試し読み ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ あらすじ 内容 ネタバレあり 漫画:しいたけ元帥 シナリオ:関西リョウジ 絵コンテ:森 小太郎 これまでの感想はこちら。本編最終回はこちら
愛機シャイニングブレイクに込めた“弱さ”、芽生えた希望! ヒロインも可愛い!!

00060
00059
00045
00046
本編中で縮尺操作・巨大化したように、実は幅広い改ざんが可能だったブレイクデカール
 道具は使い方! 悪質ツールBDも“やれる事を広げる道具”と楽しむ姿が面白い
 他方、GBNならではの楽しさを満喫する怪しいダイバー
 アインソフさんには共感しかない!
 怪しいけど!

 シャイニングで勝てずBD用の汎用機へ改造した“弱さ”、私は嫌いじゃない!

結実した「ブレイク」がカッコ良かったし!
 原型機の特性を完全に消す改造は、本編でコウイチさんも施していますが
 私は、“それでも使い続けたい”愛着だと思えますから。
 多分同様に、ゼンの思いも一筋縄じゃない
 そこを思うのが“楽しい”!

 全体に男性キャラが多い中、愛機共々、ホットパンツのエモさんがとてもいい!!

ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻 感想

 第1話「マスダイバー」
 第2話「ZA-∀Z-ザッズ-」
 第3話「迷うアーク」
 第4話「アインソフ」
 第5話「魂太-ごんぶと-」
 第6話「ブレイク」
 MS「ディガンマ・アジール(宇宙世紀/トライエイジ)」
 MS「ガンダムザラキエル」
 MS「ガンダムシャイニングブレイク」
 MS「G-エルス」
 作者様ツイッター他
 ガンダムビルドダイバーズ 感想
 ガンダムBD外伝 GBWC 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

 本単行本は、機体設定集などは収録されていません

ブレイクデカール騒動は、果たして本当に終息を向かえたのか?

00049
 アニメ本編の設定考証を担う関西氏が原作。氏は、UC外伝系もほぼ一括して担当

あらすじ
 ガンプラを介したネットゲームGBNで、アークは不正ツールBDを活用するダイバーだった
 アークは、BDを他人に迷惑をかけず楽しむ主張に初めて賛同を得て
 彼、ゼンとフォース“ZA-∀Z”を結成する

 だがアークは、オーガやアインソフと出会い、BDの致命的問題気付いてしまう

 ゼンの説得を試みるが
 アークは、ゼンが抱えた気持ちに気付けず決裂してしまう

 しかしアインソフは、これは始まりに過ぎないんだよとアークを促し…?

 あとフォース“魂太”のアニキ、オノコがアーク達に惚れ込んでいた

第1話。GNN本編・前半最大のヤマ場! “有志連合編”決戦の裏からスタート

00000
00001
 やっぱりあの人の言う通りだったというゼン。“あの人”とは最後の…?

第1話「マスダイバー」
 シャイニングブレイクのアークと、G-エルス操る“マスダイバー(不正者)”ゼン!
 マスダイバーとは、不正ツール・ブレイクデカールを使い
 ゲーム内で「ズル」をする人たち

 ところが影響は拡大し、“GBNというガンプラ・ネットゲーム”を破壊し始めた

 個人が、バレないようにズルするツールだと思って普及するも
 GBNを壊す端末として使われてしまう、と。

 本編のリク達以外にも、“有志連合”には、深い事情まで知ってた人がいるって話ね 

 実際、10話のモブに彼らの姿を見ることが出来ます。

“面白いカスタム”の2機! 二人の出会いは、期間限定のタッグイベントだった

00002
00003
 出会った頃のアークはかなり冷めており、ゼンに出会い変化していったのも感じます

本編の数ヶ月前
 初心者のゼンが、偶然アークを見つけ、誘ったことから二人は知り合いました
 ゼンは良い奴ですね、シャイニングブレイクは原型機の特性を殺し
 敢えてベーシックになるよう改造してします
 これを“面白い”と。

 他人の改造に、目指した場所を感じ“面白い”と素直に感じる人!

 ただゼン君、自分への褒め言葉を素直に受け取れないよう見えましたが
 どうも自己評価が低いらしい感じも。

 GBNはあくまでネトゲですが、彼の“現実”はどんな人なんでしょう

ズルしてラクして”好き放題、違反ツール使いマスダイバーの襲撃!

00004
00005
00006
 ところがどっこい! アーク君=シャイニングブレイクもマスダイバーだった!?

マスダイバー達
 本作のガンプラバトルは、ガンプラを解析しデータを集め、ゲーム上に再現されたもの
 この仕組みで、世界中の人とバトル出来るのが長所であると共に
 データゆえに改竄できてしまうのが問題に

 またデータ故、記録自体書き換えれば、物証さえ残らず運営は対応不能

 データ社会の怖いところですが、“容易に行えるツール”が配布され
 不正が横行しているのが本作の問題 

 ただ、その通り! その通りだよアーク君!

 不正があるなら、“その力を使って不正者を倒す”奴らもいるって物語なワケね!

アーク君『マスダイバーは、確かにズルい存在やと思う』

00007
00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
 けど普通じゃ無理なことも出来る。面白いやろブレイクデカールは

彼なりの正しさで
 ブレイクデカールは、本編中でも“縮尺を変更させた”ように、単なる能力改竄じゃない
 GBNでは、4話の飛行付与スキルや、機体を鏡面状に変える外装データなど
 どうも、ガンプラ自体にない能力を持たせる“機能”が存在している
 BDとは、それらを自由に使えるツールでもある
 存在は肯定してもいいと

 ただしズルだから、BD使いはBD使い同士でひっそりやろうというアーク

 アークは自分は嫌われて当然と思いつつ
 彼なりに面白いと思い、また“他人の楽しさを邪魔するな”と思っている

 正規プレイを楽しんでる人達を、ズルして強くなって倒す! なんて良くない!

 不正といっても、ただ“楽しむ為に使おう”ってワケね!

第2話。フォース結成! ゼン“初ブレイク”に、アークはとっておきを用意し…?

00015

 アーク「ZA-∀Zって名前なん?」
 ゼン「俺たちふたりの頭文字を合わせたんだ

  俺たちのやり方でやる 俺たちだけのフォースさ!

 そして“始まり-A-”から “終わり-Z-”まで絆を繋ぐ… って意味も込めてる


00016
00017
 アーク君、マスダイバーとの直接戦闘にゼン君を放り込んでしまう!

第2話「ZA-∀Z-ザッズ-」
 アークは古参マスダイバーらしく、BDがゲーム内で手渡しだった時代を回想
 でも実物が必要なら、時代に限らず郵送必須なはずですが…?
 とまれアーク君、BD製造者シバとは名乗り合い
 結構ちゃんとした知り合いらしい

 そしてゼン君、アーク君のスパルタ教育で千尋の谷に落とされたッ!

 敵はなんと、最初期の1/144シャアザクを変化させたもの。
 完成度自体を“改竄”したんでしょうか

 最も完成度に劣るガンプラでインチキをし、他プレイヤーを蹂躙してたのね!

 あっ…、でも合わせ目消してる! けっこうな手間がかかってるわ!

 当時のシャアザク、ツノを挿す穴も加工が必要な仕組みだったし!

ゼンとは対等でいたい、“だから”教えない! アークなりの友情に応えたゼンは

00018
 G-エルスの手甲、足はファンネル(遠隔端末)だったのね! 面白いやん!

俺のブレイク!
 そもBDには説明書がない、“どうやって使うか”に試行錯誤が求められ
 多くは、単純にステータス増強に使ってしまう。
 使い方は誰も教えてくれないから

 誰も教えてくれない中で、何を見出すのかが大切なんやなアーク君!

 作ったシバ自身の、“歪んでるけど良い奴”っぷりも感じる展開だわ!
 ゼン君の想像力が試された!

 彼は分離した端末を親機と同じ姿に変換、敵が“姿を変える”のを応用したのね

 取説のないゲームは“面白い”、これもまた個性の在り方ね!

ところが! “ダイバー狩り”の噂に、あの男が動かないワケがなかった!?

00019
00020
 本編2話髣髴とさせるオーガ襲来、しかし、“不味そうな匂いだ”と去ってしまう

オーガの評価
 おそらく、噂になるほどのダイバー狩りを、ゼン君がやっつけたのが問題だったのか?
 ガンプラの完成度は、ざっくり言えば“見た目”がデカい。
 ガンプラは元々観賞用なのですし。

 見た目に物足りなかったのか、ゼンの実力を疑ったオーガ

 直感的に、ゼンやアークをズルしてる連中だと察したのか
 オーガの眼鏡に適わず終わる事に。

 とはいえBD不使用で一太刀を凌いだあたり、アーク君の地力も描くことに

 BDを使わず強い男、その出会いが大切なのね

本編有志連合編の後、リクへメッセンジャーボーイをしたゼン君

00021
 本編第13話でのメッセンジャーは、交換条件によるものだった

俺たちのやり方で
 条件はBDの製造法、運営に対応され使えなくなったはずの技術を何に…?
 何せ、シバ自身が「もう使えない」と言ってるくらいなので
 相当イレギュラーなものらしい

 その詳細は今巻では描かれず。

 余談ですが、「ゲーム中で手にしたものが現実に現れる」現象は
 公式外伝GBWCで頻繁に起きていますが
 詳細は未だ不明

 単にゲーム内で入手後、連絡を受けた店員さんがこっそり持ってきたのかもだけど!

第3話。「その力、とても落ち込ませてくれるね」。迷うアーク、第3のダイバー!

00022
00023
00024
00025
00026
 ビーム光を一旦飾りのエフェクトパーツに変換して拘束、再びビームに戻す!

第3話「迷うアーク」
 前回、ちゃんと強いダイバーであるオーガに圧倒された事がアークの転機に。
 いつのように、マスダイバーに困ってる人を助けるアークですが
 自分も同じだ、と思ってしまったのでしょうか
 ズルだと自認してましたし。 

 でも使わなければ勝てない、と改めて悟ってBDの力に頼ります

 不正の蔓延が、正しくあろうとする人を挫くのはよくある事
 良くある事だけに辛い

 また意趣返しに非情な攻撃を描く事で、“他のマスダイバー”も普通の人だと描きます

 本作はテレビ作品じゃないから、MBS版権のSDバルバトスも出てますね!

第4話。ガンダムザラキエル降臨! その独特な可変、なるほどの使い方!

00027
00028
 彼はBDを見ると落ち込む。何故なら、その使い手を哀れんでいるからだと。

第4話「アインソフ」
 GBNはこの瞬間が素晴らしい! そんなアインソフさんの言い回しが面白い
 つまり、自分のアイデアで誰かを驚かすことが出来るから!
 これがGBNの醍醐味なのだと

 航空可変型は、自分が高速で動く分、止まってる相手を狙うのが面倒

 だから戦闘中、決定打を与えるべくMS形態になるのが定石で
 その“変形の瞬間”が隙になる。

 しかしアインソフは、バインダーをひっくり返すだけの単純変形を実装!

 飛行機が瞬間、戦車になった?!

キャタピラで土ぼこりを巻き上げ、一瞬で姿を隠したザラキエル!

00029
00030
00031
 めっさグイグイくる「アインソフ」に引き込まれ、彼と行動する事になったアーク

GBNは素晴らしい!
 何でわざわざ戦車形態を付けたか、“そんなのあるとは思わないから”かしら!
 GBNのプレイヤーは、今のいけすかないマスダイバーも含め
 多かれ少なかれガノタなんですよね

 機体を見て、特性を予想し戦う、“その定石”ひっくり返す!

 もっと言えば、この戦法のように「想像力をガンプラで実現する」事は
 BDを介してアーク君がやってた事に近い。
 
 つまりBDなんて使わずとも、“まだまだやれる事”がある!

 色んな意味でBDはてっとり早すぎ、プレイヤーの成長を阻害しているのね。

調子の狂う人アインソフ、彼との出会いは“迷い”を次の段階へ進める事に

00032
00033
 本物のマスダイバーハンター、アインソフ。しかし肩書きに反して愉快な人で…?

普通の日
 この日ちょうど新幹線に乗る用事があり、留守をしていたゼン君。
 対し、アーク君は「普通にGBNを楽しんだ」のでした。
 何も特別じゃない。
 普通のこと

 でも普通にプレイしたって、GBNはこんなにも面白いのだと再確認へ

 アーク君にとって、間違いなく良い変化を描いた回でしたが
 それがゼン君との亀裂になっちゃうのね…

 駅弁でテンション上がってましたが、ゼン君の私生活ってどんなのなのかしら!

本編10話。共に有志連合に参加したアークに、アインソフは「決意」を問う

00067
00034
00035
 アークは言う、決意じゃなく「覚悟」、解りあう為に何でもやってやるのだと。

二人の覚悟
 必ず成し遂げると誓うのではなく、成し遂げる為、“何でもやる”という気持ち!
 目的の為に、何が起ころうと恐れないという気持ち!
 それが覚悟ってモンだ! 

 対し複眼仕様に改造、黒く再塗装されたG-エルス覚悟とは…?

 元々明るくて、ヒロイックな機体を好んでたように見えたゼン君
 敢えて悪党っぽくしたのは…?

 その意図は1巻では明言されず!

 だがゼン君、その複眼は個性的でステキだと言っておこう!

第5話。おうおう! 自称マスダイバー・ハンター、オノコさんの登場回だァ!!

00036
00037
00038
 アニキと呼べ! このオノコさん(ダイバーネーム)ノリノリである。

第5話「魂太-ごんぶと-」
 若干卑猥なサブタイは、マスダイバー更生を誓ったフォース! よっ! いなせだねえ!
 曰く、そうする事によって伝説的なフォースになろうというのだ!
 アニキの男気あふれる行為指針によるもの
 いわゆる売名行為であるッ!

 そんなデコボコトリオが出会ったのは、本編のアヤメさんだった!

 ドーモ、アヤメ=サン!
 マスダイバースレイヤーデス!

 とは挨拶しなかったものの、一触即発となってしまう一行

 姉さんはマンガでもデカい女ですねェ!
 
戦うというなら相手になる! オノコの愛機、ビルドΓガンダム出陣!!

00039
00040
00041
 という妄想だったのさ。

本編3日前
 ビルダーは妄想が大事だからね、仕方ないッスよねアニキ!!
 設定上、γ(ガンマ)ガンダムとなる予定だったMS
 リック・ディアスの改造機

 これをAOZ風ガンガム顔にし、Γ(ガンマ)の名を冠したエモいMSよ!

 特徴は1に火力2に火力、3、4がなくて文明堂ってなもので
 ビーム砲を束ねたガトリングガン!
 ディアス頭が照準器!

 更にはディアスのお約束、背部バインダーがファンネルになってるスグレモノさ!

 この高推力なファンネル! 本体の推力は落ちるがエモい武装だ!!

呆れたアヤメさん、「この先には行かないほうがいい」と助言してしまうが…

00042
00043
 基本、アヤメさんって人がいいよね…。ちょっと荒んでるだけで。

ディガンマ・アジール
 本編で、BD顧客サポートを担うアヤメ、どうもこのデカブツを見守ってたんでしょうか
 巨大MAと遭遇したアーク達は、「敵をSD化させる」という大技を使用
 SD化で、重くなった敵は溺れてしまう事に!

 ガンプラをSD・リアルで切り替える! 往年の“超戦士ガンダム野郎”みたい!

 わざわざ、設定画まで作られたというディガンマですが
 僅か数コマで轟沈に。
 儚い。

 この戦いってば、アークとゼンがツーカーな仲だとも強調しました

 言わなくても考えが分かる、“そこが大事”なワケか。

二人に惚れこんだオノコのアニキ! しかしBD特有の“バグ嵐”が発生し…

00044
00045
00046
00047
00048
 って、オノコさんの中身がエモちゃんさんだったの!?

物凄いツインテール!
 いよいよ本編間近な時期、“BDの影響によるGBNシステムの破損”が顕在化
 そうと知らないアーク達、必死にBDで脱出を図る姿は
 悪く言えば滑稽、皮肉なものを感じます

 これを解決したのは、BDによる“G-セルフの追加装備”召喚!

 原作で出番少ないし、デカすぎるしでキット化されなかったのよね!
 高トルクパックかっけえ!!

 そしてエモさんの正体、本編では実現しなかった“性別違い”キャラなのね!

 夕方アニメだから、視聴者を混乱させないようにって配慮だったのかしら

第6話。ブレイクデカールはGBNを壊す。アークは、その事実をゼンへ伝えるが…?

00050
 アーク君はズルい、“そう言われたら反論できないだろ”って意味もあるのかしら

第6話「ブレイク」
 今回サブタイが幾つも意味があるのがアツい! まずアーク達の友情の崩壊
 明言はありませんが、ゼンは“アークが自分を解ってない”のが辛く
 彼が相談してくれなかった事を責めます

 アークの主張、“マスダイバー同士で楽しもう”結局実現しませんでした

 だって、劇中の通り「BDを使って、ラクして儲けよう」って奴らばかりで
 BDそのものに着眼したのは居なかった

 そしてゼンはアークの気持ちが分かるのに、アークはゼンの気持ちが解らないのか

 ゼンは、BD自体にさえ本当は拘泥してないってのに!

ゼンの挑戦!! アークの望み、“マスダイバーバトル”を叶える為に

00051
00052
 完全に無限拳じゃないですかゼン君! 一万年と二千年前から愛してる!!

マスダイバー・バトル!
 戦いを申し込まれ、もうブレイクデカールは使わない決意を形にしたアーク君!
 しかしゼン視点では、マスダイバー同士で戦いたい!
 アークの願いを叶える為の戦い!
 そこなのかな!?

 この戦い、始めから食い違ってたのかなアーク君!?

 アークはBDを使うなと説得し、“ゼンがBDにこだわってない”と気付かない!
 この戦い、出発点から間違ってる!

 ゼンは、アークがやりたがったマスダイバーバトルを一緒にしたかっただけ?

 BDを封印するアークに、ゼン君てば心底困惑してる…

アークがBDに手を染めたのも、元はといえば弱さだった

00053
00054
 ゼンは俺と一緒にと言って欲しかったのに、アークは「俺たち」と言ってしまった?

俺たちと一緒に
 アークは元々、“ゲームは楽しいのが一番”、いわゆるエンジョイ勢だったそうな。
 本編3話、主人公のリクが悩んでいた事と同じだったのね
 勝てなかった彼は、“勝たなくていい”と目を背け
 BDの力も楽しさに特化させた

 愛機シャイニングガンダムも、“勝てなかった”から否定してしまった?

 勝てなかった機体、特化型であるシャイニングの長所を敢えて殺し
 汎用機に変えてしまった

 シャイニングを否定し、ブレイクデカールを使う為の汎用ガンプラに位置付けた

 それがシャイニングブレイクだったんですね

アインソフ『でもアーク君はまだ気付いていない、“ブレイク”という言葉の真の意味に』

00055
00056
 ブレイクとは、今までの俺を“壊し”、新たなアーク君に生まれ変わるっちゅう事や!

最幸のガンプラ!
 多分アークはシャイニングガンダムが好きなんです、好きだからこだわっている
 でもその性能、機体特性で勝てない自分が苦しかった余り
 シャイニングガンダムを“壊した”
 BD専用機にした

 でも無意識に、新機能とシャイニング本来の機能が噛み合っていた!

 機体にライフルを直結、エネルギー供給する新機能と
 本来存在した“シャイニングフィンガー”

 両者合算! ライフルでシャイニングフィンガーを打ち出す砲撃技!?

 手首を発射するとか、君Gガン好きすぎじゃない!?

アーク必殺技、“シャイニングブーストフィンガー”誕生!

00058
 しかし「君」付けをしてしまうゼン君、友情だねえ…。

絶交
 アークは初めての必殺技を御せず、“コクピット直接狙い”ともとれる攻撃をしてしまった
 今作中、「プレイヤー狙いは残虐行為」とか強調してたのが繋がった!
 ゼンは怒って絶交宣言してしまいます

 しかしアインソフは、君たちのフォースはこれからが始まりだと告げ…?

 また「あの子」呼び、つまりシバ以外のマント存在が新たに出現
 おそらく、ゼンがBDの製造法を教わったのは
 彼(彼女)に唆されてか。

 おそらく、第1話で言った“あの人の言ったとおり”はここに繋がるのね

 次巻ここまでを“プロローグ”に、物語が動き出す…?

第6話のディガンマ・アジールは、今回の為に設定画まで起こしてもらったとか!


 名前のディガンマとは使われなくなったギリシア文字。

型式番号NZ-333 ディガンマ・アジール
 ガンダムトライエイジ初出で、“α・アジールを地上用に改修する”プランによるもの。
 地球寒冷化作戦を成功させた際、連邦に残った地上拠点を殲滅すべく
 巨大な手足を装着、重力下仕様とした。

 腕部は射出でき、無線式ファンネルハンドとして機能する

 脚部装甲がついてないのは、パーフェクト・ジオングのオマージュでしょうか

GBNは この瞬間が素晴らしい! ガンダムザラキエル!!

TOY-GDM-3971_02
 バンダイホビーサイトより。登場時の見栄を切ったポーズも再現可能

ガンダムザラキエル
 いかにも悪役然としたカラーと名前ですが、現時点ではアークの良き兄貴分
 可変形態は、GNブルとGNスカイと名付けられており
 いわば、“一人Gアーマー”なのだった!
 初代ガンダムネタ!

 さて歩兵にとって怖いのは、頭上を飛び去る戦闘機より、頭上で立ち止まる戦闘ヘリ

 本機ではそんな“弱点”を意識し、瞬間的に可変できるタンク形態を実装
 着地し、砂埃を立てるキャタピラで奇襲する!

 当然改造前のハルートにない機能で、意表をつく戦術が出来るワケですね

 重量も増しますが、そこはGN粒子の軽減効果の出番ってところか

アークの愛機は、シャイニングガンダムをBDで“ブレイク”する!

Dgm5y9gUcAEr2gS
 シャイニングの特徴を失っているのは、アークの意図したカスタマイズだった

ガンダムシャイニングブレイク
 BDを使う為の改造機で、汎用機=何でも出来るベーシックな機体へと改造
 BDが、「創造力次第で何でも出来る」ツールである事から
 素体もまた、何でもこなせるベーシックな機体
 汎用機が好ましいという事か。

 実態はシャイニングで勝てなかった事が理由で、後ろ向きともいえるカスタマイズ

 しかしその仕様だからこそ、“銃でシャイニングフィンガーを増幅射出”する
 アークだけの必殺技が生まれました

 遠回りも決して無駄じゃない、本作のテーマ性も感じる改造だったんですね

ゼンのG-エルスも、何らかの「覚悟」を込めて黒くカスタマイズ!

Dgm5y-UUcAA7Riy
00000
 複眼! いいんじゃないの個性的だわ!!

G-エルス
 原典機はGのレコンギスタ主人公機G-セルフで、エルスに込めた意味はまだ不明。
 シンプルながら、実は手足のクローがそのまま無線端末化!
 一挙両得なカスタマイズが施されており
 通常ライフルも装備

 またガンダムでエルスといえば、00に登場した“ELS”なのでしょうか?

 ELSは金属生命体で、同様に“頭部クリアパーツを持つ「サキブレ」”に搭乗
 頭部クリア部に乗り込んでいる設定です

 おそらく両者を結びつけ、頭部にELSが乗り込んでいるものと思われますが…?

 複眼化も、ゼン自身+ELS視覚を活かす為かもしれませんね

収録







Dq570S8VsAAb01T
Dq571EJVAAEX4km
Dq571oiU0AAexLp
00057


 この人、意味ありげに同時掲載だったのは同一人物だったのねー。

 角川コミックスエース「ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻」。
 シナリオ:関西リョウジ 漫画:しいたけ元帥 絵コンテ:森 小太郎
 月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行。
 2018年12月発売(前巻発売)

ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻 感想
 第1話「マスダイバー」
 第2話「ZA-∀Z-ザッズ-」
 第3話「迷うアーク」
 第4話「アインソフ」
 第5話「魂太-ごんぶと-」
 第6話「ブレイク」

・MS余話:「ディガンマ・アジール(宇宙世紀/トライエイジ)」
 作者様ツイッター他
 ガンダムビルドダイバーズ 感想
 ガンダムBD外伝 GBWC 感想
 これまでの感想

トップに戻る

※過去記事一覧ページ

※前作ビルドダイバーズ記事一覧へ


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」


 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」
 GBWC 第2話「シモダ/ストライクフリーダムMR-G」
 GBWC 第3話「ロック/ウイングガンダムゼロルシファー」
 GBWC 第4話「キュベレイダムド/百式壊-クラッシュ-」
 GBWC 第5話「ヤマタツ/ガンダムノイズキャンセラ」
 GBWC 第6話「ユースケ/フルアーマーガンダム 〜バラージュ ザ ヘッジホッグ」
 GBWC 第7話「カツ/ジ・O カスタマイズ」
 GBWC 第8話「シューン/ジオング・スペクトラ」
 GBWC 第9話「エピローグ」

ガンダムビルドダイバーズ外伝 感想

 ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻“マスダイバー達の物語”
 ガンダムビルドダイバーズブレイク 2巻【最終回】

 ガンダムビルドダイバーリゼ 1巻“コアガンダムになりたい”

※トップに戻る

HOBBY HOBBY イメージングダイバーズ[Ver.C.Z]

 HHID Ver.C.Z 第1回「コアガンダム」
 HHID Ver.C.Z 第2回「量産型ジオニックソード」
 HHID Ver.C.Z 第3回「自由なる蒼の騎士」
 HHID Ver.C.Z 第4回「プラネッツアーマーズ」


























 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE オープニング&エンディング画像まとめ
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第1話「彷徨のコアガンダム」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第2話「知られざるミッション」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第4話「傷ついた翼」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第5話「いま、翼ひろげて」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第8話「使命と幻影」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第9話「隔絶の淵から」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第10話「そこにある息吹」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第11話「ラストミッション」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第12話「震える世界」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第13話「この宇宙のどこかで」


 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第2期PV
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第14話「めぐりあい、そして」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第15話「使命-ミッション-、再び」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第16話「天空の大地へ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第17話「聖獣クアドルン」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第18話「完璧な狙撃者」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第19話「君がいなければ」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第20話「託された願い」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第21話「もういちど飛ぶために」

トップに戻る