公式サイト ダリフラ 6巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 矢吹健太朗 これまでの感想はこちら 前回はこちら
叫竜の姫と遭遇、意気揚々と立ち向かう9's
オトナの街、ケンカ回を再構成!

00071
00065
00065
叫竜の姫と9's! アニメになかった、強豪同士の激突!!
 9'sたちの、人間らしい面が強く描かれ
 オリジナル「竜式」が美しい
 見応えある再構成!

 9'sを庇い、コドモの反抗が早くも始まった!

伸び始める「角」
 オトナの汚らしさ、生きる疑問が更に濃厚
 街と、ケンカ回を絡めて再構成しており
 ゾロミクにゼロツーが学ぶ構図
 学ぶべきは多いぜ!

 マスクを外した、9's三人娘が可愛い…

 可愛いのだけども…ッ!

漫画 ダーリン・イン・ザ・フランキス 6巻 感想


※公式サブタイトルなし、便宜名です

 第37話「コード001」
 第38話「フランクス“竜式”」
 第39話「勲章授与(三人娘の素顔」
 第40話「コドモの遊び/オトナの夢」
 第41話「9'sの意地」
 第42話「あの2人を助けなきゃ」
 第43話「ほっとけよ」
 公式ツイッターより(予告含む)
 アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」感想
 これまでの感想

あらすじ
蒸着パイロットスーツって、どうやって脱ぐの?

00069
00068
 破ります! と聞くや描く矢吹氏ッ!!

あらすじ
 9'sは叫竜の姫と交戦、機体を奪われ壊滅した
 パパ達は、13部隊を代替戦力と見込み
 鼓舞すべく、彼らに勲章を授与
 オトナの街へ招待する

 だがオトナの実態に、ヒロ達は疑問が生じた

 9's処分命令で疑惑は膨らみ
 ココロを中心に、コドモ達は彼らを庇う

 ハチとナナは「過去」が過ぎり、匿う事に同意

 他方、ゼロツーは「角」が伸び始めていた

第37話
口ゲンカするゾロメとミクに、ゼロツーがポロリ

00001
00003
00006
00007
 腕組みで、おっぱいがほのかに強調されるミク

第37話「コード001」
 ゼロツーが皆の名を覚えた! ただそれだけの事も
 それでも、おおげさなくらい喜ぶヒロ
 そこがいい!

 人との関係に踏み出した、それが嬉しいと

 言葉にするって大切な事よね!
 ヒロさん教師向き

「自分が変わった様に」と言うのも彼らしい

 ただ、彼女に「人」という言葉は重い…。

他方、前巻でコクハクされちゃった人は

00008
00010
 照れるイチゴが可愛すぎる

ハートの王子様
 ヒャッハー!イチゴ狩りだァ! はともかく。
 ゴロー、恋の駆け引きでも何でもなく
 ただ「言えた」とスッキリ
 いい奴か!

 ただただ、言えて嬉しいゴロー

 自分に重ね、「辛い」とイチゴは言うも
 なら同じだなと笑って返す

 ただただ、思った事を言うのが微笑ましい

 ただただ、嬉しいんだ!って感じで。

ふと、ここでイチゴは思ってしまった
ゼロツーはどうなのかな?

00011
00012
 キバが伸び始めたゼロツー

乙女の剃刀
 原作より、更に突っ込んだ表現となった一幕
 曰く「ゼロツーはヒロを見てない」
 もっと先だと

 彼女はヒロを介し、別の何かを見ている

 女の勘はシャープです
 それも恋する乙女、切れ味抜群よ!

 少なくとも「当初」はそう

 ゼロツーにとって、ヒロはエサだったのだと

エリート9's、今日も今日とて大暴れ!!
ギンギンッスよ!

00014
00015
00017
 更にcv佐倉綾音とかいう可愛さの獣

9's掃討中
 現在、人類は「グランクレバス」へ侵攻中
 9'sは、通常部隊より遥かに強力ゆえ
 露払いとして日々奮闘

 なんて忙しいエリート様ざんしょ!

 彼らは「コドモ」であるから
 文句や疑問などなく、むしろ楽しげ

 コキ使われてもニッコニコ

 脳内麻薬でまくってそう

しかし9's、博士も仰天の遭遇戦へ

00020
 ガイナックスからの伝統、腕組み!

叫竜の姫コード001
 青き血の姫、叫竜達を統べるコード001!
 原作で、今は「前半の山場前」ですが
 彼女は終盤のキャラ

 大幅に前倒し、大胆に再構成した!

 原作は全24話ですが
 この分だと、15話相当辺りから終わりそう

 博士が「ヴェルナー」と呼ばれるのも面白い

 ヴェルナー・ホルバインですね!

第38話
フランクス博士は、慎重に動くよう命令するも

00021
00022
00023
 本作名物、コクピット乱入事件!

第38話「フランクス“竜式”」
 姫は易々と九式に侵入、コントロールを強奪!
 しかし、狙いは機体自体ではなく
 機体を介しての「侵入」

 9'δに接続し、ゼロツーの情報を収集へ

 何故、フランクスを起動できるのか?
 詳細は原作では19話

 叫竜達、健気にもゼロツーの事を伝えてた

 爆弾型も狙いはゼロツーだったと

目的を達成した姫は、“きゅうしき”を侵食

00024
00025
 ゼータ達のマスクの下も。うわかわいい!?

当然のこと
 単に素顔でなく、敢えて隠すのがまたいい
 彼女達「らしい」と思えていいですね
 可愛い…。

 とまれ侵食され「竜式」誕生

 原作でも、これと似た状況があったも
 姿自体が完全に変化

 文字通り「人の手による装甲」が剥げ落ちた

 足装甲そのままなのも格好良い! 

第39話
勲章授与が決まるも、ハチは「悪い予感」がする

00028
00029
00030
「そうだろうか」。ハッさん可愛い。

第39話「勲章授与」
 今巻冒頭通り、ゼロツーも隊に馴染み始めており
 良い兆候、そして良い事件となったハズが
 決定的な亀裂の始まり

 市長、ゾロメの握手を無視したのです!

 ハチの予測も聡い…
 実は9's壊滅で、13部隊が「代替」へ。

 必要になったからおだてる

 もー、男子ってば! 釣ろうとする魚にはエサをあげるんだからー!!

ゾロメを励まそうとしたミクだったが
逆に! ゾロメに反発されて…

00031
00032
00033
 そして明らかとなった壊滅、痛々しい…

ケンカ回!
 ゾロメが「オトナは悪くない!」と言い返し
 ミクは、つい泣いて「街」に逃げ去り
 ゼロツーが協力

 ゼロツー! “ケンカ”をやってみたかった!

 当の市長も、めちゃくちゃ露骨でしたが
 後から思うとまだソフト

 上からの命令だけど、イヤだったのねー

 勲章を捨ててくのもゼロツーらしい

第40話
ほぉら捕まえてごらん! ぜろつーは にげだした!!

00034
00035
 ここのゼロツー、今巻屈指に可愛い(個人差)

第40話「コドモの遊び/オトナの夢」
 原作、8話を髣髴とさせるケンカ回! ノリノリ!
 リアルタイプ・鬼ごっこでなく
 かくれんぼを満喫

 拗ねたミクと「やってみたかった」ゼロツー

 ミクが「遊び」を疑問視し
 漫画版、彼らを“オトナの為の兵器”と強調

 ボールは遊びでなく、友達ある種の訓練か

 オトナの道具だ、と強調するのが大事なのね

単独で戻ってきた9'α、その実情は

00036
 相棒ゼータが事切れ、絶叫するα

終着点(回避)
 9'sに「量産型三人娘」がいますが、あくまで仲間
 作中、他人や「感情」を見下す9'αも
 仲間限定では人間らしい

 最下級叫竜に、殺されかける屈辱も

 幸いイチゴ達が助けに来るも
 瀕死のゼータを励まし、その死に絶叫した9'α

 アニメとはまた違う状況

 また一つ、αを好きになれた気がします

愚痴り続けるミク
ゼロツー、不思議そうに「なら代われば?」と

00037
00038
00039
 ゼロツーが、この二人に学ぶことになるとは

それでも
 でも、“それでもアイツが好き”と言える関係
 作中でも、際立つ関係なんですよね
 ミクゾロ清い

 捻くれを自覚するゾロメと、解ってるミク

 ミクの愚痴は“解ってる”から
 彼の欠点を知ってるから、ひっくるめて愛せる

 愛してくれていると知ってるから

 言葉=真実じゃない、ゼロツーには新鮮よねー

 そらもうピッチピチですわ 

「ケンカ」をやってみたかったゼロツー

00040
どうやら キミたちのは ケンカじゃなかったみたいだ

ケンカ
 それが解れば上等ですッ! 成長だ!!
 成長しなければ「恋」は掴めねえ!
 ゼロツーよォ~!

 いい…笑顔です

 二人のように、ケンカをしてみたい
 参考にしたくて同行した
 
 がゼロツーの欲求、思わぬ形で笑顔に

 学ぶのでなく感じるオチ

 まあいやらしい!

和解する二人、しかし「初めて見る」光景が

00041
00042
 やだゾロメ、めっちゃイヤがってる…

ニンゲンの理想の世界
 原作と違い、オトナとの交流は描かれず
 また、彼らは起きている必要もなく
 ただただ寝てると描写

 原作以上に、救いようのない……

 胸のパックで食事不要
 快感そのものだけを摂取し続ける人生

 科学的に夢を見続ける

 守っていたものの正体、抵抗あるわよねェ…
 
9'αは右目、相棒を失うも生還する

00042-
00043
 オマケがクソ可愛くてああ複雑!?

生還者
 原作では「ある理由」で隔絶した強さを持ち
 終盤まで、色んな意味で大暴れも
 漫画版はこんな結末…

 生存者はお馴染みα、そしてデルタ

 原作では、ビジュアルに反し!
 いや可愛いから?

 とまれ酷い目にあったデルタが生還

 デルタ、ガンダムなら百式ですね…

第41話
竜式vs九式! 叫竜の姫、その実力は

00044
00045
 姫自身同様、尻尾が展開し攻撃!

第41話「9'sの意地」
 残念ながら、9'sは姫の見せ場となり壊滅
 原作で、強さが印象に残った9'sは
 姫の強さを描く役割に…

 さすが本家、自身めちゃくちゃ強かった

 フランクスと叫竜
 さすが姫様、歩くネタバレマシンガン!!

 コアへの直接攻撃だと“意趣返し”

 変わり果てた同胞に愛情深い…

皮肉にも、9'αは戦闘不能で逃がされた
仲間達が逃がしてくれた

00046
00047
00048
00049
 原作でフェードアウトした三つ子も表情豊か…

9's「全滅」
 目を覚ましたαは、ゼータの事を訊ねました
 彼自身が、生き残る手段としてじゃなく
 仲間として気遣ってた…

 しかし非情にも、“パパ”は9's処分命令

 ゼータは死亡
 δは昏睡し、αは右目失明

 二機も、コア直撃で惨死

 オトナ達のクソさが際立つ!

 と共に、9'sの人間らしさが描かれてる…!

第42話
勲章と9's、噴出する“オトナ達の本音”

00050
00051
00052
 ナオミも殺処分されたと推測するココロ

第42話「あの2人を助けなきゃ」
 勲章事件後、市長の表情が最高でしたね
 猿に、握手をせがまれるようなもの
 心底不快だった…

 9's処分令に、ナオミを連想するココロ

 施設時代を省みて
 消えたコドモは、処分されていたと想像
 
 漫画版は、あの鏡が形見扱いに

 読者にコドモらに、オトナの実態がグイグイくる!

しかしフトシは、ココロを危険に晒したくない!

00053
00054
 が、ミッチー! ナイスアイデアだ!!

二人の回答
 ナオミの“死”に、誰よりショックなのはヒロ
 イチゴが目ざとく気付いてますが
 ミツルが先手!

 早くも“他人を気遣う”ミツル!?

 ミツル自身は、ヒロへの対抗意識と言うも
 彼はツンデレの極致ですし…

 早くもココロを想っての事

 自分達は「戦って死ぬだけ」なのか?

 ブラック社畜的なコドモらの気付き

第43話
何故、むしろ嫌いな9'sを助けてしまうのか

00055
00056
00057
 フトシとイクノ、意外な二人が意気投合

第43話「ほっとけよ」
 思えば二人とも、好きな人と以下略な共通項
 とまれ、ナオミを“死なせた”と知った今
 9'sまで、死なせたくない
 助けたい!

 死ぬと解っているなら助けたい!

 コドモ達の反抗が始まった!
 経緯はぜんぜん違うも、第8話と重なるもの

 同じく“前の13部隊”も知った

 コドモの末路を知り、生きようとする回!

強引なナナへ、見捨てないでと食い下がるも…?

00058
00059
00061
 ナナ自身、まったく同じ台詞を言っていた

重なるもの
 コドモ時代、ナナはパートナーに半狂乱
 当時も「もう役に立たない」為
 同様に処分された

 まだ生きていた、助けられたかもなのに

 原作は致命傷らしかった
 更に残酷にも、腕を失った“だけ”のこと

 生きられるのに“役立たない”から

 つくづくオトナらが残酷…

第13部隊は、己の処分を省みず嘆願した

00062
00063
 が、ゼロツーは冒頭に続き角が…。

ほっとけや温泉
 十把一絡げ、処分される覚悟へハチは譲歩
 当時、ナナは壊れて記憶消去された
 13部隊も、壊れるかも知れず
 同じ轍は踏みたくない

 今殺せば、ナナの二の舞になる

 基本的には人でなしである9'α
 彼は不思議がるも…

 ゼロツーがいよいよ戻れない深みに…
 
 本作では、姫のせいで活性化してるのか

収録

00064





























 ハチは本当、昔から「見てるだけ」。辛いね…。

 ジャンププラスコミックス「漫画版 ダーリン・イン・ザ・フランキス 6巻」。矢吹健太朗
 少年ジャンプ+連載、集英社発行。
 2019年9月(前巻2019年5月)

ダーリン・イン・ザ・フランキス 6巻 感想
※公式サブタイトルなし、便宜名です

 第37話「コード001」
 第38話「フランクス“竜式”」
 第39話「勲章授与(三人娘の素顔」
 第40話「コドモの遊び/オトナの夢」
 第41話「9'sの意地」
 第42話「あの2人を助けなきゃ」
 第43話「ほっとけよ」 
 アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」感想

 これまでの感想

※ダーリン・イン・ザ・フランキス 感想一覧

※矢吹先生作品 過去記事一覧へ

※トップに戻る

オリジナルアニメ ダーリン・イン・ザ・フランキス 感想 2018年1月 公式ツイッター

 ダーリン・イン・ザ・フランキス 放送直前特番
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第1話「独りとヒトリ」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第2話「繋がるということ」トリカゴ
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話「戦う人形」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第4話「フラップ・フラップ」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話「キミの棘、ボクのしるし」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話「ダーリン・イン・ザ・フランクス」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第7話「流星モラトリアム」 ※真夏のセツナ
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第8話「男の子×女の子」 ※Beautiful World
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第9話「トライアングル・ボム」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第10話「永遠の街」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第11話「パートナーシャッフル」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第12話「ガーデン/始まりの庭」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第13話「まものと王子様」ひとり(後半)
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第14話「罪と告白」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第15話「比翼の鳥」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス プレイバック特番
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第16話「ぼくたちの日々」OP2Escape
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話「楽園」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第18話「桜の花が咲く頃に」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第19話「人ならざるモノたち」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス プレイバック特番Ⅱ
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第20話「新しい世界」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第21話「大好きなあなたのために」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第22話「スターゲイザー」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第23話「ダーリン・イン・ザ・フランキス」
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 第24話「わたしを離さないで」【最終回】


 ダーリン・イン・ザ・フランキス 1巻“恥ずかしいから目 閉じてて”
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 2巻“朝チュンと2度目”第2~5話を再構成
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 3巻“もう一度”第4~6話+オリジナル!
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 4巻“俺たちの翼で!”水着回!
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 5巻“7~9話”ゴローと好きと不完全
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 6巻“オトナの街”001vs9's
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 7巻“ミツルのココロを救うもの”
 ダーリン・イン・ザ・フランキス 8巻【最終回】

※トップに戻る





 あやかしトライアングル 1巻 “祭里とすずと妖”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング