試し読み。続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想
 渡辺道明 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
リュートを救う為、皆殺しのアンセムが再演!
グローリア狙う「下法」が判明へ

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00061
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00056
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00040

 悪夢世界で、死の現実に納得したリュート王子
 
 満ち足りた死、ハッピーエンドとなるハズが!?
 報われたのが、破局の手段となる悲惨
 王子ってば報われない…

 敵の狙いは悪夢、現実の入れ替えか

ただしベースは死んだ
 今巻は死を、現実をあるがまま受け入れる章も
 悪夢ゆえに、存在するJr.もグローリアも
 現実回避に必死!!

 受け入れたリュートは潔いも、必死なのも解る

 鐘城の主はグローリア側のバラライカ?

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想


・あらすじ 
  …時の鐘城編、第一の課題
・第76話「やり残してきた欠片」
  …クルセイダーズ再び
  …第一の課題は、リュートの願い探し!!
・第77話「マドイの中のアンセム」
  …過去、皆殺しのアンセム
  …過去を、現実を変えようとする者
・第78話「パンドラとベース」
  …第一課題のマドイ、その主
  …経験から芽生えた、フルートの決意

・第79話「マドイのリュートとフルートたち」
  …正当な王女として、フルート姫の能力!
  …冥法王ベース、第一の目的
・第80話「天地をひっくり返す下法」
  …フルートが気付けた「願い」
  …魔界軍は滅びない

・おまけまんが「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
  …それゆけ!ボクらのクルセイダーズ
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目

・4/4ページ目へ

※過去記事一覧ページ

あらすじ
悪夢世界で見つけた、かつての妖精王の鐘城

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00027
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00037

 ダジャレを飛ばすベースJr.、親しみあるな!!

あらすじ
 マドイで三つの課題、テーゼを解決する

 すると時の鐘城はあらゆる願いを叶えると聞き
 現実、夢、赤子のフルートを軸に
 第一の課題が始まる

 舞台はハーメルの記憶、皆殺しのアンセム

 そこで、一行は悪夢世界リュートを癒し
 第一の課題をクリアした

 だが成果である「起動器」をベースJr.が奪取

 現実フルートもバラバラにされてしまう

※トップに戻る



第76話
テーゼは「リュートがやり残した欠片」を探せ

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00000

 ようやく意気投合した二人のフルート

第76話「やり残してきた欠片」
 片や現実世界、前作終了後のフルート

 もう片方は夢世界、リュートが死なず育った姫
 二人、別々に育った二人でこそ
 課題は解決可能

 三つの課題解消で、鐘城は願いを叶える

 また「願いを叶える鐘城」番人ベル
 彼は星を持つ星は、あのフリーズが持つ星?

 フリーズの星もまた「願いを叶える星」ですから

 フリーズと対応した存在なのか?

課題世界は「皆殺しのアンセム」
子供化したクラーリィ、懐かしい顔ぶれと再会

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00001
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00002
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00003
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00004
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00005
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00006

 旧作最終決戦時の「クルセイダーズ」

最精鋭残念部隊
 今章の目玉!また残念な子ら!!

 スフォルツェンド最精鋭、クラーリィの幼馴染
 クラ公が、昔からモテモテだったので
 割りを食ってきたそうな

 恨みを晴らしとる場合か!

 旧作は、女性隊員マリーとティンのみ生還し
 これまたクラーリィに片思い

 あまりにクラ公がフルートに一途だった為諦めたんでしたっけ

 基本、死者たちの世界なんですね

記憶を引き継ぎつつも、時期に合わせ子供化
能力も相応にしか出せない

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00007
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00008
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00009

 他方フルート(現実)はパンドラ母さん化!!

悪夢世界修正作戦
 待って、色々おかしくない!?

 クラーリィ達は時期相当の幼い姿に戻ってたも
 夢フルートは、成長した姿のまま
 夢リュートとセット?

 時期相当、赤ん坊フルートこそ本体?

 夢フルート、クルセイダーズは意気投合し
 アンセム事件回避を模索

 つまり「夢の中で、現実より良い展開にしよう」としてる訳ね

 でもそれ、悪夢世界に落ちた時と同じ事か?

 本作のスタートと同じ過ちでは…?

第77話
パンドラになって、初めて知った「ハーメル」

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00010
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00011
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00012
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00013

 伝聞でなく、辛い日々を体験する現実フルート

第77話「マドイの中のアンセム」
 話として聞くのと、体験するのとでは大違い

 現実フルートの中で、ハーメルは傲岸不遜な男
 もちろん、内面の脆さも知ってるも
 幼少期を知るとまた違う!!

 現実のフルートならではの想いか

 彼を守って「過去」を変えたい
 マドイ脱出以上に、純粋な願いを得たのね

 皆が、色んな理由から「過去」を変えたいと動き出すアンセム編

 でもこの流れ、ホントに良いのかなあ…?

当時、魔族の子として苛められていたハーメル
人間への悪意を募らせるも

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00014
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00015
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00016
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00017

 他方ベースも、親子会談が実現!!

悪夢の中の悪夢
 曰く「天地をひっくり返す」のが狙い

 以前、悪夢世界のギータが事実を知ったように
 今回も、マドイに過ぎないベースが
 現状を把握へ

 つくづく、鐘城はバラライカの力と酷似

 元魔界軍王・妖精王バラライカ
 彼の作った悪夢で、更なる悪夢に落ちている

 バラライカは闇の妖精王で、この鐘城は人間と縁深い妖精王の

 どっちも同一人物の別側面なんですかね 

第78話
過去を経験して芽生えた決意、フルート猛攻!

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00018
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00019
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00020
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00021
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00022
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00023

 劣勢も、夢フルート乱入でべ―スを追い詰める

第78話「パンドラとベース」
 当初、現実フルートは納得してました

 過去は現在に繋がってる、変えるべきじゃない
 正論ですが、その過去を体験した事で
 変えたいと切望

 兄を喜ばせる為、過去を変えたい!!

 そう願った現実のフルートには
 パンドラの姿こそ、まさに最適だったのね

 パンドラは数少ない、単体でリュートを追い詰めた使い手でしたから

 今思うと、とんでもない強さですわ母さん

だが「現実」はこの後、パンドラが裏切られた
悪夢も同じ展開を辿るも

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00024
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00025
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00026
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00027
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00028

 更に混沌とした事態に、颯爽と黒サイザーが!

誰のマドイか
 何気に夢ライエルもまでときめいてるゥ!!

 クラーリィの気付き、ここはハーメルの世界!?
 課題は、リュートの願いですが
 世界自体はハーメル!?

 ハイブリッド!! ややこしい状況だった!!

 現実では、パンドラは村人に裏切られ敗北し
 村人はキレたハーメルの犠牲に

 その際「ライエルの両親を殺すのが嫌」だから、最初からいなかった訳ね!

 フルートのパンドラ化も彼の願いなのか? 

第79話
魂を奪還したフルート、これが正統王女の力!!

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00029
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00030
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00031

 パンドラの箱を開き魔族を吸引!

第79話「マドイのリュートとフルートたち」
 前巻通り、箱には複数の使用法

 パンドラの箱を、思うがまま操るテクニック!
 姫として、ちゃんと教育を受けた為
 現実フルートと一味違う!!

 が、緊張感に乏しくあっさり陥落

 ベースにもボロクソ言われるも
 こういう面、いいとこのお嬢ちゃんだからか

 ホルンやリュート、現実フルートのような修羅場をくぐっていない

 そんなだから実の兄をうっかり封印するのね

冥法王ベース、第一の目的は「パンドラの箱」
彼、ただの"記憶"に過ぎないハズも?

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00032
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00033

 マドイのベースは箱、Jr.はハーメルが狙い

ヒトラーかよ!!
 マドイも悪夢世界も、実在しない仮想の存在

 ただ前後しますが、要は彼らの「我が闘争」
 鐘城の力で、悪夢の方を現実に変え
 実在世界へ成りあがる事

 勇者ハーメル不在、魔王軍全盛の世界へ!!

 ベースの目的は具体的に語られぬも
 言葉上、魔王ハーメルに尽くす気満々な様子

 魔王健在で盤石な支配を握る

 それが彼の「闘争」だったんでしょうか

クラーリィが少年の姿になってしまったのは
この頃に「後悔」がある為

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00034
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00035
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00036
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00037
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00038

 どっこいヴォーカルがクラーリィ救出に!?

言ってみたかった
 クルセイダーズにも見せ場が!!

 どうも心に、何らかの願い(テーゼ)がある
 願いに応じ、叶える為の姿になる
 だからクラーリィは子供化

 当時子供で、リュートを助けられなかった後悔

 王子の笑顔を取り戻したい「願い」!!

 そうした個々の願いと
 そして、三つ解決で願いが叶う「課題」

 両方「テーゼ」で総称されるのがちょっとややこしい

 それとも同じ事なんですかニャー?

第80話
絶体絶命で、現実フルートが気付いた「願い」

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00039
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00040

 しかしベース、容赦なくバラバラ

第80話「天地をひっくり返す下法」
 今回、多くが「過去を変えよう」と奮闘します

 でも現実フルートは、自分のためだったんだと
 兄を救う、と口では言っていたも
 自分の為だったと痛感

 誰かの為と謳い、己の為だった

 罪深い話でもあり
 その事に、ちゃんと気付けただけ尊い

 彼女の心は、先立たれた遺族がいだく普遍的なもの

 今回の戦いは「フルートの願い」だったのね

 だからパンドラになったのかしら

窮地を救った、未だ謎だらけの赤ん坊フルート
今度はパンドラの魔曲を再現!!

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00041
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00042
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00043
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00044

 しかし願い空しく、リュートの身体が粉砕

リュートは救えない
 ベース陣営には、彼は道具に過ぎない

 命懸けで戻したい、人間側と温度差が激しく
 改めて、リュートは救えないのだと
 痛感させられる事に

 旧作・クラーリィ再現までしたのに…!!

 今回、ベース達はハーメルを狂わせる為
 彼の愛する者を切り刻むと決定

 そのため両腕を落とされたのが、旧作クラーリィの再現になる好演出!

 勝利フラグ…、と見せかけた敗北だったか

だがリュート退場に伴い、ヴォーカルが強襲!!
マドイの「父ベース」退場へ

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00045
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00046
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00047
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00048
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00049

 今改めて、己の死を受け入れたリュート

第一の課題
 今回のヴォーカルは偽装したリュート

 悪夢世界のリュートが全てを理解した姿

 圧倒的だった黒サイザー、ベースJr.組も一蹴!
 改めて、格が違う強さを見せるも
 彼は大魔王は倒せない

 自分は「託す」形で貢献できたと納得

 リュートを笑顔にし「課題」解決へ

 この課題、実はリュート自身に望みはなく
 むしろ「周り」が問題

 リュートを笑顔にしたい、皆の心残りが"課題"だったんでしょうか

 皆の笑顔、それがリュートの喜びだから

 皆が笑ったとき、彼も笑顔で逝けるんですね

城の案内人ベルも笑顔に
リュートの心残り、第一の課題は解決を迎えた

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00050
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00051
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00052
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00053
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00054
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00055
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00056

 が、結果的に最悪の事態となって次巻へ!!

魔界軍は滅びない
 フルート達は第一課題クリアもJr.が横取り!!

 兄さん、鐘城を動かす動力代わりに?!

 結果パンドラの箱は「鐘城の起動器」の一つ
 実は、グローリアの目的が現実化で
 Jr.は横取りしただけと発覚

 現実フルート、バラバラ水晶漬け!!

 急転直下でバッドエンド!
 まるで次回打ち切りか?ってくらい急展開!

 とまれ複数の敵の狙いも一本化、グローリアにいるバラライカは「鐘城の主」の方か?

 次は魔王城が舞台、オカリナの出番か! 

おまけまんが
冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00057
続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00058

 ますますカオス、ギータの明日はどっちだ

おまけまんが「それゆけ!ボクらのクルセイダーズ」
 巻末はひたすら「ふりがな」が多い!

 カバー下は今巻、残念キャラ化クルセイダーズ
 旧作、空中回転で華麗な登場だったも
 実は出待ちしてたのか…

 実は見せ場を待っていたと台無しに

 サックス、テーバ、ソプラ
 リード、ニッシモ

 それに女性隊員で生還、マリーとティンで七名

 舞台裏が描かれると一気に残念になるな!!

収録

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻 感想 00053



 実はグリムゲルデ、全てJr.にバラしてた様子

 ワルキューレに裏切りってアリ?!

収録
 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2020年7月発売(前巻2020年3月)

続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻
 あらすじ
 第76話「やり残してきた欠片」
 第77話「マドイの中のアンセム」
 第78話「パンドラとベース」
 第79話「マドイのリュートとフルートたち」
 第80話「天地をひっくり返す下法」
 おまけまんが「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 これまでの感想

※トップに戻る

※過去記事一覧ページ
 
渡辺道明 続ハーメルンのバイオリン弾き 感想 ネタバレあり



















 続ハーメルンのバイオリン弾き 1巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 2巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 4巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 5巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 6巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 7巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 8巻“誕生と消滅の聖杯”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 9巻“叶った願い”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 10巻“恋と機械と妖精の悲劇”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 11巻“矛盾する黄金の夢”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻“ライエルの正体”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 13巻“第四幕”フルート主演!
 続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻“乾く罪人、千切れる聖女”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 15巻“リュートの課題<テーゼ>”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 16巻“天地をひっくり返す下法”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング