公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話 感想 偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 23時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!!

00201
00213
00472
鏡編同様、任務か仲間か選択を迫られる回! が、悠々といなしたブチャラティは流石!
 ヒラのアバッキオ、ジョルノは「それぞれが両方をやる」事で達成しましたが
 対し、お前なんかに両方なんて訳もないと言う!
 幹部の風格よォ!

 が逆転を許し、“両方やる”為に自分自身を切り捨てるのがまた男らしい!

ペッシ愛されすぎ問題
 優勢がに二転三転するのが最高ですね! そして劣勢でこそ真価が見える!
 劣勢に落ちたとき、ペッシの覚悟が足りてなかったと責めましたが
 ブチャラティは腕どころか全身投げ出す覚悟!
 むしろ仲間に欲しい逸材よ!
 逸材祭りよ!

 幹部とは、任務と仲間の両立に“己を捨てる覚悟”がいる! 男前祭りだわ!!
 
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話 感想

 ジョジョ 5部 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」
 ビーチ・ボーイ
 何をしやがるんだー!?
 テメーのもう一人の仲間はどこにいる?
『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!  
 Bパート「プロシュートの兄貴:ザ・グレイトフル・デッド」
 ここが正念場なんだ
 グイード・ミスタ
 お前如きに両方やるというのは、そう難しい事じゃあないな
 覚悟はいいか? オレはできてる      
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

大口叩いて仲間と心をなぐさめあってるような負け犬どもとはわけが違うんだからな

00209
 殺すと息巻き行動に移さない、それは負け犬って事なんだぜペッシ!

「ブッ殺したなら」なら使ってもいい!
 前回の台詞を深め、窮地にあってヤバいと思うのは自分も同じだという兄貴
 だが、兄貴も仲間もそこで恐れたりしなかった!
 恐れるのは甘ったれなんだ!

 成長だ! 成長こそ「栄光」を掴む為に必要だと諭す兄貴!

 成長! これもまたジョジョのテーマだわ!!

「些細なものでいいんだ、妙なものはなかったか?」も素敵だ!

00265
 部下の発見を聞かせて欲しいといい、見つけたものを経験を活かし分析する上司!

あらすじ
 単身迎撃に出たミスタは、2人の敵に苦戦するが、ビーチ・ボーイのペッシを撃退
 しかし、プロシュートの想定外の奇襲に倒れ
 遂に「亀」を特定される

 ところがミスタの幸運とピストルズ、ブチャラティを戦列に復帰させた

 能力戦は紙一重、プロシュートが一枚上手だったが
 ブチャラティは覚悟が出来ていた

 外は時速150km! ブチャラティは移動する列車そのものを武器にするが…?

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」

ミスタ『な…、何だ?! この針みたいなものは…!?』

00389
 前回、暗殺チームのプロシュートはスタンド“TGD”を発動
 その狙いは、ブチャラティ・チーム殲滅
 もしくは炙りだす事にあった

 そうとも知らぬミスタは、ママっ子ペッシの罠にかかってしまい…?

ペッシ『ブチャラティ共はこの列車に乗っていたぜェ~!!』

00004
00007
00010
00022
00024
 早い! スゴい速さで腕を登ってくるッ!?

ビーチ・ボーイ 
 と思って"糸の切断”を試みても、この糸! どうも簡単には切れないらしい
 どころか、糸に近いミスタ側へダメージが伝わってしまう為
 事態は悪化の一途を辿る

 見る間に手、腕と体内深くへ針がもぐりこんでくる恐怖!

 更に、針が刺さってる部分を感じ取ることが可能で
 引っ張る力から性別や体重も感知

 相手が見えない遠隔攻撃系だが、詳しい情報から類推まで可能!

 射程長い上にめっちゃ使い勝手がいい!

ミスタ『この糸を抜かないとヤバい!』

00028
 ブゲエ!? 無様にも壁にぶっつけられるミスタ
 人を引っ張るパワーがありやがる為
 あちこちぶつけるのも厄介

 射程もパワーも結構ある上、「食い込んだ相手を感知できる」のはやっぱり怖い!

ミスタ『ちくしょう! 脳ミソまで登ってきちまうぞ!!』

00034
00039
00041
00042
00047
 ちくしょう! 探すしかねー!! 探すしかねーぞ!

探せ!
 ミスタ、セックスピストルズに綱引きさせようとしたが全く敵わない!
 となれば、本体を探して倒す一択ですが
 遠隔スタンドの独壇場ですね

 釣竿が丸出しなので、割とわかりやすいスタンドなのは確かですが

 針が脳ミソまで到達すれば、車掌のようにヤられてしまうのか
 脳ミソに食い込むとか恐ろしい!

 愉快なようでつくづく暗殺向けですわ

『探セ! 探スんダッ!! ゼッテー見つけルンだッ!!』

00050
00060
00065
00066
00076
00078
 ウエエ~ン! もっとチャント下を狙わないと氷がフットバないよ~!

着弾点
 ミスタの能力を知らないペッシは、彼がめくらめっぽうに撃ったと誤解
 バカめ、他の客に当たったらどうすんだとはしゃぎたてますが
 着弾点を見て青ざめた!

 ソノママ突っ込んでコイ~! 氷を見つケタからよ~!!

 ミスタのスタンドも状況も、仰天するシチュエーションだわ!
 ここはペッシに同情する!

 ミスタは刻一刻と老いながらも、冷静に狙いを考えてたのね

 バカそうに見えてそうじゃねえ男よ!

ペッシ『何をしやがるんだーーー!?

00079
 ペッシの強みは、数知れない乗客という「数」に紛れる事でした
 しかし、ミスタは「氷」を狙うようピストルズに命じ
 敵を探す苦労を軽減します

 ペッシがエアコンに罠を張ったのと、思えばまんま同じことなのね!

 やったらやりかえされる!

ピストルズ『コイツ、青ざめて叫んでいるゾ!』

00082
00086
00088
00093
00100
00105
 どけ! おいぼれが、ゾンビくせえ手でこの俺にィイイイイイ!?

ゾンビくせえ!
 前回に続きギャング不覚悟を露呈、命惜しさに取り乱してしまうペッシ!
 ピストルズに、完全に「こいつが本体だ」と言われ
 兄貴激怒間違いなし!

 脂っこい肉を注文したのに、食いたくなくなったんだぁ~

 ジョジョ名物、行動力のある通りすがりに絡まれ
 ミスタの弾で右手をヤられるペッシ

 エグい! おっと“爺ちゃん”ってば何でここでペッシに絡んだのかってね!

 取り乱しまくるペッシ、ここまで取り乱すといっそ可哀想だわ!

ペッシ『ヒエエエエエエエエエエエ!?

00111
00115
00119
00123
00124
00134
 答えようが答えまいが…、俺は今から、お前にごく簡単な…

パイナップル狩り
 取り乱すペッシと、用心してまず拳銃だけ出したミスタ
 こういうアクションするとヒットマンっぽいですね
 完全に敵キャラ。
 
 たった一つの質問をする…

 2秒以内に答えないと両目に1発ずつだ
 ウーノ(uno 1)、ドゥーエ(due 2)、それ以上は待たない。

 念押ししながら迫るミスタ、おっぱいおっぱい言ってた青年とは別人ですね

 いちいち、数を提示するのがミスタらしい。

ミスタ『…テメーのもう一人の仲間はどこにいる?』

00136

 ペッシ「し、知るかよ! 俺だって知らねーんだよ!?
 ミスタ「ドゥーエ(due 2)、じゃあ死ね!

 老人「あんねぇえええ…、助けて欲しいんだよぉおおおお

 老人「脂っこい肉が好物だったのにさ~
 ミスタ「おいどいてろ!? すぐにまた肉が食いたくなるからよォ~!!

 老人「いや…、もう何も食えないさ。ただしお前がだ、ミスタ


00139
00141
00145
00158
00159
00162
 直は素早いんだぜ~? パワー全開だァ~

直触り
 ミスタなら殺る! ところが老人こそ、プロシュート自ら老いていたと明かされる
 毒ガスなんて非効率な使い方じゃあない
 瞬殺する直触り!

 グレイトフル・デッドの直触りはよォ~!

 ペッシ特定時、“そもそも若いだけで怪しい”と思ったならッ!
 それこそが正解だったんでしょうね

 ペッシを囮にし、彼を探し当てた者へ不意討ちを狙ってた

 全てが「バレる」前提で動いてるのがイカスすぜ兄貴!
 
ミスタ『ピストルズ…! このスピード…、しまった…!!』

00167
 力尽きるミスタ、「アンタ兄貴かい!?」と繰り返すペッシについ笑います
 おっかさん!と呼びかけた寅さんみたい
 さっき散々無碍にしたのもどこへやら
 あふれる感激が止まらない!

 まさか自身をも老化させ紛れてようとは、お釈迦様でも気付くまい!

 無言でスーツを着込む兄貴が最高にダンディ

『兄貴ィー! プロシュート兄貴ィー!! やっぱり兄貴はスゲーやあ!!』

00172
00176
00180
00182
00185
 このフヌケ野郎が! 何だ今のザマは? ええ!

マンモーニ・ペッシ
 多分、ハイタッチでもしようとしたのか、両手を広げて近寄って殴られた!
 からの独特な首鳴りをさせつつ、踏まれまくるペッシ
 我々の業界ではご褒美です

 だって氷を撃つなんか思ってもみなかったんだ! しょうがねえじゃあないか!?

 アニメ班、つくづくペッシの首に何の解釈してるんでしょうか
 もうこれ完全にラバー素材の音ですよね
 ラバーメン!

 なおも反論というか、蹴らないでぶたないでと哀れっぽく誘うペッシ

 これには兄貴も「マンモーニ(ママッ子野郎め!)」と激怒

『ヒィィイ!? もう殴らねーでくれよ兄貴ィィィ!』

00193

 いいかッ! オレが怒ってんのはな
 てめーの「心の弱さ」なんだペッシ!

 そりゃあ確かに「氷」をイキナリぶっ飛ばされたんだ
 衝撃を受けるのは当然だ!自分まで「老化」しちまうんからな
 俺だってヤバイと思う!

 だが!俺たちチームの他のヤツならッ!
 あともうちょっとでノドに食らいつけるって「スタンド」を決して解除したりはしねえッ!
 たとえ腕を飛ばされようが、脚をもがれようともなッ!

 オメーは「ママッ子(マンモーニ)」なんだよペッシ! ビビったんだ…
 甘ったれてんだ!

「氷」のせいじゃあねえ、心の奥のところでオメーにはビビりがあんだよ!

『成長しろ』!ペッシ
『成長』しなきゃあ俺たちは「栄光」をつかめねえ
 ブチャラティたちには勝てねえ!

 そしてハッキリと言っておくぜ
 俺たちチームはな! そこら辺のナンパ道路(ストリート)や仲よしクラブで
「ブッ殺す」「ブッ殺す」って大口叩いて仲間と心をなぐさめあってるような負け犬どもとはわけが違うんだからな

『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!

 その時スデに行動は終わっているんだッ!


00201
00203
00209
00210
00213
00214
 何かを「やる」とは、行動に移してこそ意味があるのだとブッ放す兄貴

ブッ殺すと思ったなら
 罵倒してストレス解消するだけに終わる、それじゃ負け犬の発想だと。
 同様に、怯んで「行動」を完遂できず終っちゃダメだ
 やり通すことにこそ意味がある
 ビビっちゃダメだ

 全てはペッシの心の弱さ、成長を促すプロシュートの兄貴!

 なおかつ、「ヤバい」と思うのは自分だってそうだと言い
 危機感は誰もが持つものと諭します

 危機感や自己保存を超えた完遂、思う前に行動する決断力!

 腕を捨てたイルーゾォ、全身大ヤケドでタイマンしたホルマジオを思い出すわ!

プロシュート『行くぜペッシ、ホレ氷だ』

00217
00220
00221
00222
 確かオメー、さっき運転室に何かもう一つ気配があったって言ってたな

確信を持って
 未だ、ブチャラティ達が乗っている確信がなかったプロシュートの兄貴達は
 ミスタ迎撃により、熱意がモリモリ湧いてくる事に
 氷もたーんと用意して!

 娘は運転室にいるッ!

 兄貴、気遣いの鬼過ぎない…?
 氷で安心させつつ、ペッシの言葉に耳を傾ける上司の鑑

 一時はパイナップルを収穫せんばかりの勢いから、飴と鞭にもほどがある!

 やっぱりプロシュート兄貴は最高級の生ハムですわ

今回のスタンドは、プロシュート兄貴のTGD!

00223
 破壊力B /スピードE /射程距離B /持続力A / 精密動作性E / 成長性C
 ステータス上は、決して高いとは言えないのが今期スタンドらしい。
 性格的に、成長は仕方ないにしても
 精密やスピードが低い

 成長性は、アレだ兄貴の精神が完成の域だから仕方ない。

 元ネタが「Greatful(偉大なる)」ではなく、「Grateful(感謝する)」なのも有名。

亀の中では男性陣、特にブチャラティもほぼ戦闘不能に陥っていた

00233
00234
00236
00238
00242
 ナランチャに、余計なことはやらなくてもいい!(ブチャラティ)

優先度
 体温が高いのか“頭を出した”のがヤバかったのか、病の進行が早いナランチャ
 トリッシュは、風や濡れタオルも試してみたらしいが
 氷以外に効果がなかったという
 だが

 君は…、自分の安全だけを考えるんだ

 ナランチャは覚悟の上
 トリッシュに、今は自分の事だけを考えろというブチャラティ

 当初我侭千万だった彼女が、“それだけの人間”じゃないと解って素敵です

 そしてトリッシュ側も、ブチャラティの人柄を知る事に

ブチャラティ『それが俺達の仕事だ…』

00243
 君は好き好んで、ここに居る訳ではないんだからな。と続けるブチャラティ
 おそらく、当初トリッシュがあんな態度をとっていたのも
 同様に、こんなの自分の意志じゃない不満と
 不安によるものだった気がします

 一般人を巻き込むのが嫌いな、ブチャラティの人柄を感じます。

 気遣ってる「一般人」メンタルなトリッシュが本当に黄金

ブチャラティ『敵の事は、外のミスタがなんとかする』

00246
00250
00252
 なんとか…、してくれるはずだ…、ミスタ……。

何とか
 ブチャラティの儚い希望をすり潰すように、ピクリともしないミスタの姿が。
 何とかする、「してくれるはずだ」と弱音に変わるのも
 こう音沙汰がないんじゃ仕方ない

 他に別行動してる頼れる仲間、みたいなのがいませんものね…

 ジョジョ名物、命の蒸気(?)を発して横たわるミスタ

プロシュート『どこに…、どうやって奴等は隠れているのか。わかりかけてきたぞ』

00265
 考え方を四次元的にしなければならない。まず常識を捨てなければ。
 当初、「この部屋にそんなに人が入る訳ない」と思った
 その盲点をこそ突いているのだ
 突くから安全なのだ

 特にプロシュートは、“何か黒いもの”を持ち去ったのが鍵だと考える

 ペッシにも、さっきの気配とやらを感じないかと訪ねますが

『あんまり期待なんかしねぇでくれよ~、俺、勘が悪いし…』

00269

 ペッシペッシペッシペッシよォ~~~~~
 オレはオメーを信じてるんだ

 オレがさっきおまえを怒った事なら「自信を持て」…

 お前のビーチ・ボーイは、その気になりゃあ何者にも負けねえ能力じゃあねえか…


00273
00282
00286
 ここが「正念場」だぜペッシ! 自信を持っていいんだぜお前の能力をよう…

正念場
 小走りにペッシペッシペッシペッシよう~、する兄貴に思わず笑います
 だが言葉は確かです、今は「自信」を持つべきなのだと
 切り替えが出来る上司!

 これがイルーゾォ辺りなら見捨てるでしょうが、粘り強くペッシを育てているのね

 自身、これほど強力なスタンドを持つプロシュートだからこそ
 誰にも負けないという言葉が強い!

 間接的に“俺以上になれるさ”と励ます上司、兄貴ホント素晴らしい

『些細なものでいいんだ、妙なものはなかったか? 黒っぽいもの…、とかよォ』

00288
 シートの下には何もありませんでしたが、前回気付いた場所を示すペッシ
 些細なものでもいい、とにかく今は「目」を増やすのが大事で
 何かに気付けば経験豊富な上司が分析する
 気軽に伝えられる関係!

 ごく基本的な事ですが、ホント難しいですよね
 
ペッシ『す…、すまねえ気のせいだった…、やっぱりその…』

00296
00304
00307
00317
00324
00327
 でかしたぞペッシ、謎は全て解けたぜ! お前のおかげで全てを理解したぞ!!

カメェェェッー!
 やっぱりダメだったと落ち込む部下に、“お前のおかげだ”と返す上司
 プロシュートは、動物のフンが落ちていると気付いた
 触ったペンはこのあと捨てた!

 ネズミならTGDですぐ死ぬ、場にそぐわない生き物がいる可能性が高い

 動物のスタンド使い!
 それも、“物陰を移動している”と解ればこっちのもの

 TGDの影響まで考慮しフンの状態から悟る…、ホルマジオを髣髴とさせるクレバーさ!

 あと、TGDの“質感”を作画するのって大変なんですねえ

『決まりだぜ! この亀に更に直に能力を叩き込む!!』

00333
 用心深く、完全に封殺してからのトリッシュ確保を試みるプロシュート
 既にヨボヨボでも油断しない
 兄貴はすげえや!

 が、ここで“注意深さ”を上回るとは!

ちょっと待って兄貴ー!? こいつら、一人足りないんじゃあないスか…?』

00338
00339
00345
00360
00372
 普段の…、心がけが良かったというか…、ギリギリ運が良かったというか…

お手柄No.5
 さすが兄貴が見込んだ男! ペッシが“足りない”と気付いて注意を促していた頃
 さっきペッシに迫った際、拾った氷を帽子に入れていたミスタが生存
 既にブチャラティに氷を持っていったと聞く

 それでOKだ…、俺にはもう…、氷は必要ねえ…、から…、な

 俺にはもう必要ねえ…、この言い草がまた男臭くて好きです。
 助かったのは、氷でNo5が復活してた為

 直にGFDを食らった後、帽子の中でNo.5が復活し弾を弾いていた

 被弾もしたけど、その出血で死んだと擬装できたのね

兄貴『ブチャラティがいようがいまいが!

00378
 亀を囮にして奇襲したブチャラティだったが、TGDに弾かれてしまう
 しかし、ピストルズが「掴まれたら終わりだ」と伝える等
 予備知識でブチャラティ優位へ!

 つくづくスタンド戦は、能力を把握してる側が有利ですね

 ミスタを殺し損ねたツケは大きかった!

プロシュート『ミスタのスタンドが、何でここにいるんだ!?

00379
00380
00393
00394
00400
00404
00406
00409
00410
 俺に構うな! 亀の中の奴らを始末しろッ!!(プロシュート)

任務か仲間か
 ブチャラティのラッシュに劣勢になりながら、採った対応は対照的でした
 プロシュートは、自分に構うなと耐える一方
 ブチャラティは仲間を庇った

 ペッシを狙い劣勢に陥ったブチャラティを、“甘い”と叱責するプロシュート

 ブチャラティ空中殺法!
 軽業めいた戦法は、つくづく場慣れしてる感じですね

 声が付くと、兄貴が本当ギリギリで防衛戦やってる感じも伝わる!

 そこに、「自分より任務を」って指示も重たく感じる!

プロシュート『甘いんじゃあねーか、ブチャラティ…』

00412

)プロシュートの兄貴
 甘いんじゃあねーか、ブチャラティ…
 ミスタの奴にせっかく知らせてもらったのによォ~

 仲間を切り捨てても娘を守るためオレを倒す!それが任務じゃあねえのか?

「幹部失格」だな


00414
00416
00420

)ブチャラティ
「任務は遂行する」
「部下も守る」

 お前如きに両方やるというのは、そう難しい事じゃあないな


00421
00423
00424
00428
00441
 速いな…、確かに「速い」…!

両方やるという事
 自らをジッパーで“割いて”避ける荒業! たかがジッパーになんて汎用性
 任務か仲間か、まさにアバッキオ達も直面した問題に対し
 堂々言い切ったブチャラティ
 幹部の風格だわ!

 だが、スピードを理解してないのはお前の方さブチャラティ!

 イルーゾォの、「しゃがんでいるんだ」発言といい
 暗殺チームは返し方が面白い

 一見は負け惜しみですが、「速さ」に圧倒された事に意味がある

 ブッ飛び加減も迫力があったッ!

プロシュートの兄貴『理解しないで、とにかくスピードを出しまくった!』

00445

 じっとしていても老化は進行してるっていうのによ~!
 馬力のあるクルマほど、ボディが温まるんだぜ~
 カロリー使うからなあ~

 賢明なお前なら俺の言ってる事、分かるよな?

 身体が温まりゃあ、どうなるかをよォ!


00450
00452
00456
00459
 ブ、ブチャラティ! 氷が効かなくなってキテイル!?

ターンエンド
 クルマにたとえるのが伊達男なイタリアンって感じだな~、ええオイ!
 TGDは、決して俊敏性に長けたスタンドとは言えませんが
 敵がスペックダウンを起こしてしまう為
 近接戦でも充分戦える!

 無論初撃に持ち堪えるのが必要なので、兄貴も必死だったんですね

 あっと言う間に優劣が逆転
 てかスタンドもまた、動かすと身体が温まるんですね…

 敵=ブチャラティを「馬力のある」と評するのも、余裕を感じさせるわ!

 お前は強いな、だから劣勢になったんだぜ!って言い回し!!

『動きがノロいぞブチャラティ!』

00464
 遂に捕まったブチャラティ、後は瞬間的に“老化”させられバッドエンド
 既に戦えるメンバーはいませんから
 完全に詰んだ
 が

ブチャラティ『覚悟の上だ…』

00466

 承知の上だ…、身体が温まってくるのならな…
 捕まえられるのも覚悟の上だ
 
「任務は遂行する」「部下も守る」
「両方」やらなくっちゃあならないってのが「幹部」のつらいところだな

 覚悟はいいか? オレはできてる


00472
00473
00474
00478
00481
00485
00489
 おいおい、掴んだのはお前だろうがよ…(ブチャラティ)

時速150kmの捨て身
 温まったのがブチャラティの想定外なら、捕まる事は想定しなければならない
 その上で、任務を遂行し部下を守る両立策とは
 自ら身を投げ出す事だった
 覚悟!

 皮肉にも捕まえた側のプロシュートこそ、“離せ”と絶叫して落下する事に!

 幹部のつらいところだな?
 と、「ヒラならここまでしなくて良いのにな」と愚痴ってて素敵です

 昇進とは背負うものが増え、その為に、身を投げる“覚悟”もいる事(物理)!

 次回、時速150kmから仲良く身を投げた二人は…!

感想追記

 ミスタvsペッシ
 ブチャラティvsプロシュート          
 トップに戻る

ペッシ強襲! 状況がひっくり返ったのは、ペッシの心の弱さか

00093
00105
 兄貴が伏せさせてなければ、頭とかに当たっていたんでしょうか

ミスタvsペッシ
 今回、氷に触れていれば老化が鈍る為、“ただの乗客”を撃ってしまう可能性があった
 たまたま氷を持ってるだけなら、氷を撃たれても動揺しません
 が、ペッシは動揺し「事情を知ってる」と暴露

 動揺でスタンドを解除、ピストルズに特定されてしまったのが敗因に

 動揺せず、スタンド攻撃を完遂していれば
 脳に到達して勝ってたのかも…

 というワケで、兄貴にめちゃくちゃ折檻される事に 

はペッシを囮にしつつ、おそらく“見守っていた”プロシュートの兄貴

00158
 ここ正体を現していく場面がホントかっこいい

老人大作戦
 繰り返しますが、ミスタはペッシの顔を知らないし、若いだけでは偶然かもしれません
 ペッシは、シラを切りとおして勝てる可能性もあったし
 見守ってたのだと思います

 同時に“若いペッシ”が怪しまれるのも、まず間違いのない事で

 ペッシの失敗に備え、ペッシを囮にして奇襲する事まで含めた
 兄貴流教育術だったんでしょうか

 逃げようとしたペッシも、特定された今は逃げるより「伏せた」ほうがいい

任務と仲間、「幹部失格」となじられたブチャラティだったが

00478
 兄貴は本気でおびえるからイイ!

ブチャラティvsプロシュートの兄貴
 近接戦に勝るブチャラティに、特性を生かして逆転する兄貴が見事
 しかし、「覚悟」を語った兄貴でさえ仰天する覚悟!
 そこが勝敗を分かったのが熱い!

 作中覚悟を連発する本作、幹部になった男が一番キメてるのがイイですね!

 それも、自分自身を犠牲にすれば両方守るなんて簡単だと。
 選び方が本当にカッコイイ。

 そうせざるを得ない状況に追い込んだプロシュートの兄貴もスゲエや!

公式ツイッターより






























2019年1月18日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」

00193
 台詞がカットされがちな長編作、フルでやった男気!

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ&演出:南川達馬
 作画監督:上竹哲郎、森藤希子、片山貴仁、森田莉奈、SHIN HYUNG、WOO
 アクション作画監督:鈴木勘太
 総作画監督:石本峻一
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:

あらすじ
 ?

次回、偉大なる死その2! 落下したブチャラシュートの兄幹部は…!!

00406
00409
 ブチャラティのアクションがまた超軽快なんだ! とても「幹部」じゃねえ!!

両方やる
 本作を代表する名言ラッシュ回! 今にして思えば、平ギャングであるアバッキオ達
 彼らの「仲間」「任務」論、そしてペッシの覚悟不足を描いてから
 満を持しての台詞だったんですね
 全てが繋がっている

 プロシュートの兄貴もまた、部下を育てる最高の兄貴として描かれている!

 任務と仲間は、ジョルノが頭抜けた資質を描きましたが
 アバッキオなくしては犠牲が出ていました

 あれも十分離れ業として描きつつ、上を行かなきゃいけない幹部は大変だわ!

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話 感想

 ジョジョ 5部 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」
 ビーチ・ボーイ
 何をしやがるんだー!?
 テメーのもう一人の仲間はどこにいる?
『ブッ殺す』と心の中で思ったならッ!  
 Bパート「プロシュートの兄貴:ザ・グレイトフル・デッド」
 ここが正念場なんだ
 グイード・ミスタ
 お前如きに両方やるというのは、そう難しい事じゃあないな
 覚悟はいいか? オレはできてる      
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想
 トップに戻る

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」

漫画 ジョジョの奇妙な冒険 岸辺露伴は動かない 感想

 岸辺露伴は動かない 1巻“体験は作品にリアリティを生む”
 岸辺露伴は動かない 2巻 “感動ハッピーエンドにしました”


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第8話「セックス・ピストルズ登場 その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第9話「ボスからの第一指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話「暗殺者チーム -ヒットマンチーム-」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第11話「ナランチャのエアロスミス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第12話「ボスからの第二指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・ヘイズ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13.5話「Inizio del vento aureo」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第17話「ベイビィ・フェイス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第18話「ヴェネツィアへ向かえ!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第19話「ホワイト・アルバム」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第20話「ボスからの最終指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第21話「キング・クリムゾンの謎」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第21.5話「determinazione」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第22話「ガッツの「G」」 後期OP「裏切り者のレクイエム」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第23話「クラッシュとトーキング・ヘッド」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第24話「ノトーリアス・B・I・G」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第25話「スパイス・ガール」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング