公式サイト 機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 レビュー 考察 ネタバレ
 U.C.0097 漫画:大森倖三 原案:福井晴敏
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
ナラティブガンダムB装備!
かつて、ルオ商会が「NT」を欲した事件とは

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00076
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00075
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00069
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00070

 ゾルタン目付け役、エリク中尉に姉達が登場

 姉が守るビアギッテは、ゾルタンに届く実力者
 内面、彼にも劣らぬ凶暴性があるらしく
 激突が楽しみな展開に

 ジオンの誇り、ゾルタン真逆の隊なのね

白い淑女達
 乗機はドライセン、白い三連星って寸法ですな
 また、フェネクス暴走が独自再構成
 バンシィ不憫…

 なんて正しい「ユニコーンの殺し方」

 イアゴも原作に近い、毒ガス事件関与者か

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想


・あらすじ
  …サイコ・モニター導入
・第9話「エシャロット事件」
  …ガンダムUC前年、フェネクス暴走事故
  …フェネクスvsバンシィ!!
・第10話「ステファニー・ルオと『奇跡の子供たち』」
  …ルオ商会が「奇跡の子供」を求めた訳

・第11話「ネオ・ジオンの乙女たち」
  …実力主義のシェザール隊
  …オリジナル展開、エリク中尉「姉妹」

・第12話「サイコ・モニター」
  …ヨナの客観的な実力
  …ゾルタンが認める「ビアギッテ」

  …イアゴ隊長、設定ミス?或いは演出?

登場メカニック
 AMX-009 ドライセン FAIR LADY

・機動戦士ガンダムUC 感想
 UC バンデシネ Episode:0 感想

・機動戦士MOONガンダム 感想
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・4/4ページ目へ

※過去記事一覧ページ

※宇宙世紀関連記事一覧

あらすじ
ジオニストではないルオが、NTを求めた訳

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00030

 惨事のニューホンコン、こういう絵が巧み…

あらすじ
 U.C.0095年フェネクス暴走事件

 詳細を得たミシェルは、サイコ・モニター投入
 フェネクスが、サイド6にいると表示し
 シェザール隊を急行させる

 ジオンも「死者が躍る」とされる隊を投入

 FAIR LADY隊は、ゾルタンと因縁があり
 彼も気に入っていた

 袖付き=ジオン共和国軍も、連邦に同調し急行

 だがサイコ・モニターは反応していなかった

※トップに戻る



第9話
ガンダムUC前年、フェネクス暴走事件の発端

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00003
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00005
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00006
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00007

 事件は変更され、単なる偵察機との遭遇

第9話「エシャロット事件」
 U.C.0095。ユニコーン2号、3号機の稼働実験

 漫画版は設定を大幅変更し、両方ともAE社製
 また、感知した「敵」も単なる偵察機
 彼らが欲をかいたのが発端

 偶然「新型」を目撃し、偵察へ接近

 偵察隊に、たまたまNT素養があったのか
 3号機が「デストロイ」化

 その加速…、でなく「変身」だけでリタは死亡してしまったらしい

 漫画版フェネクスは、ひたすら神秘的ですわ

幾重も、リミッターを施したハズが勝手に変形
技師達は大慌てになるも

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00010-
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00011
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00012
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00013
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00014
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00015
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00016

 現場は大慌てどころかホラー

素手
 瞬時に消え、次の瞬間に味方が両断…

 こんなのMS戦の破壊じゃねえよ!ホラーだ!?
 これが、本当のサイコ・ホラーか
 ハハハハ!

 アイザックも絶叫、通信途絶

 どうも、素手を敵機にねじ込み
 臓物を撒くように粉砕

 コクピットだけを素手で粉々に破砕

 殺り方が凶悪…

直後、バンシィへ襲い掛かりユニコーン対決!
バンシィまでも「覚醒」するも

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00017
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00018
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 10000
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 10001
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00019
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00020

 サイコアンテナ、角を掴んで強引に阻止

一角獣のころしかた
 哀れバンシィ、首を寸断され機能停止…

 ユニコーンは、頭部がサイコミュ・アンテナ
 ここを含む、頭部をヤられてしまうと
 ほぼ変身不能に

 バンシィ、善戦するも大破

 おそらく、NTであるリタが乗っていた為
 フェネクスは敏感だったのね

 同じくリミッターされ、覚醒寸前だったバンシィも大したもの

 が、これが「ユニコーンの殺し方」

 皆ァ!ユニコーンは角を狙え!! 

ようやく理解し、パニックに陥るラーソン中将
対照的に「技師」は冷静だった

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00021
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00022
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00023
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00024

 マーサは「出して」と苦しんでるよう見えた

フェネクス失踪
 暴走直後、即座に逃げたマーサは生還

 フェネクスの「心」を当てる感性も見せました
 本来、ヨナの台詞だったものですが
 意外に繊細

 かくてフェネクスは消息を絶った

 まさに「人類には早すぎた」の一言

 この後も、開発を進めさせたという辺り
 つくづく複雑ですね

 危険に懲りたも、強力すぎるのも事実ですから

 冗談抜きで一騎当千ですもの

第10話
マーサが提供した映像に、ミシェルの反応は

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00025
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00026

 リタの怒り、もしくは苦しみだと判断

第10話「ステファニー・ルオと『奇跡の子供たち』」
 彼女はアレを「怒り」と感じたのか

 この場合、リタを個人的に知っているからこそ
 余計、そう感じたのかもしれませんね
 意外だなと

 このデータはマーサだけが所有

 無論、潰された艦も撮影しており
 ヨナはそちらを閲覧

 そっちだと「感情」までは感じられなかったんでしょうか

 リタを追う上で、貴重なヒントになった訳ね

さかのぼること10年前
ルオ商会は、何故「奇跡の子供」を欲したか

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00027
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00028
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00029
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00030
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00031
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00032
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00033
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00034

 奇跡の子を欲した訳が、オリジナルで補強

ダカールと香港で
 元々ルオ氏は、NTなんて信じてなかった

 だがサイコ・ガンダムに蹂躙され考えを変えた
 自分達も、こういう「被災」をする
 回避する力が求めた

 コロニー落としを予知した子を欲した

 なるほど、どっちも人災なのは同じ
 また「追及」できる

 サイコで香港を壊した、賠償金代わりだと交渉したのか!

 サイコの作画もすっげえなあ! 

ルオ商会はティターンズに交渉
同じ頃、当の子供も逃げ出したいと怯えていた

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00035
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00036
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00037

 意味深に繰り返すリタ

どんな事をしてでも
 ぶっちゃければ「知っていたから」

 当時、ミシェルはニタ研の過酷さに怯えきって
 この後、ルオ商会との交渉を利用し
 施設から脱出します

 それをリタは「知っていた」

 また、ミシェルが施設から脱出した動機も
 単に保身だけではなく

 それら全てを知っていたリタ

 そりゃ周りにすれば「怒るとは思えない子」

 全てが既知だから、常に穏やか…

再び「現在」の作戦会議
フェネクス捕獲隊は、非常にまともに軍議した

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00038
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00039
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00040

 宇宙空間では、意外に視認されにくい金ピカ

シェザール隊
 積極的にフザけていくシェザール隊

 実は隊は寄せ集め、不良軍人ばかりだと描写も
 当のフェネクス、彼らのジョーク以上に
 現実感を欠く代物

 フェネクスの資料がないと疑問

 即ち、後ろ暗い理由だろう

 常識的には「実はネオジオン内通」とか
 その辺が落としどころ

 まあ実際は、サイコ・フレームをとにかく表に出したくないのが一番の理由か

 この事件、その封印が狙いですから

捕縛を、ヨナが邪魔したと察したイアゴ隊長
彼を問い詰めるのだが

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00041
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00042

 リタの言葉を借り、決意を新たにするヨナ

イアゴ隊長
 隊長がヨナを怪しむのは当然の事

 ただ、妨害目的の内通者にしてはあまりに露骨
 疑え、と言わんばかりに隠せてない
 こいつは何者だと

 イアゴは作戦成功率を上げたい

 それも、出世ではなく部下の為か
 イアゴ隊長はそういう人

 同じく隠せてないヨナも大概不器用

 この辺、波長が合うんでしょうか

第11話
ナラティブガンダムB装備、模擬戦開始!

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00043
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00044
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00045

 シェザール隊は「厄介もの」の集団

第11話「ネオ・ジオンの乙女たち」
 各隊が持て余した連中を、隊長がスカウト

 単に「命令だから」以上の繋がりを持った部隊
 頼りになるも、独自行動が難しく
 ヨナは苦労する事に

 隊長は「地獄と奇跡」の生き証人

 νが、アクシズを押し返した事件
 アクシズ・ショック参加者

 今や伝説的な事件も、劇中ではほんの数年前なんですよね

 その生き残りってだけでドラマになる

副隊長フランソンは、隊で唯一社会性がある男
彼は隊長に言い含められていた

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00046
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00047
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00048

 実は隊長の父も、“ペンダント”を持っていた

地獄を見た男
 肉親が世界に貢献した人物

 隊長曰く、その事を誇りに思っている男ならば
 俺は、ヨナを信頼する努力をしたい
 正体が解るまではと

 何より「目」で気になる

 隊長たちも、ヨナを彼らなりに推理し
 理解しようとしてくれる

 でもだからこそ「自分の意思で行動したい」ヨナには、邪魔に感じてしまうのね

 今、彼がペンダントを持つのは親云々以上

 リタとミシェルへの想いでしょうから

袖付き(ジオン共和国)へ、ドライセンが配備
パイロットは異名で呼ばれていた

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00049
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00050

 ブーストアップ仕様の強化型

ドライセン強化仕様機
 異名で騒がれるも、当人は嫌がるパターン

 通り名「死者が躍る」を持つも、当人達は迷惑
 ただ、ゾルタンの異常な反応からして
 何か意味がある様子

 いやゾルタンはいつも異常ですけど

 特に、本作は「不死」「死者の魂」がテーマ
 何らかのNT能力なのか

 左、一番若い子「ビアギッテ」が焦点か

 他二人もゾルタンと確執持ち

二人は歴戦の勇士
またどうも、エリク中尉の姉であるらしい

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00051
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00052
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00053

 左目隠れが長女マリク、右目隠れがシーク

エリク・ユーゴ中尉
 ビアギッテ以外、苗字が「ユーゴ」

 アニメや小説版、ゾルタンに翻弄されたエリク
 強化人間、ゾルタンお目付け役も
 あっさり射殺で退場

 対し本作は、人柄を描くのね

 彼女ら含め、多くがゾルタンの儀性になり
 恨みを持っている様子

 原作アニメでは、見た目や市民を巻き込むなど派手だったゾルタン

 もちろん味方も巻き込んでるわな!

更に、アクロバティックな性格描写のゾルタン
エリク中尉は生き残れるか…?

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00054
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00055

 やたら「白の三ツ星」を褒めちぎるゾルたん

あだ名の多い三連星
 どうもゾルたん、ビアギッテを買ってる様子

 しかし当然、艦内は彼へ嫌悪感バリバリなので
 褒められる程、迷惑なソリューション
 嫌ねえ男子って!!

 ジオンはサイコ・モニターで追尾

 連邦側も、同じ技術で追尾していますが
 曰く「ジオンだけの技術」

 フフフ伏線ですね!

 イヤ コレホントマジで(パチパチパチパチ)

第12話
ナラティブB装備! ヨナ、インコムで模擬戦へ

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00056
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00057
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00058
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00059

 ボッコボコだよボッコボコ!

第12話「サイコ・モニター」
 曰くパイロットとして悪くはない

 悪くないが中の上で、エース集団の敵ではない
 今回は、有線端末インコムが肝で
 オールレンジ戦が可能

 が、ジェスタの加速に届かねェ!!

 端末じゃ、スピード勝負は勝てんよ!!
 ジェスタ自体も優秀

 アレはユニコーンの推力に付いていく量産機

 推力や基本性能では現役トップ級

 対しナラティブ、基礎設計古いし…

だが『ヨナはNTの影響が』
イアゴ隊長、再びリタの声を聴いてしまう

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00060
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00061

 イアゴ隊長のトラウマ、毒ガス事件

地獄を見た男
 実は彼、ティターンズの毒ガスに関与

 U.C.0085年「30バンチ事件」で見張りを担当
 当時、毒ガス散布部隊と知らず
 緊急招集され参加

 間接的に虐殺に関与したトラウマに

 ティターンズが、反連邦コロニーを鏖殺し
 反ティタ運動が加速へ

 ジオンのみならず連邦軍にも、ティタを許すなの声が広がるきっかけに

 長らくデマと扱われてきた事件でした

この設定は、NT原案小説「不死鳥狩り」初出
劇場、小説では語られず

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00062

 そしてちょっとしたミス?悪夢と演出?

ミスか、演出か
 当時U.C.0085でイアゴは連邦

 おかしいのは乗機で、ネモはまだ存在しません
 また、ネモは「反ティターンズ」組織機
 エゥーゴのMS

 ネモとジムIIを間違えた?

 或いは、“きっかけにエゥーゴに入った”
 とする「悪夢」なのか?

 原作「不死鳥狩り」では、真相を知ったのは何年も後の事だと述懐しています

 彼、エゥーゴには所属してないハズ
 
ミシェルうっかり
先の「ジオン独自技術」サイコ・モニター導入

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00063
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00064
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00065
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00066
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00067

 リタは「腹が立つくらい」良い子だから

サイコ・フレームの性質
 このモニターがあれば位置を探れる!

 ドヤ顔で導入も、オチから言えば実はハッタリ
 本当はそんな大層システムではなく
 単なるハリボテの模様

 発動中のサイコ・フレームは引き合う

 故に、“ガンダムUC”の騒動に反応し
 フェネクスが戻って来た

 なら話は簡単。“サイコ・フレームを発動させれば”呼び寄せる事は難しくない

 何せリタ、真面目な子だから…

サイコ・モニターに感あり!
他方、ジオンのサイコ・モニターは無反応

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00068
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00069
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00070

 中立サイド6へ、ノリノリで出撃するゾルたん

熱き血潮を怒りに変えれ
 中立地域で事を起こしてはいけない

 ゾルタンらは表向き袖付きな、ジオン共和国軍
 バレたら、連邦に何を言われるか!
 慎重な行動が必要となる

 また彼、ビアギッテを執拗に挑発

 曰く、彼女は「ゾルタンに届きうる」
 NTか強化人間なのは明らか

 ゾルタン同格、或いは彼を殺しうる人間だから、気に入っているんでしょうか

 ただ彼女、その実力に自覚がない様子

白いのと呼ばれ困惑する少女
マリク隊長らは、彼女を悪目立ちさせたくない

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00071
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00072
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00073
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00074

 曰く「もう君を誰にも傷つけさせはしない」

エリク中尉が蚊帳の外
 姉妹は目の傷を隠しているのか

 ゾルタンは自身同様の傷を、他人に刻む悪癖?
 とまれ、ゾルタンは自由人ですが
 小隊は対となる「規律」

 ジオンの誇りを重視する小隊

 内心、そうしたものを嫌うゾルタンと好対で
 彼の過去を浮き彫る役割か?

 次巻、ゾルタン暴走で同士討ち…?

 生き残る事は出来るのか 

AMX-009 ドライセン
白の三ツ星隊はブーストアップ仕様

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00049
機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00002

 FAIR LADYとは「淑女」の意味

AMX-009 ドライセン
 ジオン軍人として誇りを重んじる「淑女」か

 ただビアギッテだけは、おそらくゾルタン同類
 彼同様なら、偽物候補だったのか?
 ハマーン様辺りの?

 多分、トライブレードもファンネル化?

 袖付き時代に新造された武装
 ジャイアント・バズを、三機とも携行

 これはシナンジュ用バズーカを簡略化し、威力も劣らない強力な武装でした

 機体自体ブースト、強化機らしいも…?

収録

機動戦士ガンダムNT 3巻 感想 00001





 今巻は設定画未収録

 機動戦士ガンダムNT 3巻
 KADOKAWA 発行 原案:福井晴敏 漫画:大森倖三
 2020年3月(前巻2019年9月)

機動戦士ガンダムNT 3巻
 あらすじ
 第9話「エシャロット事件」
 第10話「ステファニー・ルオと『奇跡の子供たち』」
 第11話「ネオ・ジオンの乙女たち」
 第12話「サイコ・モニター」

メカニック解説
 AMX-009 ドライセン

・機動戦士ガンダムUC 感想
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 感想(UCの漫画版)
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 感想
 機動戦士MOONガンダム 感想
 これまでの感想

※トップに戻る

機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想 2016年春、夏アニメ 4月~9月

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」

機動戦士ガンダムUC バンデシネ 感想 漫画

 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 9巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 10巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 11巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 12巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 13巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 14巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 15巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 16巻“それがラプラスの箱だ”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 17巻“最終回 可能性という名の神を信じて”


 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 1巻“シナンジュ・スタイン”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 2巻“グローブの悲劇”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0 3巻【最終回】










 機動戦士ムーンガンダム 1話“アムロが墜としたガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 1巻“ガンダムの共鳴”
 機動戦士ムーンガンダム 2巻“月のガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 3巻“第1部完”サイコ・プレートの正体
 機動戦士ムーンガンダム 4巻“ニュータイプの薬”
 機動戦士ムーンガンダム 5巻“ジオンの忘れ形見たち”











 機動戦士ガンダムUC 第11巻“戦後の戦争/不死鳥狩り”
 機動戦士ガンダムNT 小説版“サイコ・フレームの真実”
 機動戦士ガンダムNT
 機動戦士ガンダムNT 1巻“ナラティブガンダム”
 機動戦士ガンダムNT 2巻“不死鳥狩り作戦”
 機動戦士ガンダムNT 3巻“白の三ツ星”の乙女達
 機動戦士ガンダムNT 4巻“ゼータプラス奮闘”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング