2018年8月発売 HG-ORIGIN ジム・スナイパーカスタム ガンダム THE ORIGIN MSD プレミアムバンダイ専売 これまでの記事はこちら
パイロットに応じ、個別チューンナップされたRGM最上位機種、MSD版でHG化!

00000
1000125664_2
1000125664_1
初代ガンダム量産機ジム、その最上位カスタム機として知られ、HG化が待たれていたMS
 今回はジ・オリジン世界観で、カトキハジメ氏が再デザインした姿でガンプラ化
 多少変わったけど、やはりカッコイイ!
 ジムSCはいいなぁ!

 激戦、星一号作戦に参加した撃墜王達のジム! ゲーム的にも慣れ親しんだ機体だ!!

プレミアムバンダイ受注販売(受注時
 オリジン企画の通例として、MSV-Rなど、初出の“新しい”派生機が一般販売になり
 本機も、ガードカスタムとインターセプトカスタムが一般販売へ
 タグも「オリジン ジム」となっており
 部品を共用。

 PC-001 ポリキャップ使用、ただし軟質プラ関節が主体でPC-002に近いです

ジム・スナイパーカスタム MSD版 ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 U.C.0079 初代ガンダム同時期に開発
 ガードとインターセプトへの派生
 デザイン元は「フルアーマーガンダム」?
 同様の経緯から生まれた「ライトアーマー」

宇宙反抗作戦へ、現場の要請で生み出された性能向上型ジム

ジム・スナイパーカスタム
 MSD版の設定は以上で、以下MSVや、MSV-R、MGなどの記載より引用する

RGM-79 SC ジム・スナイパーカスタム
 ジムライトアーマー同様、高い錬度に達したパイロットからの要請で作られたカスタム機
 連邦軍は、大きく4度に分け、大規模なMS生産を行ったが
 要請は、第一次生産直後には提出
 開発が行われた

 しかし連邦軍はまず数を必要とした為、SCの生産は、第三次スタート

 本機による戦果は資料により異なるが
 MSV-Rでは目覚しい戦果を挙げ、ガード、インターセプト誕生を促した。

 生産数はそれら含め50機程度、全機が、専用チューンナップを許されていたとされる

元々ミリタリー色の強いカラーだけに、色再現度は上々。ただし

00001
00002
1000125664_9
MG_1504
 下は電撃ホビーWEB ガンプラジャーナル2018年7月号より。

シール&ホイルシール
 胴体中央部のグレー、バックパックのグレーが足りずホイルシールで補います
 また、MSVの設定画では「注意書き」はありませんが
 MSDにあたり多彩に付属

 また初代MSVでの、“97”マークも、きっちり再現されています

 カトキ氏の設定画と比べ、ひと周り逞しく感じられ
 よりかっこ良いと思います

 元デザイン、大河原氏のずんぐりとした感じと、ちょうど中間的ですね

ランナーAは、「ジム(オリジン)」

00003
 ザクのグリーンと比べ、より明るい緑。

グリーン
 ジムSCの特徴となるバックパックや、四肢、胴体などが入ったランナー
 バイザーの下は、かなり普通なジム顔で
 視覚的影響の強さを感じます

 前腕にサーベルラックが付いてるだけの、簡易な「腕サーベル」も。

 ちょっと簡易すぎて、特別感が薄い気がして残念

ランナーB、B1も「ジム(オリジン)」

00004
00005
 ジムSC独自の膝形状をしており、除外できるようになっている。

グレー
 2個組みに必要なパーツを残した、2枚のランナー。
 腿に、モールドも施されていますが
 旧設定にはありません

 しかし兄弟機とも呼ぶべき、ジムライトアーマーの当時作例に同じ形のモールドが。

 もしかしたら、踏襲したデザインなのかもですね!

ランナーC、ORIGIN MS

00006
 連邦系の汎用関節ランナーらしく、スプレーガンなどは除外可能

軟質グレー
 本キットはPC-001ポリキャップですが、構造的にはPC-002と基本同じ
 関節部は、ポリキャップを用いない部分も多く
 軟質プラ関節を用います

 しかしまあ、ベタなスプレー・ガンが懐かしいすね

 MGでは2連装タイプでしたが、本キットでは普通。

ランナーD

00007
 いわゆるジム、ガンダム系のスリッパ

グリーン
 裏側に「フタ」があり、肉抜き穴がないのが、ジ・オリジン系っぽいですね
 購買層が、ややお金を持ってるから。
 みたいな?

ランナーE1は、同ランナーが2枚

00008
 E-1と銘打つも、E-2は本キットにはありません

グリーン
 パーツ単位で見ると、ディテールが細かく、ジムというより別物に感じますね
 ジムは、元々テレビアニメ用デザインですから
 デザインも簡易

 描きやすくないと手書きする際、アニメーターさんが大変ですものねー。

 ガンプラでは、作る側が、独自に手を入れるポイントにもなりますが
 本キットでは最初からかなり入ってます

 ジ・オリジンのMSはCGなので、最初からディテールが細かいのですよねー

ランナーF2、F3

00009
00010
 同じ金型を共有し、F2に、パーツ追加したのがF3

グレー
 ジムSCと言えば、腰前装甲が、グレーの部品で覆われている事ですが
 設定上、この部分が「予備冷却ユニット」となっており
 機体性能を維持してくれます

 動力を普通より無理させても、冷やして性能を保ってくれるワケですね

 またMSD版、大きな変更点として推進孔が増加
 背中にズラッと突き出してます

 これは、MSV-Rでの、「シモダ小隊機」を踏襲したデザインのようです

ランナーG、H1、ポリキャップ

00011
00012
00013
 ビームサーベルは、刀身が長いSB-13 クリアピンクを採用

クリアレッド他
 武器など、SCの特徴的なパーツが集まったGランナーもタグは「ジム」。
 スナイパーライフルは、基部こそモナカですが
 ストックなど結構なパーツ数

 設定上、ゴーグルは“装甲バイザー”なので、スナⅡと違いクリア部品はありません

 旧キットの解説では装甲
 初代MSVでの、文字解説では「照準バイザー」と記載

 そこでMGでは、カメラ防護用だが、“機器を併用し狙撃精度を高めている”と記載。

オリジンMSDへ再設定、高性能化要求に応えた「2つのカスタム」の片割れ!

20180524_hg_gm_sniper_custom_03
20180524_hg_gm_sniper_custom_04
20180524_hg_gm_sniper_custom_05
20180524_hg_gm_sniper_custom_06

■HG 1/144 ジム・スナイパーカスタム
 販売価格:2,052円(税込)
 獲得ポイント:20P
 予約受付開始:2018年5月24日 13時
 お届け日:2018年8月発送予定

■商品詳細
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSD(Mobile Suit Discovery)より
 ジム・スナイパーカスタムがHGキットで商品化!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSD(Mobile Suit Discovery)より、
 MSDのRGMシリーズ系譜に連なるジム・スナイパーカスタムがHGシリーズキットで商品化!
 頭部や胴体などの一部外装および、専用火器の"R-4型ビーム・ライフル"等を新規造形で再現!
 グリーンとグレー主体となるMSD版の特徴的なカラーパターンを成型色で再現!!

● ジム・スナイパーカスタムの機体形状を新規造形で徹底再現!
  頭部やランドセル、腕部や脚部など各所の特徴的なディテールを新規造形で再現。

  ・頭部
   本体のバイザーはクリアパーツを使用し、内部ディテールも再現。
   外付けのバイザーは可動式で、降ろした状態を再現可能。
  ・ランドセル
   スラスターが増え大型化しているジム・スナイパーカスタム用のランドセルを新規造形で再現。
  ・脚部
   ビーム・スプレーガンを右足に懸架可能。膝・ふくらはぎにサブスラスターが設けられた特徴的な形状を再現。

● 新規造形のR-4型ビーム・ライフル他、各種武装が付属!
  ジム・スナイパーカスタム用の武装であるR-4型ビーム・ライフルおよび、
  近接戦闘用のビーム・スプレーガン、ビーム・サーベルが付属。
  R-4型ビーム・ライフルは折り畳みギミックを再現し、ジョイントを介して腰部に懸架することが可能。
  ビームサーベルは右腕へ装着可能。

● 最新のHGフォーマットによる高い可動性能!

 付属武装:R-4型ビーム・ライフル / ビーム・スプレーガン / ビーム・サーベル


1000125664_1
1000125664_3
1000125664_4
1000125664_5
1000125664_6
1000125664_7
1000125664_8
1000125664_9
1000125664_2
MG_1504
 プレミアムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000125664/

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD
 イフリートやピクシーがキット化される中、「オリジン版」でHG化したジムSC
 キット化を前提にか、武装がすっかり削られてしまい
 ライフルとスプレーガンにサーベル
 シンプルなものに

 機体自体の歴史は古く、それこそ、プラモ狂四郎にも登場したレベル

 以降、ゲーム作品に多数登場し、思い入れがあります

U.C.0079、初代ガンダム世界“一年戦争”に存在した外伝機

00001
 その後、機動戦士Zガンダムで旧式機としてモブ出演した。

RGM-79SC ジム・スナイパーカスタム
 大戦期は、陸戦型ジムに、狙撃装備を施した「ジム・スナイパー」も作られ
 また、本機同様の改造を、後期型ジムに施したMSとして
 ジム・スナイパーⅡが開発

 これら3機は、ベース機違いで、同時期に作られたのが面白いところ

 特に本ジムSCは、大戦の本命「星一号作戦」用MSとしての面が強く
 修羅場に投じられた機体でした

 テネス・A・ユング少佐は、連邦軍第一位の撃墜記録を残しています

本機を元に、ガード、インターセプト型も少数生産

ジム・スナイパーカスタム
00001
ジム・ガードカスタム
 元々、ジムSCには、「ガード」「インターセプト」がいるという文字設定が。

用途に応じカスタムされた改造機
 MSを“乗りこなす”べく、操縦者を突貫育成した連邦でも、幾人かA級パイロットが誕生
 彼らの要望で、重戦・高機動戦闘用に作られた改造機こそが
 本機、ジム・スナイパーカスタムであり
 第三次MS生産で建造

 中でも高機動戦、速力を活かす部隊は「スナイパー」呼称

 対し、艦隊護衛部隊は「ガード」「インターセプター」と呼ばれ
 更なる改造を施されています

 後者2種は、ジムSCの大きな戦果を受けて速やかに生産、星一号に投じられました

デザイン的には、“フルーアーマーガンダム”と釣りあうべく誕生した

00014
 MSVを代表するガンダムである「フルアーマーガンダム」

ミリタリー調の重武装
 MSV制作に携わった小田雅弘氏によれば、フルアーマーガンダムCM企画に際し
 SCは、同機と釣りあうようにデザインを起こしたと語られており
 確かに改造方針やカラーなどが似通ってます

 ジムSCもまた重武装で知られ、スナイパーやスナイパーⅡとは大きく異なるもの

 当時の事情が生み、今も続いていくのだからガンダムは面白い!

MSVに登場したジムSCは、ある撃墜王がカスタマイズした機体

IMG_0498
 後年、MSV-Rで、ミサイルを担いだシモダ小隊機も生まれた

総合性能向上型の重戦MS
 ジムSCは生産数が少ない分、全機が個人チューンナップを許されていた珍しいMSで
 特に、フランシス・バックマイヤー中尉機は大量の武装を背負い
 その戦果から、半数が同仕様にならったそうな。

 MSVで公開されたのも同仕様で、狙撃と名乗るも重武装なのが特徴

 狙撃ビームライフルとサーベルの他
 折りたたみ式ハンドビームガン、2連装ビームガン、ハイパー・バズーカまで装備

 敵に事欠かない、激戦区に投じられたMSな事が窺えますね

熟練パイロットの要望に応え、SCより先行したエース・パイロット機

00002
 いまだガンプラ化されたことがない、ジム・ライトアーマー

RGM-79L ジム・ライトアーマー
 見た目に心もとなく見えますが、連邦軍は、元々宇宙戦闘機を主力としていました
 ジムでは、高速性という面で、あまりに「物足りない…」者達は
 こぞって本機を求め、満足したという逸話。
 主な建造は第2次生産時。

 火力はガンダムに匹敵し、“当てれば一撃”のビーム・ライフルを活用したMS

 高速一撃離脱戦へ徹底軽量化
 サーベルの柄が長いのも、「手から滑りにくくする」加工

 重武装、装甲化したジムSCと、対照的な改造と言えるのが面白いところ。

 それでいて、どこかウルトラマンと似ている。

余談、ゲームにおけるジムSCは「長射程でビームを撃てる量産機」として重宝

テネス
7-8.ジムSC
 ネットゲームGNO2に於いては、特に重宝するMSでした

ゲームでのジムSC
 量産機区分ゆえの低コストと、狙撃=長距離ビームを兼ね備える稀有なMS
 三ヶ月ごとに終戦し、レベルなどをリセットされるゲームだったので
 毎期、ゲーム内通貨を最低限でやりくりしつつ
 本機を揃えるのが楽しみでした

 プレイヤー自身の階級、プレイ技術向上で、活躍期間は徐々に縮んでいった面も。

 それでも、毎回お世話になる頼もしいMSとして忘れられませんし
 ジオンプレイヤーにも特別なMS。

 ランダム入手できる為、プレイヤー間で破格値で取引される、超高額機だったとか

 陣営は一長一短ですが、あちら側は対応するMSがなかったというワケ。

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91
 HGUC イフリート 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 HGBD-010 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ
 HGBD-012 ガンダムアストレイノーネイム ガンダムビルドダイバーズ
 HG-ORIGIN ジム・スナイパーカスタム ガンダム THE ORIGIN MSD
  
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング