公式サイト 機動戦士ガンダム サンダーボルト 巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ 太田垣康男
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
我が家が墜ちる日
死屍累々、これがサイコ・ザク マークIIの真価…

00077
00076
00068
ヒートホーク2本で、移動要塞スパルタン撃沈?!
 5巻以来、長らく「家」だった母艦の最期
 クローディア死亡を越え強烈
 パイク艦長…

 死に絶望のイオ、“目覚めた”ダリル。両極端

生存者は三割…!?
 イオは破壊の中心にいる! ビアンカの名言!
 しかし、ダリルと父を繋いでたラジオが
 あの、陽気な整備兵が次々…
 どころじゃなかった…

 連邦優勢から一転、見せ方が劇的!

ガンダム サンダーボルト 14巻 感想


第14巻「起動! サイコ・ザク マークII」
 以下サブタイなし、便宜名です

 第115話「強運」
 第116話「イオのバカは必ず居る」
 第117話「敵が冷静なら」
 第118話「早く俺を!」
 第119話「クローディア」
 第120話「おれが」
 第121話「堕ちろ、スパルタン」
 第122話「最後の指令」
 第123話「彼は“蘇った”のでなく」 
 アニメ版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想
 これまでの感想

あらすじ
今回、二度に渡り「踏む」サイコザク! その結果

00059
 とかくアクションの見せ方が面白い

あらすじ
 U.C.0080年、連邦は南洋同盟を追い詰め
 サイコ・ザク開発拠点へ攻め込むが
 フウ僧正は脱出

 サイコ・ザク マークIIへ、ダリルが搭乗する

 クローディアをイオが殺した事で
 ダリルは「目覚めた」。

 ダリルは単騎で、ペガサス級スパルタンを轟沈

 サイコ・ザク全機が、宇宙へ打ち上げられた

第115話
前巻、サイコ・ザク試験機の左腕が砕け散った!

00033
00035
00045
00046
 怒涛の貫通! ニュータイプ誘導ならでは!?

第115話「強運は誰だ」
 勝利を確信、俺は強運の持ち主だと誇るイオ
 が、フウはニュータイプ的に指令を飛ばし
 クローディアが中継!

 イオが乗った乾ドック、支柱をブチ抜かせた!

 さすがイオさん運が悪い!

 いや並み以上には良い人です
 なにせ故郷、サイド4壊滅から逃れたんですから

 でも前も、ちょうど雷鳴が鳴ったし…

 ダリルととことん相性悪い!

第116話
イオを殺せ! 過去を振りはらうクローディア

00048
00049
00050
00051
 イオは破壊の中心に必ず居る。まさに!

第116話「イオのバカは必ず居る」
 間一髪、自らも左手を焼ききって難を逃れたイオ
 クローディアも、まだ情が残っていた
 が「勝るもの」があった

 理想実現の為、イオを殺そうとしたクロ

 宇宙世紀は破滅する
 フウ僧正は、その規定路線を少しでも変えたい

 天秤の片側が、ちょっとばかり重すぎた

 地獄を見た彼女は、変えたいって思うよね…

潜水艦に着弾、大爆発!? ガンダムは…

00052
00053
 ガンダムが、あの気のいい整備士を焼く!

ガンダム再び
 ひでえ?! 大爆発に消えたイオでしたが
 戻るのはブーメランより早かった!
 この危険物!

 イオはサイコ・ザクにトドメ!

 際し、ダリルが幼い頃に父に買って貰った
 思い出のラジオが…

 持ち出そうとしてくれたカーターと一緒に

 戦闘記録はしっかり回収…!

第117話
サイコ・ザク視認、ますますイオは黙ってない!

00054
00055
00056
 敵が冷静なら逃げる、だがイオなら

第117話「敵が冷静なら」
 ビアンカに続き、イオへの評価が冷静で的確
 彼は、サーベル一本だろうが追ってくる!
 逃げなきゃ!

 対し、イオも「アンコール阻止」へ泳ぐ!

 何せ水陸両用機ですから
 港を決壊させ、大波と押し寄せるアトラス!?

 その発想、水泳部だね!

 無常な波により、整備班もゴミのように…

 ドミトリー隊長も決死だった!

第118話
早く! 早くザクに乗せてくれ! ダリル必死!

00057
00058
 人海戦術のダリルと、波と共に迫るガンダム!

第118話「早く俺を!」
 とかくイオが怖い! 文字通り、眼前を走るビーム
 お馴染み、でっぷり太った僧兵ドニー氏も
 目をヤられてしまった…

 全速後退するザクタンクへ、スラスター全開!

 ガンダムが「高性能」なのは
 こういうところ!

 この回、完全にジオン視点だった!

 ドミトリー整備長いきてた!

第119話
異口同音、男達は揃って「大事な人」に叫んでた

00059
00060
00061
 二連続の見開きの末、クローディアが…

第119話「クローディア」
 起動前にザクをヤる! 逸ったイオが貫通…!
 が、単にそれだけの展開ではなく
 一度「避けた」

 ザクをブレーキにし、一度は避けたんです

 しかし、残酷にも車体が壁に激突
 再びビームの前に

 多分その前に、死んではいたんでしょうが…

 男達、共に心に傷を残す決着に

二度目の接触で、完全に蒸発したクローディア

00062
 だろうなとは思ったけれど…、それでもなあ…

クローディアの死
 ここ残酷な言い方をすると「ガンダム的」なのね
 元々、イオの恋人だった人だけど
 NTゆえにダリルと交感

 その末、二人の間で死亡したクローディア

 構図は、ほぼ「ララァ」なんです
 初代ガンダムの

 まるで違う物語でも、ちゃんと踏襲している

 ララァポジなら死ぬのよね…。

第120話
上空では、連邦軍の完全勝利へ移行しつつあった

00063
00064
00065
 呆然とする二人、留めたのはドミトリー

第120話「おれが」
 島での戦いは、掃討戦に移行しつつありました
 南洋側は、シャトルを打ち上げねばですが
 制空権は連邦が完掌

 サイコ・ザク32機の打ち上げ、もう不可能では?

 と、読者が感じていた頃
 イオとダリルは呆然

 共に「仕掛けたら殺される」と思ってる皮肉

 ただ、おかげでイオが助かった

 ドミトリー生還が、イオを生かしたのは皮肉

無理せず、後退したダリル達。一方…

00066
 自ら手にかけたショックは、あまりに大きすぎた

おれが… ころした…
 この辺の心境は、10巻がたぶん一番わかる
 イオは、自分は戦争ジャンキーのクズだ
 と、卑下しつつも楽しんでる
 自己肯定してる

 一方で、“クローディアは優しい”と深く肯定

 自分とは違う優しいやつ
 あいつには、平和に生きて欲しいと。

 ある種の、あこがれみたいなものがあった

 傍若無人な彼がここまで…

 平和に生きて欲しかった女を、自らの手で…

第121話
サイコ・ザク打ち上げ! スパルタンは狙撃を図る

00067
00068
 まさに神業

第121話「堕ちろ、スパルタン」
 何がって、発射寸前の主砲を踏み曲げて
 スパルタン自体を撃たせた!
 ショッキング!

 阻止行動自体が、そのまま攻撃

 狙撃阻止はド定番ですが
 こんだけ、アザヤカな流れは滅多にないわ!

 作者・太田垣氏の脳髄すげえ!

 文字通り「取りついた」為、連邦側は攻撃も不能

第122話
更に打ち上げ! スパルタンは4門発射を図るも

00069
00070
00071
00072
 ピッ! 最後までブレる事なく、艦長…

第122話「最後の指令」
 必ずサイコ・ザクを倒せ! と言い終わる前
 ダリルは、2本のヒート・ホークを投擲
 四本の大砲を殲滅!
 更に…

 たったヒートホーク2本で、スパルタン轟沈

 それも専用品とかではなく
 戦場に落ちてた、量産品のヒートホークで

 正確に投擲し、大砲をエンジンを次々切断

 お馴染みブリッジ勢…、全滅…。

第123話
長らく「我が屋」だったスパルタン、轟沈…!

00073
00074
「なんてこった…!」「スパルタンが墜ちるなんて…」

第123話「彼は“蘇った”のでなく」
 とは参謀コンビの台詞ですが、まさにそれ
 従来の、ペガサス級から隔絶した規模
 移動要塞と呼ぶべき代物!
 彼らの「我が屋」

 ついさっきまで優勢だった連邦は惨敗へ

 生存者は3割にも満たないと思われ
 果たして再起は叶うのか

 あまりに荒唐無稽、軍は動くのか?

 トラスト隊も、マーカス惨死をようやく知った…

ダリルが蘇った。悪夢だと嘆くモニカ参謀

00075
 スパルタンは島に落着、諸共に爆沈…!

最悪の芽生え
 強化人間姉妹リリー、イース・シェリーナ曰く
 ダリルは、蘇ったのでなく「目覚めた」
 当時の比ではない

 以前は「無自覚なニュータイプ」

 経緯は外伝2巻に詳しく
 ダリルは、戦傷で「整備班に回された素人」

 それが残弾3で、ジム4機を撃墜

 最初から神業、NT以外の何者でもないハズ

 徐々に自覚し、いよいよ完全に…?

収録

00026
00027
00030
00032
00047





 やはり描き込みがスゴい! 本当、ご自愛

 ビッグスペリオールコミックSP「機動戦士ガンダム サンダーボルト 14巻」。太田垣康男。
 週刊ビッグコミックスペリオール連載、小学館発行。
 2019年月(前巻2019年4月)。

ガンダム サンダーボルト 14巻 感想
 第14巻「起動! サイコ・ザク マークII」
 以下サブタイなし、便宜名です

 第115話「強運」
 第116話「イオのバカは必ず居る」
 第117話「敵が冷静なら」
 第118話「早く俺を!」
 第119話「クローディア」
 第120話「おれが」
 第121話「堕ちろ、スパルタン」
 第122話「最後の指令」
 第123話「彼は“蘇った”のでなく」 
 アニメ版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想
 これまでの感想

※過去記事ページ

※トップに戻る

 
OVA版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話“雷鳴舞う宇宙”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話“切り取れ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話“消耗品のきょうだい達”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話“雷鳴が運んだ偶然”(完)。

OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 感想 2017年

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第5話“ア・バオア・クーより地上へ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第6話“氷海に仏徒は住まう”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第7話“今日も素敵な一日の始まり”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第8話“八艘飛びと開眼法要”【最終回】

漫画 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 感想







 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 2巻“彼らにだって事情がある”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 3巻“砂漠の掟”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 4巻“男と女”

太田垣康男 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想


















 機動戦士ガンダム サンダーボルト 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 3巻※ここまでOVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 6巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻※ここまで第2期OVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻“水上都市”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 9巻“すまねえダリル”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻“決戦前夜” 裏切り者たちは集う
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 11巻“僧正の目的”サイコザクMk-Ⅱ始動!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻“開戦”! 号砲鳴らせサイコ・ザク!!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 13巻“イオvsダリル”画風変更へ
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 14巻“地上編・終結”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 15巻“宇宙”フウ延命の真実

※トップに戻る