記事下部はこちら
カトキハジメ氏が手掛けた「戦場の絆」MS!
U.C.0084、“ガンダムカタナ”主役機

ERMa5T-UEAAtpH4
00000





 漫画「ガンダムカタナ」ワンシーンを再現

機動戦士ガンダム カタナ
 待望のIIも発表の、アーケードゲーム“戦場の絆”
 連動し、新作MSも幾つかデザインされ
 連動漫画で主役機となったもの

 ガンダム顔したジムストライカー!

 技名は「無双雷電」!

 もちろん、HGUCにもなっていないものの
 知る人には馴染み深いMS!

 一年戦争後期開発、ジム・ストライカー派生機

 本来の武装名は「スパーク・ナックル」

搭載システム「妖刀」も再現!
連邦軍綱紀粛正へ動く、イットウ・ツルギ中佐機

200220_stBij3R02
00004
00000

 NT-Dに似るも、EXAMシステムの末裔“妖刀”

妖刀システム
 EXAMそのものではなく、参考にしたシステム
 NTの脳波をプログラミングした
 精神感応AI

 AI制御で、搭乗者が潰れるほど高機動

 ただ本来は、“人間の精神修行”が目的で
 後に制御可能に

 イットウ・ツルギの成長で、システムも変化

 システムは頭部にあり、後に回収され「サイコ・ガンダム」に転用されたと記述

2009年から2013年まで連載
同スタッフ『連邦愚連隊』と世界観を共有

00000

 その造形は、一言で言えば「任侠もの」

この刀にかけて!
 愚連隊が不良軍人、アメリカ映画的ノリに対し
 本作は、U.C.0084年の連邦を舞台に
 軍内の「任侠部隊」が主役

 星の屑事件翌年、ティターンズ台頭期

 対し、元々「連邦の軍内警察」だった
 まんまヤクザな部隊が主役

 フルアーマーアレックスなど「幻のMS」揃い

 ゲーム初出MSも多く「それ、宇宙世紀に存在してるの!?」とMSマニアをワクワクさせる作品でもありました

※トップに戻る

蒔島梓 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 感想

 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 1巻“シャアの期待”アムロを乗せなかったガンダム
 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 2巻“黒幕達の分水嶺” 制作対談も収録
 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 3巻【最終回】“フェイルノート”

これまでの記事















※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング