試し読み であいもん 8巻 感想
 浅野りん レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
修学旅行に海水浴!
一果を見つけた巴、和と平伍。父親たちの想い

であいもん 8巻 感想 00054
であいもん 8巻 感想 00053
であいもん 8巻 感想 00003
であいもん 8巻 感想 00040
跡継ぎは“目標”、意地を乗り越えた一果さん素敵!
 居場所への安心、和への信頼も強まった今
 和も、めきめき自覚を芽生えさせ
 物語は一つの節目!!
 
 和の為に怒った、一果が素敵です

自己評価の低い“父たち”
 父・巴と再会せず終いも、心情を感じた気が
 和の父が「息子は祖父が好き」と想い
 辛そうだったように。

 でも和の手は、父との日々を覚えていた

 巴を皆が待っている、伝わるといいね…  

であいもん 8巻 感想


・第36話「短夜に」
  …修学旅行後編、父・平伍の想い
・第37話「奥深く斑雪」
  …緋色の旧友、“元職人”小蒔
・第38話「錦玉花」
  …夏です、海です、天橋立です
・第39話「竹羊羹」
  …和の従兄弟、秋世の悩み
・第40話「重陽」
  …父・平伍の思い出、和へ試練!
・あとがき「山科鳴海餅」
  …堤抄子センセイが出てる!
・浅野りん先生作品 感想

・これまでの感想

あらすじ
大切なのは“見方を変える”、水着回も収録!

であいもん 8巻 感想 00033

 第38話、またも一果さんヘヴィな回!

あらすじ
 小学校6年生、名古屋で修学旅行を楽しく終え
 一果は、父・巴が見守っていたと知らず
 日常へと戻った

 緋色は、旧友・小蒔と再会

 和たちは天橋立で海水浴し
 夏休み、和の従兄弟の秋世が現れる

 一果は「緑松」に関わりたいと決意

 父・平伍の検査入院を経て、和は「和菓子企画」の遂行を命じられ…ッ!?



第36話
一果、名古屋へ修学旅行! 野井&沖君も名コンビ

であいもん 8巻 感想 00002
であいもん 8巻 感想 00007
であいもん 8巻 感想 00012
であいもん 8巻 感想 00020
であいもん 8巻 感想 00021

 父・巴も野井くんも、一果しか見えない…!

第36話「短夜に」
 修学旅行は、コンビが板についた男子も楽しい!
 直情、一果に絡むも不器用な野井くんに
 いちいちチクリと刺す沖くん
 沖くん厳しい!

 ラスト、裏腹な笑顔が最高だわ!

 本作、ホント素直じゃない人ばかりも
 顔が素直

 見てるこっちが緩みます

 一果母とも、相通じる気がしますね

便りがないのは元気な証拠?
そんなの、待たされる側の強がりでしかない

であいもん 8巻 感想 00017
であいもん 8巻 感想 00022
であいもん 8巻 感想 00023
であいもん 8巻 感想 00024

 親父、平伍さんの視点は、一果側に近いのね…

待たされる側の視点
 同じように息子、和が長らく帰ってこなかった
 今、“同じ寂しさ”を一果に味わわせる巴
 彼が許せないと思いたい平伍

 本当は、帰ってくるはずと信じながら…!

 親父さんの心情、一筋縄ではいかないし
 巴さんもまた厳しい…!

 緑松のほうがいいに決まっている

 そんな「思い込み」なんでしょうか

第37話
誰でもまず下積みから、“非効率的な”職人の世界

であいもん 8巻 感想 00025
であいもん 8巻 感想 00026
であいもん 8巻 感想 00027
であいもん 8巻 感想 00028

 努力と秀才の緋色には、天才型の友達がいた

第37話「奥深く斑雪」
 昨今、無駄だといわれがちな下積みを強いる
 緋色の旧友は、それが原因で辞めたも
 職人、平伍さん達にも理屈が

 飛び火する和さん頑張って!

 また今回は、“飛び出して成功した”話で
 職人側が正しいとも断じない

 あくまで人により、向き不向きがある

 そのバランス感覚も素敵ですわ

下積みに根をあげ、やめてしまった小蒔
彼女に緋色が抱いていた想いは

であいもん 8巻 感想 00029
であいもん 8巻 感想 00030

 今度は緋色が「言う」側に。

巴とも重なるもの
 以前、政さんにもらった言葉を友達へと贈る
 この循環が素敵でしたわ
 雪の話も素敵

 緋色も、一番許せないのは自分自身

 友達だから、小蒔の性格じゃ向いてないなんて
 誰より解ってるハズですものね…

 緋色、自分自身の未熟さに向き合う辛さ

 客観的には“誰も悪くない”

 巴たちもですが、向き合う心こそが大切なんかな思いました

第38話
夏です、海です、天橋立でございます!

であいもん 8巻 感想 00031
であいもん 8巻 感想 00032
であいもん 8巻 感想 00033
であいもん 8巻 感想 00034
であいもん 8巻 感想 00055
であいもん 8巻 感想 00056

 見方を変えると、見える景色も変わるッ!

第38話「錦玉花」
 佳乃子さんの勤め先、名物店長が出会いを求め
 いざ、彼女の音頭で水着回です!
 美弦ちゃんの妄想も全開!

 相変わらず“女の闘い”がヘヴィすぎる…!

 ただ、以前と違い咲季くんがフォロー
 一果さんの負担が軽減

 ありがとうサンキュー咲季君

 気づかないくせに、盛り上げてく和さんホンマずるいなぁ…

果たして!
店長にも、確かに出会いは訪れたのだったが

であいもん 8巻 感想 00035
であいもん 8巻 感想 00036

 出会いっつーか、相撲っつーか

雨音は花火のように
 でもオマケで、案外“出会い”になってたらしく
 後々、店長はゴールインするのかもなオチ
 相撲はやっぱり神事ですわ
 神は縁を繋ぐもの

 花火に見立てた錦玉羹も巧み

 錦玉羹と「雨」が合わさるのも素敵で
 まさに出会いの回でした

 出会いの回だったんでしょうか?

 包装を剥がし、匙を入れる瞬間がまた風情

第39話
従兄弟、大学生・秋世が家出し転がり込み…?

であいもん 8巻 感想 00037
であいもん 8巻 感想 00038
であいもん 8巻 感想 00039

「一果は跡継ぎになれない」と突きつける

第39話「竹羊羹」
 和は元々、ミュージシャンとして芽が出ず帰郷
 が、物語につれ“職人志望だった”
 と掘り下げられました

 今、“一果はどう思うか?”再確認

 和は、最初から椅子が用意されてた人
 秋世と一果は“選ばれなかった”側

 水泳選手で芽が出なかった彼は、重ねたのね

 当初、一果は「跡継ぎになる」一択

しかし今は「跡継ぎは“目標”だ」と

であいもん 8巻 感想 00040
であいもん 8巻 感想 00041
であいもん 8巻 感想 00042
であいもん 8巻 感想 00043
であいもん 8巻 感想 00044

 跡継ぎになれなくていい、だから“目標”

夢への関わり方
 たとえ夢、水泳選手や店主になれなくたって
 水泳も、また緑松の一人となる事も
 道は一つじゃない

 関わる一つになれたらいい

 夢を叶えたい、ひたむきは素晴らしい!
 でも「叶えられない」のも当然

 その時、ただ諦める? それとも?

 秋世さん、嫌われ方まで和そっくり!

第40話
和の父・平伍さんが検査入院! 彼と“幼少”の記憶

であいもん 8巻 感想 00045
であいもん 8巻 感想 00046
であいもん 8巻 感想 00047

 平伍さんは“ひとりぼっちになる人”なのね…

第40話「重陽」
 巻頭、一果と想いを重ねていた平伍さんですが
 彼は同時に、巴が帰ってくると信じてる
 同じことなんですね

 和は祖父、一果は巴が好き“と思ってる”

 自分は二の次だ
 と、一歩引いて考えるタイプか

 いや二人とも、平伍さん大好きやねん!!

「ひとりぼっちになる人」だったのねえ…

 実際は違うというのに!

だが検査入院で思い出す
前に倒れた時、和は放り出して帰ってきた

であいもん 8巻 感想 00048
であいもん 8巻 感想 00049
であいもん 8巻 感想 00050

 そして次の無茶ぶりがはじまるのです!

手は繫ぐ
 和の幼少期、祖父の為に頑張る息子を見ていた
 でも、当時一緒になって作った和菓子を
 思い出をちゃんと共有してた

 当時、頑張った“手”が覚えていた

 自分が思い出したように
 息子・和もまた、覚えていた嬉しさ?

 何せ、息子の為に一緒に作って食べまくる人!

 息子思いな平伍さん、清水から飛び降りるが如き「試練」を与えるの巻…?!

あとがき
読者だという和菓子店にお邪魔! 体験記

であいもん 8巻 感想 00051
であいもん 8巻 感想 00052

 エルナサーガの堤抄子センセイだわ!

あとがき「山科鳴海餅」
 曰く現在、京都の嵯峨美術短期大学勤めだとか
 相変わらず、スクエニ組は交流が楽しい。
 とまれ菓子作り体験!

 あさの先生、失敗ラッシュ

 やっぱり難しいんだのう
 鮎! 懐かしい!!

 漫画に出たやつだー、ってテンション上がる!

 美味しそう&大変そうだった!

収録

であいもん 8巻 感想 00014
であいもん 8巻 感想 00015




 父・巴の写真、和の手にも渡ったけれども…?

 角川コミックス・エース「であいもん 8巻」。
 浅野りん、月刊ヤングエース連載
 KADOKAWA発行

 2019年12月(前巻2019年6月)

であいもん 8巻
 第36話「短夜に」
 第37話「奥深く斑雪」
 第38話「錦玉花」
 第39話「竹羊羹」
 第40話「重陽」
 あとがき「山科鳴海餅」
 これまでの感想

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

浅野りん先生作品 感想










 京洛れぎおん 1巻
 京洛れぎおん 2巻
 京洛れぎおん 3巻
 京洛れぎおん4巻(記事なし).
 京洛れぎおん 5巻【最終回】
 恋とごはんと虹色日和
 懐かしファミコン物語 思い出ピコピコ アンソロジーコミック2
 マンガ酒 -漫画家とお酒の幸せな関係- アンソロジー

漫画 であいもん 感想 浅野りん












 であいもん 1巻“和と一果”
 であいもん 2巻“親と子供と運動会”
 であいもん 3巻“母” 羊羹千本飲ましますッ!
 であいもん 4巻“一果、雪の記憶”
 であいもん 5巻“和の一歩” 安心できてる場所やから
 であいもん 6巻“和の原点” 佳乃子との馴れ初め
 であいもん 7巻“ちゃんと和菓子も好きだから”
 であいもん 8巻“父の眼”一果の答え
 であいもん 9巻“和「企画」初挑戦!!”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る