公式サイト かくしごと 12巻 最終回 感想
 久米田康治 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
奥様が海に消えた訳
子は親に似る、姫が隠し事に気付かなかった訳

かくしごと 12巻 最終回 感想 00109
かくしごと 12巻 最終回 感想 00108
かくしごと 12巻 最終回 感想 00105
かくしごと 12巻 最終回 感想 00106

 漫画は驚くほどモノクロで表現出来る

 技術を、色盲となった奥様を想って磨いたのか
 妻が、父が帰らなくて辛かった二人
 ただの「おかえり」が幸せ

 いい最終回だった…!!

 なおハッピーエンドと呼ぶと怒る模様

基本的にアニメと同じも
 曰く本作は、考えうる最悪の悲劇なんだとかで
 言われて、ようやくハッとするオチ!!
 我ながらどうかと思う!!

 あくまでギャグ漫画だ

 笑え!! 久米田先生の漫画論が爆発だった!!

かくしごと 12巻 最終回 感想


※収録2話目以降はサブタイなし

・あらすじ
  …締めの一言はアニメと別
・収録1話目「当家の干渉」他
  …アニメ化と子育てと
  …久米田先生曰く「引退しろ圧力がすごい」
・第2話目
  …後藤先生の好きな色
  …ハッピーエンドと呼ばないで
  …久米田先生曰く「良いアニメ化でした」

・第3話目
  …11歳、誕生会に誰も来ない…
  …久米田先生曰く「また会えるといいね」
・第4話目
  …「トロイメライのオルゴール」の訳

・第5話目「ひめごと【最終回】」
  …母の真相
  …お父さんの隠しごと
  …姫が、父の隠し事に気付かなかった訳
・カバー下
  …電車で始まり電車に終わる

・これまでの感想
 なんくる姉さん 感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・5/5ページ目へ

※過去記事一覧ページ

あらすじ
アニメと歩調を合わせ、同時期に迎えた最終回

かくしごと 12巻 最終回 感想 00111

 アニメがあるから10巻から12巻に延びたとの事

あらすじ
 後藤先生は黒と白が好きで、青が大嫌いだった

 アニメ化に姫11歳の誕生日、順風満帆だったが
 後に、父は一年もの昏睡状態に陥り
 姫は独りで18歳を迎えた

 だが「従弟」から鍵が届き、父の隠し事を知る

 色々あって、姫は父の隠し事を暴露し
 父を正気へと戻した

 また姫も、実は漫画家志望なのを隠していたのだった

「おかえりなさい お父さん」【完】

海へ行って帰らなかった妻
原因は、妻が色覚異常を起こした事にあった

かくしごと 12巻 最終回 感想 00110
かくしごと 12巻 最終回 感想 00112

 最後は「表紙」も父と二人。いいラストでした

後藤先生の隠しごと/姫の秘め事
 カラーコーディネイターだった妻が色覚異常に
 妻は、色を失う前に海を見に行き
 消息を絶った

・同じ間取りの家は、全盲になる可能性への配慮
 全盲時、前の家と同じなら暮らしやすい
 と配慮して建てた

・先生は、姫10歳の頃にもっとも充実感があった
 その後、妻を失った事が報道され
 ネットで炎上して断筆

・姫17歳の頃に、ジャンプに押しつぶされ昏睡へ
 また姫、実は昔から漫画家を目指し
 これを恥ずかしがっていた

・姫はバレるのを恐れ、父とは漫画の話を避け
 その為、18歳で倉庫を見るまで
 姫は仕事に気付かなかった

・アニメと違い、漫画家志望な事は周囲に隠し
 表向き、美術部員として大活躍しており
 藤吉晴美だけ知っている

 18歳で従弟から鍵が届き「カラー編」へ

 父の記憶を蘇らせハッピーエンドへ
  
※トップに戻る



収録1話目
姫を心配し過ぎた後藤先生、反省する

かくしごと 12巻 最終回 感想 00002
かくしごと 12巻 最終回 感想 00003
かくしごと 12巻 最終回 感想 00005
かくしごと 12巻 最終回 感想 00008
かくしごと 12巻 最終回 感想 00009
かくしごと 12巻 最終回 感想 00013
かくしごと 12巻 最終回 感想 00016

 反省した結果、十丸院がつけあがる超因果関係

収録1話目「当家の干渉」他
 子供に過干渉は良くない!! 特に片親だと大変!!

 子供への距離感と、アニメ化への作者の距離感
 両者は似てる、と言われてムキになり
 アニメ完全ノーチェックに

 結果、十丸院が全権委任と解釈し暴走

 また、妙にアニメに淡泊な一因
 カラーへの反発か

 今巻を通じ「色」への反発を描いてたのかも

 アニメの接し方、色々ですよね

 藤田和日郎先生とかめっちゃ関わるし

マンガジンに新編集長就任
同時期、小学校では家庭訪問が実施されてしまい

かくしごと 12巻 最終回 感想 00018
かくしごと 12巻 最終回 感想 00024
かくしごと 12巻 最終回 感想 00026
かくしごと 12巻 最終回 感想 00028
かくしごと 12巻 最終回 感想 00031
かくしごと 12巻 最終回 感想 00032
かくしごと 12巻 最終回 感想 00033
かくしごと 12巻 最終回 感想 00040

 下げ止まらんぞう!って酷ェ名前!?

距離感
 家を訪問した新編集長を、校長と誤解する

 その後、こども福祉課の人とも誤解しましたが
 片親、何を虐待と言われるか解らず
 ヒヤヒヤしますよね…

 多分、逆に役所の人もヒヤヒヤしてる

 先生も家庭訪問はしたくない

 昔と違い、家庭の事情に踏み込むと
 問題行動されるからか

 同じく「物を貰ってはいけない」が徹底され、もてなす側も大変な時代

 線引き、距離感ってホント難しい

後藤先生は、アニメへのダメ出しが激しい
酷い噂が立ってしまう

かくしごと 12巻 最終回 感想 00041
かくしごと 12巻 最終回 感想 00042
かくしごと 12巻 最終回 感想 00044
かくしごと 12巻 最終回 感想 00046
かくしごと 12巻 最終回 感想 00047
かくしごと 12巻 最終回 感想 00048
かくしごと 12巻 最終回 感想 00049
かくしごと 12巻 最終回 感想 00050

 オチを持っていく姫さんの尊さよ…

片親だから二人分
 十丸院が増長し、アニメがポシャる寸前に!!

 それも「後藤先生が」と名前を出してダメ出し
 結果的に、編集長交代が見送り等
 最大級に酷い被害

 最後だけに十丸院が酷かった!!

 でも、これと似たケースもあるんだろうな
 と思うと背筋が寒いですね

 何せ作家自身は忙しい訳ですから

 あと新編集長、思ったより男前でした…

コラム欄も総括その1
曰く「引退しろ圧力が凄い」との悩み

かくしごと 12巻 最終回 感想 00051

 原稿を持つのが面倒。よくある騒動と逆ね!?

後藤先生並みに死にかける
 何事かと思ったら「集大成」扱いが嫌と

 普通は誉め言葉ですが、言われる側の先生では
 集大成? 終わりって言いたいの?
 続けるよ俺は!的な

 鬼滅の単行本不足問題にも言及

 鬼滅は、各書店で品切れ連発し社会問題も
 紙本を刷っていない証拠だと

 世の中は電子書籍に移りつつあるからね!

 言うても、電子大手Amazonで自主規制が進み

「電子で売れない」時代も来てるそうな

 特にアメリカと中国うるさいから…

 でかい国がどっちもうるさいとか 

第2話目
以降は軸が姫に移り、サブタイのない章へ

かくしごと 12巻 最終回 感想 00052
かくしごと 12巻 最終回 感想 00053
かくしごと 12巻 最終回 感想 00054

 そして扉絵も「父が居ない」へ…

第2話目
 前回に続き、父の資格に悩む後藤先生

 父の日間際、好きな色を姫ちゃんに聞かれるも
 曰く黒、白が好きだと答え
 遅れて「青」と

 旧編集長曰く「カラー嫌い」

 カラーは、描くのが大変ではあるも
 そういう実利の話でなく

 また先生、隠し子だから「父の日を祝った事がない」はヘヴィすぎますよ!

 先生、さらっと胸に来る話するな!

白黒にこだわりがあるのでは?
旧編集長の推測通り、縦横無尽に披露する先生

かくしごと 12巻 最終回 感想 00055
かくしごと 12巻 最終回 感想 00056

 白黒をカラーに見せる技術

モノクロを極める
 やたら色に詳しい後藤先生の

 普通漫画は白黒も、確かに「色」を感じます!
 改めて、指摘されると凄い技術ですが
 脳の錯覚なのだと

 特に毎回、扉絵も凄いですものね

 色がないのに色付いて見える
 久米田先生自身のテクニック論なのか

 似た話で「日本漫画ではみな肌が白い、白人だ」みたいな論じ方も聞いたことがあります

 でもアレも「肌色」と思って見てますものね
 
実は、父の日を試行錯誤してた姫だったのだが
悩みに悩んでしまった結果

かくしごと 12巻 最終回 感想 00057
かくしごと 12巻 最終回 感想 00058
かくしごと 12巻 最終回 感想 00059
かくしごと 12巻 最終回 感想 00060

 ただのサバトだコレ!!

父の日
 竹馬なのも相まって謎のシュール

 久米田先生どこの次元から受信したんですか!?
 曰く、竹馬は「背の成長」を演出
 姫ちゃん大迷走だよ!!

 後藤先生そっくりじゃん!!!

 久米田先生の十八番
 色々と、考えすぎておかしなことになる奴!

 似顔絵ならぬ「似顔立体」

 これは流行るね! 2000年後くらいに!

良いアニメ化でした
初回文書から、Blu-ray特典も制作されます

かくしごと 12巻 最終回 感想 00061
かくしごと 12巻 最終回 感想 00062
かくしごと 12巻 最終回 感想 00112

 しれっと煽っていく久米田先生

ワラエ!
 神谷氏は「声豪」と呼ぶべきだと提唱

 明らかに性豪って間違えさせる肚じゃないか!!
 声優の代替わりも実感されたとか
 あのキャストでもか…

 また本作は考えうる最悪の悲劇

 ええ…、久米田先生らしいギャグと思ったも
 割と現実的に考えてたァ…

 なのでラストなど、ハッピーエンド扱いされると嫌とかどうとか

 ホントめんどくさいなこの漫画家!

第3話目
先生奔走、姫の誕生会に誰も来ない!?

かくしごと 12巻 最終回 感想 00063
かくしごと 12巻 最終回 感想 00064
かくしごと 12巻 最終回 感想 00065
かくしごと 12巻 最終回 感想 00066
かくしごと 12巻 最終回 感想 00067
かくしごと 12巻 最終回 感想 00068

 誤解し人を集めまくってしまった後藤先生

第3話目
 実は庭の方に既に来てたというオチ

 そうと知らず、姫を喜ばせようと人集めに奔走
 結果、過去最大級の盛り上がりに!!
 文字通り「姫」かよ!!

 先生は、一寸先が闇と知ってるから

 奥様、幸福な時間が断ち切られたトラウマ
 対し姫は「今」が続くと思った

 悲観と楽観、正反対なのが姫の無垢なのかしら

 18歳は孤独な誕生日を迎える

 父も「この頃が幸せだった」のね…

久米田先生曰く「また会えるといいね」
新作準備中です!

かくしごと 12巻 最終回 感想 00069
かくしごと 12巻 最終回 感想 00070

 新作準備がコロナで進まない

総括・最終回
 最後のネタ、新作が進まないという話

 何せ今年、一挙に二作終わってしまったそうで
 原作・なんくる姉さんも終わり
 次作準備に忙しい

 ハズなのに打ち合わせが出来ない!!

 先生の場合、既にアシさんもリモートと
 先進的な作画環境らしい

 が、それでも難しいってんじゃ他作家さんの苦労がしのばれます

 キン肉マンも作画環境どうなったのかしら

第4話目
父が、トロイメライのオルゴールを贈った訳

かくしごと 12巻 最終回 感想 00071
かくしごと 12巻 最終回 感想 00072
かくしごと 12巻 最終回 感想 00073
かくしごと 12巻 最終回 感想 00074
かくしごと 12巻 最終回 感想 00075
かくしごと 12巻 最終回 感想 00076
かくしごと 12巻 最終回 感想 00077

 箱の中身は、本当にたわいないものながら

第4話目「11歳箱」
 そこに込めた、メッセージを受け取る

 直後に色々台無しも、考えさせられる台詞です
 受け取る側、贈る側どちらにせよ
 大切な発想と思う

 また選曲は「我が家へ帰ってきますよう」

 戻らなかった妻への想いか

 先生は、本当に奥様も姫ちゃんも
 大切で大好きなのね…

 少し病んだ表情に感じるも、何ぶん奥様を失ってますから

 また「家に帰る」は伏線でもありました

箱には、姫が生まれた当時に考えた新連載候補
ファミリーもの漫画のプロットも

かくしごと 12巻 最終回 感想 00078
かくしごと 12巻 最終回 感想 00079
かくしごと 12巻 最終回 感想 00080

 自分で保険をかけといてこの言い様!!

保険かけてんじゃねーぞ!! 
 後に書店の志治、ヒットする墨田!!

 てかリフォーム話、久米田先生の実話よね!?

 そして将来、漫画を描けなくなって事故の先生
 未来の話が、実はそれぞれ大当たり
 知らぬは当人ばかりなり

 先生自身、将来に不安があった

 だから「箱」とか保険をかけるものの
 現実は想像以上だったのね

 久米田先生曰く「最悪の展開」ですからね!

 ジャンプに潰されて死ぬ人生だった…!!

姫の原風景、実は「この家」ではないのだが
母との日々を覚えていた

かくしごと 12巻 最終回 感想 00081
かくしごと 12巻 最終回 感想 00082
かくしごと 12巻 最終回 感想 00083
かくしごと 12巻 最終回 感想 00084

 そして親子は約束する。が…。

巻末に居ました
 アニメと違いロクの描写がなくヒヤッとした!!

 後藤先生にとって、最も充実してたという時期
 11歳編は、ここで終わりを告げており
 中間はバッサリ

 18歳、あまりに侘しい我が家

 姫を溺愛する祖父、良く許したな…
 彼女の為だと思ってか

 とまれ「18歳編」は、ここから始まったのね

「あんな幸せが続くと思ってた」と

父不在の18歳
ポストに、従弟から手紙を入れられて始まった

かくしごと 12巻 最終回 感想 00085

 これまでのカラーページ編を駆け抜ける姫

18歳になりました
 アニメ版に曰く「パンドラの箱の鍵」

 また、当時の姫はすっかり無気力に陥っていて
 当時、ぼんやりと向かっていた姫
 走って向かう現在

 二人の姫の交差、構図が素敵

 カラーページ編は、ほんの僅かな時間だけど
 姫も大きく変わったんだなって

 父を知って、知ったから戻すヒントを掴んだ!

 また父編=モノクロ、姫編=カラー

 これも今思うと伏線だったのか

第5話目
モノクロが好き、青が嫌いである訳は

かくしごと 12巻 最終回 感想 00086
かくしごと 12巻 最終回 感想 00087
かくしごと 12巻 最終回 感想 00088
かくしごと 12巻 最終回 感想 00089

 奥様の色覚異常が、行動原理だったのか

第5話目「ひめごと【最終回】」
 奥様はカラーコーディネーター

 色覚異常発症、思い出の青を見ようとして水死
 世界が、モノクロに見えてしまう前に
 青を見に行って亡くなった

 何故行かせてしまったのか、と

 二つの家が、同じ間取りになってるのも
 全盲になった日を考慮して

 坂が多い町から、都会に移ったのもそれでか

「海に行って戻らなかった」妻を想い続ける先生

 先生の言動は、全て裏に奥様がいたのね…

一念発起し、昔描いた原稿を見せつけていく姫
実は「表紙」と繋がってた!?

かくしごと 12巻 最終回 感想 00090
かくしごと 12巻 最終回 感想 00091
かくしごと 12巻 最終回 感想 00092
かくしごと 12巻 最終回 感想 00093
かくしごと 12巻 最終回 感想 00094
かくしごと 12巻 最終回 感想 00095
かくしごと 12巻 最終回 感想 00096

 表紙シリーズに台詞が付いてる!?

隠し事は
 父と海に遊びに行った思い出

 表紙で巡ってたのは、その思い出だったのか!!
 また、海で泳ぐ場面がなかったのも
 奥さんへの想いからか

お父さんの隠し事は 描く仕事でした

 ショックで記憶を取り戻すも
 きちんと、悲劇・喜劇と強調する志治さん達!!

 12巻かけ、色んな回り道をして記憶と駄洒落を回収するタイトル

 いい物語だった感動した…!!

最終回、大筋的にはアニメ版と同じであるも

かくしごと 12巻 最終回 感想 00101
かくしごと 12巻 最終回 感想 00102

 アニメ版の締めは『隠しごとは、何ですか?(姫』

後藤先生.Reboot
 またアニメはOP曲をBGMに終了

 とまれ元気になった先生、墨田の仕事場を占拠
 ヒットへ流行りの異世界物を構想も
 向いてないと辛辣

 嫁の実家に世話された金を返す為に!!

 何にせよ、奥さんの事で断筆した先生に
 また熱が戻ったのね!!

 もちろん「娘に隠す下ネタ漫画家の話」とパラドックス的なネタになっていくのでした

 つまり久米田先生も記憶喪失だった…?

アニメ版同様、実は「漫画家志望」と隠してた
姫、ひめごとがあったのだと

かくしごと 12巻 最終回 感想 00097
かくしごと 12巻 最終回 感想 00098
かくしごと 12巻 最終回 感想 00099
かくしごと 12巻 最終回 感想 00100
かくしごと 12巻 最終回 感想 00103
かくしごと 12巻 最終回 感想 00104
かくしごと 12巻 最終回 感想 00105
かくしごと 12巻 最終回 感想 00106

 最後はED曲をBGMに「ただいま」「おかえり」

カラーページ【最終回】
 姫、18歳まで父の仕事に気付きませんでした

 その理由は、姫もまた漫画家を目指していた
 姫も、恥ずかしくて口に出せず
 話題を避けていた

 だからお互いに気付かなかった、と

 また母は、父のファミリー漫画構想に
 カラー指定を遺していました

 だから「思い出はモノクローム色を点けてくれ」

 トラウマでカラーを避けてしまった

 画家と二足な娘が蘇らせた想い

 二人の世界は、また広がっていくんですね

カバー下、収録

かくしごと 12巻 最終回 感想 00001
かくしごと 12巻 最終回 感想 00110
かくしごと 12巻 最終回 感想 00107



 カバー下は現代、二人で帰る後藤先生

 先生ってば照れちゃって!

収録
 講談社コミックスマガジン「かくしごと 12巻」。久米田康治。
 月刊少年マガジン連載、講談社発行。
 2020年7月(前巻2020年3月)

かくしごと 12巻
 あらすじ
 収録1話目「当家の干渉」他
 第2話目
 第3話目
 第4話目
 カラーページ【最終回】
 カバー下
 これまでの感想
 なんくる姉さん 感想

 カバー下イラストあり

※トップに戻る





 腐らんす日記 1巻
 腐らんす日記 2巻(完結)
 なんくる姉さん 1巻 “つまずいたっていいじゃないか、ちゅらさんだもの”
 なんくる姉さん 2巻“姉さん偽装沖縄人疑惑さー”
 なんくる姉さん 3巻“姉さんますます何者さー?”
 なんくる姉さん 4巻“節約は娯楽なのよ!”
 なんくる姉さん 5巻【最終回】姉さんの正体

スタジオパルプ 感想




 スタジオパルプ 1巻“B級スターシステム”

漫画 かくしごと 感想
















 かくしごと アニメPV 感想
 かくしごと 1巻
 かくしごと 2巻“それでも鉢は廻ってくる”
 かくしごと 3巻“この漫畜生が!”
 かくしごと 4巻“漫画家と読者の10の約束”
 かくしごと 5巻“隠し事”カラーページの真相!
 かくしごと 6巻“はじめまして姉さん”
 かくしごと 7巻“隠し子と”
 かくしごと 8巻“奥さんの行方”断筆事件
 かくしごと 9巻“意識が回復した”
 かくしごと 10巻“先生の中では”
 かくしごと 11巻“アニメにはならない!!”
 かくしごと 12巻【最終回】"モノクロームに色点けて"

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る