公式サイト 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ 太田垣康男 UMEGRAFIX
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
オデッサ作戦後、あるガンタンク乗りの男と女
クリードとソニアの前日譚

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00122
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00121
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00109
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00090

 過去に縛られ、旧式ガンタンクを愛する男の巻

 でも生きてれば、過去ごと愛してくれる相棒に
 共に、タンクに乗ってくれる人と会い
 共に明日に向かってくのね!!

 私達のMSが!! ガンタンクが最強だ!!

 辛い事だらけも、清々しい巻だった!!

レゾナンスのド迫力!!
 前巻のコミカルさと一転、幅が広くて面白い
 また、全1話の「戦闘糧食」回
 すげえロックだ!!

 合理性でなく願いを抱いて、縁の下で笑う人

 締めの一コマに痺れる回だった!!

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想


・あらすじ
  …U.C.0079年、大戦中を描く外伝集

・第13話「戦闘糧食」
  …調理場の勝利者
・第14話「The color of memories」
  …狙撃手は考える、考える。
  …エロい事も考える

・第23話「男と女1」
  …U.C.0079年11月、オデッサ作戦勝利
  …クリード大尉の物語
・第24話「男と女2」
  …何も考えずに撃て!
・第25話「男と女3」
  …クリード大尉、離婚の原因
  …元妻サマンサが、今の夫に惹かれた訳

・第26話「男と女4」
  …大尉、離婚の真相
  …ガンタンク、強行脱出作戦!
・第27話「男と女5」
  …妻との別れ
  …ガンタンクこそ最強のMSだ!!

・第28話「男と女6」
  …大尉が無口な訳
  …大尉が、スパルタンに参加した訳

  …中尉が一緒に走る訳

MATERIAL FILES
 制作担当はベテラン、竹内陽亮氏

・RX-75 ガンタンク
  …デザイン画からスクラッチ(自作)!!
・ドム・レゾナンス
  …流用予定もスクラッチ!!
・アニメ版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・6/6ページ目へ

※過去記事ページ

あらすじ
休載前の13話と14話、男と女、すべて大戦期

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00003

 お馴染み巡洋艦サラミス、並んだMSが面白い

あらすじ
 U.C.0079年、連邦巡洋艦の「調理場」の物語

 リビング・デッド師団、キース・マイヤーズ
 連邦狙撃兵に、仲間二人を失うも
 辛くも迎撃し生還する

 11月、連邦内務省副長官アーネスト・ケリー
 妻サマンサを伴い、オデッサを視察中
 ジオンに襲われ重傷を負う

 救ったのは妻の元夫、戦車兵クリード大尉と
 複座、砲手を務めるソニア中尉で
 辛くも全員が生還

 しかし戦後、サマンサが残党のテロで死亡した

 ケリーの頼みでクリードはスパルタン隊へ 

※トップに戻る





第13話
大戦真っ盛り、連邦宇宙巡洋艦内の「戦場」

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00004
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00006
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00009
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00013

 調理場である。そのシンプルな言葉!圧!

第13話「戦闘糧食」
 本作は、普及艦にも重力ブロックがあると設定

 その重要区画に、デン!とあるのがのが調理場
 後方こそ、常在戦場って訳ね!
 何て忙しい!

 敵が攻めてくる前から大忙し!!

 調理中、敵が現れ戦闘に突入するも
 始まる前から忙しい

 始まったらなお忙しい! 生きるって大変だ!

 お馴染みのチューブじゃないのね!

昨日も2回出撃したのに、ジオンめまたかよ!
新兵は「ジム」に駆け込むも

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00014
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00016
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00018
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00020
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00022

 心を落ち着けたのは、トサ、と胸に当たる弁当

弁当容器
 昨日も怖かった、今日は死ぬかもしれない

 そんな逸った胸に、トサと当たってくれるのね
 ああ、旨そうだと思える飯
 帰ればまた旨い物が

 ヤケになるな、と胸に当たる音

 全員、これから死ぬかもしれない中
 次々と弁当を!

 ここでの「ちゃんと容器を返せ」って

 生きて帰れよ、って言葉なのね
 
調理師が負傷した僚艦から、作ってくれと要請
だが調理場はただでさえ忙しい

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00024
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00027
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00028
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00030

 彼女の言葉通り、皆「生きよう」って戦った!

戦場の女将さん
 僚艦の要請を受けたウェンディ

 飯が旨いって事は「また食いたい」って思う事
 皆が、生きて帰りたいと思えるよう
 彼女は今日も飯を炊く!!

 調理場だって戦場なのね!

 戦闘中「目が悪くなった」と愚痴るのも
 伸び盛りだと思えるのも

 全部がぜんぶ生きてる証なんだわね!

 生きてる! 皆すげー生きてる! 

どうにか戦闘終了
艦長も、ようやくバク!と一口いった

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00035
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00036
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00038

うん… 美味いな、この飯(ファレル艦長』

さあ!
 何故か泣けてくるワンシーン

 緊張して忙しくて、昨日も明日も大変って中で
 腹減って、バク!と食った一口が
 しみじみ旨かった瞬間

 旨くて、元気が出て、また頑張れる

 これみよがしに、バリバリ漬物齧って
 さあもうひと踏ん張り!

 その瞬間の充実感、すっごく解る気がします

 だからか、何故か泣けました

戦闘終了、調理場への届く「勝利」の報告
やがて皆が寝静まる中

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00040
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00041
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00043
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00045
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00046

 誰もが休む中、調理場での独り飯

全容器帰還
 でもこの瞬間、確かに勝利者だった!

 彼女が願った通り、皆が生きて帰ってきた
 本当なら、休憩所で休むべきなのに
 独りで窯に寄りかかって

 でもその充実感、物凄く羨ましい

 もちろん「飯の為に生きて帰る」なんて
 幻想かもしれません

 でも願い、踏ん張って身体も頭も使い尽くして

 すげえロックな生き方だって思いました

 本作といえばジャズですが

第14話
大戦、リビング・デッド師団の狙撃手は考える

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00047
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00048
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00049
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00050
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00051
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00052
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00053
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00054
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00055

 狙撃手は退屈である、孤独である、暇である

第14話「The color of memories」
 何せ48時間、延々と待機しなければならない

 今回、仲間二人が連邦スナイパーに殺されたが
 昔、酔った母に潰された目のおかげで
 彼は勝利を収めた

 好きになった女は皆、母と連なるスミレ色

 或いは母の実家、幸せだった記憶の色か
 厳つい男のエロく切ない思い出

 延々と付き合った女の記憶を思い出し、原風景があったと思い出す

 エロく切ない回でした…。

第23話
U.C.0079年11月、連邦はMSでオデッサに勝利

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00056
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00057
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00058
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00059

 時代がMSへ移る中、戦車乗りの物語

第23話「男と女1」
 本作の連邦は、オデッサからMSを本格投入

 ジム4機でザク1機にあたる、物量作戦にて勝利
 地上の趨勢を、完全に連邦側へ傾け
 MS時代到来だと気炎

 高官曰く「古いものにこだわるな」が軸

 何せ、視察に来た連邦副長官は元嫁
 古き「過去」そのもの!

 離婚した妻が、高官夫人としてやってきた!

 この高官、良い人ではあるも少々…

 善意だとは思うんですけど

だが大尉の忠告通り、高官はゲリラにより窮地
際し、大尉は砲手に言った

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00060
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00061
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00062
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00063

 黙って入れるソニア中尉、シュール。

クリード&ソニア
 でもこれは優しさでした

 大尉は、初めて組んだソニア中尉に緊張を感じ
 静かに「お前が飲め」と促し
 落ち着かせます

 戦車は操縦、砲手の二人で動かす

 作中、お馴染みのコンビなんですが
 これが初めてなのね

 寡黙で言葉は厳しいも、優しい人だと描写

 それに、すごく繊細でもありました 

ケリー副長官と元妻救出に向かったクリード隊
際し、ジム部隊から降下するも

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00064
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00065

 このゴッツいドム!

ドム・レゾナンス
 狙撃編みたいなヤられた方してるー?!

 最新鋭機ジム部隊、降下の為にスラスター点火
 結果、下から丸裸になってしまい
 ドム部隊に全滅…!!
 
 それでも最新兵器ですか軟弱者!!

 と、言うのは気の毒ではあるも
 ノウハウ不足って事か

 何せ連邦が、ようやく大量配備し始めた時代ですから

 まだニュージェネレーションなんだもんね…

第24話
機体固定が外れぬガンタンク、ソニア大混乱!

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00066
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00067
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00068
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00069
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00070
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00071

 だが慌てつつ騒ぎつつ、砲撃で解決だ!

第24話「男と女2」
 さすがガンタンクは男の子!

 輸送に際し、車両なのでガッチリ固定された
 大尉、自ら攻撃して自重で壊させ
 大砲の反動で軌道変更!

 親方!空を反動で飛ぶガンタンクが!

 もちろん、スラスターも付いてるも
 固定具が故障して外れず

 窮余の一策に、大砲を駆使させるクリード大尉

 やだもー男子ったら荒っぽいんだから☆

第25話
離婚の原因は、渋滞によって起きた流産だった

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00072
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00073
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00074
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00075
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00076
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00076-

 当時妻は、子供部屋を片付けてくれと頼む

第25話「男と女3」
 万全の準備をし、生まれる日を待っていた

 どれだけ無惨だったか。実はすれ違いもあった
 とまれ再び現在、護衛隊は壊滅し
 現在の旦那も瀕死

 元妻と旦那の命を預かるクリード

 不平不満は口にしない
 というか、いやホントにないんですよね

 妻が今の旦那に惹かれたのは当然で、幸せになって欲しい

 寡黙でいい男で、でも人間って難しい…

ガンタンクは「カモフラージュ」を展開した
後は救援を待てば良いだけ

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00077
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00078
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00079

 際し初陣のソニアを気遣うクリード大尉

潜伏
 このベテラン兵、男前の塊か…!!

 さてタンク、光学迷彩テントが装備されており
 これで、木々に紛れて見つからない
 安全なハズでした

 だが高官瀕死、妻は助けてくれと懇願

 また、こうした迷彩は既に漫画でなく
 近いものが開発されています

 機体自体に投影し隠すのでなく、テントというのも実用的ですね

 技術って日進月歩ですわ

旦那は、本編イオの実家の会社の重役であり
兵士たちには嫌われていたも

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00080
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00081

 妻の懇願に、クリードは強行突破を決意

強行突破
 多分この言葉はホントと思います

 妻曰く、戦災復興を見据え「作る」為に動く男
 誰もが、戦争で壊す事に躍起な中
 復興を見据えた男

 初代、マチルダさんオマージュか

 何より、妻は夫を流産に重ねて
 大切な人を失いたくない

 この件は、妻本人が知る以上に大尉にとって泣き所でしたが…

 真面目で情が深くて、だからいつも辛いのね

第26話
子を死なせたのは俺。クリードは悔いていた

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00082

)ケリー(選挙演説時代)

 未来志向の我々が
 過去に縛られる必要はありません!

 捨てるべき過去はあるのです!

 感傷という殻を被り

 私と共に未来を築きましょう!


※クリード
 演説に、無言でカップを潰した


ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00083
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00084

 過去に囚われた男と、未来を叫んだ今の旦那

第26話「男と女4」
 クリードは過去に縛られる男

 死産の原因は渋滞も、"出張を断っていれば"
 責任を背負い、荒れた生活を送り
 妻を困らせてしまった

 対し妻は「未来」に惹かれた

 大尉は、感傷と解っていても捨てられない
 きっと悪い事だと解ってる

 曰く「俺が妻を捨てた」と言うも、妻が再婚しやすいよう身を引いてあげたのか

 軍に入ったのも、妻に見捨てて欲しかった

 不器用すぎるよ大尉は…

ソニアには降りろと命じた
だが、頑として降りず「時間」も迫っていた!

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00085
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00086
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00087
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00088
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00089
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00090

 そして「時間」は罠だった訳だわ!

タイム・イズ・罠
 ジオンは30分ごとに哨戒していました

 その30分間に、急いで移動する必要があった
 実は、別の監視が一帯を見張っていた
 罠だった!

 肥えた獲物!狩人も手を尽くすさ!

 駆け引きに唸るも
 戦車が、"砲塔旋回した"所を狙った訳だ!

 後ろから追い立てたのも、隙を作る為だった

 この荒ぶるレゾナンス!

第27話
回想。最後の別れに、妻は叫び続けていた

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00091
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00092

 別れの時、クリードは決して口を開かなかった

第27話「男と女5」
 でも、前後しますが憎いからじゃない

 むしろ彼は、きっと愛してるからこそ黙ってた
 黙るのは「口にすると壊れる」
 彼のジンクスだから

 想いが壊れないよう、黙ってた

 不器用な自分が「好き」といえば
 彼女を誤解させ、想いを壊すと思ったのか

 彼女が愛してたと言ってくれるなら、それが壊れないようにと黙っていた

 私にはそう感じる、切ない別れでした

絶体絶命ガンタンク
だが、クリードは「後」を任せた!

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00093
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00094
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00096
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00097
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00099

 秘技!Aパーツ分離回避!?

咆哮
 更に上半身を囮に「コア」を射出

 設定上コア・ファイターは、対空ミサイル搭載
 ソニア、4発まとめて全部ブチ込み
 ドムを一発撃破!

『思い知れ!ガンタンクこそ最強のMSだ!!』

 ジャイアントキリング!
 もちろん、V作戦系MSなら出来る戦術

 でもソニアには「大尉がいてくれたから」出来た、複座タンクだから掴めた勝利だったのな!

 中尉、腹の底から愛が飛び出してたぜ!

 コア・ファイターだけに!  

派手にやりあった事により
捜索隊もまた、クリード隊を見つける事に成功

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00100
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00101
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00102
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00103

 微かに笑っていた寡黙な男、勝者の笑顔よ…!!

作戦成功
 元より付近は連邦の勢力圏

 真っ昼間、フライ・マンタにジオンはたじたじ
 オデッサ名物の戦闘爆撃機には
 ドム隊も撤退

 ケリー夫妻は「タンク」側で脱出

 味方到着、どんな時代でもホッとします
 こうして救出作戦は成功へ

 あの高度から落ちて、無事だった大尉も頑丈

 頭(コクピット)から落ちず良かった…

第28話
クリードの無口さは「想いを出せば壊れる」為

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00104
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00105
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00106

サマンサ、きみを愛してる……(クリード』

第28話「男と女6」
 結婚当初は、口に出して伝えられていた

 彼も妻の為、変わろうとしてたのか

 無口なのは父のせいで、酔っては暴れていた
 納屋に潜み、殴られないよう
 息を潜ませていた

 本当は両親が大好きだったのに

 妻の件といい、相手に問題があろうと
 彼は誰かを好きでい続ける

 時代遅れな戦車が好きなように、周りがどう思おうと「好き」で居続ける人なのね

 愛情深く、自分のせいと背負い込む人なのか

離婚時とは逆、今度は妻も何も言わなかった
対しソニア中尉は

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00107

)ソニア中尉
 私はこのままタンク乗りでいきます!

 なんたってMSは1人乗りですからね!


)クリード大尉
 ?


)ソニア中尉
 相棒…、でしょ?

 次の戦場もお供しますよ、大尉。


ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00108
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00109



 その後二人は、ア・バオア・クー戦にも参加

相棒!!
 ノリノリなソニア中尉お可愛いこと!

 多分元妻サマンサは、理解したから無言だった
 想いは口に出してはいけない
 だから無言…

 対しソニア、ばんばん言うんだコレが!!

 今回、大尉が喋れなかったせいとか
 生き残った高揚感とか

 色々あるけど、彼女のカラッとしたノリが最高だった!

 生き様がフライドポテトだぜ!

やがて戦争は終わった
クリードは、多分ソニアも一緒に…退役したが

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00110
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00111
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00112

 戦後。まさかの奥様、サマンサ死亡。

ケリーが止まれない訳
 あれほど必死に守った命があっけなく…

 終戦から半年後、ジオン残党の爆弾テロで死亡
 夫、ケリー氏は残党を掃討し
 平和にすると決意

 まだ平和じゃないと身を以て知った

 ソニアが言う通り復讐
 でも氏が言う「使命」にも一理ある

 だって氏は、平和に出来る立場に居るのだから

 彼も「進もう」としてるんだと思います

 妻がそうだったように。

対し、クリードもまた自分が許せなかった
これは妻への罪滅ぼし

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00113
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00114

 流産になった時、実は安心してしまった…

大尉が戦う理由
 親子関係が歪で「父」を知らない

「父」になる覚悟がなくて、死にホッとしていた
 今、元妻の死に胸が苦しいのは
 自分への天罰

 自分の罪に、妻を巻き込んだ罪滅ぼし…

 不幸が起きた時
 彼は「自分のせい」と背負い込む

 彼の確かな善性なのに、苦しみ続けるのは因果

 こうして「過去」に囚われ続ける男なのか

スパルタンによる鎮圧作戦
財政支援する内務省は、彼に内偵役を頼んだ

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00115

)ソニア
 大尉が戦争を続ける理由が

 罪滅ぼしでも構いません!

 大切な人を失うのが天罰なら、私もその結末を見届けます!


 大尉が死ぬ時!
 その隣にいるのは私です!

 1人で死なせません!


ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00116

)クリード
 ……

 お前が死んだら骨を拾う。

 俺のも頼むぜ。

 相棒。


ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00117

 照れてるソニア、さすがにちょっと恥ずかしい

そして中尉が走る訳
 本当、これだから「ガンタンク」はいい!

 クリードは過去から開放されない、寡黙なまま
 変わろう、と促した妻はもういない
 だが相棒はいる!

 過去を一緒に背負う人!

 作中、鬱々とした男女たちの中で
 少年みたいに真っ直ぐ!

 真っすぐでやかましくて、でも!きっと!だから救われるのね!

 そいつは間違いねえこって!

本作は模型作例企画
ガンタンクは、砂鼠編で作った力作を使用!

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00001
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00118
ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00119



 5巻収録の「砂鼠ショーン」で制作

RX-75 ガンタンク
 この圧倒的なデカブツ感!

 どこかお可愛らしい頭、履帯のみMGから流用
 が、全身くまなくスクラッチビルド
 モデラーってすげえ!!

 1/100、上から見た「長さ」も迫力!!

 でも「戦車」が生み出す問答無用の魅力は
 もはや問答無用ですわ

 武装がハリネズミなのも、足を気にしなくていいタンク型ならではですね

 デカく見えるも、大きさは普通らしい

ドム・レゾナンス
流用が難しく、結局すべて自作とあいなった

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00120

 プラ板で作り、プラ板とポリパテで細部を制作

ドム・レゾナンス
 腕と足は、1セット作って複製

 その為、左右対称になるよう注意されたそうな
 武器、バズーカやシールドも自作で
 精度の高さが流石

 設定未掲載、推力を徹底強化!

 レゾナンスは「共鳴」を意味も
 何かの共鳴・共振で、推力を上げる機構?

 或いは物語的に、大尉と中尉、二人の共鳴に引っかけた命名なのかもしれません

 盾、武器をマウントできるのもカッコイイ

収録

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻 感想 00061







 コーヒー、ふてくされ気味なソニアが可愛い

 ビッグスペリオールコミックSP「機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 4巻」
 太田垣康男。
 イービッグコミックスフォー連載、小学館発行。
 2020年6月(前巻2019年9月)

ガンダム サンダーボルト外伝 4巻
 第13話「戦闘糧食」
 第14話「The color of memories」
 第23話「男と女1」
 第24話「男と女2」
 第25話「男と女3」
 第26話「男と女4」
 第27話「男と女5」
 第28話「男と女6」

MATERIAL FILES
 RX-75 ガンタンク
 ドム・レゾナンス 
 アニメ版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想
 これまでの感想

※トップに戻る

※過去感想記事の一覧へ
 
OVA版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話“雷鳴舞う宇宙”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話“切り取れ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話“消耗品のきょうだい達”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話“雷鳴が運んだ偶然”(完)。

OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 感想 2017年

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第5話“ア・バオア・クーより地上へ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第6話“氷海に仏徒は住まう”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第7話“今日も素敵な一日の始まり”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第8話“八艘飛びと開眼法要”【最終回】

漫画 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 感想







 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 2巻“彼らにだって事情がある”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 3巻“砂漠の掟”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 4巻“男と女”

太田垣康男 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想




















 機動戦士ガンダム サンダーボルト 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 3巻※ここまでOVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 6巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻※ここまで第2期OVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻“水上都市”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 9巻“すまねえダリル”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻“決戦前夜” 裏切り者たちは集う
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 11巻“僧正の目的”サイコザクMk-Ⅱ始動!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻“開戦”! 号砲鳴らせサイコ・ザク!!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 13巻“イオvsダリル”画風変更へ
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 14巻“地上編・終結”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 15巻“宇宙”フウ延命の真実
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 16巻“パーフェクト・ガンダム”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 17巻“パーフェクト・ジオング”

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング