2019年5月発売 RE/100-12 1/100 ビギナ・ギナII 機動戦士ガンダムF91 MSV これまでの感想はこちら
宇宙世紀屈指に“贅沢なMS”、ビギナ・ギナの発展機がキット化!

192_3197_s_tavpv9dutwhpgqc8la48hwgxennv
191_3197_s_brgsqv2u4he37gqn0e82lorr5tql
F91時、元祖ガンダムデザイナー大河原氏が、MSV再提案へ生み出したMS
 MSV、MSのバリエーションとは、自由に楽しんで良いのだと謳い
 本機も「ビギナ・ギナを、ガンダム風にしただけ」とし
 解りやすく格好良く生まれたMS!

 赤! ガンダム顔! ヴェスバー風! ランス! “クロスボーンMS”!!

ガンダムF91 MSV
 ガンダムF91からVでの、敵勢力MSの再キット化は非常に慎重
 店頭で、F91系MSへ興味を持って貰う糸口になれば…
 という意図でのキット化?

 解りやすくカッコイイ! しかし謎だらけ! 予想もしないキット化だわ!

 同 ビギナ・ギナの記事はこちら

RE/100 1/100 ビギナ・ギナII ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 U.C.0123年代・詳細不明、ガンダムF91期
 非常に贅沢に作られていた「ビギナ・ギナ」
 F91のデータを盗用した先行機「ビギナ・ゼラ」
 約10年後、木星決戦でのビギナ・ギナII     
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想
 U.C.0169 クロスボーンガンダムDUST 感想
 ランナー写真記事 2017年
 ランナー写真記事 2018年
 ランナー写真記事 2019年

ガンダムF91を参考に作られるも、その詳細は謎が多い

158_3197_s_xth0kx9uw1fs6a9hnrenqaxbke9r
 UC.0136年を描く「クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人」最終巻で活躍

MS XM-07B
 敵であるF91の実戦データから、ビギナ・ギナを発展させたMSとされ
 経緯、開発時期についても不明な点が多く
 ドレル・ロナ専用機説が有力

 ヴェスバーを思わせる推進器、放熱・機動性向上フィンを搭載

 出力強化ビーム・シールド
 また背部に、ビーム・フラッグ発生装置を搭載

 U.C.0136年頃、鹵獲機をサナリィ所有。木星帝国との戦いに投じられた

 際しては核弾頭ミサイルと、スネーク・ハンドが搭載されている

ホイルシール、半透明テトロン・シールが付属

00000
00001
153_3197_s_0kjc7xtryu4dlkowx8ojoogyfngl
K1A9237-440x389
 下は、電撃ホビーWEB掲載の未塗装テストショット

色分け
 テストショットは珍しくシールも不使用。色分けがよく解ります
 一瞬、ぎょっとしてしまう色合いにも感じますが
 色分けは、充分されているようで
 スミ入れが重要そう

 目立つのは肩部・胸部の赤で、どちらもホイルシールが付属

 もちろんクロスボーン紋章つき
 また「木星決戦仕様」では、この紋章がパーソナルマークに変更

 ビーム・シールドも撤去、乗り手の覚悟を感じます

ランナーA1、A2は新規ランナー

00002
00003
 2つは同じ金型で、2個組みパーツ以外を“スイッチ”で除外

いろプラ
 ビギナ・ギナIIタグの新規ランナーで、黒い部分は軟質素材
 持つと、グニャリと柔らかくなっており
 胴体・肩部パーツなど

 単に1、2で切り分けるにしては、スイッチが多い模様

 派生キット用か、成型上の意図があるのか

ランナーB2、C2はは「流用」

00004
00005
 この2つのランナーは、同じものが2枚ずつ入ってます

レッド
 B2、C2はビギナ・ギナ流用で、タグ名もそのまま
 脚部や、肩の内側などの四肢が流用され
 肩アーマーなどは除外

 外装ガラッと変わったようで、手足はちゃんとそのままなのね

 おかげで、見た目より流用が効く模様

ランナーD1、D2、関節ランナーは「流用」

00006
00007
 2つは同じ金型で、2個組みパーツ以外を“スイッチ”で除外

軟質ブラック
 むしろ内装パーツ、この軟質ランナーの大半は使用しません
 腰アーマー、背部フィン・ノズル用パーツが
 不要となってしまう為か

 もちろん、膝関節などはそのまま使用

ランナーE1は「流用」「新規」1枚ずつ

00008
00009
00010
 上が「ビギナ・ギナ」。下の2枚が「ビギナ・ギナII」のEランナー

Eランナー
 ライフルはそのままなので、武器ランナーが付いてきます
 バズーカは、先端部(砲口)が除外されてしまった為
 少々物足りない形に

 このバズーカは、劇中で連邦軍の火器を使用したもの

 赤いEは、顔や腰パーツから新造された脚部など
 多数の新造外装パーツ

 RE/100は対象年齢15歳以上なので、角も鋭く成型されています

※HGUCなどは、8歳以上なので安全タグ付き

ランナーF1、F2は「新造」ランナー

00011
00012
00013
00014
 サーベルはピンク、シールドはイエローなので2色付属する

軟質グレー
 Fランナーはヴェスバー風推進器や、ショットランサー
 ショットランサーは、ビギナ・ギナは言わんや
 ビギナ・ゼラにもありません

 昔キット化されたゼラでなく、IIが選ばれたのは「槍」のせいに思えます

 設定の充実度は、ビギナ・ゼラの方が上ですが
 あっちは槍がないですから

 そりゃベルガ・ギロスがキット化されれば一番! 

 でもCV特有のガスマスク顔が、購入のハードルになると思われているのか?

曖昧な設定しか持たないMSながら、まさかの一般販売へ!

192_3197_s_tavpv9dutwhpgqc8la48hwgxennv

■RE/100 1/100 ビギナ・ギナII
 価格3,996円(税込)
 発売日2019年05月31日
 対象年齢15才以上

『機動戦士ガンダム F91』のモビルスーツバリエーション「F91-MSV」よりビギナ・ギナIIが立体化!

■ガンダムタイプの頭部やフレキシブルウイングノズルなどの形状は設定をイメージしたデザインに新規造形。
■ショット・ランサーやビーム・シールドなどの武装が付属。

【付属品】
■ビーム・サーベル×2
■ショット・ランサー×1
■ビーム・シールド×1
■銃持ち手(右)×1
■平手(左右)×各1

【商品内容】
■成形品×15
■シール×1
■マーキングシール×1
■取扱説明書×1


153_3197_s_0kjc7xtryu4dlkowx8ojoogyfngl
155_3197_s_ke025lz352va95cz0n7srfzwg9fi
157_3197_s_g17rqhzayhxsddau6w3ufsm6gxao
158_3197_s_xth0kx9uw1fs6a9hnrenqaxbke9r
159_3197_s_gx1v3orcaj26m8a2hfpbrjenoajf
189_3197_s_pdg731y612uyl8mllsffqcqtvbqk
190_3197_s_2m4nzhtk7on5qmvxrh7634vkt8np
191_3197_s_brgsqv2u4he37gqn0e82lorr5tql
156_3197_s_pir2qa1ecjlnfo67t892ye0mud0v
o_1dasrpe70112egdi14385ji1fnc7
K1A9237-440x389
K1A9277-440x321
 バンダイホビーサイトより 。一番下は電撃ホビーWEBより

機動戦士ガンダムF91 MSV
 2018年6月発売 ビギナ・ギナ流用で、大半の外装を新造
 MSVどころか、「MSVの例」として生み出された為
 設定が非常に曖昧

 当時、大河原氏が「ドレルが相応しいかな」と言ったetc

 ドレルがその後どうなったかも不明で
 設定畑でなく、デザイナーの大河原氏がふんわり言っただけ

 その為、設定として取り入れて良いのか未だに安定してないらしい

 今回で確定かと思いきや、そうでもなかった!

U.C.0123年、コスモ・バビロニア建国戦争期に建造…?

189_3197_s_pdg731y612uyl8mllsffqcqtvbqk
 ベラ・ロナの異母兄ドレル、彼がF91後にどうなったか不明。

MS XM-07B ビギナ・ギナII
 ビギナ・ギナは、クロスボーン指揮官機“ベルガ系”の後継機
 0123年の指揮官機、ベルガ・ギロス等の後継として
 未だ開発段階の試作機です

 NTのベラ・ロナ王女に与えられた、ビギナ・ギナが有名

 ギナは、“フィン・ノズル”という新型推進器が特徴で
 機動性向上を狙っていました

 対し姉妹機ビギナ・ゼラでは、F91からデータ盗用したヴェスバーを搭載

 本機は、機動性重視の「ギナ」発展機に相当でソキウス

ビギナ・ギナの逸話で目を引く、「贅沢なMSであった」事

157_2281_s_zlhghwbqhr8tx6tlhhse6iz5yhuw
 ギナ発展機であった本機もまた、贅沢なMSだったと推測されます

クロスボーン・バンガードのMS
 ビギナシリーズに限らず、クロスボーンのMSはとても贅沢でした
 量産機デナン・ゾンさえも、一切の妥協なく開発され
 ツインアイはガンダム級に匹敵

 少数精鋭主義、“利益や効率で妥協しない”開発を標榜した為です

 中でも、貴族用攻撃型MSに位置付けられるビギナは
 当時「限界値に達する性能」に到達

 その更に発展系とされるIIは、いかなる性能に達していたのか?

 約10年後「木星決戦」で、その性能は遺憾なく発揮されました

F91を参考にしたのは本機が初めてでなく、先行した系列機も

00018
 漫画機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91より

XM-07G ビギナ・ゼラ
 こちらはビギナ・ギナと並行して開発、僅かに先に実戦投入へ
 F91は、実機だけなら0116年に開発していた為か
 開発データを盗用しています

 ヴェスバーを採用するも、再現が不完全で“取り外し”不可

 F91を開発したサナリィ
 彼らの技術的先行は、ブッホ社もアナハイム社も危惧

 両者は共謀。盗み出したデータで試作機を作り、追いつこうと模索

 そのひとつが本機で、シルエット・フォーミュラ事件に関わりました

一説には、アナハイムは“逆シャア以前”に事態を予見

00038
00038-
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 18巻より

ゴップ議長とAE社
 サナリィが技術的優位に立ちうる事は、アナハイム社も予見
 そこで、彼らがMS開発へ舵を切る時が来たら
 AE社に教えて欲しいと要求

 一社が技術的に先行し過ぎるのは、“市場”に良くないと

 AEは、グラナダとフォンブラウンで実質2社あり
 社内で競合していますから

 その為かは不明ですが、実際にこの頃、便宜が図られていくのでした

背中を火器にするか、推進器にするか? ビギナシリーズの模索

00000
Aaa_324
 本機の先代ビギナ・ギナは、先進的な「フィン・ノズル」を採用

クロスボーンの推進器
 クロスボーンでは、外付け式の推進器発展に熱心で
 ギナでは、最新型であるフィン・ノズルを採用
 限界性能を達成しています

 ビギナ・ゼラはヴェスバーを採用するも、CVの潮流は機動性か

 何せ彼らは、爆発させずに倒す為に「ランサー」を採用するなど
 コロニー内戦闘が主眼です

 できるだけ被害を出さない。彼らのMSにはその理念が溢れていました

 一方実行部隊長カロッゾは、大量殺戮兵器開発を進行

 こうした矛盾も、組織解体の一因となったのかも

しかし開発させたコスモ・バビロニアは、その後まもなく崩壊

00038
 予備部品も含めれば、他にもあってもおかしくはないハズ

ビギナ・ギナII(木星決戦仕様)
 色々あって組織解体、F91後日談は「クロスボーン・ガンダム」で漫画化
 同作は、F91を含めたガンダムの父・富野監督が原作を提供し
 全6巻で完結しました

 やがて短編を経て、作画担当・長谷川氏が“完結編”を制作

 これが「鋼鉄の七人」
 第一作では、「その後どうなったの?」と思える諸々を回収しました

 ビギナ・ギナIIは鋼七で思わぬ活躍をし、ファンの眼に焼きつく事に

 ただ更に数年し、続編「ゴースト」「DUST」と制作されます

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想

 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏の現実”ガンダムF97!
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“木星圏、最終決戦!”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“クロスボーンでは勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“ガンダムF91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 4巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 5巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 6巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 7巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 8巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 9巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 10巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 11巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 12巻【最終回】
※続編ありきの完結

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 1巻“灰とライオン”
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 2巻“亡霊”と巨人
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 3巻“君は理想に辿り着くか?”農業王の憂鬱
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 4巻 特装版“クロスボーンX…”カグヤの事情
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 5巻“木星夫妻”アッシュ・キングの目指す先
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 6巻“首切り王”伝説のモビルスーツ料理人!?
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 7巻“F89”再投火の日

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91
 HGUC イフリート 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 HGBD-010 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ
 HGBD-012 ガンダムアストレイノーネイム ガンダムビルドダイバーズ
 HG-ORIGIN ジム・スナイパーカスタム ガンダム THE ORIGIN MSD
 HGBD-015 ジェガンブラストマスター ガンダムビルドダイバーズ
 LEGENDBB 飛駆鳥大将軍 新SD戦国伝 七人の超将軍編
 HGUC-215 ムーンガンダム 機動戦士MOOガンダム
 HAROPLA-007 ハロプラ ボールハロ…ガンダムビルドダイバーズ
 HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) 機動戦士ガンダムNT
 HGUC ディジェ…機動戦士Zガンダム
 HG-ORIGIN ジム・キャノン(空間突撃仕様) ガンダム THE ORIGIN MSD
 HGBD ガンダムAGEIIマグナムSV ver.…ガンダムビルドダイバーズ

2019年ランナーレビュー&機体設定

 HGUC-221 グスタフ・カール(ユニコーンVer.)…機動戦士ガンダムUC
 HGUC ガンダムTR-6[ヘイズルII]…AOZ ティターンズの旗の下に
 HGAC-223 マグアナック…新機動戦記ガンダムW
 SDCS-10 シスクード(ティターンズカラー)…モノアイガンダムズ
 RE/100-12 ビギナ・ギナII 機動戦士ガンダムF91 MSV
  
トップに戻る  
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング