公式サイト ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 16日 20時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
人が変わるのは「出会い」
突きつけられた現実、小さな一歩のカザミ回!

00111
00032
00031
こんなの俺じゃない。それがみっともなくも素敵だ!
 つまり、“目指す自分”がハッキリあるのね
 キャプテン・ジオンと全く同じで
 今、弱さと向き合った

 捨てたら自分じゃなくなる“理想”がある!

迷惑だけど眩しい男達!
 勝てないとか弱いとかで、理想を引っ込めない
 これが今の自分だ、と弱さを知ってでも
 俺は、なりたい俺があるんだ!
 と再確認したのか

 気弱なヒロトやパルに、眩しくない訳がない!

 ゴジョウさんの気持ちが解った気がした!

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 7話 感想


 第7話「傷だらけの栄冠」
 冒頭「ヒロトはゴジョウに頼まれた」
 俺、何やってんだろうな
 Aパート「ムランさんは信じない」
 ヒロトとカザミを彼女が見てる
 敵襲だーーー!
 信用していない彼ら
 ムランとガンダムゼルトザーム
 強襲、エルドラドートレス!

・Bパート「フレディに生まれた信頼」
 砕け散る剣
 キャプテン・ジオンが屈しない理由
 カザミの「本当の俺」が変わる時
 本当の戦いはこれからだ!
 カザミに輝いた「栄冠」

・今週のコーラサワー
 カザミが手に入れたもの
 頭上の悪魔、ゼルトザーム
 手にした「最後の逆転の鍵」
 Re:RISEニュースは「ガンプレモバイル」!?
 感想追記

・公式ツイッターより
 制作スタッフ
 次回予告
 
・これまでの感想
 HOBBY HOBBY イメージングダイバーズ[Ver.C.Z]
 ビルドダイバーズ 感想
※ガンダムチャンネル(外部サイト)

自分の弱さを知る事、知っても理想を貫く事!
ヒロト達、全員にも重なった一幕

00057
00034



 何せゼルトザーム、デタラメな強さ!?

ガンダムゼルトザーム
 カザミが今の実力を、ようやく受け止めたように
 今回、敵は圧倒的に強すぎると発覚
 相対的に「こっちは弱い」

 それでも、ヒロト達は戦い続けられるか?

 と、今後テーマになるのかもしれません
 そのくらい強かった!

 託された逆転の鍵とは? あの“銀の塔”の鍵?

 ゼルトザームのパイロットに託された?

※前回を見る限り元仲間らしい

ある意味、SEED的!
そしてキャプテンが、“目の前の敵に向けた言葉”

00033
 それが奇しくも、カザミに重なるのが面白い!

あらすじ
 ヒロトはゴジョウにカザミを頼まれ、早々に衝突
 だが、カザミが任務に信頼に懸命な姿に
 応えようと考えを改めた

 撤退戦中、カザミは己の弱さに直面

 しかし、キャプテンの言葉に奮起し
 任務を成功へと導く

 最中ゼルトザームが襲来、一行は必死に逃走

 ムランの信頼を得て「鍵」を預かる事となる

 次回、ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」

久々に、“イヴと過ごした場所”を探すヒロト

00036
 前回、ヒロト達は基地機能移転護衛を請け負い
 テストに、初めての対人戦をするも
 カザミの古巣に大敗

 果たしてキャプテンジオンは何故カッコイイのか

 それは、鍛えているからだ!

ヒロト『…ここも違うか』

00037
00039
お前らがちゃんとしっかりしてくれねーと、恥かくのはリーダーの(カザミ」

自称リーダー
 強引に通信を切るヒロト。一応、作戦上の偵察も
 ヒロト、度々「場所探し」をしてるらしく
 カザミを焦らせたらしい

 てか自称リーダーなのに偉そうに!

 ただ、撃墜数ゼロ=実力がないと自覚
 自覚ゆえの焦りか

 こうして、あちこち追い出されてきたのね

 と、よく解るワンシーン
 
回想『ヒロト君!』

00044

)ゴジョウ
 カザミの事、頼めないだろうか?


 ああいう奴だから、色々ブツかる事も多くて…
 結局、俺も…

 あいつに何もしてやれなかったから…


 けど今日のクリエイトミッションで解ったよ


00047
今でもアイツは、アイツなりにもがいてるって…

沙悟浄の頼み
 だからゴジョウは、カザミの力になってやりたい
 カザミは、ああ見えてちゃんと苦しみ
 変わろうとしてる

 だから何とかしたい、頼む!

 もっと言えば、彼はカザミを信じてる
 良い奴だと思えばこそか

 でなきゃここまでは言わないでしょう

 と、私は思う

ヒロト『どうして俺に…』

00049

)ヒロト
 俺は…


)ゴジョウ
 君に…、頼みたいんだ


00051
00055
 何故なのか、は敢えて伝えないゴジョウ

何故オレが
 それは言葉にしたら、意味を失うからでしょうか
 ヒロトも、前回あれだけ厳しく言われ
 口ごもってました

 ヒロトもまた、もがいているからか

 ヒロトも「周りを信頼したい」と
 もがいてるから

 カザミが悪いんだ!と反論したっていい

 でも辛そうにしていたから

「君なら一緒に成長できる」と思ったのか

ヒロト『俺…、何やってんだろうな? イヴ…』

00056
 第1話冒頭の通り、イヴと過ごした場所を探す
 でも、その目的から逸れたところで
 悩んでしまってる

 そうしたいと思ってしまい、戸惑ってるのか

 でなきゃ、一蹴すりゃいいんですから

カザミ『あのヤロ~!

00058

)カザミ
 ちょっと下手に出れば!

 人の事をなんだと思ってんだー!!


00062
00063
00065
ったく…、何やってんだ…? 俺……

重なる言葉
 下手だとか人の事をだとか、あまりな言い草!
 まんま、カザミに返してやりたい言葉!
 でも空を見て惑う

 今も「(彼なりに)下手」。もがいている

 周りと協調しようとしたり
 改善を図って、無駄で、自問自答して

「何やってんだろう」

 その気持ち、すっげえ解る気がします

ジェド『気をつけろよ! 大切な物資だ、慎重に頼むッ!!』

00066

)ザブン
 ほれほれカリコ~♪

 俺って力持ち~♪


)カリコ
 おい!? ちょ!


00069
00071
00072
 おっとパル君が庇った!?

馬鹿はやる!
 冒頭からびっくりした! あの引っ込み思案が!?
 兄さんが見たら記念日にしそう!
 日々之成長…!

ボクも手伝いますよっ

 てか獣人、成人でも小さいのね
 パル君かわいい!

 口が⊿!

 デルタアストレイ!

カザミ『遊んでんじゃねーぞおまえら~』

00077
 お前が言うな! を地でいくカザミさんの存在感
 続いて、猛烈な勢いで地雷を踏みますが
 ただ「荷運びも手伝う」

 やっぱ根はお人よしなんだなって思います

 自然な行動が快い 

『いつ敵が来るか、分かんねーんだから』

00078

)カザミ
 つーか、来てくれねーと撃墜数が稼げなくて

 こっちが困るんだけどな~♪


)目つきの悪い人
 触るな!


00091
お前達には護衛だけを頼んだはずだ、だから余計な事はしなくていい(ムラン」

手伝うカザミ
 これがゲームと信じきっているカザミらしい言葉
 が、“ここで生きている”ムランにすれば
 腹立たしい男よ!

 だからか守って貰ってるのに“余所者”と罵倒

 カザミ同様「身勝手」。
 怒りで、つい口が滑ったというところか

 続く台詞にハッとさせられます

ムラン『裏切られるのはもう、御免なのでな』

00092
 険悪さは、どうもゼルトザームに裏切られた為
 裏を返せば、それほど深く信じていた
 彼がまっとうである証か

 ヒロトに近い人なのかもしれません

「手柄に焦るフルン」が、カザミそっくりだったように

カザミ『あのヤロー! 好き勝手いいやがって!!』

00095
って! 俺もただのイベントパートに何アツくなってんだー!?

民とカザミ
 一番ゲーム扱いし、一番ゲーム扱いしてない
 彼らの言動に、一喜一憂したり
 追い掛け回されたり

 一番感情的なのがカザミだから面白い

 ヒネた接し方は、幾らでもありますけど
 彼の応対は素直です

 カザミは素直で面白い

ヒロト『どうかしたのか?』

00099

)ヒロト
 …さっきは、一方的に通話を切って悪かった


)カザミ
 遅ェよ!

 ったくお前、いつもどこほっつき歩いてンだよ!


00103
00104
00109
 縮めた距離を、3倍速で突き放すカザミ!

デリカシーゼロ
 翻弄されるパルとフレディ、年少組が微笑ましい
 ヒロトは、回想を踏まえ謝罪したのに
 カザミがひどい!

 自分が正しいと思う時、特有の傲慢さ

 実際、こんな調子の人はザラにいるから
 見てて胃がキリキリする!

 ヒロトの怒りが正し過ぎて全米が泣いた

 パル君も泣いていい!

メイ『何をしている!

00113

)メイ
 もうすぐミッション開始だ
 準備を急げ!


)パル&フレディ
 は、はい!


00111
00114
 軽がると2個抱え、周りにガン見されるメイ

お尻がキュートです
 性格上、“これが効率的”と判断して何でしょうが
 普段、NPC扱いしてる住民の為
 荷運びするのが意外

 メイ、二人のケンカだと理解した模様

 理解したけど口は出さない
 メイクオリティ

 ただ「だから」この後、突出したのかしら

二人を「見た」メイ

00116
 キービジュアルが、眼の形をした本作
 色的に、メイの瞳っぽいんですが
 どういう意味なのかしら

 或いはイヴの眼で、彼女が見守っている

 という意味なのかしら

カザミ『ったく…、どいつもコイツも好き勝手しやがって…』

00123
00126
00127
00130
グォー!(キャップ」

サボるカザミ
 好き勝手されイラついた(カザミ視点)ゆえ
 自分も、と動画を見始めるカザミ
 このダメっ子!

 が、キャプテン・ジオンは敗色濃厚…

 良い気分になろうと思ったのに
 ここで負け戦!

 リアルタイム配信らしい

どぉぉしたキャプテン・ジオン!

00131
 ガンダムSEED DESTINYの巨大可変MS
 デストロイガンダムの猛威!
 でもデカい!

 設定頭頂高は、νジオンの2倍にも満たない

 つまり巨大化してやがるぜ!

カザミ『まさかこれ…、負け回かよ………』

00132
00135
00136
00140
カザミ、知っているか? キャプテン・ジオンが、どうしてカッコいいのか(ゴジョウ」

キャプテン・ジオン
 普段ならともかく、ゴジョウの言葉が過ぎる
 これでは、スカッとするどころでなく
 カザミは映像を切断

…やっぱ、カッコ悪いぜ(カザミ」

 でも、頭を引っかかって離れないのは
 気付き始めているからか

 無視できない誠実さ

 だからゴジョウも気にかけるんでしょうね

敵襲だー!

00142

)カザミ
 いきなりすぎンだろ!
 輸送中に来るんじゃねえのか?!

 うお!?


00145
00151
00153
00154
 カザミ被弾に、パルを率いて飛び出すメイ

メイの判断
 この瞬発力! パルを指定して飛び出すのも
 彼女の評価が変化したんだ
 と、感じさせます

 もう足手まといじゃない

 パル編の通り、感情に疎すぎるメイ
 行動が雄弁に感じます

 メイさん、今までと違う動きだわ!

 パルって呼んでくれた!

『あー!? お前ら前衛は俺だってのに!』

00155

)ヒロト
 俺達が後衛に回るしかない


)カザミ
 わ、解ってるンな事!


00156
00159
00162
 ケンカしてたとは思えぬ判断の早さ!

状況に応じて!
 これはゴジョウというより、ヒロトらしい感じ
 感情を排し、合理的に動くヒロトと
 動揺するカザミ

 奇しくもケンカした二人が残った!

 メイは、ケンカという「状況」を見て
 どう思ったんでしょうか

 今までの彼女なら、単騎で飛び出した気がして

 今回、メイさんも妙に気になる!

フレディ『うわわわわ!?

00167
00168
 突然の襲撃にも、レジスタンスは覚悟完了済み
 ただ、フレディだけは心の準備がなく
 ムランが拾ってくれる事に

 やっぱり良い人だな貴様!

 しかしムラン、急に道をそれて…。

カザミ『偉そうなこと言って、道間違えやがったか!

00171

)ヒロト
 どうする?


)カザミ
 ほっとけ! あんな奴しったっちゃ


00173
00174
00180
お前…、変わってないんだな(ゴジョウ」

変わる為に
 過ぎった言葉に、“好き嫌い”を飲み込んだカザミ
 嫌いな奴だが「守るのが任務だ」
 ムランを守りに行け!
 と

…俺独り、残していけないってか?

 前回も、また昔のフォース時代でも
 カザミは「撃墜」に拘泥

 結果“防衛”に失敗し、敗北しています

 だから“変わりたい”のね!
 
カザミ『お前が、俺のこと信用してないのは知ってるよ!』

00183

)カザミ
 だが!
 今はごちゃごちゃ言ってる暇はねえ!

 とにかくここは俺に任せろ!


 本隊は俺が絶対に守ってやる!


 リーダーの俺が命令する! あっちはお前に任せたッ!!


00184
00185
00186
00188
00193
今でもアイツは、アイツなりにもがいている(ゴジョウ」

走り出した男
 ようやく実感した、カザミが変わろうとしてる
 きっと、変わろうと努力しているからこそ
 ゴジョウは応援したかった
 託したのね

 カザミは信用されようと奮起した

 前回ヒロトは、住人に“信用しなくていい”と言った
 信用してと言えなかった

 対しカザミは「信用しろ!」と奮起

 一歩先を行く彼を、信用したくなったのかしら

フレディ『うわわわわ!?

00197

)ムラン
 良し。この道ならば、敵に見つからずに合流地点まで行ける


)フレディ
 え?! それって皆を…


)ムラン
 …これも作戦遂行のためだ


00199
00200
00201
 どっこい敵が出た!

作戦遂行の為
 実はムラン、最初から皆を囮にする腹だった!
 ただ、先に言ってしまうと
 これが「本命」

 皆を囮にし、本命を届ける為の特務

 もしかしたら、当の仲間達は誰も知らない
 汚れ仕事を請け負ったのか

 彼はカザミ達を頼らないつもりだった

 彼は「仲間を信頼しなかった」と

『このまま一気に進む!』『りょ、了解!』

00202
00203
00204
00205
 敵防衛ラインを突破するメイとパル

突撃!隣の輸送拠点!!
 ごく当たり前の光景ですが、本作では違和感
 彼女、こんなに「話す」人だっけ?
 変化した?

 彼女も変わろうとし始めたのか?

 今回、“NPC”の荷運びを手伝ったり
 妙に声かけえしたり

 次回に繋ぐ前振りなのかも

 おかげで本隊は悠々!

絶望的な光景に、ムランは覚えがあった

00208
00209
00211
00212
00213
00215
 目を回してるフレディがかわいい

武者斎胡頑駄無
 どうも第5話ラスト再現、第4小隊の壊滅場面?
 彼は、ゼルトザームに“裏切られ”た
 が「見逃して貰った?」

 今回ラストの“鍵”は、ゼルトに貰った?

 ゼルトザームと仲間になるも
 ゼルト本来の、敵NPCとしての心が蘇った?

 自らの心と“命令”で、揺れ動いてるのかも

 あのマスク、洗脳マスクなのか?

ムラン『どうしてだ…? どうしてこんな事を?!』

00217
 瞬間、腕関節、コクピット部を撃ち抜いて降臨!
 ヒロト、どうも爆発させない為
 配慮したらしい

 続く攻撃も、シールドで殴る荒業!

 08小隊のように「鈍器」仕様シールド!!

フレディ『ヒロトさん!? どうしてここに!』

00224

)ヒロト
 フレディ!?

 リーダーの命令だ、皆を守れって…、あいつに任されたからな!


)ムラン
 リーダー…、あの男が!?
 

00231
00232
00236
 二重三重に意味がある「リーダーの頼み」

カザミの命令
 ヒロトにすれば、“自分を信用してくれた”嬉しさ
 まだ、カザミを信用していないと知りつつ
 彼は信じようとした

 なら応えなきゃ男が廃る!

 ムラン視点でも、自分が邪険にした男
 信用しないと拒絶した男

 自分が拒絶したのに、彼は助けてくれた

 見方が変わるにゃ十分よね!

カザミ『ジャスティース…、ランス!』

00240
 しかし、当のカザミは突撃をかわされ大苦戦
 何せ、作中は「ハードモード」相当で
 NPCとして上位ランク

 数機に対応できるカザミは多分、十分強い

 が、撃破となると難しい!

少しは当たれっての!

00245
00247
 甲高い音がした為、当たったことは当たった

ショットランサー
 槍は宇宙世紀、突くのに特化した高難度武器で
 横薙ぎでは、当てても切れません
 突かなきゃダメ!

 解っていても難しい!

 これが00系なら、GN粒子とかありますが
 彼の原型機はSEED系

 使い手次第で、恐るべき威力を発揮する実体槍

 が、使いこなすにはまだ未熟か

カザミ『このままミッションを成功させれば…!』

00251

)カザミ
 今度こそ俺だって…!

 俺だってキャプテン・ジオンみたいに!

 …!?


00253
00255
00257
00260
 このデタラメな火力! よく避けたわ!!

カザミの理想像
 彼はキャプテン・ジオンみたいになりたい
 憧れ、彼を真似ているからこそ
 派手にアクションする
 とまれ!

何だ…、新型!?

 今は敵が先も、予告に出たアレだ!
 想像以上ですわ

 だよね、強力な新量産機つーたらドートレス!

 ドートレス・ネオみたいな迫力!

ドートレスかよ!

00262
 ガンダムXに登場した、連邦軍の量産型MS
 政府崩壊から、15年経った劇中では
 ポピュラーに“私有”

 決して強くない、やられ役相当のMS…

 とは思えない鮮烈デビュー! 

カザミ『パワー上げすぎじゃねェか…!?』

00267
00271
00273
00275
ゲームバランス…、ムチャクチャだぜ…?!

エルドラドートレス
 これだけ高い火力を持ちながら、機動性も高い!
 どうやら、初撃は最大火力だったらしく
 以降は拡散モード

 4本のビームがバラバラに着弾

 OPでもドヤ顔しているMSながら
 それも納得!

 上位量産機だと一発で解るデビュー!

※トップに戻る

ムラン『何故だ……』

00279

)ムラン
 何故あいつらは戦えるんだ…
 何の関わりもない…

 私たちの為に…


)フレディ
 それは…


00281
00282
00286
00288
それがBUILD DiVERSだからです!(フレディ」

結論の先
 奇襲で撃破するも、単機では大苦戦するヒロト
 ただ、こうして苦戦するからこそ
 ムランに響いたらしい

 多分“善意を信じた”から、裏切られた

 ゼルトに裏切られ、利益がないからだ
 と納得したんでしょうか

 信じた自分がバカだった

 でもヒロト達は、傷付きながら奮闘してる

フレディも、“創造主への妄信”から変化していた

00292

)フレディ
 正直…、何だか皆さんバラバラで…
 思ったより心もとない感じが…
 でも!

 いつも全力で戦って、必ずヒトツメ達をやっつけてくれる!


 心から信じられる、僕たちの大切な仲間なんです!


00294
00295
00298
00299
00301
00306
あ!? 創造主様相手にちょっとおこがましい事を!?(フレディ」

妄信から信頼へ
 神様だから勝って、守ってくれて当然と思ってた
 でも、実際にカザミ機に同乗した事で
 良い方向へと変化した
 仲間だと

仲間……(ムラン」

 弱い部分までも、見てしまうからこそ
 逆に信頼できる事もある

 キャプテン・ジオンの格好良さと同じ

 きっと同じなんだと思います

ヒロト『フレディ、君はムランさんと中継地点へ行け!』

00308

)フレディ
 え? はい! あ…、でも…?

 って、ヒロトさーん!?


)ムラン
 ビルド…、ダイバーズ……


00312
00314
00315
00316
00317
00319
何て火力だ…、このままじゃヤられちゃいますよ!?(パル」

庇う女
 慌てたフレディ、そのくらいヒロトは焦っていた
 そのくらい、カザミを心配するヒロト
 大苦戦のパル!

 おいおいメイさん庇ってる!?

 ホバー! 爆走機動しつつ砲撃されては
 護衛の盾になるしか

 ただメイが、“パルを庇った”のは新鮮な状況!

 やっぱり変わろうとしてる?!

カザミ『ぐおおおお!?

00322

)カザミ
 調子に乗りやがって…

 ヤられてたまるかよおッ!


00326
00330
00333
 でもヤられちゃうんだな…、これが

カザミの力
 ただ、前衛を担うに足る、素体の頑丈さは特筆
 ナイトジャスティス、という“元ネタ”からか
 騎士風は伊達じゃない!

 本機は装甲強化と、武装省略が肝

 装甲が重い分、武装を思い切って省略し
 トータルでは大幅軽量化

 装甲強化の恩恵が、ハッキリ出た状況だ!

 伊達に重装甲じゃないのね!

多分、元ネタをイメージした「砕け散る剣」

00336
 SEEDでは、MSを“剣”にたとえた名場面があり
 今、剣が粉々になっていく様
 象徴的でした

 カザミの力、実力の象徴が粉々に

 粉々になっていく最後のプライド…!

元仲間『なンだよあいつ…、格好ばっかりで!』

00338

)元仲間
 ワンマンアーミー気取りじゃあなぁ…
 付き合いきれねえぜ


)元仲間サガリ
 私ムリ…、やっぱ一緒にやってけないよ…


00340

)カザミ
 こんなの俺じゃねえ…!
 次だ…

 次こそ俺が輝く番だ…!


00342
00343
 ワンマンアーミー、この場合00のブシドーか

自分を信じて
 否定され続け、それでも“自分”を信じ続けた
 自分は、例えればSEEDのキラのような?
 特別な存在だと

 自分は特別な側だと信じ続けた

 主人公なら、土壇場で奇跡だって起きるし
 ピンチだって覆せる

 ある意味“覚醒”を待ってるのかもしれません

 彼もアニメファンですから

カザミ『……ちくしょう…!

00344

)カザミ
 こんなハズじゃ
 こんなハズじゃなかったのに… 

 何でだよ…、何で…!


 また…、ダメなのかよ…!


00353
00355
 被弾の衝撃か、偶然「G-Tube」と接続

無理やりにでも上を向け
 今度こそはっきり敗北を、弱さを体験したカザミ
 なぶり殺し状態にあってこそ
 弱さを実感
 
まだだ…、まだ終わっていないぞ!

 作中では、何だかんだで切り抜けてきた
 自分の番が来ると信じられた

 久々の完全敗北!

 でもダメだからこそ向き合える!

 負ける事も無意味じゃないのね!

キャプテン・ジオン『まだだと言っている!』

00364

)デストロイガンダム
 はぁ~?
 バッカじゃねーの?

 勝ち目なんて全然ないって~のに?


 何でそんなにまでして戦っちゃうワケ?


00360
00366
00367
自分に…、ウソはつけないからな!

魔法使いのように
 勝ち目がないとか、弱いからとかで譲れないもの
 彼も、カザミだって同じなんですね
 引っ込めたくない

 屈さない、“やりたいもの”を譲らない強さ

 敵の強さとか、自分の弱さとか
 ひっくるめた「現実」

 現実に屈さず、夢を目指す強さ!

 捨てたら自分じゃなくなる、そんな大切な動機!

キャプテン『自分に…、ウソはつけないからな!』

00370

)キャプテン・ジオン
 この胸に炎が…
 ガンプラ魂が燃えている限り!

 私は何度でも立ち上がる!


 何故なら…、それがキャプテン・ジオンだからだ!


00371

)キャプテン・ジオン
 キミの胸にもまだあるはずだ!

 熱く燃える何かが!


※敵ダイバーに向けた台詞


00375

)カザミ
 俺の…、胸に…?


)キャプテン・ジオン
 そうとも…
 今こそ目覚める刻だ!

 誰のものでもない、キミだけのガンプラ魂が!


)カザミ
 俺の中にある…、俺だけの…!


00377
00379
「敵」をも信じ、目覚めるよう促したキャップ!

オリジナルの俺
 誰でもきっと始まりは純粋だ、と信じる姿勢か
 そうでなくても、これほど強力なガンプラ
 手にしたなら動機がある
 必ずある、と

 強い動機、“燃える何か”がある!

 キャップが、ガンプラ魂で動くように
 それぞれ動機がある

 カザミにだって「本当の俺」

 目指す、理想の自分があるのですから

キャプテンが“敵に向けた言葉”で奮起したカザミ

00380
 それは、彼の言葉に普遍性があったから
 私は、胸に熱い動機があるんだ!
 君もだろう?と

 誰の胸にでも「彼」はいる!

 きっと、だから彼は尊敬されるのね!

カザミ『こんなところで終われねえ…!』

00386

)カザミ
 終わってたまるか…!


 今度こそ…

 今度こそ! 本当のヒーローに!
 本当の俺に…!

 なるんだあああ!


00392
00398
 カザミの“悪い口癖”は、生まれ変わった!

終わらない明日へ
 本当の俺、目指すべき理想の自分を持っている
 これが俺だ、と情けない自分で終わらず
 理想を目指す!

 “本当の俺”は、理想を目指す勇気の言葉!

 現実を見据えた上で
 理想を目指す、価値ある言葉になった!

 目指すはヒーロー!

 迫りくる現実(物理)を跳ね除けた!

カザミ『ぐっ…!

00402
00405
00410
00412
 現実は非情で、目の前の難敵は健在

現実
 しかし現実は慈悲深くも、ヒロトを間に合わせた
 さっき、フレディが止めるのも聞かず
 迅速に戻ったヒロト

 義理じゃない“信頼”ね!

 対し、ヒュンヒュン後退するドートレス
 火力と機動力の両立

 足裏がホバーなのは伊達じゃない!

 ヴェイガンみがある足裏!

ヒロト『遅くなった!

00413

)カザミ
 へっ、誰も待っちゃいねえよ…
 いや………

 ちょっとはアテにしてたか


00415
00416
………そうか(ヒロト」

彼らなりに
 冒頭と対。冒頭、謝ったヒロトを怒鳴ったカザミ
 でも、今度はちゃんと感謝した
 ギリギリの変化

 人は簡単には変われないから

 憎まれ口は叩く!
 けど、感謝もするようになった

 変わったね!

 つべこべつべこべと、何故ありがとうございますと言えんのだ!

デストロイガンダム『何ィ?!

00419

)ガザ三兄弟
 ふざけたマナー違反野郎が!

 たとえお天道様が許しても


)三兄弟
 このガザ三兄弟が許さないわ!


00031

)キャップ
 君たち!?


)三兄弟
 遅くなりやした、キャプテン!


)キャップ
 …ふっ、いや…!

 本当の戦いはこれからだ!


00422
00424
00425
00427
 さすがのキャップも驚いていた様子

届いた言葉
 まさかの三兄弟、“ねじ伏せられた三人”再び!
 当時、呆れるばかりで反省もなく
 お前が言うなな再登場!

 だが、キャップの危機が変えたのか

 リアルタイム動画
 近場と見て、駆けつけたんでしょうか

 あの言葉は、皆に届けられたのですから

 カザミ同様、“変わった”!

いくぞ!』『ああ!』

00429
00432
00438
00452
00456
00460
 すげえカザミ、“受け流して”やがる!

徒手空拳
 元々カザミの服は、ガンダムマックスターを髣髴
 彼は、こうしたボクシングやレスリング
 超近接戦向きなのかも

 機体もGガンダム系っぽいし!

 さながら、初代ククルス・ドアンのように
 武器よさらば!

 徒手空拳の正義!

 インジャから、武器全廃した姿がそこにある!

ヒロトも、ここにきて縦横無尽な戦いに

00464
 さっき、たった2機に苦戦していたヒロトですが
 今度は、カザミが足止めしてくれたおかげで
 次々と撃破へ

 その変化が快い

カザミ『お前ら!?

00467
00469
00472
00473
00475
安心しろ、進行方面に展開していた敵機は掃討した(メイ」

合流、BUILD DiVERS
 エルドラドートレス2機に、手を焼いてた二人も
 奴らを撃破、輸送部隊を中継地へ
 第一段階を完了!

 川を下り、水上都市まで一直線!

 水上では、デスネイビーが危惧も
 どうやら不在らしい

 パル君、めちゃくちゃ機動性上がったね!

 今回は機動性が大切!

カザミ『もうひとふんばり…、って危ねえ?!

00478

)メイ
 焦るな!
 奴の構造上の弱点は…


)カザミ
 うおおおおおお!


00480
00481
00482
00485
00490
00491
00495
00500
00032
00507
そう…、近接戦闘だ(メイ」

人類最古の格闘兵器
 最後が締まらないものの、無自覚な最適解!
 カザミ、最後に残った右拳で貫通
 グレートパンクラチオン…!

 大の字になって転がるジャスティス

 さながら、昭和のツッパリ達が
 川原で喧嘩した後のよう

 指も欠け、満身創痍でやりきった!

 彼は「弱い」から!

カザミ『…ヒヤヒヤさせやがって……』

00510
 傷付き、“弱さ”を身体で感じながらやり抜いて
 掴んだ栄冠は「撃墜数1」
 はじめの一歩

 これが「現実」

 確かに「変わる事が出来た証」なのね!

『撃墜…、俺が…? …うおおお!

00514

)サガリ
 今頃どうしてるかな~、カザミ


)ユウリ
 やっぱボロボロに負けてんじゃない?


 せっかく相手役買って出たのにさ


00517
言えてる、アイツ反省しなそうだし…(サガリ」

カザミサンシャイン!
 そして何気に、元仲間に心配されていたカザミ
 彼らだって、反省して欲しい
 変わって欲しい

 だから相手役を買って出たんだ

 回想とか、結構ボロクソ言ってましたが
 言葉と心は別物

 憎めない男でもあったのね

 タピってやがる!
 
ゴジョウ『そうとも限らないさ』

00520

)ゴジョウさん
 出会いに恵まれさえすれば

 人は、変わる事が出来るんだ…


00522
 そして後ろにいる第08MSタピオカコーラサワー

西遊記
 ガザ三兄弟が変われたように、彼は信じている
 ヒロトなら、互いに変えあう事が出来る
 と信じたのか

 だから“西遊記”

 西遊記は、孫悟空たちみんな罪人で
 どうしようもない連中でした

 でも菩薩様に、三蔵法師に出会って変わった

 同じように「出会いが人を変える」物語

ヒロト『よく持ちこたえたな』

00525

)カザミ
 へ、俺を誰だと思ってやがんだ!
 なんて…言えねェな…

 一機墜とすのにこのザマじゃあ…


 ったく…、カッコ悪いぜ…


00527

)ヒロト
 いや、かっこ悪いとは思わない

 ああ…、と、俺は…
 思うんだが…


00531
00532
 ようやく「かっこ悪い」と認めたカザミ

今と未来
 今の自分は弱い、とても大口なんて叩けない
 そう正しく自己評価した時にこそ
 仲間たちは賞賛へ

 弱く、傷付いてでも掴みたい“俺”がある

 今までは、てっとり早く称号目当ても
 称号は「認めさせる手段」

 そんな実利より、理想に目を据え直した

 でっけえ成長だよカザミさん!

パル『そうですよ! カッコ良かったです、カザミさん!!』

00533

)パル
 上手くいえませんけど
 なんか一生懸命っていうか、なりふり構わずっていうか! めちゃくちゃって言うか、無駄に熱いって言うか!


 ボク、感動しました!


00537

)メイ
 まったく非効率な戦い方だ

 …だが何故か、これまでのどの戦いよりも
 パワーを感じられた


 それを時に、人は「かっこいい」というのかもしれないな


00541
00543
00545
 やはり「感情」が解らないらしいメイ

ELダイバー疑惑
 また、パルも無自覚に毒舌な面があるらしく
 今まで以上に、気を許し始めた事で
 表に出てきた様子

 何せ兄が“前作の彼”みたいですし

 ただ、今回パルに声をかけたり
 メイも積極性の発露

 人への理解に努めるメイ

 単にそういう人か、ELダイバーなのか…?

手を貸して欲しい、と頼る勇気を得たカザミ
手を、差し伸べる事に躊躇ったヒロト

00547
 前回、“信用してとは言えなかった”ヒロトらしく
 今回も、ちょっぴり躊躇いましたが
 手を差し出す事に

 幼いパルに対してとは違う、対等な相手として

 ヒロトもちょっぴり成長です…!

頭上からのバスターランチャー!
狙われたのはヒロト達…、ではなく

00548
00553
00560
00566
00573
00034
00579
00581
00583
00588
00590
00593
00596
 極端に長い腕が生む、強烈な剣風!

頭上の悪魔
 高出力かつ長い腕と、巨大武器による遠心力!
 ただ、腕を振り回すだけで風を生み
 3機を吹き飛ばす程!

 推力全開のアース、重いウォドム

 それらを、ただ“振り回す”だけで圧倒
 長い腕が利いてるわ!

 ただ振り回す、単純動作が圧倒的!

 レジスタンス基地も消失…

パル『だったら、コレで!

00601
 パル機の原型、アストレアFは二挺バズーカ持ち
 更に、グゥレイトォ!に連結し
 大出力化が可能!

 パルが持ちうる、最大火力モード! 

 なんとまあカラクリの多い機械だ

ヒロト『リミテッドチェンジ…、アース・トゥー・ビーナス!』

00614
00617
00035
00624
00632
00634
00639
00640
00643
 オープニングラストの“煙”は、これなのか!?

特゛攻ら!
 ヒロトも咄嗟に、待機させていたビーナスを使用
 限定的に、武装だけ交換するモードを
 リミテッドと呼称

 それでダメなら特攻だ!

 おそらく初代ガンダム同様
 アーマー内に、コ・ジェネレーターを内蔵

 これを2つ分、自爆同然に特攻させ大爆発!

 死んでたらどうなってたやら! 

カザミ『くそ! 何なんだアイツは!!』

00644

)カザミ
 他人のミッション引っ掻き回しやがって!

 今度あったら叩きのめしてやる!


00647
 それ無理やろ! 視聴者総ツッコミ!!

ガンダムゼルトザーム
 今回、カザミが己の弱さを思い知ったように
 今回、BUILD DiVERS自体もまた
 相対的に「弱い」

 ゼルトザームには全く敵わない

 カザミは、弱さを自覚する好スタートも
 チームとしては絶望的

 何せ敵は、まるで本気に見えませんでした

 というか、おそらく「未完成」か

カザミ『おお~、フレディ、無事だったか!

00650

)ムラン
 これをBUILD DiVERSへ…
 これさえ無事なら、私たちの戦いは…

 まだ、終わらない…!


00652

)メイ
 このミッションの本来の目的は
 このギミックの移送だった、という事か


)フレディ
 …BUILD DiVERSの事を、信じてくれたんです
 ムランさん…

 だから、このペンダントを皆さんに…


00654
00656
00658
00664
これは僕たちに残された、最後の逆転の鍵だって!」

出所はゼルトザーム?
 どこで入手し、何に使うアイテムかは一切不明
 逆転、システムを止めうる鍵だとか
 パスワード系か?

 先日、敵生産基地を開錠したように?

 敵施設の制御装置、マスターキーの類か?
 いや先日は開かなかったけど

 直接使えば、施設コントロールを奪える的な?

 先日は、データだけ使ったからダメだった的な

カザミのRAISEニュース!
まさかの「ガンダムブレイカーモバイル」!?

00013



 ガンプラは一段落し、ゲーム推し!

ガンダムブレイカーモバイル
 お馴染みガンプラバトルをモチーフにしたゲーム
 今回、アースリィとマーズフォーのみ参戦し
 カザミがネタにしてる!

 そら羨ましいよね!

 改造サンプルも、インパクトあるもの揃いで
 PVとしても楽しそうでした

 特に頭と胴体のミスマッチ感!

 まさに「遊び」だわ!

感想追記

・西遊記。出会いで変わるお話
  …今度こそ!くり返した「信頼ガチャ」
・それでも! なりたい「本当の俺」があるんだ!!
  …現実を突きつけられ、それでも貫いたカザミ
・やけに格闘戦が似合ってたカザミ
  …次は「フリーダム」になる前触れ?
・外伝「イメージングビルダーズ」始動!
  …キャプテンが作る!作例WEB企画始動!!

・考察、ガンダムゼルトザーム
  …そのパイロットは「全裸」?
・考察、キャプテン・ジオン!
  …キット発売で、更に深まった疑惑
・出現、エルドラドートレス!
  …三つ目がとおる!

※トップに戻る

終わってみると、西遊記イメージがピッタリ!


00520
 西遊記は、3人の出自自体も特殊ですが

出会いの物語
 札付きの暴れ者たちが、出会いで変わる物語
 前回、カザミが「暴れ者」扱いされたのも
 思えばまんまなのね
 猪八戒まんま!

 ガザ三兄弟だって、出会いによって変われた

 カザミは彼らと同じ
 ただのやられ役じゃなかったのが面白い

「誰だって変われる」明るいメッセージだとも感じました

カザミがくり返した「信頼」ガチャ

00338
 次こそは自分の番、自分は運が悪いだけ

自分ガチャ
 環境、フォースを変える事も多分“ガチャ”
 次のフォースなら、自分と合うかもと
 探し続けたんでしょうか 

 次は、次こそはと引き続ける「ガチャ」

 次の戦いでは活躍できるかも
 次の仲間となら!

 でも自分を変えよう、と思い至れたカザミ

 もちろん、簡単には変われないでしょうけども

 でも動くのが大事と「Gの閃光」でも歌ってたし!

弱いという現実に打ちのめされたカザミ
それでも「本当の俺」になりたい!

00398
それでも!守りたい世界があるんだ!!(キラ・ヤマト」

本当の俺になるんだ!
 いや茶化すんじゃなくて、本当に思ったんですよ
 SEEDラストで、キラが叫んだセリフですが
 キツい現実を突きつけられた末

 現実に屈せず、望む未来を求める姿勢

 制作側が、意図的に重ねていたのかな
 と思えるシーンでした

 ジャスティスでなくフリーダムガンダムですが

俺は弱いと現実を受け入れた上で
それでも「本当の俺」になりたいと目指す事

00379
今度こそ! 本当のヒーローに! 本当の俺に…! なるんだあああ!

本当の俺
 相手が強いから、とマナー修正を諦めちゃダメ
 それじゃ「キャプテン」じゃなくなるから
 同じなんですね

 ヒーロー、本当の俺を目指す心は捨てたくない

 今まで「俺は変わる必要はない」だった
 それが「本当の俺」

 対し理想を目指す、希望の言葉に変わった

 これは大きかったですわ

自分の中に「本当の自分」という理想像がある
だから、理想に向かって努力する

00543
 今までは安住、変わる必要がないと慰める言葉

本当の俺
 それが、自分を鼓舞する言葉へと変わるのは
 まったくもってアツかった!
 逆転の発想よね!

現実を直視する事
その上で「目指す未来」から目を離さない事



 余談ですがそれがテーマなのが「DUST」

クロスボーンガンダムDUST
 先週まさに、それがテーマだと再確認したので
 今、ピッタリな話だなと思いました
 辛い現実と向き合い
 理想を追う事

 何を目指しているか、常に意識する事

 目的意識って大切だよねって

妙にボクシングスタイルが似合っていたカザミ
もしや「フリーダム」になる前触れ?

00000
 そうとも! ガンダムフリーダムによう!!

機動武闘外伝ガンダムファイト 7th
 ご存知、Gガンの先代シャッフル同盟・元愛機
 まさかSEEDのフリーダムガンダムを改造し
 本機風にするんじゃ…

 とは考えすぎか

 モルダー、私疲れているのよ!

キャプテンが作り、キャプテンが解説する!
外伝作例企画がWEB始動!



 上が掲載サイトで、下が当方の感想

イメージングビルダーズ
 さらっと読める、YouTuber感覚の新企画!
 ホント! ホントさらっと読めるので!
 オススメ!

 第1弾テーマはコアガンダム

 実際にプラモを作る作例企画
 また、雑誌ホビージャパン誌上でも展開中!

考察、ガンダムゼルトザーム
パイロットは全裸の人か?

00522
00523


 第3話ラスト、ここから動き出したのか?

ポイントは無表情さ
 敵は住民を殺してる。住民が“データ”であるなら
 殺し、データとして分解、集めることにより
 彼を「作っている」のか?

 善悪や感情がない「生まれたて」?

 故に、最初は住民に接触し「友達」になった
 という風に思えます

 しかし本来の使命で、殲滅に動き出した?

 無表情さが作り物、未完成っぽい

仮面を外せば元に?
おそらくは、“逆転の鍵”も彼が出所か

00215
 回想は、ムランを撃とうとしたところで中断

仮面は「洗脳装置」的な
 思うに撃たず、あの「鍵」を持たせて逃した
 施設などの、マスターキーに相当する
 敵の中核なんじゃないかと

 何らかの拍子にシステムが稼働、彼を製造

 システム自体、何か目的を持っており
 その戦力として生まれた…

 的な?

キット発売で深まった?
キャプテン・ジオン、“ロンメル大佐”説

00284
00001


 伝説的なモフモフ感を誇る有名ダイバー

キャプテン・ジオン
 二人声が同じ。でもさすがにストレートすぎるも
 今回「こだわりでサバイバルナイフを使用」
 とキットで解説

 やっぱロンメルじゃないか説再燃

 あのミリタリー好き大佐!
 もう一周回って、そのまんまなんじゃと

 有名になりすぎ、より自由に動くための姿か?

 旧作もGBNを守ろうとした側

「キョウヤと似た必殺技」も、親交だと思えば納得ですし

ヒトツメの上位機種で、イツツメの下位機種
ミツメのエルドラドートレス!

00001



 コメントで頂いた通り、目が多い上位機種

まんまか!
 原典では決して強力なモビルスーツではなく
 上位機種、ドートレスネオと比べると
 安定したヤラレ役

 ここでキット化する熱い意思を感じる!

 目が多いという長所に着眼し
 上位機種に採用…?

 目の数が命取りだ!

 なんて冷静で的確な判断力なんだ!

 原作でも極めてバリエーションが多いMS

中でも、圧倒的な強さを誇るバリエーションが

00210
00001
 何故か公式サイトに画像がねえ!

ドートレス・ネオ
 量産機ながら、様々なMSからフィードバック
 たとえば、ガンダムⅩ世界で希少な
 飛行能力さえ獲得

 強かった印象が残る量産機

 しかし、今見るとホント微妙に…
 微妙に流用不可

 設定上も一新された新型機

 妥当ながら、キット化の難しさを再確認

 これと比べりゃ、エルドラの変更点は可愛い物!

※トップに戻る

公式ツイッターより





























































2019年11月14日 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」

 ヒロト成長の第3話と同じ山田脚本!

スタッフ
 脚本:山田靖智
 絵コンテ:小林寛/斉藤哲人
 演出:小谷野竜成
 キャラクター作画監督:むらせまいこ、野崎真一
 メカ作画監督:宇田早輝子、久壽米木信弥
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:-

あらすじ
ゴジョウからカザミのことを頼まれたヒロトだが、その真意をどうしても理解できない。一方のカザミも、自身の理想とは大きくかけ離れた現実との溝を埋める方法を見つけられず、ただもがくばかり。そんな危ういチームワークの中で、護衛・撤退戦のミッションが始まろうとしていた。
次回、効率主義なメイ編は「ヒロトの過去」へ!

00011

)予告メイ
 ダイバー達には、それぞれのミッションがある

 手に入れたいもの
 行きたい場所
 なりたい自分


 私にとってのそれは…


00003
00004
00005
 メイ編テーマは「動機」か

リアルカラー版コアガンダム
 パル克服、カザミが未来を追うストーリーに続き
 ヒロトが、イヴを失った過去がテーマらしく
 回想の“リアルカラー版”に

 友が欲しいパル、行きたいヒロト、なりたいカザミ

 皆、目的=ミッションを持ってGBNにいて
 メイだけは不明瞭

 イヴと会いたいんじゃなく、会った場所へ

「無駄な願い」に、メイは何を思うんでしょうか

 次回、ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」




トップに戻る

※過去記事一覧ページ

※前作ビルドダイバーズ記事一覧へ


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」


 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」
 GBWC 第2話「シモダ/ストライクフリーダムMR-G」
 GBWC 第3話「ロック/ウイングガンダムゼロルシファー」
 GBWC 第4話「キュベレイダムド/百式壊-クラッシュ-」
 GBWC 第5話「ヤマタツ/ガンダムノイズキャンセラ」
 GBWC 第6話「ユースケ/フルアーマーガンダム 〜バラージュ ザ ヘッジホッグ」
 GBWC 第7話「カツ/ジ・O カスタマイズ」
 GBWC 第8話「シューン/ジオング・スペクトラ」
 GBWC 第9話「エピローグ」

ガンダムビルドダイバーズ外伝 感想




 ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻“マスダイバー達の物語”
 ガンダムビルドダイバーズブレイク 2巻【最終回】

 ガンダムビルドダイバーリゼ 1巻“コアガンダムになりたい”
 ガンダムビルドダイバーリゼ 2巻“リクの道筋にいた男”

※トップに戻る

HOBBY HOBBY イメージングダイバーズ[Ver.C.Z]

 HHID Ver.C.Z 第1回「コアガンダム」
 HHID Ver.C.Z 第2回「量産型ジオニックソード」
 HHID Ver.C.Z 第3回「自由なる蒼の騎士」
 HHID Ver.C.Z 第4回「プラネッツアーマーズ」

































 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE オープニング&エンディング画像まとめ
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第1話「彷徨のコアガンダム」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第2話「知られざるミッション」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第4話「傷ついた翼」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第5話「いま、翼ひろげて」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第9話「隔絶の淵から」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第10話「そこにある息吹」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第11話「ラストミッション」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第12話「震える世界」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第13話「この宇宙のどこかで」


 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第2期PV
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第14話「めぐりあい、そして」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第15話「使命-ミッション-、再び」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第16話「天空の大地へ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第17話「聖獣クアドルン」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第18話「完璧な狙撃者」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第19話「君がいなければ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第20話「託された願い」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第21話「もういちど飛ぶために」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第22話「刻限のゼルトザーム」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第23話「選択のとき」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第24話「ビルドダイバーズ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第25話「僕が描く明日へ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第26話「RAISE【最終回】」

・前作ビルドダイバーズ記事一覧へ
  …本作2年前
・外伝ビルドダイバーズ記事一覧へ
  …模型作例・漫画外伝
・ビルドダイバーズ Re:RISE記事一覧

・ガンダム関連記事一覧

※トップに戻る