試し読み トニカクカワイイ 8巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 畑 健二郎 これまでの感想はこちら 前回はこちら
司さんの後見人、ファンキーな時子さん登場巻!
新章で、百鬼桜花&肌黒な少女も

トニカクカワイイ 8巻 感想
00043
00018
肩紐を切りたい美しい表紙、草津温泉フィナーレ!
 幼少期から、司を慕ってたらしい時子さん
 司の前だと、気が若返っちゃうのか?
 気持ちも姿も丸裸な巻

 司さんがクールなのは見た目だけ。暴露巻!

夫婦、温泉に入る
 当たり前ですが、好き、とは誰だって言えるけど
 好きと、“言って欲しい人”は限られる訳で
 司さんの素直さが加速中
 光より速く!

 今までも内心ドキドキ? まあ微笑ましい!

 ナサ君を“同類”と思ってた百鬼さんも気になる

トニカクカワイイ 8巻 感想


・第70話「時のラビリンス」
   …今ならデビルガンダムにも勝てる気がした
・第71話「幾星霜の果ての果て」
   …司の後見人、ナサ君を評する
・第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました」
   …夫婦といえど「一緒に入ろう」は…!
・第73話「月影の下で」
   …一緒に…、お風呂入ろう。
 第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」
   …どうしていいかわからない由崎夫婦。
・第75話「君を想う」
   …司さん、言語化される。言語化する。
・第76話「もっとTO LOVEりたかった」
   …温泉編、真・完結編
・第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」
   …新章、百鬼 桜花(なきり おうか)回
・第78話「暑い日が続きますね」
   …夜中に起きるのは三文オーバーの得
・第79話「友達の友達は他人」
   …司波さんとは誰なのかと思ったのも私だ
・第78.5話「怒られたくはないので…【描き下ろし】」
   …それはちょっと凹んでしまうので…
カバー下「じゃあ、脱ぐわ(続く」
   …次巻カバー下に続く
・これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

あらすじ
温泉編終了、“夫(妻)の友達”から話が広がる?

00034

 色々貸してくれる百鬼 桜花さん

あらすじ
 温泉で、夫妻は司の後見人・月読時子と出会い
 ナサは「君なら成し遂げられる」と
 何かを託される

 温泉で混浴し、銭湯では水着が乱舞

 帰宅した由崎夫妻は猛暑に遭い
 クーラーを買い、取り付けで百鬼桜花の店へ

 そして司波さんについて相談される

 要の知り合い、幼女と司波さんと夏祭りとは?

第70話
新婚旅行2回戦! 夫婦に生じる温度差、乱入者!

00004
00006
00007
00008
00009
 噂の時子、千歳の祖母登場回!

第70話「時のラビリンス」
 困ってるおばあさんに、散々振り回されたナサ君
 えらくまた、畑先生的なボケだと思ったら
 司さんの後見人か

 しれっと源頼朝を呼び捨てる司さん

 ラブコメでも、定番化した草津温泉ですが
 感想が時を越えてて面白い

 京都の人の「前の戦争=応仁の乱」的な

 かぐやひめ司は相変らずミステリアス

第71話
司の後見人は、ナサ君をどう評したか

00010
00011
00012
 時子さん、ノリが完全に女子高生

第71話「幾星霜の果ての果て」
 孫と正反対、周囲を振り回すフルスイング婆様!
 ナサ君なら、誰も為しえなかった事を成す
 私も、安心できると評します
 ナイスチケット…!

 司の旅、人生にピリオドを打つ事…?

 初巻から、ずっと「かぐや姫」と前振りしつつ
 この点はホント進みません

 旧作ハヤテも「誤解」がそうでしたし?

 司の寡黙さに、めちゃくちゃ適切な助言が素敵 

 2コマ連続で推す適切さッ!

第72話
夫婦といえど「一緒に入ろう」って台詞は…!

00013
00014
00015
 この漫画「三千院カユラ」先生

第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました」
 名前が悪魔合体してるし、作画的に合作だな!
 とまれ、司は時子が幼い頃からの付き合い
 司さんに「懐いてる」

 司さんの前だと、キャラ崩壊する感じ?

 朗らかな人に見えましたが
 司の前だと、若い頃に戻っちゃう的な?

 とまれナサ君、“こんな美人と混浴?”と

 そうだよね おかねがいるおみせだよね

第73話
ナサ君は、言うべき事にブレない子なのだ

00016
00017
00018
00019
 漫画は前回がカユラ、今回がナギ作画?

第73話「月影の下で」
 初めての混浴回は、“月が綺麗ですね”から。
 ナサ君、司さんらしい告白でしたが
 司さんいいよね…

 遠回しじゃなく、直接言って

 好きだ、と伝える権利は誰にでもある
 でも「言って良い人」は一人。

 その権利を持つ君だから、言って欲しい

 プリーズダイレクトアタック!

 理屈めいてるのが(以下、言語野が崩壊しました)。

第74話
どうしていいか解らない時、訳もなく愛してるとか言ってみたくなると思いません?

00020
00021
 どのタイミングで出ればいいか解らない夫妻

第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」
 しかし言うのは勇気がいるので難しい
 初巻、スデに結婚してしまっただけに
 本作は言いまくりだがな!

 だがいつ出よう?」とは言えない!

「好き」とは言えてもッ!
「いつ出ようか」とは、言えないッ!

 フフフプリミティブ!

 奥さんからも「言う」ようなっていくのね…!

第75話
時子さんが教えてくれた、奥さんの大切な事

00022
00023
00024
 これまで7巻も、実は内心「こう」だったのかも

第75話「君を想う」
 ナサが司を思い、彼女に突っ込まれるワンセット
 実は、彼女も単に取り繕ってるだけだ
 と確定回

 なるほどHEROINEじゃねーの

 司さん自身、ぐいぐい言葉にしてくるし
 時子さん効果恐ろしい

 これ以上、どんだけ甘くするのかこの漫画

 司さんのミステリアス・パートナーさが、余計に甘さを生み出してますねグフォフォフォ!

第76話
ナサ君たちの帰宅を待たず、温泉・真・完結編!

00025
00026
 このワザとらしいTO LOVEる味!

第76話「もっとTO LOVEりたかった」
 ほー なんつーか 素朴だなァ…(略)。このどこか野暮ったい味って… いい意味で取り残されたサンデーのようだ。
 と、思わず孤独に考えたくなる程に
 残留組サービス回
 巨と貧の共演

 要ちゃんのジャージ姿いいよね

 てか「寝たいの!」って作者だよね!?
 畑先生だよね!?

 畑亜貴先生だよね!?

 心がわっはーわっはーする回でしたねェ…

第77話
エアコン取り付けの為、新章がスタートしました

00027
00028
00029
00030
 いきなりコアドリルとか言っちゃうヒロイン

第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」
 離れが暑い為、エアコン買ってナサ君がつける
 当然のように、施工できてしまうナサ君
 君、家電マニアなの?

 電気屋・百鬼桜花さん登場回

 中学同級生で、ナサ君とは完全に男友達
 心が男の形をしたヒロイン

 ツナギ姿がエロい男友達(心が)。

 百鬼と書いて「なきり」と読む

 食戟のソーマが終わったところで「なきり」さんか…

第78話
夫婦エアコンに惑い、夫は得をする話

00031
00032
00033
 夜、暑くて起きてしまう奥さんの

第78話「暑い日が続きますね」
 困った事に、夫婦でエアコン適温が違う二人の
 夜、何度に設定し、何時間タイマーすべきか?
 おそらく、人類開闢以来の難問も
 幸せそうで何より

 しれっと映るハブラシ2本の台所

 締めで、“二人とも”ドキドキしてる辺り
 温泉編が生きてますね…

 てか百鬼さん、登場翌回で出番ゼロ

 この章、何が起こるんだぜ…?

第79話
ナサ結婚に驚いた百鬼さん、やたら問うの巻

00034
00035
00036
 結論「私も嫁さん探そう…」

第79話「友達の友達は他人」
 ナサ君結婚話に、“女子はそうなのか!”と驚く
 いや、アンタも女子やないかい!
 百鬼さん発想がおかしい

 美人とフツーに話すナサ君もおかしい

 結婚は、異性の感性を知ること
 価値観が広がること

 新たな知り合いも増え、世界が広がる

 それはいい話なんだがナサ君おかしい

 びっくりするほど、心が男友達ですね…

奥さんや知り合いには「知り合い」がいる
出会いは出会いを呼ぶのだと

00037
00038
 そして司波さんって誰だよ!

それも私だ
 ちょうど“魔法科高校の劣等生”2期が決まり
 司波というと、さすがですお兄さま!
 としか浮かびません

 司波司波と、愚痴る幼女と知り合う司

 てっきり、アパート再建で新展開!
 と思いきや「夏祭り編」か

 電気店の友達と、司波さんの幼女

 何なの、この子を百鬼さんが嫁にする話なの…?

 司波、人文字とると「司」ですが…?

第78.5話【描き下ろし】
抱きしめたい! きっと、司さんは怒らないだろう

00039
00040
00041
 だがクールに返されると凹むので…

第78.5話「怒られたくはないので…【描き下ろし】」
 ナサ君が正常な性癖を持っていた為、苦悩する
 が、今巻テーマは「気持ちを言葉に」
 最後まで貫いた!

 でもキス止まりという不思議

 読者、ナサ君から見える彼女はクール
 が、実はそうでもない

 と最後の最後に再確認する回

 でも三白眼的にクールな眼も、やっぱり好きです

収録

00001
00042




 次巻「どうせ水着オチでしょ?」を越えていけッ!

 少年サンデーコミックス「トニカクカワイイ 8巻」。
 畑 健二郎、週刊少年サンデー、小学館発行。
 2019年10月(前巻2019年8月)。

トニカクカワイイ 8巻 感想
 第70話「時のラビリンス」
 第71話「幾星霜の果ての果て」
 第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました」
 第73話「月影の下で」
 第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」
 第75話「君を想う」
 第76話「もっとTO LOVEりたかった」
 第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」
 第78話「暑い日が続きますね」
 第79話「友達の友達は他人」
 第78.5話「怒られたくはないので…【描き下ろし】」
 カバー下「じゃあ、脱ぐわ(続く」
 これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

 カバー下、カバー折り返し、巻末オマケ完備

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る





 ハヤテのごとく! 48巻
 ハヤテのごとく! 49巻
 ハヤテのごとく! 50巻
 ハヤテのごとく! 51巻
 ハヤテのごとく! 52巻【最終回】
















 トニカクカワイイ 1巻“瞬殺率の高い妻”
 トニカクカワイイ 2巻“妹分と片思いとメイドとメイド服と遅い言葉”
 トニカクカワイイ 3巻“そうだ、京都と報告に行こう”
 トニカクカワイイ 4巻“どこが好きかと問われたら”
 トニカクカワイイ 5巻“要の本音”姉の暴走
 トニカクカワイイ 6巻“嫁さんが制服に着替えたら”
 トニカクカワイイ 7巻“司さんからキスする日”
 トニカクカワイイ 8巻“時子と桜花と司波さんと”
 トニカクカワイイ 9巻“夏祭りに願う永遠”
 トニカクカワイイ 10巻“司が第2話で聞いたこと”
 トニカクカワイイ 11巻 “新章”もう一人は女子高生
 トニカクカワイイ 12巻“奥さんの悩みと女子高生”

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る