試し読み もち 魔女の下僕と魔王のツノ 9巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
サウロとアルマ編、決着! 揺れ動くレイの性別も、一つの答えに辿り着く事に

00077
00076
00001
00027
00062
オマケの漫画の台詞だけどその通り! 女体化したアルセニオがあまりに可愛かった為に
 改めて、(出来れば彼を女にして貰って)親友と添い遂げたいと結論したサウロ
 男でも女でも、アルセニオの事が大好きだと解った今
 自分の性別もどちらでもいいと結論したレイ

 あなたと結婚したい! シリアス尽くし! 腹の底から笑える良いラストだったわ!

アルセニョが大好きです!
 巻頭は誤解続き、ヘマさんが良い子だし嫉妬やらで畳み掛けるのに大爆笑だった!
 誤解が亀裂へ、無我夢中で友達を救おうとするアルマもサウロも
 どっちも自分を省みてなくてすげえ素敵だった!
 今、街の皆に愛されてるアルセニオも!

 つくづく“子供”だったレイが、傷つけてると知ってなお我を貫く姿、雄々しかった!
 
魔女の下僕と魔王のツノ 9巻 感想

 第48話「魔女の下僕と好きな男」
 第49話「魔女の下僕と騎士の犠牲」
 第50話「魔女の下僕と別れの時」
 第51話「魔女の下僕と騎士の心得」
 第52話「魔女の下僕と二人の求婚」
 第53話「魔女の下僕と今さらの話」
 これまでの感想
 本作5年前 教国のレクエルド感想
 キューティクル探偵因幡 感想

サウロとの故郷編を「教国のレクエルド」として連載、全2、3巻くらい?

00000
 アルセニオのサウロ評に納得させられる外伝。シリアス強め

あらすじ
 町にブレンダ率いる魔物が襲来、アルマも魔物とバレ、庇いあいサウロが重傷を負う
 ベティが、身の危険も省みず町とイスパニア騎士団を救った事で
 事態終息と見た騎士団は故国へ帰っていった

 残ったサウロは全ての事情を聞き、改めてアルマ=アルセニオに求婚

 際しレイは、アルセニオが好きである事が最優先だと理解し
 ロイドの想いを今度こそ正々堂々と断わった

 つまるところ、魔王のツノを捕ったら、アルセニオはどちらかと結婚するのだ!

 意気投合したレイとサウロ、事態は改めて“魔王討伐”へ転がっていく

前巻。素性を悟られずかつての親友を看病する為、アルセニオは「アルマ」になった

00002
 48話の扉絵ではレイとアルマのドレス姿! まあ麗しいわッ!!

男ならアルセニオ/女ならアルマ
 前々巻から女性化してたアルセニオは、必要に駆られやむなくアルマの姿となった
 故郷は厳格な宗教国家で、その教えによりアルセニオを誤解していた
 既に死亡し、親友アルセニオが身体を操られていると思い
 サウロは友情ゆえに戦っていたのだと

 そこでアルマに化けたが、サウロは実はあっさりと見抜いていた

 鈍感なアルマは、バレてるなんてまったく気付かず
 あれやこれややらかしてしまう

 とまれサウロは、親友アルセニオがまったく変わっていない事を知った

 と共に女としてアルマが好きになって、えらいこっちゃ!

第48話。サウロの従者の女性・ヘマは、怒涛のツッコミだった

00003
00004
00005
 サウロさんはかっこいいですよ誰が見ても!(ヘマ)

第48話「魔女の下僕と好きな男」
 サウロの従者、ヘマさんによる多段ツッコミ回! 好きじゃーん!!!(絶叫)
 ああアレか、前巻で酔ってるのに同じ部屋に入れたのは
 二人が付き合ってると誤解してか
 ソッカー、シカタナイネ!

 てかいい子じゃん! ヘマさんめっちゃいい子じゃん結婚しとけ!!

 幼馴染アルセニオ視点だと、サウロはナンパを地で行く軽い男だったのです
 詳しくは1巻が発売開始した「教国のレクエルド」で。
 膝から崩れるほどいい男だぞ!

 しかしヘマさんには、“真面目で堅物で心配でどうしようもない人”なのね

 やだヘマさん、いい人じゃん! めっちゃいい人じゃーーーーーーん!

アルマ、逃げる! ヘマ叫ぶ! ここで追わなかったら帰りの船に乗せませんよ!!

00006
00007
00008
00010
 サウロさん、無事ロイドを「アルセニオを寝取った男」と認定するの図

フルメタルアルセニスト
 ただの人類最強決定戦じゃないですかヤダー! なにこの町怖い?!
 アルセニオは、主であるベティの為に帰れませんが
 サウロは「主の為の女体化か」と誤解
 あらまあ!

 他方バレてないと思ってるアルセニオ、やめて! あなためっちゃ愛されてるわ!

 当然、それは「自分(男)だとバレてたらプロポーズするハズがない」と
 実に極めて途方もなく真っ当な理由なんですが…

 アルセニオ、残念ながらサウロはお前のプロだ、一流のアルセニストだ!

 でもサウロの目からは、「アルマをハーレムにしてる」と見えてるからねえ…

ロイドは言う、「アルセニオは死んだ。お前が殺したんだろ」と

00009
00011
00012
 思わずフッと笑ったサウロ、結果宇宙一話がこじれてしまう事に

ともだち
 まず落ち着こう! サウロは「そんなウソで俺を騙せると思ったのかネギ味噌野郎」と。
 対し、ロイドとアルセニオは「親友を殺したのに笑った!?」と。
 アルセニオはショックです。
 解ってた事だけど。

 不意討ちはロイドの反応! ブチキレた!! お前どんだけ良い奴なの?!

 つまり、「お前、友達殺しておいてなんだその態度は!」と
 心底怒ったんですね

 ロイド自身、レイという幼馴染がいるから重ねてる面もあるのでしょうけれど…

 いや、ただただ“自分の友達の為に怒った”ロイドが素敵だって思った!

俺が知るか!。心底怒ったロイドを止めてくれたのは

00013
00014
00015
00016
 恋敵のサウロを助けたのはレイ、オチもあったけどいい子だったわ!

怒涛の水入り
 サウロも咄嗟に「しまった」と気付いたようですが、とにかく一旦水入りに。
 アルセニオ達と違い、サウロは簡単には傷が治りません
 ただの人間だ、と必死に止めたアルセニオと
 止まらなかったロイド

 彼の怒りも快いし、本音はロイドに加勢したかったというレイが可愛い

 とまれ、レイの妨害と時ならぬ魔物の侵攻によって離れ離れになり
 サウロは「弁解しなければ」と決意し…

 そして4コマではサウロに即オチ4コマするアルマさん

 犬っぽいレイくん可愛い!

第49話。自責のサウロ、襲ったのは“この場にピッタリな魔物”だった

00017
00018
00019
 見た目に可愛いブレンダさんですが、骨の髄ずいずっころばしから魔物なのよね…

第49話「魔女の下僕と騎士の犠牲」
 魔王軍幹部、人型の魔物であるブレンダさんは“対話”にあまりにピッタリ
 彼女は、人を殺す理由を「狩りやすいから」と
 あまりにざっくり説明します

 ああそうだ、同じ魔物でもアルセニオはこういう奴とは違うのだと

 対話が出来た事で、かえって戦う闘志が明確になったサウロ。 
 ブレンダさんめちゃくちゃ無邪気なのね…
 ありがとうこのヤロウ。

 本当に邪気がない、どこに逃げるか解らない動物より、人のが簡単ですものね

 人間を怒らせると怖いとか、そこまで恐れた経験がないのか

しかし、レイに愛剣を折られたサウロでは勝てるハズがなく…

00020
00021
00022
 無我夢中で飛び出したアルマ、アルセニオいい奴すぎんでしょ!

それでも咄嗟に走る人
 他に助ける術はなかった、けど「魔法を使う」のは魔女か魔物だけ。鱗も見える。
 幼少期から厳格に教え込まれている教国兵は
 あっと言う間にアルマを敵視へ

 彼らにすれば、おぞましい怪獣の姿になったのと同義なんでしょうね

 しかも、第49話で「ずっと魔力供給できてない」と苦しんでたのは
 ここに繋がる前振りだったのか。

 魔力切れ、意識が薄れたアルマは逃げるどころではなく…

離れろサウロ! アルマは魔物だ!!

00023
00024
00025
 いやどんだけロイドさん無敵なの!?

庇い庇って
 ラストでシリアスが吹っ飛んだ!? いやそうでなくて、サウロが瀕死に!?
 アルマは、自分を庇ったらサウロが危険になると思い
 咄嗟に彼を拒絶しました

 しかしむしろ! 優しくされたらサウロさんも止まらないよ!!

 自分が殺されそうな中、サウロを思いやってくれたアルマを庇い
 サウロは代わって矢に討たれて…
 矢サウロに…

 この事態に、咄嗟に助けを呼んだロイドと、状況を知らず平和に驚くレイ

 ロイド家無敵伝説、続く4コマで語られましたが、お前の血脈どうなってんだよ!

第50話。助けて! 処刑されそうになりながら叫び続けたアルマ

00026

 アルセニオ「ダメだ、こんなところで正体がバレたら…、早く逃げてベティ
 魔女ベティ「アタシずっと考えてたの

 アンタとサウロは本当に仲直りできないのか

 アタシとサウロが仲良くなる日は
 本当に来ないのか

 どんなに考えても答えが出ないの 当然よね


00027
00028
00029
 だって自分はサウロと話してない、話してみなけりゃわからないわ。と

第50話「魔女の下僕と別れの時」
 カナディアンマン的に熱い友情…、“私を殺さないで”と叫んでると誤解されつつ
 実際は、目の前で死にそうなサウロしか見えていなかったアルマ
 彼女を救うべくレイ達も合流。

 ベティは治癒魔法を使えますが、使ったら彼女も魔女認定されます

 だからアルマは、咄嗟に頼もうとするも「いやダメだ」と思い直しますが
 ベティは憶さず正体を現すことに

 自分の安全じゃなく大事な人の為に、ベティもやっぱり器がデカい…

 小さいのに大きい! さすがアルセニオの主ですわ

教国兵『殺せ! 魔女に魔法を使わせるな!!

00030
00032
00031
 これで教国兵とも和解…? と思ったらめっちゃこじれててそれはそれで笑える!

得意なのは治癒魔法
 一旦スタンバってから抱き合う主従! お前ら互いに大好きすぎか!!
 とまれ、一緒に命を狙われる覚悟で正体を明かすと
 ビビアン由来の魔法で全員を治癒
 事態は一旦解決へ

 一緒に魔物まで治ってはる!? まあ仕方ないよね!

 町一つ分の大魔法!
 ベティすげえ! いや師匠が事前に“種”を植えてたと

 彼女らにも大事な町とはいえ、備えてたのか。師匠もデカい人ですわおっぱいが

 殺意を向けられ、悠然と花を咲かせたベティ! 美しかったわ!!

町に“魔物除け”を発動しようか? でもサウロと、もう会えなくなってしまうよ?

00033
00034
00035
 対しアルマは、すっきりした笑顔で“お別れ”を選んだ。それでいいのだと。

その服で良いと思います
 ラストでどんでん返してますが、イスパニア教国兵はこれで帰国へ
 元々、目的だった魔王討伐は果たした(つもり)ですし
 魔物が町にパッタリ現れなくなったので
 任務完了と判断

 彼らにすれば英雄の凱旋、きっと母国はお祭りパレードだろうな

 代わりに、アルセニオは親友と永遠の別れになってしまいましたが
 彼が元気でやってる事も分かりましたし…
 寂しい

 町の人は“魔女”に好意を持ちましたが、教国の人には難しい話ですよね

 とまれアルセニオは、「ちゃんと仲直りしたかった」と思いつつ…

第51話。アルマさんは魔物です! 帰りましょう!! ヘマは言い張ったが…

00036
 アルマは俺を好きだと思うか?に、へマさん大絶叫であったという

第51話「魔女の下僕と騎士の心得」
 第50話ラスト、実はサウロは残ってました…、と描いて締めました
 第51話は少し遡って、ヘマさんが止めた場面から。
 なるほど、ここに繋がってくるのか

 今巻冒頭で、アルマの人となり、想いを知った(誤解した)ヘマさんだもんね!

 ただ、彼女自身はサウロの事をどう思ってたんでしょう…
 ともチョッピリ思ってしまう場面

 見た感じ嫉妬感ゼロ以下だし、“尊敬できる年上の弟”みたいに気遣ってたのかしら

 尊敬するし、心配だしみたいな色々? こういう人って好きですわ。

町の人はアルマを知らない、そこでアルセニオの事を訪ねてみると…

00037

 すごいな
 お前は本当に強い
 どこに行っても お前のまま 変わらない

 裏切られても 報われなくても

 人に優しくする事をあきらめない


00038
 帽子を一緒に追ってくれた、と思い出し笑いする子! わかる! すげーわかる!

はしるひと
 感じ入るサウロも凄いなって思う。アルセニオは“変わらない”のがすごい
 根っこは、厳格な宗教国家だった事も一因なんだと思いますが
 その故郷に裏切られても変わらなかった
 人に優しくできる人

 あのマヌケでお人よし、地獄を見た末なんだと思うと印象が変わります

 ただ、前巻で「アルセニオ自身も苦しんでいる」と描かれたので
 ここにも繋がるのかもしれませんね

 自分が問題を抱えてても、目の前を帽子が飛んでたら、一緒に走って追ってくれる人

 いっつも一生懸命な人ってのは、素敵だと私は思いますわ

サウロを見つけたエリックは困った。困ったが、会わせないと鍵が返して貰えない…

00039
00040
00041
00042
 というワケで会いに行ったら、ただのファンシー空間だったからちきしょう!

国へ帰るんだな お前にも家族がいるだろう(いません)
 抱きしめるよ! 抱きしめて告白するさサウロさんなら! これは仕方ない!
 しかし、アルマにすれば「騎士になるのが夢だったろ」と
 国に帰るように言わざるを得ない!
 騎士の地位どうすんの!

 と思ったらサブタイ、騎士とは地位でなく心の在り方だと

 弱い者を護り戦う、そういう者である事は変わらない
 むしろアルセニオに教えられたと

 さっきのアルセニオ譚は、“騎士があるべき姿って、こうじゃなかったっけ?”

 サウロさん、そこで話をつなげてくるの?!

お前がアルセニオだとは解っている、諦めて結婚しろと迫ったサウロに…

00043
00044
00045
00046
 アルセニオだから好きなんだ、と言われて「わかる!」するレイくんかわいい!

ヒュペルビンタ!
 魔に絡むものを忌避する余り、教国では色々流言飛語がフライングしてるのね!
 サウロは、アルマが魔力を得る為に“主人(男)とえっちしてる”と誤解
 俺も食ってみろ性的な意味で!と
 性的な意味で!

 何違うの? よし試そう! とかサウロさん対応が柔軟すぎない!?

 サウロさん、最近アタマが柔軟すぎだよ!
 どこの柔軟剤使ってるの!?

 サウロ視点では、“アルマが好きな男=主人の為に拒絶してる”と誤解

 決闘申しこむわキスは迫るわホッとするわ、そりゃビンタだよ!

第52話。エリックさん悩む。自分がいたら混乱させるし、と席を外した結果…

00047
00048
00049
 扉絵セーラー3人娘(?)可愛すぎない!?

第52話「魔女の下僕と二人の求婚」
 特にレイが、デフォルメされてるのに自然にふっくらした胸周りなのが以下略。
 アルマのおっぱいは、当初は巨乳気味だった気がしますが
 自然と、安定感のある胸に着地しましたね
 手頃感あると思います

 とまれこじれてた! エリックさんの呆れっぷりホント好き

 メンバー中で、ちゃんと話をまとめられるのはエリックさん(兄であり姉)だけなのね
 エリックさん(兄であり姉)はやっぱりすげえよ

 普段は平和そうなレイも、最近はカリカリしてるのもかわいい

 嫉妬の心は人を変えるからね、嫉妬は成長だよね

あの男が、嫌がるアルセニョにキスしようとしたんですよ! byレイ

00050
00051
 ここ、らしくなく照れてるサウロがくっそ可愛いのよね!

お前そんな風に照れるんだ…
 サウロにキスされそうでも嫌じゃなかった、何故だったんだろうか?
 咄嗟に、「サウロだから嫌じゃなかった」と口にし
 冷静になるアルマさん(男)

 よし落ち着こう! オチもついたところで落ち着こう皆!!

 という事で、ようやく「アルセニオの主はベティだ」とか
 レイが魔法で女になってる男だとか

 そうした一切合財、聞くだけで3年はアタマが痛くなりそうな事情を聞くサウロ

 すごいな…、やっぱりサウロのアタマ柔軟剤使ってるの?

『改めて自己紹介しよう。名はサウロ。イスパニアの騎士だった』

00052
00053
 これからはアルセニオの騎士だ

言ったァ!
 これはイスパニアの教え。神さまは、人に良心を作ってくださったのだと。
 魔女は殺せ、魔は許すなという厳格な教えと共に
 彼らには「良心の教え」があった

 人の良心とは、神がくださった“神の御心”なんだと

 迷った時は、君は良心に従っていいんだよ
 神さまのお心なんだからと

 良心の呵責を前向きに受け止める教え、それって素敵だと私は思う。

ベティに改めて誓い、にっこりした笑顔に微笑んでしまうサウロ。そして…

00054
00055
00056
00057
 アルセニョが大好きです!

お前がライバルか
 読者的には6巻以来、サウロ登場で棚上げになっていたレイの告白が遂に…
 元ナンパ男サウロは、このまま“アルマ”固定して欲しいと頼み
 実際、このままいくと妻にされそう!
 されちまえよ!

 しかし触発されたレイが、アルセニオが好きだ告白

 対照的に幼い彼は、アルセニオがどっちの性別でも構わないと言いつつ
 多分「女」として「男のアルセニオ」を欲しがってる

 なるほど男としてレイと結婚か、女としてサウロと結婚する

 つまり、ハサミ討ちの形になるな…。

ただレイは、女体化の責任感をとって“嫁にする”と言っているロイドがいるから

00058

 アルセニオ 友としてひとつ言っておく。私は君の選択を支持する
 略

 君はかつて正しさを求められる世界にいた

 考えを変えるのは きっと簡単ではないだろう

 何かを正しいと信じるためには
 他は間違っていると 断じなければいけないからね


00059

 間違ってない
 君は何も間違えない

 君の本心が どんな選択をしても 自分を許してやってくれ

※以上、「キミ自身を信じろ」と言うエリック。


00060
00061
00062
 お前が世界一かわいいせいで 俺が今大変なんだぞ!(サウロ)

次回、ロイドとレイ決着編
 もしサウロが女になったら絶対美人だ! エリックの“正しさ論”もなるほどと感じます
 テーマは同性愛についてですが、「世間的に間違った選択」の話。
 そこから外れる選択をしてしまう怖さの話。
 何故怖いと思うのかの話。

 世間が正しいと言う時は、は、他の何かを間違いだと猛烈にけなす

 その「間違ってる側」を、自分の心が望んでると知ったとき
 怖がらないで受け止めなさいって事ね

 自分の心が望んだなら、自分の心を許してあげなさい

 私はそう受けとりましたが、なかなかどうして、これって難しいなって思いますわ。

第53話。レイはアルセニオに拒否された。そして解った今さらの気持ち

00063
00064
 いつもロイドの求婚を断わってたけど、こんな想いをさせていたのかと。

第53話「魔女の下僕と今さらの話」
 本当に“今さら”。だけどレイは、自分が魅力的な少女の体な事に無頓着だったり
 心が幼かった彼、彼女が一歩一歩大人になっているんだな
 って、つくづく感じる回でした
 乙女か!

 と共にずっとレイを見てたロイドには、“一番雄々しい”と感じる

 レイはこの通りだから、ロイドだったら守りたいと思うだろうし
 消えたレイを心配してたんだな…

 ってこれまた今さら、つくづく感じますわ。

 いやだって、変なのに騙されていやらしい事とかされてたらと思うと…!

親友だから明かします、ロイドにもずっと話せなかったレイの本心

00065
00066
 待って! ロイドくん前提段階でパニックだからちょっと待って?!

微妙な部分
 きっと男も奇麗に憧れるし、女も男らしさに憧れる。“そうなりたい”って思う気持ちの話
 実はレイは、幼い日に結婚式を見て「綺麗だな」って憧れて
 あざらしの真似だ、とロイドには偽って
 よく真似をしていたと

 レイが男に戻れなかったのは、女になりたい面も少なからずあったんだ

 ただ、それは彼の中で「綺麗な服を着たい」って気持ちが核。
 女なら綺麗な服を着れる
 だから女の体

 レイはまだ幼かったから、それ以上の動機がなかった

 なので「女でいたい」けど、正直なところかなり微妙な理由だったのです

アルセニオと出会い「自分は女なのか?」とも思った。けれど

00067
 けどアルセニオが女でも好きだったので、やっぱり関係なかったと。

レイの結論
 つまりレイ自身では、自分がどっちの性を選ぶべきかまだ分からない。
 しかし、アルセニオの性別がどっちでもいいなら
 自分の性別もどっちでもいい

 ただアルセニオが好き、その事が“性別の悩み”にも決着に

 レイが彼に恋した事、彼が女になってしまった事さえも
 こんな決着を招くことになろうとは…

 やっぱり何事も繋がってるんですね…、私はレイくん(女)推しですが!

 おっぱい大きいしね!

レイは「男に戻らなきゃ」とずっと思ってた、だから本作は始まった

00068
 だからある意味、色々一気に決着したんですね。

僕は僕の為に
 男に戻りたい、でなきゃ親が大変だし、ロイドの人生を台無しにしてしまう!
 でも今に、ようやく“レイ自身がどうしたいか”
 彼自身の為に動き始めた

 アルセニオが好きだから、僕は僕の為にロイドと結婚できません

 ロイドにすれば、ずっと護ってきた掌中の珠の親離れでもあるし
 多分、少なからず恋もしていたのでしょう

 やっぱりロイドって、いい男だわホント。

前巻でもアルセニオが気にしていたこと、残された両親はどうなった?

00069
00070
00071
 ああ 参ったな サウロのくせに かわいい(アルセニオ)

仲直りしよう
 こちらの今さらは、“アルセニオが生きていて良かった”というサウロの喜び
 また、火あぶりにされるまでは人間だったと聞かされ
 理不尽に疑われた友、疑ってしまった自分
 サウロは本当に消え入りたい想い

 高身を小さくした彼に、不覚にも可愛いと思ってしまうアルマでした…、と

 やっぱり、アルマさんのままで良いんじゃないかな(迫真)。
 なおご両親は健在だそうな

 曰く「息子が魔物に取り付かれ、救うべく剣を作っている」と美談に。

 なるほど、職人だったのがそういう風に着地するのか

さあ アルセニオ! どっちにします!!

00072
00073
00074
 お前ら本当は仲良しだろ!(アルマ)

対・魔王加速…?
 オチのオマケ4コマでも、理不尽な目に遭うロイドってば…!
 とまれ、レイは「男に戻る」物語初期の理由が弱まり
 アルセニオは次巻から男に戻る模様
 そっかー…

 もう、このまま3人で結婚すればいいんじゃないでしょうか?(名推理)

 こうして見ると、サウロとレイって対になってるんだなー
 と、しみじみ感じる巻

 でもそっかー、アルマさん終了かー、そっかー。

収録

00075


















































































 ロイドさん逃げてー!

収録
 ガンガンコミックス「魔女の下僕と魔王のツノ 9巻」。
 もち。月刊少年ガンガン連載、スクウェアエニックス出版。
 2018年12月(前巻2018年6月)

魔女の下僕と魔王のツノ 9巻 感想
 第48話「魔女の下僕と好きな男」
 第49話「魔女の下僕と騎士の犠牲」
 第50話「魔女の下僕と別れの時」
 第51話「魔女の下僕と騎士の心得」
 第52話「魔女の下僕と二人の求婚」
 第53話「魔女の下僕と今さらの話」
 これまでの感想

 描きおろし&カバー下おまけあり

※トップに戻る

キューティクル探偵因幡 感想 アニメ版公式はこちら




 キューティクル探偵因幡 12巻
 キューティクル探偵因幡 13巻
 キューティクル探偵因幡 14巻
 キューティクル探偵因幡 15巻
 キューティクル探偵因幡 16巻
 キューティクル探偵因幡 17巻
 キューティクル探偵因幡 18巻“本編”最終回 ヤギにも程がある!
 キューティクル探偵因幡 19巻【最終回】“三年後だろうと”

※トップに戻る






 教国のレクエルド 1巻“18歳のアルセニオ達”
 教国のレクエルド 2巻“最終回”


















 魔女ツノ 1巻
 魔女ツノ 2巻
 魔女ツノ 3巻
 魔女ツノ 4巻“魔女の下僕と極北の地”
 魔女ツノ 5巻“魔女の下僕とお悩み相談”
 魔女ツノ 6巻“魔女の下僕と媚薬と想い”
 魔女ツノ 7巻“親友の炎”と眼鏡ヒロイン
 魔女ツノ 8巻“もう、一回抱いてから考えようかな”
 魔女ツノ 9巻“結婚するって言いました!”
 魔女ツノ 10巻“二人の恋が実る時”
 魔女ツノ 11巻“彼が下僕になった訳”
 魔女ツノ 12巻“デートと夢と赤ちゃん欲しい”
 魔女ツノ 13巻“願い叶う”レイが贈られる日
 魔女ツノ 14巻“レイが女である訳は”

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング