2018年12月発売 HGUC-219 ディジェ 機動戦士Zガンダム これまでの記事はこちら
ジオン・ダイクンの遺志を継ぐ男の開発したMSを、連邦軍の元英雄が駆る

190_2968_s_je28s1huh81lzikjyano6v74a7kc
159_2968_s_m74aut3jrr0vrpl1kpf5bl8d6jov
ガンダムNT、MOONガンダム、ジョニー・ライデンの帰還にバリエーション機が続出!
 主役、シャア専用、宇宙用アムロ機と様々な形でスポットが当たっているMSが
 RE/100版から3年を経て待望のHGUC化!
 異質な外観よね!

 これがアムロ専用機?! そんな違和感も今では味わい深いMS!

アムロ専用のジオン系MS
 RE/100は正直ちょっと大きすぎて見送りました。スタンダードな1/144がやはり嬉しい
 Zではスポット的な参戦で、劇場版Zにも登場しなかったものの
 同時期「カイレポ」で大きく掘り下げられ
 MS的な歴史が面白い事に。

 この頃の設定を反映してか、“ツインアイ取り付け穴”もオマケで付属。

HGUC 1/144 ディジェ ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 U.C.0087、グリプス戦役機のプロトタイプ機
 U.C.0087、アムロ用に「敢えて」ジオン系にまとめられた
 U.C.0090、シャア専用ディジェ
 U.C.0091、アムロ専用リック・ディジェ
 U.C.0097、ルオ商会私設部隊機 ガンダムNT
 Z-MSV ディジェSE-R 

グリプス戦争期、カラバがリック・ディアスから改造。アムロも開発に参加した

00014
 カラバとはティターンズと戦う地上組織で、“ルオ商会”がバックアップを行った

MSK-008 ディジェ
 本機は一年戦争から7年後、UC.0087年のグリプス戦役に登場したMS
 Kはカラバを意味し、アナハイムの新鋭機リック・ディアスを改造
 カラバの技術・工業力の粋を集め、短期間で開発され
 成功は以降の開発に弾みをつけた

 組織の性格上、陸戦に絞って開発され、推力と通信機能が強化されている

 通信機能の強化は、サブ・フライト・システムとの連動性も狙ったもので
 肩部ウェポン・ラックなどはアムロ・レイの提案とされ
 彼の愛機として活躍した

 ベース機はアポリー機。またリック・ディアスの開発はシャア・アズナブルが関与

 その点、アムロとシャアを繋ぐMSとして注目される面もある様子。

ホイルシールは少なめ。よく「ゲルググに似てる」と評されるアムロ専用機

00000
153_2968_s_b5fs8e4z5iwv8l9e7x6c8c1pmuen
20181116203640KDF0000
 一番下は電撃ホビーWEBより、未塗装サンプル。かっこよすぎない…?

ホイルシール
 この通り、色再現は個人的にイイ感じだと思います。ライフルのケーブルくらいか。
 ライフルとバズーカは、HGUC-200 百式からの流用ランナーですし
 NT版を出す時、不要となってしまうランナーなので
 コスト的に仕方ないのかも

 またサンプルは緑が濃いめで、成型色はあっさりに感じる面も。

 この辺は好き好きですかね
 モノアイは、針の穴くらい小さいので一体成型されています

 ディジェはんは目ん玉が小さかったとねえ…。

ランナーA1,2は、胴体や足先など

00001
00002
 ランナーA1から、2個組むのに必要なパーツだけ残したのがA2.

ブルー
 胸のあたりは連邦系を思わせ、腰周りは完全にジオン系といったデザイン。
 色分け上、スリッパのパーツ分割がちょっと独特に感じ
 面白いと思います

 足裏までちゃんと再現され、肉抜きはない模様。

 注目はランナー上部の「枠」で
 中に緑パーツを嵌めると、背中の大型放熱フィンが再現されます

 背中は放熱板! ギュネイ・ガスも大納得!!

ランナーB1、B2は、手足などのグリーン部を再現

00003
00004
 ランナーB1から、2個組むのに必要なパーツだけ残したのがB2.

グリーン
 くるぶしあたり、ベクタード・ノズル型ジェット・スラスターに迫力がありますね!
 ランナーは、特に派生キットを意識してる感じじゃなく
 特別スイッチは入ってない模様

 ガンダムNT版はライフル、色の変更だけなので容易かもですが。

 前腕もちゃんとパーツ分割で色分けを再現。

ランナーC3は武器ランナー

00005
 ランナーC1と2はなく、3だけが入ってます

グレー
 これはHGUC-200 百式から流用され、タグのみ「HG バズーカ ライフル」と改名
 設定通り、そのまま百式から流用されてるのね
 見覚えあると思ったら。

 設定上、ライフルは大戦期から一部ジム系で使われていたもの改良品

 威力向上、従来品はライフル自体に充電(粒子込め)する必要があったものの
 世代に合わせE-パック式に改良

 バズーカはAEに吸収されたツィマッド社製で、ドムの流れを汲むらしい

ランナーD1、D2は、関節用の軟質プラ

00006
00007
 ランナーD1から、2個組むのに必要なパーツだけ残したのがD2

KPS(やわらかプラ)
 ジオン系の丸指で、左平手、ライフル用にトリガーに指をかけた右手
 また、手の甲・指2パーツに分割された
 造形のいい握り手が付属

 大きなランナーの為か、心なしかいつもより柔らかく感じます

 胴体と腰はボールジョイントで接続
 しかし、胴体部の赤いパーツが思いっきり干渉して動きを阻害します

 デザイン的な宿命だね! 仕方ないよね!!

ランナーE1,E2、F、G

00008
00009
00010
00011
00012
00013
 上からE1、E2、F、G、SB-20クリアイエロー、PC-002ポリキャップ

その他
 特典のツインアイソケット部は、グレーのランナーFに収録
 つくづく、ディジェの顔周りは小さいですね
 パイプはゴムっぽい素材(TPE)
 くにゃくにゃです。

 ナギナタの刃は小さく感じますが、連結状態だと結構なボリュームに。

 設定上、大きな片刃にもなるそうです(付属しません)。

本体完全新規造形! 平手、銃握り手などオプションも豊富にキット化

190_2968_s_je28s1huh81lzikjyano6v74a7kc

■HGUC 1/144 ディジェ
 価格2,052円(税込)
 発売日2018年12月08日
 対象年齢8才以上

『機動戦士Zガンダム』でアムロ・レイが正式搭乗したMSが完全新規造形で登場!
■ジオン系フォルムの美しさをそのままに、シルエットからイメージする可動範囲を大きく上回るアクションポーズが可能。
■各種武装としてビーム・長刀、クレイ・バズーカ、ビーム・ライフルが付属。
■ハンドパーツは長刀保持用の両手に加え、表情付き平手(左手)、ビーム・ライフル用右手が付属。
■ビーム・ライフルは劇中設定同様にMSN-00100百式と共通の武装を保持。
■背面バインダーを再現。ビーム・長刀のグリップは腰に装着、クレイ・バズーカ、ビーム・ライフルはそれぞれバインダーの左右に装着可能。
■クレイ・バズーカは左肩のウェポンラックにも装備可能。
■アムロ乗機として、ガンダムのようなツインアイモールドが入ったボーナスパーツを付属。

【付属品】
■ビーム・ライフル×1
■グレイバズーカ×1
■ビーム・長刀×1

【商品内容】
■成形品×13
■ホイルシール×1
■取扱説明書×1


153_2968_s_b5fs8e4z5iwv8l9e7x6c8c1pmuen
155_2968_s_tgiy2ejvvsm8w2mzoa6zwiv78p0p
156_2968_s_iku4wh78h51fuznmru7yq1rvme8p
157_2968_s_6s2ihv7liofdcjspnudlgfaoh2vv
159_2968_s_m74aut3jrr0vrpl1kpf5bl8d6jov
189_2968_s_n1k0v110714h9xglw29hfcqoqppt
158_2968_s_84ykudeem2ntigr80ddbzqi2u1ll
o_1cu0s95e2r2ojbj0o1a7u7j27
20181116203640KDF0000
20181116203640KDF0005
 下の2枚は、電撃ホビーWEBより未塗装のテストショット

HGUC MSK-008 ディジェ
 機動戦士Zガンダム時代のアムロの愛機で、「ガンダムじゃない」どころじゃない姿!
 可動に難あるデザインや、後年の劇場版に登場しなかった事もあり
 再キット化に、なかなか恵まれませんでしたが
 2015年にRE/100版が登場

 これが好反響だったのか、近年1/100と1/144が一般販売で揃うのは珍しい

 もちろん、現行作品なら当たり前の事ですが
 リメイク系だと珍しいですね

 その弾みをつける意図もあってか、機動戦士ガンダムNTにも出演

 出番こそ少ないですが、めちゃくちゃ動いてましたね!

UC.0087年、機動戦士Zガンダムの「グリプス戦役」で活躍した

00002
00003
 ベースとなったリック・ディアスは、シャアがもたらした技術により完成、命名された

MSK-008 ディジェ
 当初リック・ディアスは、抹消されたGP-02を元にアナハイムが開発を進めていた
 エゥーゴの、クワトロ・バジーナ(シャア)がもたらした新素材により
 機体の大幅な軽量化が達成され
 完成を見る事になった

 当初この素材名とゲン担ぎから、ガンマ・ガンダムと名付けようとした逸話もある

 やがて、地球に持ち込まれたアポリー機をアムロ・レイが使うようになり
 カラバが大改造しディジェが誕生した 

 これをプロト機として少数が生産、カラバで運用された

 その後カラバは解散、ネオジオン、ロンド・ベル、ルオ商会に渡った機体が確認されている

外観はジオン系技術者によるものとされ、これを掘り下げた逸話も描かれた

00014
00015
00001
 漫画デイアフタートゥモロー カシ・シデンのレポートより 2巻より

ジオンの息子
 何故カラバにジオン系技術者が協力したか? アクシズのザビ家を認めぬ派閥だと。
 暗殺された“国父ジオン”、ひいては息子にして撃墜王であるシャア
 彼が、いずれ自ら立つと期待する派閥が集まり
 カラバに協力したのだと

 いわば後のシャアの反乱の母体が、対ティターンズで協力したというエピソード

 彼らは、シャアが関わったリック・ディアスにアムロが乗った事に着眼し
 期待を維持すべくディジェをジオン系に

 知らぬハヤトはガンダムを発注するも、カイが勝手に話を進めてしまいます

 そこで「保険」として、ガンダム顔に換装するソケットが残されていた…、という設定。

アムロ機はプロト機で、ガンダム化をキャンセルされジオン系にまとめられた

00000
 こちらはジョニー・ライデンの帰還に繋がる漫画、ギレン暗殺計画4巻

少数量産
 当時のキット解説でも「1号機はアムロ」とし、2号機以降が生産された風でした
 カイレポでは、アムロ機はリック・ディアスを改造した試作機とされ
 以降量産されたことを匂わせます

 そして実際、ギレン暗殺計画、ガンダムNTなどに複数機が登場

 NTではカラバを援助していたルオ商会に渡っています

U.C.0090。シャア率いるジオン残党に1機が渡り、持て余した彼らはテスト機とする

Aaa_002
 まだ名前もなかった新素材、サイコ・フレームがコクピット部に埋め込まれた

シャア専用ディジェ
 反乱の約3年前、ギラ・ドーガや、系列機シュツルム・ディアスのバインダを搭載
 支援者から譲り受けたものの、パーツがない為か持て余したらしく
 試験機としたところ、シャアが乗りたがった為
 彼のパーソナルカラーで塗装

 あくまで試験機の為、サイコ・フレームを立ち上げるとリミッターが全解除

 本来、そこでマニュアル制御して破損を防ぐ必要がありますが
 シャアは全力でブン回してしまいました

 結果サイコ・フレームの追従性を存分にテストできたものの、機体は大破

 ジョニー・ライデンの帰還、14巻17巻にかけて活躍

U.C.0091、アムロ専用リック・ディジェが「MOONガンダム」にて活躍!

機動戦士MOONガンダム 第1話 (8) -  -
 MOONガンダム1話目、主役機に関わる重大事件で登場した

アムロ専用リック・ディジェ
 ロンド・ベル隊はティターンズ暴走の反省が盛り込まれ、ガンダム・タイプ保有が制限
 U.C.0091当時はジェダ、ジェガンも配備前でジムⅢしかなかった為
 アムロの為に用意されたのが本機でした
 宇宙用に「リック」へ!

 従来通りのライフルに加え、ハイパー・メガ・ランチャーも装備

 重装甲なリック・ディアスは、操縦性もジオン系寄りという話もありますし
 敢えて乗りなれたディジェ型を改造したらしい

 余談ですが、翌年ZZ系列機の“ガンダムタイプ”シータプラスもロンド・ベルに配備。

 ラサ司令部の意向による配備で、パイロット含めて別枠扱いといったところらしい

U.C.0097年、ガンダムNTでは「ルオ商会」の私設部隊機が登場

00068
00016
00017
00018
00019
00020
00021
 主人公ヨナは連邦軍から引き抜かれ、ルオ商会として戦列に参加

ルオ商会所有機
 開発から10年、不死鳥狩り騒動では、カラバの支援者だったルオ商会が保有
 サブ・フライト・システムによって長距離を移動しつつ
 推力を活かした、飛ぶが如き機動を見せて
 最新鋭機を圧倒します

 ビスト財団が、シルヴァ・バレトを私兵部隊としていた件連想させますね

 非情な戦いぶりもあって恐るべき強さ
 これほどの事をしながらも、揉み消せるルオ商会の権勢も恐ろしいですね

 UCで凋落したマーサ・ビスト・カーバインの強奪作戦に投入

革新的な技術を盛り込まれた謎多きMS、ディジェSE-R

00022
 未だ謎多きZ-MSV、ムック「機動戦士ガンダム MS大全」が初出

SE.DJ-1R ディジェSE-R
 ディジェを元に、革新的技術を投入した超高性能機という以外殆どが不明のMS
 名称から、同時期の模型誌企画“タイラント・ソード”由来と思われ
 ギレンの野望などでは、SEシステム搭載機と明言
 背中もSEスラスターと似てます

 ただタイラント・ソードは色んな意味で宇宙世紀との整合性が難しいッ!

 SEシステムは“空間の歪み”を用いるし
 シロッコが、地球侵攻“木星師団”を結成しているなど革新的な設定!

 その為かタイラント・ソードは、「ガンダム大全」的なムックでも掲載されにくい傾向

 本機は初出自体は異なる為か、スパロボなどでちょくちょく登場。かっこいいです

※トップに戻る
ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91
 HGUC イフリート 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 HGBD-010 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ
 HGBD-012 ガンダムアストレイノーネイム ガンダムビルドダイバーズ
 HG-ORIGIN ジム・スナイパーカスタム ガンダム THE ORIGIN MSD
 HGBD-015 ジェガンブラストマスター ガンダムビルドダイバーズ
 LEGENDBB 飛駆鳥大将軍 新SD戦国伝 七人の超将軍編
 HGUC-215 ムーンガンダム 機動戦士MOOガンダム
 HAROPLA-007 ハロプラ ボールハロ…ガンダムビルドダイバーズ
 HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) 機動戦士ガンダムNT
 HGUC ディジェ…機動戦士Zガンダム
  
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング