公式 七つの大罪 41巻 感想
 鈴木 央 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
最終戦は、次世代へと繋ぐエクストラマッチ!!
最終回では原点回帰!?

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00081
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00080
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00073

 最後は次世代、アーサーにバトンを繋ぐ戦い

 ラスボス・キャスの言葉は、冷笑に満ちたもの
 所詮、いくら頑張っても無駄という事
 対する姿勢が本作の肝!!
 
 冷笑へ理想で抗う、綺麗な最終戦だった!!

そして「次」へ
 最終回は次作の前振り、ちびトリスタン可愛い
 容姿は父、銀髪と可愛さは母譲り!!
 表紙が象徴的ですね

 二人は去り、息子が後を継ぐ表紙

 ラスト、息子は“七つの大罪”を目指すも…?

七つの大罪 41巻 最終回 感想


・あらすじ
  …魔神王戦から1年半、そして10年後へ
・第338話「誕生」
  …ホークママの正体
・第339話「混沌の一端」
  …聖剣エクスカリバー再び

・第340話「あなたに会いたくて」
  …メリオダス曰く「マーリンは笑っている」
・第341話「キャス・パリーグ」
  …マーリンはなぜ黙っていた?
・第342話「勝利の雄叫び」
  …メリオダスが見た【最終回】
  …二人の結婚式!

・第343話「永遠の王国」
  …アーサーからキャスパリーグへ
・第344話「未来へ」
  …旅立ち、それと「あの人」の正体
・第345話「継がれゆくもの」
  …魔神王戦から一年半

・第346話「あの空のように【最終回】」
  …更に10年後のある日 
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・4/4ページ目へ

・過去記事ページ

あらすじ
最終回は、“大罪人”に揺れる原点回帰展開!

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00074

 ラストシーンは、魔神王戦から12年後頃か

あらすじ
 湖の「巫女」は、アーサーへ力の移譲を確認

 だが混沌の直系、キャス・パリーグが彼を狙う
 戦いの中、アーサーは迷ってしまうも
 王としての理想を新たにした

 永遠の王国を作ると誓うアーサー

 彼は、キャスを逆に取り込んで勝利し
 七つの大罪は解散

 そして一年半後、エリザベスとエレインが懐妊

 後年、10歳となったメリオダスの息子は夢を抱く【完】



第338話
七つの大罪は「混沌」に既に出会っている

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00002
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00004
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00005
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00006
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00007

 超常的なホークママこそ、“混沌”そのもの!?

第338話「誕生」
 豚は魔神王と至高神に封印された姿

 今や「中身」がアーサー王に宿った為抜け殻に
 抜け殻、というか長年堆積したもの
 苔の層にすぎなんだそうな

 今まで見てたのは「苔」だったのか

 その下に、中身があったのかもしれないし
 からっぽだったのかもしれない

 とまれ異常に強かったわけよ!

 最初から「ラスボス」が同行してたのか

中身はアーサーと共生
今や、アーサーは無自覚に「混沌」を行使へ

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00013
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00015
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00016
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00017

 そして出てきたキャス・パリーグ!

混沌を狙う者
 以前「煉獄の生き物」として掲載

 でも煉獄生まれでなく、煉獄に封印されていた
 要は、魔神王と似た経緯で送り込まれ
 煉獄に「いた」のか

 そんでアーサーの壮大な力!

 今や「思う」だけで現実に!
 ある意味、人間が本来持ってる力か

 人間は想像し、色々頑張って現実に形にします

 彼は、その過程をスッ飛ばせるのね!
 
第339話
キャスの正体、対するはアーサー王の代名詞!

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00020
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00022
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00023
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00024
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00025
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00027
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00029

 しかしマーリン、七つの大罪を王城へ転送

第339話「混沌の一端」
 鍵の役目を終えたエクスカリバー

 その威力、大罪も困惑する混沌を叩き伏せた!
 が、右腕ごと「混沌」を食われたアーサー
 そのまま昏倒

 キャスもまた「混沌」の直系!

 魔神王らと経緯は同じも
 彼らと違い、母たる混沌に近い性質

 魔神王らの方が「ちゃんとした何か」でした

 キャスは想像がそのまま現実になる!

第340話
メリオダス曰く、“今頃マーリンは笑っている”

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00030
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00031

 そしてまさに笑っていた、という話

第340話「あなたに会いたくて」
 大罪の面々は、皮肉を言うのかと誤解

 でも、長い付き合いのメリオダスは解っている
 マーリンが、どんな奴か解っているから
 今迄も信じていた

 でも気持ちに気付けなかった

 サブタイ通り、マーリンに会いたい
 エスカノールに会いたい、と

 窓辺で焦がれる大罪の面々が切ない

 人間、友達の気持ち一つ解らないものよね…

だがアーサーは信じている
だが七つの大罪は、“アーサーを”信じきれない

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00032
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00033
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00034

 二つの見開きが好対…、そんでキャス再び!

混沌を握る少年
 お前は会いに来んでいい!

 とまれ皆マーリンを恨まない、ただ会いたいか
 ただ、会って話をしたい大罪の面々と
 大罪たちの心配!

 女神も崇める光、魔神も畏れる闇

 強大な混沌、託されたアーサー当人は
 マーリンの信頼の表れと感激!

 ホント素直な子だよまったく!

 でも素直だから、どう転ぶか解らんのね

 素直とは危険なのじゃよ…

第341話
何故マーリンが黙ってたか、ゴウセルは説得

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00035
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00036

 あのゴウセルが、仲間の為に「心」を語った…

第341話「キャス・パリーグ」
 黙ってたのは、話せば反対されるから

 特にキングは、いや多くはそうかもしれません
 要は、恋愛の代わりになる「何か」
 熱中できる対象を欲した為

 でもマーリンには掛けがえない動機

 誰もが、その人の主観で大切なものがある
 それは大罪の面々もよく解る

 例えばバンは、恋の成就に「不死」を捨てた

 価値観なぞ人それぞれだものねえ…

反対されると解っていた
むしろ、マーリンは「尽くしてくれた」

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00037
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00038
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00039

 団長、責任を取らせると言いゴウセル大慌て

人形だから
 そしてキングの鋭いツッコミ!!

 とまれマーリンは、確かに皆を裏切ったけど
 彼女は「皆の願い」の為に奮闘し
 尽くしてくれた

 皆の願いが叶ったから動いた

 自分の願いを、それほど譲れない願いを
 彼女はずっと秘めていた

 少し視点を変えれば、むしろいじらしくある…

 ゴウセルの「人形だから」が沁みる…

さっそく表出した危うさ
自国消滅を聞き、アーサーはパニックに!?

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00040
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00041
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00042
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00043

 マーリンの責任、大罪みんなの責任!

恩に着る!!
 熱い連帯責任が快い!

 とまれ「混沌を個人が持つのは危うい」けれど
 だから、それを導く役割がある
 マーリンは“責任”を得た!!

 危うさがそのまま生き甲斐に

 彼女は、要は「熱中する何か」が欲しい
 それがアーサーか!

 多分マーリンはアーサーを信頼だけでなく利用もしてた。才能目当て、狙いは混沌だから

 その口実が、今「真実」になるのね!

第342話
不気味な予言、だがメリオダス達は勝利した!

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00044
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00045
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00046
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00047
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00048

 めりおだすの たたかいは これからだ!!

第342話「勝利の雄叫び」
 在りえた無数の【最終回】の一つ

 皆でキャスと戦うも、倒しきることは出来ない
 今回、エリザベスが老いて死んだ頃
 復活して再襲来した

 この世界は、メリオダスがいただけマシ?

 キャスを倒し、皆が散り散りになって
 エリザベスが穏やかに逝って…

 なんだか続編の冒頭みたいなワンシーン

 でもメリオダスなら倒しそうですが

体験したのは在りえた未来
未来がどうなるか、今はまだ確定していない

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00049
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00050
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00051

 どんな展開になろうと、人は皆いつか死ぬ

最後の敵
 それは変えがたい事。

 国も神々も消えるが、キャスはそれ以上のモノ
 彼はそう簡単には滅ばない
 存在し続ける

 価値ある「混沌」は彼に託すべきでは?

 アーサーは、民の為の力というも
 国なんていつ消えるか!

 最後の敵キャスは、何でも実現する混沌であり、何でもいつか消えるという虚無感か

 魔神王、これと比べると人間味あったのう…

第343話
虚無感の象徴、キャスパリーグを打倒する言葉

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00052

 アーサー、キャスを逆に飲み込んで勝利へ

第343話「永遠の王国」
 最後の敵キャスは「冷笑」「虚無感」

 対する答えは、理想を持って生きる事の誓い
 結局、何でも「やらない」理由ばかり
 誰かが冷笑するもの

 それでも虚仮の一念を通す事!

 誰もが否定しようとも
 願い続け、やり遂げると誓う事

 その在り方はマーリンと同じ

 サブタイは、虚無感と冷笑を跳ね返す理想!

そんなもの在りえないと冷笑するキャス
その願いは矛盾している

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00053
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00054
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00055
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00056
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00057

 アーサーの願いは混沌、“混沌の王”に相応しい

完成した聖剣
 自ら認めてしまったキャスは瞬殺…

 正直、もう一波乱あるかと思いましたが納得
 尺もですが、これからは人間の時代
 彼がケリをつけるべき

 最後の勝利は「次世代」の手で

 聖剣も「聖剣」にふさわしい佇まい
 黒い部分は消滅

 この剣、戦ったらどんくらい強いんでしょうね

 次回作とやらに出てくるのかしら

第344話
三々五々、別れる大罪達。ホークも…煉獄へ!?

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00058
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00059
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00060
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00061
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00062
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00063
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00064

 そんで生きてたマイルド兄さん!!

第344話「未来へ」
 後たった100万年がせいぜいとの事。儚い

 ボロボロながら、やっぱり生きてました兄さん
 頑丈兄さんと、煉獄のハッピーエンド!!
 メリオダスも王へ

 アーサーの師「ななし」も元女神族

 それも往年の肉体のまま
 彼の力で、キャメロットの民は相当カバー

 ラスボスのキャスは冷笑、現実の過酷さを強調

 でも実際、現実に酷い事故や災害が起きた時、無名の誰かの頑張りが食い止めてる

 世の中、そういうものかもと思うワンシーン

第345話
魔神王戦から一年半、国は新たな形へ

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00065
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00066
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00067
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00068
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00069
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00070
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00071

 子の名はトリスタン、ランスロット!

第345話「継がれゆくもの」
 不義じゃないですか!まあ有名どころだし…

 後にアーサー王の円卓になるのかな、的な命名
 また、誰もが納得した訳ではないのも
 当たり前といえばそう

 聖騎士デスピアスは「人間の国」を志す

 ここも「続編」に繋がる要素か
 敵が味方にと、毀誉褒貶が激しかった本作

 恨みを持つ者がいるのも当然よね…

 てかゼルとゲルダ、最終巻に出番コレだけ!?

第346話【最終回】
原点回帰!大悪党、七つの大罪のクーデター!?

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00072
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00073
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00074
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00075
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00076
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00077
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00078

 息子は「自分も七つの大罪になる」と夢を抱く

第346話「あの空のように【最終回】」
 終わってしまった…って続編!?

 大罪の再集結、実は10歳の誕生祝いだったのね
 息子は、クーデターだと誤解するも
 今迄の「物語」を伝え納得へ

 10歳で父の来歴を知った少年

 その事が、彼に夢を抱かせたらしいも
 次作は七つでなく「四騎士」

 大罪それぞれの子供らで四人…?

 新作は聞いてたも、まんま続編だったのね!

収録

七つの大罪 41巻 感想 最終回 00079
七つの大罪 41巻 感想 最終回 00001





 次作の人数上、マーリンもアーサーと…?

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 41巻」。
 鈴木央。週刊少年マガジン連載、講談社発行
 2020年5月(前巻2020年2月)

七つの大罪 41巻 最終回
 あらすじ
 第338話「誕生」
 第339話「混沌の一端」
 第340話「あなたに会いたくて」
 第341話「キャス・パリーグ」
 第342話「勝利の雄叫び」
 第343話「永遠の王国」
 第344話「未来へ」
 第345話「継がれゆくもの」
 第346話「あの空のように【最終回】」 
 これまでの感想

 読者投稿イラストコーナー
 巻末、カバー下などもオマケも充実。

※トップに戻る

七つの大罪 感想 鈴木央

 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
 七つの大罪 23巻“<傲慢>VS「慈愛」”
 七つの大罪 24巻“残酷なる希望”
 七つの大罪 25巻“リアルタイムの3000年前”
 七つの大罪 26巻“二人のゴウセル”
 七つの大罪 27巻“七つの大罪の再会に”
 七つの大罪 28巻“旅の目的” エスカノール全開!
 七つの大罪 29巻“十戒壊滅”聖剣の力とは?
 七つの大罪 30巻“マーリンの正体”エリザベスvsメリオダス!
 七つの大罪 31巻“傲慢の正体”エクスカリバー発動!!
 七つの大罪 32巻“壊れる慈愛” 魔神族一覧表
 七つの大罪 33巻“エスタロッサの正体”聖戦終結の真実!
 七つの大罪 34巻“支配者の魔力”妖精王ハーレクイン新生!
 七つの大罪 35巻“いつか必ずお前を奪う”
 七つの大罪 36巻 “魔神王・覚醒”
 七つの大罪 37巻 “魔神王を倒したら”
 七つの大罪 38巻 “七つの大罪 七つ目の掟”
 七つの大罪 39巻 “太陽の極み”
 七つの大罪 40巻 “マーリンの目的”
 七つの大罪 外伝集1 罪実 “バンとエレイン、ディアンヌとキング・祭壇の王”
 七つの大罪 41巻【最終回】“そして11余年後へ”

※トップに戻る





 黙示録の四騎士 1巻 “パーシバルの旅立ち”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング