記事下部はこちら
Player vs Enemy
巨大NPCへ、複数人で挑むモード実装か?

00146



 上は終了したゲーム「GNO3」のもの

機動戦士Zガンダム
 昨日が3・1・5、サイコガンダムの日でもあり
 サイコ実装、新モードが示唆され話題に。
 Zに登場した大型MS

 ガンダムをNT対応にした試作機

 当時、“強力な人工NT”を作れなかった為
 40m級に大型化しました

 強化人間が使えるサイコミュは、大型化必須

 パイロットの難が大型化を招いたMS

逆に、強力なニュータイプが居たアクシズでは
MSサイズの「キュベレイ」開発へ

PSYCO GUNDAM 00000

 右が試作モデルで、全高は20m程度でした

MRX-009 サイコ・ガンダム
  NTとサイコミュの魅力は、白兵戦もですが
 単騎で、複数標的を同時攻撃できる事。
 本機では「火器」に特化
 出力・武装に集中

 試作段階では、機動性不足が顕著に

 そこで敢えて更に大型化し
 可変機構と、ミノフスキークラフトを搭載

 飛行形態で敵拠点を襲う、“機動要塞”へ発展

 MA形態で移動、MS形態で戦闘が主眼

サイコミュ技術は、ジオン軍から接収

00189

 その為、“サンダーボルト”では鹵獲場面が描写
 サイコは、頭部にコクピットがありますが
 ジオング由来とする説も 

 画像はサンボルのアニメ版5話より

強化人間にしか使えなかった為
量産モデルでは、常人用「インコム」を発展

00132

 その“子孫”が、シルヴァ・バレト

シルヴァ・バレト
 NT級の火器制御を、機械で行うのがインコム
 その試作機、“量産型サイコ”の一つが
 ガンダムMk-Ⅴでした

 が、Mk-Ⅴはアクシズの手に

 改良・量産したのがドーベン・ウルフ

 ドーベンは、文字通り“量産サイコ”に近く
 アホらしいほど火器を搭載

 戦後は更に連邦に鹵獲、“シルヴァ・バレト(狼を討つ銀の弾丸)”へ。Mk-Ⅴ関係者が執念で改修し、NT関係のテストベットに

 試験終了後、ビスト財団で使っていました









※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング