ワンピース ONE PIECE 93巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
ワノ国編。人造悪魔の実、副作用発覚?

00086
00085
00052
00057
00083
笑顔以外の表情を奪う“SMILE”!? 新事実発覚で続く!
 状況的に、花魁・小紫は、モモの助の妹・日和か
 地が、めっちゃ素直で可愛い!
 怪しく見えるくらいに!

 黒刀は「成る」。見て! ゾロの刀も「成ってる」!?

太鼓持ち「トノヤス」
 その正体、命懸けで情報戦に持ち込む様が男らしい
 また湯屋、日和を逃したのは、居眠り狂死郎
 でも、光月家残党を妨害もしている
 湯屋!

 彼は「家という呪縛」から、彼女を自由にしたいのか?
 
ワンピース ONE PIECE 93巻 感想

 第932話「将軍と花魁」
 第933話「武士の情け」
 第934話「花のヒョウ五郎」
 第935話「QUEEN」
 第936話「大相撲インフェルノ」
 第937話「おいはぎ橋の牛鬼丸」
 第938話「女の秘密」
 第939話「老いたる豹は路を忘れず」
 第940話「反逆の火種」
 第941話「えびす町の人気者」
 第942話「“白舞大名”霜月康イエ」
 カバー下は公式コラ!?
 これまでの感想

移動するだけ! ビッグマムの存在感たるや

00021
 だがおしるこは無い、その怒りは…?

あらすじ
 花魁・小紫は、親友トコを庇い居眠り狂死郎に処刑
 しかし、小紫=日和(?)はゾロに助けられ
 ゾロは僧兵・牛鬼丸と渡り合う

 記憶喪失のビッグマムはおしるこ目当てに監獄

 ルフィは、監獄でヒョウ五郎に覇気を学び
 夜の間に太った

 だが光月派集合が露見、トノヤスが己は元大名と告白

 自ら処刑され、“あれは嘘だ”と偽装するのだった

第932話。将軍オロチ、“小心者”と陰で笑われていた

00002
00005
00007
00008
 リクエスト扉絵、さっそく不憫で笑う

第932話「将軍と花魁」
 さて前巻、敵に見つかってしまったロビンですが
 肝が太くも留まりました
 意外だ!

 さすが! 世界政府から逃げ育った女傑!!

 逃げ方を知っていますね
 そんなところにいない、と盲点を突くロビン

 とまれ将軍は「光月家再興」を信じ、恐れて

 でも皆、「小心者め」と呆れてるのね

将軍は裸の王様、禿の「おトコちゃん」が笑って…

00009
00010
00011
00012
 が、公然と歯向かった! 花魁・小紫が!!

将軍、怒る
 怒り“オロチ”になる将軍! から花魁が庇った
 曰く、「自分は武士の子」だ
 と恥じなかった

 皆に性悪、と言われてますが「曲げない人」なのね

 なるほどと思わせる場面!
 また将軍、前巻の対外交渉でも情報に強かった

 彼は情報を大切にするが、「小者」と笑われて

 その点、割と不憫

第933話。小紫の“雇用主”・居眠り狂死郎、抜刀…!

00013
00014
00015
00016
00017
00018
00019
 惚れたら負け、狂死郎も小紫に惚れてる…?

第933話「武士の情け」
 そうきたか! 前回「部下へ情がある」と言った狂死郎
 それだけに、「口ばっかりの自己保身か」
 と、見えてしまう構図

 でも小紫自身、「斬って欲しい」と思っていた

 だから、「斬る」のが一番の情けなのか…?
 と思える場面。
 
 また「絵」に気付き、光月側の事情にも詳しい

 しのぶも、元美人だった…!?

斬られ、“ますます混乱する”将軍オロチ!

00020
00021
 やだこのびっぐまむ かわいい

生きた嵐
 一方マムはおしるこを貰って上機嫌、やだいいひと。
 何がって、「貧乏なのにありがとう」
 と、他人を慮ってる

 マム自身、根っこはマトモなままらしい

 今は、あの料理人やらにつき合わされ
 歪んじまってるのか…?

 とまれ将軍、花魁・小紫を諦めきれず大騒ぎ!

 動物系 幻獣種 ヘビヘビの実 八岐大蛇!

SBS。サンジが作った「シムシム」とは?

00022
 シムシムホイップ! 美味しすぎて死む!!

意味は「ゴマ」
 アラビア語、先生は「開けゴマ」から着想したらしい
 マムの心を「開けゴマ!」したんでしょうか?
 シムシム=ゴマ

 またホイップクリームは、「セムラ」にも使用

 意図せず、マム原点の味だったのね
 そら感動するわ!

 結果、「マムの記憶を呼び覚ました」らしい

第934話、“ゾロとワノ国”。繋がりが浮上

00023
00024
00025
 ロビンが有能すぎ、ツッコミもシンプル!

第934話「花のヒョウ五郎」
 マム一家、ビブルカードで生存を察知するも絶望
 曰く、「カイドウとマムは昔仲間だった」
 カイドウはマムに借りがある
 と、言ってた話か

 またゾロ、ワノ国の方言「スナッチ」を知ってた

 勇気が出ぬ時、心を奮い立たせるまじない
 でも「高貴な身分に相応しくない」

 ゾロ、というか彼が居た村とワノ国の繋がり!

 前巻、SBSで触れたアレか!

前巻の“ヒョウじい”、泣きながら団子を食う…!

00026
 一方キッド、海楼石がついたまま脱獄

任侠の男
 ロビン達は湯屋へ、そうと知らずサンジも湯屋へ
 前巻、ステルスを得たサンジってば
 湯屋しか頭にねェ!

 他方ヒョウじいは、ヤクザの大親分だった!
 
 昔は“花のヒョウ五郎”
 彼は何より、ルフィに「人情」を見たのね

 任侠とは、義を貫き、弱きを助け、強者に屈しない!

 今回、美味しく食べるのが、“報いる”事だと。

 だから命懸けで食う! たいした男よ

第935話。カイドウの腹心“疫災”、懸賞金スゴい!

00027
00028
00029
00030
00031
00032
 湯屋! いや懸賞金13億2千万ベリー、…湯屋!!

第935話「QUEEN」
 見た目もノリも、強そうに見えない“疫災のクイーン” 
 彼は、「兎丼」監獄を束ねる立場にある為
 ルフィと対面へ

 なお兎丼、マム絶賛接近中の最高級危険地帯!

 とまれ「湯屋」は江戸時代に準拠
 混浴が当たり前だった為、ロビン達が大注目に…

 混浴は当時、浴槽二つも運用は困難だった

 江戸時代、幾度も禁止されてはいたそうな

 しかし、水・燃料費・場所! コストの壁じゃ厳しい

牢屋の人物、正体判明! 姿は…?

00033
00034
00035
00036
 昔のヒョウ五郎親分、カッコ良過ぎない!?

河松
 カイドウもオロチでさえ、彼をひどく惜しんだそうです
 また、忍者頭目「福ロクジュ」もまた!
 かつては光月家部下

 牢屋の人物は「河松」、赤鞘九人男の一人か!

 また牢の皆、ヒョウを「伝説の侠客」と知らず
 気のいい爺さんと思ってたのね

 彼が本質的に、人に好かれる人物なんだと解ります

 見た目、別人だもんなぁ…

第936話。クイーン、“大相撲インフェルノ”開幕!

00037
00038
 ルフィに翻弄されまくるクイーン、その実力は…?

第936話「大相撲インフェルノ」
 クイーン、ルフィを「相撲」で公開処刑へ図るも
 覇王色の覇気で第一陣殲滅!
 戦うまでもない!

 が、これには動じない辺り、13億は伊達じゃない!

 土俵から出たら「首輪」で即死するルール
 敵は数無制限、武器あり!

 しかし海楼石を外して貰ったので、ルフィは余裕綽々

 首輪は、海楼石じゃないって事ですし

ホーキンス、ドレークの包囲網!

00039
00040
00041
00042
00043
00044
 しかし二人、「おそばマスク」を逃してしまった様子

非・正統派
 今巻は不明ですがサンジは重傷、撒いたと考えにくい
 なら、彼らはジェルマ66のファンだったらしい(?)
 なにそれ超見たい

 とまれ、敵に「足の刺青(光月陣営の証」がバレた

 状況的に、居眠り狂死郎経由ですし
 彼は将軍側に明かした

 光月家側であり、かつ葬ろうとしてるのか

 小紫を、「逃す」為なのか…?

第937話。ゾロ乱戦、“おいはぎ橋の牛鬼丸”!

00045
00046
00047
00048
 リューマの黒刀は、「成った刀」らしい

第937話「おいはぎ橋の牛鬼丸」
 どうも黒刀は、使い込み進化させた、唯一無二の刀
 つまり、他人の黒刀を欲しがるだなんて
 気骨がない証拠

 ゾロが「本物の侍」なら、自ら生み出せ!と?

 弁慶ならぬ、刀狩りの牛鬼丸!
 彼は「武器」にこだわる

 武器と持ち主は、釣りあうべきだと?

 技量に見合わぬ武器を、取り上げているのか

都の殺人鬼は、実は「将軍の子飼い」だった

00049
00050
00051
00052
 撃破の瞬間、ゾロの愛刀は「黒刀」へ!?

人斬り以蔵ならぬ「鎌ぞう」
 語呂悪ッ!? 彼は、無差別殺人を装ってるだけ
 将軍が、逆らう者を殺させる暗殺者!
 司馬遼太郎の創作が元ネタか

 しかもゾロ! 牛鬼丸に不意討ちされまくる!

 てっきり、牛鬼丸が助太刀かと思いきや
 逆に斬りつけた!

 が鎌を奪い、即席三刀流で返すのがゾロらしい!

 苦境にあって、「文句」を言わない男よ!!

SBS。珍しく「気付いて貰えなかった」案件

00053
 あの茶釜! 自分のキンタマの上に座ってた!?

たんたんたぬきの
 珍しく指摘を受けなかった為、自白する尾田先生の
 また、しろひげの持ってた「なぎなた」の名が。
 曰く「むら雲切」

 もちろん最上大業物だそうな

 世界最強は伊達じゃない!
 ついでに、ナミの「幸せパンチ」も進化

 今や30万ベリー級!

第938話。“花魁・小紫”、その本名は

00054
00055
00056
00057
 すっかり朗らかになった「日和」。こちらが地か

第938話「女の秘密」
 小紫を逃がしたのは、まず狂死郎に間違いなく
 しかし、彼が情報を流したが為に
 侍たちの蜂起は失敗
 彼の真意は?

 彼の行動で、“光月家の蜂起”に真実味

 これまで、「信頼できる者だけ」だった為
 情報の広がりが鈍かった

 狂死郎のおかげで、反乱は急拡大している!

 どこまでが狂死郎の意図か?

 私は、「日和を光月家から自由にしたい」よう思えます

第939話。日和が残ったのは、「家」の為

00058
00059
00060
00061
 お玉同様「我慢」する日和、まあかわいい!

第939話「老いたる豹は路を忘れず」
 にしても彼女、自分に動じないゾロをどう思ってるのか
 とまれ、「もし兄に何かあったら」と考え
 意図的に現代に残った

 全て、家の血を残す為。母はやはり死亡

 悪く言えば、彼女は光月家だから不幸になった
 とまれ河松が養育者に

 曰く“カッパ侍”が、13歳まで育てたらしい

 河松捕縛を知らないのは、狂死郎の仕業?

 金儲けに使おうとし、情が移ったのか…?

相撲を利用し、“鍛練”に励むルフィ

00062
00063
 戦桃丸の「足空独行」同様の技!

侍の概念
 見る影もなく衰えるも、覇気“同様”の技使い!
 元は剣士、ゾロやリョーマ同様
 豪剣系だった!

 本作の侍が謳う、「意思に応じて斬る刀」の戦闘術!

 より鋭く斬る事も
 また、「斬らない」事も可能となる力

 今回、触れず攻撃する覇気の習得がテーマ!

 また、心を読むタイプの見聞色はいない様子

第940話、“太鼓持ちトノヤス”って誰!?

00064
00068
00065
 働くより寝たきりの方が辛い。うむ…。

第940話「反逆の火種」
 親しげなトノヤスに、呆気にとられてたカン十郎達
 家臣団は、彼が誰なのか全く思い至らず
 例の赤鞘九人男でもない

 しかし彼は、作戦露見のメリットとデメリットを看破

 ワノ国勢でも、一際頭が回る!
 また彼が「阻止」を図ったのは、狂死郎も想定外のはず

 実はおトコの父であり、儲けを配っているのだという

 彼が助けた「三人組」も、どう転がるんでしょう

監獄は、意外な奴が「味方」になってた!?

00066
00067
00069
 カリブーが仲間に加わった! …ホントに?

インペルダウン的な
 ヒョウじいから、覇気「流桜」の使い方を学ぶルフィ
 力を一点集中し、叩き込む技術でもあり
 更に無駄のない戦いへ

 また監獄は、そのまま“政治犯収容所”と言って良いもの

 光月家残党も知らない、新たな戦力!
 対オロチ戦へ更なる希望が

 ただカリブーが聞いてる為、彼が裏切る可能性も

 彼、とっとと国外に逃げたいだけですから!

第941話。トノイエ捕縛! 気付けなかった理由とは

00070
00071
00072
00073
 食い尽くしたよ! おしるこもな!!

第941話「えびす町の人気者」
 アシュラ童子は、錦えもんの策で“カイドウの敵”へ
 彼が、嫌でも動かざるを得ない状況を作り
 ゾロもまた、のしかかられていた
 まぁいやらしい!

 日和は丑三つ小僧の正体を知ってるのか?

 というか、状況的に彼女自身か?
 とまれトノヤスは「大名」

 かつて笑顔と程遠い、ハリネズミ頭の人物だった

 でも思うに、今も「彼そのもの」なんでしょうね…

第942話「“白舞大名”霜月康イエ」、トノヤスの正体

00074
00075
00076
00077
 回想のおでんは、居眠り狂死郎そっくり…?

第942話「“白舞大名”霜月康イエ」
 高々と晒し者にされた康イエ、彼は「港」が直轄領
 外敵を防ぐ、最精鋭部隊を率いた英雄で
 辛くも生き延びていたと

 この素晴らしい国は、光月家と皆の産物

 オロチは、今「外貨」を獲得していますが
 害虫に過ぎないと罵倒…!

 何も生み出してない、消費してるだけ

 お前なんてテントウムシダマシだ!

捕まった狙いは、情報操作にあった

00078
00079
00080
00081
00082
00083
 今回の騒動は、小心者オロチの過剰反応だと

命懸けの情報戦
 オロチへの支持低下、侍たちの解放、計画の隠蔽!
 己の命で、「状況」そのものをひっくり返し
 康イエは銃殺…!

 際し人口悪魔の実 SMILEが、笑顔以外奪うと発覚

 謎のネーミングが明らかに
 町の住民たちが、妙に笑ってたワケだ!

 ディストピア感が増しますが、どんな副作用か

 まさか、「試食」ってワケでもないでしょうし…?

収録

00001
00003
00004
00006
00084


 第932話より。小紫が面をつけるのは、涙か怒りか?

 ジャンプコミックスコミックス「ONE PIECE 第93巻“えびす町の人気者”」。
 尾田栄一郎。週刊少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2019年7月(前巻2019年3月)

ワンピース ONE PIECE 93巻 感想
 第932話「将軍と花魁」
 第933話「武士の情け」
 第934話「花のヒョウ五郎」
 第935話「QUEEN」
 第936話「大相撲インフェルノ」
 第937話「おいはぎ橋の牛鬼丸」
 第938話「女の秘密」
 第939話「老いたる豹は路を忘れず」
 第940話「反逆の火種」
 第941話「えびす町の人気者」
 第942話「“白舞大名”霜月康イエ」 
 これまでの感想
 トップに戻る

 SBSと読者イラストあり

扉絵シリーズ
 扉絵リクエストシリーズ

※トップに戻る

※過去記事一覧ページ

ONE PIECE 感想



































 ONE PIECE 69巻
 ONE PIECE 70巻
 ONE PIECE 71巻
 ONE PIECE 72巻
 ONE PIECE 73巻
 ONE PIECE 74巻
 ONE PIECE 75巻
 ONE PIECE 76巻
 ONE PIECE 77巻
 ONE PIECE 78巻
 ONE PIECE 79巻
 ONE PIECE 80巻“開幕宣言”
 ONE PIECE 81巻“ネコマムシの旦那に会いに行こう”
 ONE PIECE 82巻“ざわつく世界”
 ONE PIECE 83巻“海賊「四皇」シャーロット・リンリン”
 ONE PIECE 84巻“ルフィVS.サンジ”
 ONE PIECE 85巻“ウソつき”
 ONE PIECE 86巻“四皇暗殺作戦”
 ONE PIECE 87巻“甘くない” ※ONE PIECE 人気投票 第6回完全版
 ONE PIECE 88巻“獅子” カタクリ驚愕の素顔!
 ONE PIECE 89巻“BADEND MUSICAL”カタクリ戦、決着!!
 ONE PIECE 90巻“聖地マリージョア”
 ONE PIECE 91巻“侍の国の冒険”
 ONE PIECE 92巻“花魁小紫登場”
 ONE PIECE 93巻“えびす町の人気者”
 ONE PIECE 94巻“兵どもが夢”
 ONE PIECE 95巻“おでんの冒険”
 ONE PIECE 96巻“煮えてなんぼのおでんに候”ビンクスの酒
 ONE PIECE 97巻“僕の聖書” 麦わらの一味 9人目!!
 ONE PIECE 98巻“忠臣錦” カイドウの望み
 ONE PIECE 99巻“1000話”麦わらのルフィ”
 ONE PIECE 100巻“覇王色”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング