公式サイト ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話 感想 幽奈さんと神隠し レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 16時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
これぞ、えっち過ぎて禁忌とされた遺物! 狭霧さんも、退魔忍誅魔忍の霊装修得!!

00665
00753
00735
信濃で黒龍、多数な異説を持つ黒姫伝説が元ネタなんでしょうか。龍は人に恋するモノ!
 ブルマは文化遺産、ツンデレに感動、呑子さんと話が合うんじゃなかろうか
 龍神さまだってお酒好きですものね!

 自分はコガラシにとって負担? 惑う幽奈に、違うと叩きつけろコガラシ!!

龍と宝剣と「神霊」問題
 個人的に、龍といえば、“子種を授ける瑞獣”の印象があり、軽くビビりましたが平和…!
 お目付け役の朧、手刀、ツッコミ魔だと思ったら苗字が「神刀」で軽く納得。
 また、オボロとは「月+龍」ですが…?
 字のチョイスが意味深

 狭霧さんのムチムチ霊装もエロかったですね! エロい、さすがニンジャエロい!!

ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話 感想

 冒頭
 Aパート「足にひっかかるコガラシさん」
 アイキャッチ「スクール水着の幽奈さん」
 Bパート
 人間界でえっち過ぎて、禁忌とされたという古代の遺物!
 狭霧、“霊装結界” 
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

オープニング回収。恋敵は龍神様!

00669
 cv細谷さんが楽しそうで何よりです。こういう明るい敵役を演じるのは珍しい気が

あらすじ
 またコガラシに迷惑をかけ、落ち込んでいた幽奈は、“黒龍神”龍雅玄士郎に攫われる
 玄士郎様は嫁探しをしており、幽奈の高い霊力を見込んで求婚したのだが
 彼が神霊クラスと聞き、幽奈はコガラシが来ない事を願う

 狭霧に交通費を借り、彼女とこゆずと、地底湖・龍雅城訪れたコガラシ

 しかし、玄士郎様を倒す事は不可能である以上
 彼が「もう来ない策」が必要

 狭霧とこゆずを本命に、コガラシは囮となって捕まり、玄士郎様と対峙するが…?

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」

湯治客『あのー、すみません。写真撮ってもらっても良いですか?』

00395
 前回、実は春から地元の中学に通っている仲居さんの日常が描かれ
 彼女が、“他人に対するコガラシさん”を目撃する事件や
 幽奈とコガラシが初デートする事件が。

 幽奈は成仏しなければ。でも、そうなったら寂しいとコガラシも想い始め…?

!? おお…、これが噂に聞く“逆ナン”というものか…!』

00396
00397
00399
00400
00403
 二人とも! 世の側室に加えてやろうぞッ!!

※割と居ます
 恐怖! 写真撮ってと頼んだら、側室=公的愛人にするぞリフトアップするイケメン!
 即座にチョップで成敗だ!
 が

 そうは言っても、いくらも居るものではなかろう? 霊力の強い美女などと…

 嫁探し中の超常現象関係者
 ただし「霊能力必須」の為、普通の婦女子だと側室扱いになるらしい

 逃げて! 千紗希ちゃん逃げて!!

オープニングでも、幽奈を攫っているイケメン参戦!

00052
 和装だったので、てっきり、幽奈さんの昔の男が現れたのかと。
 幽奈が成仏しないので、引き取る為にきたみたいな
 最終回案件だと思ってました

 現代の事情に疎く、思い込みが激しい俺様系イケメンだったのか。

コガラシ『(今日こそ起こさないように…、? 何か、足に引っかかって…?)』

00404
00405
00408
00412
00413
00416
 イャァぁあ!/今日もダメでしたかー!!

本日の飛翔
 とまあ幽奈さんに危機が迫る今回、久々の冒頭はパワーアップしてお送りに。
 見えてる! これ謎の光がなかったら見えてるよ!
 朝からトップレスだよ!

 ところがどっこい、ショーツにも肩足を突っ込んでいた判明

 どうしてこうなった!
 コガラシ、慌てて抜こうとしてゲームーオーバーに

 朝っぱらから抜こうとしただなんて…。

狭霧『先に行っているぞ。……どうしました?』

00418
 対しこっちは、朝っぱらからフツーに話してるだけで変化を感じますね
 最近、すっかり丸くなった狭霧さん
 心なしか作画も丸い。

 さて、幽奈さんが落ち込んでしまったと聞かされて…

『私…、またコガラシさんを川に落としてしまって!』『なーんだ、何を今さら?』

00422
00423
00425
00427
00429
00430
 もういっそ、私が川に落ちてしまえば!/何の解決にもないだろう!? それでは!

猫神様直伝着地法を教える!
 連続落下記録も更新してしまい、いい加減反省に沈んでいた幽奈さん
 狭霧からすれば、まあいつもの事なのですが…
 と

 でも私、あまりに変わらなくて…、それが申し訳なくて

 当たり前だと思う事なかれ
 日々、改善を図ってこそ人は進歩できるというもの。幽霊だけど!

 可愛い! 解決法が意味不明なのも可愛いよ!

夜々『変わった。幽奈変わった、コガラシが来てから』

00432
 大丈夫、変わっている。夜々の指摘にどんな反応するかと思いきや
 幽奈さん、「そうでしょうか?」と嬉しそうであった。
 変化している。
 嬉しい!

 何が、どう変わったか言われなくても嬉しく思えるほど、“変化”していたい。

仲居さん『そういえば、醤油さしが空になりそうでした~』

00433
00435
00436
00444
00448
00450
00451
 騒がしいよなあいつらは…/コガラシ君は、もっと早くから騒がしかったけどね~

こゆずだって憧れる
 嬉しそうに奔走する幽奈に“変わった”とする夜々、取られ寂しいだろうという呑子さん
 女性陣も、朝のコガラシ達に負けじと賑やか
 で

 でも、毎日同じ朝日で目覚めるって、夫婦みたいで憧れちゃうな~

 朝から、池に突き落とす嫁が居てたまるか!
 とはコガラシさんの反論。

 いや居るじゃないですか目の前に!

幽奈『でも、お嫁さんに憧れる気持ちは解ります~♪』

00453
 でも、幽霊である自分には、結婚なんて縁のない話だと落ち込む幽奈
 コガラシの目線、前回同様に「未練」だと受け取ったのでしょうか
 どことなく前振りっぽいですが…?
 次回のオチ?

 嫁を探しして三千里、大暴れするcv細谷氏、“結婚”が今回のテーマか

『あ、そうだ幽奈ちゃんっ』『そうでしたね、任せてください!』

00455
00456
00460
00461
00462
00464
00465
 ボクもちゃんとお手伝いくらいしないとねっ

初めての御使い
 さてお手伝いとは、こゆず、初めてのおつかい! 幽奈さんは付き添いをするという
 てなワケで、珍しく別行動に。
 と

 こゆずをよろしくな、幽奈っ/はいっ♪

 コガラシ達が完全に夫婦。
 前回、異性として意識しあってましたが、もう飛び越えてるじゃないですか! 

 こゆずの後姿、でけえタンコブみたい。

褐色さん『ふう…、良い湯であったッ!』

00469
 他方、温泉めぐりを兼ねて奥方、すなわち結婚相手探しをする褐色さん
 どうも女性に免疫がなく、かつ俺様思考で出来ている為
 またも、見境なく攫おうとしてはチョップ!
 チョップチョップチョップ!

 色白眼帯さんは、これが「お目付け役」の責務らしい。眼帯といえばお目付け役であった。

褐色さん『……か、可憐だ!?

00470
00471
00472
00476
00477
00479
00482
00483
00486
 そこの娘! 余の名は龍雅玄士郎(りゅうがげんしろう)!! お主、名は何と申す?

絶対可憐なチルドレン
 大方の予想通り、幽奈に目を付けた褐色イケメン、何とも画数の多い名前!!
 しかし幽奈さん、開口一番「知らない人に声をかけられた時は!」
 と

 余を不審者扱いとな?!

 不審者扱い!
 地位を思えばさすがに不憫!!

 いいツッコミです玄士郎様!

『お主に聞いておるのだ、人間霊の娘よ!』

00487
 そもそも幽奈さんは、「自分が見えている」という自覚がなかったので
 声をかけられた、こゆずさんが不審者に声をかけられた
 おまわりさーん!
 と

 こういう思考回路だったらしい。

『私はゆらぎ荘の地縛霊、湯ノ花 幽奈と申します。…って私が見えるんですか?』

00489
00492
00493
00495
00498
00501
 良い! 良いぞ!! なかなかの霊力だッ!!

ペルフェクシオン!
 玄士郎様、いきなり幽奈の腕を掴み、例のポルターガイストを喰らってしまうも
 むしろ、お目付けさんも驚く高い霊力の証と受け止め
 呵呵大笑であった

 変人揃いのゆらぎ荘、やはり幽奈は、霊的出力も非常に高いらしい

 玄士郎様、傍から見れば完全に危ない人ですが
 彼的にはドンピシャ!

 奥方に相応しい素養、美人! 完璧なる良物件だと…!

幽奈『……ウロコ?』

00504
 額に呑子同様の紋様、両腕にはウロコ、玄士郎さまはウロコから光を放ち
 空を飛び、着物も一瞬で乾かしてしまう
 角とウロコと俺様思考
 つまり!

 日本人にとって、神話クラスに迷惑な存在であった、と。

『どうだ朧?』『悪くないですね』

00511

 よぅし、決まりだ!
 湯ノ花 幽奈よ! お主を余の妻に娶ろうッ!!

 うん…、良い、良いな…、良い、良いぞ…!

   妻「つ、妻なんてそんな!? 私、地縛霊ですし!?」


00514
00519
00520
00523
00524
00525
 地縛霊! 大いに結構ッ!! 現世に留まり続けるなど、相応の霊力がある証拠だ!

この王様ノリノリである
 物は考えよう、地縛霊というもの、霊的素質の表れだと絶賛する褐色イケメン
 確かに、肌の白い幽奈さんとよく似合います
 で

 さあ! さっそく城に帰って祝言の準備だッ!!

 台詞の後半で既に笑ってる?!
 中の人、cv細谷さん、めちゃくちゃ楽しそうに! これがファンサービスというものか!

 ただ、“悪霊化”に関し、対策ノウハウはあるんでしょうか…?

『イヤですー!?』

00528
 無論、備えておけばポルターガイストもへっちゃらだった玄士郎様
 これは、玄士郎様自身の高いスペックの表れと共に
 幽奈の未熟さなんでしょうか

 無自覚な放出でなく、絞り込めばもっと威力アップしそうですが…?

玄士郎様『ハハハ…、“嫌よ嫌よも好きのうち”という奴だなあ? 愛いやつめ』

00534
 嫌よ嫌よも好きのうちとは、昔の人が「男女ってそうよねー」的に残した俗語
 昔の、男女あるあるが世代を越えて共感され
 今に残る言葉である

 口では嫌がっていても、それがしばしば本心ではない事を指した俗言。ツンデレ。

こゆず『ダメだよ! 幽奈ちゃんはコガラシ君のお嫁さんなんだからっ!』

00540

 幽奈「そんな!? 私とコガラシさんは別に~…(正しい“嫌よ嫌よも略”)。
 玄士郎様「コガラシ? 何者だ?

 こゆず「幽奈ちゃんと同じ部屋に住んでる男の子だよ!

 玄士郎様「同じ部屋に住んでる?! 

 こゆず「もー、毎晩えっちな事してる仲なんだからね!


00541

 玄士郎様「何ィ?!
 玄士郎様「毎晩、毎晩、幽奈とえっちな事をだとォ…!?

 幽奈「誤解とも言い切れませんけど、言い方ァ?!


00542
00545
00548
00549
00551
00552
00556
 うぬぬぬ…、急ぎ幽奈を城に連れ帰るぞ!/御意ッ!

言い方ァ!
 案の定、物凄いえっちな言い方で、“コガラシのお嫁さん”と主張したこゆず
 しかしどっこい、玄士郎さまはくじけなかった!
 朧も全く異論がない!

 これは幽奈は自分に惚れている、という揺るぎない自信か!

 よって、マイナス要因にならなかったらしい
 ある意味スゴい。

 この人、もう少し思考がマトモなら、自虐ばかりな幽奈に最高だったのだろうか…

朧『不敬が過ぎるぞ、子狸』

00559
00569
00570
00571
00572
00573
00579
00583
 こゆずさんには何もしないで下さい! 私が…、大人しくついていけば良いんですよね?

家に帰るまでが
 白昼堂々の誘拐に、こゆずも止めようとするも、朧が殺人チョップで黙らせかけて…
 何せ、日頃から玄士郎殿にダメージを与えてる程なので
 こゆずに当たれば…?

 くれぐれもお気をつけて、お家に帰るまでがおつかいですからっ

 やはり自己犠牲を選んだ幽奈
 抱える玄士郎様と、「空間を手刀で斬る」技で、ワープゾーンを作ってしまう朧

 家に帰るまでがお使いって、幽奈さんが帰れないじゃないですか!

こゆず『どこへ連れてったって無駄なんだから!』

00589

 こゆず「どこへ連れてったって無駄なんだから!
 こゆず「コガラシ君が助けに行くから!
 こゆず「コガラシ君、強いんだから!

 玄士郎様「……フッ、その男が追ってくるならば、それもまた良し

 玄士郎様「…余の幽奈を辱しめた礼をしてやらねば


00591
00594
00597
00598
00599
00600
 玄士郎様は、信濃は龍雅湖を統べる神霊“黒龍神”であらせられるのだから。

龍眼
 額の角、鱗、高貴な身分の正体は、日本古来最強クラスの神霊・龍種!
 龍なら偉くてスケベでも仕方がない…!
 か!

 コガラシさん、絶対、助けに、助けに来ないで下さいね…!

 幽奈さん、最後の言葉が痛々しい
 こうして初めての大事に。

 これは玄士郎様、逆鱗を思いっきり逆撫でされるの確定ですわ…!

アイキャッチは、えっちな姿の幽奈さん

00601
 今回はAB通して一話なので、残念ながら前半部アイキャッチはなし!!
 何ですか、この全身ピッチリなドスケベスクール水着は!?
 と思いきや以下略。

 龍、信濃「黒姫伝説」みたいに、人に恋をするのも龍種だから本作にピッタリなのね

コガラシ『狭霧と、帰り一緒になるなんて珍しいよなー』

00604
00605
00607
00610
 こゆず?/狭霧ちゃん! コガラシくん!!

ラブコメの波動を感じる
 すっかり日も暮れた頃、コガラシ、バイト前に一旦ゆらぎ荘に寄ろうとしたところ
 とぼとぼ、と、ゆらぎ荘に向うこゆずを発見
 事情を聞く事に、と

 ゆらぎ荘の中でも、やや非力なこゆずにはショックな事件に

 しかしこの場面、狭霧さん妙に可愛いな…。

『玄士郎様!』『湯治は如何でしたか!』

00611
 さて、龍雅湖の居城に帰った玄士郎様、民は基本的に魚人であるらしい。
 淡水魚の竜宮城では、皆、祝言を挙げたがっていると知ってるらしく
 よってたかって「おめでとうございます!」
 と

 おめでとうございます龍雅湖の王! 開国武成王!!

幽奈『(どんどん大変なことにー!?)』

00614
00616
00619
00622
00624
00626
00633
 信濃の龍雅湖だったな? …助けに行くに決まってんだろ

神という区分
 こゆずを責めず、躊躇なく「行く」と決めたコガラシに、こゆずは小さくなって同行
 しかし、霊的トラブルの専門家である狭霧曰く
 玄士郎様は「神」

 これは信仰ではなく、誅魔忍による区分で、手に負えないのが「神」に。

 専門家、誅魔忍が総動員しても滅することは出来ないそうで
 人間など歯牙にもかけていないのね

 やっぱりすげえよリュウは!

狭霧『ましてや救い出すべき幽奈は幽霊、誅魔忍として、手を貸すことは出来ん…』

00640

 コガラシ「だったら、俺とこゆずだけで行く。皆にはそう言っといてくれ
 狭霧「バカを言うな! 貴様達だけで何が出来る!

 コガラシ「何だよ、止める気か? 


00641
00644
00646
00647
 私も行く! 誅魔忍としてではなく、幽奈の友人としてな!

信濃突撃旅行編
 煽る様なコガラシの口調は、止めるつもりなら押し通る、と言わんばかりでしたが
 結論に、ハッとした顔をしつつも「前置きが長い」と。
 信頼感あふれる言葉を返す事に

 ふん! …大体、交通費の持ち合わせはあるのか?

 行くというなら先に言え
 狭霧が、本心から同行を申し出ていると疑わない様がコガラシさんらしい

 なお交通費的にも、居なくては困った模様。

『ふふふ…、ははははは!』『もう…、やめてください!』

00650
 他方、竜宮城(淡水魚)に捕えられた幽奈さん、えっちな服装に着替えさせられ…
 どうにも、乙姫さまっぽい格好に着替えさせられた幽奈さん
 布団、掲載誌はジャンプ…

 何も起こらないはずがなく…!

助平様『観念せい幽奈よ、余の術から逃れるすべはないぞ』

00655
00656
00657
00659
00660

 観念せい幽奈よ、余の術から逃れるすべはないぞ
 これこそかつて!

 人間界でえっち過ぎて、禁忌(タブー)とされたという古代の遺物ッ!

 その恥辱に、見事耐えてみせよッ!
 余の妻として!

 相応しい姿を見せるのだッ!


00661
00662
00665
00666
00669
 体操着…?/おお~、これが伝説の“ぶるまぁ”!/涙?!

ビバナミダ
 どんな淫乱魔法かと思ったらソレ!? 確かに、えっちすぎて禁忌にされたけど!?
 まさか、ブルマーが妖怪世界に渡って伝説となっていたとは… 
 で

 何とも健康的で良いではないか…!

 どんな想いでストックしてたんですか!
 まあ実際問題、原作でブルマでも、アニメ劇中だと短パンになったりするくらいですしねえ

※2003年連載開始し、2016年アニメ化した「三者三葉」など。

幽奈『(何なんでしょうか、この人……)』

00670

 玄士郎様「では次だ! フハハハ!! どんどん行くぞッ!!

 幽奈「はぅ~
 玄士郎様「ほぉ~、ほほほほ!
 幽奈「はぅ~
 玄士郎様「さすがは…、余の幽奈よ
 幽奈「ほぅ~…
 玄士郎様「何を着せても、可憐よのう!

 玄士郎様「お、おほおほほほほほっ!


00671
00672
00676
00677
00678
00679
00680
00681
00682
00684
00685
 ゴラァ! そこまでです!! 幽奈様はお忙しいのですッ!!

至福の時間 
 どこで学んだのか、玄士郎様、幽奈でコスプレ三昧する悪逆非道の限りを尽くす
 さすが! 龍という種はえっちなんですね!!
 が
 
 あの! 私はこちらに嫁ぐつもりなんてありません!!

 旦那は思い込みの強いコスプレ魔
 姑(?)は姑で、「奥方の教養」を強要する眼帯魔という楽しすぎる職場。

 幽奈も、さすがに抗弁するのですが、と。

『何を今さら? 龍雅家の妻として、幽奈様は、未来永劫ここを離れる事は許されません』

00687
 攫ってきておいて大概ですが、神クラスの妻、名誉ある立場なのでしょうね
 しかし幽奈さん、チャイナコスプレの尻がドスケベすぎる…
 どんだけピッチリ素材なのか

 制服姿のように、“幽体を衣服にする”術を、外部からコントロールしてるんでしょうね

玄士郎様『何が不満なのだ? ここにはおぬしの愛する余もおるのだぞ?』

00691

 玄士郎様「何が不満なのだ? ここにはおぬしの愛する余もおるのだぞ
 幽奈「愛した覚えはありません!
 玄士郎様「…!

 玄士郎様「なるほど…、そうか…、これがツンデレという奴だな!

 愛妻「違いますー!?


00694
00698
00699
00705
00706
 同じ部屋に住んでいるという男が、気になるのですか? …やはり特別なご関係で

やっぱり私は疫病神
 俺様な性格に、中途半端な現代知識をハイブリッド! 玄士郎様に説得は通じない
 加えて朧も、「そもそも自分はコガラシの負担である」という
 幽奈の悩みを突く 

 であれば、なおさら嫁がれて良かったのでは? その男の為にも

 朧は他人、だからこそ、客観的に幽奈の動機の不備を突き
 自分は迷惑だと強く思わせる事に。

 冒頭、コガラシに迷惑をかけっぱなし、というのがテーマなのね

狭霧さん『交通費は貸しだぞっ』

00708
00710
 他方、電車とバスを嫌になるほど乗り継いだ三人、狭霧さんの物言いが可愛い!
 三人は信濃、すなわち大和型戦艦3番艦「信州」。
 蕎麦の名産地を訪れる

 信濃とは、日本の古い行政区分で、現・長野県、及び岐阜県中津川市の一部

 また長野は、ローカルヒーロー“地域戦隊カッセイカマン”が活動している。

『行き止まり?』『いや…、ここで間違いないはずだ』

00714
00716
00719
00721
00728
00729
00732
 洞窟の中に、こんなモンが…!?/上の灯りは、おそらく“釣瓶火”だな

りゅうおうの城
 入り口は信濃の山深く、ぽつんと開いた洞窟を、結界で偽装したもの
 陽の光差さぬ地底湖、龍雅城は堂々とそびえていた
 と

 城内にも、配下がごまんといるはずだ。…少々備えておくか

 いや、立派な地下世界の主だった玄士郎様
 実にアレフガルドですわ

 釣瓶火を灯りにしてますが、他にも妖怪ごっそりと従えてそう!

コガラシ『全身タイツ!?

00735
 正直に感想を述べたコガラシさんですが、退魔忍誅魔忍の“霊装結界”
 曰く、あらゆるダメージを肩代わりしてくれる「着る結界」で
 狭霧さん、最近修得したという。
 高度な術なのか。

 ダメージを肩代わりする服…、…ああ! 脱げるんですねわかります!!

『じろじろと見るな!』『狭霧ちゃん、かっこいー!』

00734
00736
00738
00741
00743
00744
00748
00749
 しかし、幽奈を無事に連れ帰ったとしても、また攫いにくるのは目に見えている…

私にいい考えがある
 エロタイツはともかく、りゅうおう様が倒せない以上、作戦は隠密裏の奪還しかない
 しかし、倒せないという事は再びやってくるという事だ。
 大魔王からは逃げられない。

 それなんだけどな? こういうのはどうだ? 幽奈を取り返したら…

 コガラシ曰く「幽奈は幽霊だから」。
 二度と攫いに来ないよう、「上手くできるか解らない」解決策があるという…?

 シンプルに成仏したと誤解させる? どうもこゆずが化けるのも作戦の鍵?

魚人『ン? 誰かいるのか?』

00753

 こんなところにまで見張りが…
 イカン!

 狭霧の格好、生地が薄くてぇ……!?

    こゆず「……へくちっ」


00755
00756
00757
00761
00763
00768
00772
00773
00780
00782
00784
 まずは幽奈を救い出さねば! 貴様はどうにかして、黒龍神の気を引いておいてくれ!

ここは二手に分かれよう
 狭霧の霊装は生地が薄く、おっぱいを押し付けられたコガラシは睨まれてしまい
 目をそらしたところ、こゆずの鼻をくすぐって自爆!
 と

 おお~、やるなあ狭霧!…って感心してる場合じゃねェか!

 隠密行動はニンジャの花道!
 狭霧とこゆずを本命に、コガラシさんが囮となる作戦がスタートとなった

 今週、チョップが大活躍ですね!

魚人『ン…? そこの者、何奴!!』

00787

 おいコラぁ!
 色ボケ黒龍神!!
 幽奈を帰しやがれ!!


    こゆず「何やってんのコガラシくーん!?
    狭霧「馬鹿め! もう少しやり方というものが!?

  幽奈「コガラシさん!?


00791
00793
00794
00795
00796
 曲者だ! であえであえー!! ひっとらえたぞ、殺すな!!

何やってんの!?
 こうしてコガラシは、鬱憤晴らしと囮役を兼ね、真正面から真っ正直に絶叫!
 罵倒、というか悪口の限りを尽くし
 無事ひっとらえられた

 あまりに無礼だった為か、「殺すな!」と現場で指示が飛ぶレベル

 お前のかーちゃんでーべーそー!!
 これは、生きたまま主の前に引き出さないと現場が怒られる!!

 現代の小学校でも今や常備品、さすまたは、時を越え捕縛に大活躍ですね!

『余がこの城の主、龍雅玄士郎である』

00797
 お白洲! 江戸時代の訴訟機関のように砂砂利に座らされたコガラシ
 時代劇でおなじみ、奉行所の風景そのままですが
 実際には屋根があったとか。
 お奉行様!

 本作だと、城自体が洞窟内なので、屋根がないのが自然なんですね!

『余の幽奈を辱しめてくれた礼、存分にしてやろうぞ…』

00799
00807
00809
00810
00811
00812
 何か言ってはどうだ? 余が礼をすると言っているのだぞ…?

男の怒りが激突中
 予定通り黒龍神の目を釘付けにしたコガラシ、ですが龍神様の怒りも怒髪天!
 対しコガラシも、性格的に怒っていないはずがなく…
 と

 礼とかいいんで、幽奈を帰しやがれ! 龍神サマ…!!

 解りやすく怒る龍神、静かに怒るコガラシ
 朧は狭霧の計算外?

 会話中、狭霧とコガラシは龍神に注目し過ぎて、朧への警戒が甘い…?

感想追記、公式サイトで「こゆずのゆらぎ荘絵日記」スタート!

00541
 公式サイトで、Blu-ray販促企画(?)がスタート! 絵日記と銘打ってますが
 イラスト的に流用、過去回を一言コメントするというもの。
 新規収録ボイスで振り返ってます!

 特設ページはこちら https://yuragisou.com/special/koyuzu/

公式ツイッターより

































2018年8月25日 ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話「幽奈さんと神隠し」

00444
 メイン脚本家、元請け制作と、主力スタッフ回に。

スタッフ
 脚本:子安秀明
 絵コンテ:西田正義
 演出:草壁匠・中西陽介
 作画監督:新井達也・永田善敬・古林杏子・加藤初重・藤田正幸
 アニメ制作:XEBEC
 原作:漫画/ミウラタダヒロ/集英社/週刊少年ジャンプ
 制作協力:なし

あらすじ
 町へお使いに出かけた幽奈とこゆず。すると突如、見知らぬ青年から声をかけられる。
 幽奈を視認し、ポルターガイストをものともしない青年の名は龍雅玄士郎。湯煙町へ従者の神刀朧と共に「嫁探し」にやってきた「黒龍神」だった…!
 幽奈をさらい、自らの居城で婚姻の準備を進める玄士郎。囚われの幽奈を助けるために、コガラシと狭霧は龍雅城へと潜入を試みる。敵の気を引くために正面から乗り込むコガラシ。幽奈を救い出すための妙案があるらしいのだが…!?

次回、黒龍様とコガラシが激突…? “幽霊ならではの打開策”とは?

00069
00070
00502
00813
00814
 オープニングの濃厚コスプレも回収、これ一話でやってたのかよォ!

手段を選ばない朧さん
 提供場面、幽奈のコスプレもこゆずまで夢中になり、一緒にチョップされるの図
 チョップというか手刀、ツッコミキャラの定番だと思って見てましたが
 フルネームが「神刀 朧」なんですね
 刀系の妖怪なのか

 ド定番では、朧自身が、実は玄士郎様を慕ってていてめでたしめでたし…

 ですが、本作だとヒロイン級に位置付けられてるっぽくて
 どうなるのか楽しみです

 手段を選ばないといっても、戦闘面では、かなり武人肌っぽく見えますが…?

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」

ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話 感想

 冒頭
 Aパート「足にひっかかるコガラシさん」
 アイキャッチ「スクール水着の幽奈さん」
 Bパート
 人間界でえっち過ぎて、禁忌とされたという古代の遺物!
 狭霧、“霊装結界” 
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 ゆらぎ荘の幽奈さん 第1話「ゆらぎ荘の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第2話「温泉卓球の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第3話「幽奈さん学校へゆく」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第4話「妖怪ウォッチング!狭霧さん/夜々、おそるおそる」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第5話「幽奈さんの身体測定/修羅場の呑子さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第6話「仲居さんの秘密の冒険/幽奈さんと甘い休日」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話「幽奈さんと神隠し」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第11話「チークダンスと幽奈さん/期末テストと狭霧さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第12話「ゆらぎ荘と幽奈さんと」【最終回】

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング