公式サイト るろうに剣心 明治剣客浪漫譚・北海道編 2巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
劍客兵器、その正体と目的! 斉藤&左之助、旧作トリオのミニポスター!!

00045
00044
00012
00036
抜刀斎でなく剣心として! 親友・相楽左之助、てらいもない物言いと共に帰国!
 振り向いた横顔は往年のままだった…、という構図がニクいね!
 尖角村新月村の少年、三島栄次少年もレギュラー化
 危うい在り方、敵に転びそうにも見えます

 敵は北海道全土に! “広さ”が阻止を難しくするってワケね!?

歓迎、緋村先生!
 斉藤一を退け“強さ”を証明した劍客兵器、でも斉藤がしたたかさを見せるのがイイ。
 日本史上、「外敵」に晒された鎌倉時代が発端という事と
 同じく、明治時代を重ねるのもアイデアですね
 安慈と永倉新八も楽しみ

 敵は志々雄編に繋がる「富国強兵」、戦の時代の申し子ってワケですねえ…

るろうに剣心 北海道編 2巻

 第4話「誰」
 第5話「田本写真館」
 第6話「牙突牙突牙突!」
 第7話「凍座尋問・前編」
 第8話「凍座尋問・後編」
 第9話「樺戸集治監強襲」

制作秘話
 60.田本研造
 61.三島栄次 その2
 これまでの感想

旧作でも「殺そう」とした少年は、少し危うい成長を遂げていた

00030
 己が犠牲となっても構わない。味わう負荷とは? 函館戦争、政府軍の悪事とか?

あらすじ
 明治16年、生きていた薫の父を探し北海道に飛んだ剣心達は、相楽左之助と再会
 また、写真家・田本に父探しの協力をとりつけるが
 旭が姿を消してしまう

 更に斉藤一が“劍客兵器”に重傷を負わされ、一味・凍座の尋問を担当に

 劍客兵器とは、鎌倉時代に「護国」を目的に結成された集団
 来るべき世界大戦を察知し動き出したのだ

 彼らは自身と政府軍に“実戦経験”を積ませるべく、北海道全域で実検戦闘を起こす

第4話。北海道に渡った剣心一行、ブーたれる子供達! とにかく人手が足りないのだ

00001
00002
00003
00004
 頼れる人いないの? に対し、「幕末から維新でほぼ死んだ」とヘヴィすぎる剣心

第4話「誰」
 は~るばる来たぜ函館ェ! ところが明日郎トリオ、さっそくエスケープしてしまう
 残った弥彦曰く、薫の父探しに少しでも人手が欲しいので付いてけと。
 何より、明日郎を放置できないのがデカいんでしょうが
 当人らは堪ったもんじゃない

 元より明治を面白おかしく生きたい3人、面倒だってンでエスケープ!

 いやあ話が早い!
 帰りたい! と思ったときには既に逃走は始まっているんだぜ!!

 際し剣心が思うのは、「頼れる友」なら一人居る

 もっとも、あっちがどう思っていたまでは…、と自己評価の低さも剣心らしい

密航を試みた3人は、密航(を終えて降りてきた)一行と鉢合わせ

00005
00006
00007
 雑魚の人、指だけで止めた! 達人クラスじゃねーかオイ!!

怨敵・緋村抜刀歳
 さすが明日郎、それでも“俺ごときを倒せないなら雑魚だ”と返すのがアツい!
 明日郎が、ここで志々雄の刀を抜いてしまうようなら
 剣心にも見込み違いだったでしょう
 でも確かに成長してる!

 ただし乱入した剣心は、“敵=志々雄残党”にとっても望外の存在!

 彼ら、思った以上に志々雄様様に忠誠心があるんですね
 さすがは悪のカリスマですわ

 敵の婆さんまで表情を変えるとか、やだ剣さんちょっと知られすぎじゃない…!?

剣心?と聞き立ち上がったのは! 喧嘩と聞けば即参上ッ!!

00008
00009
00010
00011
 雑魚の人は「佐古」だった。もしや、ガキの頃から雑魚って言われまくってたのでは。

五年ぶりのダチ公
 やだかっこいい…、左之助、相楽ヒゲ介にレベルアップしてた為剣心ですら見分けが!
 真顔で「誰」の剣心には笑っちゃうしかありませんが
 彼の介入で事態収束

 敵の婆ちゃん、佐古の手綱を引きつつ撤退する様はなかなかの迫力

 佐古は、まず剣心なら瞬殺出来そうな描写なんですが
 うまく「厄介な存在」として機能しますね

 とまれ左之助自身が、何の気負いもなく「ダチ」と言ってくれるのが嬉しい!

 なお左之助、横浜港と間違え函館を彷徨ってたそうな。

第5話。再会の函館。あの有名人を、剣心は「一番相手にしたくない」と評した

00014
00015
00046
00016
00017
 出ました函館名物・土方歳三。しかし剣心、言葉と裏腹に嬉しそうで…。

第5話「田本写真館」
 先頃アニメ版ゴールデンカムイにも登場し、ピンときた人も多いであろうサブタイ
 佐古との交戦で、旭までもが姿を消してしまった為
 明日郎と阿爛は「旭探し」へ

 さて剣心、写真という形で「新撰組 鬼の副長 土方歳三」と再会

 剣腕そこそこ、すこぶる戦強者というケンカ上手な指揮官タイプ
 本作では珍しいタイプらしい

 曰く正直一番相手にしたくない嫌な男、剣心は“個人として最強”ですもの

 個でなく全としての強さ、さて本作では生きてるのかしら?

「写真に魂を抜かれる」とは、決して迷信なんかじゃあない

00018
00019
00020
 ギブアンドテイク、左之助ダメじゃん! ダメじゃん!!

開拓史に欠かせぬ人物
 素敵な御仁、実在の田本研造氏登場! またも「誰」が出て笑っちゃいますが
 最先端の言葉、最高に的確にツッコミをいれつつ
 事態をあっさり受け容れる度量!

 かつ君達の強さを僕は知らない。と語らない用心深さ、実に素敵な人物

 今回、初めての北海道に剣心驚きっぱなしです
 思った以上にバカでかい事とか

 対し田本氏は、この函館は今大変な事になってると明かします

 父の写真を撮ったのは彼、事件解決を手伝うなら話してくれるワケですね

剣心たちは信頼できるか? “彼らを知る人物”を田本氏は呼び寄せていた

00021
00022
 バッキバキに折られた斉藤一の愛刀、斉藤の刀ロクな目に遭わない説

尖角村の少年
 かくて久々登場! 志々雄編序盤、彼らに乗っ取られた村の少年が再登場!
 本作、何かと志々雄がらみの事件も続きますね
 見ためがすごくガンブレイズウェスト

 新月村の三島栄次。あれから五年、みんな成長してるじゃねェか!

 父探し、その手段として函館事件に関与する事に。
 しかし斉藤が…

 ここで前巻の“続き”へ!

 しかしここで栄次くん(兄の腕で匿われていた少年)とは、予想もしなかった!

第6話。斉藤一vs劍客兵器・異號 凍座白夜! “希望と絶望の大地”北海道!!

00023
00024
00025
 牙突を受けとめ、同・零式に遭って刀を折り、追撃の牙突に粉々に砕いた!

第6話「牙突牙突牙突!」
 三連牙突! これを凌いだ奇妙な術と、凍座の奇妙な視覚が焦点となる回!!
 凍座は、相手の「闘姿(闘志ではない)」を視覚化して捉え
 斉藤を「刀を喰わえた大神」と表現
 イメージまでカッコいい!

 壬生浪、また滅びゆく日本狼にも重なる一徹な生き様!

 劍客兵器は猛者を集めており
 闘姿を視覚化し、選別する凍座は重要人物だと感じます

 猛者を集め、劍客兵器として鍛え直す。彼らは古参・新参が入り混じってるのね

 過去(新撰組)を捨て、未来(劍客兵器)を拾え。とは殺し文句ですわ

対し、斉藤一の返事はあの一言以外にない!

00026
00027
 凍座は三島栄次の事も気に入り、投降するコトを選んだ。

凍座投降
 悪・即・斬、利き手の左腕を砕かれなお屈しない一本気さ、斉藤一の魅力ですね!
 栄次もまた、斉藤に隙を作る為の特攻を覚悟。
 闘姿は「角を隠した小鬼」

 凍座は勝つも逃げるも自由でしょうに、敢えて投降するのが面白い

 面白いというか、「元々仲間が投降する予定だった」そうで
 余裕を見せつけてますね

 斉藤がいきなり左腕粉砕骨折、まさか戦線離脱って事はないとは思いますが…

 敵も勧誘目的だっただけに、復帰できる「壊し方」だったでしょうし。

第7話。猛者を寄越せ! お眼鏡に叶う「猛者」を要求する凍座

00028
 捕まった凍座は、兵隊にあざけられるも、両手拘束されたまま返り討ちに

第7話「凍座尋問・前編」
 槍で胸を突かれるも、突いた側が穴という穴から出血する大惨事!
 衝撃を返す、というには過剰なダメージに見えますが
 どことなく二重の極みを連想させますね

 手どころか胸で受け止め“反射”、応用性もとんでもなく広いらしい

 斉藤に対しては手、武器で迎撃してるので、突破できる可能性があるようですが
 スピードに優れた斉藤でもダメだったんですよね

 となれば遠距離攻撃が浮かびますが、ライフル弾も速度的に通じなかったし…?

虐殺は手段であって目的ではない。「待ち」に徹する劍客兵器たちは…?

00029
00030
00031
 新撰組でなく斉藤個人に反応した隻眼、土方歳三なんでしょうか?

五稜郭にて
 凍座は猛者以外とは話そうとしない為、栄次が連絡役になり剣心が尋問へ
 薫は父探し、明日郎と阿爛は旭探しで「分散」しますが
 後から思えば正解だったのね

 劍客兵器は、怪物的な“潜具羅”が最も理知的で、虐殺は手段だと説く場面も

 虐殺を手段に猛者を集め、力量と手段を広く伝える事によってこそ
 劍客兵器の目的は達成されると

 他方栄次は、“悪敵を倒す”と危うい精神

 角隠しの小鬼=人間らしくと自制してるも、人の道を外れかけてるのか…?

第8話。剣心、凍座と邂逅! その反応、意外や大歓迎で…?

00034
00035
 完全にファンクラブだからちきしょう!

第8話「凍座尋問・後編」
 国内トップクラスにして、荒井赤空最後の作刀を持つ猛者・剣心に感激する凍座
 彼は、外部と接触できないよう「露天牢」で対応されてましたが
 潜具羅が潜入済みだったとも描写

 その名の通り、地面さえあればどこでも行けると豪語する潜具羅さん

 凍座達の能力は「振動」か?
 おそらく潜具羅も、振動を利用した掘削能力を持っているでしょうか?

 五人中、「天ちー」と呼ばれてる小柄なヤツが、友達が欲しいと頼む場面も。

 背丈や指からして、口下手な女の子なんでしょうか?

劍客兵器、その歴史は古い。古過ぎて当人らも真偽は確かめようがない

00036
00037
 志々雄真実に連なる目的、「護国」「富国強兵」が彼らの目的!

劍客兵器
 起源は鎌倉期、戦国発の飛天御剣、江戸のお庭番衆より更に古い集団
 500年前に元寇を撃退し、「護国」に備えて特化した集団
 以降、国内戦争への利用を避けて過ごすべく
 北海道へ移り住んだと

 彼らは明治政府軍の実力も認めるも、“戦争経験”が足りないのが問題だという

 なるほど、西郷の西南戦争とは「民による兵士が侍を倒した」戦争
 彼らは志々雄と違い政府軍も認めている

 しかし政府も、劍客兵器も“実戦経験”が足りない

 鎌倉も明治も、「外敵」に備える時代としては一致してるってワケね!

凍座『改めて 絶望と希望の大地へようこそ!』

00038
 神速を誇る飛天御剣流でも無理! 北海道という土地柄そのものが敵!!

絶望と希望の大地
 その真意は、自分達と明治軍が実戦経験を積む為、北海道を戦場にする“絶望”
 その犠牲によって、来るべき海外戦争に勝利する“希望”
 希望を生み出す為の絶望だと

 剣心が守りたい、目に映る人々の平和を踏みにじる敵ってワケだ!

 今巻2話目、北海道の広さに驚いていましたが
 その全土で「実検戦闘」が開始

 実検、すなわち「本当かどうか検査する」、己らと政府軍を試す為の戦闘!

 劍客兵器は北海道に住み着いてた集団、彼らのホームってワケだ!

第9話。第一実検戦闘「樺戸集治監強襲」!!

00040
00039
 集治監とは要するに監獄、西南戦争などの士族も多く収容されていたという

第9話「樺戸集治監強襲」
 函館隊は先鋒に過ぎず、各地で順次戦闘が始まった。まずは樺戸で囚人を解放
 狙いは、劍客兵器らの戦闘技術が実戦で通用するかのテストと
 囚人を解放する事
 そして…

 特に面白いのは“劍星”、ロケット兵器を早くも実現し大惨事に!?

 高下駄、ミサイル、超人的な技量を持つ眼鏡中年
 そして「衝撃(?)」の集団殲滅!

 手を鉢合わせた、これも“振動”を利用した技であるように見えます

 特に眼鏡の人、超人的かつ「普通の人」と強調するのでギャップがスゴい

明治政府軍への「評価」は、“生き残ったから本気度不足”と判断

00041
00042
 明治軍は「もっと頑張りましょう」、囚人は解放してしまった

敵領地の撹乱
 囚人を解放したのも、来る戦争に向けた実検の一環であるそうで
 いずれ、敵領地で同様の事を起こせばどうなるのか?
 と、テストするらしい

 加えて元志々雄十本刀・安慈と、剣道師範・藤村義衛が狙い

 もちろん、杉村とは「元新撰組・永倉新八」の事で
 斉藤一が藤田であるのと同じコト

 彼らは入れ違いで函館、すなわち剣心たちが居る場所に向かっているようです

 次巻予告では、同じく十本刀の宗次郎も描かれていて楽しみ!

今巻冒頭で強調されたこと、「剣心は多くの友を幕末に失っている」が…?

00043
 この騒動により、剣心たちも猛者、「数集め」が重要なファクターに!

猛者を集めよ!
 剣心は「友達」こそ心もとないものの、頼れる知り合いならそれなりに数がいます
 また、剣心側が友達だと思いきれないだけで
 逆なら多分たっぷりいる!

 敵の狙いに乗るのも癪ですが、“数”を集めないと! 飛ぶが如くッ!!

 山形有朋卿を頼るのも手ですが
 つくづく、大久保利通卿が殺されてしまったコトが惜しまれますね

 とまれこういう形で、“旧作の強豪勢”が集まるワケか!

 特に義弟、縁がどうなるのか気になりますわ。

制作秘話。今期は「実在の人物」もより絡めていくとのコト

00032
 最近アニメ化されたゴールデンカムイでは、2期21話登場。

60.田本研造
 実在の写真家で、北海道開拓に深く関わり、有名な土方の写真をとった人物
 本作中では、そうした「政府の敵」も分け隔てなく接した
 懐の深い人物と描写

 また史実キャラは“悪い人物”には描かない、というルールを課していく模様

 五稜郭隊長代理の大垣少佐も、本来は「史実の人物」がいますが
 敢えてオリジナルキャラをあてたそうな

 或いは斉藤のように、ガッツリアレンジしたキャラ(これもう別人だろ的な)にすると。

収録

00033
 栄次は今後、ある展開で「大きな負荷」とのコト。闇落ちかそれとも…?

 ジャンプコミックス「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚・北海道編 巻」
 和月伸宏 月刊ジャンプSQ.連載、集英社発行。
 2019年2月発売(前巻2018年9月発売)

るろうに剣心 北海道編 2巻
 第4話「誰」
 第5話「田本写真館」
 第6話「牙突牙突牙突!」
 第7話「凍座尋問・前編」
 第8話「凍座尋問・後編」
 第9話「樺戸集治監強襲」

制作秘話
 60.田本研造
 61.三島栄次 その2
 これまでの感想

※トップに戻る

エンバーミング 感想




 エンバーミング 8巻
 エンバーミング 9巻
 エンバーミング 10巻【最終回】










 るろうに剣心 北海道編 1巻“明治十六年 神谷道場”
 るろうに剣心 北海道編 2巻“劍客兵器”その目的
 るろうに剣心 北海道編 3巻“十本刀と死に損ない”
 るろうに剣心 北海道編 4巻 劍客兵器が“敵”である事
 るろうに剣心 北海道編 5巻“その男、雅桐!!”
 るろうに剣心 北海道編 6巻“小樽・完”さらば愛しの…

・過去記事ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング