ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 6巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ あらすじ 内容 ネタバレあり 大和田広樹 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
“アシモの技”、再び! ロックフェラー次期当主の窮地に、トランプ大統領は

00037
00036
00017
00026
第1作アシモの得意技! はやぶさを人工衛星に使っちゃうのが本作らしい!!
 明日萌、いかにもアシモ後継機っぽい彼女の素性はまだ不明ですが
 懐かしい技を使うと、こっちも嬉しくなりますね!
 回想とか死亡フラグ立ててるけど!

 トランプ大統領曰く、“アメリカは本質的に変化を求めない”論も面白い

ロックフェラー当主“候補”
 既に“強者”である米国、また同巨大財閥は人材に依存しない
 国でも財閥でも、組織にとって人材は替えの利くものだ
 と、諭したよう見えたワンシーン

 しかし“候補”から、オンリーワンへと成長するクロエ!

 幸運に溺れない姿、ちょっとカッコイイぞ!
 
プリンセスオブジパング 6巻 感想

 第31話「“順子場”の正体」
 第32話「アメリカは変化を求めない」
 第33話「葩子イズム」
 第34話「私がそのまさかです」
 第35話「すり替えなんかじゃない」
 第36話「見えないだけ」
 ムダヅモ無き改革 感想
 ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング 感想
 トップに戻る

※公式サブタイトルありません、便宜名です

さすがラスベガスの米国! 日米決戦は、イカサマ合戦に!?

00020
 ゼーレっぽいのは、「(次期当主の)代わりはいる」ってネタか

あらすじ
 麻雀世界女子ハイスクールチャンプ決定戦、決勝・第一戦は米国!
 葩子様は、クロエ・ロックフェラーのイカサマを見抜くが
 かえって彼女を成長させてしまった

 しかし本田明日萌が、“プロジェクションマッピング”で守勢へ

 明日萌の“イカサマ”に、3連続チョンボを強いられたクロエは
 辛くもそのカラクリを見抜く

 明日萌にとって、残り僅か40秒の攻勢!

 大竹林<パワーオブドリームス>で、明日萌は仕掛けるが…?

第31話。葩子様、特攻! “攻略不能な戦術”の正体とは

00010
00014
00015
 なんとまあ堂々たるイカサマ、フラッシュトレードだった!?

第31話「“順子場”の正体」
 さすがアメリカというべきか、カジノの本場・ラスベガスでの技術!
 ロックフェラーの戦術、どうしても手牌が読めないのは
 要はインチキしてた為

 昭和天皇陛下曰く、“逆に考えてみるのです”の勝利!

 追い詰められた葩子様、開幕から堂々としたお顔ですわ
 追い詰められ、逆に特攻した!

 想定外の対応で焦らせ、隙を見いだすのも対人ゲームの醍醐味よね

 止められる際、腕を強く掴まれたロックフェラー。再発動不能に

第32話。一転、窮地に陥ったロックフェラーに“豪運”! ラッキーヒットが!!

00016
00017
00018
00019
 しかしロックフェラーも先祖が降臨、彼女に「正しい選択か?」と問う

第32話「アメリカは変化を求めない」
 トランプの台詞も面白い。負けても“クロエが”当主候補から落ちるだけ
 ロックフェラー財閥にダメージや、変化なんて与えない
 変化しない、それがアメリカの本質だ
 変わらない事を望む国だと

 それを見誤った者、革新、変化を訴えるものは敗北すると…?

 独占は良くないと“変化”を求められ
 解体されたロックフェラーが、再び力を取り戻したのと同じか

 しかしトランプの予想に反し、クロエは復活!

 トップに大事なのは判断力!

 一時の、ラッキーに踊らされちゃならないってね!!

第33話。起死回生は“究極の七対子”! ノリにノッていくクロエ・ロックフェラー!!

00020
00021
00022
00023
 ロックフェラー財閥幹部会議が、完全にゼーレ。エヴァイズム!

第33話「葩子イズム」
 クロエ・ロックフェラーの“大七星”は、かつてダブル役満扱いもされたレア!
 滅多に揃わないこの手は、ロックフェラー当主への条件とされ
 彼女が、急成長したのだと語られます
 葩子さまの影響だと

 クロエは今まで、イカサマで“流れを作る”戦法を使ってきた

 でも違うのです、「人は…、流れに乗ればいい」と
 ガンダムのシャアもそう言ってた!

 個人を越えた潮流、“流れ”は絶対ある! 私もそう思う!

 時流を読んで力にする! リーダー的素質だわ!!

第34話。完全に“流れ”を読みきったロックフェラー、止めるのはただ一つ!

00024
00025
00026
00027
 誤ロン=チョンボ! 役を揃えたハズが、揃っていなかった!?

第34話「私がそのまさかです」
 勢いに乗った敵は怖い! しかし葩子様、正面決戦を望むも
 明日萌が、「ここは流れを止める」と言いだし
 誤ロンを誘発させた

 流れを止めた「まさか」、私がそのまさかです! カッケェな!!

 ロックフェラーと「流れ」の逸話として
 大油田の発見時、初代が“精製工場”を買いあさった逸話も

 油田が競うように掘られても、精製工場は限られてますものね

 ゴールドラッシュ時、ツルハシやジーンズを売ったような逸話か

第35話。明日萌の“誤ロン“は、アシモの遺産!?

00028
00029
00030
00031
 カラクリを見抜いたロックフェラー! だが阻止失敗?!

第35話「すり替えなんかじゃない」
 第1作、月ラグナロク大戦でのプロジェクションマッピング!
 明日萌は、牌に、偽の図柄を投影してるに違いない…
 と、クロエの推察は正しかった!

 しかし明日萌を隔離しても、図柄が書き換わってしまう

 明日萌が、額メカから図柄を投影しているのではない
 そう見抜くまでに計3回の誤ロン!

 自らがイカサマしてただけに、対策バッチリなのが笑えます

 が、その対策(隔離)でも防げないギミックとは…?

第36話。イカサマの正体は“見えない”だけ! 明日萌、反転攻勢!!

00032
00033
00034
 ちなみに探査機はやぶさは、大気圏再突入時に燃え尽きています

第36話「見えないだけ」
 明日萌のイカサマは、人工衛星はやぶさ改からの投影!
 まさかの大掛かりさ、ロックフェラーも発見が遅れ
 機能の使用時間は40秒!

 反転攻勢、明日萌の“大竹林<パワーオブドリームス>”で次巻へ!

 明日萌、初代作のホンダ製ロボット・アシモ後継機…?
 かと思われ続けるも明示されず

 回想が入ったのは、彼女が壊れてしまう前兆なんでしょうか?

 アメリカ戦は長期戦化、次巻で決着へ!

収録

00009
 扉絵は部活風景か。演出がアシモ娘の死亡フラグっぽいも…?

 近代麻雀コミックス「ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 6巻」
 近代麻雀(月2回発行)連載、㈱竹書房発行。
 2019年6月(前巻2019年2月)

プリンセスオブジパング 6巻 感想
 第31話「“順子場”の正体」
 第32話「アメリカは変化を求めない」
 第33話「葩子イズム」
 第34話「私がそのまさかです」
 第35話「すり替えなんかじゃない」
 第36話「見えないだけ」
 ムダヅモ無き改革 感想
 ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング 感想
 トップに戻る

・過去記事ページ

※トップに戻る

機動戦士ガンダムさん 感想













 ゾゴジュアッジュ
 機動戦士ガンダムさん 10の巻
 機動戦士ガンダムさん 11の巻
 機動戦士ガンダムさん 12の巻
 機動戦士ガンダムさん 13の巻
 機動戦士ガンダムさん 14の巻
 機動戦士ガンダムさん 15の巻“池田秀一×大和田秀樹 対談!”
 機動戦士ガンダムさん 16の巻“ザクさん殺人事件”女医セイラさん11連発!
 機動戦士ガンダムさん 17の巻“令和改元”セイラさん12連発!
 機動戦士ガンダムさん 18の巻“連載20周年”ガンダム転生











 ムダヅモ無き改革 10巻
 ムダヅモ無き改革 11巻
 ムダヅモ無き改革 12巻
 ムダヅモ無き改革 13巻
 ムダヅモ無き改革 14巻
 ムダヅモ無き改革 15巻
 ムダヅモ無き改革 16巻“血戦! 尖閣諸島編”【最終回】

ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 感想











 プリンセスオブジパング 1巻“不屈! トランプ大統領!!”
 プリンセスオブジパング 2巻“vs台湾”! 世界大会 開戦!!
 プリンセスオブジパング 3巻“台湾総統は伊達じゃない!!”
 プリンセスオブジパング 4巻“ロシアの本質”! 最後の皇女
 プリンセスオブジパング 5巻“ロックフェラーの因縁!”
 プリンセスオブジパング 6巻“明日萌のイカサマ”
 プリンセスオブジパング 7巻“魔女、再び”
 プリンセスオブジパング 8巻“ラグナロクの闘牌”

・過去記事ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング