公式サイト グランベルム プリンセプスのふたり 第5話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 20時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
心は機体をも変える、ジーグァンロン決着!

00397
00699
00744
寧々が成長! 特性どころか、変形したのは驚いた!
 同じく、心が負に転がった満月も変質
 でも、敗者を傷付けたと知り
 良い意味も転機?

 特徴的な両肩、“眼”をイメージしてたのね!

「姉」の呪いは水晶?
 厚着し座っていた寧々が、脱ぎ捨て立ち上がる!
 母との回想は、救いのない風に演出も
 敗れ、“一般人”になったなら
 和解できるのかしら

 変形と変質、水晶機も! フードを脱ぎ捨てそう!

 巨大機、可変MA戦は花道ですね!
 

グランベルム プリンセプスのふたり 5話 感想


 グランベルム 第5話「小さな少女の小さな願い」
 冒頭「寧々の挑戦」
 Aパート「五月のグランベルム」
 ジーグァンロンを探せ!
 最初の直撃弾
 満月、イメージする!
 Bパート「九音の姉を呪ったのは?」
 引っ込み思案の能力
 伏竜鳳雛はもう終わり
 遠く及ばない
 ダウンヒル満月、寧々白兵戦
 負のイメージ、負の変化
 これがグランベルム
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

ジーグァンロン「隠し機能」とはコレ?

00585
 前々回、美々が発見した「何か」

シン・グァンロン
 アルマノクスは乗り手の心。変化に応じて変わる
 元々、機体に存在していた機構を見つけ
 発動に至ったらしい

「中枢に、白兵戦向け機体があった」

 裏設定ツイッターでは
 ジーグァンロンは、複数の機体の継ぎ接ぎ

 前回・回想で魔石ごと、機体も託されてたのね

 心の形は「受け継ぐ」事も出来ると

ジーグァンロン撃破へ、一時共闘となった九音

00039
 しっ!が可愛い。彼女は次の焦点?

あらすじ
 5月のグランベルム、九音は水晶に足止めされ
 新月は、アンナの執念に対応を迫られ
 戦いは一対一となる

 寧々は“シングァンロン”へ可変し、白兵戦を展開

 満月は、敗北寸前まで追い込まれ
 孤独な“今まで”を思い出す

 更なる暴走で、満月は寧々を撃破

 だが“敗者”寧々の想いを知り、満月は戸惑う

 次回、グランベルム プリンセプスのふたり 第6話「魔石」

美々『次の満月に、正々堂々受けて立つって言ってきたってよ』

00006
 前回、寧々はジーグァンロンの能力を駆使
 遠隔砲撃の乱れ撃ちで場を制するも
 九音に警戒させてしまった

 九音は満月、新月に同盟を提案

 だが寧々は、なんと自ら宣戦布告する

『勝てる…? エルネスタに土御門、どっちも名の知れた魔術師だよ』

00007
00008
00009
00011
00012
お母さん…!(寧々」

ファイトクラブだ!
 敵の作戦を探るような、ズルはしたくない
 寧々は、改めて宣戦布告した
 が「新月は名門」

 砲撃戦機が云々じゃなく、家格を問題視

 アンナの誤解の根っこか
 新月が、“名家だった実家の復活に固執”
 
 と誤解してるのか?

 香港粥って美味しいですよね…!

満月『すごいね…』

00013
00021
00022
00023
ここが今回の、戦いの場という事でしょう

五月のグランベルム
 厳かな鐘の音で、満月三度目のグランベルム
 幻想空間は、参加者の精神に起因
 今回は寧々か

 天を突く無数の奇岩は、中国「武陵源」を髣髴

 映画、「アバター」の舞台でも有名な
 湖南省張家界市にそっくり

 実際の武陵源は、岩の柱が3100本以上も林立

 その高さは、200mを越えるとされます

九音『…では、打ち合わせ通りに』

00024

)新月
 風水師リンフェンフェンは
 以前のグランベルムにも参加し、かなりの強さを誇ったと聞きます

 そのアルマノクスは長距離攻撃に特化

 相手を察知する能力にも、長けていたと言います


)満月
 今回も同じってこと?


00025
00026
 更に水晶の異常さが際立つ会話

ステルス砲撃機
 魔力が放たれると、“糸”を通じ検知出来る
 が、Gガンはそれさえ検知させない
 無敵のステルス!

 だが九音は、糸でなく「音」で聞き分ける

 彼女は、通常以上の検知が可能
 名家は伊達じゃない!

 って下級家系の水晶どうなってんの!?

 九音より先に見つけてた彼女は…?

『私が下手に動くと…』

00030
 九音が特定し、満月が襲い掛かるツーマンセル
 新月は、アンナが襲ってくるのが難
 むしろ迷惑をかける!

 ゆえに離れ、援護に徹するチョイス

 アンナ師匠、さながら災害扱い。

満月『こんなに!?

00032
00039
00047
00050
00054
00055
攻撃は無駄です! こちらの場所が特定されるだけです!

雨を縫って
 上空の“球体”へ、本体からエネルギー供給!
 それさえ、無数の転移によるもので
 本体が特定できない

 また“球体”へ攻撃は、更なる拡散を招くのみ!

 無数の雨を、回避に徹しながら
 本体を探し当てよ!

 ジーグァンロンやっぱり強いじゃない!

 魔力切れとか起こさないのかしら

『向こうも魔力検知されないよう、障壁展開してる!』

00071
 満月も、対魔力・ステルスを実行してるらしく
 おおざっぱな位置しか掴めないらしい
 あくまで「大まか」。

 さすが三度目、二ヶ月の準備期間!

 しかし魔力検知以外も、シンプルな方法が!

菜々『目視でいけるはず!』

00075
00081
00086
00087
大切なのは、乗り手のイメージよ!

幅を決めるもの
 上空の端末から「目視」、やろうと思えば“出来る”
 ロボットは、イメージを具現化する道具
 魔法の杖のようなもの
 故に

うん…、悪くないじゃない!

 寧々は、一年も戦いに参加してますが
 まだ解らない機能多数

 想像力が機能を決める!

 だから、魔術素人・満月にも付け入るスキが…?

新月『これでも検知されてしまうのですか?!』

00088
 なまじ、魔術師としてよく知ってる分
 単純な「目視」とは思わず
 魔力検知と誤認

 この辺は、良し悪しなんでしょうね

九音『たくさんあるけど…、本物は一つだけ!』

00092
00094
00095
00102
00104
「何か」に気付いた九音、寧々の位置

アンナ先生のハチミツ授業
 むしろ新月が、アンナの魔力探知にかかって
 ピンチに陥ってしまう事に
 と

水晶! 決して気付かれないようになさい

 新月に気付かせない為
 あなた、ちょっぴり暴れてきなさい的な?

 お馴染み「エンバーズ」も展開

 漢字では「火ノ仔」。

 皆に子機があるなら、新月達にも…?

水晶『しかし~、お嬢さまは人間が小さいにゃ~』

00105
00107
00109
人間らしい♪(水晶」

嫫母(古代中国の人物)
 声のトーンを変える、黒幕筆頭一番星な水晶
 直後、易々ジーグァンロンを狙うなど
 ひたすら底知れない!

 アンナも、彼女が煽ってるんでしょうか

 第2話で、ヒートアップした満月の家族を
 新月が沈静化しています

 逆の事を、アンナにしてるんじゃないか的な

直撃した?!

00111

)美々
 流れ弾じゃないの?

)寧々
 逃げる?

)菜々
 寧々姉の感覚に任せる!


00112
00119
00121
00134
00141
見つけた(九音」

千の雨になって
 今や真っ向勝負志向な寧々は、アタック続行!
 結果は、逆効果となりましたが
 果敢さは大切

でも!? まだ攻撃が激しくて!(満月」

 前々回、勝率0.5%と評されたジーグァン
 単騎でも強いじゃないの!

 或いは性根を据えたからなんでしょうか

 心の在りようが、反映されるのですから

満月『止んだ……?』

00139
 盛大に粉塵を撒き散らした直後、攻撃が停止
 満月の姿が、粉塵で見えなくなった為。
 おかげで新月が気付きました

 検知でなく、目視(見えないと撃てない)と

満月『あっ…!』

00144
 即座に、頭部バルカンで岩山を崩しまくり
 粉塵を増して姿を隠蔽
 バルカン大活躍!

 頭デカイから、バルカンも大口径!

 が、なおも寧々は正確に砲撃

満月『見えないハズなのに!?』

00156

)新月
 正確な攻撃です!
 それだけ彼女は、優秀という事…!


)美々
 どんどん近付いてるよ!

)寧々
 解ってる!


00168

)寧々
 ……
 もっと!
 もっと集中して!

 見えるまで…、頭の中で見えるまで

 見える…、見えるッ!


00169
00177
00187
00195
00202
 母との「探知」訓練を思い出す寧々

寧々の原点
 作中、何かとポンコツ一等賞な寧々でしたが
 新月にさえ、優秀と言わしめる実力!
 探知は一級品

 その優れた探知と、砲撃機が好相性

 母自身、これに近い機体だったそうで
 母は狙って育てたのか

 母は世間から身を隠し、使う事も厳禁し

 しかし術は、しっかり仕込んでいて…?

『イメージする! イメージするッ!!』

00216

)満月
 イメージ!

)新月
 満月?!


)満月
 あっちだ『見える』、あそこに!


00218
00222
00227
00246
00248
00252
00257
00258
 絶望した寧々、しかし到達時に姿はなく

イメージ
 第1話同様、“機体を動かすイメージ”
 再び赤眼となってしまった満月
 が、到達で解除

 機体=“魔力を使う想像”で、赤眼となる満月

 紋章は浮かぶし
 性能も向上、果たして何の力なのか

 紋章、機体との一体化現象なのか

 しかし避ける避ける!

※トップに戻る

新月『九音が示したポイントは、確かにそこです』

00263

)満月
 でも、ホワイトリリーもここだって…

)新月
 九音、九音どこです?


)九音
 ごめん…


00266
00274
00275
00277
00279
さっきの話は本当?(九音」

姉の呪い
 最初に、グァンロン撃破を持ちかけた九音
 しかし水晶と何やら話してた模様
 曰く

もちろん♪ 四翠でしょう? 呪いに落ちた

 アンナvs新月同様
 この二人も、対立構図となるのか

 杖が「嫫母」だけに、寧々と絡むのかと

※古代中国の人物。“四人の醜い女性”の一人

『何で知ってるの!?』

00282

)水晶
 クイズ♪
 何で私が知っているのでしょうかっ♪


)九音
 何で!?

)水晶
 今、質問をしているのはこっちにゃん♪


00286
00290
00291
00292
00293
00296
 姉に居座る魔法陣は、水晶のモノと一致

魔法陣
 舞踏と魔術師、この二機で鍔迫り合いか!
 仮に、姉を呪ったのが水晶とすれば
 狙いは何か?

 姉にアンナと新月、「名門」潰し?

 妙に九音に突っかかるのは
 潰したのに、想定外の人間が出てきたから?

 と色々考えられるも…?

 九音、主人公的なムーブしています

新月『九音…、まさか!』

00299

)アンナ
 こんなになるまで気付かないとは…
 おばかさん♪

 この魔力に溢れた空間で


 私がこの魔法陣を発動させたらどうなると思います~?

 消し飛びなさいッ!


00303
00304
00308
00312
00316
 子機の役割は、魔法陣の展開と増幅か

今度こそ
 今回ばかりは、完全に虚を突いたアンナ
 新月、びっくりして振り向いてますし
 今回は完全!

 アンナ師匠、今度こそ決定打だ!

 サンライズ的なパース!
 若いのに、口調が実にオバサンくさい!

 この一年、こんな風に敵を倒しまくったのかしら

満月『新月ちゃん?!』

00319

)美々
 じっとして!
 それが、ジーグァンロンの能力

 引っ込み思案な寧々姉の「隠れる」能力よ!


00323

)寧々
 あんまり嬉しくないわね…


)寧々
 好きじゃない。
 こういうの、好きじゃない…


00324
00340
00354
00355
00358
 糸による魔力探知を、さっそく用いる満月!

湖面の影
 思うに本来なら、隠れ続けられたのかも
 寧々が「好きじゃない」と言うや
 機体が発光

 満月が「探知」を試すや、一発露見!

 本作は「イメージ」が大切
 魔術の概念を知り、「出来る」と知ること

 そういう事も出来る、と知るのが大切なのね

 知ったから「イメージ」できる!

 或いは、これも天才性なのかもですが

寧々『これで良いのよッ!

00363

)美々
 アルマノクスは自分の心の分身

 寧々姉が強く思えば思うほど
 強くなる!

)菜々
 寧々姉の想い、見せて!


)寧々
 解った!
 シングァンロン!!


00368
00376
00384
00387
00397
00406
お母さん…、見ててね!(寧々」

シングァンロン
 前々回曰く、機体性能は「引っ込み思案」ゆえ。
 でも今、宣戦布告するくらい
 正面決戦が望み

 機体も応え、白兵戦可能な形態へ!

 機体と心は不可分
 こやつ、可変型モビルアーマーだった!

 寧々自身「立ち上がり」、外套を脱ぎ捨てた!

「立ち上がる」時なのね!

 STAND UP TO THE VICTORY!

満月『強い…!』

00408
00419
00423
00426
 前々回で美々が言った、「発見」とはコレか!

斉天大聖
 砲撃戦機ゆえ、グランベルムのルールでは不利
 妹たちは、勝率0,5%のカスだと算出も
 覆す機能があった

 それは砲撃の雨でなく、近接戦闘力!

 単純なサイズ差のみならず
 手が伸縮するため、余計リーチが長いらしい

 ロボアニメ伝統の伸縮ハンド!

 まさにドラゴンガンダム!

『あは、あはははは!

00438

)アンナ
 これが報いよ!
 私を裏切り、私から全てを奪い!

 私をお修羅に貶めた貴女の報い!

 エルネスタぁ!


00448

)新月エルネスタ深海
 この…
 魔力に溢れた空間で…

 私が何の策も講じてないと…?


00449
00452
00454
00456
何度でも言います、あなたは私に勝てません…!

敗北再び
 魔力に溢れた空間、“優位点”だったハズが!
 元々弟子だし、考えが似通ってる…
 のかも

 和解を願う割に、アンナに厳しい新月

 どこまでが本意なのか
 良かれと思って、裏目に出る子のようだし

 失踪し、アンナの母と妹に心配させたり!

 とまれ「最初から対策してた」!

九音『お姉ちゃんに呪いをかけたのは誰!』

00476

)水晶
 教えてあげても良いよ~♪

 ぜーんぶ終わったらね!


00485
00487
00488
00494
00497
00505
00506
00507
00512
 また九音が首根っこ捕まれてる!

遠く及ばず
 教える気がない! まったくもって!!
 空中戦も、杖で抑えられるなど
 格闘すら完敗

 登場時、新月の不意をも突いた九音

 飛び来る砲撃
 扇子で払い、突撃した九音

 こっちも再び完敗

 アンナ新月組といい、構図が出来すぎてる!

美々『寧々、一旦下がったほうがいい!』

00517

)菜々
 勝算は?!


)寧々
 …ある!


00527
00528
00531
00536
00537-
00539
00543
00545
 実力伯仲、満月の機動がアクロバット!

ダウンヒル満月
 腕が長い分、寄せ付けようとしない寧々
 しかし、バルカン乱打も無視できず
 満月の火力も高い!

 反撃に極太砲を撃てば、“その上”を滑る!

 ビームを滑降!
 まるでどっかの模擬戦だ!

 懐へ懐へ、間合いの奪い合いなのね

 懐に入られたら負ける!

寧々、カウントダウンを開始

00567
00571
00581
00585
00589
00604
00606
00621
00636
00639
イメージする、イメージする、イメージする!

特攻ホワイトリリー
 常識的には完全勝利した寧々、砲撃炸裂!
 巨体からの、中国拳法も驚くも
 触手責めまで!

 アンナ同様、子機「龍ノ仔(ロンガン)」

 既に砲撃準備は完了
 満月は避けず、魔法陣そのものに特攻!

 実際、寧々の攻撃は追尾するので、回避困難

 銃口に指突っ込むような真似!?

“寧々の声”『どうして、お母さん…!?』

00648

)“寧々の声”
 どうして、お母さん…!?


 さよならは嫌!
 嘘つき!

 嘘つき!
 嘘つき嘘つき!!

 私は…、お母さんの言う通りにしたのに!?


00658

※満月
 寧々の声を聴いた後
 孤立した席、月面を漂う幻

 今まで、孤立していた自分の幻を見る

 彼女が泣き出すと
 第1話同様、マギアコナトス(魔力源)が反応


00660

※瞳の変化
 これまで、暴走時の瞳は赤だったが
 瞳の紋章は白

 今回、紋章も黒く染まってしまう

※グランベルム プリンセプスのふたり 第1話「世界で唯一の魔術師」


00663
00669
00685
00686
00691
00692
00693
00696
00699
00701
00708
00713
00714
 おそらく全高200m奇岩群が、小さく見える「剣」

満月、漂う
 思うに攻撃時、術を介して寧々の過去に触れた
 その声に、孤独だった事に思い至り
 また、暴走してしまったのか
 同じような孤独に

嫌! 嫌! いやああああああ!

 問題が根深いのは
 満月曰く、「周りは悪くない」事

 悪くないなら、周りを恨む事さえ出来ない

 その上で、打開策が浮かばない!

 月を漂うイメージは、何を意味するのか

寧々『お母さん!』

00716

)寧々
 お母さんが嫌うなって言うから!


 嫌わずに生きてきたんだよ!?

 魔術師である事を、忘れるなって言うから!
 忘れずに生きてきたんだよ!?


00725

※前回、生き別れた際の母
 大丈夫!
 私はどこにいても
 あなたの母親である事に変わりはないんだから!

 魔術師である事を隠すこと
 それは生きていく為に必要な事

 でも、自分を嫌いになる必要はない



00726

)幼女
 ママーっ♪

)寧々の母
 魔術師って何です?


 人違いです…、ごめんなさい


00728
00733
00735
 良く解釈すれば「巻き込まない為」?

裏切り
 しかし寧々には、裏切り以外の何者でもない
 母は、「寧々の母」である事を辞め
 他人として接した

 悪く解釈すれば、保身以外の何者でもない

 ただ母は、寧々と距離を置く事で
 彼女を守ろうとした

 なら今回とも、行動は一貫してるはず

 そして今回、寧々は敗れた

 資格を失い、母とも和解できる…?

満月『これ…、寧々ちゃんの…!?』

00737
00742
00744
これが…、グランベルム

勝ちたくも負けたくも
 指の変色は、侵食されてしまったという事か
 或いは、今「手を汚した」象徴か
 他人の願いを蹴落とした

 自分自身の為、寧々の願いを踏みにじった

 前回でも、もし新月と戦うなら?
 と振った話を深めた

 満月は負けたくない、と絶叫再確認

 と共に「勝つ苦しさ」も知ったか

※トップに戻る

感想追記
寧々が「母の娘だ」と名乗った意味

00520
 前回ラスト、二人に名乗った寧々

風水師リンフェンフェンの娘
 出自を明らかにし、正々堂々と勝負したらぁ!
 加えて、彼女にとっては今もなお
 母の娘と思いたいからか

 勝負に勝ち、また「母の娘」に戻る為に!

 魔術を捨てないのは
 それだけが、現状を変えてくれるから?

「娘が成長しない、母が魔女だから」と噂された

00490
 母が去れば、「娘は被害者」と思って貰える?

魔術師になれば
 寧々が成長できない理由は、現時点は不明
 しかし、魔術師になれば魔法が使え
 きっと解決するハズ

 そうなればまた関係が修復できる!

 ってところか?
 劇中では、その辺は明言されず

『お母さんが嫌うなって言うから!』

00470
 寧々にしてみれば、たぶん自分自身こそ嫌い

自分が嫌い
 寧々が“成長”しないのが、色々な元凶
 それでも「自分を嫌いになるな」
 と、母は諭しました

 しかしその言葉を支えにし、結末がアレ!

 ホントにアレで終わりなのか
 或いは次回で、ハッピーエンドなのか?

 最終話まで留まるのか?

 フェードアウトしたロサの二の舞か、否か!

五月のグランベルム

00402
 前回が5/14(火)、2019年と一致します

5月のグランベルム
 前回の戦いが4/20で、今回が5/20らしい
 2019年、満月の周期から考えて。
 次回は6月?

 実際予告では雨が降り、夏服(?)

 次回は色々ヘヴィ!
 しかし、夏服セーラーも可愛いぞ!

 どてらいいよね…

公式ツイッターより





























2019年8月2日 グランベルム プリンセプスのふたり 第5話「小さな少女の小さな願い」

00296
 総作画監督は、原画にも参加

スタッフ
 脚本:花田十輝
 絵コンテ&演出:徳本善信
 作画監督:-
 アルマノクス作画監督:中西和也
 総作画監督:明珍宇作
 アルマノクス総作画監督:ジミー ストーン
 アニメ制作:Nexus
 原作:オリジナルアニメ/シリーズ構成:花田十輝
 制作協力:

あらすじ
 満月たちに正体を明かした寧々は、正々堂々勝負することを約束する。
 そして、次の満月の夜、事前の打ち合わせ通り、満月は九音と共にジーグァンロンの対処に向かい、残った新月はアンナを引きつける事になる。
ビームをかわしながら進む満月たちは、ついにジーグァンロンを発見したのだが…!?

予告『寧々が脱落し、更に絞られた候補者たち』

00757
00762
00767
勝利は幸運なのか? 敗北は不運なのか?

嫉妬は血の味に似る
 冬になった? と思いきや制服は半そでですから
 どうも、九音は風邪でも引いたのかしら
 どてらかわいい
 六月!

 アンナの家を訪れた新月

 次回「アイツが動きだす」
 アンナ様の、劇的ビフォーアフターも見所!

 水晶始動か! 寧々の妹たちも来日する模様

 次回、グランベルム プリンセプスのふたり 第6話「魔石」

トップに戻る



 
 
 
 









 グランベルム プリンセプスのふたり 第1話「世界で唯一の魔術師」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第2話「私がここにいるために」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第3話「満月に鐘は鳴る」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第4話「風水師リンフェンフェン」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第5話「小さな少女の小さな願い」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第6話「魔石」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第7話「ミス・ルサンチマン」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第8話「魔術師になるということ」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第9話「ノクターン、染め上げて」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第10話「もの思う人形」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第11話「たとえさよならが届かなくても」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第12話「マギアコナトス」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第13話「世界で唯一のふたりのために【最終回】」

トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング