦はリディを暴走癖と考え
 バンシィから降りる事を許可

 結果1号機も2号機も、パイロット不在になったとバランスがとられる事に

「暴走」した事で、自由になれたのか

政治家として、正当な手続きで世界を変える為
次は対等に出会う為に

ガンダムUC 獅子の帰還 00100
ガンダムUC 獅子の帰還 00101

 リディ、政治家として再出発エンド

未来の連邦首相として
 元々実家が嫌で、逃げ出したリディ

 更に実家が、初代首相の父を殺した家系と知り
 実家こそ「ラプラスの箱」を隠蔽
 実家の悪辣さに苦悩

 でもこの家系だから出来る事がある

 リディは家も、己に流れる血も認められたのか

 今度は現状をありのまま認め
 正当な手段を用い、犠牲を抑えて変えていく

 単なるパイロットに出来ない、マーセナス家だから出来る事をしていくんでしょうか

 リディらしい再出発が素敵な章だった!!

メカ解説は未掲載
リディの乗機は、彼の初期機体のハイエンド版

ガンダムUC 獅子の帰還 00126

 MGのみキット化されたaユニット装備

RGZ-95C リゼルC型 ディフェンサーaユニット
 連邦旗艦ゼネラル・レビル配備型

 可変機は可変前後で、操縦感覚が変わるのが
 そこで、常にMSの操縦感覚で操れる
 画期的なOSを新開発

 誰でも操れる量産型ゼータとして完成

 対しC型は、リミッターを解除

 前述のOSサポートも切り
 誰でも使えるよう、抑えていた性能を復活

 更に(こう見えて)近接戦用のaディフェンサーを装備

 今回、リゼル最高峰を駆っていたんですね

劇中は「上にのせていた」も
実はディフェンサー型は、懸架ラッチがない

ガンダムUC 獅子の帰還

 機体の背に「掴まる」部分がない

強襲型リゼル
 リゼルの長所は「乗り物」にもなる

 その為、SFSの代わりも出来るとの売り文句で
 実質的な、コストダウンも推し進め
 量産にこぎつけました

 対しディフェンサーは懸架不能

 リゼル単独部隊を想定した装備

 リゼルだけの隊で強襲をかける
 宙間強襲型でした

 b型はメガ・ランチャー二本で長距離支援

 対しリディのa型は、ミサイルで近・中距離を制圧。ハイパーサーベルで敵を討つ

 前衛用として開発されたディフェンサーでした

本作オリジナル・モビル・アーマー!
MSV-Rのビグ・ルフか

ガンダムUC 獅子の帰還 00082

 ブースター代わりに重巡洋艦ザンジバルを連結

ビグ・ルフ U.C.0096
 ビグロは追加ユニットが多数存在

 有名なビグ・ラングは、移動拠点化する重装備
 ビグロは、高い推力を備えていた上
 多少は量産されていました

 その為か追加装備プランが複数存在

 本プランは推力と出力を強化

 ビグ・ルフは下部が対艦ミサイル
 敵艦目前で、ミサイル誘導する発射台でした

 対し本機は、ビグロの長所を伸ばす為の追加ユニットなんですね

 辺り一帯を薙ぎ払う超高出力を実現しました

黒いシルヴァ・バレトの前身
本作オリジナルで、謎の「ガンダムMk-II」登場

ガンダムUC 獅子の帰還 00089
ガンダムUC 獅子の帰還 00090
ガンダムUC 獅子の帰還 感想

 肩ごと右腕がドーベン・ウルフに換装

RX-178 ガンダムMk-II(バナージ機)
 バレトにも使えない、予備部品の流用なのか?

 設定未掲載も、黒シルヴァ・バレトの原型らしく
 同じく、メガラニカ搭載機と思われる
 マグナム対応改造機

 肘を二連化して補強

 ムーンガンダムにも、Mk-II系列が登場など
 福井氏マイブームなのか

「ガンダムタイプを出す」アイデアから、問題なさそうなMSとの判断か?

 旧式なのでテスト機に丁度良いですし

あとがき

ガンダムUC 獅子の帰還 00102
ガンダムUC 獅子の帰還 00001

 最初の1/144ガンダムは、腕の付け根が難点

 先生、接着剤をうっかり塗りすぎて
 腕をダメにした口らしい
 スゲーわかる!

 いや何歳ですかこの先生!?

収録
 コミックス「機動戦士ガンダムUC episode EX2 獅子の帰還 全1巻」。
 原作:福井晴敏、漫画:玉越博幸
 月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行。
 2020年7月発売

機動戦士ガンダムUC 獅子の帰還
※話数 正式サブタイありません便宜名です

・あらすじ
  …ガンダムUCから半年
・第1話「ラプラス宣言」
  …ミネバ演説、その影響
  …連邦とジオン共和国、微妙な関係
・第2話「誰も見ていない」
  …リディ、帰還が与えた戦略的影響
  …バナージ帰還せず
・第3話「フリー・ジャーナリスト」
  …宣言から半年、ミネバ演説の影響
  …彼女が共和国に身を寄せた訳
・第4話「先輩風」
  …バナージが消えた理由
  …リディ、リゼル無双
・第5話「ラプラスの箱を開いた世界」
  …ビグ・ルフ U.C.0096
  …リディの覚悟
・第6話「正々堂々と【最終回】」
  …父と子、再出発
・RGZ-95C リゼルC型 ディフェンサーaユニット
  …本作での主役機
・MA-05 ビグ・ルフ(?)
  …MSV-R原案、本作オリジナルMA?
・RX-178 ガンダムMk-II
  …本作オリジナル改修機
・あとがき
  …ガンプラ世代の叫び

※トップに戻る

機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想 2016年春、夏アニメ 4月~9月

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」


 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 1巻“シナンジュ・スタイン”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 2巻“グローブの悲劇”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 3巻【最終回】

機動戦士ガンダムUC バンデシネ 感想 漫画

 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 9巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 10巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 11巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 12巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 13巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 14巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 15巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 16巻“それがラプラスの箱だ”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 17巻“最終回 可能性という名の神を信じて”


 機動戦士ガンダムUC 第11巻“戦後の戦争/不死鳥狩り”
 機動戦士ガンダムNT
 機動戦士ガンダムNT 小説版“サイコフレームの真実”
 機動戦士ガンダムNT 1巻“ナラティブガンダム”
 機動戦士ガンダムNT 2巻“不死鳥狩り作戦”
 機動戦士ガンダムNT 3巻”バンシィvsフェネクス”

機動戦士ガンダムUC episode EX2 獅子の帰還 感想




 機動戦士ガンダムUC episode EX2 獅子の帰還“UCとNTを繋ぐ物語”



















 機動戦士ムーンガンダム 1話“アムロが墜としたガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 1巻“ガンダムの共鳴”
 機動戦士ムーンガンダム 2巻“月のガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 3巻“第1部完”サイコ・プレートの正体
 機動戦士ムーンガンダム 4巻“ニュータイプの薬”
 機動戦士ムーンガンダム 5巻“ジオニズムの忘れ形見達”
 機動戦士ムーンガンダム 6巻“敵はアムロ・レイ”
 機動戦士ムーンガンダム 7巻“第3章”虹色の旅立ち”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング