試し読み 双亡亭壊すべし 18巻 感想
 藤田和日郎 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
決戦、双亡亭・母屋侵攻!!
アウグスト博士、囚われていた「線」の過去

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00072
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00071
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00033
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00048

 答えを握る泥努に会う!! 残花の決意が勇ましい

 答えの為に、今は責任も全て投げ捨てて戦う様
 誰より、責任感が強い彼だからこそ
 責任を先送る決意が熱い!!

 逆に博士は、きっと娘を見捨てられなかった…

トラヴィス・アウグスト博士
 幼少から苛む「線」から、己が開放されるより
 娘の真意、自身の罪を知った今だから
 娘に付き合ったのかなって

 せっかくの「嬉しい言葉」も振り切った

 彼も残花も目的が明確。

 でも責任の取り方が、好対に感じました

双亡亭壊すべし 18巻 感想


・あらすじ
  …残花と宿木、二つ時代の軍人たち
・第169話「進攻 第二班」
  …アウグスト博士の泣き所
  …マーグ夫妻の頼み事
・第170話「ナンシー」
  …ナンシーとグラハム
  …怒りの訳
・第171話「ウェルドン館の記憶」
  …アウグスト博士、原点
・第172話「「線」の向こう側」
  …博士、たった一言の本音
  …たった一言の救い

・第173話「外套を脱ぐ残花」
  …メアリー
  …残花、垣間見せる本音
・第174話「残花剣」
  …波間の月を盗む可し
・第175話「地獄に於いて待機せよ」
  …残花の罪

・第176話「青一 対 個体型侵略者」
  …宿木の告白、彼女を追い詰めるもの
・第177話「爆破阻止行動」
  …ヤドさん敗北宣言
・第178話「ホータイサン ノ タタカイカタ」
  …青一の工夫

・あとがき
  …次巻は「含み笑いの主」と対面
・アニメ版 からくりサーカス 感想
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・4/4ページ目へ

※双亡亭壊すべし感想記事一覧

※アニメ版からくりサーカス感想一覧

あらすじ
博士は研究者、そこに「線」がないと知っている

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00030
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00031

 頭で解って、心が望む。切ない

あらすじ
 双亡亭爆破、もしくは絵の完成で地球は終わる

 二手に別れ、両班にタコハと帰黒を同行させて
 一行は、双亡亭母屋に侵入
 絵の破壊を急ぐ

 だがアウグストは娘メアリ―と相討ち

 ジョセフィーンは、グラハム撃破へ孤立
 娘メアリーの絵と対峙

 残花は残花班を撃破、宿木は森田と対峙する

 青一もニバンとサンバンを撃破も…?
   
※トップに戻る





第169話
二班に別れ、双亡亭攻略も最終局面へ!

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00003
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00004
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00005
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00006

 敵はお馴染み“残花班”、いよいよ決着だ!!

第169話「進攻 第二班」
 前巻ラスト、ちらりと描かれた通り

 双亡亭破壊の鍵、画家タコハ・絵具カエリクロ
 二人が、自我を持った状態でコピーされ
 敵をかく乱する寸法

 姉妹の術なのか?一切が謎

 姉妹の術にしては、高度過ぎる事や
 単なる攪乱なのか等々

 気になるものの今巻は謎なまま

 集合絵…、再会できるのかなあ……。

壁にかけられた「連作」
マーグ夫妻は、これを見て覚悟を固めていた

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00007
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00008
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00009
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00010

 確かな理性、ジョセフィーン…。

君が私達を殺してくれ
 託す際、逃避した心でなく「理性」で願ったか

 壁の連作は、絵に取り込まれたアウグストの
 博士は、娘が敵になる覚悟をしたも
 夫妻は駄目でした

 愛娘メアリーが出現すれば負ける

 私達は駄目だ、その時は殺して

 マーグ夫妻、特に旦那は状況分析が得意で
 よく博士をからかってます

 だからこそ「自分達はダメだ」と言い切れる

 希望的観測はしない、哀しいね…。

第170話
娘ナンシー、助手グラハム。著しい怪物化!

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00011

)トラヴィス・アウグスト博士
 働くのがイヤだった…
 だと?

 小娘との交際を認めてくれなかったからいや…?


 努力して自身を高めるのがイヤだっタだと…?

 バカめ……

 ソレだからキサマらはダメなのだ!!

 だからキサマらは

「線」の向こうに行けないのだ!


双亡亭壊すべし 18巻 感想 00012
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00013
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00014

 二人分のリバーサーで、新型と拮抗する

第170話「ナンシー」
 我知らず、自身の原点「線」を思い出す博士

 侵略者化の二人は、認めてくれなかったと激怒
 が、むしろその軟弱な姿勢こそ
 博士に火を点けた!!

 負けられる訳ないよ!この人!

 二人とて嫌になるほど努力

 客観的に見て博士はヒドい
 特にナンシー、幼少期どれほど歪んだか

 ただ博士自身が、幼少期にとびきり「歪んだ」

 彼は親、指導者失格ではあるのでしょう

 でももう思いやりしか感じませんわ

第171話
幼少期、博士の父は悪霊館の調査へと向かった

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00015
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00016
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00017

 際し設定したのが、線だったのか

第171話「ウェルドン館の記憶」
 母が夭折し、父とは別居だったが大好きだった

 その父こそ、博士の手厳しさの原点でもあった
 線の先、特別な場所へ立つには
 相応の能力が要る

 だから博士はがむしゃらに学ぶのか

 実際、12歳のトラヴィス少年は
 怪奇現象だと妄言

 そんな知識が足りない人間が、現場にいても邪魔になるだけだから。

 父の言葉は、とてもとても正しいと思います

だが父は行方不明となった
事件一か月後、ようやく調査班が伝えた最期は

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00018
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00019
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00020
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00021

 父は「異変」を知らせる笛を鳴らし続けた

12歳の決意
 だが扉は開かず、開いたら惨状だったと

 多分父は、助けてと必死に呼び続けていたのか
 この事件、調査班にも詳細は解らず
 少年は調査を決意

 必死に勉強し「博士」になった

 事件後、現場には入れたものの
 本当に何も解らなくて…

 父こそ霊的現象は科学で解明できると豪語し「こう」なった

 それらが「彼」を決定付けたのか

アウグストは、この原点をすっかり忘れてた
今、何故思い出したのか

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00022

 弟子グラハムは、ジョセフィーンが請け負う!!

真っ向勝負の果て
「線」を思い出したのはタコハの言葉

 もう一つは「認めろ」と迫る娘たちへの怒りか
 日頃、研究魔な姿から解る通り
 研究に果てはない

 認めろ?バカを言うな

 博士自身、いわば走り続けるランナーで
 審査員ではないのですから

 だからと娘、弟子への仕打ちは酷いけれども

 でもテストで満点でも未熟でしかない

 部下も望んでこの道に来たと思った

 ゴールって概念が違い過ぎたのね

第172話
ようやく知った、哀しいまでの価値観の違い

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00023
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00024
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00025
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00026
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00027

 娘は窮屈で、ただ楽になりたかった

第172話「「線」の向こう側」
 だって幼少期から、しごかれ続けたから!!

 娘ナンシーのゴールは、社会的な成功にあった
 辛くて、休める場所が欲しかったのか
 研究者になれば休めると

 二人で「研究者」への価値観が違った

 娘は「社会的地位」として求めてた

 博士は逆で、認めてくれる他人などいない
 研究に果てはないと悟った

 博士はゴールを目指した事で、ゴールがないと悟ってしまったのか

 博士のせいでもあるも、あんまりな違いだ!!

価値観を押し付けすぎた
本音を知った博士は、娘との心中を選ぶ

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00028
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00029
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00030
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00031

 博士、たった一言の本音

知ってはいても
 頭では解っているんです

 でも彼の原点は、ただこの一言にあったから
 彼は、答えが出ない人生を選んだ
 閉塞感しかない

 唯一、解放してくれる父もいない

 かといって自分で、自分を認めてやるにも
 学究の深さを知りすぎた

 彼は頑張りすぎて、どこにもいけなくなってしまったのか

 そんなひどい話があるもんかよ! 

だがようやく見た気がした
多分「彼が、彼を誉めてやれる線」を

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00032
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00033

 なんて嬉しそうにそれを言うのかね…

線の向こう
 博士、娘と心中…?

 タコハの言葉が、彼の新しい「線」になって
 博士も、館には心が挫けかけました
 館は彼でも壊せない

 思うにだから壊せれば許せる

 作中辛かったからこそ
 きっと、館は「線」に足るものになった

 タコハの言葉が、初めてゴールを見せてくれたのか

 だからずっと頑張って来たんでしょうか

第173話
リバーサーvsジョセフィーン!そもそもの相性

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00034
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00035
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00036
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00037
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00038

 愛娘の「絵」に、マーグ夫妻は…? 以下次巻

第173話「外套を脱ぐ残花」
 実はリバーサー、ジョセフィーンに相性最悪

 彼女は、能力発動に強い磁場を発生させる
 リバーサーが捻じ曲げられてしまい
 一方的な決着に

 が、曰く「勝てない敵」に夫妻は…?

 ただ、愛娘を殺す覚悟をしていた博士は
 心中の道を選びました

 ならマーグ夫妻は逆? それとも博士が救援に駆け付けるか?

 圧倒する様、かつてない迫力だった!

民間人まで殲滅しようと迫る残花部下、井郷班
帝国軍人に二言はない!

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00039
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00040
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00041
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00042
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00043

 伍分待て。この背中の男らしさよ

闊達(小事に拘らない事)
 でも寸前、確かに少尉は本音を呟いた

 今、勝利は決定事項だと精一杯に鼓舞しつつも
 共に行動し、現代を少しだけ羨んだ
 残花さんにもそんな面が…

 帝国軍人は生真面目、二言がない

 二言がないから。
 伍分で勝つ、何気ない言葉も絶対の約束

 でもそんな生き方を辛くも感じるのか

 少尉、現代は闊達=融通がきいていいなあって

 頑固に過ぎると解ってはいるんですね

第174話
劣勢一転、まるでいつも通りに歩いてゆく残花

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00044

)残花
「歩み」は普段通り…

 速くすれば心が慌てる

 遅くすれば 臆する心が生まれる…

 故に常の如く。


 心は水の如く平静…

「目付」は遠く 山を見るが如し… 周りの状況を感知せんが為。


双亡亭壊すべし 18巻 感想 00045
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00046
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00047
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00048

 彼の剣は、曰く「波間の月」を盗む可し。

第174話「残花剣」
 攻撃が当たる、当たらないの範囲は常に変わる

 さながら波間に浮かぶ月のように、常に変わる
 敵の間合い、波間の月を「盗む」
 これが肝要なのね

 霊水を鞘に入れ、居合で圧倒する残花

 刀が霊水に濡れた、一太刀目ずつしか
 敵の致命傷とならないのか

 あまりに残弾の乏しい、ぎりぎりの戦闘法

 それで今までは様子を探ってたのね

第175話
軍人に二言はない、約束した残花に戦死は無い!

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00049
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00050
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00051
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00052

 でも井郷達も、確かに「大切な人」だった

第175話「地獄に於いて待機せよ」
 そも残花こそ、由太郎=泥努への私情で動いた
 
 己の過去を忘れられず、部下を壊滅させた責任
 対し井郷も、本来「過去」を大切に
 己を律してきた男

 井郷は過去を捨て、自由になった

 過去は辛い、それはアウグスト博士が典型か
 過去なんて捨てるが一番

 でも過去こそ、自分を「自分」たらしめる大切な一部分だとも思いますから

 今の井郷は、博士と好対に感じます

この戦いはケジメ
霊水を失い、なおも残花は戦い続ける

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00053
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00054
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00055

 いつか詫びに行くから「待機」していろ

地獄で待機!!
 残花も過去に縛られ、不利な闘いをした

 でも部下全滅へ、ケジメを果たさずにいられず
 また、由太郎に友情を感じるから
 質さず居られない

 過去を捨てた井郷に、過去を背負って勝利!!

 剣と剣、作画も息詰まってた!
 藤田先生すげえなあ!

 また責任感の強い残花が、責任を捨ててまで質したいから前へ進む

 井郷にも、それは伝わったんでしょうか

第176話
ようやく告白した宿木!だが彼女の「縁者」が

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00056
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00057
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00058
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00059
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00060

 最期に正気に戻った井郷、いいエールだ…

第176話「青一 対 個体型侵略者」
 ようやく部下の子孫だ、と告白した宿木中尉

 残花は消耗が激しく、置いていく事になった為
 これが今生の別れかもしれず
 告白ができたのか

 が、次は元部下・森田襲来!!

 登場当初、強面の宿木・ニコニコ森田
 二人は良いコンビでした

 ヤドさんが怖い分、モリさんが良い人に見え「話しやすくなる」って感じで

 警察にもよくある、相棒だったんでしょうか

部下の爆薬、一トン近くもかき集めていた森田
壮絶な心中に宿木は…?

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00061

 他方青一、録朗の助言で戦術を変更

蠱毒のグルメ
 怪物同士殺し合わせた「蠱毒」の産物

 ニバンとサンバンは、連携戦を得意とする個体
 ニバンは硬く、サンバンは注意力が高く
 常に気を抜けない戦いに

 対し録朗、残花の戦いをテレパシーで伝達

 また今巻、タコハ達は殆ど喋りません
 どちらも陽動なのか?

 次巻、タコハが泥努にバッサリと惨殺も…?

 両方とも偽物で、本物は奇襲中なのか?

第177話
森田はボタンだけでいい、宿木は降参する

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00062
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00063
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00064
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00065

 だが敵もまた、だまし討ちにだまし討ちで対抗

第177話「爆破阻止行動」
 当然、宿木の降参は時間稼ぎの策でした

 叫びが男前!いや、実際これ単体で恰好いいも
 今回、残花が漏らした呟きと好対
 現代は「闊達」だと

 嘘でも騙し討ちでも、守りたい人の為に

 昔の人は、残花たちはそれが出来なかった
 真っすぐ過ぎたから

 ヤドさん、そして同僚の森田はそっくり

 目的の為に手段を選ばないという事

 残花戦と好対な状況ですわ

第178話
ここは悪いところだ、絶対に壊す!青一特攻!

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00066

)青一
 ホソクテ スルドイ。

 スルドイハ カイテンガ ツヨイ。

 マワレ マワレ ボクノ ドリル


 ツキ…… ツキヌケルンダ ツキヌケタ


双亡亭壊すべし 18巻 感想 00067
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00068
双亡亭壊すべし 18巻 感想 00069

 次巻、もみくちゃになったまま続く!

第178話「ホータイサン ノ タタカイカタ」
 残花の戦い方に学び、成長する青一!

 敵が工夫してきたなら、青一もまた成長の時
 残花を真似し、敵の拘束を応用
 敵をまとめて撃破!!

 青一、更なる貫通力の高みへ

 また、細い刃は攻撃範囲が狭い難点も
 ちゃんと解ってるのね

 ツキヌケタ、と言い回しもシンプルで印象的

 でも次巻、タコハが泣き別れ…?

収録

双亡亭壊すべし 18巻 感想 00070




 部下に詫びて進む残花、共に燃え尽きる博士

 罪の意識は同じも対照的でした
 宿木は…?

収録 
 少年サンデーコミックス
 双亡亭壊すべし 第18巻。藤田和日郎
 週刊少年サンデー連載

 小学館。2020年7月(前巻2020年5月)

双亡亭壊すべし 18巻
 あらすじ
 第169話「進攻 第二班」
 第170話「ナンシー」
 第171話「ウェルドン館の記憶」
 第172話「「線」の向こう側」
 第173話「外套を脱ぐ残花」
 第174話「残花剣」
 第175話「地獄に於いて待機せよ」
 第176話「青一 対 個体型侵略者」
 第177話「爆破阻止行動」
 第178話「ホータイサン ノ タタカイカタ」
 あとがき
 アニメ版 からくりサーカス 感想
 これまでの感想

※トップに戻る

※双亡亭壊すべし感想記事一覧
  …2016年連載開始
※アニメ版からくりサーカス感想一覧
  …原作未読。2018年10月~2019年6月

からくりサーカス 感想 2018年10月~2019年 公式ツイッター




 からくりサーカス 第1話「開幕ベル」 月虹
 からくりサーカス 第2話「約束」
 からくりサーカス 第3話「奈落」
 からくりサーカス 第4話「コラン」
 からくりサーカス 第5話「サーカス〜出発」
 からくりサーカス 第6話「地獄」
 からくりサーカス 第7話「Demonic」
 からくりサーカス 第8話「一瞬の始まりと終わり」
 からくりサーカス 第9話「記憶」
 からくりサーカス 第10話「フランシーヌ」
 からくりサーカス 第11話「ファンファーレ」
 からくりサーカス 第12話「「顔無し」司令」
 からくりサーカス 第13話「ルシール」
 からくりサーカス 第14話「夜更けの海」
 からくりサーカス 第14.5話「幕間~そしてまた開幕ベル~」
 からくりサーカス 第15話「はじまりの場所」
 からくりサーカス 第16話「出会い」
 からくりサーカス 第17話「訪れし者」
 からくりサーカス 第18話「微笑」
 からくりサーカス 第19話「影の正体」
 からくりサーカス 第20話「黒い太陽」
 からくりサーカス 第21話「銀色の女神」
 からくりサーカス 第22話「「ハリー」へ向かう!!」
 からくりサーカス 第23話「悪魔再び」、第2期OP「ハグルマ」歌詞、第2期ED「夕立ち」歌詞
 からくりサーカス 第24話「脱出へ」
 からくりサーカス 第25話「モン・サン・ミッシェルにて」、第3期OP「Over me」、第3期ED「月虹 2番」
 からくりサーカス 第26話「アニマル・ショウ」
 からくりサーカス 第27話「転送(ダウンロード)」
 からくりサーカス 第28話「ぶたちゃんはあるいていった」
 からくりサーカス 第29話「しろがねのやったこと」
 からくりサーカス 第30話「Pieta」
 からくりサーカス 第31話「黒の流星」
 からくりサーカス 第32話「暇乞い」
 からくりサーカス 第33話「仲町三人vsレディ・スパイダー」
 からくりサーカス 第34話「背中を守る者」
 からくりサーカス 第35話「抱擁」
 からくりサーカス 第36話「閉幕【最終回】」

※トップに戻る

双亡亭壊すべし 感想

























 双亡亭壊すべし 1巻“壊れずの家”。
 双亡亭壊すべし 2巻“<双亡亭>進入”
 双亡亭壊すべし 3巻“更衣室”より出でるモノ
 双亡亭壊すべし 4巻“真相は二つ星にあり”
 双亡亭壊すべし 5巻“笑うしかないのじゃ”
 双亡亭壊すべし 6巻“お願いだから” 双亡亭の目的
 双亡亭壊すべし 7巻“だから私は建てたのだ”
 双亡亭壊すべし 8巻“双亡亭誕生秘話”
 双亡亭壊すべし 9巻“愚か者の最期はいつも悲鳴”
 双亡亭壊すべし 10巻“双亡亭壊すべし”
 双亡亭壊すべし 11巻“脱走事件”肖像画の描き方
 双亡亭壊すべし 12巻“泥努誕生の過去”
 双亡亭壊すべし 13巻 “帰黒の正体”
 双亡亭壊すべし 14巻 “双亡亭は壊させぬ”
 双亡亭壊すべし 15巻 “鬼離田姉妹哄笑”
 双亡亭壊すべし 16巻 「絵」を描くこと
 双亡亭壊すべし 17巻 “双亡亭から帰れたら”
 双亡亭壊すべし 18巻 “アウグストの「線」”
 双亡亭壊すべし 19巻 “エレクトリック・フレイム”
 双亡亭壊すべし 20巻 “泥努に迫る死”
 双亡亭壊すべし 21巻 “計画”双亡亭に込めた美学
 双亡亭壊すべし 22巻 “応尽決戦”双亡亭で最強は
 双亡亭壊すべし 23巻 “泥努の笑顔”二人の死
 双亡亭壊すべし 24巻 “タコハだから出来るコト”

※双亡亭壊すべし感想記事一覧

※トップに戻る
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング